薫の野郎猫的日常
2010年10月31日 (日) | 編集 |
染はシイタケが大好き。

CIMG3269.jpg 
といっても生じゃなく乾したもの。それも「イシヅキ」だけですけど・・・

薫@千太組のマイブームは「凍り豆腐と乾しシイタケの煮物」

毎日作ってます。

1日1食、ご飯代わりに。

乾しシイタケは熊本産。

親戚が送ってくれたもの。

生だったらイシヅキも食べるんだけど、乾物はさすがに残しちゃう。

それを美味しそうに食べる染。

CIMG3271.jpg 
匂いに誘われて今日も染登場♪

CIMG3273.jpg 
少なくても4~5個は食べちゃいます。

塩分控えめにしてるとはいえ食べすぎはよくないので気をつけないとね~。

それにしても・・・

染という猫は乾燥納豆だけかと思ったら乾しシイタケのイシヅキまで好きだったとは・・・。

乾物フェチかい?

ここに来たときから思ってたけど・・・

CIMG2913.jpg 
やっぱり染って変なヤツ・・・

2010年10月28日 (木) | 編集 |
                  9/15 → 10/6 → 10/28
BUN(17.6~32.8):      12.7 → 19.4 → 13.4
ALT(22~84):          40 → 46 → 31                
TBIL(0.1~0.4):        0.4 → 0.3 → 0.3
PCV(30~43):        32.8 → 33.2 → 29.0
PLT(162~600):       379 → 318 → 259
WBC(5.5~19.5):      12.5 → 19.3 → 11.7


「う~~~ん、赤血球がまた減ってるなぁ。でも・・・これが溶血進行による反応だったらビリルビンも上がっているはずだから・・・これからは可能な限りステロイドを減らしていきたいので、試しに今日からは今までと同じ濃度を1日おきにしてみましょう」

今までは毎日1.5錠=7.5mgでした。

今日の体重が6.25キロなので、1キロに対して1.25mgの計算になる。

1mg以上摂取すれば免疫抑制は維持できる。

1回の濃度は変えず、『身体を休めることを目的とする』ため、2日に1回にしてみるということだ。

さて、これでどういう変化が起きるか、それともスンナリと現状維持できるか。

今日の体重 6.25キロ。

「この3週間で体重が400グラム増えてますね~。厳密な事を言えば、体重が増えれば増えただけステロイドの効果が薄まりますから、心して体重管理お願いします。痩せてね(笑)」

幸四郎と仲良く重くなってるので、もっと食事量を減らしてビシッと引き締めなきゃ!!

CIMG3258.jpg 
このかわいい染色よ、永遠なれ!

2010年10月27日 (水) | 編集 |
急に冷え込んできましたね~。

我が家でも今日、ホカペをセットしました。



先日デートした友人のお母さま、長年可愛がっていた猫さんを看取ってからずっと寂しい毎日を過ごされていた。

3年ほど前にご主人を亡くされ今はマンションで独り暮らしされているから尚更だ。

そこで友人は『高齢者だからこそ寄り添ってくれる動物が必要』と謳うNPO保護団体に頼んで、「母がどうにかなった場合は自分が引き取る」ことを条件で、母親のため、身寄りのない猫さんを世話してもらったそうだ。

その猫さん、それまで6年間ずっとケージ暮らしだった。

写真を見せてもらったが穏やかな表情をした美猫さんだった。

お母さまは嬉々としてその猫さんのお世話を始めた。

ところが・・・その猫さんは心不全で急死してしまった。

引き取ってすぐ受けた健康診断でもまったく異常は見つからなかったのに・・・。

きっと先天性のものだったのだろう。

ドッと落ち込んでしまわれたお母さま。

友人は今、その団体から次の候補の猫さん(黒猫さん)を紹介されている。

その猫さんはまだお外で暮らしているらしい。

だから、保護したあと家猫修行が必要となる。

「この子を引き取るとしたらまずは私が世話して家の中で生活することに慣れさせなきゃ無理よね」

彼女の家には老猫が2匹いるからケージで育てるつもりだと言っていた。

彼女から教えてもらったその保護団体に入会すると、飼い主が入院はたまた死亡した場合、飼っている猫が何歳であろうと引き取って次の里親を探すお手伝いをしてもらえる。

私もそうだが、独り暮らしの猫飼いにとってこれから先一番気になるのが、自分に「もしも」のことがあった時の猫のこと。
もちろん私は、野郎共全員を看取るまで元気でいようとは思っているが、「絶対」は存在しない。

そうなった時のことは親しい猫友さんたちにお願いしているので安心なのだが・・・。

その上、こういった団体の存在を知っているだけでももっと心強い。

ただ・・・この団体の会員になり、年会費を払いながら、その内に私が倒れ、そのまま治ることなく野郎共の面倒をみられない状態になったら・・・代理人を介して野郎共をその団体に譲渡する契約を交わす訳だが、その契約金が最低200万かかるそうな。

1匹につき200万・・・4匹だと・・・800万・・・\(゜ロ\)(/ロ゜)/

野郎共全員を看取るまで絶対元気でいるぞっ!!!



もう1人の友人からは信頼できるペットシッターさんを紹介してもらった。

早速連絡し、我が家に一番近い支部を教えてもらった。

両親のことがあるから、今のうちに会員になっておいた方がいいな。




CIMG3251.jpg 
最近、何故か六が大もて♪
CIMG3238.jpg 
次から次へとご指名がかかる♪

2010年10月23日 (土) | 編集 |
喋るのは猫と獣医。

メールは猫仲間。

たまに会うのはみ~んな猫友。

おまけに外に出るのは近所だけ・・・

百の49日もすぎたことだし・・・

そんな毎日から脱却するため、連絡していなかった「フツ~の」友人・知人へ一斉にご機嫌伺いの電話やらメール。

そしてお互いの都合がいい日を見つけては今までの空白を埋めるかのようにデート三昧でございます。

最長「ご無沙汰」記録・・・一番長くて5~6年?

そして・・・

そこで思い知らされるわが身の浦島太郎ぶり。

今日なんて・・・

★この世の中、殆どの乗りものは「いつの間にやら」西瓜かパスモ1枚でオッケという事実を生まれて初めて知りました_| ̄|○

★プリペイドパスは1年くらい使わないと改札口で拒否られることを知りました→通してくれないので駅員さんに頼んでパスを再設定してもらわねばなりません(号泣)

大学時代の友人に「去年チャージし直した西瓜が使えなかった」と話し、「なぜそんなに使わなかったのか?」と尋ねられ、「だって私鉄とかバスしか乗らなかったから」と当たり前のような顔して答えたら・・・全員「(?_?)」な顔して・・・次の瞬間、大爆笑 (゚∇゚ ;)その笑いの意味がまったくわからなんだ・・・んで・・・今の時代、JRだろうと私鉄系だろうと、モノレールもNEXも・・・飛行機以外は西瓜かパスモどっちかでチャージできるんだねぇ・・・。

来週もきっと知らない事、驚くことばかりだろうな~。

それが楽しかったりしてね(^_-)-☆

んで・・・
p05b pinkgold2 
今日、やっとこさ新しい携帯を買いました。
羊の執事も2時間おきに更新されるニューステロップも、ワンセグも・・・イマドキの機能なんてまったく使わないけど・・・あたらしめの機種を・・・。これが一番キーボードが打ちやすかったし、キーボードがでかかったし、キーボードの文字が見やすかったから(爆)

は~、これでやっと皆からのメールがどんなに長かろ~が(笑)最後まで全部読める(爆)

2010年10月15日 (金) | 編集 |
今日、無事に抜糸いたしました♪

切ったとき、縫ったとき、そして傷口がくっつき始めるとき、それなりに痛かったけど、抜糸の痛みに比べたら大したことなかった(笑)

これにて無罪放免だと思ったら、血管まで縫う怪我だったせいか、血流がイマイチだし、チェックを兼ねてこれから先も消毒に通わねばならないし、濡らしてもいけないって言われガックシ_| ̄|○

あと一週間は大人しくしてなきゃならないみたいです。

でもグルグル巻きの包帯ではなくなったのでこうしてパソに向えますし、タイプも打てるようになりました。

ご心配をお掛けしました<m(__)m>

心温まるお見舞いをありがとうございました。



2010年10月11日 (月) | 編集 |
先日6日のお昼。

大好物の塩トマトを食べようとトマトを切ってたら・・・滑って左手の中指の腹を切ってしまいました。

思ったより傷が深かったためすぐに近所のS中央病院へ電話し、親指で傷口をしっかり押さえたまま駆け込みました。

6針縫いました(爆)

血管も切れちまってたから縫い合わせました(笑)

ま、不幸中の幸いで「マッチ箱」に指の切れ端を入れて持ち込まずに済んだ。

首の皮一枚で繋がったまま・・・ふぅ~、助かった。

ボ~~っとしてたんでしょうね~。

それに、トマトを切る前によ~く研いだからねぇ。

それにトマトって気をつけないと滑りやすいから。

毎日消毒に通ってます。

化膿止めと痛み止めと抗生剤飲んでます。

3日間は水仕事も風呂も絶対禁止。

洗髪は近所の美容室で洗ってもらってます。

1週間経とうとしている今もまだ抜糸せず、包帯姿。

濡らさなければ、という条件付で風呂は入れるようになりましたが、右半身と背中、そして髪を洗い辛いこと甚だしい。

水仕事はま~だNG。

食器洗い機があってよかったぁ~。

でもほとんど外食か惣菜を買って食べてます。

タイプ打ちも今週あたりからゆっくり時間を掛ければ可能ですが、包帯が邪魔して中々うまく打ち込めません。

ということで頂戴しているコメントへのレスは抜糸するまで、包帯が取れるまでもう暫くお待ちください。

2010年10月06日 (水) | 編集 |
3週間検診。

ステロイド10mg/day継続してきましたが、今日の血液検査の結果にて腎機能も肝機能も正常値をキープしておりますし、ビリルビンも0.3と安定しております。赤血球も白血球も血小板も正常。

明日から7.5mg/dayに減らし様子観察します。

「昨日は百の四十九日だったんですよ。早いでしょ?」

途端に顔が高潮し、先生の目がみるみるうちに潤みました。。。

このヒトにとって百は特別な存在らしいです。

こっちまでウルウル。

いつか2人で思う存分、百の思い出話したいね、と話して別れました。


2010年10月05日 (火) | 編集 |
四十九日です。

もう忌明けなのですね。

記録的な猛暑の中での別れからもう四十九日経つのですね。 
 



季節はもう秋。
 
木犀の涼やかな香りが心を和ませます。




百がいなくなってからというもの、

それはもう辛く悲しく寂しく、そして無気力な時を過ごし、

世捨て人同然の生活を送っておりましたが、

ここにきてやっと心穏やかに彼を想うことができるようになりました。

彼の写真や動画を見る事が出来るようになりました。

可愛くて穏やかな姿を思い浮かべることができるようになりました。

普段通りの生活に戻らねば、と思えるようになりました。

無常に思えた時の流れが今は優しく感じられます。

時薬ってありがたいです。


CIMG2638.jpg 

この場をお借りして、百の脱皮に際しコメントを寄せて下さった こゆきさん、タイピィさん、ミケさん、beesanさん、みそちんどんさん、Mosse☆Mamaさん、ばあばさま、ぷかさん&透明猫になったみゆうさん、ぷかママさん、チャチャ丸さん、nyakojoさん、 とま☆彡さん、キョウコさん、鍵コメ①さん、みくさん、てれじあさん、宙さん、鍵コメ②さん、みりママさん、わかにゃんさん、sabikappaさん、猫のおかしらさん、北摂の虎さん、ひぴさん、ききょうさん、蚤杉さん、BANGURIさん、チェレさん、鍵コメ③さん、Ganbaruneko さん、kazumiさん、reiさん、サエコポン、moomama、鍵コメ④さん、れこりんさん、鍵コメ⑤さん、鍵コメ⑥さん、みっひーさん、おじいさん、どりさん、ねこまねきさん、みかりん、鍵コメ⑦⑧⑨さん、まりきちさん、そしてメールやお手紙を下さった大勢の方々へ心より御礼申し上げます。
 
こんなにも大勢の方が百を見送ってくださったことに感謝。

本来ならお1人ずつに御礼を申し上げねばならないのですが・・・お許しください。 

百が脱皮して老猫との生活は野郎共が年老いるまでのしばしの間お預けですが、腎臓が片一方機能しなくなっているジュサ坊、自己免疫介在型溶血性貧血の染のこともあり、そうそう安楽な生活を送ることは叶わないかも知れず。熊本の両親のこともあって変わらずジェットコースター人生を謳歌するであろう薫@千太組でございます。

これからも千太組をよろしくお願い申し上げます。


*** *** ***


追記にて百の最期の28時間を綴ります。
リアルな表現にきっと気分を害される方もいらっしゃると思います。
読む自信のない方はご遠慮ください。

[READ MORE...]
2010年10月03日 (日) | 編集 |
今週の火曜日(5日)は四十九日。

8月18日からドップリとヒッキー生活の私だが、最近になってやっとこさボチボチだが普段の生活に戻ろうという気になってきた。

といっても、父の再入院やケアハウスから特養への移転、実家の庭木の伐採、母の後見人としての年度末に向けての収支報告書の準備などちょこまかやる事はあるけれど、それ以外はただただボ~~~っとしてます。

四十九日までは思い切り世捨て人生活を満喫しよう、と。

この頃、やっと在りし日の百次郎の写真や動画を見る事ができるようになりました。

そして気が付くのです。

愛されてたんだなぁ、私。

彼の眼差しは・・・どれも優しくて・・・微笑んでます。

彼の表情は・・・どれも穏やかで・・・微笑んでます。

しっかりと私に向けられてる視線は深い愛情に満ち溢れてます。

見終わったとき、心の中の闇がすっかり取り除かれてました。

今も尚 愛されてるんだ、私。

千太からも百からもジュサ坊からも幸四郎からも染からも六からも・・・思い切り愛されてるわ。

彼らの眼差しは愛に満ち溢れてます。

固くなってた心がフワフワになりました。

野郎共を抱きながら、彼らの中に生きている「百」に呼びかけてます・・・ありがとうって。

この頃 百を想う時 彼のかわいい表情や姿が浮かぶようになりました。



時間の流れって有難いですね。