薫の野郎猫的日常
2013年01月31日 (木) | 編集 |
今日で1月も終わり。
午前6時前、外気の冷たさの中に微かな春の息遣いを感じながら帰
宅。
やりがいはあるものの、この時間の仕事は堪えます。
冷気で頭が痛い(笑)
野郎どものお世話を済ませ、朝ご飯食べて、寝よっかなぁって思ったら

... けんちん汁に生姜を大量に投入したせいか眼が冴えて眠れない( ̄Д
 ̄;;

昨日、
ずっと日延べにしてきた染のマイクロチップ登録抹消手続完了。

死亡届に登録完了通知葉書のコピーを添付して郵送するAIPOの手続きのほかに、
MCを挿入した病院へ報告義務がある
ので、
6年ぶりに横浜の病院へ連絡。

電話に出た看護師さんに「いいご縁をありがとうございました」と
伝えられてよかった。
染がどんなに素晴らしいにゃんこさんだったか、
どんなに立派な最期だったか、
沢山褒めてあげられてよかった。

彼女も「最期まで愛してくれてありがとう」って。

2005年初秋、横浜のとあるお宅の軒下生まれ。
兄弟姉妹と一緒に保健所へ。
運よく保護団体に外へ出していただき、
病院預かりで里親探し。
運命の出会いにより世田谷へ。
やんちゃで元気で健康で医者要らずだったのに、
4歳になる前からガラガラと体調を崩し始め、
生検まで受けたけど不調の原因がわからず、
ステロイドを飲みながら原因不明の溶血性貧血と闘い続け、
あと半月で7歳になろうとする2012年晩夏、
FIPドライタイプで旅立った染五郎。

でも神経症状は5分間で治まった眼振1回だけ。
息を引き取るまで普段の凛とした染でいてくれました。

いい男でした。
素晴らしい野郎でした。
そして、
いまも変わらず大切な家族です。

昨年の7月16日に別れたけど、
でも昨日までMC登録抹消手続きだけは、どうしてもできなかった。

手続きしたら本当の別れが来るようで…
本当に別れなくてはいけない気がして…


それくらいFIPという病は強烈です。


染に降りかかった運命というには過酷すぎる現実を受け止めるまで、

「最期のお別れ」ができるまで半年かかりました。

【時薬】がじわじわと効いてきたみたいです。



2013年01月30日 (水) | 編集 |
どうしても聞きたいことがあって、いつものように、保坂区長へパブコメを出しました。

「世田谷区は平成16年4月1日「世田谷区人と動物との調和の取れた共生に関する条例」を施行。
獣医師会世田谷支部は不妊・去勢助成事業による手術を希望する飼い猫に対し、登録料1000円負担以外は無料でマイクロチップを挿入しています。
そのお陰もあり、我が家の猫5頭全員、マイクロチップ挿入済みです。そこで、お尋ねいたします。

1、世田谷区の犬猫でマイクロチップ挿入済みは何頭いますか?
2、世田谷区では毎月(毎日?)何頭、捕獲保護され、保健所、愛護センターへ収容されますか?
3、捕獲保護、収容された犬猫は全頭、リーダーでの読み込みを実施していますか?
4、保健所、愛護センター収容の犬猫でマイクロチップ挿入しているお蔭で、飼い主さんの元へ無事帰ることができたのは何頭ですか?
5、区保有のリーダーは保健所に1台のみ。ということは、事故などで死亡し、清掃局など他の施設へ持ち込まれた犬猫のデータ読み込みは、どうなさっているのでしょうか?
6、災害時に飼い主不明の被災動物を保護収容する東京都動物愛護相談センターに移動する前、一時的に区の保健所が保護収容するとのことですが、 何万頭といるであろう被災動物全頭のデータ読み込みを、たった1台のリーダーで対処されるのでしょうか?
7、6の作業でチップ埋め込みが確認できた犬猫は、その後、どうなるのでしょうか?
8、区の保健所から移動してきた犬猫は、都の愛護相談センターで再度、ダブルチェックのため、データ読み込み確認作業を実施されるのでしょうか?
9、もし、6で取りこぼしが出た場合、8でダブルチェックが行われない場合、マイクロチップ挿入しているにもかかわらず、飼い主不明となった犬猫の行く末は?

今日現在、区長にお尋ねしたいことは以上です。
宜しくお願いいたします。」



さて、区の反応やいかに?





是非一度お読みください。
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難カテゴリ
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html


2013年01月29日 (火) | 編集 |
警戒区域内の被災動物救済で、過激な行動で有名なファミリーがとうとう逮捕された。

けど、ここで、とやかく言うつもりはない。

ただただ、
災害時に動物は、残しちゃだめ。
一緒に逃げて!!!

ただ、それだけ。



さて、東北でこうなんだから、東京で同じ災害が起きたらどうなるか?

想像に難くない。

なのに・・・311でこれほどつらく悲しい現実が目の前にあるというのに・・・

目黒区在住のある猫友さんからもたらされた情報で暗澹たる気持ちにさせられた。

「同伴避難を進めている世田谷区なんだけど、マイクロチップの読み取り機は、区として、何台持っているか知ってる?目黒区はね、なんと、ゼロ!読み間違いじゃないよ、0 なのさ。電話でおかしいと意見されたのは初めてだって。田舎の保健所だって持ってるんだよ。災害時は一時は目黒区が保護するけど、それ以降は愛護センターへ回すからって。一体どれくらいの数になるのか分かってますか?と言ったら苦笑いしてたけど」

我が世田谷区だって同じようなもんだわ。さすがにゼロじゃないけど。たった1台でも持ってるけどさ。獣医師会所属の動物病院61か所には1台ずつ保有してるけど、世田谷保健所は1台しか持ってない。

そう返信したら、

「清掃局に持ち込まれても読み取ってもらえない現状は世田谷区も一緒なのか。何十台も保持せよとは言わないが、1台もないって言うのはねぇ。しかも、来年の予算にも計上されていないってさ。」

そうです。世田谷区 災害時ペット同伴避難推進、猫のマイクロチップ義務化と登録制についての回答 http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1370.html にてご報告した通りです。マイクロチップ義務化や猫の登録制が実施されない限り、きっと読み取り機も増えないだろうな、って思ってます。

そうこうしているうちに、もし大震災が起きて、そして…きっと、動物にとっても飼い主にとっても地獄のような現実が襲い掛かってくるんでしょうね。

だからこそ、私一人でも声を上げ続けます。

一人でもいい。

この声に耳を傾け、行動を起こす人が出てきてくれるなら。


保坂世田谷区長へのメール、そして、いつも力になってくださっている田中優子区議へメールしました。

田中区議からは、

「区が保有しているマイクロチップリーダーが1台しかない件で
『清掃局に持ち込まれても読み取ってもらえず、飼い主の元へ
戻ることなく殺処分されている犬猫が多数いる可能性がある』
というご指摘については、実態を調べた方がいいですね。
実際に、毎日(毎月?)何匹ぐらい捕獲され清掃局に持ち込ま
れているのか?全部マイクロチップリーダーで読み取られてい
るか?等々。
少しお時間をください。」

と、いつもながら心強いレスポンスを頂戴いたしました。

なにができるかわからないけど、行政に丸投げしても何も変わらないから、私たちが声を上げていくしかないんだと思います。


※注※
①清掃局に持ち込まれる犬猫は死亡している場合。
まだ元気な場合は保健所です。
つまり、世田谷区は読み取り機を保健所に1台。
それ以外の場所には読み取り機がないので、
交通事故に遭って瀕死の状態の犬猫が、リーダーを持っている施設に保護されなければ、身元確認されないまま。息を引き取れば自動的に処分されてしまうのです。
つまり、マイクロチップが挿入されている子でも、死亡したり瀕死の状態で運び込まれた場所が、リーダーを保有している病院や保健所以外の場所(清掃局を含む)なら、もう二度とあなたの元へは帰れない確率が高い。身元を確定するすべを持たないまま闇から闇へ葬られてしまう、ということです。

②世田谷は、平成16年4月1日「世田谷区人と動物との調和の取れた共生に関する条例」を施行。獣医師会世田谷支部は不妊・去勢助成事業による手術を希望する飼い猫に対し、登録料1000円負担以外は無料でマイクロチップを挿入しています。

是非一度お読みください。
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難カテゴリ
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html

2013年01月22日 (火) | 編集 |
昨年、辛い別れが続いたので、今年はきっと明るい年になるだろうと期待していたのだが…

8日、伯母がいわゆる孤独死したと叔父夫婦から知らせが届いた。

伯父が死んで、子供がいない伯母は一人で暮らしていたのだが、夜になっても家の明かりがつかないのを訝った隣人から報告を受けた民生委員が、近くに住んでいる伯母の妹に異変を知らせた。施錠されていたので、伯母の妹は、預かっていた鍵で開錠。風呂場で倒れている伯母を発見し、救急車を呼んで警察に通告したそうだ。

孤独死の場合、警察が介入し、法の定めにより司法解剖が行われる。

事件性がなければ医師による死亡報告書が出て葬儀となる。

当日は警察やらパトカーやら救急車やらで伯父の家とその周辺は一時期大騒ぎになったのは言うまでもない。

でも、熊本の田舎にはまだ人情が残っているんですね。

夜、いつもなら灯る明かりがつかないだけで隣の方が通報してくれるんですから。

本当にその方とご家族には心からお礼を申し上げます。

ありがとうございました。

東京ならきっと白骨化しても誰も気がついてくれないだろう。

同じ孤独死でも私の末路は絶対後者だわ。

仕事があったので11日の葬儀に出席できなかったが、色々と考えさせられる出来事でした。



そして、昨夜21日。

今度は母が転倒事故を起こしたと施設からメールが来た。

家族として、母には好きなだけ自由に歩いてもらいたいと望んでいるし、

それに伴う転倒や怪我は仕方ないと思っている。

今までにも何度か転倒し、頭を打てばすぐに受診してCTなど必要な検査も受けている。

毎回、骨折も硬膜下血腫などの後遺症もなく事なきを得ている。

職場でも何度もお客さまの転倒事故に遭遇するのだが、不思議なことに、認知症の方って転倒しても怪我や骨折に至らないケースがほとんど。自立の方の方が怪我したりする確率が高いように感じます。なぜでしょうね。認知症って、脳の機能が低下する代わりといってはなんですが、もしかすると、運動機能が向上したりするんでしょうか。

話が逸れてしまったが、今回の転倒事故はいつもの転倒と少々異なる問題性をはらんでます。

転倒の原因が、母の居室があるフロアの1F上、3Fからの漏水。

その水たまりでスリップして転んで頭を打ったらしいです。

すぐに受診し、CTも撮ったらしいですが今の所異常なし。

後遺症が出る危険性を考えて、これからしばらくは様子観察です。

本人に笑顔が見られたりしてますが、そんなので喜んではいられません。

事故の原因に施設の設備点検不徹底や不具合の見落としなど、

スタッフや施設経営に問題があることも考えられます。

もし、今回の事故が原因で母に後遺症が見られたり、命にかかわるような変化が現れた場合、

施設への法的な責任追及、賠償責任の検証が不可欠となってまいります。

警察や司法の介入が必要になるかもしれません。

成年後見監督人として、母には裁判所から弁護士が選任されておりますので、

いざとなったら彼に協力を仰ぐことが可能です。

こういう時くらいは働いてもらわねば!

「本件のことで何かアドバイスがあればお聞かせください」

一応、今回の事故の報告メールと私からの返信メールを弁護士にはFAXしておきました。

施設には、弁護士に報告することと、今回のような事故が二度と起きないよう、設備点検と不具合の改善を要求する旨、メールにて注意喚起しました。

先方を脅かすつもりはないのですが、やはり命を預かる職場に働く仲間としても、入居者だけじゃなくスタッフの怪我、最悪の場合、命を奪うようなことに繋がる状況を見逃すわけにはいきません。階上からの水漏れに気がつかなかったこと、廊下に水たまりができていることに気がつかなかったか、もしくは放置していたこと、何がどうして水漏れしたのかはわかりませんが、やはり、設備点検とメンテナンスはこまめに行ってほしいと思いました。

母に後遺症がでませんように。

警察や裁判所が介入するようなことになりませんように。


そして、もうひとつ。

実は九十のことでひと騒動あるんですが、そのことについてはまだ最終的な結果が出ていないので、ケリがついてからお話いたします。一時期は本当に肝を冷やしました。最悪のシナリオも考えました。覚悟も決めました。でも、恐らくは最悪の結果にはならずに済みそうです。なんせ、すくすくと育ち、昨日体重測定したら、4キロになってましたから。

それにしても、千太組って言う集団はどこまで不思議な絆で結ばれているんでしょうね。九十の異変に気がついたのは、八雲が卒業して1週間が過ぎた日だったのですから。私にも野郎どもにも、これまでいろんなことが起きてますが、ひとつとして重なったことがない。必ず、一つのことが終わって一息ついたころに次の騒ぎが起きる。

異変が起きる時期をコントロールしてくれている「誰か」さん、ありがとね。

やっぱり私たちって、同じ人(猫)生のジェットコースターに乗っかってる家族なんだなぁ、って痛感してます。
10795466_1867388251_190large.jpg  


2013年01月07日 (月) | 編集 |
寒中お伺い申し上げます

向寒の折、皆様にはお変わりございませんか。
喪中のため、年頭のご挨拶を遠慮させていただきました。
本年も何卒よろしくご厚誼のほどお願い申し上げます。





千太組
寿三郎・幸四郎・六輔・七海・九十&薫




61463_451112474924621_1077558098_n.jpg