薫の野郎猫的日常
2016年10月31日 (月) | 編集 |
ハッピーハロウィーン❤
今日は朝から手術痕の定期健診のため担当医が待つ大学病院へ。
早いものだ。静脈血管腫の切除手術してもう5か月。
術後検診として抜糸後は2か月ごとに傷口を診てもらっているけど、
季節は廻り、着るものも半袖から長袖に変化。
手術痕は自分ではチェックできない場所にあるので、
こうやって検診ごとに彼女に診てもらうしかない。
傷口はまだ少し赤みが残ってるけど順調のようです。
「あ、クロネコだらけ(笑)」
2か月のご無沙汰でした、相変わらず美人女医さん。
着ていた地味にハロウィン仕様のクロネコパッチ付きチュニックと、次の受診日を打ち込む携帯に付けたクロネコのクリーニングクロスを発見し彼女が微笑む。
「ハッピーハロウィーン♪」
「トリックオアトリート❤」
次の検診は1月5日だから「明けましておめでとうございます」
のご挨拶するのね(笑)

検診後にけんちん汁の具材を買い込み、帰宅後すぐに大きなお鍋でたっぷり作りました。
生姜のいい匂いが部屋中に❤

あ、かぼちゃ買うの忘れた!!

これがあたしのハロウィーン(笑)
853217-bigthumbnail.jpg





2016年10月28日 (金) | 編集 |
★今日は久々に「医龍4」でヒラミキさんと岳大さんに会おうと思う。

20161028平幹二朗告別式@青山葬儀所  


昨日まであんなにいいお天気だったのに、今日は肌寒い「涙雨」。

昨日のお通夜は都合で出席できなかったので、今日の告別式に参列。

青山葬儀所で平幹二朗さんと最期のお別れをし、出棺を見送る。


出棺で流れたのは、平さんが1978年以来、繰り返し演じた「王女メディア」の劇中で使用されたヘンデルの「サラバンド」。

亡くなる前夜、平さんと佐久間さんの間にできた双子のお子さん、岳大さんの妹さんにお子さんができたので、まだまだ新婚の岳大さんご夫妻、妹さんご家族とともに平さんは、初孫を囲み初めて「家族の会話」ができたそうです。その夜、大好きなワインなどを痛飲した平さんを自宅まで送り、ベッドに座らせた岳大さんが「もう飲まないで下さいよ」と言うと、子供が親を見るようなかわいい目をした平さんが「タケ、もう帰りなさい」と微笑んだ……平さん、死の直前に、離婚して初めて、いや、もしかしたら生まれて初めてだったかもしれない…「普通の父親」「普通のおじいちゃん」として「普通の家庭」の味を堪能できたといっていいのでは?よかったね、平さん。ほんとうに、よかった!!

なんとステキな空気感。まるで舞台の一場面のよう。

最期の最後まで舞台の神様に愛された役者でした。

そして・・・

最期の最後に一人の「人」として「男」として、「父」として「祖父」として、もしかしたら「(元)夫」として生きられた。

もしかしたら…考えたくないけど、もしかしたら…

ここにきて最期の願いが適えられたから、適っちゃったから…だからプツッと命の糸が切れちゃったかな?

それがこの世に遣わされた時の神との契約だった?

まるで、ギリシャ神話の中の3人の魔女が操る命の糸のように…

・糸を紡ぐクロト(糸車)
・長さをはかるラケシス(虫眼鏡)
・最後にプチンと切るモイラ(ハサミ)

切れた?

それとも、切った?

そう考えるとどこまでも平さんは舞台の世界の住人なのかもしれない。

「俳優は演じる役の中に真実がある」という小巻さんの言葉、

そして、最期の夜の父を語る岳大さんの姿を反芻する雨の中、私の中で勝手にたどり着いた結論。

img_mikijiro-hira.jpg 
さようなら、ヒラミキさん!!


★以下、栗原小巻の弔辞全文
 あまりにも突然のご不幸、ご遺族の皆様の悲しみ、友人の皆様のお気持ち。私も同じに胸のつぶれる思いです。
 平さんのご遺影を前にして遥かな頃が思い出されます。恩師・千田是也主催、劇団俳優座に平さんも私も在籍していました。稽古場で、舞台で表現される平さんの演技にはスタニスラスキーの言葉を借りれば「感動の瞬間」がありました。平さんの俳優としての優れた才能、その誠実さ、うちに秘めた情熱。私たち後輩は憧れに近い尊敬の気持ちをもっていました。
 若き日の平さんの代表作・大河ドラマの「樅ノ木は残った」では、原作にない初恋の相手として共演させて頂きました。平さんの役を作り上げる力。そして激しい雨に打たれながらの魂の悩み苦しむ演技に圧倒されました。「俳優は役の中に真実がある」。平さんは言葉ではなく演じる姿で教えて下さいました。
 その他多くのドラマでご一緒させて頂きました。舞台での共演、浅利慶太氏演出「狂気と天才」。ジョンデイビッド氏演出「オセロ」。蜷川幸雄さんの「三文オペラ」。舞台を作る時、女優には葛藤もあれば感情の戦いがあります。平さんの「一緒にやろう」というお電話で決断致しました。平さんとなら調和の中で詩のように美しい作品ができる。思い返すと、どの作品も場面も今鮮やかに感じることができます。
 「NINAGAWA・マクベス」は平さんとの最後の共演作になりました。絶望的な悲しさ孤独。私たちは言葉の伝わらないオランダの地で力を尽くしました。後にプロデューサーは「世界を手に入れた」と、そんな風に評価して下さいました。
 平幹二朗さんの芸術への強い意志と、純粋な精神はご子息・平岳大さんに引き継がれます。平さん、有り難うございました。どうぞ、安らかに。栗原小巻


★以下、長男で喪主の俳優・平岳大あいさつ全文
 本日は父・平幹二朗の葬儀にお越し頂きましてありがとうございました。生前、父は、という言葉をいつか自分も言う日がくるだろうなと思ってましたが、こんなに早く唐突に来るとは思いませんでした。皆様におかれましても、このようなお知らせを差し上げることになったこと、お詫び申し上げます。
 生前、父は、どんな逆境に立たされても、不死鳥のようによみがえってくる人でした。30年前の肺がんを患った時も、それから小さな大病を患った時も、小さな奇跡を起こしながら、復活を遂げてきました。
 それで、パワーが衰えるかなと僕は思っていたんですが、なぜか病気をすればするほどパワーアップしていくという、不思議な人でした。
 僕が言うことでもありませんが、その原動力になっていたのは芝居だと思います。そんな平幹二朗をこれまで支えて下さった皆様、本当にありがとうございました。
 最後の晩、実は最近、私の妹に子供が生まれまして、しばらく忙しくしていた父はその子供に会えなかったので、先週の金曜日に私と妻と父とで、妹の家にその子供の顔を見に行きました。皆さんご存じかも知れませんが、あまり子供の扱いに慣れていない父は、遠くの方から、最初は不思議そうに子供の顔を見ていたんですが、だんだん慣れてくると、最後にはあの太い大きな繊細な手で赤ん坊を抱きかかえ、哺乳瓶でミルクをあげていました。
 それに気を良くしたのか、その晩、大好きなワインをたくさんいただきました。そして、今まで僕と妹と父ができなかった家族の会話ができました。
 そしてそれにまた気をよくしたのか、さらにお酒をいただき、僕はフラフラの父を抱きかかえて、父の家に帰り送り届けベッドの上に座らせて、もう飲むなよって言ったんですが、その時、父は子供が親を見るようなかわいい顔をして「タケ、もう帰りなさい」って笑っていました。
 父は幸せだったと思います。そんな平幹二朗をこれまで支えてくださった皆様、本当にありがとうございました。

2016年10月28日 (金) | 編集 |
「キングコング~髑髏島の巨神」
それは簡単な任務のはずだった…。未知の生物を求め、調査遠征隊が謎の島に潜入する。しかし、そこは人が決して足を踏み入れてはいけない場所、髑髏(ドクロ)島だった。島に着くやいやな、状況は一変する。島には至るところに、骸骨が散らばり、そして岩壁には血塗られた巨大な手跡までも。そして、ついに姿を現す神なる存在、巨大なる王コング。正体不明の巨大生物達。人間は為すすべもなく、逃げ惑うのみ。髑髏島の秘密とは?彼らは島から生きて脱出できるのか?果たして、コングは人類の敵なのか、味方なのか。(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ゴジラとの怪獣対決に向けて!巨神キングコングが覚醒する衝撃映像! - シネマトゥデイ
http://www.cinematoday.jp/page/N0087087 @cinematodayさんから

「髑髏島の巨神」って(笑)

巨神兵?

サブタイトルといい、トレーラーのナレーションといい…イマイチだなぁ。

どんな人間ドラマが絡むのかに掛かってると思う。

キングコングを甦らせたら今度はゴジラとの対決か…

ハリウッドから中国資本に移ったレジェンダリー。

ギャレス・エドワーズは早々に降板したそうですから、今度は誰がメガホンを?

脚本も気になる。

それにゴジラって言ってもあの背景があやふやなギャレス・ゴジラだし。

バックストーリー、人間との絡みをどうするのか?

しつこいようだけど、海外のゴジラはそこが一番のネック。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』は2017年3月25日より丸の内ピカデリー、新宿ピカデリーほか全国公開









2016年10月25日 (火) | 編集 |
★平さんに続き肝付兼太さんの訃報。
「ピノキオ」のジミニー・クリケット、「リトル・マーメイド」の初代スカットル、イカボード先生など数々のお仕事でご一緒させていただきました。物静かでとても上品な方だという思い出があります。肝付さん、ありがとうございました。

お仕事ご一緒させていただいた方の訃報が続くなぁ。と思っていたら…

★ピート・バーンズさん急死=「デッド・オア・アライヴ」ボーカル(時事通信) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161025-00000006-jij-eurp #Yahooニュース

いくら自分がそういう年齢になったとはいえ、ここまで連日、知った方の訃報が続くと、冗談抜きで凹むよ。

デッド・オア・アライヴとピート・バーンズと言えば、1980年代、バブル全盛のころ、出来立てのEPICソニーレコードジャパンが本格的に力を入れて日本でブレークさせようと来日させた洋楽アーティスト。某有名ホテルの1室で催された「お披露目会」のときからのお付き合い。

CvlAhbBVYAAgjbn.jpg 
その時のお土産はラベンダーのポプリでした。あれから32年くらい経ったかな?さすがに赤いペーパーバッグはすでにボロボロで捨てちゃったけど、でも、ポプリは今でも持ってるよ。このポプリポッドのせいかな?ピートというとどうしてもラベンダーのポプリを思い出してしまう。ピートさん、57歳までよく生きたね。よく頑張った!偉いよ!!安らかに眠ってね。 
 


ピートバーンズとDOAの思い出と言えばもうひとつあった。日本でも人気が出始めた頃、武道館のアリーナを全席取っ払ってオールスタンディング(記憶が曖昧なんだけど、フロアに何かビニールシートのようなものが敷いてあった気がする。まさかゴザじゃなかったと思うけど(笑)で、このイベントの時だけ、もしかしてアリーナって靴脱がなきゃならなかったんじゃなかったっけか?「靴袋」渡された記憶がうっすらながらあるんだけど…)にし、一夜限りのディスコナイトと当時では考えられないような企画ものを、バナナラマとかと一緒にディスコがらみのアーティストを総動員したんだけど、当時、すでに日本で大フィーバーだったバナナラマが、まぁ~~不真面目で、ギグの順番が来ても待っても待っても出てこないわ、やっと出て来たと思ったら真面目に歌わないわ、アンコール曲も歌わずさっさと引っ込んでしまうわ、で客がとうとう怒り始めたんだけど、そこをピートたちが必死に取り繕って、彼女たちの分まで汗だくでパフォーマンスしたんだわ。で、そこにいた客たちの間では「DOA、ピート・バーンズ神対応」「あいつ等、外見はああだけど、いい奴」ってことになって(笑)あの時のピートたちの汗みどろの姿、今も覚えてる。本当に、本当にいい人、優しい人だった。




2016年10月24日 (月) | 編集 |
2016年10月23日21時~22時54分

CYLcV8eUsAA4lnv.jpg 
★ 再放送だけど、やっぱり魅入ってします。ギリシアの天才演出家マルマリノスと日本の能楽師で人間国宝の梅若玄祥の物語。#bsasahi 
「世界遺産で神話を舞う ~人間国宝・能楽師とギリシャ人演出家~」http://www.bs-asahi.co.jp/umewaka2016/
d17404cc3873e7ba5e02d65fdf553eb1.jpg 
★は~~~。何度観てもお能はいいねぇ。ギリシアの空の下。史上最古の野外劇場で繰り広げられる能仕立ての冥府行。ギリシアの人々の感性の豊かさと鋭さに頭が下がる思いです。梅若さん御一行もさすが超一流。柔軟な感性と寛容さに敬服。1983年、蜷川さんのギリシアでの「王女メディア」初演を思い出しました。

1984ギリシャ辻村ジュサブロー蜷川平王女メディア 
能衣装と能面、辻村ジュサブローの衣装装置と人形浄瑠璃に通じるメイク。




↑は1984年、花園神社公演の蜷川&平のメディア。きっと一生忘れない舞台の一つ。

どっぷりとお能と蜷川&平によるギリシャ悲劇の世界に浸っていました。


そこに日本シリーズ延長放送でスタートが遅れた夜のTVワイドショーが始まり、初っ端から速報として平さんの悲しい知らせが。

※平幹二朗さん死去、自宅の浴室内で倒れ家族が発見
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/1728460.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp @nikkansportsさんから

ギリシャ悲劇「冥府行」で思い出した直後に「メディア」平さんの訃報・・・なんという偶然。

でも、私の中ではギリシャ悲劇繋がりで、なんだかまだ舞台の中の世界のよう。

平さんによって舞台の面白さを教えていただきました。

大好きな大好きな役者さんでした。

2001年のディズニー映画「アトランティス」でアトランティス王を演じるレナード・ニモイの声を担当していただきました。

高貴で上品で凛とした、生まれ持ったる気品と威厳に震えたものです。

でも意外でした。

決して器用な方ではなかった。

どちらかというと不器用で、何度も何度も繰り返しセリフを反芻し、身となり血となり肉とするタイプだと感じました。

一つ一つのセリフにじっくり時間をかけ、納得するまで思う存分ジタバタし、苦しみのた打ち回る役者の姿を恥じることなく曝け出し、見せつけてくださいました。

間近に拝見する平幹二朗は、大きい方でした。

色が白くて、顔も大きい。

息子の岳大さんがtwitterでご自分の顔の大きさを嘆いてらしたのを見つけて、「舞台や映画俳優には大事な要素の一つです。それに、仕方ないですよ、舞台俳優のお父様譲りです」とリプライさせていただいたことがありましたっけ。岳大さんも納得されたようです(笑)

原田芳雄さんと同じ、舞台や映画映えする俳優は顔が大きい。

静かな方でした。

同じ世田谷区民でした。

ウォーキングされているお姿を何度かお見かけしたことがあります。

平さん 
つい最近まで浅利陽介君たちと舞台「クレシダ」を務めてらっしゃったのに。

82歳になっておいででしたが、まだまだお元気で、連続TVドラマにも出演されていらっしゃったのに。

お仕事の途中で急逝された石田太郎さんとそっくりな亡くなり方。

きっとあっという間に旅立たれたのでしょうね。

今もまだ、ご自分が亡くなってしまわれたことに気が付いていらっしゃらないかも。

さぞかし心残りでしょうね、平さん。

ご無理が祟ったのでしょうか…

平&浅利 
(2011年。浅利慶太さんと四季の自由劇場公演「ヴェニスの商人」制作発表)

もっともっと平さんの舞台が観たかったですよ。

残念です。

悲しいです。

AS20160107002010_comm.jpg 
平幹二朗さん、
ありがとうございました。


★追記
父である平幹二朗さんについて。所属事務所であるシスカンパニーに掲載された平岳大さんのコメントです。
http://www.siscompany.com/HiraTakehiro20161024.pdf
平さんのお通夜は27日午後6時より、告別式は28日午前11時より港区青山葬儀所にて、「仏式」で執り行われるそうです。
喪主は岳大さん。





2016年10月21日 (金) | 編集 |
311のあの時の止まぬ余震に不安ばかりが募っていた

あの頃の自分を思い出します。

鳥取の皆様、中国地方の皆様。

心よりお見舞い申し上げます。 


14702489_1098656626917039_4728762144171833780_n.jpg






2016年10月20日 (木) | 編集 |
S0756137[1] 
我が家のゴジラ。

S0776140[1]
お天道様が微笑んだ瞬間。

S0786143[1]
いやぁ、自然の悪戯。

S0806147[1]
思いがけずいい写真が撮れました。

S0816149[1]

さすが、八百万の神!





2016年10月19日 (水) | 編集 |
733819_440790162679691_1044767651_n.jpg 
1390701_531270900298283_2083126701_n.jpg
昨夜の夢に、3周忌間近なジュサ坊が遊びに来てくれた。
体のぬくもりも、むちっとした肉付きも、あの独特の手触りも、
なにもかも生々しいほど今もこの手が覚えてる。
そしてジュサ坊のかぐわしき愛しい匂いも。
夢の中のジュサ坊は元気でした。
思い切り甘えてくれました。
夢の中の私は驚きもせず、触れ合ったり、抱っこしたり、
普通に相対していました。
百寿幸 006 
嬉しかった。

2016年10月15日 (土) | 編集 |
全身癌の樹木希林のナレーションが淡々としてて好いのです。

福島県広野町
高野病院 高野英男院長81歳
高野医師81歳  

震災が起きるまで6つの病院があった。
が、
震災後、
近隣でただひとつ開業している病院。

震災と原発で全村避難した広野町の中で唯一避難しなかった。

「当時は非難轟轟だったけど、医師として考えたとき、
あそこで患者を避難させたら必ず死人が出るから。
だから残った」

「10年。あの震災から5年経ったから、あと5年。
10年経ってここが元に戻るかどうか。」

医者の不養生。

不眠不休。

たばこを吸う。

今年になって足に来た。

体が言うことを聞かなくなってきた。

ふらつく。

椅子に座ろうとして転倒。

革張りの大き目の回転椅子。

いくらなんでもあの椅子はもうまずいだろう。

恐らく昨年までは何の問題もなく座れていたのだろうけど。

体の自由が利かなくなった親を預ける避難家族。

「今までいくつもの病院に移った。
普通3か月で追い出されるけど、
ここだけだよ、何年もいられるのは」

今問題になっている神奈川の大口病院もこのタイプ。
昔は多く存在していた所謂「老人病院」。

元気になって退院する人もいるが、
ここで亡くなる人も少なくはない。

認知症や徘徊老人もいる。
寝たきりの人もいる。
101歳の人もいる。

高野病院は高齢者の最後の砦。

そして今は原発関連の人々が運ばれてくる。
スズメバチに刺された、
除染作業終了後、帰宅し入浴しようとして熱中症で倒れた等。

原発事故のため病院職員のドクターや看護師がどんどん辞めて、
常勤医師は81歳の高野院長のみ。
あとは非常勤ドクターでシフトを回していく。
常勤看護師も足りているとは言えない。

なのに、県は見て見ぬふり。
「ネグレクト」だと高野院長の娘の医療事務長が苦笑する。

こんな状態なのに帰還者を募る県。
町に必要なショッピングセンターや医療が不足している。
だから帰りたくても帰れない。
悪循環。

高野医師が倒れてしまったらこの病院はどうなるのか。

そんな不安やジレンマももちろん感じさせるけど、
私はそれよりなにより、
この老医師の心意気というか、
「体は死すとも魂死なず」を地で行くこの医師の覚悟を感じ、
清涼感というか清々しささえ感じてしまった次第。

老いてはいても眼が少年のようだ。
患者や医療を語る姿はれっきとした現役の臨床医。

こんな医者のいる病院で最期の時を刻む患者たちは幸せだ。



【ETV特集】
「原発に一番近い病院 ある老医師の2000日」
(Eテレ・2016/10/8放送の再放送10/15視聴)
※公式サイト:http://www4.nhk.or.jp/etv21c/

【あらすじ】

・毎朝6時半きっかり。ログハウスから出てきた男性が向かう先は隣にある病院。高野英男さん(81)は、この病院の院長で今も100人の入院患者を診て回る。お相手は平均84歳、みんな長い付き合いだ。
・高野病院を取り巻く環境を大きく変えたのは、5年前の原発事故だった。病院は原発から南に22kmの場所、双葉郡広野町にある。ここが、この地域で診療を続けるただ一つの病院となった。
・他の病院が休止しているため、救急車が次から次へとやって来るようになった。復興作業に携わる「新たな住民」、居場所を失ったお年寄り、病院はその最後の砦だ。
災害後ここに残って、双葉地域の医療を実際的にやっているのはここだけでしょ。総合的に診られるっていうのは私しかいないですから(高野病院の高野英男院長)
・この5年半、一人踏ん張ってきた老医師。その日々を見つめる。

<福島第一原発のある双葉郡で唯一診察を続けている病院>
・36年前に広野町に根を下ろし診療を行っている高野院長。専門は精神科だが、地域の人たちのあらゆる声に応えてきた。今も注射やレントゲン撮影を自ら行う。馴染みの患者さん、痛みも苦しみも知っている。
ここの外来は昔からの農村ですから、肩とか膝とか腰とかペインクリニック(痛みの緩和)みたいなの多いんですよ。だから本当に何でもやるようになってしまうわけですね(高野院長)
・院長がいつも座る席、後ろに何か書いてある。
これ災害が起きた日です。なんとなく消さないで、そのままです。ちょっと惜しいような、消すのはですね(同上)
・思えば、あの日から何もかも一変した。事故によって原発周辺の町に避難の指示が出された。その中でいち早く戻ってきたのが病院のある広野町だった。続いて少しずつ避難指示は解除されていったが、双葉郡に6つあった病院のうち5つが今も閉鎖されたままだ(20床以上の医療機関)。高野病院だけが診察を続けてきた。
・「復興の前線基地」と呼ばれる広野町。早朝、原発に向かう国道は出勤する作業員の車で埋め尽くされる。この地域で除染などを行う作業員は約2万6000人。広野町で暮らす作業員の数は住民を上回っている。作業員が急増した町で、高野病院はこれまでにない対応に追われている。
・原発事故前まで殆ど受け入れていなかった救急搬送、今は院長を支える非常勤の医師を中心に対応している。作業員宿舎から来た2人の男性、大事には至らなかった。
・隣町の宿舎で嘔吐して倒れたという作業員、熱中症だった。炎天下、マスクをつけて長時間働いていた。症状が重いことから双葉郡の外にある大きな病院に転送することになった。
・住民の方々も深刻な体調不良を訴えている。環境の変化によるストレスが心と体をむしばんでいた。避難生活を続けてきた男性、物忘れがひどくなっていることに不安を感じていた。震災後、脳梗塞やうつに苦しむ住民が増えているそうだ。
・避難生活に耐え切れなくなった人たちもいる。他の病院が休止しているため請け負うことになった死体の検案。死因の半数が自殺。立ち入りが制限される自宅に戻り、命を絶つ人が後を絶たない。震災と原発事故が影響したとみられる自殺。その数は福島県で85人に上る。
完全に自分が大事にしたものがなくなる。いわゆる私らの言葉で言えば“喪失体験”というんですけども、それが自殺の引き金になって、それで不幸にして死なれると。辛いですよ、本当に(同上)

<81歳の院長、盆も正月もなく働いてきた>
・毎週水曜日は院長が入院患者を診て回る日。早朝、91歳の入院患者が院長を待ち構えていた。
今日水曜日だから必ず朝、オロナミンCドリンクと煎餅1枚賄賂に持ってくるんです。今の時間、欠かしたことないんです(高野院長)
先生にご苦労ってやっているわけ。どうしてって聞かれても、これはね私の気持ちだから(入院患者の女性)
・回診の時間。この夏、内科に60人、精神科に48人が入院していた。他の病院が休止しているため、いつもいっぱい。患者さんに比べれば院長はまだまだ若いはず。
・原発事故後、最も必要とされているのが、こうした入院患者の受け入れだという。
あの地震のときが行くところなくて、あっち行ってこっち行って、よその病院は3か月で追い出されるから。ここだけだよ、何年もいれるの(入院患者)
なんせ私らは幸せです。先生が優しいから、みんな優しくなれるんだね(別の入院患者)
・優しい先生はこの5年、盆も正月もなく働いてきた。
あくまでも相手があるから、臨床医としての仕事をしていると、それだけのことじゃないですかね。やっぱり人が好きなんですよ。専門は何かと言われると本来は精神科医ですけども、いろんなことを勉強してきましたから、いわゆるヒト科です。人間(高野院長)

<患者に寄り添うことを理念に長間続けてきた病院>
・病院の歴史は36年前に始まる。医療空白地だったこの地域を支えたいという思いからだった。目指したのは、地域の人たちに必要とされる病院。何よりも患者に寄り添うことを理念に掲げていた。
・未曽有の大災害に襲われた5年前、「患者に寄り添う」というその理念が問われることになった。全町避難を呼びかけた広野町、町から人が居なくなった。このとき入院患者101名を避難させるか留まらせるか、難しい判断を迫られた。
・当時の状況を記録したメモ。県の医療チームや警察などから患者を全員避難させるように何度も迫られた。しかし院長は患者たちの容体を見て、病院に留まるという判断を変えなかった。
いったん自分が診ている患者さんたちが、たとえば搬送によって容体が変わると、あるいは亡くなられるかもしれない。そういう予測はすっかり立ってますから、だから外からは非難轟々だったですけど避難しないと。臨床医としての私の勝手かも知れませんけども(高野院長)
・その結果、病院に留まった患者は一人も亡くならなかった。
・しかし原発事故は深刻な爪痕を残した。避難のため職員の退職が相次ぎ、33人いた看護師が5人にまで減ってしまった。
・さらに大きな打撃となったのは、当時もう一人いた常勤の医師の退職だった。ただ一人、常勤の医師となった院長の負担が格段に重くなった。去年は夜間の救急に対応する当直を年130回も務めてきた。81歳になった今年、急激に体調が悪化している。
・回診の後の午後、看護師から報告を聞く時間だが院長の姿がない。10分後、寝過ごしていたようだ。本来、時間に厳しい院長。今年に入るまでこうしたことはなかった。
(お疲れですか、回診の日は?)
回診は疲れます。本当この5年は疲れましたよ。歩くとき時々よろけたりする。あれは今年5年たってからですよ、急に。ああって、もちろん年齢も年齢ですけどね、当たり前なんでしょうけど。それまでは平気で動いていたわけですから(高野院長)
・高野院長の娘・己保さん、病院の事務長だ。今年に入って当直を月2回まで減らすなど負担を軽くしようと努めている。掃除や洗濯など、一人で暮らす院長の身の回りの世話も引き受けてきた。
・己保さんは物心ついたときから、父と暮らした記憶がない。家族より患者、あくまで医師として生きる姿。それが父だった。
そこまで医者として生きようと思わせるものが一体何だったろうなというのを見てみたいなと思って。やっぱり最後まで医者としての人生を全うさせてあげたいなというのが、今の私の目標でもあるんですね。なかなか厳しいんですけども、常勤のドクターが1人でもいいから来てもらえないかなっていうところで、手を尽くしているところですかね(己保さん)
・現在は病院が独自に集めた9人の非常勤の医師に救急や当直などを日替わりで任せている。今も求人を続けている。苦境を知って来てくれる看護師なども現れた。
今年の4月11日からです。もし何か私でもできることがあったらという感じですかね(看護師)
私は2年前です。人も足りないということで働きたいなと思ってここにしました(別の看護師)
(2014年)8月からここで働いています。あんなすごい大きな災害が同じ日本で起きたのに、それまで札幌に住んでましたけど、全然関わるようなことをしてなかったですし。時間たってきて自分何やってるのかなみたいな感じもあって、こっちに来ることを考えるようになったという感じですね(別の看護師)

<若い住民が戻ってこない町、その一方で高齢者の行き場が…>
・震災の翌年から再開した広野町の花火大会。今年は震災後、最も多い6000人が参加。若い人たちの姿も数多く見られた。しかしその多くは一時的な立ち寄り。
もともと楢葉(隣町)です。お墓参りに行ってきたので今、その帰りに寄りました(若い夫婦)
避難している。いわきにいて、いわきからこっちに来てる(別の夫婦)
(将来、広野に戻ってくるお考えは?)
今のところはまだ考えてないですけど(同上)
・住民が戻ってこないのは、放射線への不安だけが理由ではない。コミュニティーが壊れ、買い物など生活する環境が整わないことも帰還を躊躇させている。
・一方で、家族では支えられないお年寄りがふるさとの病院に帰っている。病院内を徘徊する入院患者。
(認知症の患者さんですか?)
認知症(看護師)
(夜の消灯後も歩かれたり?)
そう(同上)

<病院の状況を行政に訴えても…>
・この日、病院を訪れたのは医療計画を取りまとめている県の幹部。今後の体制について現場の意見を聞きに来た。住民の帰還が見通せないとして、病院への支援は遅れていた。院長は診察があるため、話し合いを途中で退席。事務長は福島県立医大から常勤の医師を派遣してもらえないかと訴えた。医師の派遣について県からは病院が独自に交渉してほしいと言われたという。
課長「自分は人を納得させるのは苦手なものですから、なかなか(医師の派遣は)うまくいかなくて」なんておっしゃって「むしろそちら(高野病院)からお話を通してもらった方が自分通すより全然早いと思いますよ」なんて。課長にはお話したんですけども、結局ある意味ネグレクトのようだと。皆さん(国・県)ここ(双葉郡)の現状は分かっていらっしゃる。ただそれがどうしていいか、まだ分からない状態のまま来てしまっている。まだ何も描けない状態が続いているのが今のここの現状なんですね(己保さん)

<容体が悪化した入院患者にどう向き合うか>
・入院中の患者の容体が悪化した。避難のさなかに倒れ、病院を転々としてきた女性。近頃、おしっこの量が減って体がむくんできたため、確認することにした。肺に水が溜り呼吸しづらい状態になっていた。
・家族に連絡を取るよう指示を出す。高齢患者を受け入れる高野病院では、最期の時間に立ち会うことも少なくない。
もしご家族の方とか親族の方とかですね、面会しておくのであれば今のうちに面会していただいた方がいいかなという状態なんです。ちょっと確認なんですけども、呼吸が止まったとか心臓が止まったときに、口から管を入れて呼吸させるとか心臓マッサージをするとか、そういう処置は高野病院ではあまり行わないようにしているんですけども、自然に見送るという形でよろしいですか(電話する看護師)
・2時間後、隣町に住む娘が仕事を抜けて駆けつけた。家族の承諾を得て胸水を抜くことに。水を抜き過ぎると状態が悪くなることもある。
よくなりました。少し楽になったような、呼吸の仕方が。病院に入れてもらったからよかったです。先生もご高齢だからしゃべるのも丁寧で小さい声で聞き取りにくいんですけど、頑張ってますよね(家族の女性)
私はその患者さんのいわゆる「生きたい」という「生きていきたい」と。こういう体になっても「生きていきたい」という。患者さんが瞬き一つにしろ、仕草の一つ一つについて生きているんだなということを感じとってあげると、それをこちら側が感じとって、それで治療するという。やっぱり命というものをどんな風に重く見るか大事にするかじゃないですか。大事にするかという(高野院長)
・水曜日、院長回診の日。肺に水が溜まっていた女性の容体は悪化していた。
(胸水が)とれればいいんだけどね。なんとも出来ないな(高野院長)
・心臓に近い左側の肺から水を抜くことが難しく、手の施しようがなくなっていた。

<院長のこれから先への思いは>
・命の輝きと厳しさを見つめ続けてきた日々。震災後、この病院で退院した患者は289人。命を全うした患者は170人に上る。
本当はもっと早く引退したいんですけども、この災害から今までの現状をみると、これはもう一種の義務感みたいなものが加わりましたね。義務感といえば大げさですけども、体が動くまでやらざるを得ないのではないかと。ただ10年くらいはまだできるだろうと、そう思っているだけですよ。災害から5年でしょ、あと10年たたないと、この地域は元に戻るか分かりませんからね(同上)

2016年10月14日 (金) | 編集 |
CuFXirMUIAAzhdM.jpg 

同じ角度で撮り続けてるゴジ写コレクション。

今回新たに
ギャレゴジ(立像)⇒ギャレス・エドワーズ監督のゴジラ、

シンゴジ(2号雛型)、

そして

レアキャラの三丁目ゴジラ(雛型)

を追加しました。


こうして並ぶとスゲー迫力っ!!


2016年10月12日 (水) | 編集 |
  区民の声28-1335
                                                          平成28年10月12日
薫@千太組 様 
                      世田谷区政策経営部
                          広報広聴課長 池田 豊
        馬事公苑の駐車場整備について
 日ごろより、世田谷区政にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
 薫@千太組様よりいただきました区長へのメール(区政へのご意見)につきまして、ご案内申し
上げます。
 いただきましたご意見は、2020年東京オリンピック・パラリンピックに関することに
なりますので、東京都とJRA馬事公苑管理事務所へお名前を伏せてお伝えいたします。
 また、区長が拝見し、関係所管課に情報共有させていただきました。
 誠に恐れ入りますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。
〈参考〉
・JRA馬事公苑管理事務所 
 電話03-3429-5101
 〒158-8523世田谷区上用賀2-1-1
               
・東京都へのご意見の窓口
「都民の声総合窓口」
住所 〒163-8001 新宿区西新宿2-8-1 東京都庁
電話 03-5320-7725  FAX 03-5388-1233
インターネット http://www.metro.tokyo.jp/
 (詳しくは、東京都のホームページにアクセスし、「都民の声総合窓口」のページをご覧ください。)


2016年10月11日 (火) | 編集 |
 

極少数派らしく、ほとんど真逆な呟きしかお目にかからないけど、たま~~に私と同じ感想をお持ちの方にお目にかかることがありホッとする。
この犬にライオンの鬣を付けさせるCM。
私は嫌いです。
このCMを初めて目にした瞬間から嫌悪感と違和感、吐き気と憤怒渦巻きました。
きっと当初、相当量のクレームが寄せられたらしく、子供が泣き始めた瞬間、母親がすごい顔して犬の肩を押し遣り拒否するシーンはほとんど流れなくなった。
でも、どんなに編集しようと、このCMの根底に流れるなんとも言えない動物を上から目線で見下す人間優生意識は綿々と息づいてます。
これぞ、「お腹大きくなったからこの犬保健所」「子供が犬みてぎゃん泣き、だから保健所」「子供産まれて、いつ何時悪い病気貰うかもしれないから保健所」「子供が犬アレルギーになったから保健所」の源。
なんでこんな恰好させなきゃならんのだ!
犬は犬!!
ライオンじゃない!!
子供にコンナ教育する親は間違ってる。
このCMの母親をよく観察して思うに、あの人、犬嫌いなのでは?嫌いまでいかなくても苦手。
想像するにあの犬は夫の連れ子。
だから夫もあの犬も肩身が狭い表情してる。
あの女性は犬には全く視線を遣らないし、犬が近づくと表情をこわばらせる。
だから赤ん坊も母親の感情が伝染して泣いたりぐずったりするのでは?
いわゆる「母源病」。
あの家にはライオンのぬいぐるみはあっても犬のぬいぐるみがない。
ライオンの鬣買うより前に、イヌのぬいぐるみ買って犬に慣れさせる努力が先だろうに。


20160416151019.jpg 
20160416151027.jpg 
この続編も意味不明だし…
一応、赤ん坊から好印象をもらったライオン被りさせられた犬。
なのになぜかまた別の部屋で寂しげにポツネンとしてます。
それを見つけた夫が、犬からライオン被りを外し、自分が被って鏡に映し、一人満足げにほくそ笑む。
これまたむかつくというか、意味不明というか、理解不能というか…
ライオンの恰好させられたけど赤ん坊のそばにずっと居られるようになったんとちゃうんかい!
もしかしてま~たあの嫁が追い出したんかい!
なんで犬が独りぼっちのままやねん!
どんな恰好させられてものけ者かい!
これのどこが美談だっちゅうねん!
価値観の相違と言えばそれまでだけど、
でも、
このCMを好きという人とは仲良くなれん!
これだけは譲れん!!

うがぁぁぁぁ!



※こういうサイトがあって救われた気分。
★“感動的な交流”に隠された違和感?Amazonプライムの赤ちゃんとライオン犬のCMに批判的な声も
https://inumagazine.com/news/amazon-prime-cm-2






2016年10月09日 (日) | 編集 |
「馬事公苑改修に伴う駐車場整備について」


7日の都市整備委員会所管質疑の中で、民進党そのべせいや区議が、「(都の環境アセスメントへの提出書類に)『前提条件である駐車場の台数未定』の記載がある。1960年の設備だし、国際基準に合わせねばならないが、区のサポートをお願いする。」と供述する場面がありました。

確かに、実施段階環境影響評価調査計画書(馬事公苑)|環境アセスメント|競技会場等の整備|東京都の取組|2020年大会開催準備|東京都オリンピック・パラリンピック準備局 ※7ページ「4.4 事業の基本計画 」の(3)に【(3) 駐車場計画:自動車駐車場は、図 4-2 に示すとおり、計画地のそれぞれの敷地(北エリア、南エリア、公和寮エリア)に平面駐車場を設ける計画としているが、現時点では詳細な配置計画及び駐車場台数は未定である。】とあります。

3ページの「4. 東京 2020 大会個別計画の内容 」でも、【駐車台数未定】となっている。

つまり、現時点でJRAと区が近隣住民説明会や意見交換会や区議会で説明・答弁している中には当然、駐車場関連の情報はまったく盛り込まれてない、ということですよね?

だって、公式書類上、現段階では「未定」なのですから。

ということは、今後もし数千台規模、いやもしかしたら万単位か?の大型駐車場が整備されることが決定したら、議会や区民説明会での区の説明はすべて「大嘘」となり、馬事公苑の緑被率は限りなくゼロになってしまい、議会も区民も大騒ぎになるかもしれず。

いや、それよりなにより、建築構想終了後の今この時期になってもなぜ収容台数が未定のままなんですか?

区議会にも住民にも、このまま誰にも公表せず、来年の1月の工事に突入し、高い目隠しフェンスで囲った中で公的説明をしている以上の大量伐採を始めるおつもりですか?

この件、ぜひとも区議会で再調査&区との確認をお願いしたいと思い、田中優子区議へ報告しましたところ、「駐車場の件、まだ情報がありません。『決まっていない』というのは嘘ではないのだと思います。今後、注視していきたいと思います。」とお返事をいただきましたので、ぜひとも超党派で監視してほしい旨、お願いいたしました。

議会中、そのべ区議はこの駐車場の件を述べた後、なぜか唐突に、千代田区の街路樹伐採問題へと話を移しました。「五輪のため」という錦の御旗を掲げ、千代田区民に説明責任を果たさないまま、無断で行政が推し進めていた街路樹伐採計画が住民運動のためとん挫している話を出すことで、「世田谷区ももし、今答弁している以上の樹木を駐車場整備名目で大量伐採したことを区民が知れば、どんなトラブルが起きるかわからないですよ」と釘刺しているようにも感じたのでした。

国立競技場や豊洲移転とかぶって来ませんか?

これもまたひとつの「ブラックボックス」と言えなくもないです。

区行政は「決定事項」だけでなく「(現状では未定だが、今後確実に事業が進行すると決定している)未定案件」も包み隠さず、区民に情報公開してほしい。

区民説明会、意見交換会や区議会で改修後の緑被率や緑化の説明・答弁をされるとき、なぜこの駐車場整備が未定のままだということを特記事項として説明しなかったのでしょうか?

これまで説明を受けた区民や区議会は、今も駐車場整備計画がまだ未定のまま残っているということを知らされていないままですよ。

否、もしかして、区議会はすべて知っていて沈黙を守っているのか?

知らないのは私たち区民だけなのか?

これまで国や都が行ってきたことを思えば、疑心暗鬼になるのも当然至極。

市民の政治不信、政治への無関心はこうやって生まれるのです。

区はたった今から、この駐車場案件の現状と進行状況を逐一、区民や区議会に明らかにしてほしい。

区の覚悟と見解をお聞かせ願いたい。 







2016年10月08日 (土) | 編集 |
★ 実施段階環境影響評価調査計画書(馬事公苑)|環境アセスメント|競技会場等の整備|東京都の取組|2020年大会開催準備|東京都オリンピック・パラリンピック準備局 
http://www.2020games.metro.tokyo.jp/taikaijyunbi/torikumi/facility/kankyou/chousakeikaku_bajikouen/index.html

※7ページ「4.4 事業の基本計画 」の(3)にある通り。
【(3) 駐車場計画:自動車駐車場は、図 4-2 に示すとおり、計画地のそれぞれの敷地(北エリア、南エリア、公和寮エリア)に平面駐車場を設ける計画としているが、現時点では詳細な配置計画及び駐車場台数は未定である。】とあります。

※3ページの「4. 東京 2020 大会個別計画の内容 」でも、【駐車台数未定】となっているので…それもあって、国立競技場の悪夢を思い出し、区議会での世田谷区行政の答弁はちょっと信用できないと思ってしまうわけです。



↑の書類は、
東京都オリパラ準備局が馬事公苑について「実施段階環境影響評価調査計画書」を作成し、平成28年6月16日、東京都環境局長に提出したものです。 



拙ブログでも記載しているように、現在開かれている世田谷区議会・
平成28年決算特別委員会で各会派から馬事公苑改修について様々な質問が飛び交っております。

それに対する区からの答弁はどれも、うっすらとながらでも希望が持てるようなものばかりです。



が…



7日の都市整備委員会所管質疑の中で、民進党そのべせいや区議が、「(都の環境アセスメントへの提出書類に)『前提条件である駐車場の台数未定』の記載がある。1960年の設備だし、国際基準に合わせねばならないが、区のサポートをお願いする。」と供述する場面があったのですよ。

この供述はそのべ区議の馬事公苑関連質問終了ぎりぎりに行われ、それも答弁を求める質問ではなく、単なる供述として登場します。

だから当然ながら、↑のそのべ区議の供述に対する区からの答弁はありません。



トリッキー!!!!!!!



あのね、国会でも都議会でもそうですが、こういう、終わり間際に早口でささっと済ませるような中にこそ、最大重要課題が潜んでいることが多々あります。



つまり、現時点でJRAと区が近隣住民説明会や意見交換会や区議会で説明・答弁している中に、駐車場関連の情報はまったく盛り込まれてない、ということなのですよね?

だって、公式書類上、現段階では「未定」なんだもの。



この件、ぜひとも区議会で再調査&区との確認をお願いしたいと思い、田中優子区議へ報告しました。



何度も何度もしつこく言ってますけど、こういうことがあるから、近隣住民だけに絞っての説明って好ましくないと思うわけです。

もっと広く意見を募ることをすれば、こういうトリッキーなことも明るみに出やすい。

なのになぜか近隣住民だけに説明したがる行政とJRA。


「なんか隠そうとしているから」「騙そうとしているから」少人数の中でしか情報公開しないんだ、なんて思いたくないですけど、悪意がなくとも結果的にはこういう(;´д`)トホホなことも出てくるのでね。

そのべ区議の供述ですが、この駐車場の件を述べた後、なぜか唐突に、千代田区の街路樹伐採問題が続くんですよ。「五輪にため」という錦の御旗を掲げ、区民になんの情報公開することもなく無断で行政が推し進めていた街路樹伐採計画が、住民運動のためとん挫していることを、そのべ区議は馬事公苑の駐車場の件の後に付け足しのように述べている。「世田谷区ももし、今答弁している以上の樹木を駐車場整備名目で大量伐採したことを区民が知れば、どんなトラブルが起きるかわからないからね」と釘刺しているようにも感じたのでした。

今のうちに、この件を公にして、しっかり情報公開&情報確認した上で工事をスタートしてもらわないと、始まってしまったらもう手遅れですからね!!!

そうなる前に、納税者として、区民として、有権者としてやれることはやって、責任果たさなきゃ!!!

でなきゃ、もし、このままの状態で、区民が何も知らされないまま、何も知らないまま、本格的に工事が始まって、プレオリンピック・イヤーになり目隠しフェンスが外れてみたら…そこには思いもしないような、「こんなはずじゃなかった」っていうような、無残な光景が広がっていた、なぁんてことも有りうるわけですよ。

で、そこでどんなに文句言ったって、区からの言い訳は「だって、どなたからも駐車場について質問がなかったから」とか、「だってあの当時はまだ未定で、何も決まってなかったから」とか、耳にタコができるほど聞かされてきた言葉が並ぶことになるわけですよ。


国立競技場や豊洲移転とかぶって来ませんか?

これもまたひとつの「ブラックボックス」と言えないでもないね。


区行政は包み隠さず、区民に情報公開してほしいですね。
そのためには、わからないこと、不安に思うことはこっちからどんどん聞いて行かなきゃね。
じゃないと、向こうは積極的には答えてくれないから。
(これまた今、都議会で起こっていることと同じ!)


というか、これがすべて私の杞憂にすぎなかった、っていうのが一番望ましいですよ。

★参考資料
日刊建設工業新聞オンライン・サービス
2016年7月11日版 4面 「
首都圏Look at/馬事公苑(東京都世田谷区)、五輪またぐ壮大な再整備計画」
https://www.decn.co.jp/onlineservice/News/detail/3201607110402




2016年10月08日 (土) | 編集 |
★平成28年決算特別委員会10月4日 区民生活委員会所管質疑
※え?!馬事公苑って五輪関連で2017~2022年まで、6年間も閉苑なの?
※は?中村委員って何党?中村コータロー、民進党だ!HPまだ民主党のままだし(笑)なんて横柄な態度だろう。五輪前後で世田谷通りに馬車を走らせろ?区職員に凄んでる。で、その間は車は通行止めね?まさか、NYのセントラルパークみたいに車と馬車を並走させようとしてますか?馬事公苑の馬は全頭「疎開」してるし、そんな訓練してる馬じゃないと相当なストレスだし暴れて客に怪我させたらどうするの?馬糞も大丈夫ね?臭いとか不潔とか、馬車は知らせる間は道路清掃もきっちりやるんでしょうね?めっちゃ、無責任。誰か利権関係から頼まれた?それともご贔屓筋?どっちにしても実現には課題多し。
※録画を見ていて驚いたのですが、馬事公苑は来年2017年から2022年の6年間も閉苑するんですか?
※五輪後の馬事公苑はどうなるんですか?
※都や区行政のお考え、ちょっと私たち都民(区民)の思いと違います。神宮前の国立競技場の場合は、工事前、担当責任者の安藤忠雄氏から「樹木は一本も伐採しない」と確約されたにもかかわらず、蓋を開けてみたら数千本もの木が伐採されました。
※それにしてもすっかり五輪熱に浮かれちゃって、自民党、公明党の与党だけじゃなく、野党の民進党も質問内容は自分の地元と観光招致と客寄せと商工会議所マターばかり。浮足立ってるなぁ。地域防災拠点でもある馬事公苑の役割や、地域住民、一般区民の関心事や情報に関する質問は全くなし!彼らの中の区民はきっと、政治家や商店主や企業など利権がらみの人たちのことなんだろう。情けないやら、悲しいやら。

★平成28年決算特別委員会10月7日(金)都市整備委員会所管質疑
(ご覧になりたい方は「世田谷区公式HP」右端の「世田谷区議会」をクリック⇒右端の「議会中継」をクリック⇒青字の「インターネット議会中継へ」をクリック⇒右の「録画配信」の中の一番上「議会命で探す」をクリック⇒「平成28年」の「平成28年決算特別委員会」をクリック⇒「10月7日(金) 都市整備委員会所管質疑」をクリックし、ご覧になりたい会派の録画を選んで再生してください)

※無所属・世田谷行革110番、田中優子区議質疑。
【馬事公苑について】
これまでの3回の説明・意見交換会で建築構想終了するが、今後も継続して近隣住民への説明責任は果たしていく。
残された課題は建物の高さと緑化。特に緑化に関して、区民の不安は「国際基準」に合致する条件を満たすため、相当量の樹木伐採されると思われる馬事公苑の樹木。
既存樹木に関しては、区の「緑の基本条例」とも照らし合わせ、可能な限り改善。
現在と改修後の緑被率はどれほど違うのか?=公開エリア45%、非公開エリア12%だが、区としては100%元に戻すようJRAへ要請&行政努力をする(!!!!!)
馬事公苑 
(田中区議の質問録画を拝見しての感想)区からの答弁の中にいまだ未定の駐車場整備の分が含まれているかわからないので、下手すると、数千台分の駐車場が整備されてしまえば、上記の緑被率などあっという間に「大嘘」となってしまうでしょう。五輪開催期間中は「はげ山」になり、見るに堪えない姿になるかもしれないけど、祭りの後は、区民にとってあの場所に駐車場など全く必要としないので、即刻、駐輪場と緑地にしていただき、少しでもまともな姿に戻して、区民へ返してほしいものです。

★田中区議、お疲れ様でした!やっとこさ録画拝見できました。満足いく質問でした。区からの答弁は、全面的に信用できるとは思えないまでも、ここまでポジティヴな回答を引き出してくださり、ありがとうございました。過剰な期待は禁物ですが、希望を持って見守りたいと思います。桜並木の件、和紙の件も大変興味深く拝見させていただきました。区の頑固さに私もムッと来ましたが、田中区議らしい「突っ込み」にスカッとさせていただきました。

※生活者ネットワーク高岡区議、「東京五輪のため」という錦の御旗のため区民の憩いの場である馬事公苑の緑地が伐採され、競技場のためだけの場所に整備されることについて質問
「五輪後は競技場のまま残さず、区民の憩いの場所として作り変え区民に還元する」「五輪後は若木を植える」「植え戻す」「伐採した樹木も無駄にせず、お土産品として売り出す」
答弁した区職員さん、「昨日も近隣住民の方との意見交換会が『和やかに』執り行われ~云々」って、ことさら「和やかに」を強調してたけど。近隣住民以外の世田谷区民は今もって詳細を知らされていないので、後々、「新生」馬事公苑の姿を目の当たりにして、そこから大騒動勃発とならなければいいけど。昨日、すでに「区長へのメール」にて注意喚起しておきましたが、豊洲移転問題や千代田区の街路樹伐採問題で明らかになったように、近隣関係住民だけじゃなく、すべての区民に詳細な情報開示をしておかないと、そうじゃなくても今世田谷区行政とJRAがやろうとしているのは、「五輪のため」という「錦の御旗」を掲げてのある意味、全区民に説明責任を果たすことなく強行する工事ですので、後々、大変面倒な問題に発展することもあり得ますので、今からでも遅くないので、対応の改善をお願いしたい。
で、生活者ネットワーク高岡区議が仰っていた事の中でちょっと納得いかなかったことあり。JRAの資金って突き詰めれば競馬ファンのお金ですから。都や区の税金ではないにしろ、JRAという団体のお金、ではなく、国民の、競馬ファンのお金だと思うのですが。つまり、そういう点からいってもJRAには近隣住民どころか、全世田谷区民、いや全国の競馬ファンにも説明責任があると思う。
※五輪のため、馬事公苑周囲は電柱地中化するんだね。
世田谷区の電柱地中化。世田谷も街路樹がたくさんあるのでね、電柱地中化のために区民に説明責任を果たすことなく街路樹伐採計画を推し進めた千代田区の街路樹伐採問題と同じように、区民とのトラブルが起きないようにしないとね。これもまた、区民への説明責任!
※東京五輪のため、馬事公苑前の「けやき広場」も馬事公苑と一緒になくなってしまうと思っている区民が大勢いるようですが、「けやき広場だけ」は五輪後もそのままの姿で残るとのことです。
※本当に。「サイレントマジョリティ」「声なき多数派」がいることを区行政は決して忘れてほしくないですね。
※だぁかぁらぁ!馬事公苑近隣住民だけに説明責任を果たすんじゃなくて、世田谷区民全員に同じような説明責任が必要なんだってばぁ!!どうしてわかってくれないかなぁ。自民党世田谷区議団はどうして近隣住民に絞った説明や意見交換だけの対応で満足したのかな?世田谷区民全体への説明責任があると、もっと突っ込んだ質問と、区への要望をなぜしなかったのかな?千代田区の街路樹伐採問題での区行政と区民とのトラブルを知らないのかな?
※馬事公苑でこうなんだから、近隣住民だけへの説明だけに奔走していては、きっとその内に、たとえば、電柱地中化工事が現実化した時、区民と行政との間に大きなトラブルに発展するかもね。「緑の世田谷区」だから電柱の近くには必ず立派な樹木や街路樹がありますよね?今、大問題になっている千代田区の街路樹伐採問題のように、全区民への説明責任を果たさぬまま伐採を推し進め大きなトラブルに発展しないよう「区民目線」に立った対応をお願いしたい。
※地域防災。マンション住人と町会、自治会との横の連携は私も感じてる重要な課題だよなぁ。自治会費は払っているのに、自治会開催の防災訓練の案内がマンション管理組合には届かないとか、よく聞く話だ。
※民進党世田谷都議団でも馬事公苑改修について質疑。おおよそ40%の緑が失われるとあるが、これがトリッキーで『駐車場整備』分が入っていない。馬事公苑には駐輪場しかない。五輪のためだけに追加で緑破壊して大規模駐車場建設?っていうか、なんでこの時期になっても駐車場分が未定のままなの?もしかして、何千台分とかの駐車場作るのかな?ま、事前は「一本も緑は伐採しない」と言われていたのに、高いフェンスに囲われ、住民に目隠ししながら工事を始めたら数千本単位の樹木を伐採した国立競技場と同じやり方するんだろうな。今までの行政のやり方なら、このまま詳細を知らせないまま、区民が騒がないよう、コソコソッと来年1月からの工事に紛れて、樹木をばっさばっさ伐採して作っちゃう、と!
※武蔵野樹林は残るのか?それと、希少動植物は他施設移転や別場所へ移植するなどして保護されるらしいが、池がある日本庭園やその他の庭園は全滅っぽいな…なんせ、こういう議会チェックするでもしないと、情報が区民に伝わってこなくて困る!
※議会内で確認できた、今現在残りそうな緑地だって、大型駐車場建設でどうなるかわかったもんじゃないし。
※いつになったら&どこから確実な情報が入手できるんだろう?

CHTyU8-UsAAsSDo.jpg 
馬事公苑改修ってなぜか国立競技場改修と重なるところが多いように思えて仕方ない。「五輪のため」のスクラップ&ビルト。馬事公苑が高い目隠しのフェンスに囲われた瞬間から、嫌な予感が的中しませんようにと祈る日々が始まるんだろう。





 
2016年10月08日 (土) | 編集 |
なんで横向きにしかならないかなぁ。

いつもなら方向転換編集できるのに。

ま、いいか(笑)

私も2枚買った熊本城改修工事応援の復興渋うちわ。

100万円を寄付できたとお礼状が届きました。

すごいなぁ!

うれしいなぁ!

今日の早朝、阿蘇山噴火レベル3になったとニュースで伝えています。

あの地震がきっかけかなぁ。

やっとこさ落ち着いてきたと思ってたのに。

先日、南阿蘇の無農薬米の新米が届いたばかりなのに。

これから少しづつ復興してきた南阿蘇の無農薬味噌をまた頼もうと思ってたのに。

このまま鎮まってくれるよう祈るばかりです。


S0726133[2]   






2016年10月07日 (金) | 編集 |
 区民の声28-1295
 平成28年10月 7日
  薫@千太組 様 
                  世田谷区
                   スポーツ推進担当部
                   オリンピック・パラリンピック担当課
                             課長 玉野 宏一
                   危機管理室災害対策課
                             課長  荒  学
 
日頃から、世田谷区政にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
「区長へのメール」は区長が毎日確認し、担当所管への指示、確認等されているも
のです。
 
このたびお寄せいただきましたご意見につきまして、担当所管として次のとおり回
答をさせていただきます。

1.馬事公苑の休苑について
JRAによれば、2017年1月から休苑し、東京2020大会開催を目途に、順次、
解体工事や建築工事を行う計画とのことです。その後、2020年の大会開催に必要な
期間は、大会組織委員会に馬事公苑を貸し出すこととなるようです。
 
東京2020大会終了後は、大会用の諸施設等を撤去し、馬事公苑の再開に向けて必
要とされる整備工事を行い、2022年11月までに工事を完了し、再開する予定と伺っ
ております。
 
そのため、2017年から2022年までの期間は、整備工事や東京2020大会開
催となるため、一般的な開放は厳しいと判断しているようです。
                    【担当】スポーツ推進担当部
                    オリンピック・パラリンピック担当課
                    電話03-5432-2743 
2.五輪後等について
東京2020大会時に使用する観客席等の施設は、大会後は解体・撤去すると伺って
おります。
 
その後に、馬事公苑の運営に必要な施設等を一部追加する整備工事をJRAが行うよう
です。
 
大会後の馬事公苑は、これまでと同様に、馬術競技の会場、憩いの場、区民まつりの
会場等として、ご利用いただける施設として再開する計画が示されております。
 
なお、いただきました「馬事公苑工事に対する住民対応について」のご意見につきま
しては、JRA馬事公苑にお伝えしました。
                    【担当】スポーツ推進担当部
                    オリンピック・パラリンピック担当課
                    電話03-5432-2743 
               
3.広域避難場所について
「馬事公苑・東京農業大学一帯」は、複数の大規模空地・施設で構成され、昭和47年
に東京都により広域避難場所として指定されました。当該広域避難場所一帯全体に占める
避難有効面積は約27万㎡、避難計画人口は約10万5千人、一人当たりの有効面積は約
2.5㎡と想定しております。東京都が5年に一度、広域避難場所の指定を見直しています。
 
「広域避難場所」は、地震による火災延焼等により、自宅及び最寄の「一時集合所」が
危険な状態になった場合に避難する場所です。火災の発生状況や規模により避難者数は変
わりますが、避難計画人口の全員を馬事公苑で受け入れるものではございません。東京農
業大学にも敷地内のスペースの提供について協力いただいており、災害時には開放をお願
いしているところです。
 
東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向けた馬事公苑の工事に伴
う対応について、現在東京都と調整しておりますが、まず、工事対象エリアである馬事公
苑を避難有効面積(火災の輻射熱から身を守れるエリア)から一時的に除外したうえで、
本広域避難場所一帯全体の避難有効面積を再度算出いたします。算出の結果、一人当たり
の避難有効面積が基準の1㎡を下回る場合には、避難対象地区割当の見直しを図ることに
なります。
 
区といたしましては、今後、東京都の対応を受け、広域避難場所の見直しや近隣の広域
避難場所に変更するなどの場合には、適切な区民周知を図ってまいります。
      
                 【担当】危機管理室災害対策課
                     電話03-5432-2262

2016年10月06日 (木) | 編集 |
【区行政の馬事公苑改修に対する住民感情について】

今、TBS「Nスタ」で千代田区の街路樹伐採問題について伝えていました。
〆のコメントに膝を叩いて納得。

つまり、
①長年の住民生活に根付いたものを大幅に変更する場合は、関係近隣住民との話し合いだけじゃなく、該当行政区の住民全員に広く遍く広報する努力をすること。

②「2020年の東京五輪のため」と銘打ったら、「そんな、たかが一過性のイベントのためだけに長年の住民生活を壊す気か!」と必ず住民から反発が起きるので、そうじゃなく、「祭りの後」、五輪後を見据えた長期的プラン(防災、安全など)のためには大幅な変更が必要、というようなやり方で住民に説明し話し合うこと。

「豊洲移転問題」や「馬事公苑問題」に相通じる事だと思いませんか?

今からでも遅くないので、ぜひとも改善をお願いしたい。





2016年10月06日 (木) | 編集 |
常々、世田谷の馬事公苑に憩いと癒しを与えていただいている近隣住民の一世田谷区民です。来年2017年から6年もの間、閉鎖されることは大変残念ですし、馬事公苑が広域避難所である身として、もしその間に震災・災害が起きたら、広域避難所の代替えはいったいどこなのか、大変不安に思っております。さて、そこで、世田谷区の地域防災拠点として大きな役割を果たす馬事公苑の「今後」について以下2点、お尋ねします。

①世田谷区地域防災の観点からみて、馬事公苑が私の広域避難場所であることもあり、区とJRAの今後の動きをしっかり注視したいと思っています。いざという時、防火・延焼対策の役に立つ樹木が伐採され、高さ20mの高層建築物が3棟も並んでいる場所が、私の広域避難場所というのは本当に不安だし困りますから。区行政とJRAが地域防災拠点としての馬事公苑をどう生まれ変わらせようとしているか、大変関心があります。

②でももし「新生」馬事公苑のあの高層建築3棟が、震災及び災害時の「ペット同伴避難場所」として全面「無条件開放」されるなら、どんなにかいいでしょう。どうぞ、「災害時j被災動物ボランティア制度」を制度化した世田谷区の地域防災モデルとして、ぜひとも検討材料としていただければと思います。

以上2点、世田谷区行政にも陳情済みです。

ぜひともこの件、世田谷区との話し合いの席に反映していただければ幸いです。

よろしくお願い申し上げます。 




★JRAへのお問い合わせ方法⇒「JRA馬事公苑」HP(
http://company.jra.jp/bajikouen/)の「問い合わせ/FAQ」から入り、「ご意見・ご要望」タブをクリックすると送信用フォームがあります。






2016年10月06日 (木) | 編集 |
①世田谷区地域防災の観点からみて、馬事公苑が私の広域避難場所であることもあり、区とJRAの今後の動きをしっかり注視したいと思っています。いざという時、防火・延焼対策の役に立つ樹木が伐採され、高さ20mの高層建築物が3棟も並んでいる場所が、私の広域避難場所というのは本当に不安だし困りますから。区行政とJRAが地域防災拠点としての馬事公苑をどう生まれ変わらせようとしているか、そこにはとても関心があります

②でももし「新生」馬事公苑のあの高層建築3棟が、震災及び災害時の「ペット同伴避難場所」として全面「無条件開放」されるというなら、私、今すぐにでも賛成派に回りますよ!!




2016年10月05日 (水) | 編集 |
①平成28年決算特別委員会
10月4日 区民生活委員会所管質疑の録画を見ていて驚いたのですが、馬事公苑は来年2017年から2022年の6年間も閉苑するんですか?

②五輪後の展望、レガシーもわからないまま。760人収容のものを世界基準に則って最低でも14000人の観客を収容できるメインアリーナに改修したとして、憩いの場所から競技場へと大変貌を遂げる公苑を、祭りの後、都民、区民にどう使ってもらうか、その展望がまったくどこからも出てこない。五輪後の馬事公苑はどうなるんですか?せたがやコールに尋ねても、ほかの世田谷区民の方がブログに書いておられるのとほぼ同じで「JRAの持ち物なのでマンション建築と同じで、区報などには載る性質のものではない」というような答えしか返ってきません。

③もし、馬事公苑閉鎖の間に震災や災害が起きた場合、私ら馬事公苑が広域避難所の区民は、どこが広域避難所になるのでしょうか?

以上の3点だけはぜひ、確認しておきたいので、どうぞ教えていただきたいです。 






2016年10月05日 (水) | 編集 |
平成28年決算特別委員会
10月4日 区民生活委員会所管質疑の録画を見ていて驚いたのですが、馬事公苑は来年2017年から2022年の6年間も閉苑するんですか?

五輪後の馬事公苑はどうなるんですか?

せたがやコールに尋ねても、ほかの世田谷区民の方がブログに書いておられるのとほぼ同じで「JRAの持ち物なのでマンション建築と同じで、区報などには載る性質のものではない」というような答えしか返ってきません。

どこまでも区民(都民)不在だし、なのに3兆もの税金は使われる。

まるで「金だけ払って口出すな」と言われているように思えて仕方ないです。

都民の8割以上が五輪を見直しせよと言っているというのに…

もし、馬事公苑閉鎖の間に震災や災害が起きた場合、私ら馬事公苑が広域避難所の区民は、どこが広域避難所になるのでしょうか?

これだけはぜひ、確認しておきたいです。

は?中村委員って何党?民進党?

五輪前後で世田谷通りに馬車を走らせろ?

その間は車は走らせないのね?

まさか、NYのセントラルパークみたいに車と馬車を並走させようとしてますか?

公苑閉鎖の間、馬事公苑の馬は全頭「疎開」してるし、そんな車に慣れる訓練してる馬じゃないと相当なストレスだし暴れて客に怪我させたらどうするの?

なんか恐ろしい話してるのね、世田谷区民生活委員会所管質疑って。

★都や区行政のお考え、ちょっと私たち都民(区民)の思いと違います。
神宮前の国立競技場の場合は、工事前、担当責任者の安藤忠雄氏から「樹木は一本も伐採しない」と確約されたにもかかわらず、蓋を開けてみたら数千本もの木が伐採されました。
千代田区の場合は、千代田区が区民に説明責任を果たすことなく無断で街路樹伐採を進めています。
世田谷区民も同じ気持ちなんですよ。たとえJRAの所有物だとしても。JRAからも区からも何の説明も聞けないまま、何を納得しろというのでしょう。
まるで部外者のよう。
なのに税金だけはしっかり取られる。
頑なになるなという方が無理ですよ。





2016年10月04日 (火) | 編集 |
おぉ!いよいよ始まりますか!!

がんばるけん! 
★熊本城、1万円以上の寄付で「復興城主」に 11月から
奥正光2016年10月4日21時05分
朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJB4312NJB4TLVB001.html より転載
 
熊本地震で大きな被害を受けた熊本城について、熊本市は11月1日から、復興を支援する「復興城主」を募る。1万円以上の寄付をした個人や団体が「城主」となり、観光施設の入場料が無料になるなどの特典を受けられる。
 
復興城主の制度は、復旧への息の長い支援を募ることが目的。1万円以上の寄付をした「城主」には「城主証」のほか、田原坂西南戦争資料館(北区植木町)などの施設の入場料が無料になる「城主手形」を交付する。また、熊本城公園内の観光施設「桜の馬場城彩苑」にスクリーンを設け、城主番号や氏名を入力すると「城主」の氏名が映し出されるようにする。地震前に復元事業を支えるために募っていた「一口城主」の名前も映される予定だ。
 
4月の熊本地震では、熊本城の石垣約50カ所が崩落。13の重要文化財建造物や20の復元建造物が被災した。市は熊本城を復興のシンボルとして、天守閣を3年で、石垣など城全体を20年で復旧させる方針だ。
 
費用は630億円を超えると見られており、市は激しい揺れに耐えた天守閣の「落ちなかった瓦」の提供なども検討している。熊本城総合事務所の梅田雄介所長補佐は「多くの方に城主になっていただきたい」と話している。

20160414熊本城崩落10    
申し込みや問い合わせは同事務所(096・352・5900)へ。(奥正光)




2016年10月04日 (火) | 編集 |
 ★参考資料
※「馬事公苑が壊される!」 http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1857.html ブログ:野郎猫集団「千太組」
※「風さそふ…」 http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1859.html ブログ:野郎猫集団「千太組」
※田中優子区議9月28日付facebook https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1261283557235838&id=100000626184390&pnref=story

神宮前の国立競技場でも、
世田谷区のJRA馬事公苑でも、
そして中央区
でも…

たった2週間の五輪のためにどんどん緑の環境が消滅していく…

それも都民、区民に何の事前説明もなしに。

五輪の馬術競技場になる世田谷区馬事公苑も「国際基準」に対応するため現760人収容規模のものを最低でも14000人分の観覧席のあるアリーナに拡張するため、区民が愛する30年物の桜の古木ほか、慣れ親しんだ緑の環境が姿を消す。なのに、いくらJRA所有だとしても区民への事前の説明はナシ。

悲しいですけど。馬事公苑は来年1月から改修工事に入ります。今の姿をご覧になれるのは今年限りです。

ま、馬事公苑の件。
15年12月末には施工会社決定アナウンスが出ていて、来年1月から工事開始なのに、9月28日に工事の意見交換会が開かれるというのは、どう考えても区民を馬鹿にしてますよね。

本気で区民の意見を聴きたいのなら、遅くとも今年春に開催されるべきだったのでは?

それに、五輪後の展望もわからないまま。祭りの後、憩いの場所から競技場へと大変貌を遂げているであろう公苑を、都民、区民にどう使ってもらうか、まったくどこからも出てこない。

豊洲問題での都の対応と全く同じですね。

1月の工事のことを10月の声を聴こうとする時期に開催されるということは、一応意見交換会という名のイベントを実施しとけば、いざ何か区民からクレームや意見が来ても「9月28日に交換会を行った」と言い訳ができる。言い逃れができる。ただのアリバイ作りであって、本気で聴く気なぞない証拠です。

9月28日付facebookにて「来週の決算委員会でとりあげようと考えています」と仰っておられた田中優子区議ですが、今日の決算委員会では別のことを質問されるようです。馬事公苑の件は見送られたのですか?楽しみにしておりましたのに、残念です。
7日(金)10時〜質疑する予定だそうです。

国も都も区も、主権在民なんて名ばかり。

バカにしてる!