薫の野郎猫的日常
2009年09月30日 (水) | 編集 |

膀胱結石の寿三郎。

療法食で石を溶解せねばならないが、s/dもphコントロールゼロもphコントロールスターターもphコントロール1もすべて失敗。

まずは療法食のみストレート攻撃!

s/dは一口目からペッペ。

ゼロ、スターター、1は口にしたけど、後が続かない。

それなら。。。

いつも食べてる食事に混ぜて、最初は1~2粒から・・・

それでダメなら普通食少な目を1皿、その隣に療法食を並べてみる。

それでもダメなら普通食のみ。そして次の空腹時に療法食。

ダメだぁ・・・砂掛けしちまいやがる・・・_| ̄|○

その内に普通食だけでも食べなくなった。

参った・・・

さて・・・どうしよう。

このままじゃいつまで経っても石がなくならない。

このままじゃ食事量が少なくて身体が参っちまう。

他に何かいいものないかなぁ。

代替食についてネット検索しながら助けを求め続けました。

そうこうしているうちに・・・

お先真っ暗な薫@千太組の目に飛び込んできたのは・・・

フィッシュテイスト ウォルサムphコントロール(URINARY1) フィッシュテイスト 

いつも療法食を購入しているH間で見つけました。

祈る思いでぽちっとな♪

ここだとオーダーした翌々日には到着するので助かります。

到着してすぐ祈る思いで与えてみると・・・ポリポリ、ポリポリ♪

不思議なことにこれだと難なく食べます。

最初は普通食に混ぜてたんですが、暫くすると混ぜ込みを嫌がるようになりました。

また、ダメか・・・でも駄目元で・・・フィッシュテイストのみストレートで出してみた所、大成功♪

これだと療法食だけでも全然オッケ♪

それからというもの、フィッシュテイストだけで食べ続けています。

ま、そうは言ってもまだまだ一定の食事量を稼げないので、小腹が空けば他の野郎共の残り物を食ってますけどね。

それでもいいです。

これ以外の療法食ではここまでの量をお腹に入れることが出来なかったんですから。

いやぁ~、良かったです。

なんとか溶解療法食の中からヒットするものを見つけることが出来ました。

食べなかった療法食は開封してしまったもの、未開封のものすべてNPO団体へ寄付させていただきました。

ジュサ坊も、他の猫さんもどうか石が溶けて楽になりますように。


2009年09月30日 (水) | 編集 |

既にご存知の方もいらっしゃると思いますが薫@千太組は肥後熊本の生まれ。

だからと言う訳ではないでしょうけど両親も親戚ものんべばっかし(笑)

嘘か誠か夢か現か幻か、信じられないかもしれませんが、私の最初の記憶は冬の夜、親戚の庭先で酔っ払って焚き火にあたってる風景。

小さな頃から私は酒飲みでした。

いや、マジで!

立派な大人が子供に酒を飲ませるなぞ、どう考えても法律違反です。

でもそれにはふか~い訳が・・・

1人っ子の私。

両親は跡取り息子が欲しかった。

最初、私は母のお腹にいるころは男だった(爆)

そう医者が断言したそうな。

喜んだ両親。寝具も産着も何もかも男の子用をそろえて出産の日を首を長くして待っていた。

そうだ、ただ待ってるなんて勿体ない!名前を考えなくちゃ♪

姓名判断の先生に頼んで「天下盗り」の縁起のいい名前をつけてもらった。

それが「薫」

ところが出てきて吃驚。

「元気な女の子ですよ♪」

ショックを隠せない両親。

薫なら男女どちらでも使えるけど・・・一応姓名判断の先生にお伺いを立てよう。

先生の答えは・・・

「女の子で薫ですと、地獄を見ます」

んでもって、急遽考え直して、現在の戸籍の名前に相成った。(あたしゃ薫って名前の方が好きだなぁ。そういうわけでHNとして使ってます。今更グチグチ言いたくはないけど、男であろうとなかろうと、薫であろうとなかろうと人生、それこそ天下盗れるほどの地獄ツアー味わってますぜっ_| ̄|○)

しかし・・・息子と酒を飲み交わしたい、という夢をどうしても諦めきれない父は私に酒を覚えさせた。

親戚連中も酒好きなのが揃っていたので、父の暴走を止めるどころか一緒になって私に酒を飲ませた。

そういうおっそろしぃ環境で育ってしまった私は、父の目論見どおり、いっぱしの呑み助に成長し、今日に至る。(ただずっと日本酒とワインが苦手だったが、40を越えた頃から次第にイケるようになってきた)

今も昔も熊本は日本酒より焼酎人口が圧倒的に多い。

そういう私もやっぱり焼酎が一番好き♪

特に肥後米として有名な菊池米を原料とし、清流、球磨川の地下水で仕込んだもろみを人吉球磨地方で蒸留し瓶詰めにした球磨焼酎が大好物です。

球磨焼酎の古酒などどんな酒より美味いっす。

そろそろ焼酎が美味しい季節になってまいりました。

スタンダードな「白岳(はくたけ)のしろ(高橋酒造)」は別格として、

私が今密かに嵌っているのが・・・

CIMG1788.jpg この2品。どちらとも熊本産の芋焼酎です。

黒倉岳 「武者返しの黒城」の異名を持つ熊本城を連想させる黒を基調とした装丁が印象的な「黒倉岳(房の露)」天草しもん芋が原料です。「倉岳」は皇室御用達らしいです。が、私はこの「黒」の方が好み。味はまったりこっくりのかなり濃厚な味わい。コニャックのようにかなり甘いです。

murasakiimo.jpg そのものずばり、ムラサキマサリというむらさきいもを原料とした「むらさきいも(堤酒造)」↑の「黒」とは対極にある辛口。後味はほんのりむらさき芋。ラベルの印象とは正反対のかなりガツンとくる味。初めて口にしたとき、少々苦味を感じました。でもそれが美味い。癖になります。いつの間にやらこれが病みつきになり止められない(爆)シャキッとしてさっぱりとしてて清冽。どちらかといえばスコッチ系。

どちらも黒麹仕込みですが、なにからなにまでが正反対。

一言で表すとしたら「柔」の黒倉岳、「剛」のむらさきいも。

ある猫友さんのブログにも書き記しましたが、味も風味も香りも舌触りも鼻から抜けるかほりも酔い心地も対極にあります。私は両方好きです。甲乙つけがたし。

百年梅酒」と併せ今期はこの2品で突っ走りそうな勢い♪


[READ MORE...]
2009年09月29日 (火) | 編集 |

昨日の輸液で大分調子がいいように見えるが、まだまだ本調子ではない。

どこがどうとは、はっきり言えないのだが。

なにかしらアンニュイ。なにかしらカッタルイ。なにかしらスローモー。

この天候も関係してるのかしら?

若猫連中もちょっとかったるそうだし。

若い連中がそうなんだから百次郎はその何倍も辛かろう。

なので今日もセンセの所へ。

体重:4.72キロ(先回比 +20グラム)

やっぱり・・・反応が鈍い。

減るよりはマシだけど、100歳超えてこの体重は立派だけど・・・でもね~、もし輸液で少しでも楽になれるのなら、バックサポートしたいのよ。

明日もこの調子なら、輸液だな。


2009年09月29日 (火) | 編集 |

父は腰痛から全身の痛みに変わった事で再入院しております。

元々圧迫骨折があるので古傷が悪化したのか、それとも先日、車椅子のブレーキをかけ忘れたままベッドに移乗しようとして転倒したのが原因で別の部位が圧迫骨折したのか・・・。

今しがた病院から電話があり「コルセットを作りたいのですが・・・」とキーマンである私にお伺いを立ててきた。昨年の丁度今ごろ、最初に圧迫骨折で入院したときに大枚を叩いてコルセットを造った。それじゃいかんのか?

コルセットひとつに目玉が飛び出るような金額を払って、それがまさか1回限りの使い捨てなんて言うんじゃないよね?

1度作ったものを今回も使えないのかどうか確認してもらうために電話を切る。

あの時は保険手続など業者の事後処理がまずくて往生したわ(滝汗)

当時お世話になった病院駐在のソーシャルワーカーに電話し、フォローを頼む。

部位が違ったりすると作り直さねばならないと言われたが・・・はぁ、なんとも勿体ない話だ。

オーダーメードで作ってるんだから、それを土台にしてリフォームとかできないのかなぁ。

何度も言うようだが、マジでお高かかったので「はい、そうですか。どうぞ」と安請け合いできないんですよ~(--〆)


2009年09月28日 (月) | 編集 |

このところ食事量が減っている。

食欲減退。

マンマコールが減っている。

マンマコールなしでも決まった時間に食事をするが、以前のようながっつきは姿を潜めている。

昨年の今ごろはどうだったか・・・9月から10月にかけての日誌に百次郎の記載が全く残ってなかったが、7月と8月の日誌には体が横倒しになるという異変の記録が残っている。

やはりこの時期は百次郎にとってあまり相性のいい季節ではないようだ。

体重:4.7キロ(先回比 -20グラム)

中2日にも拘らず体重が減っていることでも体調が芳しくないことがうかがえる。

体重を維持できない。

元気なのだが覇気がない。

水飲みコールもなし。

夜鳴きやお小言も減ってきてるし、あったとしても元気がない。

よわっちぃオ~ラ。

が、ソファには上ってくるし、鼻や顎カプッは健在だ。

自然な形で緩やかに、ゆっくりと下降線を辿っている。

暫くの間、輸液を1日おきに行った方がいいかもしれない。

昼前、馬刺しの赤身が届いた。

生肉で英気を養ってもらおう。

★さすが野生児♪生肉には目がないらしい。馬刺しを見る目の輝きが違います。眉間に皺を寄せながらハグハグッと食らいつく姿に惚れ惚れ。あっと言う間に1枚半ぺろりです。あぁ、動画にとっておけばよかった_| ̄|○

★それに比べてなんだよ、ジュサ坊#療法食、殆ど口をつけないじゃないかっ!そんなんじゃいつまで経っても「石もち」から抜け出せねぇぞっ##

ったくぅ、どいつもこいつも・・・痺れるぜ_| ̄|○


2009年09月26日 (土) | 編集 |

ジュサ坊の場合は遠回りしましたけど、結果、膀胱に極小さな結石が見つかりました。

が、知り合いの獣医さんも「あくまで知識として」アドバイスしてくださいましたが、最近目立って多くなったのが原因不明の膀胱炎。「猫 膀胱炎 血尿」などでネット検索してもTOPに出てくるのがこの膀胱炎。

特発性膀胱炎(FIC)

猫の血尿のうち、なんと6割がこの特発性膀胱炎らしいです。

『特発性膀胱炎はストレスが関与しているといわれていますが、厳密な発症原因はいまもってして不明です。8割がたの特発性膀胱炎は1週間以内に治療を全くしなくても治ります。が、まれにどうやっても血尿が止まらない子がいます。原因不明なので実は根本的な治療法が無く、止血剤の投与が精一杯です。それ以外でおこなえることがあるとすると漢方などの代替療法となります。』

今回、私もネット検索しながらジュサ坊も突発性ではないかと疑いセンセに意見を求めたことがあります。なんせジュサ坊は神経質で警戒心が非常に強い猫ですから、幸四郎や六輔からのマウント攻撃でストレスを感じているだろう。統計的にみてもマウントされたりいじられたりした後に血尿が出るので、やはりストレスが原因の膀胱炎ではないのかと。

ところが、日誌にも書きましたがセンセは全く聞く耳を持たず一笑に付すだけ。

ストレスで膀胱炎にはならない、必ず他に原因がある、早く見つけ出さなければその内に腎不全に移行するぞと。

ですから今回、ジュサ坊の血尿の原因が膀胱結石だとわかり内心ホッとしてます。

もし原因不明のままだったらどうなっていたことか・・・。

きっとず~~っと「まだ原因は見つからないのか」とセンセから攻め立てられ続けるんだろうなぁ、アタシ(滝汗)

人間だってストレスで胃に穴が開いたり、体調を崩したり、病気になったりするじゃないですか?

ストレスを感じている人間の血液をマウスに注射すると心不全になって死んでしまうという研究結果を耳にしたこともあります。

ストレスは怖いです。馬鹿にしちゃぁいけません#

ストレスで血尿になること、膀胱炎になることあると思います。

特発性膀胱炎になりやすい猫さん=多頭飼い、神経質などジュサ坊タイプが多いです。

この膀胱炎になった猫さんは、ストレッサーを排除しない限りずっと再発を繰り返すんでしょうか。

ただ、以前ストレスの勉強をしたことがあるんですけど、ストレスを感じるのがイヤだからそのストレスの原因を排除するとします。イラつきの原因を排除したんだから元気になると思うでしょ?ところが今度はストレスを感じないことがストレスになって落ち込む、イライラするんですって(笑)

そういえば「ストレス」って怒り哀しみだけと思うでしょ?違うんです。人間がストレスを感じる対象=ストレッサーは喜怒哀楽全部なんですよ。喜びも楽しみも人間にストレスを与えるんです。

ちなみに脳が最大限に活性化するのは悩んでいる時らしいです。

呆けないでいるためには大いに悩めってことですかね(笑)

ストレスって中々奥が深いんですよ。

人間てもしかすると、ストレスと共存してるのかもしれないですね。

生きるためにはある程度のストレスが必要だってことなのかもしれません。

あ、話がわき道にそれちゃいましたね(笑)

特発性膀胱炎にはまだ効果的な治療方法も発見されていないんですよね・・・。

猫さんも飼い主さんも辛いだろうなぁ。

一日も早くいい治療法が見つかりますように。


2009年09月26日 (土) | 編集 |

といってもs/dではありません。

あれはダメです。やっと口にしたと思ったら「ぺっ!」と器用に口の端から飛ばしまくります。

まるで楊枝飛ばしみたい・・・

お前は木枯らし紋次郎か#

ある猫馬鹿さん宅では嘔吐し続けるのでウォルサム(ロイヤルカナン)のphコントロールに替えたそうです。

なので朝一番にヒルズしか置いていないヒルズ信者のセンセの所ではない、近所の動物病院に行きロイヤルカナンのphコントロール・ゼロとスターターを500グラムずつ分けてもらいました。

これならどうだ?

ゼロは少量ですが食べました、が、その後が続きません。

スターターは・・・やっとこさポリポリ食べてくれました。

これなら続けられそうです。

やれやれ・・・

ということでネット販売でphコントロールをぽちっとな♪

知り合いの獣医さんに今回の事についてアドバイスしていただこうと、昨夜メールを出したら今朝返事が届いていました。色々と為になりそうな情報なのでそのまま掲載しますね。

さて、寿三郎ちゃんですが…
s/dはヒルズ製品ですが、
似たようなコンセプトの製品として
ウォルサムのpHコントロール0(ゼロ)というものがあります。
味のウォルサム、機能のヒルズと自分なんかはいいますが
ウォルサム製品の方が概して味が良いです。

あと蛇足です。
極小の結石が見付かったとのことですが、
それはストロバイトだったのでしょうか?
ストロバイト以外の結石だった場合、
s/dであろうが、phコントロールであろうが溶けてくれないかもしれません。
膀胱結石があったときに、
尿中にストロバイト結晶があればストロバイト結石だろうと、
シュウ酸カリウム結晶があればシュウ酸カリウム結石だろうと
推測していくことになります。
しかし寿三郎ちゃんは尿中に結晶成分がなかったようなので、
膀胱結石が何かを推測するのは困難かもしれません。

もっとも結石の正体がはっきしないのであれば、
いきなり手術で摘出するのでなければ、
まずは療法食を食べて溶けてくれないか試すしかないんですけどね。

ちなみに膀胱結石は基本は体質だと考えています。
勿論、食生活が原因となる部分もあるのですが、
出来る子は出来るし、出来ない子は出来ないですからね。
それと注意点なのですが、肉系の食事を食べると尿は酸性に、
野菜系の食事を食べると尿はアルカリ性になるといわれています。
そのため野菜を多量に摂取すると尿はアルカリ性になり、
ストロバイト結晶は出来易くなる可能性があるのでご注意下さい。

そうですよね・・・ストラバイトかどうか尿中に結晶が出てないのだから決定できないです。

恐らく、食事療法で溶解しなければ外科手術すると思います。

ベジタリアンて体にいいと思ったけど程度ものでしたね。これから気をつけなければ!

膀胱結石は基本、体質。だって千太郎の二の舞は踏ませたくないから食事だけは気をつけてたつもり。野郎共全員、今まで低マグネシウム食やFUS対応食、療法食ばかり食べているんだから石なんて出来る可能性は低いです。なのにジュサ坊だけ出来たのを考えたら野菜を除けば体質くらいしか思い当たらない。

これからは野菜は程ほど、食事は石が取れたらphコントロール2&今までの食事でいこうと思います。

ねむねむジュサ坊 002 お疲れモード 


2009年09月25日 (金) | 編集 |

今しがたまた少量ながら血尿あり。

今回は誰もマウントしてない。

「最悪のケース」も考えられるので2時になったらセンセの所へ連れて行きます。

詳細は後ほど。

「こんなに血尿が続くなんて変だよ、センセ。今から連れて行くからさ、膀胱炎だけじゃなくてさ、悪性腫瘍の可能性も視野に入れてさ、今回は徹底的に調べてくれるかな?」

午後2時、ジュサ坊を連れてセンセの所へダッシュ。

「レントゲン撮るから6時まで待ってて」

午後6時、センセに電話。

「血尿の原因、わかった。うちに帰すからこっちに来てくれる?」

ジュサ坊を預けてから4時間。胃がムカムカ、動悸バクバク、偏頭痛、虚血、唇は乾くし・・・気持ち悪い・・・最悪のシナリオ・・・悪性腫瘍・・・膀胱ガン・・・高齢猫に多く発症する、猫には珍しいと言うが、この世は例外だらけ。そんな通例、信じられるか#

自分のため、ジュサ坊のため、この際はっきりさせよう。

最悪のケースであろうと、原因さえはっきりすれば前へ進める。

1ヶ月もの間、血尿が続くなんて事、千太組結成以来初めてだ。

抗生剤も飲んで、何度も検査して、毎回細菌性じゃない膀胱炎だといわれ、なのにこうして血尿が止まらない。

そんなの変だよ!絶対ほかに原因があるんだよ!だから今度こそはっきりさせようよ!

センセ、どんなことでも隠さず全部、はっきり言ってよね。

「こっち来てくれる?」

診察室に呼ばれ、レントゲン写真3枚を見せられる。

1枚はシンプルなX線、あと2枚は尿路造影

ん?膀胱に・・・なんか・・・芥子粒みたいなちびっこいもんが・・・

「ここにさ・・・1、2、3・・・ん~っともしかして4個、石がある」

石?

もしかして膀胱結石

ストラバイト?

だってこれまで何度も検査して砂も石もないって言ってたじゃん#

だから結石以外の可能性を疑って・・・悪性腫瘍だと思って・・・

「見たとおり小さいだろ?もっと大きければ外科手術で出すんだけど、これくらいなら食事療法で溶かす方が早い」

でも・・・小さいなら小さいで怖いよね。

っていうか小さい方が怖いかも。

女の子と違って尿道が細いから・・・詰まっちゃって尿閉になっちゃう危険性もあるよね・・・石が消滅するまで気が抜けないね。

「オシッコが出なくなったらすぐ連絡してな」

わかった・・・ちょっと遠回りしたけど、原因を見つけてくれてありがと、センセ。

「ごめんな・・・わるかったよ、今まで見つけてあげられなくて」 

しゃぁないよ、たまにはこんなこともあるさ。

結石ってわかるまで何泊もお泊りしてさ、検査もいっぱいしてさ・・・結局あれって全部無駄だったけどさ・・・治療費全額・・・幾らになるかなんて思い出したくもない_| ̄|○

でも、よかった・・・原因がわかって。

「でもさ、見てみな。膀胱壁はきれいだろ?腫瘍はないから安心しろ」

CIMG1780.jpg 石で・・・ホントよかった(号泣)

ジュサ坊の療法食、ジュサ坊しか上らない秘密の場所があるからそこで食べてもらおう。

あと、他の連中の食事も1回ごとに全部下げなきゃ。

センセはメシをふやかせ、そうでないとまたなるぞ、他の野郎共もなっちまうぞと言うけれど・・・それが出来れば結石になんかならないし、させはしないよ(滝汗)ま、気をつけるとすれば野菜の方かも。青い野菜(水菜とか、ブロッコリなどの葉っぱもの)は避けたほうがいいな。あれにもシュウ酸が含まれてるから。

1日2回、抗生剤投与しながら1週間毎の検査通院。

皆さま、血尿が出る膀胱炎で投薬しても血尿が止まらない場合はX線撮影、エコー検査(尿路造影はちと時代遅れだから・・・)をお勧めします♪

CIMG1786.jpg ジュサ坊、療法食ペッペの猫またぎ(大泣)この療法食、噂どおり激マズらしい。仕方ないなぁ、今回だけは低マグネシウムのフリントリバーランチ食べてもらおう。


2009年09月25日 (金) | 編集 |

今月14日から一昨日23日までに体重が100g減少。

それも2回続けて減少。

隠れ脱水」を改善してから今日までの増減リズム、↑↑、↑↓はあっても↓↓は1回もない。

それに増減幅は多くて±40グラム。

先日の-60グラムはちょっと・・・一気に減りすぎ。

ふり幅(特に減少幅)が大きすぎると老体に負担がかかる。

センセからもそう言われているから注意しないと。

それが原因かどうか知らないが、少々気になることが・・・。

食欲は落ちていないが、「なにか」が変。

鳴かない、鳴いても覇気がない、歩き方に疲れが見える、毛がぱさついているように見える、水を飲む回数が減ったetc.

ただ「・・・みたい」「・・・なような気がする」というだけで、決定的な変化などどこにも見当たらないのだが・・・

これこそ同居人の「勘」としか言いようがない。

その上、小腹が空いている時に丁度食べるものがなかったこともあるだろうが今朝少量胃液嘔吐。

その後、大好きなロイヤルカナンのシニアをポリポリしたので大したことはないのだが・・・

でもやっぱり「何かが」変!

ということで中1日の今日、丁度午前中リビングにいたのでセンセの所へ。

体重:4.72キロ(先回比 +40グラム)

よし、これでいい。


2009年09月23日 (水) | 編集 |

SWのお陰で病院はずっと午前診療#

でも午前中は百次郎の大切なおネンネタイム。

できるなら起こしたくない。

でもでも今日で中4日。

これ以上空いたらまずいっしょ~(滝汗)

ということでベッドの下で爆睡中の百次郎に声かけ・・・すると・・・耳が動いた!

なぁるほどぉ・・・この時間、寝ているのは確かだけど出来れば起きたくない・・・ということか?

だって起きたらセンセの所へ連れて行かれるから・・・じゃない、百?

「今日はごめん、起きて!今日は行かなきゃ、やっぱまずいっしょ~」

ベッドサイドからお尻を押したり、反対側から首根っこを掴んで引きずり出したり・・・

100歳過ぎたじい様の割にはすばしっこいし、力あるし・・・でもあまり無理させたくないなぁ。。。

心乱れつつやっとの思いで外に出すことに成功_| ̄|○はぁはぁ

11:45AM。あと15分で診療が終わっちゃう#

汗みどろで到着♪

体重:4.68キロ(前回比 -60グラム)

う~~む、18日に続き、立て続けにマイナスかぁ。

約10日間で計100g減ってる。


2009年09月21日 (月) | 編集 |

本格的な猫馬鹿オフ会への参加って今日が始めてかも。

千太郎の介護で多種多様の療法食を配布してくれたリトルの贈り物。その発起人であるanjyulittleさん。今日やっとお礼を言うことができました。

そして、HNでは存じ上げていた方々にもやっとのことでお会いできました。

そしてそして、嬉しいことにハードボイルドなこのブログが少なからずお役に立っていた事を知ることが出来ました。これからもネチケットぎりぎりのハードボイルドで頑張るぞっ♪(爆)

しかし・・・猫馬鹿さんの輪は無限大に広がっていくんだなぁ。千太と百が入会した頃は腎不全介護が主流だったけど、今では悪性腫瘍の介護が主流。悪性腫瘍の猫さんの数が近年多くなっているのかも知れないが、私らが腎不全の猫をどう介護すればよいか迷っていた時、灯台の明かりのようにmoomamaの老猫会、ひぴさんのぎゃおす王国、そしてテトさんのノンちゃん、タラちゃんサイトにたどり着いたのと同じように、悪性腫瘍の介護で迷っていらっしゃった方も仄かな明かりにたどり着き、そして仲間と出会い闘う力を養っているんだろう。

仲間ってありがたいですね。

この場を借りてもう1度言います。

皆さま、ありがとう。愛してま~~~っす♪

CIMG1778.jpgこのゴ~ヤ、オフ会に行く途中、あっしが三茶でたまたまゲットしたS区産まれ(笑)上に乗っかってるのはてれじあさんちのにゃんこさ~ん(笑)ばぁばさま~、見てるぅ?(爆)

CIMG1779.jpg あぁ、そして今夜もこれと↑の2枚・・・でもさ、2枚撮れたんだから上等じゃん♪この前菜、新鮮で美味かった。特にトマトは絶品でした。お局様、これから末永くよろしくね~(笑)何が出てくるかドキドキ、ワクワク待ってるよ~っ♪

今日再確認したこと。

酔っ払いの妙齢ズほど怖いもの知らずな輩はおらん!(*^_^*)


2009年09月20日 (日) | 編集 |

寿三郎、今朝退院しました。

やはり細菌性ではなかったようです。

では何が原因か。

「ストレスとかマウントで血尿まで出るんなら、それこそ大怪我してるはずだ。そうじゃなくても膀胱炎発症するまでに食欲廃絶、嘔吐、引きこもり、不活発など色々な深刻な症状が出てるはずだ。怪我してないだろ?どれも出てねぇんだろ?だったらストレスじゃない。もっと別の原因だ」

血尿が出るには・・・

①膀胱がしぼんでいたらどんなに下腹部を打ちつけても血尿は出ない。(しぼんだ風船を割ろうとしても不可能なのと同じ)膀胱壁&膜が傷つくにはパンパンに膨らんでいなければならない。その状態で激しい力で膀胱の辺りを打ち付けたなら、必ずオシッコ漏れする。

つまり、ジュサ坊に誰かがマウントする=血尿を伴う膀胱炎になるには、オシッコが沢山溜まっている膀胱、トイレに行くに行けない状況や環境、思い切りこっぴどく下腹部を打ち付ける状況や環境。この3つの要素が揃わねばならない。おしっこの垂れ流し跡がないなら、これが原因ではない。

②何かの原因でいきむだけでは血尿にはならない。これもその時に膀胱がパンパンに膨らんでいなければならない。

立て続けに発症した血尿を伴う膀胱炎。

何か必ず原因がある。それを取り除かねば再発を繰り返し、いずれは・・・立派な腎不全。

どちらの時も幸四郎や六輔からマウントされたあとに出ている。

外出から帰宅したら部屋中、毛だらけの時もあった。

としたらまず、ジャイアン幸四郎とその手下、まねっこ六輔を徹底的に管理せねばならない。

3頭以上になれば必ず出てくる勢力争い。

今まではジュサ坊に何かしようとしたら厳しい口調で止めさせようと試みた。

が、センセからOKが出たので、これからは口だけでなく堂々と手を出す。

はい、体罰っす!

ジュサ坊に手を出したヤツ(ら)はお尻をバシッ♪(-_-)/~~~ピシー!ピシー!っす。


2009年09月19日 (土) | 編集 |

今日現在まで裁判所からの通達はなし。

マジで職業後見人の選任を考えてるのか、熊本裁判所#

ということで行ってきました、司法書士による後見人リーガルサポートへ。

今までの経緯、家族構成、母の預貯金総額、両親の現状、そして15日、裁判所の面接官から言われたことなどを詳細に説明しました。資料として先日速達で送った意見陳述書のコピーも読んでいただきました。

その結果、司法書士さん曰く、2点ほど気になる事情がないわけではないが、周囲に私が後見人になることに異議を唱える人間が一人もいないし、将来にわたり現れる可能性も全くない。それに、この4年間の私のとった行動を考えれば、この先、裁判所が第三者を選任せねばならないような不安材料に発展するような案件が発生する可能性もまったくない。

申立書だけならもしかして職業後見人を選任されかねないけど、翌日に送った意見陳述書、これが決め手になる。これさえ読めばどんな裁判官でも家族を後見人に選任するしかない。それくらいこの意見陳述書には意味がある。(ありがとね、MMさん♪)

つまり、家族=申立人である私が100%後見人になれるケースなんですって。

ただし、裁判所というところは特異な所なんで(笑)私らが考えていることと全く違った方向から、まったく別の答を導き出すこともあるそうなので、もし万が一職業後見人を選任してきたら、 郵送した意見陳述書と同じものでもいいから、強調したい箇所にアンダーラインを施して不服申し立て書と一緒に再提出しなさい。「家族以外の人間が介入すれば本人の心と体の安定は望めない」という意味の担当医師の診断書があればなお可。

「お母さまの心と体の健康と安定を守るため、真っ向から闘って断固後見人を勝ち取るべきだ」と言われました。

実は先日、ある猫友さんからその方のご友人のお話をお伺いする機会がありました。

その方のお友達は私と全く同じケースで後見人の申立をしたところ、裁判所からやはり職業後見人を選任されそうになったそうです。なので不服申し立てしたら、なんとまた別の職業後見人を選任してきたそうです。当然ながら再び不服申し立て。そうやって闘い続けること3年半!やっとの思いでそのご友人が後見人に選任されたんですって。

決め手はやはり「娘でなければ勤まらない。第三者が介入すれば本人の精神的健康維持が危うい」という担当医からの診断書だったらしいです。(ありがとね、NKJさん♪)

母のためですもの。3年でも4年でも母が生きてる限り闘うことは一向にかまわないのですが、それにはちょっと問題が・・・

それは伯父の遺産分割。母以外の兄弟姉妹、そして配偶者は全員、関係書類に署名捺印したそうなので、あとは私が後見人になり、母の代理で署名捺印するのを待つのみ。既にその書類はここに届いている。だけどこの分じゃいつになることやら・・・叔父夫婦には下手すると3年半待たせるかもしれない、と侘びを入れ承諾を得てますが、本当のところ、遺産分割は被相続人の死後10ヶ月以内に済ませねば、それ以降は遺産(預貯金などの現金)を管理している銀行や証券会社がその中から管理手数料、つまり相続手続が延びたらその分を延滞金みたいな形でどんどん差っぴいていくのですよ(滝汗)

やばいっすよ~。

実家の売却は最悪、母が亡くなったあと名義変更してからでも問題ないんですが、伯父の遺産分割は私たち家族のことで迷惑をかけることになるんでね~。

焦らないわけにはいかないっす~。

でも、悔しいことに後見人の決定権は裁判所にあるので、先方の決定に不服がある限り、即日抗告(不服申し立て)し続けるしか手がありません。

司法書士さんは「もう少し待てばきっとあなたが後見人になる通達が来ますよ」と言ってくれるんですけどねぇ。こればっかしは・・・なんせ宇宙人みたいな人種ですから、裁判所の人たちって。

あ、司法書士さんこうも言ってました。「え?2週間以内に答が出るんですか、熊本は。東京じゃ1ヶ月待ちなんてザラなんですけどね~。相当ヒマなんですねぇ、熊本の裁判所は。あはははは♪」

あはあは、ヒマジン倶楽部か、熊本裁判所は(爆)

かもなぁ、でなきゃたとえぺ~ぺ~の書記官であっても普通あんな対応はしないもんなぁ。それにそばに上司がいたら処罰ものだけど、それもないんだもんなぁ#

今日相談に行ってよかったです。専門家に話を聞いてもらっただけで心が軽くなりました。

お陰で「闘志モード」のゲージがMAXまで上がってきました♪

さ~て、ヒマジン倶楽部相手にどう闘うか。

戦闘体制に入るシミュレーションでも始めようかなぁ!(-_-)/~~~ピシー!ピシー!


[READ MORE...]
2009年09月18日 (金) | 編集 |

昨夜、幸四郎と六輔からマウントされキャ~キャ~言っていた寿三郎。

その後も食欲はあるし別にこれと言って変わった様子はなかったのだが、昼過ぎからトイレにしゃがむこと1分以上・・・下手すると3分以上座るようになってきた。

おしっこは少しでも出ているので尿閉ではなさそうだ。

オシッコの色もさほど赤くない。

一応センセのところへ連れて行く。

導尿すると少量だが血尿採取。

止血剤注射。

「おしっこは詰まってないから緊急性はないけど、細菌性かどうか培養するから今日一日預かるよ。明日昼過ぎに電話くれ。細菌性じゃなければ家に帰すから」

明日、後見人のことでリーガルサポートに行くから、その帰りにセンセのところへ立ち寄ればいい。

ジュサ坊が膀胱炎を発症するほど、他の若い野郎共との関係でストレスを感じているかもしれない。

が、ジュサ坊はそれでも他の連中と離れて暮らしたいとは思っていない。引きこもらず、必ずみんなのいる所にいようとする。どんな時でもみんなとつるんでいたいのだ。たとえどんなにいじられても。膀胱炎になりながらも。

だとしたらジュサ坊本猫がどうにかして自分の快適な居場所と、処世術を探し当てなければならない。

こればっかりは同居人にはどうしようも出来ない。ジュサ坊に任せるしか術がない。


2009年09月18日 (金) | 編集 |

清純派アイドルも今やタダの色物。

新政府の閣僚たちだってカンペなし、自分の言葉で訴えかけてるぞ。

女優なんだからちらちらカンペ盗み見しちゃ恥ずかしいぞ~。

娑婆に出てくるまでに完璧に台詞を頭に叩き込んどかにゃあ、時代遅れ♪

あ、そっかぁ、今まではカットごとにカメラを止めてくれてたから、全部台詞を覚える必要なかったもんね。

朝っぱらからちっとも心に響かないやすっぽ~~い芝居を見ちまったから、喉はガラガラ、おまけに胃もたれ。

あ、これは別件か(爆)

気分転換に百次郎を連れてセンセのとこに遊びに行こうっと(笑)

★体重:4.74キロ(先回比 -40グラム)


2009年09月17日 (木) | 編集 |

夕方まで意識不明(爆)

気がつけば既に4時過ぎ・・・

ゲッ、やばっ!

慌てて身支度を整え、野郎共のメシの支度を済ませ、いざ出立♪

今日は久々に猫馬鹿、薫@千太組に戻れる日なのだっ。

目指すは目黒のギャラリー「やさしい予感」

年に1度のrogo2.gif 初日♪

第1回に寄せてもらって以来、諸事情により参加できなかったから、2年のブランク。

会場には沢山のお客様。

懐かしいお顔、初めてのお顔・・・でも皆さま全員、愛する猫馬鹿さんばかり。

そうそう、この空気よっ!

これぞ癒しの素よっ!!

あぁ~、気持ちいいぃ~♪

まずはご挨拶っと~。

ど~~~もぉ~~~、お久し振りでぇ~~~す!薫@千太組で~~~っす♪

展示されている作品はどれも可愛く、素敵で目移りしちゃう。

作家さんたちの力作が所狭しと並んでいる。

さ~て、どの子をお持ち帰りするかなぁ~。

あ、その前に・・・

第1回の時に一目惚れし、それから3年。紆余曲折(大袈裟!)ありましたが今年、やっとこさ思いを叶えることが出来た「大輔地蔵」と久々のご対面。会いたかったぞ~。ふふふ・・・もう少しで我家に迎え入れることが出来るぞ~。もうちょっと待っててね~。

お次は・・・?

これもご縁なので、心に飛び込んできてくれて、尚且つ瞬時に住み着いてくれたニャンコさんたちを連れて帰ることにしよう。

嬉しいことにその条件に合うニャンコさんたちと出会うことが出来ました。

予想通り、全員♂(爆)

moomamareiさんbeesanさん を始めとする作家様がた。

今年も素敵な時間をありがとうございますm(__)m

今日お会いできた猫馬鹿さんがた、久々に楽しい時間でした。

ありがと~~~っ(*^_^*)

カメラ持っていったのに一枚も撮ってない・・・それくらい楽しいひと時だったのですよ~♪


2009年09月16日 (水) | 編集 |

頭が冴えて中々眠れず。

一晩中相談に乗ってくださった猫友さんからのアドバイスもあり、相続に強い法律の専門家の意見を聞くために、行政書士が開設している成年後見人の無料相談所に連絡。

残念ながら担当官不在のため相談できず。

そこで別の後見人リーガルサポートに連絡を入れ19日に相談の予約を入れました。

尚且つ、熊本の家裁の担当書記官に、申立書に記載してあるとおり、母は家族以外の人間に対し、極度に警戒心が強く、そのため過去に何度も介護ヘルパーや施設関係者に対し問題行動を起こしてきた。特にお使いや買い物をヘルパーさんに頼むためお金を渡す、銀行の担当者が預金のことで自宅を訪問するなど、こと金銭面が絡むと途端に「●●さんにお金を盗られた」と騒ぎ始め収拾がつかなくなる。銀行にお金を盗られそうになっても、通帳を娘である私が持って毎回記帳してチェックしてもらえるから、何か起きても大丈夫という安心感だけで、不安から逃避できている状態。そんな母が私ではない赤の他人である第三者が金銭面を管理すると知れば、やっと落ち着いてくれている母の健康状態や精神面に多大な負担がかかることが目に見えている。治療中の高血圧も、これが元で悪化し入院してしまう恐れもある。それでも第三者がどうしても必要なら後見人を監督する後見監督人として選任して欲しい旨、審議官に伝えて欲しいと頼みました。

「あの」書記官のことです。くら~い、いやそうな雰囲気がありありでしたので、言葉通り審議官に伝えるかどうか甚だ疑問です。伝えればいいけど無視されることだって考えられる。だから駄目元ですけどね(爆)

その上で熊本の父と担当医に電話し、私が裁判所から後見人に選任されなかったら不服申し立てをするので、関係者として裁判所に援護射撃をして欲しいと頼み快諾を得ました。

不服申し立てをしても後見人を跳ねられた私が利益追求とか自己利益のためだけに抗告していると思われかねないので、一番身近で母の状態を見ていて、尚且つ過去の騒動に悩まされ続けた配偶者である父、そして施設のホームドクターとして日々母の健康状態をチェックしていて、申立書にも診断書を提出してくれた担当医が各自のフィールドから訴えてくれるのが一番いいかと思って。

あれから色々考えましたが、裁判所の判断が守らねばならないはずの本人である母の不利益に働くという点を突くのが一番効果的な気がします。だって裁判所がそれを無視して初回の審判を見直さずそのまま強行し、万が一の事態に陥ったら・・・それこそ社会問題だし重大な責任問題だもんね。

★MMさんから「裁判所に訴えたいことがあれば書面にして提出すればいいよ。あとあと証拠としても残るから」とアドバイスを受け、激しく同意。裁判所にお願いしたいこと、知ってほしい事を書き、今しがたポストに投函。昨日、面接の時には興奮していたこともあるのでしょうけど、言いたくても言えなかった事が山積み。それを全部すっきり出しました。母の利益を守るためには、遠距離であろうがやはり私が必要なんだと知ってほしい。


2009年09月15日 (火) | 編集 |

日帰り帰省からただ今戻ってまいりました。

メインは家庭裁判所での後見人申立面接、市役所での両親どちらのものかわからない実印を印鑑証明請求にて確認、実家から施設への住民票移転、そして実家での不動産屋と解体業者の訪問査定、および母の弟からのたっての要望で亡き祖母(母の母)の形見の三味線セット一式返還。

結果・・・なんだかやる気なくしました。どっと疲れた。もうどうにでもなれ、って気がします。どうにかして納得しようとするんだけど、どうしても怒りに似た感情がふつふつと煮えたぎってまいります。それもこの悪感情、困ったことに時間を追うごとに強くなる一方。どう抑えてよいものやら、どう解決すればよいのか・・・ただただ1人で悶え苦しんでおります。

けちのつけ始めは昨日。

もし面接当日に必要な書類が揃ってなかったとか、持ってきて欲しい書類とかあっても東京に取りに行くわけにはいかないので、出発する前に聞いておこうと思い裁判所に電話した。そんな私に対し、面接当日に尋ねていく窓口の男の取った対応と来たら・・・職場の人間とクッチャべりながら、ケタケタ笑いながら受け答えるんですわ・・・驚きましたね~、これには。裁判所って真面目が服着てるヤツの集団だとばかり思い込んでたから。

そして今日。

約束は1時。だから10分前には裁判所に到着し、昼休みが終るのを余裕で待ってました。そして1時になり、窓口が開いたので一番乗りで入室し「1時のお約束なんですが」と言ったら、「あ、混み合ってますのでもう少し待合室でお待ちください」と言われた。言われるまま素直に待合室に戻り待つこと10分。待てど暮らせどお呼びがかからない。幾らなんでもこれっておかしい、と不安になって再度窓口に行って「後見人の面接、1時のお約束なんですけど」って言ったら慌てちゃって・・・昨日、失礼な対応をした男は奥で長電話中。そこに慌てた職員が駆けつけ耳打ち。「あ」という顔してその男が奥の面接室へ私を案内。なんということか!面接担当の男性は1時からずっと私を待っていた・・・どういうの、これ。

裁判所ってイメージ180度変わったわ。

それも最悪な方へね#

さて、互いに自己紹介をし、やっとこさ面接が始まりました。その担当官(後見人候補者と面接し審議官への意見書を書くだけの役目)から開口一番こう言われました。

「いただいた申立書、パーフェクトです。とても詳しく書いていただきました。内情が手に取るようにわかります。東京でも家庭裁判所に行かれてアドバイスを受けられたんですか?」

「いえいえ。誰にも頼らず一人でやっつけましたよ。もし完成度が高いというなら、それは両親の補佐が今に始まったことではないからでしょう。もう4年以上になりますからね」

中盤までは事細かな質疑応答で全く問題なかったのだが・・・そのあとがいけなかった#面接も終りにさしかかった頃、担当官がこう言った。

「最近、家族の中に極少数ですが被後見人の財産を横領する方がおりまして、それがため、裁判所の判断がご家族ではなく第三者、弁護士とか行政書士が後見人に選任されるようになってまいりました。ですから、●●さんの場合も九分九厘、あなたではなく熊本在住の第三者が選任されるものと思います」

は?地元の第三者?私も父も親戚も関係者も母の後見人は私だと信じて疑っていなかった。

なのに、なんで第三者?

私が横領したんだったら仕方ない判断だと思うけど、そうじゃないわけでしょ?何で私までとばっちりを受けるわけ?

じゃこの2ヶ月の間の魔の準備期間は何だったの?

タダじゃないんだよ、第三者の後見人。報酬を払うんだよ、母の預金口座から。

それにこれまで4年以上、両親の財産管理をやってきてわかったんだけど、個人ごと管理すればいいもんではなく、施設、銀行、医療スタッフ、そして両親との間で色々な駆け引きをしながらでないと勤まらない。

特にうちの場合、両親二人とも管理してるわけだから、母だけ第三者に管理してもらっても、毎月こまごまとした立て替え金とか出てくるんだよね。

それを今から二人、それも赤の他人とタッグを組んで管理していかなきゃならないわけ?

実家売却のため私が今までやってきた不動産屋とのネゴシエーションすべてごっそりその人が持っていっちゃうわけ?美味しいとこどりかよ#

伯父の遺産分割も叔父夫婦と伯父の妻との間に立って愚痴とか聞きながら、できるだけ叔父夫婦が有利な方向に進めていた私の努力は?それを全部その第三者がそっくりそのまま受け継いでくれるわけ?家族の一員の代理人として。

もし父が先に逝ったら葬儀代は母が払うのだが、家族の出費までその第三者にお伺いを立ててお金を出してもらわねばならないの?じゃ、そのあと母を東京の施設に引き取る計画を立てているんだが、それもその第三者が熊本から上京して私の住んでいる場所からさほど遠くない場所で環境のいい施設を探して契約までやってくれるのかしら?まさかそれは家族の仕事って言うんじゃないよね?だって後見人の手引きにもはっきり謳ってるよ、被後見人に適した施設を調べ上げ、契約交渉するのは後見人の仕事だって。

もし裁判所が私じゃない誰かを後見人に選任するという判断を下したとしよう。その判断に不服があって今回の申立を取り下げたとしても、裁判所が私を選任しなかったんだから、私はどっちにしても後見人にはなれないわけで、そうなったら地元の行政書士に頼んで後見人になってもらうようお願いするしか手立てがないわけだ。

つまり、どう転んでも私は母の後見人にはなれないし、答えは同じ。

裁判所の判断は絶対だから。

なんちゅうこっちゃ#

実家の査定は担当の営業マンも解体業者もとってもいい方で、解体費用の見積もり代金も売値も満足いくものであっただけに、裁判所のこの不条理ともいえるやり方に余計納得がいかない。

不動産屋にも後見人は私じゃないかもしれないと伝えたが、彼も納得いかない表情。

三味線を取りに来た叔父夫婦も怒り心頭#我がことのように憤ってくれた。おまけに空港まで送ってくれた(大泣)次回こそユックリ泊まりにいくからね。母が作ってくれてた美味しいうどんと最高の出汁、今じゃ叔母しか作れなくなった。あの味が恋しい。

納得いかない、怒り心頭、憤慨・・・身近な人間の共通した感情表現。

というか、今日面接を行った担当官からして「この頃の裁判所には怒りさえ感じる」というくらいだから(笑)

それを聞いてあぁ、私のこの怒りは自然発生的なもので、決して的外れではなかったと変なところでホッとしたりして。

こんなだから、後見人申立をした方で机を叩いて怒りだし、その場で申立を取り下げる方も1人2人じゃないそうな(笑)

さもありなん。

面接中、担当官が「申立を取り下げることも出来ますよ」と何度も私に促した。

そうできたらどんなにいだろう・・・。

そうできない自分が情けなく悔しく無力感。

子供がいないなら第三者を立てても仕方ないと思うけど、ずっと両親の財産管理をやってきた娘じゃどうしていけないの?

第三者を後見人に選任する根拠は一体どこにあるの?

親の面倒は子がみるのが当たり前、という風潮の中でこの裁判所の判断はある意味画期的であり、尚且つ、今まで一生懸命頑張ってきた家族をバカにしているとしか思いようがない。

はぁ・・・気持ちの落としどころが・・・みつからない_| ̄|○

裁判所の決定は遅くとも2週間以内に下される。家族が後見人になるとしたらもっと早いんだって。2~3日中。第三者だったら10~12日以内だって。

もし第三者が後見人に選任されたら、その人との引継ぎのためだけにまた帰省せねばならない。それもまた実費精算として母の預金から支払い請求しなければならない。

父が立て替えねばならない母の出費分についても、まずは私が父の口座から引き落とし、それをまとめてその人に伝えるというヒト手間が増える。通信費やらなんやら必要だよね?

それだけでも母の財産の無駄遣いにならない?

後見人て被後見人の財産を守ることなんじゃないの?

元外資系の悲しい性。最悪のシナリオ。。。検察官が痴漢する世の中なんだから、裁判所が選任した弁護士だろうと行政書士だろうとなんだろうと絶対セーフとは限らない。もし裁判所が選任した第三者の後見人が母の預金を横領してトンズラしたら、誰が補償してくれるの?赤の他人に家族の財産を管理させるのであれば契約書とか取り交わした方がよくないか?

裁判所なんだからそういうの得意中の得意だろ?っていうか、それくらいのセーフティネットは用意してくれなきゃ困るよね#

家族としてこれくらいのこと要求しても罰は当たらんだろうて#

もし、第三者が後見人というか自分の預金通帳を管理すると知った母が「物盗られ症候群」を再発し不穏になったらどうしてくれるの?管理してるのが私だから落ち着いてるだけなんだから。

そうでなくても血圧が高いのにこれが元で入院、最悪、命とりになったら・・・責任の所在は?

もし、裁判所が私を選任しなかったら、「それでもやるか!責任はどうやって取る?」と質問せねば。このことだけは言わねば絶対後悔する。母の為に徹底交戦すべきだな。

ただね、絶対に第三者を入れたくないってことじゃないんです。裁判所にもそれなりの考えがあって、我家には第三者を入れた方がいいって考えなんだろうから。もし私じゃない第三者が後見人として選任されたら、もちろん、家族の権利としてその理由を明らかにした後、有効期限内に不服申し立てします。

裁判所がどうしても第三者を入れたいんなら後見人じゃなくて後見監督人(後見人を監督する人)として入れてくれ。それならオッケ♪ってことなんです。

そういうことですので、今、私はまともな状態ではありません。気持ちが落ち着くまでコメントへのレスはできそうもないので、もう暫くお待ちください。個人的にメールを下さった方、ごめんなさい。お返事が遅れます。

★お仕事と猫さんのお世話でお忙しいのに、夜中じゅうずっと・・・明け方近くまで、興奮状態の私から飛び出す矢継ぎ早のマシンガンメールに、嫌な顔ひとつせず根気よく相談に乗ってくれたMMさま。本当にありがとうございました。貴方からのメールは暗闇の中に光る一筋の蜘蛛の糸のように心強く、頼もしく、そして嬉しかった。後悔のないよう、やるだけのことはやってみます。結果が出たらすぐお知らせしますね~。本当にありがとう♪


2009年09月14日 (月) | 編集 |

体重:4.78キロ(先回比 +40グラム)

「どうだ、調子は?」

「相変わらず」

「(カルテにある7月30日の血液検査の結果を見ながら)これだけ数値が上がってるのに・・・腎臓がイカれてるにしては頑張ってるなぁ。(体重計を見ながら)おぉ、上手くバランスがとれてるもんな」

これが長続きしてくれればいいんだけど・・・


2009年09月13日 (日) | 編集 |

だって・・・

CIMG1773.jpg CIMG1769.jpg 似てたんだもの・・・

DSCN0010.jpg DSCN0240.jpg 千百コンビに・・・

若かりし日の千百コンビに・・・

無意識にカメラのシャッターを切ってました。

不意をつかれ思わず胸キュン♪なんだか久々に全身の血流を感じました。

ふぅ・・・まだ胸がドキドキする。顔のほてりが納まらない。

私にとって、やっぱり千太と百は永遠の黄金コンビなんだなぁって改めて実感。

CIMG1777.jpg ど~した?顔が赤いぜ。気分でも悪いか?

大丈夫。ただビックリしただけ。

CIMG1776.jpg CIMG1774.jpg メシまだぁ~?

・・・これが現実・・・_| ̄|○

でも・・・確かにあの一瞬だけ・・・あの頃にタイムスリップして・・・

あの頃の千太と百と同じ空気を吸ってた・・・

一瞬だけどいい夢を見させてもらった♪

元気が出たよ。

DSCN0100.jpg ありがと~、千太♪


2009年09月12日 (土) | 編集 |

千太組は今日も平和♪

同居人は嫌なことがあって気分転換にま~た事務所を模様替えしたけど(爆)

CIMG1722.jpg  百はツヤツヤ♪食欲も落ちず。お小言も健在。夜鳴きは凄いけどね(爆)来月辺り、そろそろ血液検査やってみようかな。どうかなぁ、少しはマシになってるかなぁ。ワクワク♪心配より好奇心が勝る同居人。

CIMG1604.jpg 微妙な距離の寿幸コンビ(笑)あんなに仲が良かったのに。オトナの男になった証拠なんだろうな。染六もいつかこんな感じになっちまうのかなぁ。ジュサ坊の膀胱炎はお陰様で治まっています。幸四郎のアザラシぶりは相変わらず。食事制限しても他の野郎の残飯処理を担当してるから・・・。療法食の量を減らしてるから以前よりはマシになった?

CIMG1636.jpg 問題児のカオナシ染。こいつも食事量を減らしてるから以前よりは大分見栄えが良くなった・・・かな?(滝汗)異食があるからまた肝臓に負担がかかるんじゃないかと冷や汗モノです。それさえなけりゃ、たとえ●ンコちびりで小便小僧であっても中々のいい男なのになぁ。尻尾チュパは相変わらず。イケメンタイプなのに勿体ない_| ̄|○

CIMG1633.jpg 黒い塊の六。染と同じくチュパ族。といっても自分の体じゃなく人様の耳に吸い付いて離れない。だからかなぁ、他の野郎と比べて唇が発達してませんか?(笑)どうです?お宅のニャンコさんの唇ってこんなに分厚い?(滝汗)ま、そこがチャ~ムポイントではあるんですけど♪この唇に誘われて今夜も私は・・・♪末っ子ながらこいつが一番どっしり構えてる。やっぱり子猫のときの苦労が影響してるのかな?こいつを見てると何故か千太を思い出す。野郎の中で一番千太に似てるのは六かもしれない。


2009年09月10日 (木) | 編集 |

今朝一番でジュサ坊をセンセの元へ。

百次郎はこの時間はいつもおネンネ中。

老猫ならずも寝子は寝るのがお仕事。

寝てる子を起こすのは忍びないし、猫、特に老猫の睡眠妨害は体調不良に繋がるため、通院は緊急時を除き、覚醒時(活動時)のみ。

診察台には生後間もない真っ黒な子犬。

どこか悪いのかな?

尻尾のオケケを剃ってる最中のこの子犬、何が何だかわからない様子でされるがまま。

ジュサ坊が夕方まで留め置きと決まったため、子犬の事が気になったがそのまま帰宅。

帰宅すると小腹が空いた百次郎が丁度リビングに姿を現したので、食事が済んだ所を見計らって輸液通院。

百次郎の輸液が済み、センセが手術着に着替える。

「手術ですか?」

「いや、尻尾を切るだけ」

「あ、もしかしてアノ子犬?」

「うん。でもホントは俺、切りたくないの」

「アノ手の犬って耳とか尻尾とか切らなきゃどうなるの?耳垢が溜まって取れなくなって中耳炎になるとか、どっか具合が悪くなったりするわけ?」

「いや、どこも悪くならないよ(笑)」

「じゃ、何故切るの?」

「そういう犬種だから。切るのが決まりみたいな所があるからな」

「切らなきゃならないっていう規則とかあるわけ?」

「そんなのはない。イギリスじゃ切らないしな。けど見栄えとか体裁が悪くなるの。切らないと『あ、アノ子、尻尾(耳)切ってない』とか思われる」

「つまりは外見主義?飼い主側の都合?」

「う~~ん・・・・(苦笑い)」

小学生の頃、お隣にドーベルマンの子犬がやってきた。

垂れ耳で尻尾が長い可愛い子だった。

ところが、暫くみないなぁと心配してたら、次に見たときにはとんがった耳とボブテールに変身しちまっていてビックリした記憶がある。

それまで断尾とか断耳とか知らなかったから。

調べてみて驚いた。

断尾って全身麻酔どころか局部麻酔もしないで切るんだ#

生後4~5日の時期は「最も苦痛を与えない」からという理由で・・・。

断耳は生後2~3ヶ月、耳の軟骨が少し固くなった頃に行われる。

殆ど痛くないってどうしてわかるの?

子犬に聞いたの?

子犬が「痛くないよ、平気だよ」って言ったの?

素人がとやかく言うことではないけど、人間の勝手でそんなことされて可哀相でならない・・・病気でもないのに体のどこかを切らねばならないなんて。

センセも言っていた通り、手術が残酷すぎるという理由からイギリス、オーストラリア、スカンジナビア諸国など法律で禁止する国が増えてきたらしいし、世界的な傾向としても「やらない習慣」が広まると予測される。

ブルドッグなど人間が手を加えて姿かたちを変えてきた歴史を持つ犬種も、健康被害が多数報告されていることから規制が厳しくなってきた。

逃げ出さないように子供の頃からずっと同じサイズの靴を履かせ足の成長を止めた纏足も背筋が凍るが、犬にとって何の利益にもならないこんなへんてこな習慣なんて、一日も早くこの世からなくなって欲しいものだ。

「日本じゃなくならないだろうな~。日本くらいドッグショーとかチャンピオン犬とかにこだわってる国はないからな」

センセがため息をつく。

人間の身勝手な行動に翻弄されるのはいつも物言えぬ命だ#

 

☆百次郎 輸液
体重:4.74キロ(先回比 +40グラム)

☆ジュサ坊
朝一で通院したのにま~たオシッコが溜まってなかった(泣)そのまま夕方まで別荘にて待機してもらい5時に電話。無事投薬&通院中止だそうです♪絶対再発しないとは断言できないけど。ま、そんときゃぁそんときだ(笑)あ、ジュサ坊の膀胱炎って細菌性じゃなくてフツ~の膀胱炎だった(爆)

ただいま、兄ちゃん♪ 帰宅後、「グルルルルゥニャ」と甘えた声を発しながらジュサ坊が向かった先。それは百次郎。 ホントに大好きなのな~、百兄ちゃんのことが♪


2009年09月07日 (月) | 編集 |

成年後見人申立するヒト。

ジュサ坊の膀胱炎も投薬は朝晩だし、百の輸液も3~4日に1回だし、このままのペースなら日帰り帰省ならいける。

家裁への定期報告には欠かせない銀行預貯金の最新利用明細と残高。地方銀行なのでこちらからの記帳は困難。なので銀行に頼んで、毎月1回、定期と普通預金の利用明細をプリントアウトして送ってもらうことにしていたが、これが何度催促しても「今日明日には必ず送ります」と言いながらなしのつぶて。これから先、預金の記帳は必須。今までのような地方独特の「蕎麦屋の出前」「言ってもやらないチンタラ商売」じゃ成り立たない。この際だから、後見人になったら一気に両親共々、地方銀行を解約して我家の近所の都市銀行に移しちまうことも視野においておかねば。毎月こんなバカみたいな事を繰り返しちゃいられない#

今回は仕方ないから面接当日、裁判所に行く前に近くの出先機関で記帳し、裁判所でコピーさせてもらおう。ったく、あのお調子者の銀行担当者め#口先男#

介護施設もそう、銀行もそう。どうして地方ってこんなチンタラ商売でやっていけるんだろう。

銀行さん、びっくりするだろうねぇ。自分たちが解約されるって知ったら(悪魔)

銀行の最新利用明細以外、必要書類は全部、先月中に揃っているので今日、やっとのことで家庭裁判所に連絡。今週のどこかで予約を入れようとしたところ、なんと今週は目いっぱい予約が入っているとのこと。なので一番最速の来週火曜日、午後1時に予約を入れる。すごい・・・もっとスカスカだと思ったら、ぎっしり予約が入ってるんだ。多いのねぇ、後見人候補。多いのねぇ、認知の親を持つ子。

面接前に書類をチェックし、何か足りないものがあれば面接日に持って来て貰いたいから、というので準備した書類を速達で郵送する。

裁判所の面接の予約が済み、お次は不動産屋。当日、面接前の11時か終了後の16時、いずれかで解体業者さんも含めての訪問査定を依頼。ほどなく16時でOKとの回答を得る。現地集合でお願いする。早めに面接が終ったら、実家の整理や持ち出し品の確認をしながら待っていよう。

両者の時間が確定した所で航空チケットを予約。あ、ピーク過ぎてる。いつも介護割引を利用しているのだが、今までより1000円近くお安い。ということは、家裁への実費精算報告のために毎回必ず領収書が必要ってことか・・・8月3日に帰ったときの分、領収書ないや。いつもカードでチケット予約するからその場で領収書をプリントアウトするようにしているのだが、先月はうっかり忘れちまっていた。明日、予約デスクに電話して郵送してもらえるよう頼まなきゃ。

さ~て、これですべてが動き始める。

申立と査定。

これが済めばあとは前に向って進んでいけばいい。というか進むしかなくなる。

7月後半から準備し始めた後見人申立。なんやかやで1ヶ月強掛かってしまったなぁ。

今回家裁に行ったら不動産売却申立の書類、忘れないで貰ってこなきゃ。


[READ MORE...]
2009年09月07日 (月) | 編集 |

というより自分の欲求を満たすため♪

野郎全員の数を一気に揃えちまいました(滝汗)

クロ ミケ  

だって可愛いんだもん(^^♪

いつも思うけど夜中のネット徘徊は危険すぎる~っ♪

ある猫友さんのお宅を訪問して一目惚れ!

特に「クロ」ちゃんに(はぁと)

目にした途端、きっとこれなら全員気に入ってくれるって確信めいたものが・・・。

猫友さんが紹介してるショップに行ったらクロがあと2個しか残ってなかったのが運のつき。

じゃ、別のショップで全員分クロ5個ゲット、って思って色んなショップを渡り歩いたら、どこも売り切れ。

ここで諦めたら女が廃る!?

これを逃してなるものかっ!むらむらと闘志が湧いてきちゃいまして。。。

んで、元のショップに戻ってクロ2個ミケ3個ぽちっとな!

うちのベッドは全部がオープン・フラットタイプ。

床はホカペで暖かだけど、冬場になるとちと寒いかも。

それに猫ってホラ、暗くてせま~~い場所にチンマリ丸まって寝るのが大好きじゃないですか?

それが証拠に・・・

CIMG1757.jpg ひと~~~つ

CIMG1760.jpg ふた~~~つ

CIMG1761.jpg み~~~っつ

写真は撮れなかったけど昨夜、幸ちゃんもこの中で爆睡してましたから、到着早々、新しモン好きの身柄を4野郎分も確保できました(笑)

同居人に似て、なんて欲望に忠実な奴らなんでしょ♪


[READ MORE...]
2009年09月05日 (土) | 編集 |

wcat2.gif   カテゴリーに「老猫と脱水」追加しました。

「老猫と脱水」は今年3月22日付の日誌ですが、百次郎の体調の変化が脱水によるものだったことを知り、備忘録として書き残し、百次郎21歳の誕生日までTOPに置いていたものです。

脱水になったことがない、今まで輸液を1度もしたことがない、でもこの頃目立って痩せてきた元気な老猫さんと暮らす方必見です。


2009年09月03日 (木) | 編集 |

中3日空いての輸液通院。

いつものように早朝3時に1回目の食事を済ませたあと、同居人が11時まで起きてこなかったためかなり空腹だったはずなのに・・・

 

体重:4.76キロ(先回比 +20グラム)

 

夏場は3日も空けると確実に体重が減ってたのに・・・

 

老猫で秋を知る

 

朝晩、過ごしやすくなったから体が楽なんだろうねぇ。

 

爺猫肥ゆる秋

 

となれば嬉しいのだが。

 

090730 008 k/d g/d キドニー ニーレン ウマウマ♪ ロイヤル ナチュバラ カリカリうまうま♪CN アズミラ なんでもこいこい♪

 

一緒に通院したジュサ坊はオシッコが溜まってなかったので夕方まで別荘に留め置き。検査結果など詳しいことはまた後程ご報告いたします。

 

 

☆ジュサ坊
夕方5時にセンセに電話。

「オシッコが溜まんねぇや。少ししか溜まってねぇ。ここで『また』無理やり採っちゃうと尿道とか膀胱を傷つけるから、またの機会にしようぜ」

(『また』って?)

「じゃ、今夜お泊りする?」

「・・・いや、この次でいいや。6時に迎えに来て。で、薬はあと1週間飲ませてな」

 

ははぁ~~ん。やっとわかった♪スポイト1滴分の鮮血が出たのはそういう訳か。

プロでもダメだったか(爆)

病的なほど神経質な(警戒心の強い)ジュサ坊。検査してもらうためにトイレにしゃがんだのを見計らって後ろからそ~~~っと採尿しようとすると、器用にオシッコを引っ込めて(爆)脱兎のごとく逃げてしまう。

そんなことしてると余計に膀胱炎が悪化しちまうから、病院で採尿もしくは導尿してもらうのだが、プロでもあいつの採尿は無理だったんだ。んで、仕方なく導尿するんだが、当たり前ながらその時、膀胱にはオシッコが充分に溜まってなかった。その上、カテーテル導入の恐怖心と痛みから暴れてカテーテルの先で膀胱や尿道を傷つけちまった。だから「スポイト1滴分の出血」なんだ。

な~るほどぉ♪

「スポイト1滴分の鮮血」のことは今朝しっかり報告してるから、また怪我させちゃまずいって、きっと気にしてるんだ、センセ。

ま、しゃぁないや。あと1週間、投薬しながら様子見だ。

百寿幸 005 次回また検査通院した時に導尿出来なかったらお泊りね!

 

 

☆猫団子の季節到来

CIMG1602.jpg   第1号は予想通り「幸子さん」と六でした♪


2009年09月02日 (水) | 編集 |

午前中に光開通工事完了♪

工事はすぐに終ったんだけど、PC接続は個人で行うため、NTTから貰ったCDーROMをセット。

所定の情報記入欄に記入する個人アカウントやらメールサーバがダイヤルアップの頃と微妙に違っていたことから、セットアップに少々手間取りましたが、ADSLの時には電波障害で使えなかったコードレス電話を使って、プロバイダーのテクニカルサポートに助けてもらいながら、なんとか接続することができました。

ADSL接続の時はこんなに手間取ることなかったのになぁ。

「かんたんセットアップ」って言う割には中々手ごわかったぞ#

はぁ~、疲れた(--〆)

でも1度接続に成功すれば、あとは簡単。

もし接続が切断されても、インストールされた復旧ツールを使えば自動的に元の状態に戻せる。

電話もFAX電話とコードレス電話が自由に使えるようになってとっても便利になりました。

さて、これでインターネット環境はOK!

あとはジュサ坊の膀胱炎が完治して投薬から解放されたら、いよいよ「成年後見人申立」&実家の訪問査定のために帰省だっ!


2009年09月01日 (火) | 編集 |

1e225f4a.jpg  染のおまけで超栄養失調児で超未熟児のきっちゃにゃい150gの黒い塊も、今じゃ立派な千太組の構成員(Yさん、覚えてらっしゃいますかぁ?)

賢く、可愛く、お喋りな我家の末っ子。

今も耳チュパは健在。

甘えんぼでやんちゃ坊主♪

こいつがいない千太組なんて考えられない。

君の誕生日に思うことはいつも同じ。

こんなに長生きするとは思ってもいませんでした。

899c5214.jpg 健康&元気でありがとう♪

いつまでも一緒に。 いつまでも仲良く。  

でさ、六。

ひとつだけ教えてくれる?

私がくしゃみするとこっちを見ながら「ケケケケケ」と不気味に囀るのはなぜ?