薫の野郎猫的日常
2015年10月31日 (土) | 編集 |

BjGqgvqCAAA0otE.jpg  
Happy Halloween❤

ハロウィーン用のオシャレな画像も沢山あるんだけど、
今年もやっぱり「落ち武者」の彼に敵うだけの魅力とオーラを兼ね備えたキャラは見つからなかった。
天下無敵のこの時期限定、定番わんこ!





2015年10月24日 (土) | 編集 |
「万里」になって1年と2か月ほど経過。
あまり触らせてくれないから首輪のサイズもざっとしか測れないまま作ったから、
多少大きめにしてもらって、慣れたら測り直してサイズ直ししようと思ってたので、
一番きつめの穴にピンを入れてもユルユルで、端の部分が長めに採ってあるから
しっぽが長すぎて見栄えも悪い。

そろそろサイズ直しできる頃合かなぁ。
そう思って隣で寛いでいるところを首輪に手をかけたら…
まぁ~~~~暴れる暴れる。
完璧にパニック状態!!
なだめすかしてなんとか首輪を外し、
首の実寸を測り直す。

それからというものまったく近寄ってくれなくなった。
じっと待ってれば姿を見せるのだが近寄らない。
私が動けばすぐ逃げる。
ご飯の時だけは待っててくれるが、私の動きを警戒しながら、
食べては止め、食べては左右を警戒となってしまった。

昨日の午前中、作ってもらった近所の首輪職人さんに手渡し。
夕方にはできるというので仕事の帰り夕方5時にピックアップ。
なんとサイズ直しは無料でした。ありがたや!
しかし、今度は再装着するのが一苦労。

一昨日よりはだいぶ落ち着いてくれたけど、
それでも私の横でお腹を出してスリスリゴロゴロ
愛嬌を振りまいてくれたバンの面影はどこにもない。

あ~あ、嫌われちゃったか…

ま、ここまでの関係を築き上げるのに1年以上かかったわけだから、
今度も1年かけて少しずつ関係修復すればいいや…

そう思ってソファに腰かけてしばらくすると…

ドサッ!!

隣にバンが…
正面は向いてくれなくて、でも背を向けて香箱を組んだ。

テーブルの上に準備しておいた首輪に手を伸ばしても逃げない。
そっとうしろから首輪を装着。
それでも逃げないし暴れない。

悩みに悩んで
覚悟決めて腹くくって来てくれたの?

せなで泣いてる~唐獅子牡丹~♪
ってBGMと深いため息が聞こえてきそうな。

首輪装着完了!

その瞬間に脱兎のごとく逃げていった(笑)

やっぱりこの男って一味違う❤
かっこいい!!
男らしいねぇ!!
惚れ直したぜ、万里♪

そして今日のバン。
日向ぼっこしてるところにご機嫌伺いに参上すると…

S0254124[1]  
寄るな!
がるるるるるる!!!

S0274128[1] 
しっし!!
あっち行け!

S0284130[1]  
何度言ったらわかるんだ!
しつこい女は嫌いだって言ったろ?
お前なんか大っ嫌いだ!!

と心の声が聞こえてきたような。
一瞥もくれず寝室のベッドの下に潜り込みました。

アタシ、また嫌われちゃったみたいです。

「男心と秋の空」

★首輪のサイズ直しのために首輪を外し、メジャーで測って、直した首輪を再び装着し直す。たったこれだけの作業なのに、万里にとっては生死を分ける程の重大なイベントだったようです。1年2か月ちょっとの間に構築した私との関係なんて泡のようにはかないもの。一昨日から嫌われちゃった、あたし。
でもね、嬉しいんです。
だって、ここに初めて来たころにはできなかった怒った顔ができるようになってるから。
こんなおっそろしい鬼の形相ができるまで喜怒哀楽が表現できるようになったことって、同居人にとっては、喜ばしいことのように思えてなりません。。。って変ですか?喜んじゃいけないかしらね?

★追記(10月25日)
ご機嫌直してくれるまでどれくらい待てばいいのか、と思ってましたが、「私、待つ身の女でいいのぉ~」と唄ってたら、この日記を書いた日の夜にはもう許してくれました。いつものように隣に来てくれて、触れると舐めてくれて、抱っこするとベタベタ甘えてくれて、いつも通りのバンです♪





2015年10月20日 (火) | 編集 |
DSCF2658.jpg  
10月20日 午前5時。

今朝のごはん。
他の猫たちの食べ残しまで全部平らげちゃった猫がいた。
今回が初めてではないのでこの後どうなるか想像はつく。
案の定!
胃の中空っぽになるまで何度も吐いて…
その都度、後掃除に忙しい。
偉そうなことは言えないが、なんで腹八分で満足できないかなぁ。

DSCF2694.jpg 
で、この男は朝もはよから、しこたま叱られた。
ま、この猫は、ほぼ毎日、大目玉食らってる常習犯。
おかげで私、血圧上がりっぱなしです。
健康の為、なるべく怒らないように気を付けてるんですけどねぇ。
それにこいつがヤンチャし始めたきっかけっていうか何が原因か
理解してるだけにそうそう怒ってばっかりはいられないんですけど…
でもねぇ、ヤンチャするのも程度ものです!
それに彼は私の反応を測りながらやってるから、
放置してるとどんどんひどいことやるようになりますから、
たまにはこっぴどく叱った方がいいのです。
でもなぁ…
私、猫相手になにカリカリしてるんだろう…って情けなくなります。





2015年10月18日 (日) | 編集 |
12079176_888370727921630_2655851790595132438_n.jpg
10月17日
我が家の間借り人で天井の住人、ハエトリグモさんを
とうとう見つけてしまったのね~~、九十(ないと)(笑)
子ザルさんのような声で嬉しそうにさえずる九十。
12112434_888370797921623_1288430687294502115_n.jpg 
七海、そこからさっさとおどきっ!
嬉しそうな声に釣られて七海が遊ぼうよと興奮してやってきた。
九十(ないと)はお前と遊ぼうって言ってるわけじゃないのよ。。。
なぁんて注意したって聞きゃぁしない!
猫にはパソコンなんて必要ないもんね(;´д`)トホホ
12119025_888757767882926_2573777159541242170_n.jpg 
10月18日
九十はあれから何かと言うと天井を見上げるようになった。
そして・・・今朝
七海もとうとう我が家の間借り人のハエトリグモさんを見つけてしまいました。
お二人さんで仲よく同居人見学。



うちのハエトリグモさん、
いつもお世話になっております。
おかげさまで毎日快適に過ごさせていただいております。

お名前つけちゃおうかしら❤




 

2015年10月03日 (土) | 編集 |

自民党、勉強会で報道機関への圧力を求める発言があった問題を巡って1年間の役職停止とした木原稔氏の処分を3カ月間に短縮 安全保障関連法の審議への影響を避けるため迅速な処分に踏み切りましたが、関連法の成立を受けて白紙に戻した形です。


別に同郷だから庇うわけではないですが、国民感情からしたら「悪人」でも、地元民からしたら、こんなに働いてくれる人はいない、って政治家は「この方」一人ではないはずです。

「謹慎中」だった木原稔氏が多くの時間を地元 熊本で活動されていたこともあり、熊本市役所が市民に事前通知なく熊本城に除草剤を噴霧中、近くを散歩中の愛犬がそれが原因と疑われる体調不良で病院に行った飼い主さんを木原氏に繋いだところ、次の日から市に聞き取り調査。市から前向きな改善法を引き出してくださいました。

こまめに現状報告してくださいますしね。非常に熱心に問題解決に動いてくださいました。これには問題提起した熊本の愛犬家のみなさんも心から感謝されてます。両人を繋いだ私も、木原氏の超人的な仕事の速さには、さすがにびっくりですよ。

311から4年超、有志の区議会議員&区民の方々と一緒に、世田谷区に対し、ペット防災対策を訴え続けているんで、市民の声を汲んで行政が動くことがどれほど難しいことか身に滲みてわかります。

しっかし、地方行政って、国会議員が要請すると、あっという間に問題解決しちゃうのね(笑)

熊本は昔からの筋金入りの自民保守王国ですからね。木原氏から頂戴する連日の経過報告を見て、自民党議員、それも国会議員だとこうも市の対応が違うんだと痛感いたしました。ま、それを期待して、ダメ元で木原氏に直訴したのですが。ここまでうまくいくとはね。

ですから、熊本城をペット連れで散歩されている愛犬家の皆さんにとっては、「例の件で」木原氏がほとんどの時間を熊本にいて活動されていて幸運だった、本当に良かった、と言うべきでしょうね。

問題提起した飼い主さんのtwitterを添付して木原氏に直訴した2時間後に返事が来て、その日の内に調査開始。翌日には問題解決。この迅速丁寧な対応は、他の政治家の皆さんも見習った方がいいですよ。市民の好感度が一気に上がります。

今回のことは単にペットの健康被害防止の為だけじゃない。市が使用している除草剤の販売元HPには、ペットだけじゃなく乳幼児や妊婦さんに対する注意も書かれていましたから、早急に改善策を講じて損はなかったはず。木原氏を巻き込んで大正解でしたよ。





2015年10月03日 (土) | 編集 |
だから、旅立つ準備をされている方が連絡するのは救急車ではなく往診医です。

終末期の急変は救急車ではなく終末期対応在宅医に連絡するよう周知してほしい。

全地方自治体から在宅介護されてる家庭に徹底周知の通知を出してほしいです。

⇒救急医療の現場に増加する「看取り搬送」 本来の患者搬送が破綻する恐れ #ldnews 

http://news.livedoor.com/article/detail/10654988/

これは本当に切実な問題です。

救急車を含む救急医療は仕事柄、死なせてあげられない。

管だらけにしてでもどんな手段を講じても生かそうと努力する。

穏やかな最期を迎えさせてあげられないことも多いし、

ご本人に自然な流れでの死に時を選択させてあげられない。