薫の野郎猫的日常
2010年12月29日 (水) | 編集 |
今年の更新は今日が最後だと思います。

25年間お世話になったセンセと別れ新しい病院へ転院。

百次郎の脱皮と七海との出会い。

両親の体調不良と度重なる入退院。

2人の施設移転計画とその準備。

実家の売却のための庭木伐採。

義叔父の突然死とその後のバタバタ。

などなど・・・

今年も色々ありました。

が、

なんとか無事新年を迎えられそうです。

義叔父の死から叔母がドッと老け込み

「もしかしたらこのまま呆けちゃうかも」と

従姉妹たちはオタオタしております。

年末仲良く入院していた両親はこれまた仲良く昨日退院。

病院のソーシャルワーカー、そしてケアマネと

連日に渡ってああでもないこうでもないと

喧々諤々

その結果

年が明けたら父は同じ介護グループの有料施設へ移転し

特養入所まで待機する予定。

母もそろそろ誤嚥が始まったので

有料に空室が出来次第移り

同じく特養入所まで待機の予定。



*****

PCのHDDが変な大きな音を立て始めたし、立ち上がりも遅くなってるし、

サクサクいかなくなったので一昨日新しいHDDと交換。

メモリ容量を最大にしてみた。

かる~~い♪



*****

CIMG4301.jpg 
クリスマス時期、体調不良だった染

お陰様で復調いたしました

ロイカナウエットの「ウルトラライト」が大ヒット

ウンチも普段通りのいいうんちに戻りました

便臭も正常♪

昨夜遅くから夜中まで幸四郎と七海と一緒に大運動会ヽ(●´ω`●)ノ

CIMG4252.jpg 
今日は七海の定期健診日

体重:2.16キロ

朝ごはん抜きで受診したのにこの重さ・・・

満腹なら2.2キロいってるな(滝汗)

こうして診察台に乗った七海を第三者的立場で眺めると

でかくなったなぁ・・・軽く2廻り以上は育ってる。

が、相変わらず

耳垢しつこい#

目の粘膜の充血も#

毎日の点眼と点耳欠かせないが何度寄生虫チェックしても陰性なので通院は今日にて放免♪

CIMG4287.jpg 
CIMG4307.jpg
CIMG4242.jpg 
ジュサ坊も幸四郎も六も元気いっぱい♪

七海に振り回されっぱなし

お陰で運動会には不参加のジュサ坊以外の連中

順調に体重減少なう(笑)


 
*****

今年も大変お世話になりました。

千太組はただただ前を見て

美味しい楽しい時間を満喫し

すべてに感謝しながら

来年もジェットコ~スタ~生活をエンジョイいたしますv(。-_-。)vブイッ♪

よろしくお付き合いくださいませ<m(__)m>

みなさま、

よいお年をお迎えください。

2010年12月26日 (日) | 編集 |
CIMG4246.jpg 

ことの始まりは12月24日夜のウンチ。

いつもなら消化器サポート(可溶性繊維)のお陰で

ズルリンといいうんちなのに

この日は最後だけドロリンとした軟便。

それもあまり良い臭いではなかった。

が、

それ以外はまったく普段通りだったので心配はしなかった。

翌日25日も日中は元気いっぱい。

ところが・・・

「クリスマスだからディナーだけご馳走にしよう♪」

などと、気を利かせてしまったのがいけなかった。

百次郎が遺してくれた

チャーコズデリの「ササミのトマト煮」を全員に振舞った。

みんな目を輝かせてパクついた。

これが19時。

ところが・・・染だけ・・・

21時過ぎにゲロ~~~。

半分消化したササミが全部出た。

吐いてスッキリすればOKだったが

どうも様子がおかしい。

ドヨ~~~~ンとしちゃって

視点が合ってないような・・・

口もうっすら半開きだし・・・

その後で出たウンチがこれまたメチャ臭い軟便まじりの普通便。 
 
前回のより軟便の量が多い。

そして26日午前1時過ぎにまたゲロ~~~ン。

もう吐くものはお腹に残ってないから今回はほんの2滴ほど。

それでもスッキリはせずなんとも言いようのない冴えない表情のまま。

CIMG4263.jpg 

眠れないのかベッドに香箱作ってジ~~~ッとしてる。

2時過ぎから寝場所を移動。

寒いのにエアコンもホカペもない寝室のベッドの上に。

そこでも目は開いたまま。

かといって貧血症状はない。

血色もさほど悪くないし

吐き気も治まっている。

下痢するわけでもないし

強いて言えば体熱感あり。腋の下とかちょっと熱が高いかな?

急変したら深夜であっても先生をたたき起こして診てもらうのだが

そこまでの非常事態とは思えないので朝一番で受診することにする。

朝になり少しはお腹空いたかな?と期待したが

食台に来ないで日の出前に寝室から戻ってからずっと猫ベッドで香箱を組んでる。

温かな日差しが射し込んで来ると陽だまりに移動して日向ぼっこする元気はある。

昨夜9時過ぎの便持参で朝9時受診。

本当なら27日が1ヶ月検診の日だったのだが1日前倒しで溶血の具合も含めチェックしてもらう。

体重:5.8キロ

25日の午前1時に計ったときが6キロ丁度だったので200グラム減。

体温:少々高めの39.2度

まず触診と視診。

先生の見立ても「貧血が進んでいるようには思えない」だった。

便も腸内細菌のバランスが多少崩れている程度で異常なし。

血液検査の結果は              

              10/6 → 10/28 → 11/25  → 12/26
BUN(17.6~32.8):  19.4 → 13.4  → 14.5  →  20.4
ALT(22~84):    46 →   31 →  31  →   64           
TBIL(0.1~0.4):   0.3 →  0.3   →  0.2 →  0.4
PCV(30~43):    33.2 →   29.0 →  38.3 → 34.7
PLT(162~600):     318 →   259  → 180   →   243
WBC(5.5~19.5):  19.3 → 11.7  → 14.6  →  14.6

血漿沈殿結果:
少々赤く溶血反応あるが、採血から試薬に至る経緯でもこれくらいの変化はあるので、さほど心配することはない程度。溶血が進行している時はそれこそ血漿が山吹色になる。


所見:やはり貧血の進行による体調不良ではないと考える。BUNが高くなっているのは嘔吐による脱水による所が大きいと思う。肝臓の数値も予想していたよりはかなり良い。ビリルビン上昇も肝臓の数値の上昇による。嘔吐すると肝臓の数値が上昇するので、今回の数値の↑はそのため。上昇はしていても基準値以内に留まっているので、嘔吐が止まれば数値もまた下がるはず。溶血が悪化しているからではないと考える。嘔吐によって脱水が進んでいる事を考えるとPCVが34というのは脱水により血液が濃くなっているからだと思われるので、本当はもう少し数値が低いのでは?かといって問題にするほどのことはない。1日おきのステロイド5mgと毎日のウルソ服用で上手くコントロールできている。今回の体調不良は、24日の夜の便に少量の軟便が混じっていた事を考えても、その頃からちょっと不調だったと考えられる。そして25日の特別ディナーのササミのトマト煮で本格的に消化不良を起こしてしまったのではないか? 総合的判断としては、体調不良=恐らく消化不良を起こし嘔吐してはいるが、その不調はこの2日間で完治すると思うので、今回の検査結果は良好と判断する。

「昨日今日って染ちゃんと同じようにお腹壊したり気分悪くなったりして来院する動物ばっかりですよ(爆)」

先生がニヤリ(笑)

「あたしゃKFCみたくニンゲンの食い物を与えちゃいませんよ#ちゃんとしたキャットフ~ド、それも百次郎の遺していったちゃんとしたオーガニックフードを食べさせただけですってばっ(滝汗)」とまるで負け犬の遠吠え・・・

くそっ!!!!

マジ、年末年始の食事には気をつけなければ・・・(滝汗)

2日分の吐き気止めと消化剤を処方される。

10時15分、指示通り帰宅してすぐ薬を服用させたら

10時45分、今度は胆汁らしき真っ黄色い液を相当量吐く。

脱水が原因かもなぁ。

すぐに先生に報告し、輸液した方がいいんじゃないかと持ちかけたら

「すぐ戻って来い」と(笑)

染を再びキャリーに詰め込んで引き返す。

皮下輸液60ml×2本

ゲロッたから吐き気止めも全部外に出ただろうから、と吐き気止めの注射液1本分も一緒に。

「これで今夜辺りから食べ始めると思います」

消化器を休ませるためこのまま19時の食事まできっちり絶食。

そして19時

食事台まで来るが食事には口をつけず。

今日はステロイドの日なので

白湯と薬と少量のw/dをミルサーでドロドロにしたものをまず6mlシリンジに入れ強制給餌。

口に入ると嫌がることなくぺチャぺチャ舐める。

急に大量投与するとまた吐き戻しかねないので6mlで止め、吐き気止めと消化剤の錠剤を飲ませ様子見。

15分経過しても吐かなかった。

それどころか少量でもお腹に入ったので空腹感を覚えたのか食事の催促。

自発的に皿に残ったもう6mlを勢い良く舐め取った。

その後から動きが活発になってきて、良く鳴くようになったし、お腹が空いたとしきりにマンマコールするようになる。

20時40分

w/d20グラムペロリ平らげたあと、ジュサ坊の食べ残したキドニーを6粒ほど。

22時ごろ

少量の少々柔らかめの普通便

23時15分

七海たちの夕飯の残りのアズミラに白湯をたっぷり混ぜ込んだゲル状のものを10gほどペロリ。

今のところゲロリンなし。

やれやれ・・・1年に1回のご馳走が仇になっちまったよ・・・

2010年12月24日 (金) | 編集 |
3274601t.jpg 

「物語が進行していく途中でエラーが出てしまい

まだ最後まで見る事ができないでいます。

もう1度送ってください」


届いたカードで同じようなトラブルが生じている方へ。

ご遠慮なく再送信のリクエストしてください。

すぐに対応いたします。

デジタルなのでどうしてもエラーが出てしまうカードが存在すると思うので。


2010年12月24日 (金) | 編集 |
   

病を得た子も

旅立とうとする子も

寒さに震える子も

飢えに泣く子も

傷がうずく子も

母とはぐれた子も

兄弟姉妹と別れた子も

1人寂しく過ごす子も

一瞬だけでいい

心満たされますように


pine_candle_k.gif
2010年12月24日

千太組一同

2010年12月22日 (水) | 編集 |

3274601t.jpg 


メールでもお知らせしましたが

PCのメアドをお知らせくださっている皆様方に

今年もデジタル・クリスマスカードをお送りしたのですが

無事届いておりますでしょうか?



もし

ここをお訪ねくださった方の中で

まだカードが届いていないという方がいらっしゃいましたら

是非ご一読ください。



使っているのがアメリカのカード会社のため

カード送信状を含め内容が全部英語表記になっております。

そのため

皆さまのPCのウイルスソフトが自動的にスパムとみなし

「削除済みフォルダ」に収納されてしまっているかもしれません。

スパム対策として英語表記のメールをスパムメールとして

設定されている方も同様です。



お手数ですが念のため

皆さまのメール受信トレイの

「削除済み」フォルダ

もしくは「迷惑メール」フォルダをチェックしてくださいますか?

jacquielawson.com

からメールが届いている方

それは薫@千太組からのクリスマスカードです。



もし

既に削除してしまった方でカード再送希望の方がいらっしゃいましたら

お手数ですが

ここにコメントを残してくださるか

「もう1度送れ」のメールをくださいませ。




尚、このカードはPCのみ対応しているため

携帯のメアドしか存じ上げない方にはお送りできません。

PCメアドをお持ちの方(フリーメール可)で

カードご希望の方がいらっしゃいましたら

鍵コメでPCメアド付きコメントを残してくださるか

メールでお知らせください。



よろしく~♪




追記

カード送信状がお手元に届いている方へ。

お手元に届いたのはクリスマスカード本体ではありませんのでご注意ください。

クリスマスカードは送信状に記載されている長めのURLをクリックしてご覧ください。

このカードはフラッシュプレイヤーがインストールされていないと見る事ができません。





2010年12月20日 (月) | 編集 |
汗ばむほどのいいお天気~♪

今日はスタルカさんた~こさんmoomamaをお迎えしての一足早いクリスマス会。

お取り寄せのお寿司各種、玉子焼き2種、嬉野温泉特製温泉湯豆腐、シジミ汁、お客さまお持たせのお漬物、チーズ、そしてワインとケーキ。そしてそして・・・今日のメインはなんといってもスタルカさんのご子息のお嫁さまのご実家からのお裾分け、もう見事としか言いようがない立派なタラバガニの足!!身がぎっしり詰まってて、ポン酢で頂戴いたしましたが、夢のようでございました~。だってぇ、こんな大きなカニ身なんて食べたことないんだもん(大泣)も~感激でございました。

で、いつものように写真ナシ!

お喋りと食べるのに忙しくてね~。

美味しいものを食べる時ってニンゲンそうそうほかの事に気が回らないですよ!

千太組の野郎共、ホスト稼業を辞めたヤツがゾロゾロ。

幸四郎だけが唯一のホスト!

七海、色気づきやがった#いっちょ前に人見知りしやがる##

でも時間が経つうちになんとか姿を見せるようになり内心ホッ(滝汗)

六輔なんて匍匐前進して部屋を横切るだけ。

染は・・・まぁまぁ、六に比べればマシな程度。

どうしようもないけど・・・どうしちゃったんでしょう???

スタルカさん、た~こさん、moomama。

今日はお越しいただきありがとうございました。

いつものことながら美味しい楽しい時間でした。

また遊んでくださいね。

2010年12月19日 (日) | 編集 |
CIMG4268.jpg 
昨日の体重:1.97キロ

もうじき2キロ

身体も顔つきも少年らしくなってきた

CIMG4274.jpg 

CIMG4280.jpg 

CIMG4286.jpg 
兄ちゃんずともすっかり馴染んで

CIMG4260.jpg 

CIMG4257.jpg 
お得意の「スッパマン」ポーズもバッチリ♪

毎日、兄ちゃんずに試合を申し込み

まるで「七海十番勝負」(笑)

CIMG4004.jpg 

CIMG4220.jpg
ま、最後は必ず喧嘩のいろは担当の幸四郎とベッタリだけどね~☆ъ(*゜ー^)> ♪

七海

22時20分現在

2.01キロ!

2010年12月18日 (土) | 編集 |
 オペラ座の怪人(映画版)

昨日金曜日の夜、久々に映画版「オペラ座の怪人」を観た。

BSなどで何度もOnAirされていたが、今回は劇団四季が吹き替えしたという。

といってもキャストは当たり前ながら現在の劇団員での吹き替えなのでね・・・むにゃ。

それに音も劇場のデジタル大スピーカーで観るのではないのでね・・・むにゃ。

一応、四季の公式サイトで吹き替え録音風景も事前にチェックしてましたよ。

ええ、一応ね(笑)

ですから期待はしてませんでした。

で・・・やっぱり・・・

いやいや、最後まで観ましたよ。

エンドクレジットまでしっかりね!

で・・・やっぱり・・・

そりゃ無理でしょう、あの録音方法じゃ。

いや、録音はしっかりやったのかもしれません。

が、MIXがねぇ・・・

TV放映だからでしょうか・・・何トラックに分けて録ったんだろう?

あのベッタリした張り付き具合じゃ、ソロとコーラス1トラックずつ?

2chのステレオ?まさかねぇ(笑)

でも、ご親切に吹き替え版なのに歌詞の字幕スーパーが流れていてくれたお陰で何て歌ってるのか理解できたんだから・・・もしかしたらそうだったのかも?

そりゃ映画レベルで仕上げようと思ったら時間もお金も高くつくからねぇ。

あれだけの役者さんを揃えたければある程度一気録りしなきゃ、スケジュール調整も大変だろうし。

そうそう贅沢も言ってられないんだろうけど・・・

でもさぁ、幾らなんでもオリジナルは一応映画上映のために作られてるんだからさぁ。

オリジナルM/E(ミュージック&エフェクト)がデジタルバリバリの高音質に対し、日本語トラックがああも貧弱じゃぁ・・・むにゃ。

素材に見合ったレベルで作ってもらわないと・・・劇団四季だからってあれじゃぁ・・・むにゃ。

映画版はロイド・ウエッバーが「劇場に来たくても来れないファンのために」って大枚はたいて作ったんだからさぁ。

四季もこのプロジェクトを受けたのは、ウエッバーの気持に賛同したからじゃないの?

だったらさぁ、

録音スタジオさんよぉ~。

四季と組むんだったらそれなりのものを作らんと!

四季が○ィズニーと組んだ「ノートルダムの鐘」と比較しても音のクオリティの違いは一目瞭然。
 《○ィズニー作品といえば最近「TS3」吹き替え版観たんだけど・・・以前に比べて質が相当落ちてる。おぉ~い、MIX方法間違ってるとこあるのにそのまんまリリースしてるぞぉ。クォリティには自信があるはずの大会社も落ちぶれたもんだなぁ。あたしゃ落ち込んだぁ。役者さんが体調悪いのかやる気ないのかわからんがフツ~だったらNGだろ?ちゅう演技しててもOKしてたりさぁ・・・監督始め録音スタッフやる気あんのかっ#そして・・・彼らを監督してるはずの○ィズニーの社員さんたち、もちっと「こだわり」を持ってほしいなぁ》




そして、これからが本題なのだが・・・

いつからファントムはあんなに男前でその上テノールになっちまったんだ???

初代のファントムはオリジナルキャストも四季の初代キャストもキンキンの金切り声だったろがっ#

それはどうしてか?

恐らくはファントム=ロイド・ウエッバー本人、クリスティーヌ=当時の妻サラ・ブライトマンであって、あの当時、もう復縁困難なほどにこじれていた夫婦関係だったが、ウエッバーはそれでもサラを愛していた、その思いと情をこれでもかっというほど詰め込んだ作品が「オペラ座~」だと思うのだ。つまり、実在の人物2人のまんま美女と野獣でなけりゃいかんのです!ファントムは暗闇でしか生きたことがない醜くてパニック障害で小男だけど、感受性の強い飛びぬけた天才でなきゃいかんのです!

暗闇しか知らなかった怪人が恋したが故に光の世界に姿を現し破滅せねばならんのです!

仮面をつけた長身のイケメンがテノールでブイブイ言わせたら、この作品の持つ悲劇性が違う方向を向いちまう!!ファントムのあの心の叫びや心の流血を表現するには、低音じゃいかんのです!

初演時、ロンドンオリジナルキャストも四季も、ロイド・ウェッバーの意向が100%反映されていたと聞く。ということは、初代オリジナルロンドンキャスト=マイケル・クロフォード、初代四季ファントム=市村正親がロイド・ウエッバーのイメージに限りなく近いということになる。

私は幸運なことに初代ロンドンキャストも日生の初代市村ファントムも観た。

そして・・・悔しいけど・・・ファントムの気持が痛いほど伝わってきて・・・泣いた!!号泣だ!!

作品自体が好きだから、市村さんが退団してからもずっと歴代ファントムで観たけど・・・泣けない。胸がち~~っとも痛くならない。だから観るのやめた#

だもんで・・・幸か不幸か今でも私にとって市村正親こそファントムなのだ!


この作品はパリオペラ座の衣装やシャンデリアや・・・華やかさが際立つが、売りはファントムの2面性=「狂」と「情」だと信じて疑わない薫@千太組なのだ!

それを印象付けるには、何といっても声!!それも男2人の!!!主要キャスト、ファントムとラウルは声質が大きく異なることが必要不可欠。三部、二部で一緒に歌う彼らの声が似ていると、聞き取ることが困難だ。四季版初代ファントムの市村の声はマイケル・クロフォードばりのエッジの効いた金属的な甲高い声。対する山口祐一郎の初代ラウルはあたたかみのある豊かな声。極端なくらいにかけはなれているからこそ役が際立ちもするし、アンサンブルになっても聞き取りやすい。

初代オリジナルキャストのまんまの声質でキャスティングされていたら、昨夜の吹き替え版もあそこまで聞き取りにくくならかっただろうに。。。どんなに録音、調音、整音のスタッフが未熟であってもな・・・

市村ファントム以来、あの金切り声は影を潜め、どのファントムもイケメン・オペラ歌手もどきのテノールばかり。

テノールは穏やかな青年貴族のラウルじゃないの?

四季の初演オリジナルキャスト版は現在廃盤で入手困難(ヤオフクで2万近く出せば手に入るけどな~)だが、一番ウエッバーの意図したものが反映されているという点で、やはり最高のクォリティであったと私は思う。

ファントムが上品なテノール歌手のようではこの芝居は別の作品になってしまうもんね~。

んで、映画版のファントム役、ジェラルド・バトラー、なんであんなにイケメンなんだ?高身長なんだ?声が低いんだ?私のイメージは映画「アマデウス」でモーツアルトを演じたトム・ハルス、もしくは歌唱力は別としてマイケル・Jフォックス。声が高くて背が低くて演技力で醜い男を演じきることができる演技人。

ま、バトラーのファントムでも終盤の有名な三重唱「ポイント・オブ・ノーリターン」のリフレインの明確なことだけは評価できるけど。

というのも、バトラーのファントムが野太いバリトンに近い声、ラウルが少々高めのソフトなテノールとはっきり区別されてるからクリスティーヌと3人で同時に歌っても各パートがしっかり聞き取れる。
 
MIXもよくできてるし。
 
吹き替え版の某都内有名スタジオの担当の方々、音楽と台詞をわざわざ別々のスタッフ付けて、違うスタジオで録音してるにしては酷くない?

主役の男性2人の声が酷似している四季の吹き替え版はその点も減点対象。

はぁ~、グチグチ色んなこと言っても埒アカン!

あたしゃ日本では市村ファントムしか認めん、ちゅうこっちゃ!

はよ~出て来い、金切り声のファントムよ!

でなきゃ、もう二度と四季のファントム観られんじゃないか~~~(大泣)



ところで・・・

どなたか初代市村ファントムのCDお持ちの方いらっしゃいませんか?

もしいらっしゃったら薫@千太組にメールいただけませんでしょうかオ( ̄人 ̄)ネ(-人-)ガ(*_ _)人イ

もう1度、彼のファントムを聴きたいのです~~。

2010年12月16日 (木) | 編集 |
食道がんと腰痛で長らくご無沙汰だった小澤征爾氏が12月14日、NYのカーネギーホールにて久々に大作を指揮した。ブライチ( ブラームスの交響曲第1番)、小澤さんのお得意のナンバーだ。

ozawa.jpg

私にとっての小澤征爾はブラ1、それもできればボストンSOで、もっと欲を言えばNYカーネギーホールで聞くのが最高の贅沢なのである。

むか~しむかし、私はボストンSOによる毎年恒例のカーネギーホール公演によく足を運んだものだ。1992年だったか・・・LAに出張した帰り、短いが2日間だけ休暇のためNYに立ち寄ったのだが、なんとNY入りした翌日、カーネギーホールで小澤指揮ボストンSO、それもなんと演目はブラ1という奇跡に近い偶然に出くわした。それもNYタイムズに「当日券あり」と!!!キャンセルチケット目当てで何でも並ぶのがNYでの私の楽しみ。当時、「小澤のブラ1」は飛びっきり活きがよかったから、駄目元でカーネギーに駆け込んだ。

幸運にもチケットを入手できた!!限りなく天井に近い席だったがそんなのどうでもよかった。彼の紡ぎだす音が心地よく全身を駆け巡る快感。なんだろうなぁ、あの感覚は。小澤さんが指揮すると、必ずと言っていいほど心臓をやられる(笑)その記憶を呼び起こすため、その快感を味わうため、薫@千太組は今もCDでオザワのブラ1を聴く。

小澤さん、長生きしてくださいね~。

2010年12月12日 (日) | 編集 |
CIMG3811.jpg 


今年の年末はゆっくりできるかな?

1年前の昨日は大変だったなぁ(遠い目)

あれからず~~っと体調悪くてさぁ

検査検査でさぁ

薬漬けでさぁ



でも・・・




CIMG3739.jpg
最近なんだか元気だよね?

CIMG3965.jpg 
七海とも激しく遊べてるし

CIMG4062.jpg 
起きてる時間が長くなったし

CIMG3823.jpg 
きれいな染色キ~プできてるし

CIMG4168.jpg 
表情豊かになったし

CIMG3822.jpg 


ホントよかったぁ(号泣)

嬉しいよ、染



薬も減ってるし

消化器サポート(可溶性繊維)のお陰で

デトックス順調だし

食欲も旺盛だし

顔色も毛艶も毛色も

以前より何倍も深い色になったし




最近

よ~くソファに上って

私の膝の上で寛いでるよね

お前の体の重み

どれだけ愛おしいかわかるか?

ベッド以外の場所に居る時間が

どんどん長くなってる

1匹で居る時間が

どんどん短くなってる




このまま

どうぞこのまま・・・




CIMG3813.jpg
長生きしてくれよな、染 

2010年12月08日 (水) | 編集 |
 CIMG3832.jpg 
今日の体重:1.78キロ(*_*;
このままいったら年の瀬には2キロ越え確実!

便検査:
便状態良好。
回虫、条虫、コクシジウムまったく見当たらず。
もう暫くはチェックしたほうが無難。
心配していたアンモニアのような酸っぱい臭いはもしかして肛門腺?
お尻で体温測ったあとに付いた臭いをチェックしたら同じ臭いがするから。

耳チェック:
相変わらず耳垢あり。
ダニチェック(-)点耳薬を処方される。
1日1回耳掃除したあと1~3滴在宅で。 

結膜炎:
まだ充血あり。
このまま在宅で目薬継続。

ワクチン:
2回目接種。
先回同様のTRICAT。
今日一日安静に(無理だけど) 
 


  
診察台では大人しくしておりました。
喉をゴロゴロ言わせながら。
ワクチンの注射も目を閉じていい子で受けました。
帰宅してすぐは大人しくしてたのに・・・
もう暴れてます!
玄関先で暴れすぎて床の石材に思い切り頭と身体をぶつけちゃって・・・
でもケロッとして飯ガッツリ食うわ~
幸四郎や六輔とプロレスやるわ~

あとで熱出しても知らんぞ・・・

次回受診は今月29日、便持参で。

2010年12月08日 (水) | 編集 |
CIMG4152.jpg 
七海の世話、毎日ご苦労様!

CIMG4170.jpg 
マナ~&ル~ル担当!

CIMG4136.jpg 
喧嘩のいろは担当!

CIMG3822.jpg 
トラブル回避術担当!

CIMG4134.jpg 
末っ子の処世術担当!   


どうですか?

みんなキリッと引き締まった

いい表情してると思いませんか?


2010年12月07日 (火) | 編集 |
百次郎が脱皮してから今日まで、跡目争いの小競り合いは納まる気配がない。

暫くは静観していたが、こうもタラタラ続いて決着を見ないのであれば・・・

仕方ない!

ここは同居人が仲介役を!!

午前2時過ぎ。丑三つ時。

リビングに行くと、七海も交えて猫集会の真っ最中。

無言のまま、彼らの真ん中にドカッと腰を下ろす。

「ちょっと邪魔するよ。どうしても話しておきたいことがあってな。。。あんたらいい加減にせぇや!千太や百がお前らに教えてくれたこと、忘れてしまっとるんとちゃうか?お前らがチンマイ子猫でここに来た時、あいつらがお前らを虐めたか?痛い目に遭ったことあるヤツこの中におるんかい!おらんやろ!お前ら、千太や百がおった時、あいつらを虐めたことあるんか?年上を痛い目にあわせたことあるヤツ、この中におるんか?おらんやろ!今のお前ら、なんや?! 年上に喧嘩売るは虐めるは、年下に必要なこと教えることもせん、真剣に向き合おうともせん!なんじゃ、こりゃぁ!!なんちゅう体たらくや!!千太と百に顔向けできんぞ、恥ずかしくて。あいつらも嘆いてるだろうよ。お前ら全員、がっかりや!どいつもこいつも、ええかぁ?お前らはなぁ、天下の千太組や~。どんな時も、みなさんが一目置いてくださる千太組の一員だということ忘れちゃいかんで~。誇りを持て!!そういうわけで、今まではお前らを信じてなんの手出しも口出しもせんかったが、その結果がこれや!だからな~、今この時からアタシは手も口も出すよ!ごめんな、これからは打つよ!!痛い目にあわせるよ!!年上を敬わんやつ、年下に優しく出来ん奴には容赦ないからな。ええか!!上辺だけ仲いい振りした見せ掛けの猫団子なんて今後一切作らんでいい!そんなの私は見たくない!生活は各々バラバラでいいから!みんなの気持だけ、みんなの心がひとつであれば、それでいいから!!」

野郎共全員、理解してくれたと信じる。

それが証拠に、それ以降、小競り合いはゼロ。

七海の世話も今までのように六にばかり押し付けることなく全員でしっかり面倒を看るようになった。

時に激しく、時に厳しく、しかも真剣に向き合う奴らの姿が・・・。

CIMG3965.jpg 
CIMG4219.jpg 
CIMG4231.jpg  
がんばれ!!

2010年12月07日 (火) | 編集 |

今日の天気は下り坂との予報だったが、猫馬鹿さんたちがいらっしゃるお昼頃にはお日様も顔を出し、いいお日和となった。

今日のお客様はてれじあさんkazumiさんまりきちさん

同郷のまりきちさんは今日が初めての組事務所ご訪問。

kazumiさんはもしかして・・・染六騒動真っ只中にお越しいただいたのが最後?じゃ、5年ぶり!

てれじあさんは昨年の春以来。

久々のkazumiさん、先ず吃驚されたのが染六の成長振り。だよねぇ~。

CIMG4145.jpg 
kazumiさんの掌に乗って指をチュパチュパしてたあのコビトネコが・・・

CIMG4164.jpg 
垂れ目の痩せたチャトラしろの子猫が・・・こんなに大きくなってるんだものねぇ。

まずは猫馬鹿集会の決まりごと(?)撮影会!

CIMG4063.jpg 
主役はこの会の名前どおり、新入りの七海。カメラ目線で皆さんのカメラにしっかりポ~ズを決めちゃって(笑)皆さんも久々の子猫の感触を思う存分味わっておいででした。

幸四郎、染六もちょくちょく顔を出して愛嬌を振りまいてくれました。

先回の七海会でも好評だった鶏鍋と皆様お持たせのお惣菜やスパークリングドリンクをいただきながら、猫の話から人生話まで女の話に華が咲く。

アメショのあぷりちゃんと暮らすてれじあさんにはた~こさんに続き、七海の「アメショ鑑定」していただいたところ、被毛(特にアンダー)の密集率(アメショはもっとみっしり生えている。特にお腹側)と尻尾が細いのがアメショとは違うとの事。でも、アメショの血が濃ければきっと素晴らしいホストになるだろう、と。

染六があまり顔を出さなくなったため、今じゃホストは幸四郎だけ。

七海、お願いだからこのまま、今のまま、お客様をおもてなし出来る野郎に育ってくれ!!

kazumiさんがお仕事の都合で途中でお帰りになったあとも、撮影会しながらデザートをいただき、そしてまたお喋り。

楽しい時間ってどうして羽が生えてるんでしょう?あっという間に外は暗くなり、お2人もお帰りになる時間。

kazumiさん、なんだかせわしかったねぇ。デザートも頂戴しっぱなしで何のおもてなしもできず。次回はゆっくりお過ごしくださいね。ほんと、お疲れさま~!

てれじあさん、なんだか大変な師走だねぇ。身体に気をつけてね。いつかじっくりあぷりちゃんにお会いしたいわ。

まりきちさん、三茶にお寄りの節はよろしかったらご連絡ください。三茶でデートしよ♪

みなさま、今日はお越しいただきありがとうございました。とっても楽しい時間でした。また遊んでね~。

CIMG3967.jpg 
CIMG4096.jpg 
今日の集会中もしっかりお客様方に目撃されているが、

昨夜辺りから七海が幸染と激しく遊ぶようになった。

鉄は熱いうちに打て!!

兄さんたち、しっかり教育してくれよ!!


2010年12月06日 (月) | 編集 |
CIMG3902.jpg 
せっせ


CIMG3904.jpg 
せっせ


CIMG3910.jpg 
せっせ


CIMG3919.jpg 
ん?


CIMG3921.jpg 
みぃ~


CIMG3922.jpg 
たぁ~


CIMG3923.jpg 
なぁ~?


CIMG3927.jpg 
べっちょ~~~ん



これぞ「染伝説」

噂の尻尾チュパ!!!

案外と遠くまで聞こえるんですよ、チュッパチュッパ♪

本猫はいたって神妙に

まるで神事のように厳かに

粛々と。

神主さんですか、染?

これってもしかして・・・

マジで神事なのでは?

2010年12月05日 (日) | 編集 |
CIMG3890.jpg 
七海坊ちゃま

一人じゃ眠れません。

クロネコじいやさん、ほぼつきっきり。

七海坊ちゃま

ただ今1.72キロ(@_@;)

どんどんでかくなってます!

2010年12月03日 (金) | 編集 |
☆七海の目に充血あり。受診す。軽度の結膜炎。軟膏目薬つけてもらう。自宅では百次郎が遺していったインターフェロン入りの点眼薬を朝晩2回。

☆やっと退院したと思った父がチアノーゼで再入院。

これを機に保留にしていたキャットシッターさんと契約することにする。

以前、友人から紹介してもらった事業所は如何せん我が家とは遠すぎる。

そこで、その事業所に電話し、最寄の事業所を教えていただいてあったのだ。

が、「まだあとでいいや~」と今の今まで何もアクションを起こさず。

だが、そろそろいいだろう。

老親がいつ何時どうなるかわからないから。

早速今日、自宅にて面接。

とっても穏やかそうな好印象の方でした。

さすがプロ!

幻ジュサ坊は無理だったが初対面なのに全員顔を出し、彼女の周りをウロウロ、クンカクンカ。

野郎共が安心しきっている。

個々の写真を渡しながら性格、既往症、現在の体調や食事は何を食べているか、その分量など細かく説明しながらのカルテ制作。

その後、トイレの場所や排泄物処理方法、食事、薬の保管場所やストック場所など説明。

鍵をお渡しして滞りなく契約完了。

千太組もこれで晴れてキャットシッターさん登録者。

そして驚いたことにこのシッターさん、うちの先生と顔見知り!

何という偶然!

何が安心て、かかりつけの獣医を知っていることが一番!

いざという時でも先生とツ~カ~なんだもの。

やっぱりこれも「誰かが」取り持つご縁よね~。

よかったぁ~。


CIMG3891.jpg 
ずっと別の場所で1匹で食べていた七海。
兄ちゃんたちの食卓で一緒に食べるといって聞かない。
もう嫌だ!寂しいんだってさ(笑)
皆で食べた方が美味しいもんね♪

2010年12月02日 (木) | 編集 |
CIMG3882.jpg 

やっとこさ千太組らしくなってきた♪

ここに来てからずっと同居人にべったりだった七海。

ところが今日になって、

まったく自然にスンナリと自ら野郎共の輪の中に入っていきました。

先住たちの努力が実った瞬間です。

猫ベッドにはまだ一度も入ったことないけどね~(笑)

2010年12月02日 (木) | 編集 |
CIMG3797.jpg 
最近、ふえた
オイラの体重じゃなくて・・・

CIMG3855.jpg 
ダサいシマシマのチビが・・・

CIMG3845.jpg 
ジュサ兄ちゃんは毎日、ルールとかマナーとか
いろんな事教えてるけど
ちょっとは賢くなったのかな、チビ
オイラの目にはそうは見えないけど

CIMG3880.jpg 
幸兄ちゃんとオイラは毎日、チビのメシのお余り狙ってる
薫がいっつも傍で監視してるから
中々食えないけど
でも今日、オイラの超光速マジックハンド使って
メシをマットにばら撒いてやった♪
薫はため息つきながら見て見ぬ振りしてくれた
うまかった♪

CIMG3837.jpg 
六は毎日・・・ヘトヘト
守役のはずが完全に遊ばれてる
最近のあいつ、愚痴がふえた気がする
気分転換したいけど
薫がチビに付っきりだから
お目当ての耳チュパができないって
元末っ子って言うのも楽じゃないのな~
かわいそ~
あいつを連れてここに乗り込んだの正解かも
じゃなきゃ今ごろオイラがチビに遊ばれてるもんね
ラッキ~♪

CIMG3798.jpg 
はぁ~ 疲れた
チビが来てから1日が早い
今日も無事終了!
いっぱい働いたからハラ減った・・・

かおるぅ~メシ~~!!

2010年12月01日 (水) | 編集 |
CIMG3831.jpg 

今日の体重:1.55キロ

先月21日に迎え入れた時が1.34キロ

先日29日の七海会の時が1.5キロ。

着実に成長しています。

先週も耳垢が酷かったが、ダニとかトラブルは一切見つからず。

今回もまた真っ黒な耳垢がたっぷり溜まっていた。

しっかりとクリーニングしてもらう。

触診、聴診ともに問題なし。

保護したての頃もレボリューションを滴下したが、
先週も保護して約1ヶ月経つことから、再度レボリューション滴下。
そして今日はドロンタールを服用する。
「回虫だけじゃなく条虫もこれで駆除できますから」

来週便をもってもう一回受診。
そこで何も出なければ無罪放免となる。
ただし、回虫が出なくてもコクシジウムが出てくる可能性も捨てきれず。
これから暫くは受診しながら様子観察。

CIMG3809.jpg 
ジャンプ力がついてきました。
ここに来た頃は2段目がやっとだったのに♪

CIMG3802.jpg 
日々ヤンチャになってます。
一時たりとも目が離せません。

CIMG3849.jpg 
名前を呼んでも反応ナシ。
早く自分の名前が「七海」ってことを覚えてほしいなぁ。