薫の野郎猫的日常
2011年11月29日 (火) | 編集 |
ブログでも以前ご紹介した田中優子世田谷区議(みんなの党)が、世田谷区議会にて災害時のペット対策について質問してくださいました。

質疑応答に関しては

★世田谷区議会中継「28日」の動画
http://www.discussvision.net/setagayaku/index.html

★田中区議のブログ「災害時のペット対策が一歩前進!(代表質問の答弁より)」
http://blog.goo.ne.jp/setagayakugi-tanakayuko/e/c8d024480a78f1b8fcd7626db755657f

をご覧ください。

田中区議は私が「せたがやコール」に質問したことと区からの返答、区議に提示した阪神大震災時の被災ペット記録などを取り上げて質問に臨んで下さいました。区民の声を吸い上げてくださったことに感謝いたします。

質問に対し区は「ペット同伴で避難所訓練する」ことで調整する、と答弁。

これまでまったく議題に上ったことがないに等しい災害時のペット対策がこうして議会に取り上げられ、一歩動き出したことは大いに評価したいと思います。

が、(笑)

ここで不安材料が露呈。

ネット配信で議会中継しているからわかったこと。

311から9ヶ月経とうとする今でも世田谷区行政は平成18年度版「避難所運営マニュアル」に沿って質疑応答している現実!

区の防災マニュアル自体が震災前の17~18年度版のままなんだから何をかいわんや! 至極当然といえば当然なんだけど・・・(これ一応言っておくけど私、現状にまったく納得してないから!)

だからといって区議会で災害時対策を協議する場で震災前のマニュアルを使用するのは如何なものか?

区行政に携わるどなたからも異議は出ないのか?

だとしたら区行政の危機管理意識はあまりに低すぎる!

警戒区域に起きざりにされた動物たち、原発事故、放射能など311から学ぶことは多い。

首都直下型地震だっていつ何時起きるかわからない。

なのに未だなんら修正も改訂もされていない防災、災害時のマニュアルで区議会は運営されている。

誰も疑問や危機感を持たないの?

今すぐにでも311、阪神淡路、中越など貴重な「歴史」から学び、マニュアルを大幅に修正してほしい!

防災、災害時のマニュアルを改訂して下さい!

さっそく保坂区長宛にパブコメ「区長へのメール」を書き、同時に彼にtwitterでつぶやいた。

twitterで相互フォローしている区議たちにも同じメッセージを発信。

そしたら瞬時に区長が私をリフォロー(爆)

これには笑った。

だってこれまでずっと区長宛につぶやいてきたのになんら反応なしだった。

なのに今回のつぶやきには瞬きするより早く反応してもらったんだもの。

でもやっと区長と繋がった気がして嬉しかった(笑)

2011年11月28日 (月) | 編集 |
猫だらけ展終了後辺りから患っていた咽頭炎。

ずっとしつこい咳に悩まされ続けております。

熱は下がりました。

鼻水も治まりました。

でもちょっと動くだけで咳が出る。

外出できません。

でもそのお陰で

気管支喘息まで悪化する前になんとか治りそうです。

もう少し大人しくしてます。

寝込んでる間に

この前買ったばかりのPCが水浸しでお亡くなりになりました。

お察しの通り、猫災害のとばっちり。

頭にきてその日の内にバラバラに解体してやった!

新しいのが来るまでXP搭載旧PCがフル稼働。

通常プリンタ、コンパクトプリンタ

そしてPCが立て続けにリニューアル(笑)

今年は厄年と諦めます。

それにしても

キーボードタブが何個も外れたこの古顔PC。

動作はのろいが

win7より絶対的に使い勝手がいい。

キーボードも使い勝手がいい。

誤字脱字文字抜けがまったくない。

大枚叩いてでもメンテナンスしちゃおうかしら。

2011年11月21日 (月) | 編集 |
 
同居人がPCの前に座ると必ずやってくる。

「ネット遊び邪魔し隊」

今日のお邪魔虫は

CIMG4970.jpg
にゃにゃみ~

そして



キーボードと私の間には

CIMG4967.jpg
幸ちゃん


おかげで何度
日記を書き直したことか。。。
PCを再起動させたことか。。。

嬉しいような

うざいような

複雑な気分の同居人

2011年11月21日 (月) | 編集 |
「十猫十色チャリティ猫だらけ展」

無事終了いたしました!

中日は記録的な悪天候にもかかわらず

大勢の方に足を運んでいただいたそうですね。

そのニュースを耳にして

「本物だな」と思いました。

皆様のお気持ちが。。。

本気なんだな、って。

現実は思いを馳せるだけで

人間なんて滅びればいい

全滅すればいい

な~んて破滅的思想まで吹き出してしまうほど
 
地球規模で過酷で残酷なもの。

でも・・・

私たちがこの世からいなくなっちゃったら

一番困るのは「あそこ」で生きている命。

彼らはニンゲンがいなければ生きていけない。

PCのそばで怒鳴られながらもすり寄ってくる

野郎どもだって・・・

だから

私たちは生きなきゃね。

私たちは自分のできる事を

無理しない程度に頑張らねばね。

ご来場くださった皆様

これからも

本気(マジ)でよろしく!

百寿幸染六 024 
わが家に「本物の春」が戻るのはいつのことやら
千太&百、たすけてくれよ!

2011年11月20日 (日) | 編集 |
終了日までここに置かせていただきます<m(__)m>

レギュラーの日記はこの下でひっそりと(笑)更新中♪

猫だらけ展2011 

期間:2011年11月18日(金)~11月20日(日)
時間:18日(金)午後2時~7時
      19日(土)午前11時~7時
     
20日(日)午前11時~6時半                                                        
場所:零∞(ゼロハチ) ■アクセス■
  住所 中央区銀座2-2-18 西欧ビル8F
  JR有楽町駅 京橋口から徒歩5分
  東京メトロ 銀座駅 C9出口から徒歩5分
  東京メトロ 銀座一丁目駅 4番出口から徒歩30秒


今年もやります!

詳細は上のロゴをクリック♪

2011年11月19日 (土) | 編集 |
img405ee012zik6zj.jpg 

小紅さんふくしま 

CIMG4960.jpg 

CIMG4958.jpg 

CIMG4959.jpg 

初日行ってまいりました。

ちょっと遅れて午後3時ごろ行ったのですが

初日オープン時間狙いの「ツウ」に

美味しいとこほとんどかっさらわれてました(笑)

薫@千太組は毎年1個頂戴する豆地蔵

Mintmama!の肉球汁粉

頂戴して

7Fで催されているミケさんの個展にお邪魔し

沖縄アンテナショップ「わした」でお買いものし

家の近所でボージョレー買って

ゆっくり夕食を楽しんだ後(超新鮮なシャキシャキの生モズクをシークワーサー生姜ドレッシングで頂きましたが…超絶モノでございます♪明日はゴーヤと本場島豆腐とスパムと卵を塩こしょうしてゴーヤチャンプル&ミミガー!)

CIMG4967.jpg 

実物を猫だらけ展でダブルチェックした

お気に入りの商品を

webショップで 入札♪

なにに入札したかって?

んなの教えたら競争率上がるかもしれないから

教えてあげな~~~い!!!


ギャラリーは有楽町線「銀座一丁目」4番出口の目の前!だけど正直言ってしっかり目を凝らさなければ通り過ぎちゃうから要注意!!!

2011年11月17日 (木) | 編集 |
といっても別に大昔の出来事ではありません。

1995年1月17日 午前5時46分 M7.2 直下型地震が兵庫県南部を襲いました。

その時、被災した動物と飼い主がどうなったか。

行政と獣医師会はどう動いたか。

今だからこそ彼らから学びたい。


「大地震の被災動物を救うために : 兵庫県南部地震動物救援本部活動の記録」 http://www.lib.kobe-u.ac.jp/directory/eqb/book/7-156/index.html
兵庫県南部地震動物救援本部活動の記録編集委員会編
発行:[神戸] : 兵庫県南部地震動物救援本部

※本資料は、「大震災動物救護メモリアル協議会」の許諾をいただき、震災文庫(神戸大学附属図書館)からデジタル公開するものです。



「置いていかないで!一緒に連れて逃げて!」
警戒区域に取り残された命が私たちに訴えています。
手放しちゃ絶対にダメ!
非常時くらいルール違反したっていいじゃないですか!
ペットを守れるのは国でも行政でもない。
飼い主である私たちひとりひとりなのですから。



★この資料を提供してくれたT&Bさん、私だけじゃもったいないからここで公開することにしました。世田谷区長と動物愛護に力を入れている区議さんにもご紹介しました。なんにも変わらないかもしれないけど、行政に関わっていらっしゃる方々も知らないより知っておいた方がいいことだと思うから。

2011年11月15日 (火) | 編集 |
看護&介護職に就いている方なら1度は経験されているはず。

入院患者さん、入居者の方、特に男性の方の中に私たちの体に触れる、「やらせてくれ」と口にする、入浴ケアの際に局部をマッサージしてもらおうとする、もう少し過激になるとベッドに押し倒そうとする方がいらっしゃる(認知症の母はお気に入りの男性ケアさんとならニコニコしながら嫌いなリハビリもやってのけるらしい。女性の場合、性問題は私の周りでは耳にしたことがない)

そういう時、介護職はどう対応するか。

「セクハラ」と目くじら立てたり、過剰反応する若いナースさんやケアさんが後を絶たない。

私ら年配の者はやんわり断ったり、胸を触らせるくらいは良しとしたり、上司に相談して「自己負担」で「プロの方」を紹介しましょうかと提案してもらったり(実体験あり)・・・なんとかしてご本人の欲求を「いい方向に」解消していただきたいと考え行動する。

「性」の問題は若い方だけの問題ではない。

高齢者だって生きている。「欲」は普通に持っている。性欲だってあるんだよ。

なのに家族も医療・介護施設も「年寄なのに恥ずかしい」と高齢者の性欲処理を「あってはならないこと」のように扱い、無視しようとする。

自然なことなのにね・・・

現場で働く者は毎日毎日この問題と対峙して悩んでいるというのに。

★「性介護士」、障害者介護におけるスイスでの論争
http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2840775/8081015

スイスには「性介護士」という職業があるそうな。
もちろん、まだまだ論争の的ではあるが・・・
すばらしいです!羨ましいです!

日本でももっと「おおらかに」この問題に取り組む土壌があってもいいと思う。

★看護学生の6割が患者からの暴力経験 病院は対策を 筑波大学調査
http://kotobanorecycle.com/2011/08/22/nursestudent-2/
http://fugafugaplus.ldblog.jp/archives/4236036.html

「生きること」の中に「性」があってはいけないですか?
もちろん、限度はありますよ。
なにもかも受容する必要はないです。
でも、筑波大学調査での看護学生が大騒ぎするようなことが「性犯罪」「性暴力」「セクハラ」ですか?

「性」=「生」
ニンゲンを看護・介護する職場で働く者を養成するなら「セックス処理」「高齢者の性」「対応の仕方」をみっちり教え込むことが必要なのでは?

現場でも性問題を抱え込む職員に対し、相談に乗る環境、相談できる環境、そして、「問題を抱える」お客様へ対応可能な環境を!

職員同士の定期的なカンファレンスの中でもこの問題を常時話し合う環境作りが望まれます。

そして、性問題を抱えている職員を「守る」環境が必要。

お得意様対応や介護保険の計算ばかりしているのではなく、「お元気な」患者さん、入居者さんがいるとスタッフから相談されると、そのお客様に対し「プロの方紹介しましょうか?」と言ってくれる上司を知ってます。頼もしかったなぁ。嬉しかったなぁ。こういう場合はやはり「男同士」が一番。相手のプライドを傷つけないようにしながら「効果的な」解決方法を実行するのはやはり男でなくては、と思いますよ。

2011年11月13日 (日) | 編集 |
「春望」

CIMG4943.jpg 

CIMG4945.jpg 

35㎝×90㎝

薄手の綿晒

手ぬぐいの生地なんですが「岡」という代表的なもの。
【岡晒】
織込みが細かく、風合いが柔らかい。
手拭いにも使われるが、
ゆかた地・肌襦袢として使われる場合が多い。φ(゜-゜=)メモニャン

来年の春までみんな渇かず飢えず健やかに、の願いを込めて。
本当は…みんな飼い主さんの元に戻って年越ししてほしい。
頑張ったご褒美に。。。


猫だらけ展チャリティーWEBショップがオープン致しました

入札開始日 本日 10時から震災から8カ月め
定価販売作品の発売開始日 
11月14日から 
ギャラリーに先行して発売いたします。

作家さんからご提供頂きました作品の売り上げは
 すべて被災動物たちへの寄付となります。


銀座のギャラリーではもっとたくさんの作品に出会えます。
見るだけでも楽しい 素敵な作品ばかり  
どうぞご来場くださいませ。


こちらは 実行委員会の企画商品です。
経費を賄い のこりは寄付となります。

特定支援先指定購入は現在
 
にゃんこはうす  のこされた動物たち写真展基金 
になっています。
ご購入いただいた売り上げが支援金となる企画です。



猫だらけ展のポスターはこちら。印刷してお使いいただけます。

 

2011年11月07日 (月) | 編集 |
まずは、この記事をご覧ください。

「都内にも放射性ストロンチウムが降下していたことがわかりました」(日本共産党東京都議会議員団)  http://www.jcptogidan.gr.jp/html/menu4/2011/20111102190157.html

事の始まりはtwitterのwebニュース(産経)→ここが一番早かった

「都内で極微量のストロンチウム「健康影響の可能性低い」
2011.11.2 23:01 放射能漏れ http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111102/dst11110223020031-n1.htm

すぐにtwitterでフォローしている区議会議員たちと保坂区長に問い合わせ。

区長は無言を通し、区議たちは誰も知らなかった・・・

翌日、情報の出所である共産党都議会議員団、世田谷区の共産党議員団にメールで問い合わせ。 都議はノーリプライ、区議は上記のHPの記述URLを貼って「そうみたいですよ」の一言。

その日は休日だったのでtwitterを使って区長と区議会議員たちに再度問い合わせ。

一人を除いて誰も憤慨するでもなく、まるで他人事。何の気概も感じなかった。

ただ一人、丁寧に、熱心に返事をくれたのはこの人。

木下泰之世田谷区議会議員(一人会派「無党派市民」)
http://mutouha.exblog.jp/

http://www.ne.jp/asahi/setagaya-kugikai/mutouha-shimin/

「今回の3月15日の大気中ストロンチウムのデータの公表は東京都が持っていたもので、都からなされました。当然、区はその評価コメントを出すべきですが、未だにないのは怠慢。コメントするよう申し入れました。 区の広報は何故発表しないのでしょうか? 」

「世田谷区はストロンチウムについてコメントも広報すらしていない。ラジウム問題も重要だが、東京には飛ばないとされ、9月議会で私の要求を否定して調査はしないとしたストロンチウムで数字が出たのは重大なこと。対策会議を開き、独自の評価をして記者会見を開くのが筋。担当には申し入れておいた。」

「既にリツイートしたが、重要なので注意喚起を促したい。3月15日の世田谷の大気中のストロンチウム0.01Bq/㎥は決して微量とはいえない。参照できるグラフの単位はmベクレル。10mBq/㎥は核実験全盛期の数百倍以上。プルトニウムも心配だ。


「都担当者に電話で調査。嘘か真か定かでないが、答えはSr解析のみでPu他核種は依頼していない。やるべしと迫ったが、否定的。
都が依頼した分析機関ではプルトニウムやウラン等の解析も請け負っています。解析をするようぜひ迫ってください。」

「6月に分かっていながら秘匿されていた世田谷の3月15日の大気中のストロンチウム量0.0111Bq/㎥の数値につき都は「健康に影響を及ぼす可能性は低い」としているが、核実験最盛期60年代との比較で10倍あり、発表のないプルトニウム量も心配だ。


ラジウム瓶騒動もな~んだかいや~~な予感がする。

その上にこれだ。

一体どうなってるの?

木下区議だけでなく私ら市民からの訴えにも、「脱原発」で当選した区長も広報もラジウム瓶騒動のあの迅速な対応とは打って変わってまったく動こうとしない。

未だ会見も行っていない。

木下区議以外のどの党派も面白いくらいに話題にしない。

都から重大情報を聞き出した共産党自体がまったく動いていないのだからどうしようもない。

「当然ながら」どこのマスコミも報道しない。

一体誰を信じればいい?

ということで市民有志メンバーで活動してらっしゃる方々に連絡を取り、情報交換する。

みなさん、同じように閉塞感を感じてらっしゃるようです。

でも無理せずやれることをやっていくしかないですね。

国も行政も議員もマスコミも誰もかれも信じず、頼らず、私ら市民が情報交換しながらコツコツと行動を起こすしか道はないようです。

もちろん、区の会見が実現するまでこれからもしつこく訴え続けますけどね。

あぁ、ムカつく!!!




★な~んて愚痴ってたら今しがた区長が「世田谷区内の高線量の調査経過について本日の報告です。ラジウムが発見された場から離れた北側の地表で周辺より比較的高い毎時0・3マイクロシーベルトという場があり、逓減対策を行いました。こちらは、福島原発由来と推測されています。」とつぶやいた。0.3マイクロシーベルトっていったらチェルノブイリじゃ移住が認められる数値ですよね?さぁて、どうしますか?保坂さん、区議さん方。まだ他人事でやり過ごすおつもり?

2011年11月07日 (月) | 編集 |
ハロウィンが過ぎて巷はクリスマス一色。

なのにわが家は・・・

①寿幸闘争でプリンタに水をかけられぶっ壊れたので買い換えた。

②寿幸闘争でコンパクトプリンタのスクリーンモニタに乗られてぶっ壊れたので買い換えた。

②は3日前のこと。喪中葉書の準備してた最中のあっという間の出来事。

幸四郎を仕事部屋に隔離してるから仕方ないこととは言え、精密機械だらけの空間だけに何か起きると大枚はたいて買い換えねばならないことになる。

そうじゃなくても最近、私がPCに向かうと3~4匹必ず集まって、じっとしてればいいけれどそうはいかない。キーボードを枕にしたり、キーボードを踏んづけていったり、喧嘩し始めたり、追いかけっこが始まったり・・・毎日怒鳴りっぱなし。

PCいじりながらゆっくりコーヒーも飲めなくなってしまったよ。

今日、新しいプリンタが到着。住所登録イチからやり直し(号泣)

日中、お引越しされて住所変更された方々に再度メールで問い合わせ。

みなさま、すぐにお返事くださってありがとうございました。

最近、むしゃくしゃすることが多いので途中で止めて仕事部屋の押入れの大掃除。

45L5袋がいっぱいになった。

あと、PCのいらなくなったHDの内臓ミラーをパリンパリン!とぶち壊し。

ちょっとすっきりした。

が、張り切りすぎて腰が・・・

でも頑張ってあしたは衣類の整理しよう!

母の銀行関係や弁護士と裁判所の書類、出納帳と領収書の整理もせねば。

毎日少しずつやっていけばきっと我が家もスッキリすることだろう。

何時の間にやら家の中、モノだらけ!!!

もう少し片付けなきゃゴミ屋敷になっちまう。

2011年11月02日 (水) | 編集 |
毎回思うのだが介護業界は何故に家族を慮れない?

親の介護をするのは当たり前、

遠距離であろうと月1回は面会に来るのが家族と平気で言い張る。

仕事中でも平気で携帯に電話してくる。

命に関わることだと思って慌てて電話に出ると生活一般のこと。

頼み込んで緊急時以外はmailにしてもらう。

以前の施設など電話に出ないと職場に電話してきた。

家族にだって生活がある。

介護を理由に仕事を辞めても無関心。

介護疲れで親を殺害する家族のニュースが後を絶たない。

要介護人を持つ家族にももう少し理解を!

今回の帰省で毎月1度の帰省を要望された件。

いつものことだ。

家族の負担や事情などこれっぽっちも考えないある意味「横暴な」要求。

航空運賃は航空会社の都合で多くの利用客を望める時期(大型連休、夏休みや正月、土日祝日前後など)には介護割引用シートが用意されていない。施設と私の間でどうしてもスケジュールが合わない場合は仕方なく2万円強もお高い通常料金を支払って帰省することになる。

介護のために帰省する場合に支払う経費はすべて被後見人である母が負担する。

私のように遠距離介護する家族が後見人に選任された場合、もし介護スタッフの言いなりになって頻繁に帰省でもしようものなら、単純計算しても交通費だけで年80万は下らない。

私は家族である前に成年後見人である。

被後見人である母の財産を減らすことになる行為は極力慎まねばならない。
 
命に関わること以外は半年に1回のカンファレンス参加のための帰省で納得させる。

時間もお金も労力も親の介護のためなら厭わない家族と、被後見人の財産を​管理し維持する(できれば増やす)後見人職とは​根本的に利害が相反する。

だから頻繁な帰省はきっぱりと断った。

大口ではない生活費(理美容や送るまでもない歯ブラシなど小口の生活用品代)を施設に預ける話も、頻繁な帰省の度に直接スタッフに手渡しして欲しいと提案されたが、組織として管理可能な限度額を聞き出し、必要な時はメールで知らせてもらい、その金額を現金書留で郵送するよう手配してもらえるよう頼んだ。

以前、後見監督人である弁護士からも言われたことだが、本当に家族と後見人の利害は一致しないものだ。

だが、家族が後見人に選任されたからには可能な限り、後見人の職務を優先すべきというのが個人的意見。

今までも、そしてこれから先もずっと、母が存命中はしっかりと私にしかできない役目を粛々と遂行するのみ。