薫の野郎猫的日常
  • 08«
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • »10
2008年09月20日 (土) | 編集 |

ご無沙汰いたしております。

再び、久々の更新。

新しい職場環境で日々凹んだり、嬉しかったり。

身体介護三昧の1Fと違い、自立したばあ様がほぼ8割を占める3F。プライドの塊。毎日、神経戦に困惑したり、ヘラヘラ笑って誤魔化したり。。。

今日も1Fでは皆無の100キロ超えの巨体豊満、それも脚力がほとんどゼロのばあ様2人の入浴介助で冷や汗タラタラ。

浴槽から出すのに四苦八苦。

頭で浮力を最大限に利用するのは理解できていても、いざ本番となると・・・こんなに重いとは(爆)

相手に相当のストレスを与えてしまった・・・とほほ。

まだまだだなぁ。

もっと経験をつまねば!

でも、1Fで感じていた「やり損」の感覚は皆無!

というか、今日もそうだったけど若手新人スタッフがやらねばならない仕事までやっちまって、反対に「あ・・・○○様の入浴は●●君にやらせようと思ってたんだけど・・・あはは」と苦笑いされる始末(滝汗)若手の仕事までぶんどっちまったぁ(爆)

やりがいあります!

ただ、毎日とっても疲れる・・・腰が重い・・・足が重くて・・・でも帰宅してのフロが極楽だし、夕飯とビールがとてつもなく美味い(はぁと)

それに、1Fでも多発した両親介護の際、突発的帰省のために皆に迷惑をかけることがどうしても気になって、①最悪、退職または休職届けを出す。②現在の正社員からパート待遇に移行し、仕事量を減らす、という考えを昨日副主任に相談した所、「辞めないで欲しい。薫さんが3Fに移動してどう感じているか他のスタッフにそれとなく聞いてみたけど、全員、仕事環境がとっても明るくなって喜んでいるの。ご両親の介護はいずれ誰にでも降りかかること。お互い様よ。無断欠勤や遅刻と違ってね。シフトはどうにでもなるし、親御さんのことで帰省するためにお休みすることは、スタッフ全員でフォローするから。みんな、そんなことなんとも思ってない。だから、正社員のままなんとか薫さんの一番いい環境を整えるよう、主任と相談してみます。任せて!反対に薫さんが私らのことをそこまで気にしてくれてることのほうが嬉しいよ。」と言ってくれました。涙が出るほど嬉しかった。

ですから、待遇のことは彼女に任せ、私は頑張って仕事するだけ。そのことだけに集中できること自体、とっても贅沢なお話し。いや、マジで(爆)

なんか、すんごく得した気分♪

仕事環境抜群だわ♪

3Fに移動して本当にヨカッタァ~(*^_^*)


2008年09月03日 (水) | 編集 |

9月になりました。

予定通り、1Fから3Fに移動し、ただ今、懸命に学習中です。

1Fと比べ、お客様数が約2.5倍。

身体介護は1Fが断然ハードですが、この人数分だけお仕事&覚えなければならないことが増えるので、新しい環境下での緊張とあいまって、毎日帰宅時にはヘロヘロ・・・です。

ただ、フロアは違っても以前から仲の良い仲間がいますから大丈夫。

1Fのようなストレスは「今の所」皆無です。

一日も早くこの環境に慣れるよう毎日頑張ってます。

ということで、レス&更新は今しばらくお待ちください。