薫の野郎猫的日常
2014年01月26日 (日) | 編集 |
おはようございます。
昨日の25日(土)、
カンファレンスのため帰省しました。
 
そこでまた、昨年10月の話し合い(http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1467.html)と同じ、
いいえ、それ以上に理不尽な要求を突きつけられました。

入所契約時に施設から提示された条件は、年2回のカンファレンス参加のみであったのに、
それに加えて、「最低でも」受診時の付き添いと他の入所者さんのご家族が全員揃う正月の帰省を要求されました。

それができるのであれば最初からそうしてますよ。

それができないから、入所契約前にあれだけ「できないこと」「お願いしたいこと」などの条件を提示したのに…

こんなトラブルになるなら、契約前にはっきり断わっていただきたかったです。
何で入所して3年も経った今、こんな基本的なことでトラブルにならねばならないの?
 
つまり、
熊本に介護者がいる方しか受け入れることができない施設だった、ということです。
遠距離介護家族支援を一度として経験したことがなく、残念ですが、私と母をモデルとして遠距離介護支援の勉強をしようという覚悟も意欲もない施設だった、ということです。
ただただ、他の入所者さんのご家族、つまり、熊本在住の家族がやっていることを私にせよ、と要求してくるだけの施設だった、ということです。
ほとんど顔を見せない家族を持つ母を「かわいそう」「寂しい思いをしているに違いない」という視点でしか考えることができないため、私たち家族の置かれている状況を起点とし、それに基づき、「何ができるか」「どう支援すればいいか」考えず、私たち家族のニーズに沿ったサービスを提供できない施設だった、ということです。
 
このままの状態で、入所申し込みした新しい施設入所まで、ここで待機することはもう無理です。
入所希望している施設の相談員はすでに母との面接を完了。あとは、母の順番が来るのを待つばかり。
ただし、20人待ちの状態なので、母が生きている間に転所できるかどうかは神のみぞ知る。
なので、施設見学と最終決定権など、家族として必要な事はこちらが責任をもって実行しますが、今のケアマネに、転所できるまでの間、母を受けてくださる別の施設を探していただくことにいたしました。
 
もう二度とこんな思いをしたくない。

そこで、昨年10月、新しい施設を見学した折にお話ししたことと同じことを再度、先方にメールで確認させていただきます。
長期間待機し、念願かなってせっかく転所しても、以下の条件が満たされなければまた同じようなトラブルが起き、再度、転所先を探さねばならなくなりますから。

これと同じ条件を今の施設にもメールしました。
だって、先方が探してくる施設が今と同じような経営方針を持った施設なら探してもらうだけ無駄だし。
 
この機会を無駄にせず、2度手間ですけど、しつこいくらいにこちらからの条件をしっかり提示し、もし、先方が以下のことを無理だと判断されましたら、はっきりそうおっしゃってもらいたいから。もう二度とこんな辛くて無駄な時間を消費したくないから。
 
①配偶者死亡。家族であり成年後見人は東京在住(東京の家は自宅⇒分譲マンションでローン返済中)の一人娘で独身の私一人で、熊本在住の親戚は高齢および病身のため、私以外にキーパーソン、連帯保証人が一人もいない。熊本の実家はすでに売却したため、被介護者の住所は施設。被介護者は預貯金のほか、国家公務員年金と配偶者の遺族年金受給のため、経済的には問題なし。
⇒熊本にキーパーソンがいる方でなければ介護サービスが受けられない、
もしくは被介護者以外は全員熊本に介護者がいる施設は不可。
②両親が同時期に要介護となったため、2002年、それまで25年近く従事していた外資系の管理職を辞めざるを得ず、その後、介護と看護資格を生かし、野宿者支援、被災地支援のほか、 在宅緩和、救急指定病院、ホスピスにて契約看護、看護助手従事。
⇒基本、年2回程度しか帰省できない。
病院職員同様、職場ではピッチ以外持つことができないため、休日、もしくは休憩時間以外は携帯に出られない。
命にかかわる緊急事態を除き、介護者との連絡はメール。
携帯もしくは固定電話が常時留守電機能となっているため、伝言を残していただければ、対応可能。
固定電話はファックスも可能。
被介護者の利益を追求するあまり、介護者が定職に就くことができない、職を追われる、など最低限の生活が保障されない立場に追い込まれる施設は不可。
③入所は終身希望。看取りができる施設希望。一切の積極的なケアを望まず。緩和ケア希望。
④わが家と同じ環境の家族、親族の介護サービス経験が豊富にあり、なおかつ、「パーソナル・センタード・ケア http://www.pcdc.or.jp/aboutus/aboutpcc/ 」を目指している施設であること。
⑤居住スペースに私物がすべて収納できること。
⑥精神科を含む主治医は施設との提携医療施設で結構です。
 
 


コメント
この記事へのコメント
やっぱ、熊本以外でも探してみれば?遠距離介護理解してくれるとこ有るんじゃないかなぁ。お母様が熊本離れたくないなら仕方ないけど。https://www.inn-home.com/dementia-soudan.html?gclid=CLPMjauxnbwCFYLRpAodGB4A6Qとか探す窓口は色々有るからさ。ココに書いてある施設の事は薫さんの方が知ってると思うし、ほかのが良いのかもしれないけど、「探す窓口」として書いてみたよ。
2014/01/27(月) 12:27:44 | URL | とま☆彡 #6GDNVTIE[ 編集]
とま☆彡さんへ
情報ありがとう。
ご心配おかけしてます。
施設見学して好印象だった施設にはすでに申込書を提出してるし、今回の件も全部包み隠さずメールで報告済み。転載した私からの条件に付いてもメールで送ったんだけど、早速、返事が来たよ。向こうからも質問がいくつかあって、どうしても沿えないものが一つあったんだけど、それでもOKってことなら、待つ甲斐がある環境なの。私と介護についての考えが全く同じ方向を向いてるし相性良さそう。そんなところを断ってまた一から探すのはあまりにも勿体ないし、エネルギーも残ってない(笑)それもあって、この施設に転所できる日を待つだけの仮住まいだけ、今の施設に探してもらおうと思ってる。もちろん、今の施設にも既にこちらの条件は伝えてあるから、それに見合わない所であればきっぱりお断りして、このまま転所まで居座り続けます(笑)
2014/01/27(月) 21:08:17 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
ありがとうございます
すごく参考になります。介護職に就かれたいきさつや、遠距離の介護、経済的にも恵まれてるのにですね。薫さんは、一人で引き受けてらっしゃる。うちは実弟既婚がいるのにイマイチ非協力的なんです。私、嫁に行ってるのになんで?メインは弟が見なきゃいけないのに。私がメインなんです。この介護のために姉弟仲が悪くなりました。入れる経済力弟が出世したらなんて本人が言ってるのですが、
あてになりません。
色んな思いがぐちゃぐちゃになり、このブログで現実を教えて下さりありがとうございます。
すみません、乱文でした。
2014/01/29(水) 00:53:10 | URL | 尚子 #-[ 編集]
そか・そか。次の所はちゃんとしてる所なのね。順番が待ちどうしいねv-344
2014/01/29(水) 18:00:19 | URL | とま☆彡 #6GDNVTIE[ 編集]
尚子さんへ
介護最前線にいる家族にとって、すべてにおいて満足いく方向に向いている家族はそんなにいないと思います。特に、介護者たる者は…。知り合いの家族も100%に近い確率で女性家族にしわ寄せがきて苦しんでます。じゃ、全部彼女の好き勝手にできるかというと、口出しだけは一丁前!その上、いざ相続問題が絡むと、「争族」に変貌し、血縁関係だから生じる、そりゃ生々しい争いが起きて他人よりひどい有様になってしまいます。弟さんが結婚されているので、弟さんの後ろにはお嫁さんがいて、色々な事を耳打ちして、弟さん自体の意向というより、お嫁さんの利害関係によって弟さんの言動が変化するということも。こういう場合は、地獄であっても私のように独身で一人っ子の方がまだマシですよ(笑)尚子さんもお辛いだろうけど、負けずに戦ってね。介護って「生きなきゃならない家族と死にゆく家族との戦争」ですから。親は介護者家族より先にこの世を去るのが自然。なのに、親を看取っても生きなきゃならない家族は下手するとないがしろにされがちです。私はできないことはできない、とはっきり口にすることにしてます。たとえそれで鬼畜よわばりされてもね。でなきゃ、親ばかり護られて私たち介護者の事を気にしてくれる第三者なんて1人もいないから、生活が成り立たないし生き延びることなんてできない。
2014/01/29(水) 20:50:54 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
とま☆彡さんへ
いや~、まだまだわからないよ。「熊本の成年後見人へ変更はできませんか」と聞いてきてるからね。もちろんNOと言ったけど。介護って被介護者しか護られない歪な制度。東京とか大都市では私のような状況下におかれている家族が沢山いるから、こんなことでウジャウジャ言われなくて済むんだけど、熊本じゃまだまだ珍しいんだろうね。でもきっと近い将来、向こうでもこんな家族がどんどん増えていくと思うから、今の内に我が家から学んでおいた方がいいと思うんだけど。
2014/01/29(水) 20:55:36 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する