薫の野郎猫的日常
2014年03月08日 (土) | 編集 |
読み込んでもいない台本を棒読みで早読みする役者と、強者にはしっぽ振って弱者いじめに始終する「自称 報道人」と、さて、どっちが仕事してるでしょうか?



日中、テレ東で都議会録画を流してた。
都議会って予定調和なんだね。。。
読めばいいだけなら私でも都知事になれる。

舛添さんよ。

それも大変下手な棒読みでした。
台本を読み込んでいない大根役者だから観客に何も伝わらない。
聞き取れないくらいの速読で、感情も籠っていないので、聞き手に何も訴えない。

都議会だって都民の税金使っているんですから、木戸銭(税金)返せ!


昨日の日中、ゴーストライターの方だって手話通訳者がいなくても補聴器着ければ会話可能な程度の方だって、どっちも同じ「加害者」「同じ穴の狢」だってことを忘れているかのような話しぶり&政治家や大手企業にはしっぽ振ってるマスコミが、ここぞとばかりに偉そうな顔して難聴者を生き生きとバッシングするオモシロ会見の方がよっぽど人間臭くて見応えがあったぞ!

って、こういうのを「目くそ鼻くそを笑う」っていうんだろうな!









コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する