薫の野郎猫的日常
2007年06月30日 (土) | 編集 |

昨日、今日と早番。


昨日は日勤が居なくて夜勤が来る夕方4時半まで早番、遅番の2人だけ。それも、遅番が大卒の新人男性スタッフ=まったく働かない奴。今日は早番、頼りになる男性スタッフの遅番に加えて日勤がいるにはいるけど、まったく働かない2Fから移動になった女性スタッフ。


こうなるとやることは決まってる。働かない奴は無視して黙々と仕事するのみ。


明日は私が休み、副主任が夜勤入り。しかも今日と同じく働かない女が日勤リーダーだから、今日のうちにお風呂と体重測定だけは済ませておかなければお客様がかわいそう。


どの位働かないかというと、私が入居者全員の体重測定と入浴、洗濯、排泄介助、食事介助を済ませてしまう間に、彼女がやったのは2部屋分のリネン交換、それもクリーニングに出さねばならない寝具は放りっぱなし&午前中の2人分の排泄介助&おやつ配り&お茶配りだけ。


お陰で今日の夕方近く、大量の鼻血(泣)


ストレスですなぁ・・・。


おまけに2Fから何度も転倒している肝癌のばあ様が1Fに引っ越してきたのはいいけど、「離床センサー設置するから見守り強化で転倒は絶対にさせないで!(相談員)」「いつ急変するかわからない体だからナースの詰め所に一番近い1Fに移したい(介護主任)」と事務方の優先順位が一致していないままの引越しだった故、居室はヘルパーステーションから相当距離があり、転倒防止のためのセンサーが作動しスタッフが小走りに駆けつけても、本人はすでに歩行している有様。その上、トイレに行かれるたびスタッフがずっと見守っている状態なので、本人が落ち込んでしまい、今日の夕方には「2Fに帰りたい」と、とうとう泣き出してしまわれた。ずっと関西生まれの関西育ち。ずっと自立で頑張って独居を楽しんでこられたばあ様。認知もまったくなくクリアなばあ様。東京に住む娘の「勝手な自己満足」のため、慣れ親しんだ環境から知らない土地に移り住み、施設に入れられ、そこで転倒続きのため、今度は1Fに移され監視の目にさらされる羽目に。。。可愛そうに・・・。さ~て、今回のことで上がどのような判断を下すか見ものです。


しかし・・・私らスタッフも凹むし、疲れます。ウジウジ、メソメソで食事以外は部屋に閉じこもりっきり。じゃ、寝てるかと言えばちょこちょこ起きる。その度ごとにセンサー作動するからスタッフは全速力で走る。アンド、夜間は30分おきに排泄介助らしいですから。徘徊ばあ様Jr.みたい。いや、彼女より強力かも。


マジ疲れた・・・30分間残業はしたものの、さっさと帰宅し、今日は公休の副主任に携帯から電話し愚痴を聞いてもらい・・・疲労のため空腹感は感じなかったけど何とか食事して入浴。


でもすっきりしない・・・。


明日は1日だけの公休。


その後はまた怒涛の日々。


明日だけは何もしないでただただ眠りたい。


2007年06月29日 (金) | 編集 |

毛玉の季節到来。


毛玉のいたずら=野郎共の毛玉吐き&便秘に悩まされる季節である。


全員毎日キチンと出ていた運光さまだが、下手すると2~3日でない奴らが出てくる。運光さまが出なくても食欲魔神は健在。


なら・・・


こういう時は慌てず騒がず、まずはドライフードよりウエットの回数を増やす。お次は私の仕事柄、毎日定時に食事できないことを利用し、毎日2度の食事の間隔をこれでもかと言うほど延ばす。例えば・・・


●早番=5時(1回目) 18時(2回目)その後は何も与えない。
●遅番=10時(1回目) 22時(2回目)その後は何も与えない。
●日勤=8時(1回目) 20時(2回目)その後は何も与えない。
●夜勤入り=12時(1回目) 16時(2回目=翌日帰宅なので、この時だけはドライ)そのまま翌日帰宅するまで何も与えない(与えられない?)
●夜勤明け=帰宅次第すぐに食事。殆ど12時(1回目) 21時(2回目)その後は何も与えない。
公休=10時(1回目) 20時(2回目)その後は何も与えない。


うちのセンセの口癖。「食事の間隔が狭すぎると出るもんも出ない。消化する前に食事を詰め込んだらいかん。お腹ぺこぺこにならなきゃ、胃腸は動かんぞ。お腹空かせれば出る!」


以前は毛玉除去ジェルやオリーブオイルを格闘しながら必死に与えていたが、それよりこの空腹作戦の方が、我が家の野郎共には効果絶大なのです。それに人間にもこの方が楽だしお手軽だし。。。


お陰で今日も帰宅すると3つあるトイレの中どれも満員の運光さま(爆)


不思議なことに運光さまが快調だと毛玉吐きの回数も激減します。
ちうか『毛玉吐けるうちは吐かせろ』が野郎ばっかしの千太組の手荒なやり方です(滝汗)


もちろん、食欲が落ちたらすぐさま、ウエットにオイル茶さじ1杯ずつ@1野郎&お腹のマッサージ開始です。あと、百次郎のような老猫が3日間全く出なければ病院へ行ったほうが良いでしょう。


CIMG0665.jpg★久々に音楽でも聴こうとヘッドフォンを耳にセットしたら・・・片耳からしか音が出ない。もしかして・・・やっぱり片方のコードが食いちぎられてました(泣)ビニール袋に収納してデスク隣の収納棚に隠してあったPC用のヘッドフォンも・・・ビニール袋ごと無残な姿に(号泣)携帯の充電器コード&マウスコードを齧れなくしたリベンジか?


2007年06月26日 (火) | 編集 |

あれ?これって・・・


1年以上前のことだったか・・・(遠い目)


それはとっても懐かしい香りだった。


以前の仕事では、外資系だったこともあり海外出張が多かった。


NYやLAの空港に降り立ち、税関までの通路で必ずといっていいほど漂っている「あの匂い」。アメリカからの書類や便箋、郵便物にも下手するとこの匂いが沁みこんでいる。


思いがけず今の仕事場で久々に「その香り」が鼻を刺激し、懐かしいアメリカの記憶が呼び覚まされた。


その香りの元を辿り、仲良しの1F副主任のユニフォームから香ってくることを突き止めた(爆)


「この匂いって洗剤か何か?もろアメリカって香りがするね」


「(笑)ピンポ~ン♪アメリカ製の柔軟剤だよ。大手のドラッグストアに売ってる。●ンキでも売ってるよ」


製品名を教えてもらい、すぐさま近所の大手ドラッグストアへ!


それがこれ


今じゃなくてはならない我が家の必需品だ。


最近急激に人気度アップ!ネットでも販売しているので興味のある方は是非検索していただきたい。


種類も量も多種多様なのだが、まずはベーシックな「エイプリルフレッシュ」からお試しください。薫の一番のお気に入りは●ァブリーズ入りの「スプリング&リニューアル」。


汗まみれの職場にはもってこいの優れもの(笑)


2007年06月24日 (日) | 編集 |

最近何をするにもすぐにイライラ。


はぁ、いやんなっちゃうなぁ。


平常心を心がけているのだけれど・・・。


頑張りすぎるのもイラつきの原因だと思う。


かといってやらないわけにも行かず。


やらない輩の尻拭いとか思っちゃうのもいけないのよねぇ。


大人にならなきゃ・・・。


★副主任から内緒の話として聞いたのだが、1Fから3Fに移動になった男性スタッフが辞意を表明したそうな。やりたいことが他にあるということらしいが、1Fから移動になったことが引き金になったらしい。あの移動ってどういう意味があったのか?今でも疑問だ。


★2Fからターミナルケアのお客様が1Fへ移されることになった。理由は・・・2Fじゃ面倒看きれないから(泣)またかよ・・・。


★3Fには末期癌のじい様がいるのだが、寝たきり老人、それもターミナルの介護などほぼ初めてに等しい3Fスタッフ。排泄ケアどころか部屋に入るのさえ怖がっているらしい。今日も1Fの副主任がケリーパッドでの洗髪にかり出された。寝たきりの方の洗髪なんて2級ヘルパー取得の時に習ったろうがっ#


そんな中、徘徊ばあ様のご家族が来館。急変した時、救急車が来るまでずっとばあ様の手を握っていたスタッフ、そしてあの深夜の頭部の怪我での救急搬送に立ち合ったスタッフ・・・どっちも私なんだよなぁ・・・ご縁ですネェ。そんな私に向かって「その節は本当にありがとうございました」と深々と頭を下げられるご家族・・・こちらこそありがとうございました(泣)


イライラしたりぼやいたりもしていられない・・・入院している2人のじい様たちもそろそろ帰ってくるだろうし、2Fからターミナルのばあ様が移ってこられるし。またまた忙しくなるからね。


2007年06月18日 (月) | 編集 |

02.jpg
たった今、1Fの副主任から連絡が入り、


徘徊ばあ様が亡くなられたそうです。


彼女とは色々あったけど、


むかついたことも多々あったけど、


楽しいことも一杯ありました。


沢山のことを教えていただきました。


本当にありがとうございました。


今からお線香を立てます。


明日は夜勤入り。


寂しい夜になりそうです・・・。


2007年06月17日 (日) | 編集 |

早番。


☆徘徊ばあ様、早朝から体調不良。頻尿、嘔吐で顔色も酷く悪くグッタリ。食欲なし。日勤のナースが出社する9時までずっとリビングのソファで寝たきり。日勤のナースがブドウ糖点滴開始。しかし良くなるどころかどんどん血圧が低くなり、血中酸素も90を切った。このままだと夜勤スタッフだけでは面倒看きれないし、急変してもまずいということで、おやつ時に救急搬送。夕方6時過ぎ、日曜ということで専門医はいないが、やっとこさ検査結果が届いた。結果は・・・500mg/dLの「高血糖」!ケトアシドーシスか?


そのまま検査入院とあいなった。なんで???凄く興味がある。一日も早く原因が知りたいものだ。


何日間かわからないが、ばあ様がいない静かな日々・・・バンザ~イ!


☆2Fから移動してきた3人のスタッフのうち、一番の問題児の男性スタッフが昨日会社にFAXを送り、その日のうちに自主退職した(笑)バンザ~イ!



★ガック~ん!かっこいい~~っ(はぁと)
★ワイヤレスマウス!食いちぎられる心配もないし安全且つ使いやすぅ~い。なんでもっと早く買い換えなかったのかなぁ(うるうる)


2007年06月15日 (金) | 編集 |

「鬼軍曹」らしい(笑)


☆おかげさまで携帯電話の充電器。今も健在です!


☆夜勤明けから帰宅すると、収納し忘れたパソのマウスのコード。見事に食いちぎられておりました(泣)こういう時に限ってタッチパネル機能をOFFにしてた(滝汗)ムッとする表をチャリで疾走。「●ジマ電気」で新しいマウス購入。皆様からのアドバイス通り、今回はワイヤレスを。あと「いざと言う時のため」にコード付きマウスもひとつ。


☆入梅と言うのにまるで熱帯雨林のような外気。日本から四季がなくなるのはそう遠いことではないようですね・・・。東京砂漠・・・あ~なたぁがいればぁ~~、あ~あなたがいれぶぅあぁ~つらくはないわぁ~~このとぉきょぉさぶぁくぅ~~♪


☆『お刺身が食べたい!』近くの魚屋さんでイカ、シマアジ、そして鯨の刺身&味噌汁の実にアサリを買ってきた。ビールと一緒にウマウマ。さ~て、刺身といえば・・・ジュサ坊!ツマの大根を美味そうにムシャムシャ。あっという間に完食です!
CIMG0232.jpgこいつ、マジで菜食主義!


2007年06月12日 (火) | 編集 |

世間を賑わせている我が職場と親会社の不正請求問題。
脱法行為は確か。O会長はお父上の介護を経験されたとされるが、
それにしては介護現場を知らなさすぎ、もしくは見えない振りしすぎです。


でもね、介護職の給料の安さにも問題があるでしょ。
看護職に比べれば天と地くらい違う。

賃金が低すぎるから「質の高い、スキルのある、仕事が出来る人材」を確保できない。
もしくは「このままでは介護を嫌いになってしまう」と離職させてしまう=仕事の出来ない問題児ばかり増える、いやそういう輩でなきゃ雇えないくらい給料が安いのが現実。


出来ない奴と同じレートで給料を貰いモチベーションが上がるわきゃない。
夜勤入り&明けの昨日今日、新入りたちのあまりの質の低さを目の当たりにし、
急激に落ち込み、真剣に辞職を考えた。
でも・・・お客様の可愛い寝顔を見たら「頑張ろう」って思った。


お客様のニーズや上層部からは「もっと質の高いサービスを」とガンガンに要求され、
それに限界を超えてまで精一杯の対応をしているスタッフはまるでボランティア。
その上、この親会社での質の高さとは介護スキルではなく「レクリーエション=エンタテインメント技術の高さ」  介護が出来なくても高く評価される。大問題である。


国は予算をもっと福祉に回してくれ!
重労働で低賃金では介護職のなり手は減るばかりである。

新介護保険によりそれまで以上に指定業者への報酬が減ったのに、
スタッフへの給料は低いながらに払わねばならず。
民間業者なんだから利益は上げねばならない。
なのに社会は「福祉で利益を追求してはいけない」という変な思い込みがある。
よい介護を提供するには、お金が必要です。
ちうか私らはボランティアではなく介護のプロです。
もっと介護職の対応をよくしてもらいたいなぁ。


そうすりゃ質の低いスタッフの存在を抹殺できる(爆)

安倍さん、ほんとうの意味での「美しい国つくり」は福祉の充実にこそあると思いますよ。


☆我が職場、親会社が悪い!と糾弾するマスコミはもっと現場を見た方がいいと思う。
無責任なコメンテーター。芸能人、レポーター・・・・・事の本質を見極めてね~。
たとえばあなた達がこぞってインタビューしている
最初の譲渡先として出てきた会社の元オーナーですけど、
あまりもてはやさない方がいいと思いますよ~。
とはいっても、所詮マスコミ。
いろんな意味で色んなヒトのお里がわかるいいチャンスだなと静観してます。


2007年06月10日 (日) | 編集 |

「一瞬でもいい。現実から逃れたい!」


そんな私の願いを聞き入れてくれた神よ。感謝します(泣)


mainvisual.jpg
う、う、う・・・美しいっ(号泣)
gact.jpg美しすぎるっ(大泣)


男は美しくなければっ!目を楽しませてくれなければっ!
そんな私の哲学(?)にぴったり当てはまるこの浮世離れした美しさよ。


が「越後の龍 上杉謙信」にキャスティングされた時から、
どれほどこの時を待ったことか。。。待ってたぞぉ♪
今週は予告のみの登場だが、来週からは思う存分堪能できるぞっ!!
うふふふふ・・・来週から録画せねばなるまい。楽しみ~。


2007年06月06日 (水) | 編集 |

我が職場が全国的に有名になっちまいました。
それもこんなニュースで・・・。


ホント私の人生ってジェットコースター!(笑)
これの次はこれかい#(号泣)
マジでお祓いしたほうがいいかのぉ~(滝汗)


夜勤明けでしたので、薫は厄介なことに巻き込まれる前に退社しましたが、職場の前には多くの報道陣が集まっていたそうな。。。そうそう経験できることではないので見てみたかったなぁ~。ちょっと残念だったなぁ(爆)


ニュースや職場のHPによると一応、職場は子会社に譲渡されることになったらしいが、この会社は親会社持ち株会社傘下なので、譲渡完了の再来月からも劇的変化は期待できそうもないと思われ(笑)


私ら従業員も施設介護部門なので解雇の危惧も「今のところ」なし。
特に私らの働く所は富裕層のお客様の施設なので、親会社としても手放したくないらしい。
一番影響を受けるのは在宅とGHだろうな~。


特に在宅。利用者のお宅へお伺いし、介護サービスを行う在宅は、介護保険取扱い業務の基本中の基本だもの。ヘルパーの拠点として機能している事業所が縮小、最悪の場合は廃業したら、一番困るのは契約している高齢者とその家族だ。スタッフはね、どこも人手不足だから引く手数多だと思うけど、でも利用者さんはやっとこさ信頼関係を結べたスタッフがいなくなり、契約していた事業所も廃業となれば、またイチから事業所探し。運よく新しい業者と契約を結んでも、新顔の訪問介護スタッフに代わり・・・これまたまたイチから信頼関係を築き始めなくてはならないわけで。


うちの両親がお世話になっている施設・・・大丈夫なのだろうか。
明日、別件で連絡するのでこの件についても聞いてみようと思います。
あそこも施設なんで子会社もしくは別会社に吸収されて生き延びるとは思うのだが。


ま、運がいいことに現在、母は日中は施設でお世話になり、夜間は一人で自宅で過ごす。以前のように父と共に自宅で訪問介護を受けることはなくなったので、もし熊本の事業所が廃業となっても直接的被害は少なくて済む。変な言い方だが父が急変し、在宅介護が困難になり、施設入所になったお陰で、今回の騒動の被害家族にならずに済んだわけだ。これもまた、私のマンション騒動同様、首の皮1枚で大過を避けられたのだから運がいい。


もしどうしても新しい事業所を捜さなければならなくなったとしても、そこはホレ!元の職場=在宅介護サービス会社が役に立つ。うちの近くにも出張所があるのはすでに確認済みだしね(笑)ナントカなります♪


今回の騒動。以前からこうなると思ってました。ので想定内。介護業務が行政から民間に移行すれば、利潤追求が優先されるのは当然のこと。資本主義国家において利潤追求がすべて悪いとは思っていないけど、そうなればどんな企業も他社と競争する内容が重要課題となってくる。つまり企業の中身が問われるのです。いうなれば企業のソフト=中で働く人間の中身が一番重要だと思うのです。でも我が職場の上層部はやり方を間違いましたね。


我が職場、中で働くケアスタッフはそりゃよく頑張ってますよ(1部の者を除外する・・・笑)でも上層部は・・・どうなんでしょうか?トップや幹部連中のニンゲンの資質は?あまりにも手広くやりすぎたツケが回ってきましたね。無理しすぎたんでしょう。わが職場に限って言えば高級有料介護施設なのに介護保険に則った業務を展開するのは到底無理でしょう。富裕層相手なんだから、もっと自由な立場で起業すべきでしたね。


前々から現場と上層部との大きなギャップを感じてたので、今回の事を切欠にいい方向に変化してくれるのを望んでいるのですが・・・。


全国に2000以上の事業所を持っている大手企業が、400弱に縮小されるのですからね~。それに介護保険業務取扱い指定から外されるのですから、そりゃ内部混乱は起きるでしょう。


でもね、禍転じて福となす。悪いことばかりじゃないはずですよ。今までは有象無象の輩が徘徊してた企業ですけど、そういう輩が除外されちったぁマシな企業に再生するのではなかろうか。


淡い期待を持つ私って・・・やっぱ甘いですかね?
甘いんだろうなぁ・・・(笑)


でもでも、お客様にとっても現場のスタッフにとっても、少しでもいい方向に進みますように。


2007年06月04日 (月) | 編集 |

薫@千太組の癖。
猫を愛でる時、本猫がどんなに迷惑がっても必ずその子のにおいをクンカクンカ嗅ぐこと。
耳元から首筋、お腹、背中・・・太腿。流石にお尻の臭いだけは勘弁だけど(爆)


においを嗅ぎ始めた切欠。それは千太郎。


千太が腎不全になり、持病の巨大結腸症も悪さをして頑固な便秘になること数多。初めの頃は腎不全も初期段階でさほど健康に支障が出なかったこともあり、私はこの病を甘く見すぎていた。ところが・・・


腎不全中期になった頃、部屋の中に異臭が立ち込め始めた。


「?」


最初は猫トイレだと思った。が、掃除しても砂を取り替えてもまだ臭気が抜けない。


「?」


次は水周り。しかし生ごみでもなければ、排水溝でもない。


「??」


その時、初めて気が付いた。


「千太?」


異臭は千太の体臭だった。腐った生ごみのような臭いは彼の体から発せられるものだった。


千太の体臭は優しい癒しの香りのはず。モフモフする度にため息が出るような芳しいお線香のような香りを楽しむのが常だった。なのに・・・なぜ?


そういえば・・・最近よく吐く。食べるが食欲がちょっと少なめ・・・。お口も少々臭う・・・。


すぐにセンセに電話し、千太を連れて病院へ。


「便が大量に詰まってるな・・・」


千太の下腹を触りながらセンセが一言。


「でも、便は毎日1~3回。それもいいウンチが出てるよ」


「うん、だろうな。でも千太郎は便秘だ。巨大結腸症が原因で本当はもっと出なきゃならない便がお腹に溜まって、それが長い間に宿便になって腸内に沢山溜まっちまってる。そうなると血液がドロドロに濁って腎臓まで悪くなる。だから気持ち悪くなって吐くんだ。今から摘便するから外で待ってて」


待合室から診察台の上の千太を見守る。センセが千太の肛門から大量の便を掻き出す。
こんなにも・・・と目を疑う。


「さ、これですっきりしただろ?これからもお前さんのその感度のいい鼻でよ~く千太郎のことをチェックしてな!変だと思ったら今日みたいにすぐ連れて来いよ」


ゲッソリ顔の千太を連れて帰宅。その日の夕方から食欲魔神復活。そして・・・あの忌まわしい悪臭が嘘のように消え、芳しい線香の香りが復活したのだ。


あれからだ・・・猫の健康チェックとして体臭を嗅ぐようになったのは・・・。
千太の体臭がいつもと違ったら、すぐさまセンセに連絡し診察してもらったり、摘便してもらうようになった。


体臭って健康を計る上のリトマス試験紙の役割を果たすんだ・・・。


以来、組員だけでなく、猫馬鹿さんのお宅を訪問するたびごとに、猫さんの体をくまなく嗅ぎまくるようになった。


「いいねぇ、いい匂いだ!元気だね~。良かったね~」


ニャンコの体に鼻をすり付け、クンクン嗅ぎながら薫の口からこの台詞が出るのを耳にした猫馬鹿さんも大勢いらっしゃるはず。


お口のにおいも健康のバロメーターだが、体の匂いも本猫さんの体調を知る上でとても役に立つ。


「猫が体調を崩し始めると途端に体臭が変わる」
これは長年にわたる『薫のクンクン・チェック』の結果がはじき出した貴重な教えであると信じて疑わない。


我が組事務所では健康で元気な頃の野郎共の体臭を覚えておくこと、それは、健康体の頃の血液検査のデータを知っておくことと同じくらい大切なことなのだ。


なんせ血液検査にはお金が掛かるが、クンクン・チェックはタダだもんねぇ~(笑)


2007年06月03日 (日) | 編集 |

先日ここで皆様にお伺いを立てた野郎共の毛色の件ですが・・・


彼らの主治医、センセの病院のカルテをチェックしましたところ、


DSCN1772.jpg 
ルディー(赤褐色)
昔のアビシニアンにみられた色、ルディーは、遺伝的にはもともとブラック・アグーティ(他のタビー模様ではブラウン)である。初期にはこの毛色が野ウサギに似ていたため、「野ウサギ猫」と呼ばれた時期もあった。しかし、赤みを出すための選択繁殖の結果今日の暖色系の赤みがかった基本色が生み出された。
      アンダーコート:オレンジブラウン
      ティッピング:ブラック
ま、百次郎はアビシニアンの親父さんとロシアンブルーのオッカサンの間に生まれたMixなんで、ルディモドキちうことで!


CIMG0782.jpg
●Black Tabby&white(ブラックタビー=黒と茶色の縞模様ですが、茶色の部分は焦げ茶から赤茶までさまざまなバリエーションがあります。ちなみにヨーロッパでは、このカラーをブラック・タビーと呼び、最近はブラウン(ブラック)と表記されるようになりました)つまり、ジュサ坊はブラウン(ブラック)・マッカレル{「マッカレル」とは鯖のことで、細い縞模様です。雉トラはブラウン・マッカレル・タビーといいます}・タビー&ホワイト=キジしろとなりますかね?



CIMG0611.jpg
●Black Tabby(日本(アメリカ)でブラウンタビーと呼んでいるカラーは、ヨーロッパではブラックタビーと呼ばれます)つまり、幸四郎も雉トラ=ブラウン(ブラック)・マッカレル・タビーということに?う~ん、でもやっぱ『黒トラ』の方がカッコイイッ!(爆)


CIMG1628.jpg
●Orange Tabby&White(言わずと知れた最強の茶トラしろ!オレンジは『レッド』と表現される場合もあります。明るい茶色<オレンジ色に近い>と、ベージュの縞模様で日本では「茶トラ」と呼ばれているカラーです)


3f2b0ed0.jpg
※百次郎以外の猫のカラーパターンについては無断で(汗)こちらを参照させていただきました。
但し、ここで話されている鯖は縞のことであって、北摂の虎さんが持ってきてくださった情報のような毛色のことではありませんね~。は~、もっとこんがらがってきたぞぉ~。こうやってみると猫の毛色って中々奥が深いっていうか、さっぱりわからないっていうか・・・謎。


2007年06月01日 (金) | 編集 |

皆様に質問です。


猫の模様の呼び名についてなんですが、


「サバ」と「キジ」の違いって?


一般的に:
「さば=鯖=青=地色が青味がかっている」
「きじ=雉=茶=地色が茶色がかっている」
と言われてますけど・・・。


じゃ、


060712.jpgこいつは?


んでもって・・・


CIMG0619.jpgこいつは?


なんという毛並みなんでしょうか?


個人的には:
92c91a15.jpg黒トラ


CIMG0246.jpgキジしろ


だと思っとりますが・・・でも、正直なところ、いまひとつはっきりしなくてね~。


この際、すっきりさせたいので、どうぞ皆様のご意見をお聞きかせください。


DSCN2086.jpg
DSCN0934.jpg
よろしくお願いしま~す!