薫の野郎猫的日常
2014年09月28日 (日) | 編集 |

DSCF2005.jpg 

治ったと思ったらすぐ再発。外の生活が長かった万里の顎ニキビは非常にしつこい。過去に経験した家猫歴が長い先住のなんて比較にならないや!もしかしたら原因は顎の汚れだけじゃないかもな。ストレスとか免疫力低下とか内臓疲労とか。外の生活は過酷だもんね。外の子の平均寿命が短いのもわかるよ。

万里の場合、せき込み(くしゃみに青っ洟飛ばしは治まったみたい)など気になる症状(主治医には報告済み)もあるし、体の中から健康になってもらうための努力しなきゃね。

ちなみに我が家の顎ニキビ治療法は、まだ人馴れしていない万里は最低でも1日に1回、病院から処方してもらっているAP水で拭いて、その上からアイオニックシルバーたっぷりつけて、以前先住が使っていた抗生剤入り軟膏のゲンタマイシンの残りを塗る。

先住たちは1日に何度も仰向けにさせて、粒々を蚤取り櫛でボリボリ削った後に、AP水やアイオニックシルバーをスプレーで患部にバシャバシャかけても平気ですけど、バンはそんなことしたら心臓発作でも起こしそうなくらいパニック起こすから(笑)治るのに時間はかかるけど。バン、頑張ろうね!

黒い粒々がまだしつこく残っている部分はあるものの、それ以外の皮膚の状態は、後肢でひっかいた場所の含め、かさぶたが取れた後はとても綺麗なので安心してます。

先住みたいに、全く出ないようになりますように。

体の中から健康になりますように。



2014年09月27日 (土) | 編集 |
今宵は「リモコンがかすがい」で、ちょいと残念な4両連結夢列車。

DSCF2084.jpg 


ごめん寝の六輔、
処方されたお薬のおかげで調子よさそうです。
丸呑みしていたご飯をポリポリといい音させて噛めるまでになりました。
お水もしっかりたっぷり飲めるようになりました。
が、ステロイド入りの軟膏の所為かわかりませんが、
妙に食欲が増しているような…








2014年09月26日 (金) | 編集 |

六輔と九十のツーショットを眺めてると
いっつも思うんだよね~。

「黒胡麻&金胡麻」

おはぎ、ぼたもち、胡麻和え、胡麻ペースト…

食欲の秋だねぇ( ̄~; ̄)

DSCF2079[1]

DSCF2082[1] 










2014年09月25日 (木) | 編集 |

朝帰り。
帰宅し、沖縄丸オクラ、小松菜、長ネギ、わかめ、とろろ昆布、納豆入りのうどん、美味かった。体があったまってひと汗かきました。兵庫県の美味しい魚の干物も食べたかったけどそこまでやる気が起きなかった(;´д`)トホホ 夕飯は干物にしましょ♪

DSCF2006.jpg 
野良上がりの万里の顎ニキビ、一時完治してたのに再発し今度は後肢でかきむしり禿拡大。エリカラつけられないからせっせとゲンタシン軟膏やアイオニックシルバーぬりぬりするしか手立てなし。薬塗った端から顔洗いして薬を舐めとるバン…くっそぉ!せっかく塗った薬をせっせと舐めとる姿見ると一気に疲れが…Orz。負けてなるものか!!








2014年09月24日 (水) | 編集 |
DSCF1163.jpg 
この2~3日、
気が付くと舌をペロペロ出したり、
歯にモノが挟まったような口をゆがめてカクカクする仕草をしたり、
カ~っと喉に詰まったものを吐き出すようなことをやったり、
昨日などペロペロ舌を出して水を飲むことを嫌がったり。

痛みをじっと我慢しているような元気のなさ。

食欲はあるのだが、
腎臓にハンデがある猫なので、
何が一番嫌だって、
水を飲まなくなることが一番嫌!

昨日は休診日だったので、
今日、朝一番に受診してきました。

両口角裏(口腔内、上下奥歯の接点あたり)が真っ赤に腫れてました。
歯石はさほど付着していないのになぁ。
7月のワクチンの時の血液検査も腎臓の具合は数値は安定してるから、
腎不全から来る口内炎とは考えにくい。


オーラティーン


ペリオフィール

 
デキサルチン

この3種類が処方されました。

毎日1回~2回患部に塗布。

病院で1回塗布されましたが、帰宅後は痛みが和らいだと見えて、たっぷりお水を飲んだり、元気良く動き回ったりしてました。病院に連れて行ってよかった。

で、夕食後しばらくして自宅でも塗ってあげようとしたのに…

口を大きく開けた六の上あごにたっぷり塗ってしまったOrz

六はくちゃくちゃごっくん、薬剤を飲み込んだ。

これじゃ強制給餌ジャン(-"-;A ...アセアセ

正面からは無理だから、抱っこして背後から塗ることもあり、中々うまくできません。

ま、これも修行!

六ごめんね。

きっと上手になるからね!



そういえば病院で、
「万里君にも塗ってあげるといいですよ」と先生。

いや、先生。
それができるならどんなにいいでしょうね。
でもまだまだそこまでは馴れてません。
顎ニキビだって向こうから近づいてくれる時だけ治療できるから、
全然よくならない(;´д`)トホホ

ずっと調子よかった口内炎も、
なぜか今日は少々悪化気味。
DSCF2024.jpg
こういう時、思い切り開いた口の中に、たっぷりお薬塗ってあげられたらどんなにいいでしょう。












2014年09月18日 (木) | 編集 |
DSCF2034.jpg 
幸四郎がこれだけ遠慮がちに九十側に寝てるにも拘らず、あからさまに苦虫つぶしたような顔して嫌がっている七海。(案の定、この後、七海がいちゃもんつけて幸四郎はすごすごと隣のリビングへ退散)
DSCF2047.jpg 
気が合う連中だけになると途端にこんな感じになる…ったくぅ。

DSCF2048.jpg 
で、しばらくするとこんな感じになって

DSCF2052.jpg
こうなる…_| ̄|○

DSCF2053.jpg 
DSCF2054.jpg  
 DSCF2063.jpg  
【追加情報】で、日付が変わり0時15分現在…六がいないのは残念だけど、やればできるじゃん!

DSCF2042.jpg 
寿三郎は新入りの万里の面倒をよく看てくれてるけど、これまた幸四郎と張り合ってるし、七海とも距離を置いてるから、今季は千太組名物「全色揃った猫団子」は無理っぽそう(;´д`)トホホ 

誰もが一目置く絶対的存在のリーダーの器量を持ってる猫たちが次々といなくなってしまったから仕方ないんだけどさぁ。みんないい年した大人なんだし、どう頑張ったって結局はドングリの背比べなんだから、うまい具合に落としどころ見つけてほしいなぁ。 いい加減、意地の張り合い辞めてさぁ、くっつこうよぉ。



あたしゃ、寂しいぞ。


CIMG0616.jpg 
百寿幸染六 024 
S0675088.jpg 
恋しいよ、千太組名物「幕の内弁当風猫団子」







2014年09月14日 (日) | 編集 |
DSCF2022.jpg 
早いものですね。
バンが我が家へお婿入りして明日でもう1か月になります。
 
今日、地元の熊本から馬刺しが参りましたので、
みんなで食べました。
我が家は代々、猫たちの一番のご馳走は熊本の鮮馬刺し。
バンは生まれて初めての経験で最初こそビビってましたが、
一口食べて大興奮。みんなと一緒に美味しそうに食べてました。

DSCF1919.jpg  
まだまだ人馴れ修行中ではありますが、
顎ニキビの治療ひとつとっても、
ただただ暴れまくっていた最初のころに比べ、
最近では、一度抱っこされると覚悟を決めておとなしくしてます。
抱っこも、以前は無理やり抱っこしていたのですが、
この頃は「抱っこさせてやる」って感じで、
わざと隙を見せて抱っこしやすくしてくれてる感じです。
口内炎は今も流涎が止まっていますので、
悪くはなっていないと思います。
口臭も多量についている歯石のにおいだけになってきました。
食事と一緒に相当量のお水と規定量のアイオニックシルバーを混ぜていますので、
それも体によいのではないかと思っています。
その証拠に最初は強烈だった便臭も最近ではだいぶおさまってまいりました。

DSCF1903.jpg  
DSCF2013.jpg
先住とは少しずつ距離を縮めていっているように思います。
DSCF1977.jpg
特に一番上の寿三郎とはとてもいい感じです。
DSCF1907.jpg
カメラを向けるとまだ逃げてしまうため、2匹の2ショットも
なかなか記録に収めることができないことが残念です。
私から見るとまるで寿三郎の親衛隊,ガードマンのように見えます。
寿三郎を陰になり日向になり護っているように思います。
寿三郎もそんなバンをかばっているような場面が多々見受けられます。
ほほえましい限りです。

触れるとまだひどくビクつくこともあります。
でも、寿三郎が先に私に近づいて甘えるしぐさを見せると、
安心してバンも体を擦り付けてきます。
これ、ほかの連中じゃダメなんです、ジュサでなきゃ。
人馴れのトレーニングに寿三郎の協力が不可欠ですけど…
それでも表情が少しですけど和らいできたように思います。

爪切りは全然オッケーなんだけどなぁ。
歯磨きと消毒ができるようになったらなぁ。

ま、多くは望まず慎ましい心で❤
1歩ずつ1歩ずつ距離を縮めていきましょう。

バンと先住たちとの写真で4コマ漫画ができそうな気がします。
少しずつ作品として発表したいと思います。

乞うご期待!





 

2014年09月09日 (火) | 編集 |
S0761860.jpg
ジュサ坊や幸四郎に理由なく突然に
いちゃもんつけては困らせる
我が家の「ジャイアン」七海。
S0791889.jpg
そんな時いつもこうして
教育的指導してくれる「梅安」六輔。
六がいなきゃこの組は成り立たない!

我が家は代々年功序列。
年上は絶対なのです。
年下は年上を敬い、
年上に従うのが掟!
 
この鉄の掟を破ろうとする者には厳しい罰が下る!

頼りになる正義の味方、
千太組の仕置き人「梅安」六輔。
山椒は小粒でピリリと辛い。
小さな体に宿る大きな男の魂。
我が家で一番頑固で1本筋が通っているゴジロク!
曲がったことが大嫌い!!
ずっと元気で組の秩序を保っておくれ!!


それにしても今日は気持ちいい!
とっても気持ちの良い秋の一日・・・
10659359_684533368305368_3006882566064167908_n.jpg 
ん?
なんだか…
10653408_684532698305435_253451540748017254_n.jpg
ナイトを見てたら和栗のモンブランが食べたくなってきた。









2014年09月06日 (土) | 編集 |
今日は自宅マンションで防災訓練をしました。
築13年目で初めて
の訓練でした。
世田谷区委託の業者さんの指示のもと、基本中の基本、初期消火に絞り、
消火器訓練
と投水訓練(バケツリレー)をしました。
最悪の状態を考え、断水
していると仮定し、我が家のお風呂の残り湯を提供しました。
みん
な、とっても積極的でてきぱきと訓練してくれました。
業者さんの
お話も大変ためになりました。
変な表現だけど、楽しかったです。

管理会社は、その時の理事長さんの意向だといいますが、
これから
も年1回の訓練を継続してほしいと思いました。

訓練後の理事会での出来事。
我がマンションにペット防災を含む「ペットクラブ」を設立したい
と活動しておりましたが、
3~4年振りの飼養動物申請にも拘らず
、期限を守らず未提出の世帯が複数件あることから、
このまま設立しても
有意義な活動は期待できないと判断。
言い出しっぺの私がマ
ンションだけじゃなく自治会や町内会にも働きかけ、
有志の飼い主さんたち
と勉強会を立ち上げたいと思います。

マンションのペットクラブ設立とか運営って、まずは飼い主側の意思統一がはかれるか、という大きな課題というか問題があるのですよね~。

ペットクラブ=組合形式にすればすべて連帯責任になってしまう!(笑)
ペット可マンションに入居する際に提示されたはずの決まりごとを守らず、利己的なご自分の主張だけ通そうとする方を説き伏せ、無理して設立しちゃうと、ペット防災とかいう本来目的とする活動じゃなく、困ったちゃんとか常習犯の尻拭いばっかりさせられちゃいそうな、いやぁな予感がしたもので、今日の理事会で議案を取り下げました。実際のところ、今理事会で管理会社が調査してくれたペットクラブがあるマンションの実態は、クラブ設立はしたものの、①管理者・責任者が誰だかわからず、何の活動もしていない ②活動はしているものの、その内容は、住民からのクレーム処理や対応のみ。この2つに集約されてます。それ以外の活動は皆無。ま、検索かけて都内のマンションのペットクラブ活動を調べてみましたが、やはり、活動しているところの大半は②です。それでもやらないよりまし、ということでしょうか。本当はもっと違う活動もしたいのだが②の活動を通じて、ペットを飼っていない住民との理解を深めることができるのであれば、良しとする、というのであれば、それでも構わないのでしょうが。ただ、それでも、ペットクラブを設立できているマンションって、理事会から要求があれば、ペット飼養申請くらいは全員提出できているんですよね??? これ、ペット可マンションに住む飼い主さんの基本中の基本でしょ? 我がマンション、それも守れなくて何のためのペットクラブなんだ、ってことになりませんかね?

本当は問題を前向きにとらえて、強引に組合形式にするべきなのかもしれないですが、ご自分のペットの飼養申請ひとつまともにできないお宅が複数件ある現実は、正直なところ、非常にまずいな~~、と。おそらく、こういうタイプの方が常時、総会の議題に上る迷惑行為を繰り返す人たちなんだろうな、と。マンション住民の意思統一が図れないでペットクラブを立ち上げても、きっと、細則だけ立派だけど何の活動もしていないか、クレーム処理と対応に明け暮れるか、いずれにせよ、有名無実なものになるんじゃなかろうか。だったらこの際、マンションに拘らず、意識の高い近隣の有志の飼い主さんたちを募って勉強会を立ち上げたほうが結果、この地域のためになるのではないか、と考えました。



おしまい。




★是非一度お読みください。 
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html