薫の野郎猫的日常
2013年10月25日 (金) | 編集 |
☆伊豆大島で動物保護活動をされているpooさんの10月25日付ブログから転載
http://osanpoikuyo.blog112.fc2.com/blog-entry-2334.html

皆さんの拡散のおかげで 
いくつも問い合わせが入り、獣医師会のバックアップの件を知り、
無事ペットと避難できた、という方達が多くいらっしゃいます
「ありがとうございました」と ここに連絡を頂けた方もいますが、
それは ご協力くださった皆さんへの 「ありがとうございました」 です!

再度、まとめときます
(とかいって、 マー子さんのフェイスブック丸写しだ
マー子さん!借ります!)

☆☆ 島外避難をする方 ☆☆
島外に避難中、東京都獣医師会所属の動物病院で犬や猫を預かってくれます。
なるべく飼い主さんの避難場所に近い病院を紹介するつもりとのことです。
預りに関して費用はかかりません。
ただし、今年のワクチンを受けていなかったり、ノミダニのケアが必要な場合には、
その処置が必要になり、その分の実費がかかります。 

申込み手順
①東京都獣医師会 03-3475-1701 に電話する
②「伊豆大島からの避難の件です」と伝える
③電話での質問に答える(お名前、連絡先、避難予定の場所等)
④移動用のケージ(入れ物)が無い方は、大島保健所からケージを借りる
⑤竹芝・調布・羽田から、指示された動物病院に連れて行く
※ただし、高齢者ややむをえない事情で病院まで自力で連れて行けない方は、
電話でその旨をご相談ください。


☆☆ 島内避難をする方 ☆☆
島内の各避難所に避難する場合、大変申し訳ありませんが、
現時点では施設建物内にケージを置くことは出来ません。

避難所駐車場に車をとめ、その中に犬・猫を入れてください。
ケージやリードなど物資の貸し出しは大島保健所にて行っています。
ただし、状況は各避難所により異なる場合があるため、
避難所が開設された際には各避難所にご相談ください。


上記、赤文字部分で、
指示された動物病院に連れて行く、とありますが、
(基本は、飼い主さんが自分で連れて行くことになっているようです)

今日避難された方からの連絡によると、
竹芝についた時点で、動物病院から頼まれたボラさんが迎えに来てくれていたそうです
これは、動物病院によって対応が違うのかもしれませんが、

万が一、竹芝(もしくは調布、羽田)から、 動物病院まで連れて行くことができない、
という理由で 躊躇されている方が居たら、
大丈夫!!

搬送してくれる人は こちらで手配できます
だから そんなことで躊躇せず、一緒に連れて行ってあげてください!

今回の獣医師会による動物病院以外にも、
預かりさんが手を挙げてくださっていますので、お問い合わせください


最悪でも、ここで預かりますので、

とにかく
動物だけ残す、というのは どうかどうか やめてください!

お問い合わせ
poo@wan.180r.com



皆様にご心配頂いている みにちゃん

無事保護され、今はここに居ますので、ご安心ください

たくさんの方が
もしかしたら土砂崩れで 命を落としてしまう かもしれない みにちゃんのことを
心配してくださっているのを見て、

日本もまだまだ 捨てたもんじゃーない! と思いました


日本全国に

数日後 確実に命を落とす 処分をされてしまう、
そう分かっている犬猫達が たくさん たくさん たくさん 居ます

その子たちにも みにちゃんと同じだけの気持ちを 傾けてあげて欲しい
そしたら何かが 変わってくるはず

だって
日本はまだまだ 捨てたもんじゃーないんだから!


写真がなくって 申し訳ない!

福島っ子たちも 島猫たちも
全員 元気でっす!!!



*** *** ***


本文中に出てくる「ミニちゃん」とは、23日付の毎日jpで配信された記事に登場する猫です。
http://mainichi.jp/select/news/20131023k0000e040181000c.html
飼い主さんは同伴避難許可が出たことを知らず、ミニちゃんをアパートに残し23日に島外避難。
それを知った多くの方が声をあげました。
毎日新聞にも大勢の方から連絡があったのでしょう。
「ペット同伴避難許可が出たことを飼い主さんに必ず伝える」との回答が毎日新聞から出ました。
そして…
http://mainichi.jp/select/news/20131025k0000m040040000c.html
ミニちゃんは無事保護されpooさんのお宅で飼い主さんの帰りを待つことに。
http://kyoumootenkipasunana.blog50.fc2.com/blog-entry-970.html
良かったね、ミニちゃん!




*** *** ***

こうして一歩ずつでもいい。
同伴避難が日本に根付いていってほしいです。



コメント
この記事へのコメント
島内で一時避難が有った時、ニュースで避難所から戻ったバアちゃんが飼い猫に「ここに居たのかぁ。そかそか。」って撫でてて、こんな時でも一緒に避難できないんだぁって思ったv-404いつまでたっても変わらないって思ってたから、今回の事は一歩前進だね。良かった・良かったv-410
2013/10/25(金) 04:11:34 | URL | とま☆彡 #6GDNVTIE[ 編集]
とま☆彡さんへ
今朝の「めざにゅ~」で昨日24日伊豆大島からの島外避難第2便にも、家にペットを残してきた方がいると知りドッと凹んだよ。ペット同伴避難情報を知らない、もしくは知ってても気兼ねか遠慮か。大島町長は島全域の避難勧告発令する予定とのこと。このままじゃ置き去りペットは増えるばかり。どうすりゃいいの?もちろん情報が拡散され同伴避難できたり、島内のボラさんに保護を求めたりする方も実際いらっしゃるけど、でもまだまだ足りないのでしょうね。島を出る時か船に乗っている間か東京に到着してすぐに聞き取り調査とかできないかしらね。でもどんな理由にせよ置き去りにしちゃったら、そっちの方が後々大事になるってことは311でわかっているはずなのにね。「山崩れとかで家が流されちゃったらどうしよう」って泣くなら、なんで置き去りにするかなぁ。「めざにゅ~」には公式HPからインタビューするだけじゃなく、同伴避難のことも伝えてくれるようにメールしました。マスコミ対応も「垂れ流し」じゃなく、もっと突っ込んだ報道をしてほしいものです。
2013/10/25(金) 05:41:26 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
そうなんだぁ。お年寄りとかが多いから気がねするのかな?それと避難する時、誘導とか声掛けする人がちゃんと一緒に避難するように言ってくれればいいのにね。急がすばかりじゃねぇ。早く、「動物飼ってる人は同伴避難が義務」ってなればいいのに。
2013/10/26(土) 08:05:42 | URL | とま☆彡 #6GDNVTIE[ 編集]
とま☆彡さんへ
今回のことが次の災害に備えての礎になりますように。
さて、今月30日には私も区議員さんと区役所に行って世田谷区のペット防災陳情!
世田谷区のために頑張らねば!
2013/10/26(土) 18:45:35 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
はじめまして。有難うございます。
千太郎さん。

伊豆大島の事とても分かりやすくまとめて下さり
ありがとうございます。

島内では特に猫などを飼っているお年寄りなどネット環境にない人が多く
まだまだ同伴避難が知れ渡っていないのが事実です。

今後も大雨の際は避難勧告も出るかもしれません。
今後の私達、犬猫を飼っている人たち同士
どう口コミで拡げて行くかの対応も急がれています。

今日は被災猫の保護に行って来ます。
大島には餌だけもらっている野良猫が多いのですが
土石流の流れた周辺に猫がいるので保護して!
と連絡ありました。

嬉しい連絡でした。
猫の事、気にとめてくれる島の人がいる事
とっても嬉しい事です。

千太郎さん。本当に有難うございました。
これからも大島の事見守って下さい。
お願いします。
2013/10/27(日) 07:06:55 | URL | ぱす蔵 #SFo5/nok[ 編集]
ぱす蔵さんへ
はじめまして。
ようこそ、千太組へ!
まだまだ大変なのにコメントありがとうございます。

311以降、ペット防災、特に同伴避難に強い関心を持ち、
微力ながら推進&普及活動をさせていただいております。
「同伴避難を日本の常識に!」
伊豆大島も大変でしたね。
ぱす蔵さんたち地元のレスキューさんでしか知りえないことが
きっとたくさんあるのでしょうね。
嬉しいこともある反面、ジレンマも憤りもあることでしょう。

拙ブログ「同伴避難・マイクロチップ」カテゴリにも書いておりますが、
国も都も同伴避難推奨はしております。
が、実際は各自治体に丸投げしているだけ。
法律にはなっておりませんので強制力もなし。
法制化されていないものを丸投げされた自治体ですので、
率先して行うはずもないペット防災。
今もって何の方針も打ち出していないのが現実。

311以降見直されつつある防災計画にペット同伴避難を推奨する一文はあっても、
なにひとつ具体化されていない。
日本中に同伴避難という中味のないブランドが流通しているだけ。
ひとたび災害になれば中味がカラだということが露呈するんです。

公的機関は当てになりません(笑)
阪神淡路でも「こんなことになっても頼れるのは民間だけ」と
訴えた被災飼い主さんが大勢いたと、ボランティアで被災地に入った
我が家のホームドクターである獣医師から聞いております。

「自助」「共助」が頼りの綱。
民間の力でなんとか同伴避難を広めてまいりましょう!
地方行政に訴えてまいりましょう。
私も区議員さんと30日に区役所にペット防災について陳情に参ります。

お互いに情報交換しながら頑張ってまいりましょう。
これからもよろしくお願いいたします。
2013/10/27(日) 10:28:36 | URL | 薫@千太組 #jhHw6g8s[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する