薫の野郎猫的日常
2011年06月29日 (水) | 編集 |
私が帰省した当日に息を引き取りました。

享年82歳

穏やかな旅立ちでした。 

 images6.jpg 

今回の帰省目的は病状確認のみ。
ですから当然のことながら日帰りの予定でチケット購入しておりました。
帰省する前日、主治医からこの1週間が山だとは聞いておりました。

が、まさかこんなに早く逝ってしまうとは。

5月中旬に誤嚥し緊急入院。
6月16日に廃用症候群改善のためリハビリ病院へ転院。
施設へ戻るため頑張っておりました。
その1週間後に立て続けに2度誤嚥。
そこから40度近くの熱発。
急激に病状が悪化し呼吸困難と意識レベル低下。

アッという間の出来事でした。

25日、主治医から既往症の前立腺癌が肝臓に転移し末期だと知らされました。
初耳でした。
4年ほど前に排尿困難になり検査。
前立腺癌の疑いありとのこと。
薬物治療を開始し劇的に回復。
「もしかすると癌じゃなかったのかも」と言われたほどの回復ぶり。
ですからそこで薬物療法は中止しております。
まさか肝転移を起こしていたとは。
リハビリ病院であまりに肺雑音が顕著なので念のために摂っただけのCT画像に写っていたのです、影だらけの肝臓が。
明らかに肝転移、それも末期。

でも、

もし癌が進行していると知っていたとしても私は積極的治療はしなかったでしょう。

#1慢性右心不全 
#2肺結核後遺症 
#3気管支喘息 
#4慢性心房細動 
#5慢性閉塞性肺疾患
#6誤嚥性肺炎 

基礎疾患のなんと多いことよ。
正直なところ、
そこに新しく加わった#7前立腺癌の治療するだけの体力がなかったのです。

すでに父の体はボロボロ。
癌であってもなくても関係ない。
いつどうなるかわからない状態でした。

どの病気がどうこうということじゃなく、
あまりに多くの病気を抱え込んでいる
父の心臓が先に悲鳴を上げる。

だからせめて残された日々は自然のままに。
最期の日まで可能な限り自然に生活してほしかった。

「治るため、元気になってもう一度口から食事できるためならどんな苦しくてつらい治療も耐えられるが、そうじゃなかったらもう死んだ方がマシ」というのが父の口癖。

ですから私も彼の意思を尊重し
チューブで繋がれ機械で生かされているような体にはしない。
酸素マスクと点滴以外は一切拒否しました。

危篤状態の父は願いどおり酸素マスクと点滴のみ。
食事も3日間ほどは点滴以外は摂っていない。

「酸素マスクを外したら一両日は持たないと思います。
このままであってもおそらく一週間は生きられないでしょう」
帰省前の25日の主治医からの余命宣告。

猫友さんに留守番をお願いし
26日午前8時10分発の熊本行きに乗りました。
10時、熊本空港に降り立ち携帯の電源を入れた瞬間に留守電ありのmail。
8時45分、父危篤。もしかしたら間に合わないかも、とのこと。
でも父死亡の伝言は入っていませんでした。
すぐ折り返しの電話を入れたところ、まだ頑張っていると。

私を待ってる。
そう感じタクシーを飛ばしました。

30分後の10時半、病院に到着。
父は待っててくれました。
もう意識はありません。
機械的な呼吸で自発呼吸とは明らかに違う。

意識がなくとも心の糸電話で話せます。
父が心配していることが全部驚くほどスムーズに解決に向かっていることを伝えました。
彼が一番心配している母にはこのことは知らせていないし、
葬儀にも参列しない手はずになっていることも伝えました。

日帰りのチケットを帰りオープンに変更。
父の急変を母の弟夫婦に連絡。
猫友さんにも今日帰れなくなったことを連絡。

11時30分近くになってナースが入室。
「今日は日曜なので病院の食堂は開いてないのですが近くにコンビニがあるので
もしよかったら何か買ってらっしゃいませんか?」

驚いた!
このセリフは見舞いに顔を出すたび父が私に言っていたもの。
あぁ、父がナースの口を借りて私に何か食ってこいと言っている。
だからお言葉に甘えて買い出しに。
それが故で死に目に会えなかったとしたらそれが彼の意思。
そうじゃなければ絶対に待っている。
そう確信があった。
思った通り、待っててくれた。

彼は私が食べる姿を見るのが大好きだった。
「うまかか?ほんとにお前はよく食うな(笑)お父さんそっくりタイ。
うまそうに食うところもそっくり。よかよか、元気な証拠だけん」
向かいで食事を頬張る私に微笑みながら、嬉しそうに語っていた父だった。

だからこの日も私はベッドのそばで買ってきたおにぎりを頬張った。

「うまかか?うまそうだなぁ。お父さんの分までたくさん食べろ♪」

父が語りかけた。そして微笑み。

その瞬間、父の呼吸が止まった。

平成23年6月26日 正午丁度死亡確認。

すぐさま葬儀社に連絡。
生前から互助会に入会していたのでとても助かった。
叔父夫婦にも連絡。

「千百と似てるなぁ」
父の体は千太と同じ骨格標本。
よく頑張ったなぁ。
涙は出るけど悲しくはない。
辛くもない。
敬愛と愛おしさだけが溢れ出てくる。
もう頑張れない。
とっくに限界を通り越していたけど頑張って生きてた父です。
これまでに何度も危機的状況を乗り越え復活を果たした父。
今回はもう完全復帰はない。
でもきっといつものように復活し安定してくれる。
それがたとえほんの短い時間であっても…
そう信じて看取り前の状況確認のつもりで日帰りしてきただけなのに…
そんなにきつかったんだね。

事実、27日に荼毘に付したのですが父の骨を見て再確認。
悲しみや驚きではなく感動を覚えました。
ほとんどがグズグズ。
限界をとうに越してました。
生きていたのが不思議なくらいに。

生きることを精いっぱい頑張った父。
褒めてやりたいです。

東京に親子3人のためだけの納骨堂完備の菩提寺を準備してあるので
熊本では祭壇も読経も葬儀も一切なし。
病院から移動した葬儀会場。
密葬形式なのでこじんまりとした和室。
父を棺に安置しその周りをこれでもかという数の花で埋め尽くす。

叔父夫婦を待つ間に東京の菩提寺に連絡。
28日に初七日の法要と法名をいただく段取りを確認。

天涯孤独の父だったので私を入れてたった3人の親族が付き添うのみ。
でもその分、父がお世話になったケアさんが最期のお別れに、
仕事の合間を縫ってたくさん駆けつけてくださった。

にぎやかでした。

うるさいくらいに。

大いに食べました。

おなかがパンクするくらいに。

涙あり笑いあり。
泣き伏す人は誰一人としていない。
とても愉快な送る会だった。

だってやっと苦しみから解放されたのだから。
目出度いことでしょう?
祝ったり故人を褒めたりたまに愚痴や悪口言ったり(爆)

ケアマネさんやケアさんたちから父の暮らしぶりを聞き、
どれほど充実していたのか理解できる。
幸せだった父。
入院する前の4か月はミキサーやきざみ食ではなく普通食を口にした父。
意欲満々でトイレにもつかまり立ちで移動し用を足した父。
前の施設では引きこもりがちだったが今の施設では率先して外出。
花見も楽しんだ父。

ケアさんから来る近況報告。
父のあまりの元気ぶりに私は覚悟した。
第六感?
職場経験?

「消える前の蝋燭のともしびは鮮やかで激しい」

低空飛行でじわじわゆっくり下降線をたどる方が長生きする(笑)

当たらないでもいい勘が当たってしまったがそれでも結構。
喉に詰まらせたのがちらし寿司のシイタケやタケノコだったのだから。
父の夢だった普通食、固形食を大いに楽しんだのだから。
父は満足して逝ったに違いないのだから。
眠っている顔が穏やかなのはそのせいだ。
私も何も思い残すことはない。

[READ MORE...]
2011年06月25日 (土) | 編集 |
先月から誤嚥で入院していた父ですが、容体が思わしくありません。

暫く仕事を休み、熊本に帰省することになると思います。

たまにこうして携帯から発信することがあるかもしれませんが、恐らく更新と頂戴したコメントへのレス、大幅に遅れると思います。どうぞお許しください。

皆さま、お体に気をつけてどうぞ元気にお過ごしください。

では、またお目にかかる日を楽しみに。
2011年06月23日 (木) | 編集 |
東京新聞 6月1日朝刊より

 

今日6月23日は小笠原諸島が世界自然遺産に選ばれるかどうかが決まる日。(のはずだったが、残念ながら時間切れで24日に持ち越しとなったようだ) 祝!!小笠原 世界遺産登録!!(6月24日22時50分)

今夕のTVで初めて知った事実。

なんと小笠原諸島には野生化した猫がいる。

その猫たちは東京都獣医師会による活動の下、島民によって捕獲された後、都内の動物病院に運ばれ、獣医師の手により『社会復帰のためのリハビリ』を受け、そして終の棲家を探してもらい新しい家族の元へと旅立っていく。

でも、最初からそうではなかった。

現在の活動にまでたどり着くには5年もの時間が必要だった。

小笠原諸島は「東洋のガラパゴス」と言われ、ここでしか見ることができない動植物(固有種)が数多く生息している。しかし心無い人間が捨てた猫が野生化し、固有種であるアカガシラカラスバトなどを襲うようになった。

そこで・・・野ネコ駆除=殺処分となったのだが・・・

罠を仕掛けると体重4キロの雄の野猫がかかった。人間を威嚇して、カゴごと1mも跳び上がる。こうしたケースでは殺処分が一般的だ。しかしこのとき、島民から安楽死の方法を聞かれた東京都獣医師会の小松氏はペットに医療を施す獣医師の立場から「ネコを殺したくない」という思いが生じた。そこでそのネコを引き取ることに決めた。

「殺処分には断固反対します。絶滅危惧種もこの猫も同じ命。だからどちらとも助けます」

そして・・・

おがさわら丸に25時間も揺られてやって来たこのネコは、人気漫画のキャラクターに似ていたので、「マイケル」と名付けられた。

怯えてはいたが気が強く、近寄るだけで襲ってくる。

ケージに入れたまま人間が通る場所に置き、そこを通過するたびにボールペンなどでちょっかいを出してやると次第に人に慣れてきた。

2か月程度で人に心を許し甘えるまでになった。

小笠原から来たマイケル 
今の体重:6キロ超え(爆)

このニュースは世界的にも異例と驚かれた。

絵本「島ネコ マイケルの大引っ越し -ヒトとペットと野生動物が共存できる社会をつくる人たちのお話-」が環境省より発行されてます。

有志で始まった野ネコの引き受けはやがて東京都獣医師会の正式な事業となり,現在までの5年間で217匹が海を渡り、本土の”里親”のもとで暮らしている。

☆小笠原村では「飼い猫適正飼養条例」を制定し、ペットと野生動物と人間が共生できる村を目指しているそうだ。


※ 社団法人 東京都獣医師会「野生動物対策」
 
※ 2007年2月16日 朝日新聞記事

※ 「小笠原 野猫を捕獲せよ」 

※ 毎日小学生新聞「小笠原に暮らす~外来種の野猫も救う」

※ 毎日小学生新聞「小笠原に暮らす~獣医さんが受け入れ

※ 小笠原自然文化研究所


2011年06月21日 (火) | 編集 |
ジュサ坊&幸ちゃん

相変わらずの関係です。

が…

再三再四の同居人による教育的指導が功を奏したのか

ジュサ坊だけだがちょっぴり変化がみられる。

目を離すとすぐ「(▼へ▼メ)オラオラ」モードになるけど

窓際に追い詰めることはあっても乱闘にはなってない。

それに

同居人が一緒だと

挑発する幸ちゃんのそばまで行くには行くんだけど

こっちを気にしてそのまま回れ右して背を向けるようになった。

大人になったね、ジュサ坊ブイ V(=^‥^=)v ブイ

「お前がてっぺんなんだから」

「幸四郎だってお前が一番偉いこと知ってるよ」

「ただそれを認めたくないだけなんだよ。悔しいんだよ」

「だから幸ちゃんのこと知らんぷりしてやれよ」

「喧嘩吹っかけられても深追いするな!」

「あいつはもうここしか居場所がないんだから」

「あいつから逃げ場所を取り上げないで上げてよ」

毎回呪文のように繰り返す。

仕事場の扉も最近はほとんど開けっ放し。

だって閉めっきりだと二人でコソコソ何してるの?って訝しげ。

嫉妬メラメラ(笑)

それが幸ちゃんへのいたぶりに拍車をかける。

それに幸ちゃんも閉めきってるとなぜかドアを開けようとする。

たとえ私が中にいても。

開いちゃった瞬間にジュサ坊が入ってくるのがわかっているのに。

幸ちゃんも扉の向こうで何してるのか知りたいのかも。

みんなに中に入ってもらいたいのかも。

たとえもう二度とあっちへ行けなくても…

いや!

だからこそ

お互いにオープンにしておきたいのかもな。

CIMG4287.jpg 

いつの日にかまた…

こんな時が戻ってくれますように( ̄人 ̄)オ・ネ・ガ・イ♪


2011年06月17日 (金) | 編集 |

とうとう買換えです。

ちうか、買い換えました。

dynabokT351.jpg 
ジュサ坊と幸ちゃん

PCの上で大乱闘

天空舞い散る4個のキーボードタブ

中の爪まで折れて吹っ飛んだんでね(-_-;)

20年の付き合いになる電気屋さんが「猫ちゃんが爪でも研いじゃった?」

うぅぅん、当たらずとも遠からず

新しいHDに入れ替えてもしょっちゅう変な音がしてたし、

サクサクいかなくなってきたし、

もうそろそろ買い替えかなぁと思ってたから丁度良かった。

あはあは・・・

昨日頼んで今日の午後には届いた。

しっかし・・・

なんじゃ、こりゃ♯

windows7ってまるでおもちゃ!

使い勝手悪すぎる。。。

メールもOEが使えなくなっちゃったし

バックアップファイルあっても

どうやって移し替えるんじゃ!!!

アドレスとかファイルの移動が超めんどくさい

あぁでもない、こうでもない

悪戦苦闘してやっとこさなんとか形になったぁ

XPの方が使いやすかったなぁ


【追記】

いま何時?

もぉ10時だぁ…

日誌書いてる時には気付かなかった罠

それはプリンタ

このプリンタはwinXPまでしか対応してない強者♪

「windows7」「このプリンタの機種」で検索

出てきたわ、XPのプリンタを7で動かしてくれるドライバーの無料DLサイト!

でも・・・

DLしてからあとが問題

どうやってインストールして

どうやって動かすの?

トライしては失敗しまた違う方法でトライ。。。

意識朦朧とする中でどこをどうやったか覚えてないけど

今しがた動き出したぁ・・・

試運転してみた

問題なく動き始めた(T_T)

無意識ってすごいや!!!

けどもう二度と同じことできない

どこをどうやったか

マジで覚えてないんですもん

はぁぁ、今度こそこれで何とかなる

…と思う、たぶん


2011年06月14日 (火) | 編集 |


紀州の桃!!! 




紀州梅 
梅干(かつお、田舎、蜂蜜、紫蘇)

到着!

早速味見。

どちらともうっめぇぇぇぇぇ~~~~~♪

特に桃!!!

皮離れ、ジュ~シ~さ、香り

どれをとっても一級品!!!!!

2011年06月14日 (火) | 編集 |
「田代島にゃんこ・ザ・プロジェクト」

勝手に押しかけ宣伝マンやってる薫@千太組が耳にした声で一番多かったのが

「牡蠣は苦手。だけど募金はしたい」

「謝礼は要らないから協力したい」

「もっと低価格設定の献金枠はないの?」

「送ってくるのは殻付き?それとも剥き身?」

その都度、事務局へ問い合わせしておりましたが、このたび、工事中だった公式HP内FAQが開通し、これらのご質問にお答えしております。

是非とも1度ご覧くださいませ。


FAQ
http://nyanpro.com/faq.html


ねこ太郎2世 

ねこ太郎2世6 
震災後に生まれた新しい命たち。
島の復興、希望のシンボルです。 
 まだ性別はわかりませんが兄弟です。
島猫のねこ太郎&黒猫カップルの間に生まれました。
親子の棲家は津波被害にあった御宅。
今は廃屋になってます。


2011年06月13日 (月) | 編集 |
震災後から猫と並ぶ島の収入源であった漁業がまったくできなかった田代島。

幸いなことに今月から漁が解禁になり
漁師さんたちは津波で生き残った船や漁具をかき集め
何とか漁が出来るまでになりました(全員ではありませんが・・・)

しかし
せっかく漁が出来るようになっても

被災した石巻市場が再開するのは来年以降。

それまでは
獲っても売る場所がない。

島民の大半が漁業を生活の糧としていますので
たとえ大漁であっても
このままでは収入ゼロ。

辛い現実です。


せっかく漁が出来るようになったんだもの。
なんとかしてこの魚を皆さんに食べていただきたい!!


そこで・・・

田代島復興支援プロジェクト第2弾とも言うべき
美味い話が持ち上がりました~(笑)


猫島の猫7
 

今日6月13日より

田代島で獲れた新鮮な魚を直接みなさまのご自宅へ
お届けする
 
~おウチで朝市~ 「佐藤顕一鮮魚店」

開店いたします!!!



詳細は
ブログ「田代島便り~震災後、猫の様子」
http://blog.livedoor.jp/tashirohamaya-tasiro/ をご覧ください。



注文方法:
上記ブログにてその日の朝に獲れた魚の写真と金額を記載しますので
欲しい魚があったら電話で注文♪

電話番号:090-2989-8884/080-1695-9095

金額:3,000円~(送料込)
※地域に拠りましては別途料金が掛かる場合がございます
支払い方法:郵便振り込み。
※振り込み手数料はお客様の自己負担になります
注文の受付時間:朝7:00~8:00
※定期船が田代島を出港するのが朝9:00。受注・発注する際の梱包作業を考慮するとどうしても注文受付が短時間になってしまいます。ご了承下さい 
発送方法:クロネコヤマト クール便
★関東方面は注文した翌日にお届け可能。 
★基本、魚は丸のままの発送になりますが、
さばいて欲しいなど調理にご希望がありましたらお気軽にご相談ください。 
★サービスのお魚も沢山お付けいたします!


 
早朝7時から1時間限りの電話注文です。
つまり、早起きしなきゃなりません!!
宵っ張りで朝が弱いそこのあなた!!!
大丈夫ですか?(笑)
 
猫島の猫8 
「早起きは三文の徳」
早起きして美味い魚をゲットするにゃ~~♪


5時起き&6時30分前出発の薫@千太組ですから
労働の日は無理だけど休みの日はチェックして注文するよ~♪
楽勝だっ!!!
非常勤に感謝だわ(爆)

猫島の猫9

でもアタシ・・・
モノによるけど基本、魚捌けない_| ̄|○
これ大問題(>_<)


【追記】
初日が好評だったため、ただ今、明日の集荷分の予約受付中!!!
詳しくは
「田代島便り~震災後、猫の様子」 http://blog.livedoor.jp/tashirohamaya-tasiro/

猫島の猫10 
島の猫たちにもお裾分けブイ V(=^‥^=)v ブイ

猫島の猫11 
漁師さんが海に出られる
それはすなわち
猫たちにも震災前の生活が戻ることなのですね。

2011年06月12日 (日) | 編集 |
東海地方限定タレント早川敦子さんの呼びかけにより実現した写真展のお知らせです。


田代島写真展 

~東日本大震災復興支援 写真展~ 「田代島と東北の猫たち」
2011年6月14日(火)~19日(日) 11:00~18:30(最終日は17:30まで)
アートスペースA-1にて。
※ お仕事後にもお立ち寄りいただけるよう、17日(金)は21:00まで開場します。 

2011年06月11日 (土) | 編集 |
昼休みなう。

生まれて初めて携帯から書いてます。

あれから3ヶ月経つのですね。

その時間は仕事中だから、心の中で黙祷いたします。

昨夜は田代島関連で徹夜しちゃいました(笑)
労働中は眠くないけど、休憩時間はさすがに眠い…

でも、あと4時間余りで帰宅できる。

あともうひと踏ん張りだ!!
2011年06月10日 (金) | 編集 |

田代島特産 島牡蠣 

「にゃんこ・ザ・プロジェクト」事務局より連絡あり。

プロジェクトメンバーになっていただいた方にお届けする島特産の島牡蠣。

当初の30個から50個に増やしました。

のちの打ち合わせにて増やすことに決まりました。

とのことです。

30個でも夢のようなのに50個になっちゃって♪

ど~~~しましょぉ~~~(●^o^●)


【追記】

6月11日

プロジェクトHPの牡蠣購入ページにある牡蠣の写真が
殻付きから剥き身に変更になっております。

田代島牡蠣(剥き身) 

ただ今、事務局に確認中ですが
恐らくは送ってくる牡蠣は剥き身になるのでは、と。
せっかく殻のむき方を勉強中なのに(〃_ _)σ∥イヂイヂ・・・
ま、美味しければどっちでもいいんだけどね(爆)

2011年06月10日 (金) | 編集 |
いよいよ本格始動!

プロジェクト専用の公式HPも開設されました。

http://nyanpro.com/

このプロジェクトについて

logo_nyan.gif 

島の現状報告

たれ耳ジャック 

ありし日のジャックの姿

猫島の猫3 

そして、島の猫たちの写真もいっぱい

内容充実♪

綺麗だし(笑)

可愛いし(笑)

中々良くできたサイトだと思います。



薫@千太組は一足先に申し込んじゃいました。

田代島特産 島牡蠣

4~5年先に届くであろう見事に育った島特産の牡蠣のため、

ネット動画で「殻の剥き方」を密かに、でもにやけながら勉強中。


★猫島復興支援のため、
このプロジェクトの公式webサイトをリンク・リストTOPにUPいたしました。

2011年06月09日 (木) | 編集 |
発症&治療開始から約3週間。

先週末まで限りなく10回/日に近い回数点眼。

今週になって4~5回/日に減らす。

仕事が休みの今日、角膜潰瘍の回復度チェックのため受診。

今日の体重:5.70㎏(5/21=5.83kg 130g減)

フローラル試験の結果は完治!!!

角膜の傷はウソのように消滅してました。

今日から朝晩1回ずつ/日の点眼。

2種類の点眼薬を使い切って、それまで再発することがなければ無罪放免♪

やったぁ!!!!

ばんざーい!ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ ばんざーい!


CIMG4449.jpg 
よく頑張ったね、染。


2011年06月09日 (木) | 編集 |
今日は69(ロック ROCK)の日!

大好きなロックを思う存分聴きまくるぞ!!

【BGM】  Smells Like Teen Spirit / Nirvana  
いつ聴いてもかっけぇな~♪カート・コバーンよ、何故死んだ(号泣)

 



さて・・・

田代島の今と『にゃんこ・ザ・プロジェクト』について♪

6月7日付、田代島のサトウさんのブログ「田代島便り~震災後、猫の様子」に「テレビ取材され、8日に全国放送される」と書かれていましたが・・・

更紗(さらさ)さんのブログ http://ameblo.jp/miekuro/ 【[動画] 猫の島 復興へ「にゃんこ・ザ・プロジェクト」】からご覧いただけます♪

logo_nyan.gif

2011年06月09日 (木) | 編集 |
猫島ブログ

「田代島便り~震災後、猫の様子」

DVD『にゃんこthe movie』でも紹介された田代島の猫たち。

みんな元気かな?

瓦礫の下には猫たちの亡骸が・・・

との報告もあるけれど。

島の住民の方お1人が未だ行方不明とのこと。

311当日、港近くに住んでいた猫が数十匹流されたとも聞く。


「たれ耳ジャック」生きてる?
残念なお知らせです。
mixiの「田代島コミュ」情報によると
ジャック君は2009年から行方不明との事です(号泣)



猫島の復興支援基金『にゃんこ・ザ・プロジェクト』

いわゆる「牡蠣オーナー制度」です。

一口1万円。

申し込んでくださった方には謝礼として

島牡蠣
猫神社のお守り
猫グッズ

を郵送していただけるそうです。

尚、島牡蠣は被害を受けた養殖場が完全復旧した後ですので4~5年先の到着だそうです♪

詳しくは↓をクリック!!

logo_nyan.gif

2011年06月08日 (水) | 編集 |
この記事は転載自由!

どんどん「拡散」お願いいたします!!!


「猫島」として有名な宮城県石巻市田代島
 
猫島の猫2

この島も東日本大震災で大きな傷を負いました。

猫島の猫 

島民の殆どが高齢者。

今も断水が続く。

漁業と観光に頼っていた島は資金不足のため

漁業に必要な物品購入もままなりません。



復興には3~5年掛かるとのこと。

島民は「猫も人も安心して暮らせる島を取り戻してみせる」と再起を誓っています。



「にゃんこ・ザ・プロジェクト」とは、

島のシンボルである猫にあやかり、

地元漁師たちが立ち上げた一口1万円の支援基金です。



申し込んでいただいた方には

特産の島牡蠣、猫神社お守り、猫グッズなどを郵送してくれるそうです。

「島牡蠣は養殖が完全復旧後になりますので到着まで4~5年お待ちください」

とのこと(笑)

基金は猫や島の設備のためにも使われるそうです。


送金方法など詳しくは↓のロゴをクリック!!!



プロジェクト専用HPは6月10日完成予定との事です♪

6月11日より釣り客限定ではありますが

いよいよ民宿「はま屋」さん再開です♪

「猫馬鹿ツアー」再開のうれしい知らせが届く日まで

皆さんいい子で待ってましょうね~ブイ V(=^‥^=)v ブイ

2011年06月05日 (日) | 編集 |
1度横になったのだが中々寝付けず。

そういえば今夜は染七しか来ないな。

いつもなら仕事部屋の幸四郎は別として

寿染六七全員集合するのに。

気になってリビングへ。

あれ?

六しかいない。

どこを探してもジュサ坊がいない。


ま、いいか。


眠くなるまでちょっくらネット遊びでもしようと仕事部屋へ。

ありゃ、ジュサ坊が取り残されてた(;´Д`A ```

まったく気がつかなかったなぁ、中にいたの。

幸ちゃんは窓際のカーテンから半身を出したまま動かず。

ジュサ坊はソファでダラリンと横になってた(笑)

犬猿の仲の2匹だけど

いつもの乱闘騒ぎには至らなかった。

大乱闘になってたら阿鼻叫喚と化し

いくらなんでも気付かないわけがない。


へぇ~


私がいなくても平気だったんだ。

この状況に正直ビックリの同居人。

これこそ想定外の出来事。


察するに

ドアを締め切ってたから2匹とも逃げ場を失い

戦闘意識が失せたと思われる(爆)


たまに寿幸だけ閉じ込めたら


もしかして


この難局を切り抜けよう

なんとか乗り切ろうと

意地もプライドも捨てて協力し合い

いつか

元の関係に戻る・・・かも?!




『ショック療法』・・・効かないかな?



CIMG4555.jpg 
幸ちゃんは相変わらずの形相だけど

CIMG4557.jpg 
それでもジュサ坊は部屋から出ようとはしない。


2011年06月04日 (土) | 編集 |
ちわっ♪

七海です。

CIMG4529.jpg 
「幸四郎の部屋」へようこそ!

昨夜はあのまんま染兄ちゃんがお泊りしていったよ。

今日のお客様は・・・

おれっち、七海

そして・・・

CIMG4544.jpg 
ん?

CIMG4535.jpg 
すっげぇ顔してる、幸兄ちゃん。

その視線の先には・・・ 

CIMG4538.jpg  
あはっ、ジュサ兄ちゃんがいた。

幸兄ちゃんたらさ、
ジュサ兄ちゃんが部屋にいる間は絶対に机の上から動かないんだぜ(笑) 

CIMG4530.jpg 
間に挟まれて六兄ちゃん、ビビッてら。

ジュサ兄ちゃん、薫がいたから喧嘩はせず暫く寛いだら出てったよ。(と思いきやすぐ戻ってきてソファで寛ぎ出ようとしません。私が休みのときくらいこういう時間作ってあげないとジュサ坊がかわいそうだ)

寂しいんだよね、ジュサ兄ちゃんも。

あいつだけこの部屋に入れてもらえないから。

ま、たま~に薫が面白がって「開かずの扉」を今日みたいに開放するんだけどさ。

油断すると大乱闘が始まるから気をつけないとね。

2011年06月03日 (金) | 編集 |
ようこそ「幸四郎の部屋」へ♪

今夜のお客様は・・・

CIMG4504.jpg 
左眼パッチリになった染。
今も日に5~6回点眼。
角膜潰瘍も結膜炎も改善。
明日くらいに受診予定。

CIMG4514.jpg 
「悪魔」な七海だが今日はとてもいい子。
右の頬っぺたに傷発見。
恐らくは六輔から受けたものだと思う。
優しくて大人しい六輔。
七海が襲うのは決まって六。
でも「窮鼠猫をかむ」
六だって闘う時には闘うんだ!!
思い知れ、七海!!!


CIMG4522.jpg 
幸染 らぶらぶ~~♪

2011年06月03日 (金) | 編集 |
七海はうちに来たときからずっと自分の思い通りにならない事があると狂ったように悪戯する。

思い通りにならない事=「もっとメシ食わせろ!(他のヤツより多めに与えているのに・・・)」「怒られた!(てめぇが悪さばっかするからだ!!!)」などなど。

七海自身が気に入らないことすべて。

その殆どが私にとっては理不尽なことだったり、理解不能だったり、相容れないことばかり。

チンマイ時はまだ被害は少なかったが・・・

図体がでかくなってからというもの、

●蓋つきゴミ箱を倒し、中身をばら撒く。
蓋つきゴミ箱の中身=生ゴミは冷凍庫で凍らせてるけど、猫の排尿後のトイレの砂が入ったエチケット袋が引き千切られ部屋中に散らかっている。 ウンPはトイレに流すから散らばっているのはシッコ玉。 帰宅すると家中がたまらなくシッコクサイ・・・

●台所の流しの排水口のゴム蓋を外し、中のネットを引っ張り出し、引き千切り、床に中身をばら撒く。
ネットの中身=生ゴミ・・・知らずに踏みつけ、その足裏のニュルッちうかヌルッという無気味な感触に鳥肌が・・・

●仕事場の紙という紙を引っ張り出しては引き千切る。母の後見人のため必要な領収書でも書類でも何でもかんでも・・・

何度お仕置きしてもダメ(-"-)

厳しく叱るのだが、意地でも「ごめんなさい」を言わない。

一度もごめんなさいと言わない。

こんなヤツ初めてだ。

猫友さんのおうちにも「新人類」がいるけど、不思議に全員生まれ年が近い。

何か因縁があるンかなぁ。

悪い事をしてると理解しててやるから始末に負えない。

ゴミ箱が倒れる音と後始末に毎日何度もぶち切れ#

血管切れそう・・・


CIMG4485.jpg 
にゃぁにゃぁみ~~~っ#

いい加減にしないとぉ

終いにはシバキ倒すぞっ(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

2011年06月01日 (水) | 編集 |
完全隔離から半月余り。

仕事場のドアを開けっ放しにしていると「ジャイアン」ジュサ坊の急襲もありますが、お互いに威嚇するくらいで大乱闘は同居人が死守。

最近、ジュサ坊は「ドア開け」できるようになりそれが悩みの種。

どこまで賢いのだ、ジュサ坊。

どんな場合でも入室しちゃったらかわいそうだけど、心で泣きながら首筋を摑んで顔や頭を思い切り引っぱたく。

往復ビンタ!

「ここは幸四郎のサンクチュアリ」

そのことをしっかりと教え込むため。

血尿は止まってます。

1日に2~3回の排尿。

食欲旺盛。

便が少々硬めではありますが毎日排便あり。

六輔や七海と一夜を過ごすこともあります。

同居人が休日でゆっくりの朝食の時はキッチンの食事台でみんなと一緒に食べてます。

もちろん、幸四郎が自分の意思で聖域を抜け出してくる時に限りますが。

すべて彼の思うままに。

無理強いはしません。

食事が終るとそそくさと自分の部屋へ戻っていきます。

不思議と部屋を抜け出してくるのは朝だけ。

本当にたま~~に抜け出してくることはあっても夕食はほとんど仕事部屋。

「閉じ込められている」「他の連中と引き離されている」とは思っていないようです。

仕事部屋という安心できる空間を彼なりに楽しんでいるようですよ。

血尿止まった後ずっと病院に連れて行ってないからそろそろ受診せねば。

今週中に角膜潰瘍が改善した染と一緒に診てもらおう。


CIMG4503.jpg 
 


2011年06月01日 (水) | 編集 |
紫陽花ロード 

薄暗くて



肌寒くて



しとしと降り続く雨の中



心を和ませてくれる房花



雨は嫌いだけど



七色に彩られたこの花は好き




~鎌倉 名月院にて~