薫の野郎猫的日常
2014年01月31日 (金) | 編集 |
皆さんはどう思います?

この2年の間にいったい何人の施設長やケアマネやスタッフが異動や辞職で代わっただろう。
きっと各役職ごとで優に5~6人は代わってるよね。
オープン当時に働いていた優秀な人材は、今じゃ一人も残っていない。
優秀な方がいなくなってからというもの、色々なことがあって、心情的にもう限界まできている母が入所している今の施設から、私が探して申し込み書提出し、空きが出るのを待っている介護付き有料に転所するまでの【仮住まい】候補として紹介された住居型有料ホーム。

住宅型有料老人ホーム「ケアホーム保田窪」
http://www.houjyukai-g.jp/carehotakubo.php

実家があった住所に近いし、家族が遠方だったり、親族がいなかったりする方も入所されているそうですが。。。先日転載した私の条件や意向は伝えてあるそうだけど。。。なんだかくさい。。。臭うよ、ここ・・・

★有料老人ホーム入門⑦(住宅型有料老人ホームのメリット・デメリット) 
http://en-count.com/archives/yuryo7
★住宅型有料老人ホームとは? 
http://kaigo.homes.co.jp/manual/facilities_comment/jutaku/
★急増中のサービス付き高齢者向け住宅って何?人気の理由と正しい選び方
http://biz-journal.jp/2013/04/post_1979.html
重度化対応リスク  ~住宅型有料老人ホーム・高専賃~
http://www14.plala.or.jp/koimo01/1koujuu10.html
★住宅型有料老人ホーム
http://www.longevityhome-tokyo.com/5.html
★住宅型 有料老人ホーム(失敗しない 有料老人ホームの選び方)
http://www.roujin-home.biz/2007/10/post_15.html

施設を選ぶ時私は必ずその施設の求人欄をチェックすることにしてます。この施設の求人をチェックしたら、
●フルタイムの看護師⇒「日常のバイタルサイン測定、服薬管理、訪問診療の立会、 指示受け、簡単な処置、軽管栄養の実施等です。医療の必要度の低い方を対象とした施設です。夜勤勤務はありません。」
●介護士⇒「食事、入浴、排泄等のお世話」ときた。

介護職の方なら私が何を言いたいかピンときますよね???ね???

施設のメールに添付された資料にもHPにも施設紹介がほとんどないし、住宅型有料ならサ高住とほぼ変わらないはずなのに追加サービス料金など料金体系が書いてなくて甚だ不明瞭だし、介護付きとどこが違うの?と首をかしげたくなるようなサービス内容だし、値段が安いことを大々的に宣伝してて、介護サービス内容への誇りが全く感じられず、キャッチが夜の商売風(自爆)介護施設のHPというよりどこかの格安簡易旅館のような軽薄さ(笑)特に「入居の流れ」の中の言葉遣いがあまりに軽すぎ。私達入居者と家族をクライアントとしてみていない証拠だよ。 転所先の有料に空きが出るまでの仮住まいだとしても、今年89歳になる高齢者だもの、いつ何時ガクッと来るかもしれず。添付されてるチラシには認知症や介護度の高い方、寝たきりの方も要相談となってはいるけど、母のことを考えての施設かね、ここ?

こんなんじゃ、問い合わせの連絡してみようとか施設見学してみようという気にもなれず。この業界に長くいると、こういうちょっとしたことで臭いをかぎ分けちゃうんだよなぁ。

「類は友を呼ぶ」じゃないけど、信頼関係を結べなくなった今の施設が選んでくるだけのことはあるわ。(自爆)目の付け所が違う!!

一応、地元の介護業界の知り合いにここの評判とか情報を持っているかどうかメールしたけど・・・返事がこなくても、ここには入りたくないなぁ。

私の勘、当たっていてほしくないけど。
皆さんはどんなにおいを嗅ぎ取りますか、この施設?
忌憚ないご意見とアドバイスをお願いします!!



【追記】
※管理会社と代表者の介護についての意識、重度の認知症ケアへの理念と対応、
有料保険外サービスの詳細、QOLの急激な低下と看取りケアへの対応、
など住宅型有料であるならば知っておかねばならないことが多々ある。
まずは、今の施設からのメールに添付されていた資料と併せHP、この会社の求人欄、
そしてこの施設の基盤母体である会社の代表者のインタビューなど調べました。
そこで疑問に思ったことなどメールにて質問させていただきます。
先方からの答えによって話を進めさせていただくかどうか決めさせていただきます。

ケアホーム保田窪 介護支援専門員 田端大士様
特養「●●」相談員 ××様よりご紹介していただきました薫@千太組と申します。
遠距離介護しておりますため、まずはメールにて 幾つか質問確認させていただき、
帰省して施設見学させていただくかどうか 決めさせていただきたいと存じます。
①住宅型有料とのことですが、各種保険外有料サービスについて記載がございません。
これはどうしてでしょうか?
②成年後見人、キーパーソンでもある家族は東京在住の私だけです。
熊本には高齢で病身の母の弟が一人。
事務から最終決定権まですべて私になりますが問題ありませんか?
③住宅型はサ高住と同じサービス形態だと心得ておりますが、
ほぼ全介助で徘徊もある重度の認知症である母(今年89歳)
の急激なQOL低下や看取りケアが必要になった場合の対応は?
④重度の認知症ケアに対する理念と実質的サービスは?
⑤被介護者には預貯金も年金受給もありますが、家族が無収入でもOKですか?
⑥  重度の認知症の方は入居されていらっしゃいますか?
⑦以下の条件を満たしていらっしゃいますでしょうか?
一つでも満たしていらっしゃらなければ大変申し訳ございませんが、お断りいたします。
(1)配偶者死亡。家族であり成年後見人は東京在住(東京の家は自宅⇒分譲マンションでローン支払い中) の一人娘で独身の私一人で、熊本在住の親戚は高齢および病身のため、 私以外にキーパーソン、連帯保証人が一人もいない。 熊本の実家はすでに売却したため、被介護者の住所は施設。 被介護者は潤沢な預貯金のほか、国家公務員年金と配偶者の遺族年金受給のため、経済的には何ら問題なし。
⇒熊本にキーパーソンがいる方でなければ介護サービスが受けられない、
もしくは被介護者以外は全員熊本に介護者がいる施設は不可。
(2)両親が同時期に要介護となったため、2002年、それまで25年近く従事していた外資系の管理職を辞めざるを得ず、 その後、介護(介護福祉士、ケアマネージャー資格取得)、看護(看護師免許取得)ともに資格があることを生かし、 東京にて野宿者支援、被災地支援のほか、在宅緩和、救急指定病院、ホスピスにて契約看護、看護助手従事。
⇒基本、年2回程度しか帰省できない。
病院職員同様、職場ではピッチ以外持つことができないため、休日、もしくは休憩時間以外は携帯に出られない。 命にかかわる緊急事態を除き、介護者との連絡はメール。 携帯もしくは固定電話が常時留守電機能となっているため、伝言を残していただければ、対応可能。 被介護者の利益を追求するあまり、介護者が定職に就くことができない、職を追われる、 など最低限の生活が保障されない立場に追い込まれる施設は不可。
(3)入所は終身希望。看取りができる施設希望。一切の積極的なケアを望まず。緩和ケア希望。
(4)わが家と同じ環境の家族、親族の介護サービス経験が豊富にあり、 なおかつ、「パーソナル・センタード・ケア」を目指している施設であること。
(5)居住スペースに私物がすべて収納できること。
(6)精神科を含む主治医は施設との提携医療施設で結構です。

今の施設でここまでこじれたのはなにが原因かをしっかり把握し、時間をかけてじっくりゆっくり探さなきゃ。次の施設こそその課題をクリアしていなければ何のための転所かわからないですからね。いくら申込出している施設の空きを待っている間の【仮の棲家】であっても、終の棲家を探すのと全く同じか、それ以上の気を使って探さないとね。契約して引っ越ししちゃってから後悔してももう遅い。特にガラス細工の高齢者の事ですから、命がけですよん!もう二度とこんな思いするのはまっぴらですから。高い航空運賃を払ってでも見学に行きたいと思える施設でなければ、こうやって東京でリサーチ掛けてふるいに掛けます。私も母も、今の施設との契約条項になんら抵触するような違反は犯してないので、ここぞという施設が見つかるまでは絶対に退去いたしません!

この施設の管理会社でいくら検索してもヒットしないけど、代表者の名前で検索したら色々でてきた。インタビューでも安価な価格設定とか熊本市内全区に一つずつ有料施設を建てるとかの事しか話してない。(http://www.kumamoto-keizai.co.jp/content/asp/week/week.asp?Kkiji=15336&Knum=28&PageID=3)でも、基本料金がどんなに安くても、追加サービス希望したら料金がどんどんくっついてくるはず。そこのことをどこを探してもまったく話してないから、私的には悪徳と同じ。介護施設だというのに、介護サービスについて、認知症ケアについて全然話してない。母のための施設とは思えない。リッチな土建屋か何かかな?(笑)この施設の担当窓口も社長と同じ姓だから、親類縁者の同族グループかも。






コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する