薫の野郎猫的日常
2014年08月31日 (日) | 編集 |
2014060800205091a.jpg 
出逢ってしまいました。
20140608002049988.jpg 
「あの眼差し」を持つ猫に。
20140602143316474.jpg
私の心に飛び込んできました。
fc2blog_20140720143027d27.jpg
まっすぐに私を見つめる、澄んだ美しい眼差しが。
20140720150904d4b.jpg 
寂しそうな眼差しの猫が。
20140720150907e6f.jpg 
人のぬくもりを求める猫が。

猫が、遺棄されました。ダンボールに入れられ、ガムテープで留められてました。早朝にセンターに遺棄されました。飼い猫を連れてきたんだか、野良猫を連れてきたんだか、分かりませんが…」


行政施設に収容されている小さな命たち。
頭数が増え、収容できなくなれば殺処分されてしまいます。

常に死と隣り合わせの命たちと向き合い、里親さんを探して何とか幸せな生活を、命のバトンをつなげよう、と日々頑張ってらっしゃるボラさんたちがいます。殺されるとわかっていながら遺棄するのも人間なら、命をつなぎとめようとするのも人間。

ボラさんや職員さんたちから「バン」と呼ばれて愛されていたこの猫も、「告示期限切れ」で、殺処分予定リストに名を連ねていた猫でした。収容された猫たちの中で一番いかつい顔をしていて、まるで「番長」みたい、という所から来た名前のようです。

※告示期限
行政は飼い主が分からない動物を一定期間、収容施設にいるという情報を告示する規則があります。その期間を過ぎれば、譲渡の可能性が低い動物から順に殺処分される可能性が高まります。飼養放棄された動物の場合は、飼い主が所有権、飼養権利を放棄しているので、収容された翌日には殺処分が可能になってしまいます。

バンは今年の5月16日早朝、関東のとあるセンターの前にガムテープで蓋をされた段ボールに入れられて遺棄されているところを保護収容されました。だから飼い猫なのか、野良なのかわかりません。生まれた年もわかりません。誕生日さえもわからない。推定年齢5~10歳!!!

8月11日の夜中、何気なく里親募集掲示板を眺めていて、心臓が止まりそうになりました。



だって・・・



6952e84c.jpg 
20120214212314763.jpg 
シド君2 



あれからずっと心のどこかで探し続けていました。
同じ目をした猫との運命的な出逢いを。
そして求め続けていました。
いつか分からないけどきっとまた会える、その瞬間を。

そしてバンと出逢いました。

「あの時」と同じ感覚に襲われて、何の躊躇もなく担当のボラさんへメールしました。
バンという響きが気に入ってしまいましたので、もし我が家に迎え入れることになったら「万里」と名付けようと思っていることもお話ししました。この名前なら呼び名は「バン」のままだから猫が混乱しないで済むから、と。
翌12日、お返事がきました。
そして、収容施設でのお見合いのお話を頂戴いたしました。
仕事が休みの日を何日か候補として挙げさせていただき、
ボラさんのご都合と一致したのは8月15日。
それも、当日、引き渡し可能だとのこと!
もちろん、キャリーバッグ持参で電車に乗りました。

バンは写真で見るイメージと全く同じでした。
迷いは全くありませんでした。
即、諸手続きを済ませ、
バンと一緒に我が家へ向かいました。

施設収容と同時に駆虫は済ませてありましたし、去勢、ワクチン、ウイルスチェックも終了してました。 が、念のため、病院がまだ開いていたので、我が家に戻る途中で、主治医にお披露目がてら簡単なヘルスチェックをお願いしました。カルテの名前は「万里」。

耳垢はだいぶ溜まってましたが深部はとてもきれいだし、ミミダニはいませんでした。歯肉炎と口内炎がかなり進んでいましたので、顎にできてた黒ニキビにも効くAP水を処方していただき、我が家の常備薬であるアイオニックシルバーと併用して治療することにしました。念には念をと病院でレボリューションを滴下してもらい、ドロンタールも処方してもらって、1週間以内に飲ませることにしました。先生曰く「猫だって苦労すれば老け顔になるからなぁ。一体この猫はいくつなんでしょうねぇ。さっぱりわからない」

電車や車の移動中もでしたが、診察台でも大変おとなしく協力的でした。

これから先、充分に人馴れして落ち着いたら血液検査とマイクロチップ装着をと考えています。口内炎の具合もチェックしてもらいたいし、一応、1か月後に再度受診できれば。

帰宅後、「バン部屋」を整える間に野郎どもとはキャリー越しに対面を済ませたところ、お互い静かに見つめあっておりました。

レボリューション、ドロンタール後の便はいずれも陰性でした。

DSCF1829.jpg
それから後のことは、おかしいくらいに八雲と同じ経過を辿ります。
DSCF1836.jpg
4日目あたりから隔離部屋を抜け出し、家中好きなだけ歩き回っていますし、
お気に入りのキャットタワーの祠で眠ったり、リビングでゴロゴロ、クネクネしちゃってます。
DSCF1820.jpg
八雲と違っていることと言えば、バンは生活音に全く動じません。
人間を怖がります。カメラが大の苦手です。
DSCF1847.jpg
水をほとんど飲みませんけど、
その分、食事にたっぷり水を混ぜ込んでも平気です。

口内炎と黒ニキビの治療には苦労してますが、負けてはいられません!
おかげでだいぶ改善してまいりました。
以前は治療後は必ず隔離部屋のベッドの下に逃げ込んでましたが、最近では、私の目の届くところに逃げて、じとっとこっちを睨み付けております。でも、しばらくするとまたリビングのカーペットに寝そべって、お腹を見せてゴロゴロ。翌日までは私が動くたびにびくつきますけど、そうこうしているうちにまたケロッとした顔して甘えてきたりします。

口内炎だけど食欲旺盛です。ま~、よくもあれだけの水を混ぜて平気で平らげるわ、と驚いてます。最初は缶詰を口にしなくって凹んでたんですが、今じゃ缶詰とドライと水の混合食でも完食。 おかげで、ぱさぱさだった毛並みが水分たっぷりツヤツヤヌメヌメ。よい毛艶でございます。 初日が5.3kg.だった体重、このままいけば、千太組の野郎の勲章「タップタプの揺れるお腹」を手に入れること間違いなし!(自爆)八雲に負けず劣らずの素晴らしく美しい筋肉に高級な脂が乗った霜降りになりつつありますし…むにゃ。

お口の中が気持ちよくなったのか、大きなあくびもするようになりましたし、食後の顔洗いも頻繁にするようになりました。流涎は完全に止まりました。お口の臭いもさほど気にならなくなってまいりました。黒ニキビは完全消滅したと思っていたのに最近ま~た出てきちゃったみたい。なんせ、顎のお手入れするのにも骨が折れますゆえ…むにゃ。ま、時間はたっぷりありますので焦らずゆっくり参ります!

先住との距離感は八雲とは少々異なります。七海と九十と一緒につるむことはしません。シニアトリオから威嚇されても平気です。全く動じません。幸四郎が以前、一度だけ力比べしようとしたのですが、口からぺっぺと幸四郎の毛を出したバンのそれはまさに「番長」そのものでした。


DSCF1894[1]
かっこいいです。 (自慢毛ぼ~ぼ~)

口内炎の治療など自分が嫌がることを無理強いされても、バンは絶対に噛みついたり、爪を出したりしません。ただただ暴れまくって、爪は絶対に出さないけど強烈な猫パンチを1発だけお見舞いする。それだけです。

爪切りも平気です!

甘えん坊なところがありますが、それが嬉しくてしつこく構うと、途端に氷のように冷たい冷徹な男に変貌します。そこがまたたまらんのです!

なにされてもキャ~キャ~言って喜んじゃう、めげない人間が相当不気味なようです。

器が大きくて賢くて優しくて強くてもろくて頼もしくって健気で茶目っ気たっぷりの万里が大好きです!

絶対根負けして私に白旗上げる日が来るって思ってます。 
 

DSCF1895[1]
これからの変化が楽しみです。
DSCF1896[1]
どんなふうに変身してくれるのかめっちゃ楽しみです。


人馴れしているとはお世辞にも言えませんが、でもね、写真で見た眼差しの第一印象そのものの、彼の奥底に眠っている人恋しさ、人のぬくもりを求めている心が見え隠れしてる気がしてなりません。だから嫌われるの覚悟でしつこくしちゃうんです。ナデナデしまくって、抱っこしてギュッギュッと抱きしめるんです。クンカクンカにおいを嗅いで、所構わずチュッ((((((* ̄3 ̄) ちゅっちゅっちゅ~~しちゃいます。口内炎や黒ニキビの治療もできるだけ間隔を置かずに行います。

大好きだよ、愛してるよってしつっこくささやきます。

ずっとずっと一緒にいようね。

呼び名は「バン」だったり、「バンバン」だったりします。

8月15日以降、バンがしっかりと万里として我が家で生活できるかどうか見極めておりましたため、ご報告が今日になってしまいましたことを深くお詫び申し上げます。
 
DSCF1897[1] 
皆様、
万里をどうぞよろしくお願いいたします。



☆万里って名前、某政党の頼りない泣き虫の代表にあやかったんじゃないですからねっ!

「山水三千世界を万理(里)一空に入れ、満天地ともまとめる」(宮本武蔵「五輪書」より)
万里一空
「どんなに遥か遠くまで行っても空は一つ」
「目標を見失わずにそれに向かって精進する」

万里一空
ひとつ屋根の下
みんな地球号の乗組員
みんな仲間で家族

万里一空
同じ空の下
どんなに遠く離れていても心はいつも君の隣

八雲とはあの別れ方でなければならなかったんだね。
そうでなければバンへの道には通じなかった。
八雲がきっとバンに逢わせてくれたんだね。
バンのおかげで心の中のシコリ、蟠りが溶けてなくなりました。

終わりよければすべてよし。
万々歳❤




「バン」と聞いて最初に浮かんだのはこれでした!!
陽気で洒落ててかっこいい「バン」でいてほしいな♪














2014年08月31日 (日) | 編集 |
開けるたびに「あなたのPCはクラッシュ寸前」とかしつこかったグーグルクロムの広告バナー。検索掛けると困ってる人がたくさんいることがわかる。windowsとは全く関係ない悪質なソフトをダウンロードさせようとする巷じゃ有名な会社のバナー。もちろんダウンロードしたりしませんよ!有料のしっかりした会社のウイルスソフトを入れてるからこんな見え見えの騙しの手口に引っかかりはしないけど、このアドウエア、いったいいつPCに引き入れちゃったんだろうな。

いつぞやのへんてこな変換ソフト(百度ba
idu)と同じく、フリーソフトにくっついて入り込んでくるらしいけど、最近はフリーソフトインストールしてなかったはずだけど。ということで色々検索してこれぞと思える強力な助っ人をインストール。

adwcleaner http://jpn-security.com/blog-entry-213.html でチェックかけて出てきた問題個所をすべて削除修正。それまでどうやっても見つけだすことができなかったアドウエアのクッキーやキャッシュ、あと悪質な広告バナーを出し続けるグーグルクロムのブラウザの問題個所まで検出できた。

おかげでしつこかったアドウエアが全く出てこなくなりました!


┐('~`;)┌やれやれ~。

と喜んでいたのもつかの間…ま~た出だしたからまた駆除!

あ~あ!


と、嘆いていると…知り合いからアドバイスが舞い込んだ。そっと教えてもらった別のアド広告ブロックソフトをインストールしたら、よ~働く!IEとchrome両方のブラウザでインストールしたんだけど、どのページでも目障りだった広告が嘘のようにスッキリさっぱり姿を消した!!気持ちいい~~♪優れものだわ、これ






2014年08月30日 (土) | 編集 |
29日金曜日、定例のカンファレンス参加のため熊本日帰り帰省してまいりました。

金曜日だからか、夏休み最後の週末だからか、熊本から東京への帰り便はどの便も超満員。

最初から最終便予約してたんだけど、でも、いつものように、もっと早い便で帰れるだろうとたかをくくってたけど、望かなわず。空港で買い物したり、ぼ~~っとしたり、食事したりしながら4時間過ごしました。

しっかし、熊本のちゃんぽんがちょ~不味くなっていたのにはがっかりです!!

で、「高齢だということもあるし。もし症状がひどくなったらすぐに増量すればいい」との精神科の主治医の発案で徐々に服薬量を減らしていっている母は今日は「悪魔」モード。

食事や排泄拒否。

鬼の形相でケアさんたちを言葉汚くなじるし、手も足も出る。

ま、こんな日もあるさ。

いつもなら過剰反応するケア担当やナースたちが「抜薬した後も全く変化ありません」と泰然自若。

どうしたんだろ???

で、前任者が退職したため母の担当が変更。(ばんざ~~い!)

女性から男性へ。頭の回転が速そうだし、「可哀そう」とか「寂しそう」とか介護者である家族を追いつめるにはいいけど、プロの介護術には邪魔なだけな個人感情、素人や経験不足の介護職が好んで使う常套句を一切言わず、ジメジメしてなくて第1印象はいい。

仕事ができなさすぎていい加減うんざりしていた前任者のおかげで、それまでもうぐちゃぐちゃだった部屋や整理棚が今日は見違えるほどきれいに整頓されていた。

尋ねたら新任の担当者がほかのスタッフと一緒にやってくれたそうな。

米寿の祝いに熊本市が送ってくれたカタログからヘアブラシを選んだのに「これ男物ですよ。お母様に使っていいものかどうか悩んでしまって」と市から送られてきたまま箱から出すこともなく放置していたブラシも、使ってくれているようで箱から出して洗面台の上にさりげなく置いてあった。

薬物コントロール入院時に使用しなかった普段着のズボン3本もボストンバッグに入ったまま湿気でジメジメとしたまま放置されていたが、それも乾燥機にかけてくれたのかカラッと乾いた状態で衣服棚に収納されていた。

前任者はボストンバッグにズボンがあるのを知っていながら、新規で3本のズボン購入を頼んできた経緯がある。ま、消耗品だし汚れやすいから多めに揃えてあっても困ることではないので買ったけどね。でも、あのバッグの中で湿気ったままに放置されていたズボンを見た瞬間、長年蓄積された憎しみや嫌悪感が一気に噴き出してきたのを覚えている。「このズボン、もし必要ないなら持って帰るけど?」と聞いたら「あ、それはそのままにしておいてください」って言われたんだよね。あのズボンがその後どうなったか、今日までずっと気になってた。

きれいになった母の部屋、整頓された衣装棚は、そんな前任担当者へのネガティヴな感情を一気に吹き飛ばしてくれた。

感謝!

そうじゃなければ今日は私が整理せねばならないなと思いながらの帰省でした。

それに、担当が変わったからだとは思わないけど、それにしても施設の接遇というか私に対する待遇が嘘のように変わっている。毎月1回来いとか、病院の付き添いも同伴しろとか一切言わなくなったし、私とのやりとりはメールでOKって言い出したし。ウソみたいに充実した内容のカンファレンスでした。そのあともケアマネと新担当と3人で熊本の美味しいものの話で盛り上がったし。裏庭の畑に実る作物を見ながら笑えたし。施設長をはじめとしたスタッフ全員の表情がものすごく明るくなったみたい。

前任者が辞めて厄が落ちたか?(笑)

で、気分よく帰ってきたら、成年後見監督人の報酬額決定と支払命令が家庭裁判所から来ていた。開封してその高額に驚いた!後見事務開始平成21年10月からの約5年間の報酬総額一括請求だから尚更ですよ!勝手に監督人選任しておいて、そのくせ後見事務は1から10までなにもかも、全部後見人の私が独りでやってるから何にも仕事してないし。困った時に相談しても何もしてくれないし。唯一やってくれていることは、数年に一度、裁判所が監督人の弁護士に送付してくる後見事務報告書を私に送りなおすことと、監督人に郵送した完成書類に自分の判を押して裁判所に提出することくらいのもの。これだって第1回目は1週間以上も自分の下に置いておいたものだから、私に届いた時にはすでに締切寸前!こっちはぎりぎりの時間で書類を完成せねばならず冷や汗をかいた。何で直接私のところに送ってくれないんだろうか、裁判所!間に入って何するものぞ、弁護士の監督人!役立たず!たなぼただよな!被後見人の母が長生きすればするほど、母の資産から無駄な金が監督人の弁護士に流れていく。。。これまで、高齢者を食い物にいろいろな悪さを工夫してきた人々の歴史がこうした制度を作ってきたのだと思って、しょんぼりしている。「通常の職務」を果たしている監督人への報酬は民法で保障されているし、請求金額は規定範囲内だし…支払いますけどね~。でも、なんだかスッキリしないんですよね~。この件では不服申立も出来ないし、かといって不正行為をしたわけじゃないから解任請求もできない。家庭裁判所のなすがまま。きっと裏では裁判所と選任された監督人の弁護士は繋がっていると思うのでね。中間搾取のハイエナ商法!

介護認定調査後更新された介護保険も今年は要介護5のままで現状維持。先回は要介護度3に下げられたから区分変更請求してそれでも要介護度4までしか上げてくれなかったのに…今回はスンナリ5かい(笑)最近は一回として最初から要介護度5にしてくれたことなぞないのにね~。あの昨年までの大騒ぎはいったいなんだったのでしょうか?

喜んでいいのか複雑な気分。





2014年08月28日 (木) | 編集 |
拙ブログ:野郎猫集団「千太組」8月1日付の記事(http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1598.html)で取り上げた盲導犬の傷害事件が、皆様のおかげで全国ニュースにまで取り上げられるようになりました!。。。って、今もって目撃情報は全く寄せられていないようだし、全国の皆さんの目に届くまでほぼ1か月かかりましたけど。でも、「無視」「無関心」という闇に葬られ、埋もれないでよかった!






と、少しだけ胸のつかえがとれたと思ったら・・・

悪質「里親」飼わず保健所送り 佐賀市で相次ぐ

佐賀新聞 2014年08月28日 09時44分( http://www.saga-s.co.jp/news/saga/10102/98513?fb_action_ids=677505252341513&fb_action_types=og.recommends )

 新聞や情報誌の飼い主募集欄を通じて引き取った猫を、実際は飼わずに警察に「迷い猫」として届け、佐賀県動物管理センターで殺処分されたケースが佐賀市内で続いていることが27日分かった。里親を装った悪質ないたずらとみられるが、行政側は罰則がないことなどから対応に苦慮。ペット愛好家からは「命をつなぎたいと願って譲渡した人の気持ちを踏みにじる行為」と憤っている。

 関係者によると、今月初め、猫の飼い主募集欄に掲載された複数の連絡先に、同一の「里親希望者」から電話が相次いだ。既に譲渡されていた1匹について確認すると、引き渡した日に「迷い猫」として遺失物扱いで交番に届けられた後、保健所に送られ、センターで殺処分されたことが判明した。同様のケースが6~7月にも1件確認された。

 情報に基づき、県生活衛生課が調査したが、交番に届けた人物は「個人情報の保護」を理由に特定できなかった。このため、今回のケースが動物虐待に該当するかどうか判断は難しい。動物愛護法では、動物を引き取った場合、責任を持って飼うことが義務付けられているが、それを怠っても罰則はない。同課は「法の精神から許される行為ではない。再発防止に向け対策を検討したい」としている。

 愛好家の間では、捨て猫を保護して里親に譲る場合、ある程度大きくなるまで世話し、動物病院でワクチン接種した後に引き渡すのがマナー。負担がかかる一方、里親探しは難しいのが実情だ。愛好家は「救おうと思った命が絶たれ、譲った側はつらい。里親が見つかっただけで安心するのではなく、飼育環境を確認し、定期的に連絡を取るなどの確認も必要」と訴えている。





「交番に届けた人物は「個人情報の保護」を理由に特定できなかった」。。。



何を守ろうとしているんでしょうか、この国は。

関連ブログ(http://happyvoice.sagafan.jp/e696294.html)も読んでみましたが、行政が黙殺する間は、保護主さんが気を付けるしか手立てはなさそうですね。


どちらの事件も、もう病人です、犯人たちは。どうしようもないですね!どうしてこんな人たちを野放しにしているんでしょうか?個人情報とか人権とか大切にするなら、もっと違う視点を持ってもらわねばね!被害者たちや動物たちの権利は誰が護ってくれるんですか、いったい?!


太田康介 @toramarushiro 3分
警察は動物愛護法よりも厳しい器物損壊で捜査するとニュースで言
ってました。 動物愛護法ってまさに絵に描いたモチですな。RT @hironori3915: もうね、生きものが痛めつけられるのを器物損壊って言うのどうにかして欲しいわ







2014年08月24日 (日) | 編集 |
辛口肉まん 

20140416_276447.jpg

20140416_276443.jpg 

 カレー肉まん

人形万頭 

世田谷上町の鹿港で「カレー肉まん」と「辛口肉まん」を買う。
お人形の形をした万頭も、胡麻味に釣られてついつい買ってしまいました。
熊本時代もそうだったけど、暑いときこそ熱いものを食べる!
これぞ醍醐味!!
いつもながら美味!






2014年08月16日 (土) | 編集 |

世田谷区民でもある林太郎弁護士のtwitter
: 海老名市が避難所予定施設ごとに作成した運営マニュアル。周知事項に「初動期は避難所にペットを連れてこない」を前段に入れる。http://www.kanaloco.jp/article/76254/cms_id/96605 残念。自分が住んでいる自治体ではこういうことにならないよう声を上げていきたい。

注:ただし、国分コミュニティセンター(同市国分南)だけはこの表現を削除して「連れて避難しなければならない場合、迷惑にならないよう屋外で飼育する」と続け、駐車場にペットエリアを設置するとした、と記事には書いてありました。⇒屋外、それも青天井の駐車場ということは、病気のペットや小型犬や猫やハムスターなど小型動物には過酷な環境ではあるにせよ、国分コミュニティセンター、ありがとう!!

う~~ん。なんでこんな結論になってしまったのか。
市民でもあるペット飼養者たちはこれで納得したのでしょうか。
ま、指定避難所に入所しなくても、自分たちでどこかにペットと飼い主だけの避難所を設ければいいことではあるのですが。でも、そんな苦労しなくても、ペットと一緒に指定避難所に入所したいですものね。 

上記の決断をした海老名市の行政と避難所運営委員会の方々の中にペットの背後にいる市民の方々の顔は思い浮かんでいたのでしょうか?311での福島、飼い主から置き去りにされたペットたちの悲劇を知らない飼い主さんはいないでしょう。いくら避難マニュアルに「初動期に指定避難所へのペット同行避難を認めない」って入れたからって、いざというときになって、ペットを家に置いたまま自分(たち)だけ避難できる海老名市の飼い主さんってどれほどいらっしゃるのでしょうか?

事実、これまでの震災や災害で、「この子を置いては逃げられない」とペットとともにその場にとどまることを決断されたり、自宅にペットだけ残して人間だけ避難したものの、やはり気になるからと自宅に様子を見に行かれたりして、2次災害に巻き込まれ命を落とされた飼い主さんがどれほどいらっしゃったことか。海老名市はそのことをご存じの上での決断でしょうか?どの自治体でも、ペット同行避難を協議するとき、「ペットなんて考えていられない。人命最優先」といった類の発言をよく耳にします。が、よく考えてみてください。過去の震災や災害で命を奪われた方々の中に、ペット同行避難さえしていたら死なずに済んだ飼い主さん(彼らも人です!)がどれほどの数存在するか、どうぞ調査されてみてください。 

「初動期を過ぎたら・・・」って。。。初動期が一番大切なんですってば!そこを逃したら、手遅れなんですってば!

平常時に、「いざとなったらペットと一緒にここに逃げられる」って場所があるのとないのでは、飼い主の心の安定度に天と地の差が出てくるんですよ。


522030_280338878738078_1509441020_n[1] 
東日本大震災で被災された福島の女性と愛犬。
一緒に逃げたけど、東北の被災地のどこにも一緒に住む場所がない。
そんな時、新潟県が同伴避難可能な住居を提供してくださいました。
 (児玉小枝著 「同伴避難」より)

災害時ペット同行避難は、ペットだけの問題ではないことに、どうぞ、気が付いてください。

我が居住区、世田谷区はこんなことになりませんように!
区民でありペット飼養者である私たちがしっかり声を上げ、行政任せにせず、
自治会、町会、PTA、学校長などで組織されている「避難所運営委員会」にも積極的に働きかけていこう!
その土地にあった一番良い方法を模索しましょう!





★是非一度お読みください。 
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html 











2014年08月12日 (火) | 編集 |
御巣鷹山。
日航機事故から29年目の夏。
あの日のことは今でも鮮明に覚えている。
築地の広告代理店で日本航空担当、
機内エンターテイメントとエマージェンシー放送制作をしていた私。
あの日もいつものように残業。
上司はいつものように麻雀で一足先に退社。
オフィスのテレビが緊急速報。
大阪行き日航123便がレーダーから消えた・・・。
すぐに上司の居所を探して緊急連絡を入れた。
1985年。
5月に枕もとで野良ママが産んだ千太郎の羊膜を破いて臍の緒を切った年。
昭和60年8月12日月曜日。
午後6時56分。
あれから私たちJALチームとクライアントの暑くて長い夏が始まった。
あの頃の地獄は一生忘れない深い傷となって残っている。
あの頃の関係者の一言一句が刻まれている。
誰にも言えない・・・。
遺族の方々やJALの皆様たちだけじゃないんですよね、関係者って。。。

今年もまた暑い夏がめぐってきた。

そんな時に・・・


ロビン・ウィリアムズ死去のニュース速報に息が止まった・・・
鬱病で自死という噂もあるしなぁ。
最近まったく活動してなかったし。
闘病中だったのかしら。
ディズニーも寂しくなります。
合掌。

http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPKBN0GB28R20140811

JALの仕事を辞めてすぐに入社したのがディズニー本社日本オフィス。
日本語版製作してました。
彼のことはもちろん以前からよく知っていましたが、
ディズニーとしてロビンと私の最初の出会いはタッチストーン社の「今を生きる」
もしかして、私、この映画でのロビンが一番好きかもしれない。
作品としてもキャラクター的にも何もかも…好き!
その後、「アラジン」のジーニー、「フラバー」のフィリップ・レナード教授。。。
彼のマシンガントーク、絶妙な話術と独特の間にはとても苦しめられました。
でも物凄くチャレンジ精神を鍛えられました。
いい勉強させてもらいました。
ありがとうございました。

We really enjoyed/struggled ourselves on translation and voice recording/lip sync adjustment always for Robin Williams. Thank you for good memories. pray for his soul.
ロビン・ウィリアムズ。
彼の作品を日本語版にするとき、翻訳やアフレコ、リップシンクで、
いっつも苦しめられました…でも楽しかった!
いい思い出をたくさんありがとう!
ゆっくりお休みください。
"O Captain! My Captain!"
RIP Robin Williams(1951-2014)
  
tumblr_lettnhVJ8j1qbj0gmo1_500.jpg 





427703_491722377546516_513966998_n.jpg  
あぁ・・・これで、8月12日が私にとってまた忘れられない夏になってしまいました。





2014年08月11日 (月) | 編集 |
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2014081102000048.html
自民党の国会議員、土屋正忠氏が田上長崎市長に対して、政治的な発言をするなら国政に出ろ、なんて言ったんだね。変な話だな。市長も政治家だし国政を語って何が悪い。全ての国民に国政を語る権利がある。土屋氏は元武蔵野市長で、例の給食のおばさんの高額退職金問題の時に、その是正を公約に当選した人だよね。変わったなあ。


それにね、あの場で集団的自衛権について発言したのは、田上市長だけじゃなく、被爆者代表の城臺美彌子さんもでしたよね。なのに土屋議員は田上市長だけを攻撃した。そこがまた姑息というか。地方自治体の首長が国政に対して苦言を呈しちゃいけない、口出ししたければ辞職して国政に打って出ろなんて、いったい誰が決めたことなんでしょうね?聞いたことないですよ。国政に出ないと語れないなら集団的自衛権は国民は議論するなってこと?でも国会議員だって国民だよね?国民の代表だよね?それともなんですか?国会議員ってそんなに偉いんですか?自民党っておかしくなっちゃったんですかね?「長崎市長は歴史的体験を踏まえた核廃絶について語るから権威がある。集団的自衛権うんぬんという具体的政治課題に言及すれば権威が下がる」んなこと言えば言うほど株が下がっちゃいますよ。本当に偉い人って偉ぶらないですもんね。



483077_405010222924352_714608594_n.jpg  
実るほど頭を垂れる稲穂かな。






2014年08月09日 (土) | 編集 |
安倍首相の「コピペ」問題が面白おかしく巷をにぎわせているようですね。でも、一番恐ろしいのは、日本の総理の平和の誓いから「憲法順守」「憲法」という言葉が一切出てこなくなっていること。こっちの方が数万倍気にならないですか? つまり、削除されているんですよね、意識的に!!このままいけば終戦記念日の総理挨拶から「不戦の誓い」が消えるのは目に見えてます。なんて恐ろしい国!!
広島市長が今年、なぜか弱気な優しい発言に徹したせいかどうかわからないけれど、今日の長崎田上市長と被爆者であり語り部の城臺美彌子さんの平和宣言は力強く、圧巻でした。集団的自衛権を解釈改憲し、閣議決定した現政権に対し、厳しい言葉で諌めました。深く心に響くものでした。涙が出ました。
お二人の言葉をここに転載いたします。田上市長の言葉は長崎市公式HP(http://www.city.nagasaki.lg.jp/peace/japanese/appeal/)より、城臺さんの言葉は東京新聞(http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2014080902000250.html)より転載いたしました。 城臺さんの動画はいつ何時削除されるかわかりませんのでお早めにご覧ください。

平成26年長崎平和宣言

 69年前のこの時刻、この丘から見上げる空は真っ黒な原子雲で覆われていました。米軍機から投下された一発の原子爆弾により、家々は吹き飛び、炎に包まれ、黒焦げの死体が散乱する中を多くの市民が逃げまどいました。凄まじい熱線と爆風と放射線は、7万4千人もの尊い命を奪い、7万5千人の負傷者を出し、かろうじて生き残った人々の心と体に、69年たった今も癒えることのない深い傷を刻みこみました。
 今も世界には1万6千発以上の核弾頭が存在します。核兵器の恐ろしさを身をもって知る被爆者は、核兵器は二度と使われてはならない、と必死で警鐘を鳴らし続けてきました。広島、長崎の原爆以降、戦争で核兵器が使われなかったのは、被爆者の存在とその声があったからです。

 もし今、核兵器が戦争で使われたら、世界はどうなるのでしょうか。
 今年2月メキシコで開かれた「核兵器の非人道性に関する国際会議」では、146か国の代表が、人体や経済、環境、気候変動など、さまざまな視点から、核兵器がいかに非人道的な兵器であるかを明らかにしました。その中で、もし核戦争になれば、傷ついた人々を助けることもできず、「核の冬」の到来で食糧がなくなり、世界の20億人以上が飢餓状態に陥るという恐るべき予測が発表されました。
 核兵器の恐怖は決して過去の広島、長崎だけのものではありません。まさに世界がかかえる“今と未来の問題”なのです。
 こうした核兵器の非人道性に着目する国々の間で、核兵器禁止条約などの検討に向けた動きが始まっています。
 しかし一方で、核兵器保有国とその傘の下にいる国々は、核兵器によって国の安全を守ろうとする考えを依然として手放そうとせず、核兵器の禁止を先送りしようとしています。
 この対立を越えることができなければ、来年開かれる5年に一度の核不拡散条約(NPT)再検討会議は、なんの前進もないまま終わるかもしれません。
 核兵器保有国とその傘の下にいる国々に呼びかけます。
 「核兵器のない世界」の実現のために、いつまでに、何をするのかについて、核兵器の法的禁止を求めている国々と協議ができる場をまずつくり、対立を越える第一歩を踏み出してください。日本政府は、核兵器の非人道性を一番理解している国として、その先頭に立ってください。
 核戦争から未来を守る地域的な方法として「非核兵器地帯」があります。現在、地球の陸地の半分以上が既に非核兵器地帯に属しています。日本政府には、韓国、北朝鮮、日本が属する北東アジア地域を核兵器から守る方法の一つとして、非核三原則の法制化とともに、「北東アジア非核兵器地帯構想」の検討を始めるよう提言します。この構想には、わが国の500人以上の自治体の首長が賛同しており、これからも賛同の輪を広げていきます。

 いまわが国では、集団的自衛権の議論を機に、「平和国家」としての安全保障のあり方についてさまざまな意見が交わされています。
 長崎は「ノーモア・ナガサキ」とともに、「ノーモア・ウォー」と叫び続けてきました。日本国憲法に込められた「戦争をしない」という誓いは、被爆国日本の原点であるとともに、被爆地長崎の原点でもあります。
 被爆者たちが自らの体験を語ることで伝え続けてきた、その平和の原点がいま揺らいでいるのではないか、という不安と懸念が、急ぐ議論の中で生まれています。日本政府にはこの不安と懸念の声に、真摯に向き合い、耳を傾けることを強く求めます。

 長崎では、若い世代が、核兵器について自分たちで考え、議論し、新しい活動を始めています。大学生たちは海外にネットワークを広げ始めました。高校生たちが国連に届けた核兵器廃絶を求める署名の数は、すでに100万人を超えました。
 その高校生たちの合言葉「ビリョクだけどムリョクじゃない」は、一人ひとりの人々の集まりである市民社会こそがもっとも大きな力の源泉だ、ということを私たちに思い起こさせてくれます。長崎はこれからも市民社会の一員として、仲間を増やし、NGOと連携し、目標を同じくする国々や国連と力を合わせて、核兵器のない世界の実現に向けて行動し続けます。世界の皆さん、次の世代に「核兵器のない世界」を引き継ぎましょう。

 東京電力福島第一原子力発電所の事故から、3年がたちました。今も多くの方々が不安な暮らしを強いられています。長崎は今後とも福島の一日も早い復興を願い、さまざまな支援を続けていきます。

 来年は被爆からちょうど70年になります。
 被爆者はますます高齢化しており、原爆症の認定制度の改善など実態に応じた援護の充実を望みます。
 被爆70年までの一年が、平和への思いを共有する世界の人たちとともに目指してきた「核兵器のない世界」の実現に向けて大きく前進する一年になることを願い、原子爆弾により亡くなられた方々に心から哀悼の意を捧げ、広島市とともに核兵器廃絶と恒久平和の実現に努力することをここに宣言します。

2014年(平成26年)8月9日
長崎市長 田上 富久

[READ MORE...]
2014年08月09日 (土) | 編集 |
 forget me not
今日、長崎は69年目を迎えます。
そして、12日、御巣鷹山は29年目。
18日、百次郎は4年目。


"forget me not"



8月は祈り。
私にとって特別です。

じめっとした朝@世田谷区。
おはようございます。






2014年08月07日 (木) | 編集 |
DSCF1800.jpg 
朝たっぷり食べたので、お昼は
「くまモンのえび塩せん」
「鍋を焦がして偶然にできたスモークド枝豆」

DSCF1801.jpg  
「赤紫蘇ジュース」でさっぱりと。

み~んな、美味いっす♪


蒸し枝豆つくろうとしてうっかり鍋を焦がし偶然にできたスモークド枝豆。
これもまた乙なもの!!







2014年08月02日 (土) | 編集 |

我が携帯、知らない間に行政メールを除き、すべての、パソからのメールが着信拒否設定になっていやがった…私、なにやってんだか…ドジ😢


パソから私の携帯にメールしたのにぜんぜん返事が来ないと思ってらっしゃる方いらっしゃるかな?


設定し直しましたので、御手数ですか、もう一度送り直してもらえますか?







2014年08月01日 (金) | 編集 |
20140801朝日新聞朝刊

「今朝の朝日新聞の読者投稿欄に、
盲導犬の虐待についての投稿がありました。
数年前に、長崎で働く盲導犬が話題になったけど…
なんでこういうことするのかな。
悲しくなる。」

今しがたtwitterで見つけました。

ひどいことをするなぁ。
なんてことを・・・!!!
もし現場が大衆の中ならば、
犯行を目撃している人はいただろうに。
だったら一言注意するなり声掛けするなり、
なにかしらアクションを起こしてくれてもいいだろうに。
犯人も目撃者も同罪だよ!!

病んでるなぁ、この国は。
 

犯行現場で直に注意するのが怖い場合あるよね。


注意した人間の命が脅かされるときあるからね。


そんな時は乗務員に知らせるか、


下車して駅事務所に駆け込むか、


最寄りの警察署に一言残すかでもいいと思うんだよね。


飼い主さんが警察に報告しても目撃情報ゼロじゃ泣き寝入りだもん。





最近のニュースを見てるだけで
日本人でいるのが辛くなる。
 

日本人が嫌いになりそう。
でも…

なんで人を殺しちゃいけないのか話し合ってみたって記事が多かったので、
わが家でもやってみた。
『なんで人を殺しちゃいけないん
だと思う?』
『え?だって、みんなやりたいこととか楽しみなこと
とかあるやろ?
今日、ゆうはんカレーやとか。
そんなん、人の楽し
み取ったあかんで』
わかりやすかった(笑
)

っていうツイを見つけて救われた(大泣)






2014年08月01日 (金) | 編集 |

お暑うございます。
 
管理組合の理事長になったのを機に、
我が家であるペット可マンション初の防災訓練実施に向けて関連資料を集め、
理事会を招集。全員一致で訓練実施が決まりましたので、公休日の今日、
居住区のまちづくりセンター防災担当係長とご相談&訓練申し込みついでに、
2時間かけて(笑)居住区指定避難所についていろいろと質問させていただき、
じっくり情報収集してまいりました。
 
今のマンションに新築で入居して以来13年の間、
一度として指定避難所の小学校での合同避難訓練に
参加した事もなければ、町会や自治会からの伝達もまったくないことを申し上げましたところ、
 
①実は、該当小学校在校生徒、PTA、OB、ほか学校関係者のみでは定期的に訓練を行っている。
が、学校関係者以外の住民には全く連絡をしていない。
最近でも小学校にて、緊急時、災害時の子供のお迎え訓練を実施。
そのついでに、関係者だけで防災講演会、震度体験車ほか、具体的な避難訓練、
防災訓練を行ったとのこと。
それじゃ、差別もいいところですよね!と申し上げたところ、
学校の言い分は「だって、学校主催の訓練ですもの。」
「指定避難所としての合同避難訓練をしたいなら、担当者がそう言ってくれなきゃ!」
だそうです。
が、内部からこれでは偏りすぎだろうと問題視されたことから、
改善すべく学校関係者以外の町会長、自治会長を含めた避難所運営委員会
全員で勉強会を開催し検討を始めようとしているところだそうです。

②ペット同行に関しては、ペット同行避難は心得ているが、
まずは人(高齢者、妊婦、障碍者など災害弱者を含む)優先なので、
そっちの対策を考えている途中で、ペット防災は全く進んでいないそうです。
「でも決してなおざりにしているわけではないです!」
「避難所運営委員会でもペット防災については、 議題に上ることがあります。」
「運営委員会にもペットのことを気にしてらっしゃる方もいらっしゃいますから」とのこと。


※①②ともにいえることは、
区民、住民意識が高まり、ボランティアなど、いろいろと民間活動がスタートするのはいいことだが、
リーダーとなるべき運営委員会が何もわからず素人同然ではどうしようもないので、
まずは運営委員会の人たちの育成を重視したい。
とのことでしたので、リーダー育成はとても大切。
しかし、それと並行して、自助、共助意識を高めるためにも、
一般区民である私達は私達で独自にできることを見つけ推進していく、と
申し上げて退出いたしました。
 
今日、窓口として話をお伺いした担当防災係長というお方、お役所にありがちなマニュアル信者ではなく、ファジーな考え方の持ち主のように見受けられます。お話してて「これは個人の意見ですが」「私の立場でこんなこと申しあげて良いかどうかわかりませんが」と、こちらからの突っ込んだ質問にも詳細な情報を提供していただきました。2時間も長居してしまい、区民のためのサービス窓口とはいえ、さすがに、最後の方はため息交じりで対応してくださいました。が、ずっと聞きたかったこと、知りたかったことだったので、大変参考になりました。

防災訓練以外にも「ペットクラブ創設」「ペット同行避難訓練実施」など、まだまだやりたいことがあり、 すでに理事会には諮ってますので、ぜひとも在任中に実現したいですね。もしペットクラブ創設できなくても、 飼い主さんたちとの情報共有やペットたちと一緒に避難できて一緒の部屋で生活できる場所探しなど 個別活動はできるので、形にとらわれず、何かしらの形でスタートしたいと思ってます。






★是非一度お読みください。 
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html