薫の野郎猫的日常
2012年03月28日 (水) | 編集 |
まだ有料サービスは利用してないけど

同居人はこんなオンラインサービスを利用スタートしました。

まずは野郎どもの情報登録完了!

だけど、首都直下地震時の野郎どもの面倒を看てくれる「代理人」は誰?(笑)

★飼い主と離ればなれになったときペットを守る「ペットセーフティサポート」

http://www.petss.jp/


★担当者の方との一問一答

Q:運営会社が東京なので、東京で震災があった時の対応やバックアップはどうなってるのか教えていただけますか?
A:バックアップについては、一つは会員様のデータ等がすべてインターネット上のサーバに格納されておりますので、地理的には運営会社の拠点以外でも運用が可能です。そこがこのしくみの強みでもあります。
その上で、運用の体制としては災害の規模により二段階です。
比較的災害規模が大きくない場合、運営会社二社で協力していますので、いずれかで運用可能な方が運用をします。
大規模災害の場合については、今はまだ小規模体制でやっておりますので組織的には今後整えていきたいと思っておりますが、現段階では、関東圏以外に住む運用会社の身内と協力すべく、手順の等の共有を進めているところです。

Q:個人情報流出事故が多発しておりますので、データ保存と個人情報管理が一番の関心事です。普段の生活はペットシッターさんと契約しているのですが、災害時など緊急時のデータベースとして活用させていただければと思います。一人暮らしですし友人知人はみんな同年輩。「代理人」が立てられない(笑)それに大震災の場合、全員都内首都圏近郊ですので誰にも頼めない。宝くじ1等前後賞ダブルで当たったらペット同伴避難のためだけのシェルターを作るんですけどね。
A:個人情報管理は徹底したいと考えております。PCや記録媒体にはデータを保管していないので、物理的な持ち出しや盗難はありませんが、サーバへのアクセスは厳重にしたいと思います。
本しくみは、情報の保管や提供に留まりますが、O様の仰る通りシェルターの必要性も感じています。運用会社の一社がペットホテルを経営しておりますので、非常時のペットのお預かりという面で、何かお役に立てるようなこともできないか、今後考えたいと思っております。

2012年03月27日 (火) | 編集 |

被災地、特に福島で起きていることがもし自分の身に起きたらどうしますか?
今の日本、いつ何時同じことが起きるかもしれません。
あなたならどうしますか?
 ペットを置いて避難しますか、それとも一緒に連れて行きますか? 
あなたがお住まいの地区では災害時ペット同伴避難できますか?
 お住まいの地域の自治体が災害時のペット同伴避難に対してどう定めてあるかご存知ですか? 
 
今回のことで国や自治体がどういう対応を取るかもう十分にご存じのはず。 
 いざという時に力になってくれるのは国や東京都ではなく、一番身近な地元の自治体。
各市区町村がペット同伴避難に関する項目を防災計画に明文化していなければ今回の悲劇がまた繰り返されてしまいます。 
 
震災が起きてからでは遅すぎます。
 マニュアル化されていても実際にペット同伴による避難所訓練など何度も実施していなければパニックになってしまいます。 

 お住まいの地域の防災計画や避難所運営マニュアルはネットで簡単に閲覧できますので一度お調べになってみてはいかがでしょう? 
 
お住まいの地域の自治体が災害時にペットに対してどう考えているか、どう決めているか知っていて損はないと思います。 
 
もし何も手立てを講じていない場合は(調査した結果、ほとんどの自治体が全く何も決めていない、もしくは同伴避難禁止なのが実情です)大切な命を守るためどうぞ動いてください。 

 私たちオーナーは投票権を持ち、かつ納税者でもあります。
 地域の議員さん方に呼びかけて災害時のペット同伴避難を議会に諮り、防災計画の一項目として明文化していただくよう働きかけましょう。 
 

★私が実際に動いて見えてきた実情と同伴避難に1歩近づいた世田谷区のケースをご参考になさってください。
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html

茨城県、地域防災計画に“ペットの同行避難”を認める http://blog.hitachi-net.jp/archives/51337502.html

地獄の苦しみを味わいながら絶えた命と
生き地獄を味わいながら生きている、
いや生かされている命に教えを乞わなければ。
この悲劇を二度と繰り返さないために学ばなくては!
他人任せにしないで自分ができることを実行に移さなければ!

japan-201260-reuters_view.jpg 
  電力復旧を待つ被災地、津波逃れたペットも避難所生活
            by [気仙沼(宮城県)2011年3月17日 ロイター]

犬の十戒NO.4
貴方には仕事や楽しみがありますし、友達だっているでしょう
でも...私には貴方だけしかいないのです。
Don't be angry at... me for long and don't lock me up as punishment. You have your work, your entertainment and your friends. I have only you.


2012年03月25日 (日) | 編集 |
福島原発事故とともに一気に推進から脱原発に方向転換したドイツのメルケル政権。
「原発問題は倫理主体」と推進派を一切排除した「倫理委員会」招集。
学校でも1日中原発問題の授業を受けさせるプログラムを組む力の入れようだ。
殺処分ゼロの国でもあるドイツ。
真逆に推移する日本とドイツ。
何が違う?
キーワードは「倫理」と見た!

倫理とは?
「人として守り行うべき道。善悪・正邪の判断において普遍的な規準となるもの」
ドイツのメルケル政権は原発も殺処分も倫理に反するものと判断したわけだ。
日本は永田町も霞が関もどこもかしこも圏内動物も含め人として是と判断しているのか?
あまりに怖すぎる!

TPPはビートルズと仰った我が国の首相。
ポールが日本でレノンがアメリカ?
初来日の空港で麻薬所持で逮捕されたポールと熱狂的ファンに射殺されたレノン。
この二人のハーモニーが重要?
ポールとレノンの不仲(いや巷では彼らの妻たちの不仲が直接的原因だと噂されているが)が原因であのバンドは解散した。
つまりは最後は2国間決裂をも厭わず死を持厭わず【不退転】の覚悟で臨むということか?

あぁ、目の前が真っ暗。

日本(人)の倫理(感)って?

2012年03月21日 (水) | 編集 |
今日は朝から大忙し。

まずは六。

いつものように立膝に乗って寛いでいた六の右前脚の爪の辺りが濡れているのに気が付く。
 
出血はしていない。

濡れているのは舐めたから。

●眼鏡掛け直してまじまじと見るとどうも爪の1本がおかしい。

付け根の辺りも赤く腫れているように見える。

触ると声を上げて嫌がる。

においを嗅ぐと悪臭。

歩行は普段通り。

キャットタワーや高い所にもすんなりと上ることができる。

だが、トイレに入って排便するときは右前足を持ち上げて3本足で踏ん張っている。

やっぱりおかしい!

診療前の留守電にその旨を残すと8時半に先生から電話。

すぐに診てあげると言われ病院へ。

やはり1本の爪が根元の土台から外れ別の方向を向いている。

その部分が赤く腫れあがり炎症、感染症を起こしているらしい。

脱臼や骨折がないか念のためにレントゲン撮影。

幸いにも骨折などはなかったがやはり相当深部まで炎症が拡大していた。

患部の爪を根元から切り離し生食水で洗浄。

抗生剤の注射をして患部をスポンジで囲み包帯でぐるぐる巻きにする。

明日また洗浄のため受診。

六を保護した当時から両前脚の爪の生え方が異常だというのは気がついていたが、普段の生活に支障がないのでセンセとも相談して放置していた。

恐らく、七とでも鬼ごっこ遊びしていた時、急停止か方向転換した時に爪に過剰の圧力がかかり土台から外れてしまい、そこから感染症を起こしたのだと思う。

反対側の異常な爪は全く問題なし。このまま放置。

帰宅した六は右足をプルプル振り回し、3本脚歩行。

それでも高い所に上ったり頑張っています。
CIMG5489.jpg

さてお次は七。

1週間前辺りから気にはなっていた左前脚の腋辺りのハゲ。

ところどころが固くなっている。

発疹やただれや出血はなし。

気にして嘗め回すこともない。

でもやっぱり気になるので六の受診ついでに診てもらうことにする。

硬くなっていたのはかさぶた。

さてハゲの原因は?

先生が一つ心配していることは「カビ」。

これはカサブタを培養し2~3週間経過したのちでないと結果が出ない。

でももしカビなら他の野郎どもにも伝染し厄介なことになるので即、培養検査してもらうことに決めた。

結果が出るまでは毎日2回AP水で患部を拭き、ゲンタシン軟膏を塗布する。

七、低温火傷といい繊維質の食事を継続するとすぐに排便時に出血することといい、お前はどこまで皮膚が弱いんだ!
CIMG5492.jpg


千太組のジェットコースターライフはまだまだ続く。

2012年03月17日 (土) | 編集 |
★3/19(月)10:30-11:50日テレプラス『ねこ島日記』:猫の島として有名な宮城県田代島にもあの大津波は大きな爪あとを残しました。島の復興と猫たちの楽園の復活を願って震災前の田代島の風景と暮らしをお届けします。(2009年10月に撮影)

3月20日の午後6時10~45分までNHKのホリデードキュメントで「帰れない犬たち~東日本大震災から1年・ペットたちの今~」が放送されます。『20日NHK「震災から1年、ペットたちは今」 http://amba.to/w4U37q

4月22日にテレビ朝日CSアニマルプラネットで「のこされた動物たち」のドキュメント番組が放送。英語版も作成されておりアジア圏や世界各国で放送も検討中『テレビ朝日、CS「アニマルプラネット」向けに警戒区域のペット番組を制作』 http://ameblo.jp/japandisasteranimals/entry-11194862031.html


20日のNHK以外はCSばっかり・・・見たいのになぁ。

なぜにCS?

BSとか地デジはどうして放映しない?

誰か録画してくれませんか?


2012年03月16日 (金) | 編集 |
チルチルとミチルの「青い鳥」
この童話を知らない方はいないでしょう。

このお話しは、「クリスマス・イブ」に起った奇跡の物語です。
あるクリスマスイブに、貧しい兄妹、チルチルとミチルが、ある妖女に頼まれ、「しあわせの青い鳥」を探す旅に出かけます。
色々な世界や事件や出来事に出会いますが、結局、青い鳥を見つける事ができずに放浪の旅は終わります。

ところが翌日、二人が目を覚ますと部屋の片隅に昔から飼っているキジバトが青い鳥に変わっていたのです。
随分遠くまで探しに行ったけれど、青い鳥は実は近くにいたと気づきます……。
本当の幸せとは、遠くあるものではなく、自分たちのすぐ身近な日常生活の中にあるのです。
めでたしめでたし。


しかし
原作は、もっと残酷な結末を用意していたのです。
しかも。この物語は、童話ではなく、戯曲として書かれたもので、作者のメーテルリンクは、この戯曲でノーベル文学賞を受賞しています。

さてさて。
その残酷な結末とは。。。

「青い鳥」(堀口大學訳・/新潮文庫)
によると、

「幸福」と象徴とも言える「青い鳥」は、手に入れたと思った途端に、逃げてしまうのです。

作家・五木寛之は
「青い鳥のゆくえ」(角川文庫)
メーテルリンクの名作「青い鳥」の本当の結末について、こう書いています。

「安易に手に入る幸福とか希望とかはこの世の中にはないんだよ」

この解釈はさまざまだと思います。
人間は「青い鳥」という夢や希望がないと生きていけません。
しかし、それはつかまえたと思ったら逃げてしまう。。。
これさえあれば幸せになれるという思いにとらわれると、
本当の青い鳥」が見えなくなってしまいます。
もっと大切なものが他にあるかのかもしれません・・・

「幸せは身近なところにある」っていうより、もっともっと深い話のような気がします。
この国の現状に明るい未来も希望に満ち溢れた明日さえ見えなくなりつつある身としましては、心にストンと落ちるような氣がしています。

五木寛之は次のようなメッセージを発信しています。

(以下「青い鳥のゆくえ」より引用)

………………………………………………………………

アメリカの大学の実験で、深く悲しむこともまた、よろこぶことと同じように人間の細胞を活性化させて自然治癒力を高めるということが、はっきりと確認されているんです。 悲しむことは体に悪いというふうに思いがちなんですが、そうではありません。
人間はよろこぶことでいきいきすると同時に深く悲しむこともまた、その人の命に、いきいきとした活性化を促進し、治癒力を高めるということがあるのではないか。 
そうしますと、ひとのために悲しむこともひとのためならずで、それはその人にも返ってくることなのです。
ですから私たちは、よろこぶと同時に悲しむことも忘れてはならない。・・・
悲しむこともまた大事なことである。<悲>という感情がどれほど大事かということを、これから考えていななきゃいけないと思います。

…………………………………………………………………

人は、「喜び」だけでなく、深い哀しみも、痛みも絶望も失望も怒りも。。。
生きるために大事なもので、それによって命をいきいきと輝かせ、魂も磨かれていくのです。

チルチルとミチルは、その「青い鳥さがし」の旅の最後のほうで「幸福の花園」に迷い込みます。そこで、色々な「幸福」達と出会います。

最初は人間の目で見える「幸福」達。
1番小さな幸せ。
それは「お金持ちである幸福」「太り返った幸福」「虚栄に満ち足りた幸福」「何も知らない幸福」。。。

その次は、おうちに普通にある幸福です。
「健康である幸福」「清い空気の幸福」「「青空の幸福」「森の幸福」「昼間の幸福」「春の幸福」「雨の日の幸福」

最後にひときわキラキラ光っている「大きな喜び」達を遠くから眺めます。
それは、「正義である喜び」「善良である喜び」「ものを考える喜び」「ものを愛する喜び」それらは、いつも笑っているわけではなく、不正が正されたり、苦労が実った時などに、にっこりするのです。

深い哀しみや痛みを知った者だけが、正義を追求しひたすら前を向いて歩く者だけが、深く、大きな喜びも与えられます。

神が私たちにこの「大きな喜び」を与えて下さったことに、
そしてこの試練に耐えるだけの力を授けて下さったことに
感謝いたします。



2012年03月11日 (日) | 編集 |


キャンドルナイト2011
 
助けることができた命、助けられなかった命
すべての命に祈ります 

2012年03月10日 (土) | 編集 |
CIMG5174.jpg
ジュサ坊

CIMG5176.jpg
幸ちゃん

お前たちが争うたび、他の連中はその場から逃げるのに、六だけは毎回しっぽを狸にして間に入ってくれることをどう思ってる?

間に入った六はお前たちどちらかに付くことなくただただ怒りを露わにする。

ジュサ坊だけじゃなく、「幸子さん」として慈しみ育て守ってくれた幸四郎にだって構わず向かってゆき牙を剥き爪を立て容赦なく攻撃する六。

お前たちにどうして欲しいのか、何を求めて、どんな気持ちでお前たちを攻撃するのかわかるか?
CIMG4239.jpg 
六の悲しみ、怒り、憤り、寂しさがわかるか?

DSCN2284.jpg CIMG0282.jpg DSCN1082.jpg CIMG0614.jpg
六はきっと元に戻りたいんだよ。

楽しかったあの頃に。
 
想い出してほしいんだよ。

あの頃がどんなに平和で幸せだったか。

私にはそんな六の心がひしひしと伝わってくるんだ。

私に伝わってお前らに響かないわけなどなかろう!

不毛な争いなぞもういい加減にやめないか?

2012年03月04日 (日) | 編集 |
先月26日に輸液120㎖入れた六。

この2~3日、また便が滞ってる。

シャンペットはドライに振り掛ければ難なくお腹に入るし飲水量も増えている。

が、それでも足りないということか。

今日の夕飯は水たっぷり足したNB。

いい感じで食べてたら食べながらえずき始めゲロォ…(T┰T )

缶詰はやめてドライにシャンペット振り掛けたら半分くらい口にした。

そういえば以前からたま~にあったな、こんなこと。

口にした食事が気に入らないのか?

他のものに替えるとゲロォ…(T┰T )も止まるし。

以前は全く気にも留めなかったのだが遅まきながら気になり始めた。

ということで120㎖輸液。

座ってくれずすぐごろんと横になっちゃうし暴れるしで思った場所に入らず今日は首周りに輸液だまりの瘤が・・・

液を注入する時もじっとしてないからぎゅっと抱きしめながらなので、当の六は窮屈だし苦しいしで「キュッ」とか苦しげに微かに囀りながら(鳴くというより鳥がはかなげに囀る感じ)ジタバタ。

針が抜けそうで気が気じゃないし、変な場所に刺したんじゃないかと心臓が痛い。

落ち着いて輸液してらんないよぉっ(号泣)

でも、ま、いっか。

と、一気に注入。

しばらくするとオシッコ。

気分がよくなったのかNB缶詰40グラム強平らげた。

やっぱり以前からあった「食べながらゲロォ…(T┰T )」は気分不快のサインだったのかな?

これで排便が開通したらもっと気分良くなるはず。

そして相変らず仲がお悪い寿幸コンビ。

百次郎がいなくなってから権力闘争に明け暮れる毎日。

全員仲良しなのが自慢だった同居人は詐欺にあった気分だよ、ったくぅε=(=`・´=) プンスカプン!

嫌いなら無視すればいいのに幸四郎の部屋に入りびたりのジュサ坊。

食事時も気になるのか途中で切り上げて幸四郎部屋へ行こうとする。

もちろん食事時はドアは閉めてあるので入れないのだが。

その間に大喰らいの七海がジュサ坊の食事を盗み食い。

ジュサ坊には追加で食事を提供するのだが七海がうるさく付きまとうわ、ジュサ坊はジュサ坊で幸四郎が気になって食は進まないわ、その間にまた七海が全部食べちゃうわでも~大騒ぎです。

幸四郎は幸四郎で食事してオシッコしてウンチして一息ついたらもうドアノブにジャンプして器用に戸を開けてジュサ坊を中に入れてしまう。で、しゃ~ふ~、う~か~しゃ~か~。

以前に比べると大乱闘の回数はだいぶ減っているのだが・・・

お互い接近しても冷戦状態のままの時間も増えてはいるのだけれど・・・

幸四郎はどうしてジュサ坊が入ってくるのがわかっていながらドアを開けてしまうのだろう。

これを繰り返すとドアの調子が悪くなり閉まらなくなってしまう(しばらくすると元に戻ってはくれるのだが・・・いつかきっと全く閉まらなくなる日が来ると思う)

ま、それはいいとしても、幸四郎はジュサ坊が中にいると飲水もトイレも一切できないし、自由に動き回ることもできない。

ストレスを感じているに決まっている。

なのに中に入れてしまう。

私が一緒に居ても居なくても戸を開けてしまう。

なんで?

トイレは食後とか決まった時間があるのでトイレ時間だけは絶対にジュサ坊を中に入れることはしない。

が、水飲みがまったくできない。

ジュサ坊は幸四郎の部屋でもトイレはするし水は飲むし自由気ままに振る舞うというのに。

今日の夕食後、六の輸液を終えてしばらくリビングで六の様子を観察していたのだが、ジュサ坊は幸四郎の部屋とリビングを行ったり来たりで落ち着きがない。

しばらくして六がぐっすり眠りについたので安心してジュサ坊を追い出し幸四郎の部屋へ移動。

食後にたっぷりオシッコしたのはチェック済みなのに唸りながらまたトイレに入って少量のシッコ。

膀胱炎は勘弁!と、NB少量にたっぷり水を混ぜて幸四郎に飲ませるとごくごく喉を鳴らして全部飲みきった。

興奮状態も手伝って相当喉が渇いていたんだ。

幸四郎はジュサ坊や六と違ってこうやって大量の水を飲ませるのがいとも簡単なのでこれができる間は輸液は全く必要ないのがありがたい。

いっぱい水を飲んでオシッコ一杯出してくれ!

心配なのはジュサ坊。

ある程度の量の食事は食べてるから栄養は足りてると思うのだが。

それに彼も少々太り気味なので食事量が減ることはいいことではあるのだけれど。

排尿量はたっぷり目でいい感じ。

でも・・・

そういえば彼も便が滞ってない?

彼の場合は飲水量に不安はないがこうも始終気が立ってたら出るものも出やしない。

食事だってゆっくり食べてられないし。

七海が食べすぎて豚になっちゃうのが心配だが・・・。

ジュサ坊が食事する時間をずらして七海が食べ終えたら幸四郎の部屋に七海を隔離してしまおう。

六の輸液の時だって針とかカテーテルとかシリンジとか輸液バッグにじゃれついて危なくてしょうがないから必ず幸四郎部屋に隔離してからでないと何もできないしな。

ここで寿幸まで体調崩したら目も当てられないからちょっと考えなくちゃ。

染はおかげさまで安定してます。

嘔吐もなし。

食欲もあります。

排泄も今日はちょと排尿回数が2回といつもより少ないけど、これはきっと昨日から食べさせてる減量食のためと思われます。排便は毎日しっかりとってもいい便を出してくれてます。

七海は・・・元気すぎて頭が痛いというぜいたくな悩み。

最近食べすぎなので幸染と一緒に減量食を与えてますが・・・それ以外のものを食べる量が多いのでまったくダイエットになっていないOrz

でも今のうちに何とかしておかないと・・・恐ろしいことになってしまう。

あぁあ、百次郎がいなくなってから何もかもがバランス崩れちゃって大変だ。

いつになったら千百コンビ抜きでの調和が生まれるのだろうか。

ずとこのままなんてことになったら私の方がまいってしまいそうよ(;´д`)トホホ