薫の野郎猫的日常
2015年06月29日 (月) | 編集 |
※民放連会長「与党議員からのことばに誠に遺憾」 NHKニュース  http://nhk.jp/N4Jz4FZy
「私はあなたの意見に何一つ賛成できないが、あなたがそれを言う権利は命がけで守るつもりだ」
18世紀フランスの哲学者・作家であるヴォルテールの言葉。
言論の自由は民主主義におけるもっとも基本的な権利。
この国で本物の自由民主党員ってどれくらい生き残ってるのかな?

※維新、共産と「握手」議員の処分検討 初鹿氏、安保法案反対で街頭演説 「大阪都構想」の敵との連携問題視 - 毎日新聞 http://mainichi.jp/select/news/20150630k0000m010015000c.html
あれ?これは不思議。こないだ維新の最高顧問が、大阪都構想に反対してた自民の総裁とメシ食ったりしてたよね。あれは処分しないの?

新国立900億円増、都知事らに説明 完成は2カ月遅れ:朝日新聞 
新国立競技場建築費用より安い金額を払えなくてギリシャがデフォルト(債務不履行)に陥りそうというのもとても嫌なニュース。日本にはそんな大金ないはず。ただ日本銀行がジャブジャブお金を印刷して、安倍さんが海外にバラ撒いてるだけのこと。明日は我が身。

※フジテレビ、韓国人の発言訳誤る 池上さんの番組で:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASH6Y4C9CH6YUCVL00T.html
フジTVでテロップねつ造してまで堂々とヘイトスピーチしたってのもにわかには信じがたい怖いニュース。でも、今の安倍政権と自民党なら「鮨友」使ってこれくらいの情報操作は平気でしそうだって思ってしまう自分がいます。


マジで今の日本は怖すぎる!!!





2015年06月23日 (火) | 編集 |

沖縄慰霊の日。
鎮魂の日。
わが家は今夜はキャンドルナイト。



キャンドルナイト2
祈ります。



2015年06月12日 (金) | 編集 |
この国はいったいどうなってしまうんだろう。
安保法案だけじゃなく派遣法もこのままじゃ、
数の暴力で強行裁決されて改悪されそうだし。
医療介護の世界でも、将来のこと考えて
東京からほかの県へ移住しろとまで言われるし。
気候や地殻変動も忙しくなってきたし。
逃げ場なんてどこにもなさそう。

あ~あ。。。

ってな時にtwitterでお知り合いになった方からのご紹介で、
美味しそうなものを見つけてしまいました。

さっそく密林プライム便でぽちっとな。
昨日の今日で今朝ほど到着(はやっ!!)



ec60482e809277b2e469c9f9939216b1e11f67a1.400x0.none (1)

明治リッチオレンジビスケット。

止まらない!!!!!
こりゃ、美味い!!!
同じシリーズでストロベリー、抹茶があるみたい。
今度トライしてみよう♪


ん~~~、しあわせ~~♪



2015年06月06日 (土) | 編集 |
【拡散希望】
6月4日現在の口永良部島残留ペットと家畜数&今後の対策について。
動画内の
14:37~残留家畜状況 
17:20~残留ペットについて。
やはり、一時帰宅時に避難できたのはごく一部の犬猫だけで、未だ家畜もペットも相当数、島に取り残されたまま。このままじゃ、福島の悲劇が繰り返されてしまう。

⇒口永良部島噴火 住民の避難対策・支援について共産党 田村貴昭衆院議員が質問 
衆院災害特20150604
★twitterから入手した情報でも
置き去りにされたペットが全て救出されたかどうか情報が錯綜しています。ある方が鹿児島県と避難先の屋久島町に確認したところ「首輪でつながれているものは一時帰島の際に全て救出したが、現在もかなりの数の犬と猫が現地に残っている」との返答を貰ったとのこと。(6日午前10時現在)
※沖永良部島噴火によるペットの避難の情報
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/65661986.html
↑のブログでペットは全頭避難できたとしていた今本先生ですが、コメント欄5日(金)付で「で、まだ、残ってるペットがいるようですけど、どう対処するんでしょうかね?」とありますので、悲しいですが、田村議員の質疑応答の中身は正確だと考えます。


★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  




2015年06月05日 (金) | 編集 |
11350643_823452731080097_1732098853649291122_n.jpg  
6月3日発売のan・an
猫特集号なので衝動的に買った。

あと

最近、地震とか噴火とかやたら地球が騒がしいので、
昨年暮れに出た猫防災ブックもついでにお買い上げ。







2015年06月03日 (水) | 編集 |
311福島原発事故に伴う置き去りペットと産業動物の件で、多大な貢献をされた奈良県の獣医師、今本先生のお知り合いの獣医師さんからの情報ですと、沖永良部島に残されていたペットは一時帰宅の際、全頭避難できたそうです。この情報が正しいならあとは、餌やりしていたと思われるお外の子、野良っこと、いまだ島に残る家畜たちの行く末が心配です。福島と違って頭数が少ないのですから、なんとか全部の命を救出していただきたいのですが。。。

⇒今本先生のブログ「新庄動物病院の掲示板」 
※沖永良部島噴火で住人避難。獣医師としてできることはあるか?
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/65654450.html
※沖永良部島噴火によるペットの避難の情報
http://blogs.yahoo.co.jp/shinjo_ah/65661986.html


★twitterのTLで気になる情報が
置き去りにされたペットが全頭避難できたかどうか情報が錯綜しています。ある方が鹿児島県と避難先の屋久島町に確認したところ「首輪でつながれているものは一時帰島の際に全て救出したが、現在もかなりの数の犬と猫が現地に残っている」との答だったと。(6日午前10時現在)
⇒↑のブログ内で「ペットは全頭避難できた」としていた今本先生ですが、ブログコメント欄5日(金)付で「で、まだ、残ってるペットがいるようですけど、どう対処するんでしょうかね?」とぼそっとつぶやいてらっしゃいますしね。やはり島に置き去りにされたペットと家畜が相当数いるのは確かな情報かと。


★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ  
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ  
 http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  






2015年06月02日 (火) | 編集 |
NHK web news
2015年(平成27年)6月2日[
火曜日]より転載
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150602/k10010099911000.html

避難所で飼えないペット 預かる人を募集
6月2日 8時09分

口永良部島で起きた噴火で避難生活を強いられている住民の中には、ペットを連れて来た人もいるため、屋久島町のボランティアセンターは、避難所で飼うことが難しいペットを一時的に預かることができる人を募集しています。
今回の噴火で避難してきた住民の中には、一人暮らしのお年寄りなどでペットを連れてきた人もいます。しかし避難所の中では飼えないため、ほとんどのペットが建物の外でかごに入れられています。
1日は、屋久島の獣医師が避難所を回り、ペットの犬や猫などの健康状態を無料で調べました。
屋久島町のボランティアセンターによりますと、飼い主からは、ペットを一時的に預かってくれる人を探してほしいという要望が相次いでいるということです。センターは、協力してくれるボランティアがいないか、フェイスブックなどを通じて呼びかけています。
屋久島町社会福祉協議会の宮崎浩樹事務局次長は「『家族同然に飼ってきたので、どうにかしてほしい』という声が聞かれる。預かってもよいという人はぜひ手を挙げてほしい」と話しています。

fc2blog_20150602170520a84.jpg
↑の募集記事ですが、避難地区のご近所の方に限定した預かりボラさんを希望されているので、ご注意ください!!!
☆詳細・お問い合わせは
屋久島町社会福祉協議会facebook
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=783518818413482&id=781782721920425


☆ご注意⇒↑の募集について
口永良部島から「同行避難」してきたペットたちの預かりをしてくださる方は避難地区(宮之浦公民館・老人憩いの家)の近所の方に限られるようです。
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=782936675138363&id=781782721920425&fref=nf&pnref=story


【島外からのボランティア受付について】
現在、ボランティアセンターでは、島内の方のみボランティアの受付を行っており、島外からは受入しておりません。町役場の町民福祉課では、島外からの「問い合わせ」のための相談窓口を設置しておりますので、そちらにお問い合わせください。
http://www.town.yakushima.kagoshima.jp/info-living/4759/


口永良部島 救援物資・救援協力について】 
屋久島町HP⇒ 

救援物資の受入は町役場財産管理課で行っております。
必ず、寄贈品を送付する前に問い合わせされるようお願いします。
<注>古着はご遠慮ください!!
≪注≫6月4日午後4時10分ごろ、↑に記載されている屋久島町役場財産管理課に問い合わせてみましたところ、「ペット用品も被災飼い主さんを含む島民の皆様に必要な物品も十分に届いていますので、喫緊に必要なものはないです。」とのことでした。なので、今後、必要なものが出てきた場合は役場HPや屋久島ボランティアセンターfacebookでお知らせください、とお願いして電話を切りました。

★【屋久島町口永良部島新岳噴火災害義援金について】
日本赤十字社、共同募金会で受け付けております。
「島外からなにかできることはないか」というお声をたくさんいただきます。
ボランティアの受け入れは島内に限らせていただいておりますが、
皆さまのあたたかいご支援を、どうぞよろしくお願いします。

義援金は、直接指定口座に送金、またはお近くの社会福祉協議会でも受付しております。
http://www.pref.kagoshima.jp/ae04/kenko-fukushi/syogai-syakai/syakaifukushi/kutinoerabugiennkinn.html

口永良部島の大噴火後、日本全国から屋久島経由での「ふるさと納税」が急激に増えており、大変助かっているとのこと。(2015年8月17日)⇒口永良部島ポータルサイト http://kuchi-erabu.org/dengon.html 

AS20150530001143_commL.jpg 


★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html