薫の野郎猫的日常
2016年04月29日 (金) | 編集 |
※熊本市のペット防災政策に関する悪質なデマ記事や誤った情報の拡散について薫@千太組がやってること。

●SNSでデマ記事を書かれている方のtwitterブロック、記事削除もしくは訂正のお願い。

●大西熊本市長宛へデマ、ゴシップ記事情報提供と誤った情報拡散防止策策定のお願い。 

●誤った情報記事のネタ元と思われる方のSNSへ地元混乱を伝える拙ブログ関連記事添付。


実は、今回の誤った熊本市同行避難関連記事の一番の「火元」がどこか、うすうすですがわかってはいるんです。

ご自身の病院内に同伴避難者専用シェルターを開設したことで、一気に全国区で有名になったあの獣医師さん。

熊本市のペット防災の救世主のようなもてはやされ方。
この獣医師さん宛に大手を含む日本国中のマスコミから取材申し込み殺到。
彼について書かれた記事や彼の活動を紹介するTV放映も氾濫してます。
彼を支持し、彼の考え方をフォローする人が全国規模で急増中。

SNSや全国のマスコミにご自分の持論を発信し続けているこの獣医師さんが、
昨今の「同行=同伴」の誤った情報と関係があるのではないかと疑う者は、
もしかしたら日本国中で私だけかもしれないですね。

彼の持論に疑義を唱える者は私以外にいるのかしらね?

もちろん、国の推奨ガイドラインや熊本の避難所運営マニュアルをまったく勉強しないまま、
あの獣医師さんを取材したり、
彼が言うまま垂れ流し発信する側が一番責任重大なんですけどね。

震災後、あの獣医師さんの尊い取り組みに注目し、
可能な限り、放送や記事をチェックしていて魂消たのは、
彼の持論がヒヤヒヤするくらいに同行と同伴の認識があやふやだったこと。

同じことを表現するのに今日は同行と言ったり、明日は同伴と言ったり。

震災後、
この獣医師さんの病院を自民党の野田毅議員が表敬訪問した時、
議員は「同伴避難所を開設してくれて感謝する」
「大変な震災の最中、ペット同伴避難の受け入れありがとう!」と言ってくれていた。
(『ペット同伴避難所に国会議員が視察』⇒ http://amba.to/1Vu0ahN)

心臓がドキッとした!

議員のHP、4月23日付の活動報告「ペット同伴で避難の方々も…で氏の発言を再度確認したが、
やはり野田氏ははっきりと同伴避難の定義をご理解いただけている。

嬉しい!

野田毅!!!正しい情報をありがとう!!!!見直したぞ♪

なのにこの獣医師さんは同行と同伴の定義が曖昧なまま。

熊本市が25日付で同行避難のステートメントを発表した時のSNSでも、なぜかガッカリしてるような記事を書いたり。

改訂版環境省ガイドライン上では、
もちろんあの獣医師さんの活動は「同行避難の一環」なんですけど、
考えておられること、SNSやマスコミに向けて発信されている情報は、
ご自分の活動こそが同行、同行=同伴と受け取られても仕方がない表現が非常に目立つんです。

これでは熊本市のやり方は同行避難ではない、
同行避難を実行しているのは熊本市内ではこの獣医師さんの病院だけ、
とマスコミや支持者を始めとする日本全国の人が誤った方向へミスリードされても仕方ない。

だって、ペットのことでまさか、獣医師さんが間違ったこという訳ないと誰もが思いますもんね。

なので、このままじゃ獣医師さんご自身、
彼の病院、そして病院スタッフ、マスコミや支持者、
誰のためにもならないと思い、
ご理解いただけるかどうかわかりませんが、
4月26日付で彼のtwitterアカウント宛に、
期待を込めて、
獣医師さんの取り組みへの賛同と感謝を込めたご挨拶文と一緒に、
拙ブログの関連記事を添付送信しました。

私は、この獣医師さんを揶揄したり非難する者では決してありません。

全国に向けて曖昧な認識のままの情報発信は別として、
この獣医師さんのやっておられることは、
やろうと思ってもなかなかできるものではありません。
尊いことです。
尊敬します。
この獣医師さんの活動に賛同する人たちが大勢出てきますように!
熊本市行政が彼の行いを支持し、熊本市のペット防災向上につながりますように。

理解してくださるかしら?

特にこの獣医師さんのようにマスコミや一般の方への影響力が大きい人には、
是非とも理解していただきたい。

皆様に再度おねがいです。

情報を発信する側の責任ってとっても重い。

皆さんが今、発信しようとしているその情報や記事の正誤の確認、
いいね3 
発信する前に、しつこく『指先点検』よろしく!




2016年04月28日 (木) | 編集 |
 「ペット同行避難断られた」相談600件 場所、人手なお不足 被災地の熊本(西日本新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160427-00010005-nishinp-soci #Yahooニュース

熊本は同伴避難ができないわけでもないし、同行避難もちゃんと出来てますよ!

被災地が混乱するだけなのでデマを書かないで!

この記事の中の「同行」って「同伴避難」のこと言ってませんか?

「同行=同伴」になってませんか?

「ペット同行で避難所に入るのを断られた」というのは、
①ペット連れだからという理由で避難所受付窓口で断られたのか?
②ペットは外と言われ、居住スペースに入れてもらえなかったのか?
この記事ではそこのところに全く触れていない。

で、同行避難をOKしたのはピースウィンズの益城シェルターと「竜之介動物病院」2つだけと紹介されている。

①しつこく申し上げるが上記の避難所2軒は同行避難の一環である「同伴避難者専用シェルター」。

②ペットは屋外、飼い主は居住スペースと分けられている避難所も「同行避難OKの避難所」。

受付窓口でペット連れだから避難所に入ることを拒否された、でない限り、①も②もれっきとした同行避難OKの避難所です!

本当のことは、記事のソース発信者しかわからないことなのですが、あの記事の流れから想像するに、やっぱり記事に書かれていた「ペット同行で断られた」は、飼い主さんはペットと一緒に居住スペースに避難したいと申し出たが、受付窓口で、ペットは居住スペースには入れられない、と断られた=環境省ガイドラインの原則論「屋外飼養」の同行避難の避難所、としか考えられないんですよね。

これを書いた記者ってガイドラインとか市のステートメントとか読んでないのかな?

それとも読んだけど理解できなかったのかな?

はたまた、意識的にこの記事を書いた?悪意?情報誘導?情報操作?

国でも行政でもいいから早くなんとか対策取らないと、大変なことになっちゃいますよ。

今、巷で大量拡散中のこの↑の記事。
ものすごい数、ものすごいスピードでRTされてますよ。
もうすでに2chとかブログで「熊本は同伴避難できない」とか
「避難所はペットが一緒だと入れない」とか間違った情報がどんどん増えてます。
2chなんか環境省のガイドラインの解釈まで違ってるし(笑)

ブログとかSNSの目に入るデマ記事投稿は私でもなんとか火消しできてるけど、
ここまでのスピードで拡散されちゃうとなぁ・・・
こんなのが全国に広まったらもう収集つかないです。

って言うかすでに「全国区」だし。

熊本バッシング凄いし。

それも間違った情報で。

この記事の書き方だと確実に読み手側が誤解してしまうじゃないですか!
困ったものだなぁ。

この情報の混乱ってやっぱり、改訂版「環境省の同行避難ガイドライン」が癌だなぁ。
国の方針は「災害時、避難所はペット連れの飼い主を断らない」の1点に絞って、
後の対応は「各自治体と避難所運営に一任する」でいいじゃない!
欲張りすぎたつけが回ってきたよね。
だいたい、今でも国はすべての決定権を各自治体に持たせているんだから。
別に環境省が各自治体の判断するようなことまでいちいち21日のtwitterで呟くことないじゃないですか。

ガイドラインにはどこ探しても同行避難=同伴避難とは書いていないのだから。

「同行避難」っていうのは飼い主がペットを避難所に連れて避難すること。
原則、屋外飼養。ただし、屋内飼養も自治体や各避難所の判断で可能。

だから、今大量に拡散されてる↑の記事は誤解を招く情報。

ペット連れで避難してきても避難所受付は断らない。(もうすでに満員なら断られると思うけど)
ただし、危険動物、狂犬病予防注射や鑑札登録していないペットは断られる理由になる。

それが同行避難です。

拙ブログでも取り上げたtwitterで拡散されてる八代のあのモルモット連れて避難した飼い主さんだけど。
避難所が暴言吐いたのは理由もなくですか?
それとも飼い主さんは屋内だけどペットは屋外飼養と言われたけど飼い主さんがどうしてもペットも一緒に屋内じゃなきゃいやだと譲らなかったからとか?

つまり、「ペット持ち込みを断った」の「断った」はどこへの持ち込みを断ったのか?そこが一番重要なんですよ。

もし行政が許可した種類のペットなのに、避難所への持ち込みを断わられたのであれば問題です。
が、ペットと飼い主さん別々の場所での避難OKだったのであれば、同行避難OKの避難所だったのですよ、そこ。

飼い主さんがもし、自分と同じ場所でなければいやだ、だって国で認められているじゃないですか?とか間違った認識で受付に抗議したんだとしたら、受付担当は「ここは同伴避難可ではない」と言うと思います。

「ペット持ち込みを断られた」というどっちにも取れるような言葉では、実際どういう状況だったのか判断しかねます。

八代市って全避難所ではなかったけど、ペット同伴可の避難所はいくつか存在してて、八代市の公式twitterでもその情報は発信してた。クレームがついて原則論の屋外飼養になったのは残念だけど、八代って熊本市とちがってtwitter発信がものすごくマメで、だから屋外飼養になった経緯とクレームの内容まで呟いちゃった。でもその時点ではまだ、他の同伴避難可の避難所はそのままペットを屋内飼養させてくれていたんです。でも、急に屋外飼養になった避難所に避難していた飼い主さんがある団体に相談。「同行=同伴」の論理の団体ですから、担当からすぐに市役所に電話。そのおかげで結局、八代市は市対応として環境省ガイドラインの同行避難原則論、つまり「屋外飼養」にし、この非常時なので「同伴避難」は認めないとtwitterでステートメントを出すまで追い詰められ、それに従うように、それまで同伴避難を許可していた避難所が全部、屋外飼養に変更してしまった。

そして今度は熊本市。

八代市と同じ、全避難所じゃないけど、同伴避難できてる避難所は存在してる。なのに、一部の団体のブログと膨大な情報拡散のおかげで、市役所と同伴避難可の避難所に愛護の人や入所希望者の電話が殺到。

このままじゃ、熊本市も八代市のように全避難所をガイドライン原則論の「屋外飼養」としてしまいかねません。

そうなったら今度はきっと、八代市がそうだったように「(八代市と同じで)熊本市も避難所にペットを持ち込み禁止にした」とdisり拡散なんでしょうね。

本当はただ、環境省ガイドラインの同行避難原則論に立ち戻っただけなのに。

どうしたらいいのでしょうね、困ったものです。
最近、熊本や八代の間違った情報を拡散している人、電話攻勢してる人のtwitterをブロックしまくってますよ、暇があればずっと。
ま~、雨後の竹の子のようにいるわ、いるわ。うようよいる。
あの団体の記事に乗せられて電話しまくってる人間もうじゃうじゃ!

「激甚災害」指定受けた緊急事態下の被災地のお役所や各避難所に電話する人、もう大迷惑だから止めてくれませんか?

で、魂消たことに非常識な電話をかけた人間の中に長年交流のあった人までいたことが判明…残念極まりない!ずっと意見交換しながらうまくやっていた人だったので、これはきっと何か誤解しているだけなんだ、話せばわかる、理解してくれるだろうと思って、話してみたけど…ダメだった。私、別に今回のことが故郷で起きてるからだというだけの理由で憤慨してるわけじゃないのです。この手の一般常識に欠けてることを平気でやってのける人がいるということに憤ってるんです。なのでどんなに長年交流があった人とは言え、即ブロックしました。こんな人だとは思わなかったねぇ。ガッカリだよ。

そのブロックした人なんですが、熊本市役所災害対策室担当者に市の同行避難ステートメントについて確認の電話。
市担当者はこう言ったと彼女は断言したのですが、その場に居合わせたわけではないので真実のほどは定かではありません。

が、彼女は「市の担当者に確認しました。熊本市は同伴避難を認めていません」とtwitter発信し拡散。

この超多忙な中でこの手の同じ内容の電話を日に何本も受け答えしてたらそりゃ、担当者だって感情的になるでしょう、人間だもの。

平常時なら「原則として」と付け加えることを忘れないでしょうけど、この忙しい時、それも電話をかけてくるのはあの団体の支持者ですからね。もう辟易してたとしたら「同伴避難は認めません」とついつい言ってしまうかも。

そうじゃなくともお役所ですから、紋切型の口調になるでしょうし。

先日の拙ブログに転載した熊本市役所のステートメントを再度ご覧ください。
あの中に「同伴避難は認めない」と書いてありましたか?
「避難所の居住スペース部分には、『原則として』ペットの持ち込みは禁止」
と丁寧に太字になって書かれていたはずですよ。
あの意味、わかりますか?
どこをどう読めば「絶対に」ペットを持ち込むな、となるんでしょう?
あのステートメントは公式な行政からの通達です。
担当者がどう彼女に返答しようが、それより効力があるのです。

市のステートメントも読んでいないでしょうし、ガイドラインも読み込んでいない。
ま、普通でしたら市の担当者が言ってる意味は理解できるはずなんですが、
頭から「同行=同伴」しか論じたくない凝り固まった、誤った正義の人ですから。

「熊本市は同伴避難を認めないと言った」という間違った情報を拡散してしまってます。

みなさん、
もしtwitterでこの投稿のRTやそれに付随する誤った情報の拡散をお見かけの方は、
即刻削除もしくは送信者をブロックして拡散を最小限にとどめてくださいますように。


Bxuyn96CYAEi_sY.jpg 
やれやれ…



2016年04月26日 (火) | 編集 |
私のふるさと熊本で日々、不眠不休で被災地を巡り、県内のペット防災の現状を詳細に伝えてくださっている方から全国の皆様へ心からのお願いです。

【現地熊本からのお願い。】

「熊本市が同行避難を認めました」
「同行避難出来る避難所一覧」

そんな投稿をシェアしたみなさんはすぐに削除して下さい

「同行避難」と「室内同伴」の違いも知らず、ガイドラインも理解していないそんな投稿が「室内同伴」をさせてくれている避難所にいる犬や猫たちが屋外に出される危険性があります。

熊本市は最初から「同行避難」は認めています。

そして各避難所ではこの緊急時の混乱にも関わらず可能な限りの対応をして「室内同伴」させています。

原則は外に出す事になっているのにです。

現場はギリギリの状態で、ペットの居住スペースの確保も困難な中工夫して「室内同伴」させているのです。

「熊本市が同行避難を認めました」
「同行避難出来る避難所一覧」

こんな投稿がSNSに上がったせいで県外の愛護の人たちの電話や、同伴希望者らの問い合わせが来ています。

原則「屋外」なのにそんな状態になればどうなるかを想像して欲しいです。

スペースはない、一部の飼い主はスペースを分離する事にすらクレームを言う。

そこにそんな状況が発生すれば熊本市が原則論に戻る可能性もあります。

今まで市内の避難所を3か所周りましたが、そこは全て「室内同伴」も出来ています。

現地の状況も知りもせずに現場を混乱させる様な投稿はやめて下さい。

一部の愛護団体がそんな事をしたので大西市長がステイトメントを出さざるを得なくなっています。

その意味合いを考えてください。

各避難所ではみなさんが頑張って「室内同伴」の工夫をしてくれているのにこんな行動により原則論に戻る可能性があります。

13102786_708871975919967_620258602300246019_n.jpg
何度でも申し上げます。

国の「ガイドライン」はあくまでもガイドライン。
すべては各自治体の避難所運営に一任されております。

13062466_708884902585341_915907539274417377_n.jpg 
「激甚災害」に指定された被災地で、様々な問題に対処しながら、
尚且つこうして「同伴避難」をなんとか維持してくれている
熊本市の避難所の努力に心からの敬意と感謝を捧げます。

13103417_708884832585348_8720787911988063003_n.jpg 
地元の問題は地元でしか解決できないし、
そうあるべきです。

当事者ではない私たちはただただ、地元の方々の懸命な頑張りを応援し、
支持していきたいものです。

拙ブログでも取り上げた某団体介入のおかげで何かいいことが起きましたか?
彼らに助けを求めた被災飼い主さんとペットに良いことが起きましたか?

否!

この団体の支持者や擁護者による全国からの無数の無責任な行動により、
それまで避難所運営を各避難所の責任者に一任してきた行政は
「ガイドライン」遵守を前面に打ち出さざるを得ない立場に追い込まれ、
そのことにより、八代や熊本の「同伴避難」の芽が
摘み取られる危機に瀕しています。


SNSでこの団体のブログをシェア拡散されている方は即刻、
記事を削除していただけますよう切にお願い申し上げます。





2016年04月26日 (火) | 編集 |
物議を醸した八代市と熊本市でのペット問題ですが、

八代市は拙ブログ「【熊本地震】国が同行避難について言及した!(追記あり)
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1877.html
でもご紹介した通り、21日の公式twitterにて、

「環境省のガイドライン」に従うと、
明確な立場を表明しました。

「環境省のガイドライン」には
同伴避難せよとはどこにも書いてありません。
同行避難=同伴避難ではないということを、
今回、両市が経験したことを決して他人事とは思わず、
この国に住む私たち飼い主の貴重なケーススタディとして心に刻み付けましょう。

 注:熊本市には既に平成26年6月に公布されたペット防災に関することを明記した「避難場所開設・避難所運営マニュアル(https://www.city.kumamoto.jp/common/UploadFileDsp.aspx?c_id=5&id=1368&sub_id=5&flid=51549」が存在しておりました。
熊本市民の飼い主さんは再度、このマニュアルに目を通していただき、熊本行政の現状でのペット防災に関する対応を確認していただきたいと思います。

そして、全国の皆様もご自分の住んでいる地域行政がペット防災とどう取り組んでいるかを、各自治体が発行している「避難所運営マニュアル」にてチェックなさることを強くお勧めいたします。

★拙ブログではこれまで幾度もアラームを発信してまいりましたが、各自治体には必ず「避難所運営マニュアル」が存在します。市民はそれを読んで、もし疑問に思うことや改正を求める項目があれば、行政に対して質問したり、改正を求めるパブリックコメントや嘆願書・要望書の提出、改正に向けての市民との会合を要求する義務と責任と権利を有します。でももし沈黙を守るのであれば、それは即、そのマニュアルへの同意とみなされ、マニュアルを遵守する義務を負います。災害がおきてから、どんなに不満をぶつけてももう手遅れです。「マニュアルを読んでいなかったのですか?そんなに不服なら、なぜこうなる前に不服申し立てをしなかったんですか?」と行政窓口から言われても文句は言えません。

飼い主も主権者です。ペットのためにより良い避難所環境を作り上げるため、
積極的に政治参加いたしましょう!
「愛するしっぽ家族のためにできること」
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1878.html
ブログ:野郎猫集団「千太組」

japan-201260-reuters_view.jpg 









2016年04月25日 (月) | 編集 |
最初に申しあげておきたいのですが、私、保護団体とか愛護グループには一切所属も関係もしておりません。なんせ集団生活が大の苦手でして!私、ただの世田谷区民で5頭の猫と暮らす介護職のおばちゃんです。

では本題に入ります。

災害、震災が起きるたび被災地からの中継や報道記事、ネットで、そこで何が起きているのか詳しく知ることができたけど、被災経験がある友人がたくさんいるので、体験談やアドバイスなど聞くことはできたけど、ただ見たり聞いたりするだけで、それ以上のことは何にもしてこなかった。

が、311での置き去りペットたちの悲しい運命を目の当たりにして初めて…何者かに突き動かされ、何かしなきゃいけないと思った。

「このままじゃいかん!」
「もし東京に首都直下型が来たら、世田谷区はうちの猫たちのためにどんな対応をしてくれるの?」
「何とかしなきゃ(ジタバタ、オロオロ)」
「でも…なにすればいいんだろう?」
「あれ?こんなことどこに聞けばいいのかな?」

あれだけ連日の報道やSNSによる膨大な情報に埋もれながら、何一つ身になっていない自分に呆れ果てました。

それからというもの、私なりに試行錯誤しながら、世田谷区の職員さんたち、東京都庁の福祉保健局の方、被災経験があるペット飼い主の友人たち、ご自分の被災体験を通してペット防災に目覚めた被災地のボラさんたち、愛護推進員をしている保護団体の方、世田谷区議さん、そして、情報を快く教えてくださった新潟県の「同伴避難」の生みの親の一人、同県のドッグトレーナー清水さんや「同伴避難」著者の児玉さんたち情報提供者のみなさんに助けられながら、同行避難・同伴避難の調査研究、そして情報拡散活動を続けて早6年目。

ずっと感じてることなんですけど、

なんだか飼い主の皆さん、

他力本願に見える。

この活動を始める前の自分がそうだった。
誰かが自分のために動いてくれるの待ってないですか。
知らないことがあったら誰かが教えてくれるのを待っていませんか。

でも経験上、こっちが動かなきゃ、誰も助けてくれないし、動いてくれないし、なにより自分のためにならないというか、いざと云う時に役に立つ知識として身に付きませんよ。

ご自分のペットを守りたいんでしょ?

だったら、まずはご自分が一歩前へ踏み出さないとね。

お住まいの地域で、愛するしっぽ家族に可能な限りストレスフリーな避難生活を提供できるようなペット防災を整えるために、飼い主である私たちはもっと自分で動き、考え、賢くならなくちゃと思うんです。

まずは自分の力と時間を費やし、知りたい情報を貪欲に入手し学ぶことから始めませんか。
ここに挙げてることってタダ同然で手に入る情報です。

環境省のガイドラインはネットですぐ読めるし、
過去の被災ペットのことなら日本中の過去の災害の記事、被災飼い主さんたちのブログもネットで読めるし、
気を付けてみてると地元だけじゃなく他の都市の行政、保健所、獣医師会、保護団体などいろんな団体が主催するペット防災の勉強会や被災地の報告会、ペット防災啓発イベントや展示会などがどこかしこで開催されてますから参加するのもいいですし、
災害時にご自分のペットがどんな扱いを受けるか知りたいなら、住んでる地域の防災計画書や避難所運営マニュアルなど地方行政の書類に書かれていますから、自治体のHPからでもいいし、ネット検索かけても読むことができるし(ペットのペの字も書かれていない自治体もあるから、そこでお住まいの地域行政の無策さが明るみに出ることもしばしば)、
役所の出張所や支所の防災担当や本庁の危機管理室災害対策課(防災関連の部署です。地域ごとに呼び名は多少変わるかも)や、災害時に被災ペットの救護活動に参加することになるかかりつけの獣医師(但し、獣医師会所属の医師に限ります。「無所属」の医師は災害時は獣医師会の活動のサブに回りますのでこの手の情報は持っていません)に尋ねれば、地元のペット防災の最新情報や行政主催のペット防災の説明会や勉強会、ペット同行避難訓練が実施されてるかどうかの情報も入手できます(これまた全くなんの計画もない自治体は珍しくない)。

もしネットで調べてもまったくもって無策なことがわかったら、直接、お役所へ駆け込んで、再度、確認し、もし本当に政策ゼロだったら、そんなときこそ環境省のガイドラインを錦の御旗として高く掲げればよろしい!国の政策として、たとえ推奨ではあっても、そこは国からのお達しですから効力はそれなりにあります。

それでもゴネたら、その地域選出の国会議員や地方議員たちの中で動物愛護に熱心な政党の人に陳情すべし!

でも、これだけは言いたい。
環境省のガイドラインはバイブルでもゴールでもないですからね。

だって法律でもないし強制力ゼロなんだから。
縛られる必要は全くないのです。

いくら国がペットを屋外に避難させる同行避難推奨でも、地域行政が同じく屋外飼養の同行避難で避難所マニュアルを作っていても、それに従いたくないなら(私はうちの猫達を屋外に置くなんて真っ平御免です)、行政のHPにあるパブリックコメントに意見や要望を書いたりして行政からの返事をもらうのもいい。

でも一番効果があると思うのは、
①自治体のペット防災担当(災害時に避難所で同行避難者受け入れ窓口となる避難所運営委員会責任者のアドバイザー的役割を担うの部署の方が良いと思います。)
②ペット防災に興味を持ってくれる地元の議員さん(情報共有、政策提出、議会での発言、区のお偉方との折衝や駆け引きなど政治のプロがいてくれると安心です)
③多くなくていいから一緒にコツコツ根気強く熱心に行動を共にできる地元の飼い主有志(被災するのは一般市民なので、保護団体やNGO活動されているプロの方ばかりだと偏った考えしか出てこないことも懸念されますので、彼等とは全く観点や視野が重ならない私のような「ずぶの素人」も絶対必要です)
④そして地域のペット問題のリーダーとして欠かせないのが、行政との接点があり、人脈も情報量も知識も経験も政治力も豊富で頼りになる動物愛護推進員(あとあと、避難所運営活動準備&災害時の為を考え、偏った考えをお持ちの方、少々問題行動がある方の情報を豊富にお持ちの「一般常識をわきまえておいでの人」がいいです)
に集まってもらって、地域のペット防災計画を地域住民主導で変える努力を始めること。

世田谷区も試行錯誤しながら、地元の様々な課題や諸事情を鑑みつつ、地元に一番適した災害時の被災ペットのための避難所運営はどういうものか考え続けること、準備段階を含めたら、すでに足かけ4年になりますかしら。

お役所の方って人事異動があるので、話しが良い所まで来たら担当が変わったりして(笑)
ものすごく根気が要る作業です。
すぐに結論は出ないかもしれないけど、何もやらないで先行き不安な毎日を無為に過ごすよりいいでしょ?

うまく行けば自分たちの思い描いていたペット防災案が行政のマニュアルとして取り上げられ、地域防災ペット対策として全住民の指針になるんですよ。ちょっと刺戟的じゃないですか?

国の指針である環境省のガイドラインや、各自治体が交付する避難所運営マニュアルを参照しながら、官民協働で、より良い形の、地域ごとに特色のある、その地域だけのペット防災対策案を新たに作成することはできるんですよ。

日本人は政治参加って本当に苦手ですよね。
でも、ペットのことだって立派な政治です。
生きてる限り、生活すべて政治。
政治・政策を市民の手で変える権利は私たち一人ひとりに平等に与えられてるんですよ。
あとはやる気だけ。
チェンジ!チャレンジ!やるっきゃないです!
↓は世田谷区が作った同行避難マニュアルです。
DSCF1374.jpg
「同行避難と同伴避難」
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1549.html
ブログ:野郎猫集団「千太組」 






2016年04月21日 (木) | 編集 |
※環境省
@Kankyo_Jpn
【熊本地震関連:ペットと共に避難されている方へ】
環境省では災害時のペットの同行避難を推奨しています。
同行避難を受け入れている避難所も多くありますので、お近くの避難所にご相談ください。
避難所での室内飼育が難しく車中で過ごされる場合は、エコノミークラス症候群にご注意ください。
18:23 - 2016年4月21日


国がこうして災害時に同行避難についてステートメントを出すのは極めて珍しい。

但し、行政側の啓蒙活動不足が祟って、熊本だけじゃなくこの国のほとんどの人は「同行避難」がどういうものか知らない。

で、「同伴避難」との混同によって起きるトラブルが多発してることをご存知ですか?

そういう環境省の↑のステートメントもなんかおかしい。

これ書いた人、同行避難と同伴避難を混同していないですか?

実は同行避難のガイドラインが出たときから、環境省の担当部署のお役人は同行避難と同伴避難を混同している発言が多々あったんでね。あぶなっかしいなぁ、とは思ってたんですがね。この表現、アニマルライツに考慮した結果だと取れますけど、ただこの曖昧模糊とした表現が必要のないトラブルを引き起こす原因になるんです。どっちつかずの男がトラブルの種になり熾烈な恋のさや当てに発展、だけど結局「2兎を追う者は1兎をも得ず」の喩の正しさを証明するだけ。なんて罪作りな!なんて無責任な!

思い出してみてほしいです。このガイドラインがこの世に生まれてこの方、この国で起きた大災害の時、被災飼い主さんと被災ペットがどういう目に遭って来たか。311以降に改定された箇所もあるガイドラインですが、では、311以降に起きた広島や関東圏の大水害、そして今回の熊本大分大震災で、このガイドラインにより、ペットを室内飼養できた避難所がいったい何か所あったというのでしょう?

「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン(環境省)
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506.html(全文)
https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph/h2506/ippan.pdf(抜粋)

このどっちつかずな不親切な表現のステートメントじゃ、九分九厘、最初から同伴避難推奨の唯一の自治体である新潟県以外の日本国中の避難所と飼い主の間でトラブルになりますよ。(事実、熊本八代ではトラブルに発展してるし)

それとも国はガイドラインを同伴避難推奨に変更したのかしら?だったらだったで、とてもじゃないですが、動物を今もって器物扱いする今の日本では、国中の避難所でトラブル続出ですよ。(事実、熊本八代でトラブル発生してるし)

法的効力ゼロ、強制力ゼロだからここまで無責任な表現を使えるんですよ。で、全部の責任を各自治体へ丸投げですものね。そして、その自治体がすべての火の粉をかぶって大炎上したのが今回の熊本八代のケースだと思います。

この無責任で曖昧な表現のガイドラインのおかげで何が起きると思いますか?同行避難でも同伴避難でも、こうなる前に、つまり平時に日本全国の飼い主さんの地元で、自治体担当者と飼い主と、できればその地域の議員さんとの間で事前協議を重ねて、その地域に一番適したペット防災ルールが「災害時避難所運営マニュアル」に記載されるくらいのところまで詰めていなければ、いざと云う時、「人の好意」「善意」だけに支えられたペット同伴避難は、どんなに上手くいってるように見えても、所詮は上辺だけ。いったんクレームがつくような問題が起きれば一瞬にして、その避難所だけならまだマシ、最悪の場合、非常時のクレーム処理を避けたいばかりに、お住まいの自治体の避難所すべてがペット室内飼養禁止になってしまうかもしれませんよ。(今回の熊本八代のケースがまさにそれです。八代市からお達しが出たからには、それまで同伴避難OKとしていた数か所の避難所が即、屋外飼養に切り替えたため、同行避難を拒否した飼い主さんは路頭に迷ったり、車中泊したり、はたまた大きな余震が来れば倒壊の恐れがある自宅に戻って自宅避難を余儀なくされたりした)それがこの法的強制力ゼロの環境省のガイドラインです。各自治体の避難所運営に関するすべての権限は、地元の自治体と各避難所運営委員会責任者に一任されてますからね。

どうせ環境省は責任丸投げで各地方自治体と各避難所運営委員会の判断に一任するんだから、環境省も以前どおりの同行避難の中身のまま通して、但し書きで、ただし屋内避難に関しては、その判断を自治体と避難所運営委員会に一任する、と言ってくれればそれでスッキリじゃないですか?混乱も誤解もなくなるし。八方美人でありたい病、欲張り病、クレームこわい病のお国のお役人独特の言い回しは本当に大迷惑なんですよ。


※八代市 公式
@yatsushiro0801
八代市が認めているのは、ペットの「同行避難」です。
環境省のガイドラインが推奨しているのも「同行避難」です。
八代市では、避難所の屋内にペットを入れる「同伴避難」を認めていません。非常事態なので、ご協力をお願いします。
13:49 - 2016年4月21日‪#‎八代市‬ ‪#‎熊本地震‬ 

八代市がせっかくここまで仰ってるのに、当の環境省の今日のステートメントはまるで同行避難=同伴避難のような、読む人によってどうとでも解釈できる、どっちつかずで曖昧な書き方。はっきり申し上げますが、八代市の方が正しい!というか、余計な混乱や誤解を招かないだけ環境省よりはるかに親切です。我が居住区の世田谷区も八代市と全く同じスタンスです。この国で無条件に同伴避難OKの自治体は新潟県以外には存在しないですよ。新潟県の取り組みに関する詳細を知りたい方はこのブログの右側にある「ブログ検索」に「新潟県」と入れて検索かけてみてください。

※八代市 公式 ‏@yatsushiro0801  
避難所の屋内にペットは入れません。
ペットは自家用車内かケージに入れて避難所の軒下にお願いします。
ペットの具合が悪くなることがあるかもしれませんので、
飼い主は定期的に見回りをお願いします。
#八代市 #熊本地震13:23 - 2016年4月21日

※八代市 公式 ‏@yatsushiro0801  4月16日
避難所内での感染症予防、衛生状態の維持、
動物アレルギーの悪化を防ぐために、避難所にペットの持込みはできません。
#八代市 #熊本地震21:58 - 2016年4月16日


同行避難はOK、でも同伴避難はNG、ということを避難所管理運営側も被災者もわからないまま、ペットを避難所屋内(室内)に入れると、八代市のようになります。

今回のトラブル&八代市公式twitter炎上の経緯を最初からずっと傍観しておりましたが、①
高い確率で飼い主さんが同行=同伴だと勘違いしてる。②自治体も各避難所運営委員会もペット防災の準備をしないまま被災。で、最初は言葉は汚いですけど「地震のどさくさに紛れて」&「人情」で同伴避難OK、ところが他の方からクレームが付いたので「同行」に「格下げ」。怒った飼い主と、飼い主がtwitterでつぶやいた「ペットを受け入れてくれない避難所」に激怒した人々が介入依頼したのは八代市民ではない「部外者」、それも同行避難と同伴避難を混同しているNGO団体(アニマルライツの団体のようなので彼らの頭の中には最初からペットを屋外避難させる「同行避難」などあるわけはないのだが)。で、その団体の方が現地に赴き、泣きついた本人も参加してもらい、その避難所の責任者と直談判するならともかく、何と被災して多忙を極めている八代市に対し電話で、アニマルライツ、動物の尊厳、そして、環境省のガイドラインに関しても「同伴避難」の観点から意見されたりして、結果、八代市の態度は硬化した。(この後、この団体は熊本市にまで同じ内容の電話をし、これまた同行と同伴のごっちゃ混ぜの意味不明な記事を2件更新しました。
⇒① 
http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1854281.html:
⇒② http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1854342.html 
熊本市は一体何をどう確認し、この団体になんと伝えたのか?あの記事のままだと熊本市は全避難所で同伴避難を認めたことになりますけど。いくらNGOから注意喚起したところで、避難所にペット同伴避難できると誤解した飼い主がどっさり押し寄せ、それを避難所側が断ろうものなら一斉にトラブル続出しますよ)

その上、市とのやり取りをこと細かく書いた記事や「独自調査」で同行か同伴かはっきりしない避難所リストを作成し全国に向けてネット公開。これで、ある意味間違った情報が全国に拡散され、尚且つ、八代市のことは「被災時、避難所でペットを受け入れない市」、熊本市は「今まで環境省のガイドラインの存在も同行避難も知らなかった市」として全国の知るところとなり、一気にtwitterで拡散されました。さて、公開された同行避難OK避難所リストですが、もし万が一、同伴避難の意味だったとして、同じ避難所にいる他の避難者からクレームが来ても最後の最後までペット室内飼養OKを貫くことができるでしょうか?

というか、最初から環境省が推奨していますので、日本全国の避難所は基本、同行避難OKなので、このリストは必要ありません。やはりこの団体が公開された「同行避難ができるリスト」とは「同伴避難」を指しているんでしょう、きっと。それも何の保障もない、避難所の判断で前触れもなく急きょ「ペット室内飼養禁止」に変わってしまう危険性大のリストです。

日本全国見渡せば、今もって同行避難さえNGの自治体や指定避難所もゼロではないので、自分がお世話にならねばならない指定避難所がペットに対してどう対応しているか確認を取られることを強くお勧めします。もし同伴避難どころか同行避難さえもダメだった場合、その次の手段を講じる余裕がある今のうちに!

※以下のURLがそのNGO団体の関連記事です。リンクは外してありますが、もし興味おありの方はご自由にお読みください。
http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1853753.html)(http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1853834.html)(http://blog.livedoor.jp/liablog/archives/1853825.html)

この記事をすべて読んで思うことは、八代市の対応はまったく間違っていません。仰ってることはすべてごもっとも。よくぞ「避難生活が長期化したら同伴避難も可能性はある」とまで言及されたと思います。そして人手も足りない未曽有の非常事態下において、このNGOの電話によくぞ最後までお付き合いになられたと思います。NGOの方、被災地の行政機関に今この時期にお電話されるなぞ、非常識にもほどがあります!こんなことだから動愛関係者個人や団体が世間から白い目で見られるんですよ。

この非常時にこんなことで電話しても、電話を受けた役所の担当者の頭がぐしゃぐしゃの中で引きだした答えなんぞ、私だったら信用できませんけどね。単に不要な混乱を招くだけだろうに。で、情報錯綜に振り回されて、あとあと辛い思いするのは結局は被災ペットと飼い主さんだと思いませんか。

で、これ、八代市に限った対応じゃないです。おそらく行政主導で「同伴避難OK」を謳い、災害計画や避難所運営所マニュアルだけではなく、災害時同伴避難マニュアルやペット同伴避難準備訓練テキストまで官民協働で作成し、その上、定期的にキャンプや民間で工夫して準備した同伴避難用避難所での訓練を行う新潟県以外の自治体はほぼ100%八代市と同じ対応をします。関東圏で唯一、ペット防災に熱心だと思っていた茨城なんて、被災地になるまでは災害時避難計画にペット防災計画を盛り込み、定期的にペット同行避難訓練までしていたにもかかわらず、ひとたび大水害に見舞われたらあの無様な対応ですもんね。ホントガッカリです。

この国では新潟県を除き全国共通。災害時は「人間、人命最優先」です。いくら異論を唱えても、お住まいの行政機関へお問い合わせになればすぐわかります。そして、今回の熊本地震や過去の大災害・大震災が「生き証人」です。

ですから、たとえ一部の方ではあっても、八代市民の皆さんがNGOを介して八代市に対して行ったことは、やり方によってはうまく行くかもしれなかった話をこじれさせただけです。この問題は当事者である八代市の避難所運営委員会責任者と、避難所に避難している住民の間で解決するべき問題であって、当事者以外の人間を介入させるのは、ややこしいことになるだけですから絶対やめてください。

行政って私たち市民の味方であっても決して敵ではないですよ。私たちのために日々働いていただく方々ですからね。彼らの協力なくしては、その地域に最も適したペット防災案だって形作れないです。そこを叩いて一体何の得になるというのでしょう。それも地元の人間じゃない人まで大勢巻き込んで。願わくば、震災収束後に再度、この件について行政側と飼い主側が歩み寄って、今度こそ、熊本や八代に一番適したペット防災計画を作り出す努力を始めていただけますように!

同行避難を環境省がうたったところで、結局は市区町村がどれだけ前向きに考えて、どれだけ地域住民と協働して日頃から準備しているかなんですよ。ご自分の避難場所が同行避難OKの体制が取れるよう、飼い主さんが「大切なしっぽ家族」のために行政と掛け合うことから始めないと!行政任せ、他人任せの悪癖、まずはそこから変えなければ!!

だってペットは愛する家族なんでしょ?だったら家族である飼い主が動かないでどうするんですか?

動くならご自分の居住区域に何もおきていない時に限ります。

災害が起きてから騒ぎ出しても、もう遅いのですよ。

311の頃からずっと懸念してたことが、今、まさに熊本で起きてます。

過去から学びましょうよ!

まずは、自分達の足元、自分が住んでいる地域を整えなきゃ。


明日は我が身。

どうぞご一読ください。

ブログ:野郎猫集団「千太組」

「同行避難と同伴避難」
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1549.html

⇒ここからが追記です

※熊本地震で被災地になった熊本県内の「ペット同伴避難専用避難所」は
●広島の災害救援活動NPO団体「ピースウインズJapan」が益城町総合体育館の芝生広場に設置したシェルター
●中央区本荘の「竜之介動物病院」⇒
熊本地震 車いす専用の避難所やペット同伴の避難所も開設 http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00322575.html #熊本大地震 #FNN
この2か所だけです。

マスコミ報道やジャーナリストのレポなどでたまに見つけることがあるのですが、↑のシェルター以外の場所でペットを「同伴避難」OKし、屋内で飼い主さんと一緒に生活することを受け入れている避難所は少数ながら存在しますが、それは避難されている方々の「好意」によるものです。なので、同じ屋根の下、ペットと一緒に避難生活できることを目的として用意された↑のペット同伴避難専用シェルターと違い、ちょっとしたクレームや人の気分や都合次第でいつ何時、「同行避難」へと「グレードダウン」するかもしれず、とても不安定です。

但し、「同行避難」OKの世田谷区の場合ですが、「避難所生活が長期化した場合は、ペットの避難方法も変化する」と言った文言が獣医師会世田谷支部と世田谷区が制作したペット防災のパンフレットに記載されております。↑で紹介したNGOのブログの中に出てくる八代市の職員さんも同じようなことを口にされたようです。つまり、避難生活が長期化すれば避難している方々もどんどん少なくなっていき部屋も開き室が多くなるから、そうなったらペットのための部屋も用意できるから同伴避難も許可できる」と解釈できます。

世田谷区は今現在も、ガイドラインをもっと膨らませた、同行避難よりもっと世田谷区らしい、ペット防災&避難所運営を模索しながら、鋭意話し合い続行中です。

つまり、過去の災害から学びながら、同じ過ちを繰り返したくない飼い主と行政が話し合いを重ね、環境省ガイドラインを基にその地域オリジナルの確固としたペット防災計画を確立し、それに沿った訓練を積み重ね準備万端な自治体、または行政が「同伴避難」を推奨している新潟以外の場所で災害が起きれば、ペットと飼い主は、「自宅避難」が困難な場合、民間が準備する「ペット同伴避難者専用シェルター」が近場にあるなら天国でしょうが、そうじゃなければ環境省推奨に従い、事前に調べておいた指定避難所へペット同行避難したとして、受付窓口で追い返されるか、受け入れはOKされたものの「同行避難」のままか、はたまた「同伴避難」に「アップグレード」するか、その避難所の状態(満員か少数か)、同じ避難所を利用する人がペットを中に入れてもいいと許諾するか否か、許諾してもらって同伴避難したもののトラブルがあってやっぱり屋外飼養になってしまうか否か、避難所生活が長期化するか否かなど、その場その場の都合で各避難所によってさまざまな環境が生まれるという、まるでギャンブルのような、確率の問題のような、運試しのような状態に置かれるということです。

国と各地方自治体は飼い主だけじゃなく、そこに住む住民全体に向け、直ちにペット防災についての啓蒙活動を開始すべきと考えます。熊本での混乱は次の被災地でも起こりうること。熊本地震の被災地、八代市での混乱の一例を挙げますと、モルモットと同行避難(実は同行避難=同伴避難と思っている)してきた飼い主さんに避難所窓口の担当者が「そんなもん捨てて来い」と暴言を吐いた。彼女にはモルモットと「本来の意味での同行避難」は耐えられない。行政の怠慢で国が推奨するペット防災の中身を住民に確実に伝達していなかったため、このモルモットも飼い主さんも本当なら味わわなくてもすんだであろう苦労や苦痛や悲しみを味わってしまいました。

もし、地域行政やその地域の獣医師会が開催する「ペット同行避難訓練」実施や、その地域で考えるペット防災のパンフレットを作成し全戸に配布したり、獣医師、行政担当者が主催する勉強会などに参加してもらうことにより、地域住民側に災害前に知っておくべき知識が身に着いていれば、避難所窓口で吐かれた暴言はゼロにはならなくても激減する可能性はあるし、もし暴言を吐かれても飼い主側に「こんなことが起きるのは災害時だから」と思える心の準備ができるし、被災した時のことを事前にシュミレーションする癖が付けば、避難所で断られるなど最悪のケースに遭遇したらどうしよう、いや、そうなる以前になんとか手立てを講じなきゃ、と自らかかりつけの獣医師や居住区の行政担当に疑問を投げかけたり、より良い避難所環境をつくるため仲間を集め考えたり、議員に陳情したりなど、愛する家族を守るため何をすればいいか、考え行動に移すこともできるようになります。

自分の家族を守れるのは自分だけ。絶対他人任せにしない、なにもかも行政に任せきりにしない。行政と飼い主が協働して、その地域の住民たちの協力を仰ぎながら、地域協働型ペット防災を作り上げる。これが愛するしっぽ家族を守る唯一の方法だと私は思っています。

しかし、このまま行政と飼い主が過去から学ばず、なにもしないまま被災するようなことになれば、今回の熊本地震と全く同じことが延々と繰り返されるだけです。行政は被災した瞬間から災害時の緊急マニュアル通りの行動をとることを義務付けられます。人命最優先。誰も助けてくれません。それまで何もしてこなかったツケが回ってきます。過去の被災地のペットと飼い主が味わったように、知っておくべき知識を持たず、事前の準備もシュミレーションも全くしないまま被災し、避難生活も避難所も地獄そのものでしょう。

注:「環境省は、災害発生時はペットを連れての同行避難をするよう推奨しているが、衛生面の懸念やトラブル回避のため、建物内への同行を断っている避難所も多い」http://kumanichi.com/news/local/main/20160423015.xhtml
なんだろう、このモヤモヤ感。全然喜ばしく感じない。それに熊本のマスコミは同行避難と同伴避難を混同し間違った情報を拡散。この避難所問題がなぜ起きるか、その原因を全く取材してないし、知ろうと言う意欲も感じない。まったく興味ないような垂れ流し状態。もしかしてこれって後半部分の記事を強調するための釣り?大本営発表?情報操作?世論誘導?誘導報道?飼い主もだけど、環境省や熊本県や熊本市のペット防災に関するこれまでの怠慢で生じたツケをすべて県の獣医師会が肩代わりしちゃってる構図にしか見えませんけどね。さすが自民党保守王国熊本だけのことはある。暗いことは全部ベールで隠して、全国初の取組として大々的にアピールするなんて凄い政治力だわ。ただ、こんな場当たり的解決策をとっても、上記で長々と述べた根幹の問題はそのまま解決しないで放置され続けることに変わりはないわけです。

⇒追記終了


下の写真は↑でもご紹介した災害救助活動をしている広島の団体「ピース・ウィンズ・ジャパン」が熊本の被災地に設置してくれた「ペット同伴避難者専用」のシェルター。本当に民間は頼りになる!!

はい、おさらいしますよ。これは環境省推奨の「同行避難」ではありません。
これぞ正真正銘の「同伴避難」です。

12994424_460891030773687_1352434436315634287_n.jpg 
13043365_1324258744254612_8307196993073454664_n.jpg 
13077101_1324257947588025_3453530208486945942_n.jpg






2016年04月21日 (木) | 編集 |

おしりBcatwalkBW 4月18日付の情報は見づらくなってきましたので書き直し更新いたします。おしりBcatwalkBW


私はいつ支援したい対象に届くかわからないような第3者経由とか行政宛の支援はしないと決めてます!ですから、ここでご紹介するのは第3者を介しない、ダイレクトな支援のみです。

※発災して1週間以上経過。物流が復活し、避難所生活で必要な物資も変化し始めてまいりました。

★支援対象★

①被災ペットをダイレクトに支援

◎「竜之介動物病院」(http://www.ryunosuke.co.jp/)
TVでもよく紹介されるようになったのですでにご存じの方もいらっしゃると思いますが、ご自分の病院の中に200人収容規模の被災飼い主さんと被災ペットたちの同伴避難、迷子やお預かりペットを受け入れている「竜之介動物病院」への支援物資は:

〒860-0811
熊本県熊本市中央区本荘6-16-34
竜之介動物病院
℡:096-363-0033

※避難所に支援物資が届いていない情報もありますが
避難所に避難されていない方への支援物資も
行き届いてない場合が出てきています。
特に動物を連れた方への対応や
民間の避難所への対応は
後回しになっているようです。
少しでも多くの方の支えとなるように
当院に届いた支援物資につきましては
近隣始め、必要とされる方へお渡ししています
ただ、支援物資のため
必ず揃っている訳ではございません
また、動物病院として、診察などを優先させていただきますので
取りにいらっしゃった時に
十分な対応ができない場合がございます。
ご了承いただけますようお願い致します。
また、お電話でのお問い合わせは
ご遠慮いただけますようお願い致します。
今後も支援物資は受付させていただき
必要とされる方へお渡ししていく形を
取らせていただきたいと思っております。

※同伴避難所に関しましては現段階(4月21日)では
5月7日までを目安としております。


「初めての事だらけ
時間が経つごとに必要なものが出てきます。
しかし、支援物資のお願いをしても
輸送が止まった状態で困っておりました。
心から感謝申し上げます。
ありがとうございます!
現在不足しているもの

1.医療品
2.避難された方への毛布
3.タオル、新聞、毛布、ペットシーツ
4.ペットフード

宜しくお願い致します。」


◎「PWJ」(http://peace-winds.org/)
13043365_1324258744254612_8307196993073454664_n.jpg 
13077101_1324257947588025_3453530208486945942_n.jpg 
熊本の被災地に救助犬派遣&ペット同伴避難船用シェルターを設置してくださっている「PWJ」は、「ふるさと納税」を活用して広島県のセンター収容全頭を引出し、支援者とともにドイツのような譲渡・保護シェルター建設で殺処分ゼロを目指したり、殺処分寸前だった「夢の丞」で有名な災害救助犬・被災者支援活動の広島の団体。:

緊急寄付の受け付けています。温かいご支援をよろしくお願いいたします。
◆ホームページからクレジットカード、楽天銀行を通じてご寄付が可能です。
http://peace-winds.org/support/donatenow.html
◆郵便振替口座:00160-3-179641
口座名義:特定非営利活動法人ピースウィンズ・ジャパン
通信欄に、「熊本地震緊急寄付」と明記してください。
※他の銀行から振込まれる場合は、 銀行コード「9900」 店番「019」 です。
◆その他、下記のページでもご寄付を受け付けております。
yahoo!ネット募金 http://donation.yahoo.co.jp/detail/925016/
JapanGiving(ジャパンギビング) http://japangiving.jp/p/3947
=============================



②被災地の避難所&被災者へドアtoドア

◎「ハレルヤ熊本」(https://www.facebook.com/hallelujah.kumamoto/?fref=ts)
私が発災時からずっと応援し続けている「ハレルヤ熊本」。平時はオーガニック農耕でお米、ミカン、お芋、八朔、梅、シイタケ他、様々な農作物を育て、販売しています。私もいつもここで購入してます。:

★まずは支援物資配送担当部    

【!!!物資支援受付終了しています!!!】
※ご連絡 【物資支援受付終了について】 
皆様の多大なご支援のおかげで支援物資に関して現時点で十分な物資が整いました。
また、熊本市においても十分な物資が整ったとのことですので物資の受付を終了しています。
これまでの多大なご支援、ご協力誠にありがとうございます。
熊本支援チームは被災者による被災者のための支援チームとして
ボランティア活動を実施してまいりました。
物資供給から今後は別の形での支援に力を注ぎ熊本支援を
実施してまいりますので引き続き何卒よろしくお願いします。


★そして避難所への炊き出し担当『ハレルヤ熊本』本部
⇒毎日の活動は園田みつよしさんのtwitter@asobinokuni でご覧いただけます!

オーガニック「地球農園」の地元の仲間たち。
熊本市内で自分たちが作った作物を生かして調理し各避難所へ届けている『ハレルヤ熊本』本部

「集まった義援金で地元農家さんの野菜やお米を購入して炊き出しをやって、農家支援と避難者支援とダブルでやっていける流れを創っていってます。お金の良い循環を創りたいので、アイデアあったら教えてくださいませー」

「地震直後、何かできないかと
立ち上げた活動です。
熊本では園田みつよしをはじめ、
素敵な仲間たちが動いています。
各地の想いが熊本に集まり、繋がり、
熊本が一歩ずつ明るい方へ進んで行けますように!」
----------------------------------------
『ハレルヤ熊本』
東田トモヒロとすばらしき仲間たちによる
熊本復興プロジェクト
代表 東田トモヒロ 園田みつよし
音楽の力を信じて。魂の光を信じて。
熊本地震における被災者を直接支援する
復興支援ボランティアチーム。
----------------------------------------
HP開設の予定はありませんが
facebookメッセージ、随時受け付けております
現場では園田みつよしが動いております
電話をかけれる方は
090-2084-1111
まで
----------------------------------------
ハレルヤ熊本の活動に賛同、共感していただき
お金の支援してしていただける方
お振込先・・
熊本銀行
武蔵ヶ丘支店
普通預金3081089
「ハレルヤ熊本 代表 東田トモヒロ」
まで
よろしくお願いします◎



③行政へダイレクトに義援金を送る

◎熊本市(http://www.city.kumamoto.jp/hpkiji/pub/detail.aspx?c_id=5&type=top&id=12552

4月21日夕方4時ごろ、上記熊本市HPの義援金のページが突如更新され、
◎被災者の方専用
◎熊本市専用
◎熊本城修復専用⇒但し、「一口城主」とは異なりますのでご注意ください!
の3つの義援金宛先を作られましたのでご注意ください!
詳細は上記URLの通りです。

ま、更新されたところで熊本市ダイレクト支援システムには変わりないからよかった!


◎熊本県⇒下記のプレスリリース内2「蒲島熊本県知事名義」口座をお勧めします!
【平成28年度熊本地震義援金の募集について】
熊本県では、平成28年4月14日に発生した平成28年熊本地震によって被害を受けられた被災者を支援するための義援金を、本日、平成28年4月15日(金曜日)から6月30日(木曜日)まで募集します。詳細については報道資料のとおりです。https://www.pref.kumamoto.jp/common/UploadFileOutput.ashx?c_id=3&id=15416&sub_id=1&flid=66598




★壊滅的被害を受けた熊本城修復のため、
「一口城主」再開を熊本市長と熊本選出の国会議員へ陳情していますので、
実現したら絶対に参加しようと思っております。


525554_377381122348649_1535928107_n.jpg 
みなさま、引き続き、ご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます!


2016年04月20日 (水) | 編集 |

誕生日前祝の昨日に期日指定して注文した柿の葉寿司2品。

目的は【柿の葉寿司の食べ比べ】

13051774_989077347850967_4928620275908234814_n.jpg 
手前が「山の辺」
向こうが「たなか」


いっつも「山の辺」(鯖、鮭)ばかり食べてましたら、「ここも試してみて!」と色々とお店を教えていただきましたので、事あるごとにご紹介いただきましたお店から比較しやすいように全店、鯖と鮭を取り寄せて試してみました。


教えていただいて申し訳ないのですが、この2店以外のお店のお寿司は、私の口にはちょっと合わなかったです。


で、最後まで残ったのがいつも食べ慣れてる「山の辺」、そして今回初めて食べた「たなか」。

「たなか」は「山の辺」より一回り握りが大きく、一口で食べきれません。ま、私の口には2口。酢が若いというか酸味が立ってますね。柿の葉も大きめでガシッと硬いです。

「山の辺」はこじんまりしてて、一口サイズ。酢が馴染んでます。柿の葉がしなしなしてます。


トッピングの鮭と鯖も酢飯と同じで、酢が立ってるか、馴染んでるか。


で、食べ比べの結果は…


私の好みはやっぱり「山の辺」ですね。ま、食べ慣れてるからかもしれないですが、でも酢飯と魚の馴染み具合、微妙なんですけどね。でもしっくりくるのは「山の辺」でした。


「たなか」を教えてくださったNCさま。




折角教えてくれたのに、ごめんね<(_ _)>





  
2016年04月16日 (土) | 編集 |
2016年4月14日の「平成28年熊本地震」のマグニチュードは6.5で、16日午前1時25分ごろ発生した地震はマグニチュード7.3。熊本地震のおよそ16倍でした。21年前の阪神・淡路大震災を引き起こした兵庫県南部地震と同じ規模の大地震です。気象庁は今日のM7.3の地震が本震で、14日の最大震度7の地震は前震と考えられるとの見解。

その前に15日午前0時3分、震度6強
M6,4の地震が起きました。

14日に被害を受けた熊本市内だけじゃなく南阿蘇や九州全域で多くの公的施設や病院、建造物が完全崩落、倒壊、もしくはその危機に瀕してます。

熊本城も…いったいどうなってしまうのか。

阿蘇の噴火が気がかりです。

熊本市内の懐かしい建物や場所が次々と無情にも壊れていきます。

被災地には無情の雨も今日から降ると言います。

ライフラインが絶たれた所が多くあります。

多くの方が犠牲になり命を落とされました。

怪我された方も大勢いらっしゃいます。

家を無くされた方もいらっしゃいます。

ペットが行方不明の方もいらっしゃいます。

今のところ、親、親戚、知人友人は無事です。



震度6クラスの大きな余震が続いてます。

容赦なく…

あまりにも繰り返し揺れるので、何が何だか、わけわからなくなりました。

震源が中央構造線に沿って東へ移動してます。

今回の大地震に刺激されて別の震源域が活発に活動し始めてもおかしくないです。

どこで何が起きてもおかしくないです。

なのに原発を止めない日本政府。

福島で何も学んでないですね。

こんな時に緊急事態条項を憲法に入れるべき、「憲法改正」を口にする安倍政権。

ショックドリトリンのつもりですか?


もう疲れました。

でもきっと自然はまだまだ私たちにもっともっと試練を与えるような気がします。

自然には勝てません。

私たちは自然と争うつもりもないです。

共生、共存は可能です。


でも、安倍政権とは心中したくないです。

無理心中なんか絶対いや!








2016年04月15日 (金) | 編集 |
 CfHHp3nUsAAcdFw.jpg

深く傷ついた熊本城ばってん

今夜もこうしてライトアップされとります!

私ら熊本県人の心のふるさとですけん!

被災した人たちの心の支えですけん!

こぎゃんときだからこそ普段通り、

ライトアップし続けるのが肥後もっこすのプライドですけん。


安心してはいよ!




2016年04月15日 (金) | 編集 |
西区花園にある母の施設から連絡あり。母は震度7でも熟睡していたそうで今も穏やかだそうです。
部屋も落下物ゼロ。施設も近隣住民30名ほど避難していらしたくらい大丈夫だったそうですが
ユニットごとで被害状況が全く違うそう。
母のユニット以外は落下物、倒れた家具があったそうです。

中央区神水の叔父夫婦に再度連絡したところ、叔母は昨夜はずっと車中泊したそうです。
以前受けた家屋の耐震診断で震度5で倒壊の危険があると言われたそうで、
でもまだ倒れず頑張ってる。でも怖いから中にはいたくない、と。
入院中の叔父からお墓をみてきてくれと頼まれたので行って来たら、
他の新しいお墓はバラバラ、ぐじゃぐじゃに倒壊してたのに、
実家のお墓は無傷でしっかり立っていたそうです。
さすが、わが母の実家の墓だ!と、また泣けてきました。

大きな余震が続いてます。
この1週間くらいは油断できない。

じいちゃん、ばあちゃん、伯父ちゃん。
母とおじさん夫婦をお願いね。
守ってね!

‪#‎熊本地震‬

2016年04月15日 (金) | 編集 |
20160414熊本城崩落 

20160414熊本城崩落6 

20160414熊本城崩落10 

20160414熊本城崩落7 

20160414熊本城崩落3


熊本城が…天守閣の屋根が…
20160414熊本城崩落4 

20160414熊本城崩落5 
明るくなって被害状況が徐々にわかってまいりました。


20160414熊本地震熊本城2 
昨夜の本震の時にTVに映ったこの白煙…

なんでもないと信じたかったけど

やはりかなりの被害が…

朝のニュース観て腰が砕けた…



熊本城は熊本県人の心の拠り所ですけん。

必ず復活してはいよ!



待っとるバイ。



あ~~。もぉ!!

涙が止まらん。

阿蘇が近かけん震度3くらいの地震は日常茶飯事ばってん震度7なんて…

熊本の歴史始まって以来の大地震。

こぎゃん時こそ肥後もっこす根性ば出して乗り切ろう!

東京の空から応援しとるけんね!

熊本城も余震に負けんで!

踏ん張れ!!


2016年04月15日 (金) | 編集 |
沢山の皆様からお見舞いの言葉を頂戴いたしました。
ありがとうございます。
ご心配をおかけしております。

昨日14日、ぼ~っとTV観てたら急に画面が切り替わって…
熊本で午後9時26分ごろ、震度7の地震発生。
その後、体感可能な余震が立て続けに…
それも震度6強とか大きいものも多くって。

母の弟夫婦のところに電話。
叔母が出てくれた。
叔父は入院中とのことで心細そう。
怖いほど揺れたそうで、声がまだ震えていた。
食器棚から食器が落ちて割れてるし、醤油瓶が倒れて醤油がこぼれた、と。
お風呂から出てのんびりしようとしたら急に揺れ出したそうです。
怖くて庭に逃げていたそう。
と、そこでまた余震が起きたと電話を切られました。
電話口からでも地震のあの音が私の耳に聞こえるくらいに大きい余震だったようです。

母は施設入所なので、この時間だと夜勤スタッフしかいないから電話は控えました。
明日の朝、連絡するつもりです。

大きな余震が続いているので被害拡大が心配です。

熊本城も被害が出ているようです。
「外部をサクッと回った限り、かなり傷んだ部分は長塀、
備前堀の塀と石垣(部分的に崩落)、西出丸北面(二カ所崩落)、
二ノ丸御門と百間石垣の接合部分(部分的に崩落)です。
あと熊本城稲荷から地下水湧いてます」と報告あり。
20160414熊本城 
この塀はなにかにつけよく崩れるよね。
20160414熊本城百閒石垣崩落 
ここは百閒石垣。

明日、明るくなるにつれ被害状況がもっとわかると思います。

お願いです。
被害が最小限で済みますように。

お亡くなりになった方も御怪我されてる方もいらっしゃるようです。
まだ倒壊家屋の下敷きになってらっしゃる方もいらっしゃるようです。
救急病院へ搬送された方も大勢いらっしゃるようです。
避難所に避難されている方もたくさん。
うちの親戚も含め、暗い家の中で余震に震えている方もいると思います。

こうしている間にもまた余震が起きました。


辛い…
怖い…
悲しい…






2016年04月14日 (木) | 編集 |

喪黒福造・ハクション大魔王…大平透さん死去 : 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/culture/20160414-OYT1T50125.html

日本航空機内音楽「日本の歌」チャンネルで12年間+ディズニー日本語吹き替え(ピート、「ナイトメア・ビフォア・クリスマス」の町長、「ムーラン」のご先祖様、「モンスターズ・インク」ウォーターヌース等)で10年間、お仕事ご一緒させていただきました。

「田辺製薬」の生コマーシャルで鍛えられた勘と度胸。

声だけやってもどうしてもしっくりこない。動きと声がぴったり合わずイライラしたから途中から制作会社に直談判して、「マグマ大使」のゴアは中に入って演技しながら声もあてた。

「喪黒福蔵」には命を吹き込んだ。本当に久々の大抜擢だったから嬉しくてたまらなかった。喪黒のキャラクター作りはプライドをかけて、スポンサーと喧嘩してでも自分の信念を貫き通した。だから、大ヒットした時には天にも昇る気持ちだったとおっしゃってました。「ざまぁみろ!私の言うとおりにしたから喪黒はこうして命を持ち、日本中で有名になれた」と。

優しいんだけど、一本筋が通ってて、自分の信念は絶対に曲げない。どんな有名人相手でも、インタビューの相手が嫌いな相手だと、とことん意地悪で、それだけは本当に冷や汗かかされました。

ご自分のお宅に声優・アナウンス学校を作って、多くの若い人々へご自分の技術や知識を授けていらっしゃった。

アユ釣り名人で、毎回、釣り上げるとドッサリ送ってくださいました。

スケジュール管理をなさってたしっかり者の姉さん女房の奥様がとっても素敵な方で、肝っ玉母さんで、大平さんはいっつも頼りっぱなし。頭が上がりませんでした。やんちゃ坊主のような大平さんですが、奥様の前ではまるで借りてきた猫。すてきなご夫婦でした。お宅にも何度もお邪魔させていただき、奥様の美味しいお料理を何度も頂戴いたしました。大平さんもお手伝いされて…何歳になってもアツアツなお2人でした。

仕事抜きで、よく電話してきてくださったり、食事をご馳走してくださったり、落ち込んでるとFAX交換してくださったり、人生相談したり…本当に、とても可愛がっていただきました。人生のお師匠さんとして、大先輩として、仕事仲間として、本当に暖かく接していただきました。

赤坂「津々井」のビフテキ丼が大好物でしたね。

コーヒーはアメリカンだけ。少しでも濃かったりすると急激にご機嫌が悪くなり「アメリカンだって言ったろ!」と大目玉食らいます。怒ると本当に怖かった。

ハワイ大好きで、別荘をお持ちで、お時間があるとハワイでお過ごしでした。

楽しい思い出をありがとうございました。

長らくご無沙汰いたしておりましたが、てっきりハワイ移住されているとばかり…

日本にいらっしゃったのですね。

連絡して会いに行けばよかった。



あの美声が聞けなくなるかと思うと寂しいです。


合掌。


CdHZT7sUkAArdhF.jpg 


2016年04月14日 (木) | 編集 |
 ツェッペリンの「天国への階段」盗作疑惑、陪審員判断へ 国際ニュース:AFPBB News

http://www.afpbb.com/articles/-/3083839 @afpbbcomさんから

 




チェックしてみたけど…微妙だなぁ…似てるって言えば似てる気もするし…う~~む、びみょう!




2016年04月14日 (木) | 編集 |


今日解禁された『シンゴジラ』予告1
https://youtu.be/77nWR5Q1u4w @YouTubeさんから


Cf9EVJRVAAAC2IC.jpg 
「328名のキャストが総出演してます! 
撮影中は日本中から俳優が消えてあちこちからお叱りを受けました!」

「キャスト数は世界最大級の328人。
高良健吾や前田敦子、斎藤工らが出演し、セリフの少ない役柄も豪華な顔ぶれだ!」

と意気揚々と語っている時点で、『シン・ゴジラ』、大丈夫か?
と、どうしても不安に駆られてしまう。

そこがウリか!?

うぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅぅ~~~~~~~~む(-_-;)

やっぱり國村隼まで出てる!

進撃の巨人キャスト丸のまま持ってきやがって!

いやぁな予感がする。

予感、当たるなよぉ。

Cf9NYXeUMAEkadv.jpg 
シン・ゴジラ…

またメルティング?


赤龍…

体長118,5m

フルCG

自衛隊全面協力

ただれた皮膚

不揃いのぎざぎざの歯

なが~い尻尾

わっさわさしてる背鰭

小さすぎる手


フォルムは中々よさげなのだが…

★amass ‏@amass_jp  
総監督・脚本を庵野秀明、監督・特技監督を樋口真嗣が務める
『ゴジラ』シリーズの新作『シン・ゴジラ』。
予告編映像と特報映像の第2弾が公開。
日本のゴジラ史上初となるフルCGで作られたゴジラの全身ビジュアルも今回ついに解禁 
ゴジラ新作『シン・ゴジラ』 予告編映像が公開 - amass
http://amass.jp/71541/ @amass_jpさんから

★『シン・ゴジラ』邦画史上最大規模の総キャスト328名 
日本ゴジラ史上初フルCG全身ビジュアルも解禁
| 沖縄タイムス+プラス
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=163557 @theokinawatimesさんから

★公式HP
http://shin-godzilla.jp/









2016年04月13日 (水) | 編集 |
 
8日間の日本滞在を終えたホセ・ムヒカ氏のラストメッセージです。(フジテレビ系(FNN)) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20160412-00000450-fnn-int #Yahooニュース
⇒この報道でムヒカ氏の発言編集が気になります。カット編集されているところで彼が何を言っているかが知りたい。
ムヒカさん、広島が印象に残った 来日中の南米ウルグアイ前大統領 | 2016/4/11 - 共同通信 47NEWS http://this.kiji.is/92243518299014647

今月5日に来日したムヒカ前ウルグアイ大統領ご夫妻は、12日午前、帰国の途に就かれました。どうぞよい旅を!最終日まで精力的に各地を訪問され、講演やインタビュー、サイン会などをこなされたムヒカさん。体調を崩されたとの話も聞いております。80歳の高齢で地球の裏側からいらっしゃったんですもの。 どんなに元気な方でも、そりゃお疲れになりますよ。
新自由主義を奉じる軍事政権と、20以上の諸派を束ねた野党共闘を築いて戦った闘士であり、福祉再建を断行したことを紹介しないまま、ヘタするとつい最近まで大統領だったことも、アメリカとキューバの歴史的ともいえる54年ぶりの国交回復の裏で、ムヒカ氏がオバマ大統領とカストロ議長の仲立ちをしたことも、今も精力的に政治活動をしていることさえも言わないまま、ある人が言ってましたけど「好々爺」「ゆるキャラ」扱いしているように思えるフジサンケイグループの放映独占や特番での偏向的扱い方に賛否両論あったけど、嫌な顔一つせず、いや、特番で観る限り、バラエティ感覚の強引な演出に、さすがのムヒカさんもムッとされたお顔を拝見することはありました。浅草を訪れた時もさすがに不機嫌でしたね。日本の宗教の場に海外からの観光客が大勢押し寄せ、経済=金のにおいがプンプンする観光地化したあの独特の雰囲気が「文化の切り売り」と捉えられたからだと思います。観光国日本。神聖な場所にも構わず土足で上がることを国家プロジェクトと位置付け推進するこの国にムヒカさんの笑顔が曇った瞬間でした。

それに、今回の来日で、彼が放った言葉がマスコミによって内容が違っていることも深刻な一面。精神論はOKでも政治的発言はバッサリ編集され表に出て来ないことが多々ありました。

例えば…顕著な例が「日本の安保法制や憲法改正」について言及したこれ!
東京新聞:「軍事費の無駄を貧困や環境に」 「世界一貧しい」前大統領・ムヒカ氏:国際(TOKYO Web) http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201604/CK2016040702000146.html
⇒「都内で一部メディアの取材に応じ」とありますね。つまり、ムヒカさんはこの発言を確実に公にしてくれるマスコミを選んでの発言かと疑ってしまうくらいに、この件について記事にしている新聞は限られているのです。twitterでは「ムヒカさんの発言は逐一チェックしてるけど、こんなことは言っていない。」とまで言い出す人が出てくる始末。

ムヒカさん、本当にどれくらい突き詰めたお話をされたのか?マスコミは彼の話をどれほど正確に伝達したのか?それともしなかったのか?私たちは彼の真意をどれほど理解できたのか、はたまたできなかったのか?いつかこれらの疑問が晴れる日は来るのか?はたまた永遠に来ないのか?でも、広島をその目に焼き付けていただいたことだけは日本人として本当に良かったです。ムヒカさんも来日前に一番行きたい場所として挙げておられた広島訪問が実現したことだけでも、日本に来ていただいた甲斐があったというもの。

私たちは実際見聞きしたこと以外のことは、新聞やTV、ラジオ、SNSなど外的情報伝達機関から与えられた情報を信じることにより、世の中で起きていることを知ることになるのですが、もしマスコミが偏った情報しか流さなかったとしたら?私たちが抱く感情も大きく左右されてしまいますよね?世論も誘導されてしまいますよね?

★<私立保育園>「子供の声うるさい」開園断念 千葉・市川(毎日新聞) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160411-00000094-mai-soci #Yahooニュース
★<保育園>「子供うるさい」開園断念…市川市に意見殺到(毎日新聞) - Yahoo!ニュース http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160412-00000103-mai-soci #Yahooニュース

同じ毎日新聞でもこの2つの報じ方で印象は全く違ってきませんか?それにこの問題、蓋を開けてみたら全く違った側面が見えてまいります。そのことをマスコミは全く報道しないけど、子供の声がどうのというより前に、「保育園落ちた日本死ね」を錦の御旗にして「嬉しいだろ?ほら喜べ、作ってやるぞ」と、近隣住民への対応よりも先にどんどん話を進めていく行政のやり方が、近隣住民の感情を逆なでしてると言うのが実態のようですね。マスコミ報道って本当に怖い。今回も偏向報道して「こどもの声が騒音と騒ぎ立てる住民の不寛容さ」へと民衆感情を煽る典型的なやり方。そのおかげで、twitterでは反対の声を上げてる住民が完全に悪者扱いです。介護施設でも医療施設でもなんでもそうだけど、ただ建てればいいという問題じゃないでしょ?その地域に一番適した設計というものがあるんだから、近隣住民との話し合いは絶対に欠かせないです。その地域性に合った工夫は不可欠じゃないでしょうか?そこをマスコミは全く報じてない。ただ面白おかしくはやし立てるだけ。

菅野完 ‏@noiehoie  
今日一日中、例の「子供の声がうるさいという反対意見で保育園が開園できなかった」ってニュースに関する。自分の考えに違和感を抱いてたが、ようやくその違和感の原因がわかった。あれ問題は「子供の声がうるさいかどうか」とかじゃないな。問題は役所だ。おそらく日本中の住宅街で繰り広げられる「建設反対運動」の中で、最も数の多いものは、マンション建設反対運動だろう。だいたいどの地方へ行っても、住宅街に「日照を奪うxxxマンション建設反対」とか書いてある幟や横断幕を見る。町内会がデモしたり、東京のデベロッパーまで乗り込んだりする今まで聞いた反対運動の一番苛烈な手法は、町内会が主導して「マンションの建設現場に来建築車両を全部パンクさせる」「建設事務所の電線を切る」とかいうもの。もう必死のプロテストだ。しかし、そういうマンション建設反対運動が、その目標を達成する事例は極めて少ない。「頻度も質も膨大なマンション建設反対運動は成功しない」「せいぜいクレームの電話がかかってくるだけの保育園建設反対運動は成功する」。。。こうやって対比して考えると、どうも施行側の「クレーム耐性」の問題であるような気がしてならない。市川市の説明によると、地域住民からのクレームは「子供の声がうるさい」だけではなく、「接地する道路の幅員が3mしかなく交通量が増えると危ない」などがあったという。しかし、そんなクレームは、マンション建設とかでも発生するだろう。おそらくそんなクレームが発生してもマンション建設は断行される。無論、容積率や建ぺい率などの規制を守っているという前提であり、しかも、施行主体は民間企業であり役所は関係ないとはいえ、そんなクレームを押しのけて、マンション建設は断行されることと対比すると鮮やかな違いだ。ようは役所はハナっから本気じゃないのだ。本気だったら、マンション建設のように、クレームなんか無視して断行したはずだ。「事業をやめる」言い訳に、地域住民からの反対意見を、もっけの幸いとして利用したのではないか。しかし一方で、今回の保育所反対の声をあげた地域住民のクレームの内容は、「子供の声がうるさい」をも含めて、すべて正当なものだとおもう。行政がそうした地域住民からの声と丁寧に向き合うことはとても重要なことだ。なので、そのことのそのものは否定しないと付け加える必要はある。でもやはり「これが他の施策だったら、市は地域住民からのクレームを根拠に事業を取りやめたりせず断行してたのではないか?」という疑念はどうしても残る。どちらにせよ、市川市のやり方は、いささか乱暴に過ぎるのだ。


小島慶子 ‏@account_kkojima  3月22日
最近「政治的な話はナシで…」って言い方をする人に何人か出会ったんだけど、「政治的な」って言葉で何を言おうとしているかをハッキリさせてほしい。そこに働く「察してね」が気持ち悪い。政治に関する話はナシ?政権批判はナシ?難しい時事問題はナシ? だけど生きてるってそれ自体、政治的よ?


私たち国民はマスコミの言うことを鵜呑みにできない時代に突入していることを悟るべきです。何事も疑ってかかる時代になってしまってるんですよ。



個人的には政府もだけど、日本のマスコミも全く信じられなくなってきてるんですけど。





2016年04月10日 (日) | 編集 |
え?
滞在予定の都合もあるんだろうけど、京都でゆっくりする暇もなく、
もう広島入りしてたんだ、ムヒカさんご夫妻!
来日前にも2か国長期滞在して、ウルグアイに帰国早々今度は日本。
凄いバイタリティだよ!!
20160410@hiroshimaムヒカご夫妻

武田 肇 / Hajimu Takeda@hajimaru2
広島の原爆死没者慰霊碑に献花したムヒカ・ウルグアイ前大統領。
数時間後に始まるG7広島外相会合を含め、何をお感じになったのでしょう
20160410@hiroshimaムヒカさん 
いいお顔❤
いい年の重ね方された人のお顔は見てて飽きないです。
あ、涙出てきちゃった。

なんでだろう…

ムヒカさんを拝見するだけで胸が熱くなって涙が出てきます。


今日から広島で始まるG7外相会議に合わせ、
各国代表が広島の原爆慰霊碑に供花する予定だそうです。

オバマさんも5月の伊勢志摩サミットに合わせ広島訪問を模索中だそうで。
実現したらオバマさんにとってだけじゃなく、
安倍さんにとっても歴史を創ることになりますね。

でも、それって政治とか利権とかドロドロしたものが動いてるのがミエミエ。

ムヒカ前大統領が広島訪問 「過ちから学んだか」 東京新聞2016年4月10日 16時08分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2016041001001274.html
20160410@hiroshimaムヒカさん2 
来日中の南米ウルグアイ前大統領のホセ・ムヒカさん(80)が10日、
広島市の平和記念公園を訪問した。
「世界でいちばん貧しい大統領」の愛称で知られるムヒカさんは、
原爆資料館を見学後「私たちは過去の過ちから学んだだろうか」と記帳した。

ムヒカさんは館内で、原爆の惨状を伝える展示を真剣な表情で見て回った。
芳名録にはスペイン語で「倫理を伴わない科学は、想像もできない邪悪なものに利用されかねない。
地球上で人間だけが同じ過ちを繰り返す」と記した。

ムヒカさんの広島訪問は、10日からの先進7カ国(G7)外相会合と重なった。






2016年04月09日 (土) | 編集 |
20160407ムヒカ@東京外語大 

「政治の放棄は少数者の支配を許すことにつながる」 
ムヒカ・ウルグアイ前大統領 講演@東京外語大
   
2016年4月9日東京新聞 朝刊:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201604/CK2016040902000116.html
 
東京外大で講演を行うムヒカ前ウルグアイ大統領
=7日、東京都府中市で(いずれも平野皓士朗撮影)
 
来日中のウルグアイ前大統領ホセ・ムヒカ氏が七日、
東京外国語大(東京都府中市)で「日本人は本当に幸せですか?」
をテーマに講演しました。講演の詳報と、学生との質疑応答を掲載します。
 

「今回、日本の文化や日本人の特性に触れ、強い感銘を受けた。
東洋のドイツ人のようだ。秩序立てて物事を行う、驚くべき文化だと思う。
日本という重要な国を知る機会を得たことを感謝している。

世界を担っていく若い人たちに向けて話をしたい。
私たち人間にとって最も重要なことは何か。
生きていることだ。いろいろなことができるという意味で
「生」は奇跡に等しい。しかし、気の向くままに生きるのと、
人生を方向づけながら生きるのとは全く違う。
自然は私たちに特権を与えた。
社会にコミット(関与)し、何かをつくるという特権を。
それが文明を築いてきた。これから来る世界を、
今ある世界よりもより良いものにしよう、という意志を持とうではないか。

この社会と向き合う上で、哲学、政治、倫理という価値体系が存在する。
ところが、この社会を形づくる市場経済というものからは倫理、
特に哲学が分離してしまった。市場によって、
私たちは組織だった社会に生きるようになったが、
それは人々に浪費を強いるシステムでもある。
何かを買うために生きる。浪費し、
消費することが不可欠な社会になってしまった。

だが、お金で物を買っていると思うだろうが、
実は自分の人生の一定の時間と引き換えているのだ。
家族や子どもと過ごす時間を削って消費する。
新しい物を、いい物を買うために、人生で一番大切なのは愛であるのに、
愛情を注ぐ時間を浪費している。
消費そのものを否定はしない。ただ、過剰はいけない。
人生の原動力となる愛情を注ぐ時間を確保するために、
節度が必要だ。

人類の文明は、市場を伴って発達した。技術を手にして歴史を変えてきた。
しかし、進歩の半面、負担をもたらした。今も加速度的に発達しているが、
問題はそれを統治するすべがないことだ。
リミッター(制限装置)をつけなければならない。
幸せになることが人類の大義だとしたら、
人類はまだ進歩の恩恵にあずかっていない。

例えば近年、地球環境破壊を制限しようと京都議定書が結ばれたが、
できなかった。海の汚染も止める手だてがない。
今、世界では一分間に二百万ドルの軍事費が使われているというが、
誰もそれを止められない。そして極めて少数の者に、
世界の富が集中している。生産性が高まったけれども、
分配の仕方が悪いので、社会的な弱者に恩恵が及ばないのだ。

私は世間から「貧しい」と言われているが、私は決して貧しくない。
質素を好むだけだ。浪費を見直し、
それぞれが人生を見直すことが重要になってくる。
市場に操られて生きているうちに、あなた方の自由な時間が失われてしまう。
私の考えに同意しろとは言わない。
自分にとって何が大切かを考えてほしいだけだ。

人間にはエゴイズムというものがある。これは自分を守るためで、
自然が与えてくれたもの。他方で、人間は世代間の連帯や協調で文明、
文化、知識を築いてきた。教育によって、
エゴにブレーキをかけられることも知っている。
連帯や協調は、社会を変える力になることを学んだ。
しかし、人間は神ではないので、社会は問題を抱える。
それを政治で調整しようとする。

この世界に紛争は必ずある。だからこそ、
社会全体に心をくだくことが大切になる。「政治に関心がない」
「政治は重要じゃない」と言う人がいるが、
政治を放棄することは少数者による支配を許すことにつながる。
人間に上下はない。男も女も同じ権利を持つ。公爵も伯爵もないのだ。

民主主義には限界がある。
それでも社会をよくするために闘わなければならない。
皆さんのようにすばらしい大学で学んでいる者は、
社会をよくするために闘わなければならない。
最も重要なことは勝利することではなく、歩き続けること。
何かを始める勇気を持つことだ。

私たちはグローバル化した世界で生きている。
その特徴は、金融資本が爆発的に大きくなっているということだ。
国境がなくなり、人々が忙しく働く。生活を大きく変え、お金が重要で、
そのための人生になっている。
お金のために自分の人生をぶちこわしていいのか。
そうした世界と若い人は闘わなければならない。

私は多くの本を読み、世界を変えようと思ったが、変えられなかった。
十年間以上、(政治犯として)刑務所に入った。
つらかったが、いろいろなことを学び、大統領にもなった。
後進のために道を耕すのが私の仕事。闘いは永遠に続くからだ。

日本では若者が希望を持てないと聞いた。
若い世代の投票率が30%程度だと聞いた。
政治や社会を信じていないのだろう。
それでも、信じられるようにしてほしい。不満を持つのはいいことだ。
どうか同じ気持ちの人と何かを始めてほしい。
生きるには希望が必要。
そうでなければ人生なんて意味がないから。」

◆貧乏とは、多くの物を必要とすること
 【学生との質疑応答】 

-若者に何ができるのか

ムヒカ氏 消費主義に支配されてはいけない。
もちろん、そう言うのは簡単だが、あれを買え、
これを買えとせき立てられることに抗して、
本当に必要な物だけを買おう。
貧乏とは、多くの物を必要とすること、
という言葉を覚えておいてほしい。

-世界中が幸せになることは可能か

ムヒカ氏 確かに私たちは神ではない。
しかし、人生のある地点で立ち止まり、
自分を幸せにすることを見つけ、自分と関わる他の人を幸せにしてほしい。
世界変革は大変なことだが、努力すれば今までと同じということはない。

-テレビと政治の関係についてどう思うか

ムヒカ氏 テレビが映し出す世界だけが、
見る人にとっての世界になっている、という点で非常に影響力がある。
しかし、情報は人がつくるもの。
世界を分析し、テレビが扱わないことを人々に伝える努力を続けてほしい。

-愛ゆえに闘争するのが人間ではないのか

ムヒカ氏 恋人や家族のために闘うのは大切なことだ。
だからといってそれ以外の他人のために何もできないということはない。
私たち夫婦には子どもはいないが、他の子どもたちのために学校をつくり、
育てた。彼らは私たちの子どもだ。


◆軍政に抵抗 投獄4回
ウルグアイはブラジルとアルゼンチンに囲まれた南米の小国。
人口は約340万人で白人が9割を占める。
面積は日本の半分ほどで農業や牧畜業が主要な産業となっている。
2014年の1人当たりの国民総所得(GNI)は1万6360ドル。

スペインや英国、アルゼンチンなどの領有を経て1825年に独立。
1917年に中南米で最も早く議会制民主主義を確立したが、
60年代初期には独裁政権が支配し、
73年には軍部が台頭して議会が閉鎖され、軍政に移行した。

独裁政権に反抗するゲリラ組織に参加していたホセ・ムヒカ氏は
4回も投獄された。最後の投獄は72年から軍政が終わる85年まで
13年間に及んだ。

在留邦人は約340人で、日系企業約20社が現地に進出。
サッカーの強豪国として知られ、ワールドカップ(W杯)では30年の第1回、50年の第4回大会で優勝した。

麻薬密売組織を弱体化させるため、
2013年に国としては世界で初めて大麻の栽培や
売買を合法化する法律を可決した。
 



 

2016年04月09日 (土) | 編集 |
バン!
DSCF5098[1]
 
と呼ぶとこんな表情をするようになりました。
毎晩、添い寝するために先にベッドに行って寝待してるし、
今もこうして私が見える場所でゴロゴロしてる。
DSCF5096[1] 
粘着テープでぐるぐる巻きに蓋をされた段ボール箱に入れられて
施設前に遺棄されてた施設での名前バンこと万里(ばんり)。
殺処分リストに名を連ねていた関東圏の施設からわが家に来て1年8か月…。




2016年04月09日 (土) | 編集 |
 20160408ムヒカ氏御夫妻in京都
ムヒカさんご夫妻は京都滞在中らしいです。

昨日8日に放送された特番…なんであんな切り口でしか彼を語れないんだろうなぁ。
いやしくも一国の大統領だった人で今も政治家なんだから、
ゲストに政治家を参加させてもよかったのに。

Q皆が慎ましく生活すると経済が発展しないと経済学者は言いますが?
ムヒカ氏曰く「経済はなんのためにあるのでしょう?100年前は水に経済は存在しなかった。何故なら水は豊富だったからです。が、今や水は経済だ。この地球上で不足しているからだ。つまり経済とはこの地球上で不足しているものにこそ成り立つ。」

ムヒカ氏曰く「『持てる者、お金持ち』は、もっともっと蓄えを増やしたい、と同時に失うのが怖くなって汚職へ走る。だからお金に執着するものが政治家になるのは危険(まるでパナマ文書そのものだね)非常に危険です。そういった政治家をみると国民は政治を信じなくなります。『結局誰も同じだ』と思うようになる。でもそれは試合を捨ててしまうことです。この絶望感がまさに汚職を可能にしてしまうのです。しかしゆっくりでも人間は少しずつ良くなっていけるのです。ですから皆さん、どうか失望しないでください。」


ムヒカ前大統領は、日本政府が憲法解釈を変更し、他国を武力で守ることを可能にした安全保障関連法の制定について「日本が先走って大きな過ちを犯していると思う」と批判。世界で使われている膨大な軍事費について「貧困の解決に使うべき」と述べた。今夜の特番でもこういう話題に触れてほしかった…ま、ミヤネ屋と池上氏、読売フジサンケイ・グループじゃ無理なんだろうけど。同じフジでも安藤優子さんくらい投入してくれたらもっとまともな内容になったかもしれない。ゲストが芸能人ばかりじゃ…


◎カップヌードルのCM中止「不倫や虚偽擁護」批判受け日清食品:
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016040800941&g=soc 
クレームつけてきた人って芸能人に何を求めてるの?自虐ネタもパロディーもおふざけも何もやれなくなっちゃう世の中。大体、揶揄じゃなく、問題起こしたご本人が出てやってるんだから問題ないでしょ?っていうかさ、一番ムカつくのはスポンサー。完パケOKして放映させといて何をいまさらビビッて中止しちゃうわけ?現場一気にやる気なくすパターンだ。

◎そういえば昨日8日は花祭り。亡父の誕生日。「ハチ」の日。ハチ公は3月8日が命に血なんだけど、ふるさと秋田県大館村はまだ雪深くて慰霊祭ができないので、1か月ずらして4月8日に慰霊祭をすることにしたんだそうな。で、8日は岡田有希子の命日でもある。彼女には私も思い出が。当時、某航空会社の機内音楽の仕事してて、丁度、機内で彼女の新曲が流れ始めた時期に訃報が飛び込んでまいりまして、クライアントからその日に差し替え命令が。連日の徹夜でなんとかやっつけましたけど…

◎TPPも面白いことになってきましたね。委員会の委員長を務める西川公也議員が書いた「TPPの真実」が発売前に急きょ延期になりました。理由は勿論、あの「のり弁バーコード」まっくろクロスケの「機密書類」。外交上トップシークレットになってるから中身は公開できないと黒く塗り潰されたあの文書。なのにTPP担当委員会の委員長は中身を暴露した本を発行しようとしてたって…で、国会ですったもんだの騒ぎになり、なんと昨日の国会じゃ、西川氏がマイクが生きてるのに気が付かず自分が書いたってことを喋っちゃってるのをマイクが拾っちゃって動画で拡散されちゃったって言うのですから笑っちゃいます。野党はどんどん追求して甘利氏も国会招致お願いしますよ。国会審議するのにあんな真黒な文書提出して、それを元に審議しようというんですから。国会=国民を舐めるのにもほどがある。

◎国会=国民を舐めると言えば、安倍さん。とうとう「TPP反対なんて一度たりとも言った覚えがありません」と言っちゃった。野党時代、与党に返り咲くため、公約として「TPP反対」を旗印に選挙を闘い、勝利していますよね。なのに、政権を取った途端にTPP交渉して、挙句の果てには「TPP反対なんて言ってない」ですもの。虚言癖がどうこうって言う域をはるかに超えて、もう病の領域でしょう。政府広報の動画でしっかり残ってるのにも拘らず、言ってませんなんて…大丈夫ですか、安倍さん。

◎海外の首脳級がどんどん職を追いやられている「パナマ文書」。即刻日本政府は国内で調査しないと言った。なぜ?つまりは、誰か大物が名前を連ねているからでしょ?それも政府関係筋。野党だったら喜んで公表して議員辞職に追い込むだろうけど、身内だから調べないんだわ。

クーデター起きないかなぁ、自民党。

私は絶対、選挙で自民党に入れませんよ!

冗談じゃないわよ!!





2016年04月07日 (木) | 編集 |
★2015年10月11日放送
「Mr サンデー拡大スペシャル世界一貧しい大統領」
https://youtu.be/ep-_W7UT9SI @YouTubeさんから

2016/04/03放送
来日直前
 「
Mr サンデー世界で一番貧乏なムヒカ大統領の伝説スピーチ」
https://youtu.be/q2BkKt5PTuw @YouTubeさんから

CfQNOMCWAAIZ_ix.jpg 
2016年4月5日
日本の裏側ウルグアイから
約2日という長時間のフライトを経て、
とうとうあの人が日本の地に降り立ちました!
ホセ・ムヒカ前ウルグアイ大統領。
私の大好きな「ペペ」
2012年、彼の国連での【伝説】のスピーチを知ってからというもの
大好きになりました。憧れの人です。

ムヒカさん来日会見20160406
なぜかわかりませんが、彼のお顔を拝見するだけで
胸が熱くなって自然と涙がこぼれます。
こんな感覚、久々です。

★ムヒカ前大統領「長い歴史持つ日本に興味」/会見1
http://www.nikkansports.com/general/news/1627544.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp @nikkansportsさんから

★ムヒカ前大統領「命ほど大切な物ない」/会見2
http://www.nikkansports.com/general/news/1627545.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp @nikkansportsさんから

★「モノを買うとき人は金で買っているように思うだろう。金を稼ぐために働いた人生という時間で買っているんだよ。買い物をした引き換えに、人生の残り時間がなくなってしまっては元も子もないだろう。簡素に生きていれば人は自由なんだよ」
http://digital.asahi.com/articles/ASJ3X7FSVJ3XUPQJ006.html

DSCF5093[1] 
絵本でも児童書でも構わず、何度も何度も読み返してます。

約1週間の滞在ですが、この間、安倍さんも桝添さんも会見の予定はないようですね。
ロシアの大統領もアメリカの大統領も中国の主席もローマ法王も競って会見を持とうとするのにね。

ムヒカさんも80歳と高齢ですし、こんなチャンス二度とないんだから、
安倍さんも桝添さんも会ってムヒカ哲学の教えを請えばいいのに!

ペペにはこの国はどう映るでしょうか?
なにを感じるでしょうか?
日本をとても愛してくださってるけど、
彼の中の日本はもう姿を消しているんではなかろうか。。。
だからと言って嫌いになってほしくないです。
でも、キッパリ、はっきりと今の日本に対する意見を言ってほしい。
期待してます。
怖いけど、聞きたい。

今日は東京外語大での講演か!
いいなぁ、羨ましい!!

きっとキャンパスには桜の木があるだろうし、
桜の季節も大いに堪能してほしいですね。





2016年04月06日 (水) | 編集 |

風さそふ 花よりもなほ 我はまた 春の名残を いかにとやせん(浅野内匠頭 辞世)

朝イチで病院へ行ってまいりました。病院も桜が満開!
DSCF5036[1] 
DSCF5037[1] 
DSCF5039[1]

病院からの帰宅途中にある馬事公苑までぶらり♪
ツツジのつぼみがかわいい♪
DSCF5042[1] 

公苑の桜も今年が見納め。
DSCF5079[1] 
DSCF5052[1] 
DSCF5055[1] 
DSCF5049[1] 
DSCF5086[1] 

このお花畑や武蔵野の自然林もどうなってしまうことやら。
DSCF5081[1] 
DSCF5076[1] 
DSCF5077[1] 
DSCF5078[1] 
DSCF5066[1] 
DSCF5072[1] 
 DSCF5054[1]

八重桜はまだまだ蕾。
藤棚もまだまだ先のこと。
DSCF5080[1] 

 このまるで造花のような白いお花は
「深山含笑(みやまがんしょう)【モクレン科ミケリア属】」というらしいです。
DSCF5091[1] 

名残惜しいなぁ…このまま変わらずにいてほしいのに…
正面玄関の案内所の方にわかっていることお尋ねしたけど、
「自分たちにもまだ何も知らされていないんですよ。
ただ、来年1月から工事が始まるということしか…わからないです」
と困惑顔。


※世田谷区の災害時ペット防災のことでいつも大変お世話になっている田中優子世田谷区議に調べていただきまして、わかったことだけここでお知らせしますね。

「2020年 東京オリンピック・パラリンピック」の馬術の会場として選ばれているJRA馬事公苑。ここは緑豊かな公苑ですが、区民の方々から、オリンピックのための改修工事で緑はどうなってしまうのか?と心配の声が寄せられています。区の担当に聞いたところ、以下の回答がありました。(あくまでも、区は報告を受けている立場ですが…)

●馬事公苑改修工事については世田谷区は直接関与できず、JRAとオリンピック担当の部署でやりとりをしている。
●世田谷区には「みどり33政策」もあるので、できるだけ緑を残して欲しい旨、伝えている。
●仮にオリンピック時には場所を確保するため緑を伐採してしまったとしても、終わってからしっかり緑を復旧させて欲しいということも要望してある。
●馬事公苑としては、今ある木はかなり枯木となっていて、これを機会に整理したいという想いがある、とのこと。
●今後の改修の進捗状況については、区は報告を受ける立場なので、スケジュールの確認などは難しいが、分かり次第、議会にも報告したいと考えている。

そうなんですよね、オリンピック終了後どうなるのか?が大事な視点だと思います。世田谷区の中心部に位置するJRA馬事公苑ですし、緑の多い場所ですから、世田谷区への影響は大きいです。今より更に緑豊かな公苑となりますように!


区議さんからの報告だけで、どうなってしまうか想像できます。
何度でも言います!
五輪だけのために760人収容規模の現アリーナを14000人収容規模に拡張して、
じゃ、五輪が終わったらどうするつもりですか?
ミニ競馬でもやりますか?!
そんなところにどんなに緑を増やしたって時すでに遅しですよ!
「祭りの後」が一体どうなるのか、想像しただけで胸が締め付けられます。

★関連情報
2016年4月1日付ブログ:野郎猫集団「千太組」
「馬事公苑が壊される!」⇒
 http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1857.html

実は今日、公苑に行ったとき、すでに何本かの桜が伐採されてまして、緑のネットで囲われている木々がかなりあり、もしかするとあの木たちが伐採候補なのかな、と思うと悲しくてかなしくて…みんな見事な古木たち。76年の歴史の生き証人たちだと思います。
DSCF5043[1] 
DSCF5050[1] 
DSCF5044[1]
 DSCF5045[1]
DSCF5046[1] 

武蔵野の自然林にも見慣れぬ赤と黄と青と白のテープが各樹木に貼ってあり、木によってその色の組み合わせが微妙に違ってて、あれもまた不気味です。
DSCF5060[1] 
DSCF5062[1] 
DSCF5057[1] 
DSCF5058[1] 

★まるで宮崎駿の世界を地で行くような出来事が次々と起きて、私はこの国がどこに向かって突き進んでいるか怖くてついていけません。田中区議の報告の中で出てくる「JRAと協議するオリンピック担当部署」ってJOCなのか2020年東京オリンピック・パラリンピックの組織委員会なのか知りませんが、「絶対に一本たりとも伐採しない」と事前に約束していた神宮の樹木を何千本も伐採したり、近隣住民を追い出したり、エンブレム問題や新国立建設や聖火台問題だけじゃなく、大幅な予算増額で都に負担を押し付けたり…その上、事前協議も相談もなく突然に神宮球場を長期にわたって資材置き場として使用するから使用中止せよと無理難題いい出したり…いったい誰のためのオリンピックなんだと言いたいです!馬事公苑も神宮もどこもかしこも…壊されてしまいます!


2016年04月02日 (土) | 編集 |
千太桜2006 
千太1周忌の2006年
千太桜2010 
2010年
千太桜2012 
2012年
千太桜2014 
2014年
千太桜2015 
千太桜2015② 
2015年
そして…
千太桜2016 
2016年

2005年1月9日に脱皮する前日まで、
命の灯が消えようとするその時まで
ほぼ毎日、千太と輸液通院に通った道にひっそりと立っていた桜の木。

脱皮する1年前、
通院から帰る道すがら、
キャリーから出して満開の桜を一緒に楽しんだ。

眩しい春の日差しの中、
枝垂れた枝に咲き誇る花びらに顔を寄せ、
くんくんと香りを嗅いだ千太。

春の光と桜を心行くまで愛おしんだあの時の千太を忘れないため、
その桜を「千太桜」と名付け
毎年の春
必ず会いに行く。

寂しいことだけど
どんどん小さくなっていく…

伐採部がどんどん多くなって痛々しい…

幹に昨年まで見られなかったキノコのような苔のようなものが…
「病巣」なのか…

「保存木」ではあっても病には勝てないよね。
千太が逝って今年で11年。
その頃からしっかり生きていた桜だもの。

年も取るよね。
年を取れば病にもなる。

桜も人も猫も同じ。

そして、いつか…

別れが来るんだ。

自然のサイクル。

時の流れに身を任せ…

ただただ生きて
この世での役割を終え
そして旅立つ。

寂しいけど…

千太桜とあとどれくらいの年月を一緒に重ねていけるのか。

愛おしい日々。

愛おしい時の流れ。

大切にしなきゃね。

45126_978220815603287_5315059077428275489_n.jpg
いつか来る
別れの時まで…




2016年04月01日 (金) | 編集 |
★日刊建設工業新聞 » JRA/馬事公苑整備設計・施工(東京都世田谷区)/大成建設連合体に
https://www.decn.co.jp/?p=56863
★日刊建設工業新聞 » JRA/馬事公苑整備(東京都世田谷区)WTO入札公告/DB方式、12月24日開札
https://www.decn.co.jp/?p=47617
★2020年東京五輪へ 馬事公苑改修
http://www.nikkansports.com/sports/news/1442664.html @nikkansportscomさんから
★JRA馬事公苑からのお知らせ JRA
http://jra.jp/news/201602/020502.html

昨日の「報道ステーション」は古舘伊知郎氏最後の放送でした。
放送中、馬事公苑のことが報道されておりまして、
2020年の東京五輪の馬事競技のため、
公苑の桜も今年で見納め、と。

ドキッとしました。

世田谷区が全面的に2020年の五輪に協力するのは知ってました。

馬事公苑は区の管轄ではなくJRA管轄だということも知ってます。

馬事競技が馬事公苑で行われるのも知ってました。

が、そのために桜が見納めになるなんて知らなかった。

まさか・・・

CHTyU8-UsAAsSDo.jpg  
旧国立競技場のように…数千本の樹木が伐採された、あの競技場のように…

DSCF3004.jpg 
DSCF3016.jpg 
DSCF3009.jpg 
S0223191.jpg
この見事な桜たちが…同じ目に?

まさか、桜だけじゃなく、梅も、藤棚も、武蔵野の自然林も、お花畑も…なにもかも?

日本庭園のハクチョウたちは?

みんななくなっちゃうんですか?


馬事公苑は1940年幻の東京五輪の年に開設され、今年で76年。

私たち世田谷区民の誇りでもある、あの見事な桜たちはどうなってしまうのでしょうか…

報道ステーションでは確かに「桜は見納め」と。

移植するとは言ってませんでしたね。

移植には膨大な資金が必要です。

五輪には莫大な費用をかけるのに。です。

↑の情報参照すると、メーンアリーナだけ見ても760人収容規模のものを

最低でも14000人分の観覧席が必要なものにせねばなりませんから、

桜も藤棚もなにもかも、下手すると僅かに残されている武蔵野の原木林も…

旧国立の大量伐採と同じ憂目に?想像したくないです。

馬事公苑にはそれこそ極一部ですが武蔵野の自然林が残っていて、

一歩入ると空気が違うんです。

静かですしね。

異空間なんですよ。

五輪のため、公苑がどう変化するかわかりませんが、

「祭りの後」のことをどう考えてるんでしょう。

世田谷区民の憩いの場所としての馬事公苑と

五輪競技のための馬事公苑では

到底相容れないですよね。

そして、

後者優先であの美しい桜の木々は…切られてしまうんでしょう。

76年物の古木を伐採して14000人収容のアリーナ建設して、

で、五輪終了後はどうするつもりなんでしょう?




五輪なんか止めちまえ!

★関連情報
世田谷区議さんからお聞きした改修工事に関する情報を記載。
2016年4月6日付ブログ:野郎猫集団「千太組」
「風さそふ」⇒ 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1859.html