薫の野郎猫的日常
2014年12月27日 (土) | 編集 |
24日クリスマスイブはご近所さんの鶏肉専門店でチキンのモモ焼きを買いディナー。皮パリパリで中ジューシー。どの高級店よりも美味でした!翌25日クリスマス本番は仲良しケアスタッフ&ナースたちと我が家でホームパーティだったので、そのお店で丸焼きを予約!ドクターからた~っぷりお小遣いもらってたし(自爆)そしてクリスマスパーティ本番!いやぁ、類は友を呼ぶ。大き目を買ったつもりだったのですが、あっという間にまっ裸鶏になりました。いろんなお酒や惣菜を持ち寄り美味しい楽しい時間でした。26日から私たちは正月3が日までどっぷり仕事漬けだから、25日は思い切り楽みました( ̄Д ̄)ノ オウッ

熊本の阿蘇火山灰降灰高原キャベツ支援の無農薬米農家さんfacebookからキャベツ到着。ご近所さんにお裾分け。外の葉を1枚剥けば灰は無問題。さっそく生で細切りの大盛りにポン酢醤油かけて食べてみた。甘くて柔らかくて味が濃くって超美味!!あっという間に1玉完食!残りあと1玉…来年はまだ販売するかどうか未定というけど、これを土に埋めて廃棄してたんですか?ありえないですよ!!


ということで、年末年始無関係の仕事のため、早めのご挨拶お許しください。

今年もいろいろお世話になりました。ジュサ坊脱皮は今も辛く切なく涙が止まりませんが、バンがいっつも慰めてくれるので助かってます。他の連中も元気で悪戯し放題で心穏やかに過ごすことはなかなか難しいですが、それが却って気分転換になってありがたいです。


来年はいい年でありますように。


わが家の野郎どもも健やかにゆっくりと年を重ねてくれますように。ま、ジュサ坊と同じ症状の六輔だけは、いつ何時、ジュサ坊と同じような結末を迎えるかわかりませんが。でもその時は、ジュサ坊から学ばせてもらったことを心に留め、ゆっくりのんびり時を刻もうと思います。
31.jpg
皆様もどうぞ、よいお年をお迎えください。
来る年もどうぞ千太組をよろしくお願い申し上げます。


nyannkonennga.gif 
年賀状ですが、年明けに仕上げますんで、
元旦到着は無理です。
平にご容赦を。。。Orz







2014年12月24日 (水) | 編集 |
1460163_10152077234718724_145440246_n.jpg  
2014年
楽しい美味しいクリスマスを♪







2014年12月23日 (火) | 編集 |

田代島猫景色(続編70)
「先週の記事について」
http://naochago.exblog.jp/21413522/
動物愛護の世界って本当に怖いです。
これまで真摯に田代島の猫と住民の皆さんのために尽力されてきた田中さん。
どうしてその田中さんがこんな決断をせねばならないのでしょう。


彼のこの決断で、本当に田代島はいい方向に向かうんでしょうか?


★12月23日付で田中良直氏がブログ更新し、今後の氏の活動やブログ更新を休止するとのこと。氏のブログから遺棄事件関連記事( http://naochago.exblog.jp/21402108/ ) のシェア・拡散希望記載も消えておりましたので、私もこの件についての拡散希望ツイを取り下げることにいたします。





2014年12月23日 (火) | 編集 |
「おかゆねこ」ツブ
20140412_329624.jpg 

001.jpg  
おかゆ鍋セット

B5cJ8zNCMAAYPkf.jpg 
「おかゆ鍋」



知ってる人は知ってる


知らない人は知らない(笑)


吉田戦車氏の「おかゆねこ」グッズがいよいよ販売開始です。
http://ameblo.jp/monoroom-ps/entry-11964945698.html


グッズ取扱店は以下の通りです。
http://ameblo.jp/monoroom-ps/entry-11964959252.html


ネット販売も始まりました。
http://www.pal-shop.jp/products/list.php?category_id=840


そそられる…


ツブ飼いに行こうっと、じゃなくって買いに行こうっと♪








2014年12月21日 (日) | 編集 |
DSCF2213[1] 
ジュサ坊が恋しくてめそめそしてると
必ずこいつが寄り添ってくれる。



私の体のどっかにピトッとくっついてくれてる。



こいつが触れるとなんでか心底悲しくなって
これでもかってくらいに涙が出てくる。



こいつの悲しみがどっと流れ込んでくる感じがする。



お前も苦労したもんな。



それにジュサ坊のこと最期まで愛してくれたし
心配してくれたもんな。


ありがとね、バン!








2014年12月20日 (土) | 編集 |
まず、島に飼い猫を4頭も遺棄したあなたへ。
12月12日付で各自治体へ通達された環境省の見解によると、あなたがしでかした行為は立派な「遺棄罪」。法律違反で堂々と警察も動けます。⇒livedoorenter: 猫とワインさんのブログ : 「動物遺棄は犯罪」取締強化にむけ、環境省通達による一定の見解  http://blog.livedoor.jp/livedoorenter/archives/52130091.html

ま、誤解されちゃ困るんで先に申しあげますけど、遺棄したのが田代島だからいけないんじゃないんですよね。遺棄した場所がどこであろうと、何頭遺棄しようと、あなたがやったことは立派な法律違反だし、本人特定さえできれば警察で追及され、相当の刑事罰を科すこともできるし、飼養責任放棄だし、やっちゃいけないことなんですよ。っていうか、法律がどうこう言う前に、こんなことしちゃいけないって子供でも分かりますよ。ダメなものはダメ!!アカンことはアカンのや!!ならぬことはならぬのです!!生き物飼うなら最期まで面倒看てください。



田代島と同じ宮城県の方からのtwitter。
同県民として田代島がこんな誤解を受けているのが哀しいです。あの島は猫が祀ってある程に猫が身近な島ですが、同時に悪い化け猫のお話も残っています。記事にあるように共存しているけど、猫を保護している場所ではありませんよ。同じ自然の一員という位置です。

東京都在住の宮城県石巻出身の方のtwitter。
猫を溺愛する島ではなく、祖先が猫を守り神として崇めたのでそれを尊重、故に今でも犬の上陸はお断り、という島。それ以上でも以下でもない。昔、高校受験前、先生、同級生と共に猫神様に行って祈願したことがある。島民にとって猫はそのような存在。ペットという発想は皆無だと思う。


311でにゃんこ・ザ・プロジェクトが立ち上がった時に、↑のようなことも多く記事になったはずなんですけど、いつの間にやら「猫の楽園」みたいな位置づけになっちゃって。こうした勘違い野郎も出てくるんですよ。

これはいい機会です。
というか、そうならねばなりません。

田代島のこと、もっと学びましょうよ!!

もうこんな悲しいこと二度と起こさないためにも学びましょう!

1836873_798454283572149_5431604704780651471_o.jpg
でなきゃ、この子をはじめとする4頭のにゃんこが浮かばれませんよ!!
彼らの命を無駄にしちゃいかんです!!!







2014年12月19日 (金) | 編集 |

★facebook、twitterでの拡散だけでなく、
マスコミ各社にこの件の追跡調査報道のお願いメールを出しています。
猫の島=猫の楽園と誤解を招くような報道をし続けている
マスコミにも責任の一端はあると思います。(12月19日午後5時更新)

★「100歩譲歩して、この飼い主は本当に田代島が猫の楽園だと思っていて、何かの理由で一緒に居られなくなった猫を、ここなら幸せに生きていけると思って捨てに来たとしましょう。でもそう信じてやってきたとしても、船を降りて港のあの身を切られるような物凄い寒さを自分で感じた時点で、もう猫たちは放せなくなるはずです。これはダメだ、ここには放せない、と思うはずです。それをあえて放して帰って行ったのは、もう無知では済まされないと思います。それはもう悪意でしか無いと思います。」(同日18:20 クレス先生のfacebookで更新されたコメント)



↓に転載した無責任な飼い主の話で、
阪神淡路大震災の被災者になった猫友たちが
「あの地獄絵図のような場面で思った。
自分が死んでこの子が生き残ったら…
飼い主がいないこの子の末路を思えば、
今この場で、この手で殺してやるのが飼い主の責任だと本気で思った」
って真顔で言ってたことを思い出しました。

311でも置き去りにされたペットたちがどのような末路を辿ったか…
共食い、野生動物の餌、餓死、病死…保護されるペットたちばかり表に出て、
こんな悲惨な結末を迎えるペットたちには光さえ差さず。
私も震災の中だったら彼女達と同じことを思うだろう。
ガスでもがき苦しみながら殺されたり、野生動物の餌になったり、
野垂死させるくらいなら…
一緒に餓死するか、せめて自分のこの手で殺してあげたいな。

田代島にこんなかわいい子たちを遺棄した飼い主さん。
この4頭の猫たちに自然淘汰をお望みだったのでしょうか?
この4頭の猫たちに何を望んであの土地に解き放ったのか?
船に乗ってわざわざ田代島に行くお金と時間と遺棄する思考はあっても、
この子たちのために里親さんを探すためのお金も時間も思考もなかったか?
生かす努力はできなかったのか?
この子たちをこんな無残な殺し方するくらいなら、
あなたのその手で息を止めてあげればよかったものを!
その気持ちも覚悟もないのなら、お願いだからもう二度と動物を飼ってくれるな!!




田代島に家猫を遺棄するということの意味。

飼い主の蛮行許すまじ!
こんな幸せそうでかわいい「家猫」たちを…ひどい!!




1836873_798454283572149_5431604704780651471_o.jpg
 
この子は捨てられた猫の中の1匹で、捨てられた当日の写真です。
ここ1-2日島の方と連絡を取って探して頂いたのですが、
もう捨てられた港では見つかりませんでした。。

港を降りてあの身を切るような寒さの中で家猫を放せる人は、
もう無知なだけでは済まされない。それはもう悪意と思う。
島猫のため定期的に医療活動をなさっているクレス先生のfacebookより)

☆田代島の島猫と住民のみなさんのため日々尽力されている
写真家 田中良直氏のfacebook&ブログからの訴え!


田代島猫景色 (続編69)
「先週末に、田代島に4匹の猫を捨てていった方へ」
 
↓に転載いたします。

田中 良直

先週末に、田代島に4匹の猫を捨てていった方へ。

先週末、あなたは自分が飼っていた猫をキャリーケースに入れ、わざわざ船に乗って田代島までやってきて、番屋の裏に捨てて行かれましたね。
どのような理屈で、このような身勝手な行為をなさったのでしょうか?
あなたにどのような事情があるのかは存じませんが、これがどれほどクズで卑劣な行為か、捨てられた猫たちがどうなるか、おわかりでしょうか?...
田代島は猫がたくさんいるから、あなたが捨てた猫も大勢の猫たちの仲間になって楽しく幸せに暮らしていく、とでもお思いでしょうか?
田代島の人達は猫に優しいから、クズで卑劣な人間が捨てていった猫も親切に丁寧に世話をしてくれる、とでもお思いでしょうか?
捨てられた猫が、たくさんの猫達の生存競争の中でもっとも弱者になり、ろくに食べ物も食べられず、環境に適応もできず、毛並みもぼろぼろになり、病気になり、見る影もない忍びない姿で死んでいくことなどない、とでもお思いでしょうか?

これまで機会ある度にお話してきましたが、田代島は「猫の楽園」ではありません。
田代島の猫たちは、自由にのびのびと暮らしています。でも、それは代償と引き替えの自由です。厳しい自然環境という代償であり、つねに病気やカラスや寄生虫などのリスクにもさらされているという代償であり、一匹ずつちゃんと食事をもらえる飼い猫とは異なり生存競争に敗れたものは早晩死んでいくしかないという代償です。その代償を払って、田代島の猫たちは、自由に歩き回り、遊び、ケンカをし、恋をし、子育てをし、力一杯生き、そしてやがて自然の掟に従って、老いて弱って姿を消していくのです。家で飼われている猫達は、自由の代わりに安心で安全な環境を手に入れています。でも、田代島には、そんな環境は無いのです。

田代島の猫たちは、10月後半からものすごい勢いで太っていきます。たっぷりと分厚い皮下脂肪を蓄え、びっちりと密度の高い冬毛に生え替わり、夏からは二回り以上太った体つきになります。そうしないと厳しい冬の寒さに負けて死ぬからです。秋から初冬の時期に、その冬準備ができなかった猫は、冬を越せません。だから秋生まれの仔猫の多くが冬を越せずに死んでいくのです。
あなたが捨てた飼い猫は、家の中で飼われていた猫でしょう。あなたがやった行為は、分厚い防寒着がなければ即凍死してしまう冬山に肌着一枚で人をおっぽり出すのと同じことです。何の備えも準備もなく、いきなり裸で寒中に人を放置するのと同じことです。自分の子供だったら、そんなことができるのでしょうか?それとも、子供には「猫ちゃんは毛皮があるから大丈夫」とでも言っているのでしょうか。

あなたが港に捨てた猫は、港を縄張りとする群れの猫達に追われ、威嚇され、恐怖で失禁してうずくまっていたところが目撃されています。
田代島の猫たちは、生まれた瞬間から厳しい生存競争の中で生きています。野生動物と同じ厳しさがそこには存在します。島の人達は、集団としての猫達の面倒を見ていますが、一匹一匹をペットとして飼っているわけではありません。サル山と同じようなものです。弱者は容赦なく淘汰されます。残ったものはその生存競争を残った強者です。他の猫とケンカをしたこともない家の中で育ったあなたの猫が、そのような環境で生存競争を生き延びられるワケがありません。

今季一番の寒気が訪れた今週、あなたが捨てた猫が、今週末生きている可能性は20%以下です。
ここ一両日、事情を知った島民の方が、牡蠣の出荷で忙しい合間を縫って探してくださいましたが、すでに見つかりませんでした。
昨日来の寒波で凍死した可能性は高いでしょう。もし生きていたとしても、今頃寒さに凍えて動けなくなりながら、ただ死を待っていることでしょう。
今週、港の猫ハウスの中で1匹の仔猫が死んでいるのを島民の方が見つけました。今年生まれの仔猫ですが、残念ながら冬を越せなかったようです。ですが、その仔猫は、少なくとも暖かい小屋の中で仲間と一緒にいる状態で息を引き取りました。あなたが捨てた猫は、群れに入れませんから、小屋には入れてもらえません。氷点下の寒さの中、寒風が吹き付ける港で1匹だけ、孤独でふるえながら死に向かっているのです。
自分の行いの意味がわかりますか? 恥を知れ。クズ野郎。 (12/20追記:この部分は感情的な暴言だろうというご指摘をいただきました。ご指摘の通りです。自分の感情制御の甘さを認識し、訂正し削除します。)

わたしはあなたが行った行為を許しません。
また、今後このような行為を決して許しません。
動物の遺棄は、犯罪行為です。
あなたは、問い詰めた観光客に対して逆ギレされたそうですが、逆ギレしようがなんだろうが、決して許しません。暴力沙汰になろうともクズで卑劣な行為は許しません。(12/20追記:この部分は感情的な暴言だろうというご指摘をいただきました。ご指摘の通りです。自分の感情制御の甘さを認識し、訂正し削除します。)

いいですか。
再度はっきりお伝えします。
田代島は、猫を保護している愛護団体の島ではありません。
田代島は、捨てられた飼い猫が楽しく暮らせるようなお気楽な環境の島ではありません。
そして、動物の遺棄は犯罪行為です。
田代島に、飼い猫を持ち込んで捨てる行為は、決して許しません。


~転載以上~

★12月21日⇒12月20日付で田中氏のブログ記事中に削除訂正された箇所があったので更新された文章に編集されたものに置換いたしました。これまでの田中氏の思いも活動も少しではありますが知っている身としましては理解できるんでね。だから敢えて言いますけど、個人的には訂正する必要などなかったと思いますけどね。


★12月23日⇒田中良直氏がブログ更新し、今後の活動やブログ更新を休止するとのこと。↑のブログから「シェア・拡散希望」の一文が消えておりましたので、私もこの件についての拡散希望願いを取り下げることにいたします。ただし、個人的に動いている「愛護動物遺棄」については継続して動いてまいります。









2014年12月08日 (月) | 編集 |
 映画.com @eigacom  [映画ニュース] 元祖「ゴジラ」完全新作として製作決定!
2016年に12年ぶり復活 http://eiga.com/l/I3yOi








祝!日本の東宝ゴジラ復活!!
再来年が今から待ち遠しい♪

今朝のワイドショーで知ってさすがに万歳三唱いたしました(笑)
まさかフルCGじゃないとは思うけどね、2016年ゴジラは。
伊福部師匠の音楽と特撮&着ぐるみじゃなきゃ絶対許さないよ!!

日本オリジナルと言っても、シナリオとか色々不安はあるけれど、
とりあえずは伊福部師匠のゴジラ音楽が蘇ることだけで心躍り血肉沸く思いでございます。

finalwars_large.jpg 
「ゴジラ FINAL WARS」以来12年ぶりに
日本版「ゴジラ」が新作として復活!
(C)TOHO CO.,LTD.






2014年12月05日 (金) | 編集 |
ロシア版「忠犬ハチ公」のニュースに世界中が泣いた / 飼い主が亡くなっても病院で飼い主を待ち続ける犬 さんから
141130dog001.jpg


この話の舞台が日本だったら、こんな美談で終わることができたかな???

今朝、羽鳥さんのワイドショーでこの犬のことを伝えていた。
私もいつ何時倒れるかもしれない。

体壊したり不治の病を得たり倒れたりするのって、年齢関係ないから。
どんなに若くても健康に気を付けててもこればかりは仕方ない。

「神のみぞ知る」

年齢だけじゃなく、私の場合、独り身で親戚も近場にはいないし。

5ニャン全員見送ったあとならたとえ死んでも安心だけど、猫たちがまだ元気なうちに自分の身に何かあったら。

ありがたいことに、いざとなったら後のことをお願いできる友人はいますけど…

やむを得ない事情で飼い主さんが手放した猫さんを保護したことが何度もありますが家族とよい生活をしていた猫さんが次の家族が決まるまでとはいえ、保護生活というのは本当にかわいそうなものでした。」

「おうちで、薫@千太組さんのかたわらで旅立っていけたこと、寿三郎くんにとって安らかだったことと思います。一緒に暮らし、幸せをたくさんくれた動物が病気になってしまうのは、身を裂かれるほど辛いけれど私はこのボランティアで、飼い主がなんらかの理由で動物の目の前からいなくなったコの末路をたくさん見ています。飼い主がいなくなるってことは、そのコにとって最大の悲しみで不幸であることだといつも感じます。優しい飼い主が、最期までそばにいて見守ってくれることほど幸せなことはありません。寿三郎くん、薫@千太組さんのそばで安心で幸せです(^^)。」

いみじくも、猫ボラさんお二人から同時期に全く同じことを言われました。

10年前に千太と別れ、4年前に百と別れ、2年前に染と別れ、つい最近ジュサ坊と別れたばかりだけど、どんなに悲しく切なく辛くても、やっぱり猫たちを「看取る幸せ」ってなにものものにも代えがたいよね。

元気な体をキープして、生きて全員看取らなきゃね♪

頑張ろう。










2014年12月04日 (木) | 編集 |

【ご協力ご支援&拡散のお願い】


facebookで、阿蘇中岳噴火により降灰したキャベツの支援を訴える記事に目が留まった。
https://www.facebook.com/otsu.eri/posts/605070512952543?pnref=story


阿蘇中岳の噴火による火山灰被害は深刻です。
飛行機だって欠航したり、関西空港とかほかの空港に着陸したり。
遠距離介護者の帰省は非常に影響を受けます。
噴火してからずっと心配していたんですよ。
農業も酪農も。
困っていらっしゃることでしょうね。

新鮮でおいしい高原キャベツだって、
灰が付いているだけで商品にならないと土中に埋めて廃棄。
もったいなくないですか?


さっそく購入希望のメールを出した。
ついでに無農薬のお米も♪


☆facebook登録されていらっしゃらない方で、もし興味のある方がいらっしゃればと思い、記事を転載させていただきますね。


大津 愛梨
さんが写真3枚を追加しました。

【ご支援のお願い】
火山灰つきキャベツ、いりませんか~?

阿蘇で火山が噴火したニュースはご存知の方も多いと思います。我が家は幸運なことに稲刈りも無事に終わっていたので特に被害はなかったのですが、隣の高森町で高冷地野菜を作っている農家さんたちはタイヘン。この広い畑に植わっているキャベツは全て出荷できないそうです。見た目はこんなに立派ですが、切ると灰が溜まってる状態。洗えば何の問題もないんですっ!こんなによくできたキャベツがみすみす土に埋め込まれちゃうなんて(>_<)

と、いうわけで、もったいないオバチャンの私がこれを放っておけるはずがない!皆さんにご協力頂こうと思いつきました。1玉300円、4玉で1000円。我が家のお米と一緒にご注文頂けると送料は4玉程度まで無料ですが、キャベツだけのご注文の場合、箱代と送料がかかります。関東なら1000円程度。この際、お米のご注文もぜひ(^_-)-☆(笑) 無農薬のお米が5キロで3300円、玄米なら2800円です。

もしもお知り合いや飲食店の方などで「その値段でもキャベツはたくさん使えるよ」という方がいらっしゃれば大変有り難いですし、少量でも発送手配いたします。ご注文は、我が家の研修生、平井まで。メールアドレスはvtr1000f.s.f@gmail.comです。よろしくお願いいたしまーす。捨てるなんてまさか!丹誠込めてつくってきた農家さんの思いは?洗えば問題ないキャベツ、ぜひ召し上がってみてくださーい。甘いです!ちなみに、出荷するときに洗うのがとても大変なので、灰つきのままの発送になります。それから、バラバラご注文が来ると対応できないかもなので、発送のタイミングは年内に数回とさせて頂きます。あわせてご了承くださいo(^-^)o

大津 愛梨さんの写真
大津 愛梨さんの写真
大津 愛梨さんの写真