薫の野郎猫的日常
2016年03月31日 (木) | 編集 |
【悲報】産経新聞、総理大臣が「この国の最高責任者」だと勘違いしていたことが判明
| BUZZAP!(バザップ!)
http://buzzap.jp/news/20160330-sankei-saikousekininsha/
@BUZZAP_JPさんから

3月29日安保法制施行に伴い、
今月28日と29日、国会前で大勢の国民たちを前に、
SEALSと学者の会が声を上げました。それもあって今日、
「国の最高責任者」がtwitterのトレンド入りして、
SEALSのメンバーである奥田愛基君がひたすらdisられてるんだけど、
三権分立を知らない人ばかりで愕然とする他ない。

そして、私たちがなぜ声を上げているか、
何を訴えているのか、
その理由をほとんどの方が誤解していらっしゃる。

政治に関心を持ってらっしゃる方のブログでも
やはり残念な記述があった。
あぁ、この人でさえ正しく理解してらっしゃらないんだ。

じゃ、安倍政権を支持している人の中にもきっと正しく理解さえしてもらったら
私たちが訴えていることを支持していただける人がいるかもしれないですね。

私たちは憲法違反を犯している安倍政権そのものを糾弾しています。
民主主義を守れ、立憲主義を守れ、と言ってます。
強行採決された違憲
安保法制を廃止しろと言ってます。
集団的自衛権はいらないと言ってます。
憲法護れと言っています。
が、9条だけどうこうとは言ってません。
改憲するなとは言っていません。
必要があればこの国が定める正しい方法に則って行えと言っているのです。

選挙で立法府を選ぶときに立法権を付託しているが、
解釈変更、憲法改正まで自動的に付託している訳ではない。
行政の最高責任者とはいえ自身の一存でそれができると考えるのは間違えだ。

憲法によれば、内閣は国の行政権を行使する機関で総理大臣はその首長と規定。
故に、首相は国の行政機関たる内閣の最高責任者だが、国家全体の最高責任者とは言えない。
内閣という国の行政権の首長、すなわち行政の最高責任者たる内閣総理大臣といえども、
国で定められた”ゲーム”の法則を破れば、独裁者や暴君と呼ばれても仕方がない。

三権分立とは、権力が暴走を防ぐために、立法権、司法権、行政権を分けることです。
総理大臣は行政の長であって、「この国の最高責任者」ではないです。
ていうか三権を含む「この国の最高責任者」なんてつくったら
それもはや民主主義国家じゃないです。(奥田愛基)

奥田愛基@4/24選挙あるよ。 ‏@aki21st  
産経新聞だと三権分立とかなかったことになってるのかな、、、。
しかも国会の最高責任者とかいうリプライもくるし、もう全くよくわからん。
どやって感じでwikiのアドレス送ってくるけど、そのリンクよく読んでから送れよ。
仮に、国会と憲法解釈の最高責任者が総理大臣だったらもう日本は民主主義国家じゃないし、
それはソ連とか中国の国家体制ですよ。
違憲訴訟・最高裁判決も必要ないし、国会の議論も必要なくなる。
変でしょそれ。
総理大臣が立憲主義からの離脱を表明しても問題にならない国
http://youtu.be/G9_lN5S121k 
もう一回貼るのでおれになんかいう人は国会の映像みてから言ってください。
立憲主義を否定する首相が「憲法を解釈するのは私だ」
http://youtu.be/Jfun5C-z0RU 

※野原 結理那 ‏@yurinan90  
国家権力を分立させ相互に牽制しあうのが三権分立。
「国の最高責任者は首相ではない」という奥田さん(@aki21st)の見解は正しい。
そして国会が内閣追従では三権分立が形骸化する。
国民も声を上げていき内閣をしっかり監視できる議員を送り出す事が必要。
その意味で国会前デモは有意義な活動。

安倍さんを最高権力者とするならば、三権分立のわが国において行政権が、
他の立法権や司法権に優先し或いは干渉出来ると言いたいのか!

29日のニュース報道で、安保法制施行に伴う市民インタビューが多く流れていた。
賛否両論の意見を紹介しているが、「賛成」の人たちは安保法制のなんたるかをほぼ理解していない。

昨年の夏、ほとんどの学者が憲法違反だと言った戦争法案を、
あれだけ国会で論議し、紛糾し、夜中に強行採決されたにもかかわらず、
世の国民たちはあれが何を意味し、何を強行採決されたのか、全く理解していないことに愕然とした。

個別的自衛権と集団的自衛権の違いが分かってない。
そして、戦争したい人たちの言葉にうまく乗せられている。

中国が攻めてきたら?
北の将軍様がミサイルを打ってきたら?
アメリカの大統領がトランプになって米軍が撤退したら?
日本の守りはどうするの?
それらすべて、個別的自衛権です。
集団的自衛権とは個別的自衛権=自国防衛、専守防衛ではなく、
他国に派兵し、他国に侵入し、他国に銃を向け戦うことです。
いくら日本人救出のためと言えど、そこは日本でなく他国。
ゲリラなどに襲われれば銃撃戦になります。
自衛隊から戦死者が出るでしょう。
つまり、集団的自衛権を行使すれば自ずから国防は手薄になります。

もう一度言います。
日本の守りは個別的自衛権。
集団的自衛権は他国への派兵です。

※北丸雄二 ‏@quitamarco  3月29日
報道ステーションで街の声を聞いてるけど、安保法制に関して、
みんな自衛は必要だと、まったく別のことを言ってるんだわね。
集団的自衛権と、国家の自衛権とは違う。
その誤解。
明らかにその誤解は、首相の言っていた
「誤解があるので反対される」
という「誤解」とは逆の誤解だ。
国民は賢くならねば!

自民党と公明党の政権与党の発言を聞いて感じるのだが、
今の自民党の何が「痛い」かって、「安保法制は違憲」だと本心では解っているのに、
流れに逆らえず本音を言えずに、唯々諾々と安倍首相に従っているということだ。

同調圧力
全体主義
翼賛会

「国民の命を守って死ぬならそれは大義なんです。
だけど他人の国に行ってけんか売ってその結果死ぬのであれば全く無駄死に。」
twitterで見つけたある自衛官の言葉です。
私の親戚、友人知人にも大勢、自衛官がいます。
自慢になりますが、TVの特集番組などでもよく取り上げられる、
とても優秀な野郎どもなのできっと派兵となったらすぐ海外へ行かされるでしょう。
他人事じゃないです。

自衛隊は警察権しか持ってないです。
軍隊じゃないです。
だから他国で殺人を犯したら誰からも守ってもらえないです。

新たな概念である存立危機自体は自国防衛に限って集団的自衛権を認めたものだが、
日本周辺以外でも米軍や他国軍を後方支援すると、
もはや自国防衛の域を超えた兵站となり、
テロリストだけでなく他国も日本の見方が変わる(田中康夫さん、H28.3.29)

自衛隊員は軍法もないのに集団的自衛権を行使すれば殺人になってしまう。
しかも訓練はすべて参院選の後という話は卑怯であり、
やはりもっと正々堂々としなければ国民に示しがつかない。
後ろめたさがありありだ(田中康夫さん、H28.3.29)

総理は、「丁寧に説明して行く」と約束したはずなのに、秋の国会を開かなかった。
今国会でも野党から質問があっても「決定した安保法制がベストだ」と審議拒否した。

説明の乏しいまま、29日から日本は大きく変わった。
この法律によって集団的自衛権を認めたことで、存立危機事態と認定されれば、
先制攻撃すら可能になってしまう。

【✏国会前抗議スピーチ 緊急書き起こし④】
元レンジャー隊員 井筒さんのスピーチです。
====================
自衛隊員かわいそうです。
例えば、防衛省の職員の生命保険は、戦争と紛争のときには保険が下りないもの。
国内で訓練中は一番いい死に方をして6000万がおりるが、安保法制のもと、
南スーダンで亡くなったら、ケースバイケースとしか書かれていない。
この安保法制による活動は、東日本大震災のときとは違い、大義や後押しもあった活動ではない。
安倍さんはこれがベストだと言ったが、これががベストな法律ですか。
自衛隊員にも憲法が適用されるべきです。
オスプレイを12機購入しようとしてる。
さらに、ミサイルを設置することもやめれば、保育園問題は解決される。
国家予算は毎年1〜2兆円余っていて、それを公共事業にまわしているんですが、
これを社会保障にまわしたら奨学金の問題も解決するんですよ。
いい加減にしろって話なんですね。
少なくとも、自衛隊は戦地での実戦経験ないんですよ。
南スーダンでは、メイドインジャパンの武器がつかわれる。
もしこれでブレイクしたら良いってジブチの半永久基地で民間の企業が入り、
売るために自衛隊が戦闘行動をするなんで、おかしい。
日本は九条があるんだから平和外交で、芽を摘めばいい。
日本はエネルギー自給率も領土の形からしてもも、戦争に向かない。
だったら、もっと世界でいい外交をすべきだ。
税金も自衛隊も生活もお前達の所有物じゃないんだ。

【✏国会前抗議スピーチ 緊急書き起こし③】
途中からですが、自衛隊を長年取材してきたジャーナリスト布施裕仁さんのスピーチです。
======================
安保関連法について、自衛官には詳細な説明はなく、淡々と与えられた任務を遂行しろといわれ、
家族に自衛隊の人がいる人には、もし心配なら弁護士や安保法反対市民団体ではなく、
自衛隊に相談しろと言われるそうです。
しかし、自衛隊は簡単には止めれません。
家のローンやそれで生活をしているからです。
また、ある自衛隊員になぜ自衛隊になったのか、と聞くと、
自衛隊として海外派兵する怖さよりも、就職できない怖さの方が強かった、といいます。
最近は、「国際貢献のため」ではなく「国益追求のため」に自衛隊が使われるようになってしまった。
安倍政権は勝手に自衛隊の意味を変えてしまった。
ある現職の自衛官は、安倍政権に対して怒っていました。
東日本大震災のときは本当に国民をまもるために活動してくれた。
安倍政権からその自衛隊を守ることができるのは私たち国民だけです。
国益のためにだれかが犠牲になることを許せません。
今度の参院選で野党が過半数をとれれば、安保法制の運営を止めることができます。
市民の力で、国政を取り戻しましょう。






2016年03月26日 (土) | 編集 |
※松井計 ‏@matsuikei 
乙武氏の猟色ぶりは決定的に私の趣味に合わない。でも、そういう人の存在まで否定はしない。奥さんが気の毒だという論も、それを言い始めたらうちのかみさんだって別の意味で気の毒だ。だから氏の私生活はどうでもいい。勝手にしてくれ。でもそういう価値観の人に政治家になられるのだけは絶対に困る。決定的に価値観、人生観が異なる人に、自分のテリトリーに侵入してこられると、とても困るわけですね。生活やら人生やらを撹乱されますから。政治家というのは、好むと好まざるとに関わらず、こちらのテリトリーに侵入してくる存在なんですよ。しかも、権力を持って。そりゃ困るわね。彼みたいのでは。

※ネコには都合が多い ‏@TryToFollowMe 
乙武氏については松井計さんの見方に同意するね。彼が個人的にどれだけ女好きだろうと知ったこっちゃない。野暮は言わないよ。それこそ「自己責任」なので、ご自由にどうぞ。だが、彼のような人物が与党政治家で私らの生活に嫌でも関わるのは御免蒙りたいし、税金で食わせるのも阻止したい、てこと。

※松尾貴史「Murder For Two」 ‏@Kitsch_Matsuo  3月22日
Twitterなどで「政治ネタ」を遠慮する人たちがいる。勿論自由だが、全ての人の生活と命と未来に関わる事なのに、無視したり、無関心であったり、それを装ったりする事がポジティブだと錯覚しているのではないか。遠い世界の話ではない。医院、職場、保育園、スーパー、ことごとく関わっている。

※清水 潔 ‏@NOSUKE0607 
若い皆さん。知っておいてください。今の日本が相当におかしくなっていることを。憲法違反の声は無視され、何人もニュースキャスターが降板、国会では放送法違反だの停波だのと声があがる。逆に大臣や与党議員の不祥事は知らん顔で続投。こんなことはこれまで一度も無かった異常事態。本当です。 


後味悪い話がこれでもかというくらいに続いてます。

★乙武氏不倫騒動
★脱走シマウマ
★ベルギーでのテロ
★自民党議員たちの「不適切発言」と問題行動
★安倍政権に苦言を呈するニュースキャスターたちの降板

どれもこれも、スッキリしません。

乙武氏の性癖とか性生活をどうこう言うつもりなぞありません。
言いたくもないし関係ないです。好き勝手してください。
でもね、
これが、私の生活や人生に深くかかわる政治の世界の住人になろうというのであれば、
私は断固反対の声を上げ、なんとしてでも落選するよう、
いやそれ以前に、自民党から公認を受けられないようジタバタしますよ。
だってあまりに世間を舐めきってるように見えるんですもの。
人を小ばかにしたようなあの謝罪の仕方。
まだ公認も受けていないのにすでに政治家のようなあのこじゃれたやり方が嫌いです。
twitterやってる方なら、もしかすると覚えていらっしゃるかもしれないですが、以前、
初めて行ったレストランで受けた対応が気にくわないからと、
乙武氏はtwitterでとても失礼で横暴な書き込みして大炎上したことがあったのですが、
上から目線で傲慢で、あまりにもそれまでのイメージと違ってて、
しばらく戸惑ったのを覚えています。今回のこと、
今回の不倫騒動での言動は、
あのあまりに無作法な乙武氏の態度そのままで、
やっとこさ、あの時のあの非礼な態度が、氏の本質から出ているモノじゃないか
と思えるようになりました。他の方はどう思われるかわかりませんし、それこそ、
どう思おうが各人の勝手です。
でも、私は断固としてあの方の政治家デビューを阻止いたします。

シマウマさん、可哀そうとしか言いようがありません。哀れです。
あのゴルフ場でのことも、もちろん、シマウマのことを全く知らない、
無知な方々による、不適切な捕獲方法が引き起こした必然的な悲劇だと思います。
が、それよりなにより、本当の飼い主である移動動物園、
そして預かった牧場にすべての責任はあります。
あのシマウマがどうやって移動動物園にやってきたかは知りませんが、
人になれるはずもない、そういう遺伝子を持ち合わせない野生動物であるシマウマを
飼いならそうとした傲慢さ。
預かって調教しようとした傲慢さ。
それがすべてです。
傲慢です!
なんでもかんでも自分たち人間の思うがままに動くなんて思うこと自体が不遜です。
シマウマさんの魂が今は安らかで穏やかでありますようにと祈るばかりです。

ベルギーのテロ。
そりゃ、テロリストが悪い。
でもそのテロリストを生み出した先進国が一番悪い。
自国の利権の為、他国に押し入り無差別殺人する戦争をしかけ、
空爆を行い、住む土地を奪い、人生を奪い、文化を奪い、
すべて自分たちが正しいかのように蹂躙する先進国が一番責任を負うべきです。
テロリストを殺害してもこの問題は終わらない。
貧困と差別に苦しむ国の人々の問題を解決しない限り。
どんなに殺しても、また別の国の別な誰かが「仕事」を引き継ぐ。
無間地獄に陥るのみ。
原発へのテロを企てようとしていたとのこと。未遂に終わりましたが、
日本は54基もの原発を持っています。他人事ではないですよ。
昨年の国会で安保法案について論議を交わしている時、
山本太郎氏が原発とテロ攻撃について質問しましたが、
安倍さんはそんなことあるわけないから答えられない、と一切の審議を拒否しました。
が、現実問題、ベルギーでは未遂とは言え、原発が標的になったのですよ。
「テロに屈しない」ということは、
ベルギーやパリでの多発テロのようなことを覚悟せねばならないということです。
それをわかっての言動か、とても不安です
特に安倍政権になって、軍事力強大化を目論み、
安保法制だけじゃなく憲法まで自民党草案にそっくり据替ようとしています。
後藤さん、湯川さんをみすみす見殺しにしたように、
また、人質となったジャーナリストの安田純平さんの解放に向かう動きが見えません。
安倍政権のままだと、私たち国民は見殺しにされてしまうような気がしてきます。
特に、安倍政権に反旗を翻すような動きを見せる者に対しては、
徹底的に叩き潰すような空気さえ感じます。
任官拒否した防衛大学の卒業生を正式な卒業式に参列させないように。
この措置は2014年安倍内閣になってから始まったとのことですよ。
なんでしょうね、この陰湿極まりないやり方は。
任官拒否したっていいじゃないですか?
憲法で保障されている選択の自由でしょう?
本当に安倍さんって言う人はどこまで憲法を蹂躙すれば気が済むのでしょうか?
何様ですか!

「マスコミに金を一銭も入れないようにすれば大人しくなる」
と発言し大炎上した大西英男議員が、
今度は「巫女さんのくせに」「夜の札幌の町に連れて行って説得する」と言って厳重注意。
巫女さんはただ「自民党はあまり好きじゃない」
「だって自民党を支持したら戦争に巻き込まれるから」
と素直に自分の意見を表明しただけなのです。
なのにけしからんと言えるあなたはなに様?と言いたいですね。
この議員は「あんた、発言は子供を産んでからにしろよ」
と壇上に立つ女性議員に性差別発言した過去を持ちます。
また厳重注意だけで済むんでしょうか。
何度注意しても懲りない。
JA職員に暴力をふるった議員もいましたね。
「気心知れてる相手だから暴力とは思ってなかった」と釈明したらしいが、
その気心知れてる相手からクレームが来たんですよ。
最近ほとほとうんざりです。
自民党ってどこまで劣化してしまったのでしょう。
ゲス不倫、金銭収賄、電波停止発言、国会での居眠り、携帯いじり、読書、
原発関連の丸川発言、アメリカの大統領への侮辱とも取れる丸山発言etc.
数えたらきりがない。みんな自民党。
下手すると「リベラル」ということにまで冷笑するという無様な状態。
だって自民党って英語表記は
 Liberal Democratic Party of Japanなんでしょ?(笑)
自分とこの英語表記命のリベラルを馬鹿にするようになっちゃお終いですよ。
もうね、私が頼もしく思ってた頃の自民党はどこを探しても見つかりません。
その証拠に、何やかや問題起こして週刊誌やワイドショーのネタにされ笑われるのって
みんな自民党議員じゃないですか?
一国の首相からしてバカにされてますもんね。
ここまで極右化しちゃったら、
リベラルって言う単語が入った党名ではまずいでしょ。
とっとと党名変更してください。

そんな一強多弱の安倍政権。
安保法制の強行採決を始めとするやりたい放題の安倍さんを
しっかりと問題提起しながら苦言を呈してきたニュースキャスターたちが
次々と降板し、改編後は一人もいなくなってしまう。
古舘さん、岸井さん、国谷さん…
そして彼らとともにコメンテーターとして堂々と発言してきた人たち。
全員4月から夜の報道枠から姿を消すこの危機的状況。
TV局自体が安倍政権に忖度し、委縮し、物言わぬヨイショ番組ばかりになってしまう。
これってもうこの国の終わりって気がしてなりません。
TVで報道番組観ることが楽しみだった私にとって、
悲しいとか寂しいとかいう問題じゃなく、
もっともっと危機的、この国を憂う真っ暗な深い溝に落ちこむような気分です。
救いようがないですよ、この国は。

嫌なご時世になっちゃいましたね。
待機児童問題もですが介護問題も切実ですからね。
長生きしてたって良いことなんもないですよ。
あまり長く生きてたくないです。
猫全員看取ったらさっさとこの世からおさらばしたいです。






2016年03月22日 (火) | 編集 |
※3月16日付日誌で書いた件(http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1852.htmlですが、お一人のプロの写真家の方がご自分の足と目と耳で確認してくださったおかげで、「ケイマフリ」の写真は日中に撮影されたこと、ストロボは使用されていないことがはっきりいたしました。が、残念なことに、今回のことに関して、この作品を見る上で誤解を招くような記述があった選評ですが、16日付の日誌に添付した審査員選評のリンクが削除されており、確認しようにも、どこからも審査員評が読めなくなっています。どうしてそこまでせねばならないのか?証拠隠滅?隠蔽?選評を削除する意味が全く分かりません。というのも、選者の評の記述がすべての騒動の始まりだからです。「ケイマフリ」が夜間撮影=ストロボを焚いたのでは?と疑問を呈した、私を始めとする者たちは、妄想を膨らませたわけでもなんでもありません。プロの写真家と信じた審査委員の選評の内容を信じ、それを元に意見を述べたにすぎないのです。ですから、KS氏が仰るように、後日、主催者から詳しい説明があることを期待いたします。

KS( 写真家)氏のfacebook 
◎まず、問題提起の記述から。

3月16日 17:30 
先ほど見ましたら、最優秀賞受賞者が辞退されたという事です。
よって今回は「最優秀賞」は受賞者なしという事になったそうです。
最終的な受賞者の作品をご覧下さい。実は僕が気になっている作品がもう一点あります。
特選受賞(右一番上)の作品名「ケイマフリ」です。
どうみても夜間の撮影で、驚いて逃げるところをストロボ使って後ろから撮影した様にしか見えません。
皆さんはどう思いますか?
ちなみにこの審査員の選評は、
『夜間の撮影でしょうか?闇夜に足早に駆け出すケイマフリを瞬間に上手く捉えた作品で立派です。』
しかし常識的に考えて、「闇夜に足早に駆け出すケイマフリ…」って、
ようするに「人間に怯えて逃げ出した!」、つまり夜にわざわざ驚かした!! そういうことではないですか? 違いますか???
『上手く捉えた作品で立派です』つまり「夜に怯えさせて逃げるところを後ろからフラッシュ使って上手に撮りましたね!」そういうことの様に思いますが、いかがでしょうか?
この作品が立派だとか?見事だとか??? 理解出来ません。
もし僕が審査員なら、撮影現場を総合的に判断して落選ですね!
もちろん主催者にその旨をきちんと話して了解とります。
またどうしても入賞させたいなら、撮影者ご本人に確認の電話をします。
審査員の選評は「夜間の撮影でしょうか?…」つまり撮影者に確認を取っていないと言う事です。
これは大きな問題です。
もし僕の考えている撮影現場での事が正しければ、「畑に入って撮影する」のと同じで「動物にしてはいけない事」です。審査員はもちろんですが、主催者のスタッフの皆さんも相当意識が低いと言わざるを得ないです。
あくまでも僕の考えですよ、僕が審査員ならそうするという事です。
今これだけ「撮影マナー」が問題視されている時代なんですよ。
プロ写真家、「・・・協会」、カメラ雑誌、もちろんフォトコン主催者も「意識」を高く持つべきです。
少なくとも僕はそう考えています。

このKS氏の記述がなくとも、私も全く同じことを思っていたので、日誌の通り、即刻、主催者宛にメールを送り16日の日誌を書きました。

◎そして、つい先ほど、上記の件に関し、氏のfacebookが更新されました。

3月21日 22時頃 更新

★最終報告を書きます。
今日ここに最後の報告を書かせて頂きます。
少々長くなります、ご了承ください。

実は昨日、「第25回 オホーツクの四季写真コンテスト」の授賞式が現地であった様で、すでに作品も展示されていると知りました。そこで僕は今朝早く美瑛町を出発して片道160km先にある紋別市の展示会場「北海道立オホーツク流氷科学センター」まで日帰りで行って来ました。そして先ほど帰って来たところです。

目的は二つありました。
まず第一に全ての展示作品を自分の眼で観賞・確認する事。
二つ目は、センターの担当スタッフの方達と直接お話させて頂く事です。

そこでまず作品に関してですが、
僕の考えていた通り、一部の作品以外殆ど全ての作品に「撮影データ」が書かれていました。投稿者ご自身が写真の裏に貼った「撮影データ」です。これがあればまず殆どの作品の撮影状況が分かります。もちろん分からない場合もありますが、その時は撮影者ご本人に確認するのが普通でしょう。しかし今回入賞・入選した作品に関しましては、もし僕が審査員なら、撮影状況の理解出来ない作品はありませんでした。

そして今回問題となっている特選入賞の「ケイマフリ」ですが、
結論から申しますと、「昼間に望遠レンズを使って撮影した作品です。」
僕が確認しました、間違いありません。
また僕が確認した後で、スタッフの方より、「撮影者ご本人が仰るには、知床の海上で船の上から撮影されたそうです。」そう言うお話を頂きました。

当然ですが、受賞者の佐藤様にお詫びをしなければいけません。
直接謝罪したかったのですが、センタースタッフの方がお電話して下さいましたら「結構です、その必要ございません…。」と話され、FBはもちろんされていない様でしたので、スタッフの方を通しまして、不快な思いをさせてしまいました事、並びにこのたびの失礼に対して、僕のお詫びの気持ちを伝えて頂きました。
またここにも書かせて頂きます。誠に申し訳ございませんでした。
・・・・・
正直申しまして、プロの審査員が今回の様な判断ミスをするとは考えていませんでした。もちろん難しいケースはありますが、今回はそれには当たらないと思っていました。数名の審査員が集まった場合でも、感性の違いはそれぞれの個性としてあっても、撮影者の技術的な評価の違いはそれほど無いはずです。しかも何か不明な問題があれば撮影者に確認すれば済む事ですから…。

今回僕は展示された「ケイマフリ」の作品を見ながら、撮影状況を想像していました。
陸の上から撮影したと最初は考えていたのですが…どうも違うなーっと、そう思っていましたら、上で書いた様に「海上で船の上から撮影した。」と言う事が分かり納得した次第です。
しかし、夜の撮影だと思う事はありませんでした。なぜか?
それは撮影データが書かれていたからです。
つまりそれを見れば一目瞭然でした。
・・・・・
ここからはとても書き辛い事を書きます。、そしてまずお断りしておきたい事があります。
いずれ「北海道立オホーツク流氷科学センター」の責任者から再度公に何かしらの報告が為されると思います。(スタッフの方がそう話されていました。)
よって僕の立場で書けるのは次に書く事だけです。
また同時に皆様に僕からお願いも書かせて頂きます。

今回、審査員の方が、
『夜間の撮影でしょうか?闇夜に足早に駆け出すケイマフリを瞬間に上手く捉えた作品で立派です。』そう書かれてしまい、僕はこの選評を信じました。相手はプロの審査員ですから当然信じますし、それが普通でしょう。
しかし結果から僕が推測するには、
「おそらく審査員の方は撮影データを良く見なかった、もしくは見間違えた。」その可能性が高いと、僕はそう推測しています。
「そんな事ありえんわ!」そう仰る方もいるでしょうが…。

実は審査員の方は僕の母親よりもご高齢の様です。個人情報なので年齢は知っていても書けませんが、皆様が想像するより遥かに高齢だと思います。
正直に言いまして、もし僕がその歳で、一人で100枚ものプリントを限られた時間の中で審査するならそれは相当に大変で、僕なら「複数の審査員にして下さい!」と頼んだはずです。でも実際はお一人で審査されたようです。
そして結果的に、例の「鯨に乗った青年」の事があり、責任を感じられて北海道写真協会の審査員も辞職されたそうです。またさらに、色々まだまだ連日マスコミの取材を受け書かれており、今回の写真の件で確認したい事があったのですが連絡出来ない状態だそうです。
・・・・・
審査員が自由に判断して選出した事に関しては、何ら法律違反はありませんし、僕はそれ事態が問題だとは思いません。感性や感情、社会背景はまた別な話だと思います。
ただそれを発表する主催者には大きな責任と問題があるはずです。
そして道立だからでしょうか? 予算を削ったのかもしれませんが、超ご高齢の審査員一人だけに全ての審査と責任を背負わせ、尚且つ今もマスコミ等の餌食にさせて、多大な精神的負担を負わせるのはいかがなものでしょうか?
すでに十分過ぎる以上の社会的制裁を受けられていると思います。

そこで皆様にお願いです。
この件は今回にて終わりにさせて下さい。
上で書きました様に、近いうちに「北海道立オホーツク流氷科学センター」の責任者から何かしらの報告が為されると思いますので。

また最後になりましたが、
センターの担当スタッフの方達に対して、僕はとても良い印象を持ちました。
皆様がここに書いて下さったご意見・コメントもきちんと読まれており、「色々反省しなければいけない点が分かりました。今後は皆様のご意見を来年以降のコンテストに必ず活かします。ご意見頂きましてありがとうございました!」
その様に話されていました。

以上で僕の報告は終わりますが、担当者のスタッフと相談致しまして、一週間ほどこのスレッドは残しておきますが、その後は削除させて頂きます。
どうかご了承くださいませ。
色々ご意見をお寄せ頂きましてありがとうございました!

以上です。

★主催者のfacebookは炎上。脅迫じみたものまで書かれていて異常な空気が漂っております。
オホーツクの大自然や大らかな雰囲気とは相反する生臭さ。

「征服」だけじゃなく「ケイマフリ」に関しても喧々諤々。

そして、KS氏のfacebookもまた様々な意見が乱れ飛び大炎上。
「◎◎さんに謝れ」とか、謝罪を求める相手を間違っていませんか?
なんで?
ただ素直に疑問に思ったことを書いただけで、それも氏ご自身のfacebookで書かれただけなのに、なぜ大炎上せねばならないのか理解に苦しみます。それこそ、他人の家に土足で踏み込んで勝手に他人のごはんや酒を飲み食いして大暴れしているようにしか見えない。

説明責任があるのは誰でもない。
主催者と審査委員です。
彼らが明確な説明を避けている限り、無用で不毛な炎上騒ぎは収まらないと思いますよ。

どうしてこうもお役所仕事は動きがノロいんだろう。
幾つ印鑑を押せば次の段階に移れるのだろう?

SNSを見る限り、主催者への問い合わせはひっきりなしで職員の皆さんは対応に追われていると思うし、投稿者も選者も主催者も、あれからきっと大変な思いをされていると思うので、もうこれ以上、センターへのメールや問い合わせは控えたいと思います。

もうこれで終わり。


しかし…いくらなんでも、facebookに連なる悪口雑言、目を覆いたくなるような罵詈雑言、相手かまわずの難癖、揚げ足取りの数々には閉口。
これにて一件落着といかない・・・何とも後味の悪い出来事でした。

どうも最近、この国全体がおかしくなりつつありますよ。
不安どころじゃなく、とてつもない恐怖さえ感じます。





2016年03月19日 (土) | 編集 |

昨夜の報道ステーション、独ワイマール憲法の教訓の特集。
ヒトラーが世界的に優秀なワイマール憲法を遵守しながら、
「合法的なやり方」で独裁者になっていく経緯に、
心底ゾッとした。

経済的不安な状況を巧みにに利用し、
保守層と経済界の強力な後押しを得て、
平和と安全の為、
強靭な国を取り戻す、
この道しかない、
と、どこかで聞き覚えがあるフレーズを
口にして民衆を煽るヒトラー、
これも我が国の現首相と酷似していて
益々ゾッした。

そして一番背筋が凍ったのは、
どんどん独裁化していく我が国、
そして、独裁国家や政府に対抗した勢力である
野党や活動家たちに何をしたか、
地獄絵図…
その何もかもを国民は本当は全部知っていた、
が、見てみぬふりして声を上げず
知らないふりをした。

番組中、
古舘氏は一言も日本という言葉を発しませんでした。
が、この特集を観たこの国に住む私たちは、
この国とあまりに酷似していることに絶句しました。

※ご覧になっていらっしゃらない方は是非、一度ご覧下さい。
今月いっぱいで降板する古舘氏とそのスタッフの渾身のリポートです。

「昨夜の特集、古舘氏とスタッフたちの渾身の一作となりましたね。
あの特集は、この国の民として、主権者として、観ておくべきものだと思います。
当時のドイツ国民のように観てみぬふりして、
国や政府に独裁への道を歩ませてしまわぬよう、
声を上げ続けなければと気持ちを新たにいたしました。
勇気をもらいました!
ありがとうございました。」(放送終了後すぐ、番組宛に送信した私のコメントです)

3.18報道ステーション ワイマール憲法編
⇒20160323:今日気が付いたのですが、
記事を書いた時に貼りつけていた動画は削除されてしまいましたので、
急きょ、別の方の動画をお借りしてまいりました。
上も下も基本同じものですが、
また、いつ何時また削除されるかわかりませんので、
念のため、両方ともここに貼っておきます。







2016年03月16日 (水) | 編集 |

北海道立オホーツク流氷科学センター様
 
こんにちは。
はじめまして。
 
突然のメールお許しください。
私、東京都世田谷区在住の薫@千太組と申します。
 
連日連夜、今回の件で対応されていらっしゃるとお察しし、
お電話やファックスでのご連絡は避けさせていただきました。
 
今回の写真コンクールで、「征服」だけがクローズアップされており、
他の作品、とくに特選「ケイマフリ」へ目が行かない状態になっている
と思います。
 
夜間、逃げ回るケイマフリの後ろ姿。
あの鳥の写真ですが、野生動物だし、
夜間にストロボ焚いて逃げ回ってる後ろ姿を写してるとしか思えません。
それのどこが「オホーツクの四季」なのでしょうか?
クジラとケイマフリ、どちらとも動物愛護法、自然動物保護に抵触しないのでしょうか?
 
野生動物に、夜間、ストロボを焚いて撮影するということは、
写真家のマナー、常識としてOKなことなんでしょうか?
 
猫にだってストロボを焚かない私としては理解不能なのですが。
 
プロの写真家だと思われる審査委員のコメントからは
私の疑問や危惧に対する答えが読み取れなかったものですから、
大変失礼ながらメールにて問い合わせさせていただきました。
 
「オホーツクの四季」という枠にはまらない作品が上位入選していることに疑問はありますが、
それよりなにより、受賞辞退された最優秀賞の「征服」と
特選の「ケイマフリ」は動物愛護、野生動物保護の観点から、
どうしても無視できない問題点が顕在しており、このまま観てみぬふりはできないと思いました。
 
ご多忙中申し訳ございません。
どうぞこの件に関し精査およびご一考していただけますよう、切にお願い申し上げます。
 
東京都世田谷区在住
薫@千太組 拝




どうしても直接、主催者に問い合わせのメールをしたくなりました。
返事は期待してません。

関係者の皆さんに気づいてほしかった。
なにがどうだから問題なのか。

TVとかネット配信のニュース観てると、
関係者の口から出てくることが全く的外れなことばかりなので。
なんだか問題の本質が見えてらっしゃらないように思えて。



事の始まりは・・・
★クジラ死骸上でガッツポーズ 写真コン最優秀作品に批判
http://www.asahi.com/articles/ASJ3H5SJ4J3HIIPE01G.html
やっぱりこの国って自然とか命に対する感覚がおかしくなってるとしか思いようがないニュースです。
「征服」というタイトルからしておかしいでしょ?
波打ち際に打ち上げられているのに「生きてると思った」という女性審査員もおかしい。
生きてたらこんな場所にいねぇだろ!
それにもし生きてたら瀕死の状態なんだから、もっと問題ですよね?
で、この写真、食品の中に寝そべったり、
キッチンの食器洗いの流しの中で体洗ったりする姿を
twitter上に流し大炎上するバカッターとどこが違うの?
そんな低レベルの写真をグランプリにしちゃう審査委員たちも同罪です。


★「オホーツクの四季」写真コンクール受賞作品のその後。
https://www.facebook.com/giza.ryuhyo/
大炎上の末、
クジラの死骸に乗った人間を写した「征服」は最優秀賞取り消しとなりました。
受賞者はこの作品について全く語ることなく退きました。
いや、厳密に言えば退かされた。
いいのですか、このままで?
異論反論なしですか?
批判されるまま、一言の主張もしないままで。
じゃあの写真は、そんな薄っぺらな気持ちで撮ったのですか?
審査委員も自分に何の非もないような言いぐさで逃げ腰だし、
主催者も全く自分たちには関係ないような顔をしてるし。
作者も審査委員も主催者も全く持って無責任!
誰からもこの作品に対しての想いや情熱や愛情が感じられない。

なんとも気まずく、やり場のない怒りを残す結果となりました。

主催者って普段はクリオネの研究しているようなところなんでしょ?
だったら自然への感性は人一倍持ってる方々のはずなのに。
いくら審査とか運営を第三者に任せてるとは言え、感性はあるでしょ?
どうしちゃったの?


http://www.giza-ryuhyo.com/inframnews/sinnsakekka.jpg 
受賞作品。このページの各写真をクリックすると拡大されます。

選者の選評も(;´д`)トホホだし・・・ 
http://giza-ryuhyo.com/inframnews/25sinnsakekka.pdf⇒いつかは不明ですが人知れず削除されております!


★2016年3月17日追記
※物議を醸すクジラの死骸写真 応募者に撮影した意図を聞いた(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160316-00010000-bfj-soci … #Yahooニュース 
やっとこの作品の撮影者の声が入ってきた。が、やっぱり…こんなもんだったか。
最初っから何のメッセージ性もなかったってことか。
だから出品者もさっさと取り下げたんだ。
作品に何の思い入れもこだわりもなかったってことだね。
なのに辞退したとはいえ最優秀賞取っちゃって。
やっぱりこれって審査委員が一番悪いのかな?
センター副所長という人がTVのインタビューで「応募の時から命の尊厳とかいうことを
明確に提示しておけばこんなことには云々」「自分たちが一番悪い」、と言ってたが、
違うでしょ?どんなに言っても理解しない人はいるし、出品してくるでしょ?
でも、どんな変な作品が来ても選ばなきゃいいことでしょ?
フィルターの役割するのは選者じゃないんですか?
そのための審査委員でしょ?
なのにこの審査委員、講評、選評でわかるように、
全くセンスがないというか、写真家としての素質に疑問アリというか。
今回のことはそこが一番の問題点じゃないでしょうか?
主催者には変なところで猛省しないで、選者選びをもっと力入れてほしいですね。
できれば単独ではなく、複数人の審査委員で喧々諤々やってほしい。
今回、審査委員の質もですが、1人しか選者がいなかったことも大問題だと思うぞ。

※北海道知事「配慮欠けた審査」 クジラ死骸でポーズに賞 | 2016/3/16 - 共同通信 47NEWS
http://this.kiji.is/82771405973538297

北海道の高橋知事、まるで他人事。北海道知事賞っていうのは…名義貸しか?
北海道、オホーツクの評判をこんなに下げてしまって。
もっとしっかりしてほしいです。



2016年03月12日 (土) | 編集 |
一体今年はどうしたっていうんだ?

なんでこうも次々に大好きなミュージシャンばかり旅立ってしまうんだ?

まだ3月だよ?

一体何人のミュージシャンの訃報を聞いた?

あまりに多すぎてもうわけわかんない!!

※Keith Emerson of Emerson, Lake & Palmer Dead at 71 of Suicide
http://www.billboard.com/articles/news/7127455/keith-emerson-dead-emerson-lake-palmer @billboard

ELPメンバー、キース・エマーソン死す!

それも拳銃での自死。

死因はバンドメンバーの公式facebookでは家族の気持ちを慮って伏せられている。

が、

向こうのゴシップメディア発表によるとどうも神経性の障害(後退性神経疾患)で右手の2本の指が動かず、最近はうつ状態だったそうだ。この類の病気は進行性らしいので、先行きの不安から死を選んだのではないか、というのだが…真実はキースしかわからないからね。

4月に来日公演が決まってたんだよ。

そのプロモーションで今月21日には来日する予定もあったんだ。

なのに…

あ、ごめん!
このPVって本家本元のELPじゃないの。
バンド名はELPなんだけどね。
ドラマーが違うの。
エマーソン、レイク&パウエル
略してELP
個人的にこのナンバーが大好きなの。
そして、なによりドラムのコージー・パウエル❤
彼がもうたまらなく好きなんです!


で、こちらがキース率いるバンドの「タッチ・アンド・ゴー」


私に「プログレッシブ・ロック」って面白いんだ、って教えてくれたバンド

エマーソン、レイク&パーマー

略してELP

ビジュアル的にも当時の女性たちを虜にした。

個人的には青池保子「イブの息子たち」

あの頃の女流漫画家ってなにかというと国内外のアーティストをモチーフに作品を発表してたからね。

「イブの~」に登場する主要キャラはELPメンバー。

キースはヒースと名を変え登場する。

イブの息子たち ヒースはキースエマーソン
かっこよかったなぁ。
で、女の子たちが言ってる「舞台上で云々」という下り、
あれ本当のこと。

キースはステージ上でピアノごと宙に浮かんでクルクル回るんだよ。
その証拠がこれ!


女の子たちが騒いでたのはまさにこれ!
舞台上でピアノひっくり返しぃの、ナイフ突き刺しぃの
逆サイドから弾きまくりぃの、やりたい放題の「ワイルドな」キース。





プログレって
音楽も1曲の演奏時間が異常に長くて
クラシックのテイスト満点で
理論的で
理屈っぽくて
リラックスして聴けないイメージが強かったんだけど、
彼らが発表した「展覧会の絵」は画期的だったなぁ。
目から鱗だった。

とっつきやすかった。

寝そべってでも聴ける感じだった。

それからは率先して聴くようになった。

ただねぇ、
曲が長いからラジオじゃ途中まででフェイドアウトされちゃうし
シングルだと尺を短く編集されたものしか聴けないし
かといってLPは高くて手が出せないし…
あの頃はまだレンタルレコード屋なんてなかった時代だもの。

LP買うお金があってもカーペンターズのために使ってたし。

だから友人のお兄さんやお姉さんが買ったレコードを
お宅にお邪魔して聴かせてもらうか
拝み倒して借りてきて聴くらいしかできなかった。
借りちゃうと傷つけるの怖いから恐る恐る。
1回だけ聴いたらすぐ返却してたっけ。

NHKでたまに洋楽の番組を放送してたけど
どうだっけかなぁ。
プログレはやってたっけ?
覚えてない。

あの頃はまだPVとかない時代だったけど
「フィルムコンサート」はあったから
カーペンターズとかアバとかクイーンとかビートルズは
熊本でも大手百貨店の催事場で彼らのビジュアル&音楽を
同時に楽しむことができたけど
プログレはねぇ・・・

東京あたりだったら、もしかしたら自主映画館貸し切って
フィルムコンサート開催してたかもね。

だからELPを始めとするプログレをじっくり本格的に聴き始めたのは
大学進学のため東京に来てからだ。

ピンクフロイド、イエス、キンクリ、ユーライアヒープ、ジェネシスetc.

近所のレンタルレコードで全アルバム借りて
当時持ってたコンポステレオで
聴きながらカセットテープに録音してた。

キースは日本通で
ELPとしてもソロのバンドとしても何度も来日してるし
CdWACEiUEAEUKot.jpg
映画「幻魔大戦」や「ゴジラ・ファイナルウォーズ」の映画音楽を担当した。

(「幻魔大戦」には忘れられない思い出がある。たまたま誕生日と重なっただけなのだが、仕事でこの映画の試写を観た後、帰社したら「お預かりものあり」と日比谷花壇から伝言があったので配達を頼むと、当時、某映画配給会社の日本支社長をしていた友人からで、私の年と同じ本数のバラの花束だった。それから数年後、偶然にも転職先が、配給会社を辞め某映画会社の本社幹部となっていたその友人が勤める外資系だった。喜んだのも束の間。しばらくして彼はキースと同じ方法で自宅で自死した。なんだかなぁ・・・・「今は昔」ってな感じの心境ですなぁ・・・)

ELPの作品「タルカス」の中の1曲を日本人が編曲し
NHK大河ドラマ「平清盛」の挿入曲として使用されたこともあった。
毎週日曜日に大河のクレジットにキースの名前を見るだけでも嬉しかったなぁ。

2011年3月11日に発生した東日本大震災の時も
わざわざ追悼と支援の気持ちを込めたオリジナル曲と
励ましのメッセージを届けてくれました。

それがこの曲です。


メッセージ日本語訳バージョンがこちら


キース・エマーソン
日本を愛してくれた優しい人でした。

あなたとこんな別れ方をするなんて思ってもみなかったけど…

なにを言っても愚痴になるし、
あなたを苦しめ傷つけるだけのように思えるので…

今日は一日中

あなたの音楽を聴いて過ごします。


あなたの心が安らかでありますように。

CdU94rWW8AAllST.jpg   






2016年03月11日 (金) | 編集 |
1c9b9e90.jpg  
122.jpg
  
覚えてますか?
2011年3月11日の大津波の中
屋根犬20110402午後5時 
漂流22日目に保護された「屋根犬」のこと。
o0333050011141395513.jpg 
2011年4月1日付の拙ブログでも書いたことがあります。
「311 pet rescue Part2(追記あり) 」
⇒ 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1145.html

保護されてすぐ、4月4日に飼い主さんと喜びの再会を果たし、
「バン」という2歳の女の子だということもわかり、
5年経った今でも幸せに暮らしていると思ってました。

が・・・

※宮城
ありがとう心の支え 津波「漂流犬」天国へ
河北新報 2015年11月02日 月曜日
http://sp.kahoku.co.jp/tohokunews/201511/20151102_13013.html

1昨年の2014年1月、亡くなってました。

それも事故で…

津波からの生還の時2歳だったから、

亡くなった時は5歳にもなっていない頃。

死ぬには若すぎる!


これから書くことで
もし気分を悪くしたらごめんなさい。

でも私はこの記事を読んでしまったことを悔いました。

読むんじゃなかった。

だって…

嫌なんだもん、この記事!

美談にしちゃいかんだろ!

img_2.jpg 
1343-1cb3e0a7-a1d2-47bf-b0d7-2a779fcf220e.jpg
「屋根犬」として当時、全国波で毎日報道され続けた、この子。
※【動画】海上ガレキ漂流後奇跡生還犬:「飼い主と再会できたバンちゃん」
https://youtu.be/ZZaMbI1WVSY @YouTubeさんから
o0384021611145490330.jpg
神様から守られて飼い主の元へ帰ってきたのに
※【動画】3週間漂流犬飼い主と再会。 https://youtu.be/YxZQBU_-Mi4 @YouTubeさんから

再会の時、最上級の愛情を示していたバン。

なのに、そのバンが無残な最期を迎えたというのにまるで他人事のような言い草。

お前のせいでバンは死んだんだよ!

お前が適切な飼い方してないから!!


この犬は飼い主から殺されたようなものですよ。

外で放し飼いしてたんでしょ?

たとえ復興事業の車両が昼夜構わずひっきりなしに通る道沿いにお宅があるとしても

リードなしの放し飼いでなきゃこんな事故には遭わないものね。


この飼い主には二度と動物は飼ってほしくない(もう次の子飼い始めたようですが)。

せめて今度こそ、行政主導で講習か何か強制的に受けてもらって、適切な飼養方法をしっかり学んでいただいた上で、次の犬を飼っていただきたかったですね。

でなきゃまた同じ間違いを繰り返すだけじゃないですか。

こんな飼い主じゃ、バンがあんな不幸な亡くなり方したのに
その後たった1年で飼われることになった柴犬だってバンと同じ目に遭わせてしまう危険性大ですよ。

たとえ寂しかろうと(該当記事はすでに消えてたけど、新しい犬を飼った理由は寂しかったから!)
バンをあんなひどい目に遭わせておいてよくもまぁたった1年で別の犬を飼おうと思えるね。

それもその柴犬、ペットショップで買った1歳弱のまだ子犬らしい!


※東日本大震災で助かった奇跡の「漂流犬」亡くなっていた 
「民家の屋上」で救助された3年後に事故、ネット上で哀悼の声
http://www.j-cast.com/2015/11/02249623.html @jcast_newsさんから

やっぱり放し飼い!!

たとえ震災時に奇跡的に助かったのは鎖に繋いでなかったからだとしても、今度は震災前のような穏やかな自然たっぷりの平穏な頃と違って、復興のためお宅の前を大型車両がひっきりなしに通る環境に変化してるんだからさ、ちょっと考えたら以前と同じ飼い方したら、バンにとってどんな危険なことが起きるかわかりそうなもんでしょ?

折角神様から助けてもらった命なのに
奇跡的に助かった命なのに
あんなに再会を喜んでたのに

せめて生体販売から買った柴犬の子犬が、
バンの分までしっかり長生きして、ご長寿で、天寿を全うできますようにと祈ります。


 検索かけて関連記事を読み漁り、詳細が明らかになるにつれ、この飼い主に益々怒りがこみあげてくる!

全く懲りてないよ、この飼い主!

なのになんで美談に仕立て上げられちゃうの?

どうすればこれが美談になるの?

この国がこんなだから殺処分はなくならないし、

この国に成熟した動物愛護精神は育たないと思います。

今日は、今日だけは静かに穏やかな心で祈りの気持ちでいたかったのに…

あぁ…気分悪い!


※別の参照記事
【訃報】未曾有の大災害 東日本大震災を生き抜いた『漂流犬・バンちゃん』復興事業関連の車両にはねられ・・・・(涙)【事故】 - 『徒然と』・・・道楽 http://blog.livedoor.jp/dourakukousuke/archives/1094278.html


種は違えどうちにも同じ名前の猫がいるんでね
他人事とは思えなくって。

だからね、あまりに悲しい最期だったから私、バンのためにお話を書きました。
だってこのままじゃ、あまりにバンが可愛そう過ぎる!!

「バンに捧ぐ」

バンはね、本当はね津波に呑まれてあの時もう死んでたの。
だけど、死ぬ間際、朦朧とした意識の中で必死に神様にお願いをしたの。
「神様、お願いです。このまま死にたくない。もう一度だけ飼い主に会わせてください。」
神様もバンを可哀そうだと思し召し、願いを聞き届けてくれました。
一つ条件付きで。
「バン、お前はすでに死んでおる。だから長くこの地上にはおられぬぞ。
そして、この世を去ったものが再度死ぬのだから、それなりの別れ方をせねばならぬ。
今より辛く苦しい思いをせねばならぬがそれでも良いか?」
バンは神様からの条件を飲みました。
そして再び期限付きの命をもらってあのがれきの上に立ち、助けを待ったのです。
だからこそ私たちが首をかしげ、奇跡と呼ぶほど傷一つなく、あんなに元気だったのですよ。
そのあとのことは報道で伝えられた通り。
バンは飼い主夫婦とともに幸せな暮らしを取り戻しました。
が、その幸せは長くは続かなかった。
もちろんそれは神様との約束通り。
飼い主は無意識のうちにバンを震災前と同じ放し飼いにしました。
バンを取り巻く環境が以前と全く違い、
どんなに家の前を昼夜問わず大型車の往来が激しくても。
それは神様が彼らにさせたこと。
「バン、時は満ちた。別れの時だ。」
バンは夜中、飼い主夫婦が眠りについたのを確認し、
柵を超え道路に出て、
近づいてくる車の前に身を投げ出しました。
これもまた神様との約束通り。
津波に呑まれて息絶えたときよりも苦痛を伴う最期。
でもバンは幸せでした。
だって願いが叶ってもう一度、愛する飼い主と再会し、共に暮らせたんですもの。
それがどんなに短い間であっても。
再び巡り会って3年も暮せなかったけど。
この歳月は「おまけ」でしかなかったけど。
でもバンは幸せでした。
こんなつらい最期でも、バンは幸せでした。
今もバンは虹の橋のたもとで幸せそう。
飼い主とまた再会するまで
バンはいい子で待ってます。

candle01.jpg
バン、安らかに❤






2016年03月11日 (金) | 編集 |

福島出身の全員歯科医師Greeeen、リーダーのhideさん。
歯科医として身元確認に従事した時のニュースです。

補足ですが番組では検死という言葉を使っていますが、これは誤用で、
もし使用するとしたら「検視」をされていたという表現が当てはまります。
歯形で身元確認を特定するという作業をしておられましたから。
マスコミには今年が5年を迎えるのを節目として応じられたそうです。

「あの時を忘れない」

「あの時を風化させない」

「あの時、
ご自身の被爆など全く気にせず
ご遺体をご家族に会わせたい一心で活動していた
警察官、自衛隊、消防団のことを忘れない」

そんな気持ちで取材に応じたHIDEさん。

言葉が出ません。

言葉はいらない。

1440_900_20100413124004314218.jpg
今年もまたキャンドルを灯して静かに祈ります。



2016年03月09日 (水) | 編集 |
テレメンタリー2016 その時テレビは逃げた 黙殺されたSOS 3月7日
https://youtu.be/Hz3Y5Zb93Zc  @YouTubeさんから



311が近づくと各局特別番組を揃って放送し始める。
年を追うごとに徐々にではあるけれど深く掘り下げ、
これまで固く口を閉ざしてきたことを語り始めたような…
徐々にではあるが明らかにし始めた内容のモノが増えてきたような…

そして
今年もまた…

7日のTV朝日夜中2時過ぎから放送されたドキュメンタリーがなかなか見応えがあった。



津田大介
‏@tsuda 
昨日の深夜テレ朝系列でやってた311直後の原発報道の自己検証番組が良かった。
当時はテレ朝に限らず全国紙も在京キー局も60~80kmの基準作って記者立ち入らせなかったし、それを国民に知らせず黙っていた
http://npx.me/g7te/Biex  #NewsPicks


このドキュメンタリーを観て違和感が。
放送ではすべてのテレビが圏内から出てしまったように伝えてますが。

薫@千太組:今でも覚えてます。
あの時、テレビが逃げた後、唯一、区域内に入ってカメラを回し続けたのが山路徹(@yamajitoru )氏率いるAPF通信でしたね。

‏@yamajitoru 山路 徹氏からのレス
英BBC、米ABC、仏2ほか海外メディアにしか映像配信出来ず辛かったです。
コンプライアンスや安全基準などの問題で日本のメディアには放送してもらえませんでしたからね。
〈コンプライアンス〉と〈報道の使命〉は時に対極です。

薫@千太組:視聴者の一人として本当にジレンマの日々でした。
BSニュース、それも早朝のみの放送でAPFの画像を観た時は何とも言えない感情が迸ったのを覚えています。
「今」の圏内の様子を垣間見ることができて、興奮してSNSで情報を流しました。

‏@yamajitoru 山路 徹氏からのレス
覚えている人がいるだけでも、本当に頑張った甲斐がありました。感謝

薫@千太組:こちらこそ、ありがとうございました。そして今も、これからもずっと、ありがとう!



※この番組を観たある方の書いたブログ記事:THE MUSIC PLANT 日記: テレビ朝日「その時「テレビ」は逃げた〜黙殺されたSOS〜」を観ました
http://themusicplant.blogspot.com/2016/03/sos.html?spref=tw


※今も増え続ける「災害関連死」:首つったおやじ、無駄死にさせたくねえ 福島の農家
:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ2N0Q9QJ2KUPQJ00K.html

この農家さんは8日放送のTBS「News23」内の特集で取材を受けた
「震災後、農業を営む男性が自殺、将来を悲観してのこと.
オヤジは言っていた
『ほら見ろ、俺の言ったとおりになった、
人が作ったものは必ず壊れるんだ、
福島の農業はもう終わりだ、
俺はお前(息子)を間違った道に進めてしまった』
父の最後の言葉だった。
「原発再稼働?原発のどこがクリーンで安全なエネルギーなんだ?
バカでねーの!?この国は。情けない国だなぁ!!
誰かが声を上げ続けなきゃ、この国はまた同じ過ちを繰り返す。」
「5年経って怒りだけです、こみ上げてくるのは」
「声を上げ続けるのが俺に課せられた親父からの宿題、
宿命みたいなもんだと思ってます」


猫友さんと同郷のキャベツ農家さんの自死。
衝撃的でした。
原発事故で自死を選んだ農家さんや酪農家の方、
その後は仮設住宅での自死や孤独死…
後を絶たない。

テレビが一斉に逃げ出したあの土地は
今も苦しみと怒りと悲しみを増幅させている。

人も犬も猫も野生動物も木々も草も花も
出口が見えなくて苦しんでる。

いつまで続くの?
いつになったら収束するの?

復旧なしじゃ復興なんて夢のまた夢。

祈るしかできません。
声を上げるしかできません。
見守ることしかできません。

189_wada.jpg  
(作:和田誠)
またあの季節が巡ってまいります。





2016年03月06日 (日) | 編集 |
保育園落ちた:ブログに共感、国会前で抗議集会
- 毎日新聞 mainichi.jp/graphs/20160305/hpj/00m/040/003000g/6
‪#‎保育園落ちたの私だ‬
国会での安倍さんの冷笑系&無責任発言もだけど、周囲の議員たちの下品なヤジには吐き気がした。その野次を聴いた方がtwitterで呼びかけたその数時間後に20人もの方が国会前に集まった。その翌日は数倍の数の人々が集まった。子どもを預ける保育園がないっていうの、個人的な問題だと思ってたけど、ちがったよね。政治の問題だ。安倍首相よ、待機児童や何のために労働しているかわからない両親たちは確かに実在しているのだ。国会で野次った議員たちは名乗り出てください!

※高齢者サポート:ライフ協会、全事業譲渡で調印
http://mainichi.jp/articles/20160304/k00/00m/040/051000c
私も候補生だが独居老人に身元保証人を求めるのは本当に酷だよ。
ナントカならないかしらね?私も今からこの問題をどうするか考えておかなきゃ。
ま、最後は「金目」で解決するしかないのだろう。私は一人っ子だし従妹たちとは疎遠だし、たとえ兄弟姉妹がいたとしても保証人=連帯保証人の役目も担うから金銭絡んでくるじゃない?だからこっちにそれなりの蓄えがないとお願いできないよね。

と、思ってたら…

※介護施設の入所拒否是正を 厚労省、保証人を要件とせず | 2016/3/5 - 共同通信 47NEWS http://this.kiji.is/78783398052462596
お役所が介入しても強制力なければ結局は末端の現場の裁量でどうにでもなるよね。

ま、独り身で一人っ子で近場に親戚がいない私のような者は、いつ急変するかわからないし、そこの介護職が一番苦労するから、介護施設には入所しないでくれ、ということですな。

しっかし、母の施設を含め、介護職の技術力や心意気が年々劣化してるなぁ。うちは持ち家だから追い出される心配ないし、どんな状態になろうと在宅のまま最期を迎えた方がいいかもな。

※Reading:日本医師会が「かかりつけ医」認定制度開始へ NHKニュース  
http://nhk.jp/N4O24NPV
在宅介護に向けて準備中?

読んでて気持ちよくて元気貰うようなツイもたくさんあるけど、今朝もTLで流れてきたけど、低賃金だから~の尺で仕事内容や技術の鍛錬、成長を「自主規制」してる介護職が世の中にごまんといるとして、福祉財源は枯渇していくばかりだし、じゃ、介護職も能力で格差をってことになってお客様&ご家族の人気度とかで給料の格差が生まれるようになったら途端に困るよね。本当に!自分が逆の立場だったらどう感じるか。想像力が乏しい人が多くなってる気がします。なにやるにしても想像力は重要!

あと、どっち向いて介護してるのか?母の施設でも入所者さんの為じゃなく、施設の運営経営方針(それもその時々の担当者によってコロコロ変わる)、そして職員の技術能力(これまた担当者の異動退職のたびコロコロ変わる)を考えての「介護」であるため、サービスに↑↓ムラがあり、「籤運が悪いと」入所者の心身の痛みに鈍感で魂消ます。

私も同業者だし、尚且つ、介護家族だし、成年後見人だから余計に感じるのかもしれませんが、「あの人と同じ給料ってのが悔しい」って思う介護職に方々少なからずうらっしゃいます。で、面白いことにそういう方の口から「給料が~」「私頭悪いから~」などネガティヴな言葉が出てきます。仕事できる人からは聞いたことありません。ま、てきぱき仕事をこなしてるとそんなこと考えてる暇ないですけどね、普通。それに上見てるから、もっと、もっとで向上心が出てきますしね。こういう方にはお給料上げてほしいって、同僚の立場でも、家族の立場からも思いますよ。

色んな施設や介護現場を渡り歩いてて気が付きました。入所者さんの介護度レベルに偏りがあるように感じます。つまり、施設の入所条件や受け入れ条件にバラつきがあるってことですよね。重篤&重症の方々の経験が多いとそれだけ鍛えられるので自ずから、嫌でも介護技術がレベルアップします。でも、その反対に軽症の方ばかりだとちょっとしたことでアワアワ。こっちから見たら「?」って思うような軽度の方のちょっとしたことが、まるで超重度の方のように思えるんですよね、そこの職員にとっては。じゃ軽症の方が重度に進行した時、どうするんでしょうね。想像しただけで怖いです。最近、「若い職員ばかりですよ」を前面に出してセールスする施設が増えてきたように思います。そういう施設は軽度の入所者さんが多いです。若い職員を積極的に雇用するのは大賛成ですが、彼らに成長してもらうため、介護経験豊かな中高年齢者の職員も雇用していただきたいですね。要はバランスです。

入所者さんのご家族たちの中には介護資格持ってる方、看護師資格持ってる方、介護経験ある方、そして介護の勉強をして知識豊かな方、ネットで日々情報収集してる方、少なくないですよ。下手すると私たちより上級者だったりしますからね。こっちも頑張らないと。サービス提供者が家族に戦々恐々とする意味わからない。

介護職って暗黒の措置時代を抜けて介護保険制度ができた時からサービス業になってるということ案外忘れがち。私らサービス業なんです。担当者制度がある施設だと担当ご家族と話し合ったり相談したり情報提供、アドバイスして緊密な関係構築に励みますので家族の言いなりになったり卑屈になることないですよ。但しそれだけ勉強せねばならないし技術向上しないと家族だって聞く耳持ちませんし、ダメだと施設長に担当替え申し出されます。

なんかね、周囲見渡してあまりにも資質の格差がありすぎて眩暈するんですよ、介護業界も。



ところで、今朝のこと・・・


S0511215.jpg 
これまで2回生死の境をさまよった、生れつきの腎臓未形成で働いている方の腎臓に腎結石持ってる六が膝の上で急に震えだし、その後にえずいたのを見て「またか!」と覚悟を決めたが、出てきたのが立派な毛玉だったのがわかった途端にガハハ!と笑いが止まらなくなった。はぁ~、やれやれ!六と同じ状態のジュサ坊を看取った経験はあるけど、在宅輸液もしてるしセミントラも飲んでても、こういう子はどうやったって「その時」が来るときは来るからね。ま、輸液前には必ず体重測定してるけど、「その時」に必ず激減するはずの体重は一定レベルをキープしてるから安心はしてたけど。




2016年03月02日 (水) | 編集 |
認知症列車事故訴訟:介護家族不安も…賠償責任基準示さず - 毎日新聞 http://mainichi.jp/articles/20160303/k00/00m/040/049000c

⇒まず、認知症の高齢者が外に出て徘徊し列車にはねられた事故に対する最高裁判決には心底ほっとしました。認知症を患う方の介護に頑張ってきたご家族には朗報でしたね。もちろんこれからこの判例がすべてのケースにあてはめられるとは思ってません。だけど、こういうご家族に対して温情あるお裁きが下ったことに私は感謝したいのです。頑張った家族にこういうお裁きが下ったことに嬉しいと感じるのです。ただそれだけ。世間ではどうこういう人いるけれど、そんなことわかってますってば。介護家族の数だけ事情は違うので、一概に基準を決めるのは難しいでしょう。お裁きもケースバイケースなんでしょうね、きっと。

★老人ホームの夜勤、実態は 一晩に呼び出しコール90回
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160301-00000050-asahi-soci

⇒ナースコールってさ、ピンポンってなるだけの代物じゃなくって、反対にお客様の今の様子をチェックするモニター代わりにもなるでしょ?私ら介護職にとってなくてはならないモノじゃない?施設のケアさんたち、夜勤の時にナースコールを「モニター」モードにしながら書類書いたりしてないですか?そうすればピンポン押す前に居室へ行けるでしょ?「ハードユーザー」の中には居室じゃなくてリビングのソファで横になっていただくとぐっすり朝まで眠っていただける方もいらっしゃったし。イライラするけど、でも職員たちの話し合いと工夫でまだまだ色々やれることあるんじゃないかな。

★カエルピン ‏@yamabudou10 
高齢者はよ、一般内科で考えるんじゃなくて、高齢医学で考えろよ。素直な高齢者を心配にさせて余計なストレスを与えておいて、帰って寿命を短くさせてんじゃねぇのか!余計な事すんなっ!!臨床や現実に即していない机上の知識を振りかざしてよ、杓子定規に高齢者を脅かしてどないすんのや、われぇ!!その人の全体を見ろよ、全体をっ!!本当に困ったもんだわ。保健師に言われたって(脅かされた)、心配で沈んだ顔をして受診する高齢者も居るんだわ。余計な事すんな、われぇっ!!

⇒うちの母も薬物コントロールで「BPSD抑制」してるから徘徊までできなくなり足の筋肉が削げ落ちてるのに体重だけは以前のままだから職員に尋ねたら「栄養ドリンク」飲ませてるって。あのさ、筋肉なくなってるのに元気に徘徊してる時の体重キープさせたら重たくて仕方ないでしょ?ガリガリに痩せてきてるのに昔の体重キープさせようってことに重点置いてどうするの?薬も最低まで減薬していいんじゃないの?90歳の老人なのよ?職員は介護だと思ってることが虐待、拘束、抑制ギリギリだってこと、そろそろ気が付いてくれないかな?こういう時に自分が介護職で本当に良かったって思うわ。おかげで母の投薬量は最低限まで減らせたし、栄養ドリンクも体重増やす目的じゃなく、食事量があまりに少ないときにのみに限定できたし。やれやれ・・・介護計画書に「減薬したことで不穏になった場合は~」ってまだ書いてくる母の施設。まだわからない?不穏になるのは薬のせいじゃないってば!じゃ何故今、減薬してるのに穏やかなの?理由は明らかでしょ?母だって感情を持った人間なんだよね。縮んでても脳みそフル稼働して考えてるんだよね。どうしてそこを観ようとしないのかな?感じようとしないのかな?なんで薬の事ばかり書いてくるのかな?そんなにあなた方は自分の介護技術に自信がないのかな?1円でもお金貰ったらプロでしょ?頑張ろうよ!学ぼうよ!腕を磨こうよ!先ずはそこからだよ。友人知人にも介護職いるけど、母の施設職員と比較して技術力の差は歴然!同じ介護職でここまで違うのはなぜ?入所者は施設は選べてもケアの腕は入所してからわかることだから。これでどれだけ天国と地獄に分かれるかわかりゃぁしないのです!っていうかケアの良し悪しがすべてじゃないでしょうかね?だからこそ、私たちは成長せねばなりません。なんせ命を預かってるんですから。



フクジュソウ①






2016年03月01日 (火) | 編集 |
CcY8YiVVAAAGO2X.jpg 

★朝日新聞写真部
‏@asahi_photo
高市総務相が放送法4条違反を理由にテレビ局に「停波」を命じる可能性に言及したことについて、田原総一朗氏らジャーナリスト6人が「私たちは怒っている」とする声明を発表しました。(志)


★津田大介 ‏@tsuda  
毎日小学生新聞が一連の総務相発言とメディアの萎縮問題について解説。「心の問題だから、他人からは見えない」というのはこの問題の本質を突いてるね。

※テレビ報道と政府の姿勢
テレビが突然真っ暗に ボクが「萎縮」すると…
http://mainichi.jp/articles/20160227/kei/00s/00s/003000c
(毎日小学生新聞2016年2月27日)

毎日小学生新聞
 先日せんじつ、放映ほうえいされたNHKスペシャル「新しん・映像えいぞうの世紀せいき」を見みた。小学生しょうがくせいには難むずかしいかもしれない。ボクはいろいろ考かんがえた。今回こんかいは、今いまの日本にっぽんで議論ぎろんになっている、テレビ報道ほうどうと政府せいふの姿勢しせいについて話はなしてみよう。いつものように、どこにも答こたえは書かいていない。自分じぶんの頭あたまで考かんがえること、それが答こたえだ。【編集長へんしゅうちょう・西村隆にしむらたかし】

 今回こんかいの「新しん・映像えいぞうの世紀せいき」は「若者わかものの反乱はんらんが世界せかいに連鎖れんさした」とタイトルがついていた。昔むかしの中国ちゅうごくの映像えいぞうの中なかには、一方的いっぽうてきな教育きょういくを受うけた子こどもたちが、自分じぶんの親おやまでも敵てきだとつるし上あげて批判ひはんする場面ばめんもあった。歴史的映像れきしてきえいぞうは、子こどもたちに一方的いっぽうてきな考かんがえ方かたを上うえから押おしつける危険性きけんせいを教おしえてくれていた。

 番組ばんぐみの途中とちゅう、中国ちゅうごくでは不思議ふしぎなことが起おきていた。中国ちゅうごくの首都北京しゅとペキンにある毎日新聞中国総局まいにちしんぶんちゅうごくそうきょくの記者きしゃが、国際放送こくさいほうそうで同おなじ番組ばんぐみを見みていたところ、自宅じたくのテレビ画面がめんが「電源でんげんを突然切とつぜんきったように真まっ暗くらになった」。記者きしゃによると、中国政府ちゅうごくせいふは、海外かいがいのテレビ放送ほうそうを監視かんしして、都合つごうの悪わるい内容ないようになると映像えいぞうを止とめるという。ボクは「報道ほうどうの自由じゆうがある日本にっぽんでは考かんがえられない」と改あらためてそう思おもった。

日本にっぽんでの議論ぎろん

 ところが、日本にっぽんでもテレビ局きょくと報道ほうどうが議論ぎろんになっている。テレビ局きょくが使つかう電波でんぱを止とめることのできるほどの大おおきな力ちからを持もつ総務大臣そうむだいじんの高市早苗たかいちさなえさんが、政治的せいじてきに公平こうへいでない番組ばんぐみを繰くり返かえした場合ばあい、その放送局ほうそうきょくに対たいして、「何なにも対応たいおうしないと約束やくそくするわけにはいかない」と発言はつげんしたからだ。電波でんぱを使つかえるか、使つかえないかは、テレビ局きょくにとって生いき死しにの問題もんだいだ。

 そのことを、毎小まいしょうコラムでおなじみの与良正男よらまさおさん(毎日新聞専門編集委員まいにちしんぶんせんもんへんしゅういいん)が毎日新聞まいにちしんぶんに、「政権せいけんは、その行使こうしに当あたっては抑制的よくせいてきになるべきだ」と書かいて批判ひはんした。すると、高市たかいちさんから、訂正記事ていせいきじを求もとめる手紙てがみが届とどいた。大変たいへんだ。総務大臣そうむだいじんを怒おこらせてしまったようだ。でも与良よらさんは「私わたしと徹底討論てっていとうろんするというのはどうでしょう」と負まけない。

毎小読者まいしょうどくしゃのキミへ

 と、ここまで書かいてボクは手てを止とめた。「こんな記事きじを書かくと、高市たかいちさんをもっと怒おこらせはしないだろうか。与良よらさんのように毅然きぜんと戦たたかえるかな。書かくのをやめようかな。あーどうしよう」と、こっそり悩なやんだ。

 そのボクの気持きもちを、漢字かんじ2文字もじで表あらわすと「萎縮いしゅく」になる。心こころの問題もんだいだから、他人たにんからは見みえない。だから「萎縮いしゅくの具体例ぐたいれいを見みせなさい」と言いわれても、それは心こころの中なかを見みせなさいと言いわれているようなものだ。

 高市たかいちさんの力ちからはとても大おおきい。だからボクは、テレビ局きょくの人ひとが萎縮いしゅくしてしまうことを心配しんぱいしている。萎縮いしゅくには、明確めいかくな線引せんびきがない。だから、萎縮いしゅくが広ひろがると、本当ほんとうは表現ひょうげんしても問題もんだいないところまで表現ひょうげんされなくなる。

再ふたたび毎小読者まいしょうどくしゃのキミへ

 ボクが萎縮いしゅくして毎小まいしょうに記事きじを書かかないとどうなるだろうか。それは、この問題もんだいについて考かんがえる機会きかいをキミから奪うばってしまわないか。一緒いっしょに考かんがえよう。

 編集長へんしゅうちょうのボクの意見いけんに賛成さんせいしてほしいといっているわけではない。高市たかいちさんの意見いけんも聞きいて、自分じぶんで考かんがえてほしいのだ。自分じぶんで考かんがえて「編集長へんしゅうちょうの意見いけんに反対はんたいです」といってくれるなら、ボクはうれしい。

 でも、ボクが批判ひはんを恐おそれて萎縮いしゅくして、議論ぎろんを呼よぶ記事きじを一切書いっさいかかなくなったら……映像えいぞうの消きえた真まっ暗くらなテレビ画面がめんのように。キミは何なにをもとに考かんがえる? 


◎なんでこんな大事なことに対して国民は怒らないの?なんでマスコミは現政権に委縮しているの?弱い者いじめはするのに強いものには尻尾振ってるよね?なんで裸の王様に向かって「王様は裸だ」って言わないんだろう?ここは誰もが政府閣僚の傲慢さに怒るとこでしょ?高市さんを辞任に追い込むとこじゃないの?どうしてこうも静かなの?主権在民。私たち国民が政治家の番人であり雇い主なんですよ。政治家は私たち国民のために働くための人たちなんですよ。なのに今や主客逆転じゃないですか。このままじゃいかんでしょ!なのにどうして国民は静かなままなの?何故怒らないの?なぜ声を上げないの?この国も国民もどんどんおかしな方向に行ってしまってるような気がして心から怖いんだけど。