薫の野郎猫的日常
2016年08月23日 (火) | 編集 |
昨日、台風の中、相模原の道路で「溺死」したのが仕事帰りの訪問介護士だったこと、
大阪の老人ホームで人工呼吸器のスイッチがオフになっていたことで寝たきりの入所者さんが亡くなったこと…
今朝のニュースでさまざまな感情が襲ってきて凹んだ。

大阪の老人ホームで女性入所者が死亡、人工呼吸器が停止状態で News i - TBSの動画ニュースサイト http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2851389.html 
え?今度はベネッセ?!人工呼吸器ってさ、どんなことしてもスイッチは切らないよ。ま、慌て者の介護しもしくはナース、もしくは掃除の人がコードにけつまずいてコンセントが外れたりはするかも、だけど。でもこういう寝たきりの人の部屋はふつう開けっ放しにしてるから、部屋の前通る時にスクリーンチェックを癖つけてればすぐわかるはずなんだけど…まさか、また「殺人」じゃないいね?それも施設職員、もしくは見舞いに来た家族ということもあり得る。一日も早い原因究明を!でもさ、人工呼吸器とかの生命維持装置って普通、電源が切れたらアラームならないか?

わたしたち訪問介護士や訪問ナースはさ、台風でも地震でも大雪でも春夏秋冬天変地異関係なく外に働きに行くのよ。でなきゃ相手の方死んじゃうから。施設介護なら自分が休んでも夜勤者たちがいるし、他のシフトの子たちだっているから最悪は休むことも可能だけど、訪問ナースも2人態勢の所多いし。でも訪問介護は一人だから。どんなことがあっても行かなきゃならない。だからさ、台風の中、増水した道路で「溺死」した相模原の介護士さんのこと、他人事じゃないです。もちろん労災適用よね?

あ~あ、知り合いのベネッセの管理者やケアスタッフやケアマネたち、今頃大騒ぎだろうな。

介護の仕事は誰でもできるかもしれない。だけど、誰もがいい介護士になれるとは限らない。適格者、不適格者は必ずいる!






2016年08月21日 (日) | 編集 |
20160821②


高校野球もとうとう決勝戦。

昨日の準決勝でふるさと熊本の秀岳館を負かした北海を応援中!

TVの外では蝉さんが大声で鳴きはじめました。


20160821.jpg
君はどっちの応援団?(笑)


高校野球夏の大会が終わる頃になるといつも
甲子園のグラウンドではアキアカネが大群で飛び始め
ほのかに秋を感じるのが常ですが・・・

今年の大会はどうでしょうね?

2016年08月18日 (木) | 編集 |
  【ご意見等のテーマ】
世田谷区の被災動物ボランティア募集周知拡散について
【ご意見等の内容】
まず、世田谷区が被災動物ボランティア制度を確立されたことに心より感謝申上げます。
全国でも画期的な政策だと思います。
是非とも、世田谷区民全員がこの情報を目にすることができますように。
100万都市になろうとする世田谷区。
情報が区全域に遍く知れ渡ることがどれほど困難か、
わかっておりますが、事は災害時に関する重要事項です。
いざという時に知っているか否かで天国と地獄です。
是非とも区行政と保坂区長のご尽力で、
この素晴らしい、全国的にも画期的な取り組みを世田谷区民全員に拡散していただきたいです。
ボランティアに募集するかどうかは二の次です。
まずは、この情報を知ること。
そこからでなけれ何も始まりません。
そこで、区と区長がどのようにしてこの情報を世田谷区全域に周知拡散されるおつもりか、
お考えをお聞かせください。



★100万都市になろうとする世田谷区…情報を1人でも多くの区民の目に触れさせることがすべてです。広報活動が命の綱ですよね。私も可能な限り、拡散活動をいたしますが、区行政も頑張ってほしいですね。マスコミでも著名人の世田谷区民でもなんでも使って、周知広報を頑張ってほしいです。



※2016年8月26日(金)、↑のメールに対し区行政からの回答が届きました。

区民の声28-0993
                         平成28年 8月26日
 

薫@千太組 様  


                                        世田谷区世田谷保健所
                                        生活保健課長 亀谷 智惠子


 日頃から、世田谷区政にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。

 お問い合わせいただきました、世田谷区の被災動物ボランティア募集周知拡散に
つきましては、現在、出張所・まちづくりセンターでのリーフレット配布をはじめ、
区の広報紙やホームページ、FM世田谷等を活用し区民の方に周知しているところで
す。
 今後とも、区の広報掲示板の活用をはじめ、イベント等も活用し周知拡散してい
く予定です。
 貴重なご意見ありがとうございました。

               【問合せ先】世田谷保健所生活保健課 電話:03-5432-2908

★ご多忙中にも拘らず、早速のお返事ありがとうございます。う~~ん、区のホームページのリンクが全く示されていないので、HPメインにででもリンク付きで告示がない限り、どなたもあの特設ページにはたどり着かないと思いますし、8月15日付の世田谷区メールマガジンにボランティア募集記事が掲載されていましたが、なぜでしょう、他の告知には必ずついている「詳しくはコチラ」で始まるホームページへのリンクがなかった。せっかくボランティア募集に関するページを作ってくださったのに、そこにたどり着けるような区行政から区民への周知努力にまで至っていないと思います。あと、リーフレットですが、出張所、まちづくりセンター、図書館に置いてくださっているとのことですが、全面的に協力していただけると思っていた獣医師会所属の動物病院に全く置かれていないのはどうしてでしょうか?なんだか保健所だけ頑張っていらっしゃって、保坂区長を筆頭とする他の区担当部署や民間の重要拠点となるべき動物病院の協力が得られていないように感じるのはなぜでしょうか?何度も申し上げますが、ことは人の命にかかわる災害時の重要な情報です。それも、23区で初めての画期的な政策です。なぜ保坂区長を巻き込んでの主要マスコミに向けてのプレスカンファレンスができないのでしょうか?動物愛護先進自治体の画期的な取り組みとして全国に向けて発信してもいいのでは?個人的にSNS向けに情報拡散活動をしておりますが、日本全国の方々から「さすが世田谷区」「うちの自治体も真似してほしい」「微力ながら自治体に働きかけてみます」などの声をいただいています。反応イイですよ?なぜもっと世田谷区らしく派手に発信しないのでしょうか?著名人の世田谷区民とタイアップするなど、もっと「世田谷区らしい」積極的な発信方法で区内だけでなく全国に発信していただけたら、世田谷区民だけでなく全国の自治体のリーダーとして、被災動物ボランティア制度のモデルケースとして日本全国から注目されることも可能なのに。もったいないですよ。頂戴したお返事の内容の他に、なにかあと一工夫できないでしょうか?(区長へのメールとして↑の回答へのリプライ送信完了)



※2016年8月26日(金)送信した↑の★メールに対し区行政からの回答が届きました。

区民の声28-1043
                          平成28年 9月 1日
 
 岡本 企美子 様  
                                        世田谷区世田谷保健所
                                        生活保健課長 亀谷 智惠子
                                                     
 日頃から、世田谷区政にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
 前回に引き続き貴重なご意見ありがとうございます。
 「被災動物ボランティア募集」周知方法につきましては、獣医師会にも協力をお願
いしながら進めて行きたいと考えております。
 頂戴しましたご意見も参考にさせていただきながら、今後の周知方法につきまして、
検討していく所存です。
              【問合せ先】世田谷保健所生活保健課 電話:03-5432-2908

★やっぱりプレスカンファレンスなどマスコミへの広報活動はやらない・・・ってこと?なんで???保坂さん、マスコミ嫌いじゃないでしょ?つまりはこの件に関しては保坂さん興味なしってこと?



★是非一度お読みください。 
 
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  




[READ MORE...]
2016年08月15日 (月) | 編集 |
 ★やったぁ!!!
わたしたち区民有志と区議会議員と世田谷区役所担当部署で、
長年に渡り話し合ってきたことが、とうとう形になりました。
とうとう実現しました❤

「世田谷区 被災動物ボランティア制度」始動いたします!

世田谷区民の皆様、
どしどしご応募くださいね♪
お待ちしております。

★【拡散RT希望】被災動物ボランティアを募集 | 世田谷区
http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/101/115/281/d00148132.html
#同行避難 #同伴避難 #世田谷区 #ペット防災 #ボランティア募集
★被災動物ボランティアを募集
更新日:平成28年8月15日 ページ番号:0148132
世田谷区被災動物ボランティアを募集します
災害時、人が避難する必要がある場合に、ペットも一緒に避難することを、ペット同行避難といいます。このことは、環境省や東京都も推奨しており、世田谷区地域防災計画でも同行避難を原則としています。しかし、ペット同行避難の結果、避難所では一緒に避難した動物の取り扱いに苦慮することも想定されます。発生するトラブルの軽減を図り、災害時のペット同行避難をスムーズに実施するための方策の一つとして、被災動物ボランティアを募集します。

ボランティアの種類と活動内容 
ボランティアの種類
活 動 内 容
(1)災害時活動ボランティア
避難所等における被災動物のためのスペースの管理、施設提供ボランティアが提供した施設等の維持運営及び被災動物の世話等の支援を行う。
(2)情報管理ボランティア
ホームページへの掲載、ソーシャルネットワークサービス等の活用により被災動物の受入状況等に関する情報の提供を行う。
(3)施設提供ボランティア
被災動物を一時保護するための施設(区内又は区と他の区若しくは市との境界付近に存するものに限る。)の提供を行う。

内容等詳しくは、添付ファイル「リーフレット」をご覧ください。
なお、リーフレットは世田谷保健所生活保健課、各まちづくりセンター、各図書館にあります。

申し込み
添付ファイル「世田谷区被災動物ボランティア登録申請書兼同意書」に必要事項を記入してください。随時受付をしていますので、保健所に持参、郵送、ファクシミリのいずれかの方法で申し込んでください。

(注意)ファクシミリの場合は、申請書と同意書をそれぞれ送付してください。

問い合わせ先及び送付先
世田谷保健所生活保健課生活保健
住所 〒154-8504 世田谷区世田谷4丁目22番35号



★世田谷区のペット防災の件で初めて田中優子世田谷区議にお声掛けしたのは2011年10月のこと(遠い目)
「世田谷区民として」 http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1208.html ブログ:野郎猫集団「千太組」
5年掛かりましたね(笑)
きっとこれからの方が大変なんでしょうけど、
でもこうして形になった今だけは祝杯を挙げたい気分です
プロジェクト実現のためずっとお力をお借りしていた田中優子世田谷区議のブログ
→「災害時の「被災動物ボランティア」募集!!登録よろしくお願いします!!」
http://blog.goo.ne.jp/setagayakugi-tanakayuko/e/636e1d14ca01682c6149547cc56eb53c
 @setagaya_tanakaさんから #世田谷区 #ペット防災 #同行避難



★是非一度お読みください。 
 
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  







2016年08月15日 (月) | 編集 |
別に40代になったアイドルグループが28年の活動をストップし 解散するだけの話なんだけど、ここまで気持ち悪い終わりかたされちゃうとね、個人的に、あの事務所とある一時期、とっても密接にかかわっていたこともあり、あまり気分のいい話じゃない。

やり方が美しくないよなぁ。

いくら長年、アンタッチャブル、アンコントーラブルな【社内別居】してるグループとは言え、終わりくらいもっとやり方があったと思うんだけど。

というか、あのグループは、ジャニーさんの目が黒い内はこんな騒ぎを起こすことは決してないと思っていたんで、この結末はちょっと…だってこの解散はグループ内の問題からじゃなく、事務所内の問題で起きたことであって、やり方次第でどうとでもうまく転がせたんじゃないの?

あの事務所も、というかジャニーさん自体の失速ぶりが半端ないな。

あの事務所はジャニーさんが一代で築き上げた王国だから、彼がどうにかなったらきっと、親族であろうと彼以外の他の誰が後継者になろうと、社員だけじゃなく、アーティストも巻き込んでのクーデターが起きると誰もが思っていたし、何年も前からその兆候は現われてはいた。

が、社内事情はどうであれ、あの事務所は所属アーティストだけじゃなく、社員も、異常と言えるくらいにファンを大切にすることだけは胸を張れるんじゃなかったのか?

なのに今回のこの一連の騒動は、どこを切り取ってもファンのことをないがしろにしているよね?置き去りにしているよね?

それどころか、熱心なファンこそ気づきはしていたものの、これまで決して積極的には見せなかった裏事情までマスコミにリークし、ファンには決して知られてはならない、虚実ないまぜのドロドロとした汚いものを惜しげもなく露わにしてしまって。

もう夢の王国ではなくなってしまいましたね。

事務所がこれまで必死に守ろうとしてきたものを、どんどん自ら壊して、なにをしようとしているんだろうか?ファンを巻き込んで、何をしようとしているんですか?

ダメだね。あの事務所はもう終わりです。これから先、存続したところでもう以前の事務所とは全くの別物。

そういえば、今年1月のあの独立騒動の時に津田大介氏がこんな記事を投稿されていた。あの時の事務所の動きを見ていて、私も今回のこの解散騒動を全く驚きはしなかった。だってパンドラの箱を開けてしまったのだから。箍が外れてしまった。

あんなことして良い事なんにもないのに。

近い将来、というか絶対にアーティストとの9月の契約更新までにこうなると確信していた。

個人的にはこれで治まるとは思ってないです。あと一波乱二波乱あってもおかしくない。っていうか、そうならない方がおかしい。例えば、事務所に「拘束された」誰かが突然に事務所を辞めるとか。。。



(あすを探る メディア)「地の文」が隠した背景 津田大介
2016年1月28日05時00分
:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/DA3S12181099.html
 

 国民的人気タレントのSMAPが1月18日、一連の解散報道を受け、テレビの生放送で謝罪した。じつに不気味で不可解な内容だった。5人のメンバーがそれぞれ「反省」を述べるのだが、肝心のグループの存続について明言はされず、世間を騒がせたという紋切り型の謝罪に終始した。ネットには「誰に何を謝っているのかわからない」「公共の電波を利用した“見せしめ”だ」「事務所の面子(メンツ)を守りたいだけ」といった批判の声があふれた。マスメディアとソーシャルメディアに流れる情報の間に強いコントラストが生じていた。

 この騒動はスポーツ紙2紙が第一報を出し、週刊誌やワイドショーも追従したことで報道が過熱していった。問題を一言で言えば、創業者一族とたたき上げで役員まで上り詰めた現場マネジャーとの対立である。オーナー企業ではしばしば発生する現象だ。時に創業者が解任され下克上となることもあれば、敗れた外様側が顧客を奪う形で独立することもある。この問題も内々に処理されていれば、ありふれた日本の企業経営の一風景に過ぎなかっただろう。

 だが、芸能マスコミは当初から事務所側に立った一方的な報道を繰り返した。中でもスポーツ紙は露骨だった。事の発端を「女性マネジャーの“暴走”が原因」と断じ(19日付スポーツニッポン)、「ファンへの恩返しをする場所(コンサート)を事務所が与えるかは4人の姿勢次第だ」と結んだり(20日付サンケイスポーツ)、グループの存続を事務所の「温情ある処置」と讃(たた)えたりもした(19日付スポーツ報知)。

 ポイントは、これらの記述が客観的な事実と印象づけられる「地の文」で行われたことだ。「事務所関係者のコメント」と明記すれば、読者も「これは事務所の言い分だ」と勘案しながら読むことができる。だが、今回一部を除く芸能マスコミは軒並み情報源をぼかし、結果的に事務所の情報コントロールに加担した。理由は言うまでもない。事務所の機嫌を損ねれば、記事を作る上で貴重な情報源が失われ、自らの立場やビジネスが危うくなるからだ。

 芸能マスコミ以外の報道機関も対岸の火事ではない。懇意の記者に情報をリークし、自分の伝えたいメッセージを発言者の「コメント」ではなく「地の文」で書かせる手法は、政局報道でも頻繁に見られるからだ。政治資金規正法疑惑が取り沙汰され、連日「有罪確定」であるかのように報道された小沢一郎衆院議員が最終的に無罪となった陸山会事件はその典型だ。芸能事務所と芸能マスコミの関係はそのまま永田町と大手新聞の関係に置き換えられる。

 今回の騒動は単なる芸能ゴシップではない。雇用者が被雇用者や取引先に圧力をかけ独立を阻害するパワハラ・独占禁止法的な問題、一企業が公共の電波を私用することを許したテレビ局のガバナンス・独立性の問題、経験を重ねた年長者が固定観念に囚(とら)われ、若い才能を潰す組織構造――今の日本が抱える様々な社会的閉塞(へいそく)を象徴する出来事だ。

 本来マスメディアは中立な目線でこのニュースの背後にあるものをえぐり出す必要があった。今回それが叶(かな)わなかったため、多様な見方はネットに集中した。この傾向は東日本大震災後の原発・放射性物質を巡る議論や、東芝の不正会計問題の評価などでも顕著に見られる。

 外に目を向ければ、米国の報道も匿名の情報源は多いが、「匿名を条件に語った」などと、ただし書きを入れて読者にほのめかす「溜(た)め」を用意している。匿名の情報源に頼り、自己保身に走りがちな日本の報道とは対照的だ。この問題を長年放置してきたマスメディアは、今こそ「原則、情報源は明示すること」を厳格に規範化する必要があるだろう。

 全ての情報には意図がある。メディア環境が激変した今、万人にニュースの裏側を考えさせるような読者本位の報道が求められている。

 (つだ・だいすけ 1973年生まれ。ジャーナリスト・政治メディア「ポリタス」編集長)





2016年08月15日 (月) | 編集 |
S0605244.jpg 
保護主様へ
 
こんばんは。
残暑お見舞い申し上げます。
 
農工大動物医療センターで治療したその後ですが、
2週間のステロイドと抗生剤投与のあと、
今はステロイド離脱の為、容量を半分にし、
次の2週間、抗生剤とともに投与中です。
 
S0885274.jpg 
最近では、あれだけしつこかった鼻雑音が気にならなくなってまいりました。
もしかして…このまま快方に向かってくれるかも、と期待しております。
今服用している分がなくなった頃に主治医に診せに受診。
主治医の判断でOKだったら、
今回のことで延期していたワクチン接種もそこで済ませます。
 
生まれてこの方、恐らくはずっと猫風邪を引いては治りを繰り返し、
慢性的な鼻腔狭窄だったはず。
猫風邪もダラダラと完治しないまま今に至っていると想像します。
ですから、子猫の頃に保護してわが家で成長している先住たちと違い、
投薬しても劇的に短期間に完治するというわけにはいかないと思います。
先のご報告メールでもお伝えした通り、
農工大での病理検査の結果でも炎症細胞が多い、と出ております。
でも今回の大学病院での検査により初めて、バンの炎症に一番効果がある
抗生剤が判明し、投与することができていますので、きっと辛抱強く投薬すれば、
いつかきっと炎症が消え、鼻の調子も良くなってバルーンカテーテルを入れる必要も
なくなるのでは、と。
そうなればいいなぁ。
 
S0515234.jpg 
バンは相変わらずご機嫌さんですし、元気で食欲旺盛です。
カプセルに入れたお薬もただご飯の上にポイすれば、
何の問題もなく一緒に食べてくれてます。
食欲がありすぎて調子に乗り、
たまに他の猫の食べ残しまで食べてしまって、
お腹が膨れすぎてゲロッパすることがあります(笑)
が、我が家に来てずっと気になっていた水を飲む際のむせが
最近は姿を消してます。
ただ、この季節、おやつ代わり&水分補給のため全員に呑ませている
スープタイプを水で薄めたものを完食した後に
バンだけゲロッパすることはあります。
 
不味いのか?
それとも、口に合わないのかな?(笑)

薫@千太組より




2016年08月12日 (金) | 編集 |
また真夏のあの時が近づいてまいりました。

日本航空機内音楽担当だった私が残業し、

築地オフィス社内のつけっぱなしのTVに

JAL123便がレーダーから消えた、

と速報が流れた、

あの31年前の

暑い暑い夏の日。 

8月12日

午後6時56分

祈りの日です

1476230_612000822197857_65099141_n.jpg







2016年08月11日 (木) | 編集 |
※「koro1212 ‏@koro1212  
高齢者の疾患や低栄養の重症化予防を各論的にする意味がわからない。病態栄養や制度や管轄部署の都合によって正論的食の支援をされても、混乱するに決まっている。本人を理解せず病気の改善ばかりを指導が得意な専門職や行政に対しては、特に自分の生き方を覚悟した住民は拒絶するだろうなぁ(笑)」

在宅の栄養管理士さんのこの↑のツイート読んで私も言いたい!

前担当者への信頼感喪失からくる一時的心身不安定だったのに、難治のBPSDだと言い張り、母を謂われなき薬物コントロールし、それにより徘徊と言う名の歩行まで封じ込め、立派だった足の筋肉を奪っておいて、食事拒否などで体重が減ると必死にエンシュア飲ませて体重挽回させようとする施設。体重をどんなに重くても支える筋肉が消えて歩行困難になって、歩行姿勢がくの字に曲がっているのも気が付かず。カンファレンスのたびに私が何度指摘しても無視していたのに、新着のナースが同意した途端にさっさと軌道修正。

あれだけ徘徊してたから食欲あったのよ。歩けなくしたら食欲なんか出ないでしょ?筋肉なくなったのに何で体重増やそうとするの?歩けなくして筋肉もなくなってるのに太らせちゃダメでしょ?ま、だから減薬して歩き始めたのに見守りもせず転倒骨折させちゃうのよね。

ま、今もってどうして母が転倒骨折したかその理由さえ理解してないのよね。わが職場と熊本の母の施設を比較しても、介護技術や能力、知識の地方格差は恐ろしいくらいに顕著です。どうにかならないものですかね? 

介護技術が高いスタッフ一人いたら三人以上のスタッフ分働くよ。事故も怪我もほぼゼロですよ。できないスタッフ何十人いてもその施設の介護力は素人以下だし、怪我人も事故も骨折も配薬ミスも多発するよ。





2016年08月09日 (火) | 編集 |
1945(昭和20)年、8月9日、午前11時02 分。

広島の原爆投下(8月6日)に続いて、長崎にも原子爆弾が落とされた。

南太平洋のテニアン北飛行場を飛び立った、プルトニウム239爆弾「ファットマン」を積んだ爆撃機B-29「ボックス・カー」。

本来なら小倉に向かうはずだったが天候の為、急きょ第3候補地の長崎へ。

家族と満州から引き揚げ、単身、長崎へ働きに出ていた16歳の父も被爆。

あれから71年。

何の因果か東日本大震災の2011年に父は82年の生涯を閉じ、今は私の住む世田谷区で静かに眠っています。

藤山一郎さんの「長崎の鐘」が好きでした。

あまりあの時のことは語りたがらなかった父ですが、同じ長崎の被爆者である永井先生の随筆を基にして作られたこの歌だけは好んで歌ってました。(古関裕而(曲)サトウハチロー(詞))

71年前の8月6日に広島が「ヒロシマ」へ、そして今日8月9日に長崎が「ナガサキ」へと変わりました。

祈りの日です。








2016年08月07日 (日) | 編集 |
八月七日=花の日、鼻の日。おめでと~by万里。



13934923_1058589047566463_2100193778817186669_n.jpg  




2016年08月06日 (土) | 編集 |
今年の今日もとても暑い夏です。

今年もまたこの日が巡ってまいりました。

あの日と同じように蝉が命の限り鳴いています。

今年、アメリカの大統領が初めて被爆地に足を踏み入れました。

折鶴を折りました。

心静かに祈りの日でありますように。


134812733151513225732_DSC04074hi.jpg