薫の野郎猫的日常
2013年12月28日 (土) | 編集 |



平成25年12月27日金曜日。

ザ・タイガース再結成コンサート。
日本歌謡界の一時期、一世を風靡したスーパーGS、ザ・タイガース。色々な部分でなかなか複雑な、悶々とした気分にさせられた完全復活コンサート最終日@東京ドームは、一徳さんのカッコよさを確認するための時間だったな。いやぁ、当時は「アイツ要らない!」(音楽性やテクは抜群なのだが、いかんせんルックスが…あのタイガースの中では別枠扱いだったのよね)と言われたサリーが岸部一徳になって素晴らしく輝きを放ち始めた!ただPA処理&ライティングには閉口。

ジュリーの言うとおり、トッポのハイトーンヴォイスあってのタイガース。
第一部が終わり、30分(!)の休憩。初日を観た友人曰く、武道館のときよりいい出来らしい。千秋楽までにピークに持ってくるあたり、さすが。
前半絶好調、ただ後半、武道館で鉄壁だったピー(友人談)が流石に疲れたのかヘタりはじめる。逆に武道館では冴えなかった(友人談)タローが安定。サリーのベースは全盛期並み。車イスで唄った岸部四郎にはグッと来てしまいました…。
派手な宣伝なしでも会場は超満員。男性アイドルグループの未来とは何か、不仲になったバンドの修復はどうすればいいのか、そして年老いた独身男性の介護問題までを網羅した濃密ライブでした。

*** *** ***

さすが客層が・・・年齢層が高い~。
そして、アリーナこそオール・スタンディングでしたが、スタンドは着席鑑賞(笑)
楽だった~!

コンサートは2部構成で、1部はビートルズやストーンズのカバー。
途中シローが車椅子で登場しYesterdayを歌いました。
30分(長っ!)の休憩を挟んで、2部はタイガースのオリジナルナンバー。
40数年の時を飛び越えて大騒ぎでした。

サリー(一徳さん)、カッコ良かった~(*≧д≦)
ジュリーより誰よりカッコ良い男になってますね!
役者として大成し、本当にカッコよくなってました!

ステージが地方ホール仕様でちょっと寂しい感じで残念だったのと、
アリーナ後ろに設置された照明が私らの周りをスポットで照射して眩しくてしょうがなかった!
スクリーン上部の照明も眩し過ぎて、よく見えないんですけど!
照明プロデュースしたヤツ呼んでこい!(笑)

PAもなぁ・・・ドーム慣れしてないスタッフ連れてきた?
ありゃぁ、どうやったって食えませんぜ、旦那!










コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する