薫の野郎猫的日常
2006年12月30日 (土) | 編集 |

眠れない・・・


お腹が空いた・・・


この3日間は大忙しだった。いつもの事ながら無断欠勤した若手スタッフ。日勤スタッフが風邪の為に寝込んだのと重なりバタバタした27、28日。翌29日は夜勤明け。通常業務に加え、徘徊ばあ様の1時間おきの下痢便騒ぎにおおわらわだったその日の夕方4時から職場でのミーティングに参加するため、9時45分に退社し、帰宅後シャワーを浴び、ブランチを食し爆睡。3時に起床。疲れているはずなのに妙にハイテンション(笑)


ミーティングは現在抱えている問題提起で白熱。普通なら30分で終わるところがなんと3時間延々と続いた。色々と考えさせられることが多くて有意義な時間だった。私の今後の課題は「苦手意識の克服」だと思う。暴力時いい様の介護・・・はっきり言って苦手です。毎日、出社が億劫になるくらいに。でも私は介護で給料を貰っているのだから割り切らなきゃね。しかし、ひとつどうしても割り切れないことがある。それは・・・介護するスタッフの便利なように工夫するのではなく、すべてはお客様の為の介護を、という点。理屈では理解できるけど、一人のために時間を多く割ける状況下にない現在。抑制帯の装着はもちろんお客様を守る為にあるものだけれど、暴力じい様から暴力を受けながら介護が滞るのを防ぐ役目もあると思うのです。それを口にした途端、「それは虐待行為になる」ときた。う~~~ん、それもわかるけど・・・。少ないスタッフが限られた時間内に決められた業務をこなすことに精一杯だからね~。どうしても優先順位を付けてしまう日常。お客様第一主義もわかるけど、スタッフの尊厳は誰が守ってくれるのでしょうかね~。


ま、いいや。


その後、退社できるスタッフ5人で近所の定食屋でささやかな忘年会。


帰宅したのが9時過ぎ。それからすぐにベッドで横になったのだが全然眠れない。


ビール中ジョッキ1杯とともに丼飯かっ食らったのに、まだ食い足りない気分。


もそもそと起き上がり、缶ビールとあられ、カップ麺に舌鼓。


公休だからこのまま起きていても良いや!と、おもむろにパソの前に座る。


完全なる昼夜逆転です。30日は今年最期の生ごみ収集日ですから、早朝にせっせとゴミ集めするのもよし!それが終ったら・・・寝よっと♪


 


31日大晦日、そして正月は夜勤。ということでこれが今年最期の更新となります。


夜勤明けの1日・・・シフト表をよくよく見ると日勤がいない・・・つまり残業確実!いやはや・・・高級老人施設とはいえ、家族と一緒に自宅で正月を迎える方はほとんどいない。いても日中は家族と一緒で夜は帰ってくる人ばかり。正月だからといってスタッフの仕事はそう減らないのですよ~。


でも頑張って仕事をこなせば翌2日と3日は公休。2日は猫馬鹿新年会で楽しい美味しいを満喫できると思えばモチベーションも上がるというもの!


今年は子猫育てプーから脱却し、今の職場で4月から働き始め様々な出会いと別れを経験した年でした。このブログもいつの間にやら介護と愚痴のブログになっちまって(笑)それもこれも熊本の両親、そして野郎どもが元気でいてくれたから。ありがたいことです。


皆様にも勇気付けられたり、応援していただいたり大変お世話になりました。ありがとうございました。ふつつかな同居人ともども、来年もどうぞ千太組をよろしくお願い申し上げます。


CIMG0613.jpg
どうぞよいお年をお迎えくださいませ。


 


追伸=今年は年賀状を1枚も書いていません(爆)このままいくと松の内に間に合いそうもないです^_^; 重ね重ね申し訳ないことです。ごめんなさい。


追伸2=お気に入りのテンプレ作家さんの新作UPされましたので速攻DL。この方の真骨頂「月」シリーズ冬バージョン。月と雪かと思ったら・・・。隠れデジログ時計も装備しております。そんでもって羽根のシルエットムービーは1分に1回、チラチラ~と舞ってございます。 月の位置は毎度ご自由にどーぞ。ただ、今回は月がそのまんま時計になる仕掛けを施しているので、時計の近くになると強引に引っ張られます。月の引力って結構強いですね。

さて。
コレはなんの羽根でしょう?
モチロン正解は「天使の羽根」です♪ (パタパタパタ~)
お気に召されましたか?


2006年12月27日 (水) | 編集 |

先日、マイPCが無事データ回復工場から帰ってきた。


野郎猫画像を含め、メールアドレスとデータ、お気に入りなど必要なものはすべてDVDに焼き付けられて戻ってきた。


が、年末ということもあってメーカーへ送ってHDD交換作業を実施できるのは来年。


ということで未だに古いIBMのお世話にならざるを得ない。


これがとっても血圧と心臓に悪い。なんせメモリ不足も手伝ってノロノロ・・・ノタノタ・・・


ダイナブックに換えるまで、こんなのんびりPCでもイライラせずに付き合っていたんだなぁ。


便利に慣れてしまうと人間て途端に短気になるんだなぁ。


そういえば田舎に帰省するたび同じことを思う。


高校まで生活していたのんびり空間。しかし東京の便利な生活に慣れてしまうと、バスを待つのにイライラ、買い物するのにイライラ、終いには通行人ののんびり歩きに切れそうになり・・・駄目だ、ここではもう暮らせない(爆)


古いPCであっても初めてコンピュータに触れた興奮を与えてくれた大切な友のはず・・・なのに・・・。


下手すると野郎どものまったり具合にイラつくことさえある。


年のせいもあり年々短気になっていくような気がする。


もう少し肩の力を抜いてのんびりゆったりと構え、毎日の生活をエンジョイしたい今日この頃なのです。


さて、明日から年末年始にかけて公休1日を挟んでの夜勤2連荘。あっという間にお正月。


あわただしい年の瀬である。


2006年12月25日 (月) | 編集 |

2002_01g.gif今日は聖夜。


みなさま、どんなクリスマスをお迎えでしょうか?


薫にとって昨日のイブといい今日のクリスマスといい、現実味がない(笑)


きっと大晦日に夜勤入り、正月が夜勤明けだから正月もこんな調子でしょうなぁ。


終末医療のお客様が旅立ち、寝たきりの胃ろうのばあ様一人が緊急入院、ノロウイルスでわが職場に緊急避難していた爺さまが用賀へ移る為にめでたく退去。クリスマスどころの騒ぎではなかった。


早番の今日。午後から通院介助だったのであっという間に退社時間を迎えた。仕事した気がしない(笑)汗かいてないからね。でも帰れるときに帰っとかないと!


帰宅して夕食。早めに風呂に入らなきゃ。明日も早番なんで今日も9時には寝なくちゃ。


野郎どもは相変わらず元気だし、陽気だし、健気だし・・・あとは私さえ風邪引かず健康であればいい年を迎えられるでしょう。喉がちょっと痛むからうがいはこまめに!野菜を沢山食べよう!なんせ体が資本ですから!


2006年12月21日 (木) | 編集 |

cat.gifぶち切れそうになった日の翌日。先日来、緊急搬送先の病院で治療を受けていた終末医療のお客様が静かに息を引き取られた。


会社からは何の言葉もなかったが、ご家族や息を引き取られた罹りつけの病院スタッフから我ら1Fスタッフに対し感謝の言葉を頂いた。


「短い時間だったけど、1Fに移ってからとっても明るくなった。ありがとう」


この瞬間、私は暗闇から一気に日の当たる場所へ引き戻された。


助かった・・・。


私たち介護スタッフにとって、お客様との出会いは別れへの一歩である。いつかは必ずこの日が来る。最初からターミナルケアとして1Fに移ってこられたこの方との出会い。「その時」が来るのは1週間先か1ヶ月先か・・・それとも年単位先か・・・それは神様しかわからない。とにかくできるだけのことをして差し上げるしかない。


寝たきりでも頭はクリアだっただけに、床擦れの痛みや体中の辛さはどんなにかお辛かっただろう。


身体機能の低下から肺に水が溜まるので輸液の量を極力減らす・・・ゆえに絶えず口が渇き水を求める・・・昼夜問わず絶えずなり続けるナースコール。が、私たちはその求めに応じてはならない。心を鬼にして拒絶する毎日でした。


「水をくれ!」
「だ~め!」
「ドけち!」


毎日、丁々発止のやり取り。これがまた暗くならないのだから不思議。お互いいつも笑顔でいられた。生死を突き抜けた妙な明るさがそこにはあった。


ご本人の人徳なのだろう。着流しに雪駄が似合いそうな粋で素敵なじい様だった。


1時間前に亡くなられたとの訃報を知って真っ先に感じたのは・・・千太郎の看取りで感じたのと同じ安堵感だった。


もう乾くことはない・・・痛くない・・・苦しくない・・・すべてから開放され、今頃は先に亡くなられた愛する奥様と一緒に思い切り、水や酒で喉を潤していらっしゃるはずだもの。


よかったね・・・愛する奥様とクリスマスやお正月を迎えることが出来て!きっと一人ぼっちのクリスマスや正月を迎えるなんて耐えられなかったんだろう。


Iさま、ありがとう。短かったけどとっても楽しかったよ。


☆緊急措置として用賀からわが職場の1Fにいらっしゃった大たい骨骨折のじい様ですが、慣れると中々面白い方です。容貌がセサミストリートの「カーミット」そっくり(爆)2人介助で大変だけど、恐らくこのまま年越しまでこちらでお世話することになるだろうけど、ま、何とかなるでしょう。。。多分(笑)


☆来週早々、もう一人パーキンソン病の方が入居されるそうな。2F、3Fではなく1Fになった理由は「1Fのスタッフはパーキンソン病のケアに慣れてるから」だとさ。ったく!なんちゅう理由やねん#


さ~て、この先どうなりますことやら・・・大晦日から元日にかけての夜勤を受け持つ私です^_^;痺れる年末年始になりそうな予感・・・


あ、そ~だ。ここで一言。


亀田興毅よ、よくやったぁ♪


2006年12月17日 (日) | 編集 |

aromapot.gif更新が滞って申し訳ない。色々とあってね~。心も体も疲れててPCに向かう気持ちが萎えてしまってて・・・


早いですね~。一週間後はクリスマス♪


歳末恒例、S区のボロ市も昨日で終了し、一気に師走ムード。


しかし介護の世界に年末も正月もありません。猛威を振るっているノロウイルス。わが職場のすぐ近くまで迫っています。同系列渋谷や用賀のスタッフ、入居者がバタバタ倒れ、今や『早夜勤』という信じられないシフトでスタッフは働いているそうな。その余波で今日、本当は用賀に入居予定だった方が緊急避難としてこちらへいらっしゃいました。この方、デイサービスで大たい骨を骨折された方。食事は車椅子移乗でリビングにて召し上がり、それ以外はベッド生活。


つまり2人介助。


夕食からご一緒に生活されてます。が、なんせ人手不足。


徘徊ばあ様が不穏で歩き回られたら最後。食事が終わり、全盲じい様と昼夜逆転じい様を居室へ誘導し、口腔ケア、パジャマに着替えさせ、ポータブルトイレを設置・・・これに一人スタッフが付くとリビングにはスタッフ一人と徘徊ばあ様、暴力じい様、そしてこの骨折じい様が残される。今までは徘徊ばあ様がどんなに不穏でも、触れなければ大人しい暴力じい様を残してばあ様の就寝ケアができた。ところが今日からは、待たされると立ち上がろうとしたり、「もう部屋へ戻る」と何度も訴える骨折じい様がいるから、誰の世話も出来ずただただもう一人のスタッフが戻ってくるのを待つだけ。


その上困ったことに、いざスタッフが戻ってきて骨折じい様を居室へ誘導し、ベッドへ戻し、排泄ケアしようとしても、徘徊ばあ様を残しては行けない。


今夜はたまたま2Fスタッフに錘を頼んで事なきを得たが・・・これから先、爺さまが用賀へ戻るまでどうすりゃいい?


そして・・なんと同じ理由で今週もう一方1Fに入居されるのです#


限界を超えてます・・・でもみんな頑張ってます。私だって頑張ってる・・・なのに事務方から「声がでかい」「もっと上品に」と注意され、毎日残業続きで、徘徊ばあ様、暴力じい様がともに不穏ときちゃ、切れます!今日ももう少しで切れそうになった・・・事務方の小うるさいのがいつものことならいいけど、こうやって新しい入居者が来て家族が見守っているときに限ってうるさくなるのが気に食わない。


今月でまた一人辞めていく・・・スタッフ補充など考えてもいない本社・・・なのに入居者は増えていく・・・それも手のかかる方は全部1F・・・


クリスマス・・・清らかで穏やかな心で迎えたい神聖な時間・・・今の私には無理です・・・


2006年12月13日 (水) | 編集 |

top_museum.gif
いい天気だったので六輔(1歳3ヶ月)のワクチン&血液検査&ウイルスチェックへ。約1年ぶりのセンセとのご対面だ!自転車ふん転がす背中に背負った
リュックキャリーから冷たい空気を引き裂くようなよく響く元気のいい声!何事かと道行くみんなが振り返りスター気分(爆)


☆体重4.32キロ!生後3週間で150㌘しかなかった極度の未熟児&栄養失調児のお前が・・・今でも野郎どもの中で一番チビだけどさ。でもあのグロテスクな胎児体型なのに小さな歯が生えたモグラ/地球外生命体「コビトネコ」のお前が4㌔台になるなんて・・・感無量。


☆血液検査の結果
BUN     19(昨年比 ±0)
Glu      79(-1)
PCV     46(+4)
TP      8(+1)
GOT     5(-5)
GPT     51(-7)
TBil      0.2(±0)
Tcho     143(+20)
なんか基準値以下だったりはみ出してたり凸凹だけど、それでも異常なし。


☆ウイルスチェック
陰性!ホントはね、センセはチェックしないで良いって言ってたの。他の連中も陰性だからって。でもさ、生まれ育ちが他の連中とはチト違うだろ?だからセンセに頼んで検査してもらったの。センセも「あ・・・そっかぁ・・・そうだな・・・こいつだけは調べておいたほうがいいな」って。もしかしたら・・・もしかするかも。結果を聞くまで心臓バコバコだった。でもウメちゃんから「陰性です」って言われてドッと肩から力が抜けて、ドドッと嬉しさがこみ上げてきたよ。これでいい!よかったよ・・・ホントよかった!


CIMG0288.jpg
やったね~~~っ!何も問題なし。今までホント
苦労したけどさ。
結果よければすべてよし!


センセと看護士のウメちゃんに改めて御礼。「今まで本当にありがとう!」
六の右前足と握手!
二人ともニコニコ顔。
「大きくなったなぁ」「よく生き延びたなぁ」「よ~頑張った!」「いい家見つけたなぁ」本当にねぇ・・・運が強い子だよ、六輔。


このまま元気で長生きしてな!


2006年12月12日 (火) | 編集 |

2120544.gif大変ご心配をおかけいたしております。


巷で大流行の兆しを見せるノロウイルス。


おかげさまでまだまだ軟便ではありますが、ひところのひどい下痢は治まりましたので、先週から職場復帰しております。


いや~な腹痛はまだ続いてますが夜勤も残業もこなし元気です。


重篤なお客様が急変で緊急搬送され、しばしの静けさ。


徘徊ばあ様は新しい薬の効果か不穏状態がなく、とても静か。


暴力じい様も以前に比べたら静かになったかな?


比較的新しい入居者の超わがままじい様も大分環境に馴染んできた模様。


他のお客様もまぁそれなりにお元気にお過ごしです。


今月は夜勤が6回。そのためか今日から3連休という珍しいシフト。


他の公休は1日ずつ。それも必ず早番の前。これじゃ思い切り遊べない。


それにノロウイルスに悩まされた後だからまだまだ完全復活とは言えず、腹痛もまだ続いている。美味しいもの食べたくてもこれじゃ無理・・・


雨模様で肌寒かった今日はさすがに1日中眠たくて野郎どもとただひたすらにゴロゴロ。


明日は天気がよければ六のワクチン行ってこよう!


そういえば・・・耳浴するための点耳薬・・・留守の間にどっかに行方不明・・・いったいどいつが持っていきやがったんだ#まさか飲み込んじゃいないだろうな・・・今のところだ~れも苦しんだり、嘔吐したり、体調おかしな奴はいないけど・・・も~~~、返せよ~~~!


2006年12月06日 (水) | 編集 |

流行り病「伝染性胃腸炎」


とうとうわが身まで侵されてしまいました(T_T)


何の前触れもなく、突然に。


いつものように出勤し、働いて、帰宅してその夜、突然の腹下し。


それからというもの下る、下る・・・ただただ下る・・・


口にした固形物はすべて未消化のまま下るだけ。


不思議なくらいに熱は上がらず。気持ち悪いくらいに下っ腹が痛む。


子宮のあたり。シクシク・・・


でもここで下痢止めは厳禁なので、必死に病院へ行き点滴しながら下るに任せる。


運のいいことに嘔吐はありませんでした。


上下ともだったら今頃どうなっていたことか・・・考えただけでぞっとする。


公休2日間を挟んで仕事を休むしかない・・・


重篤なお客様だけでなく、体力がなくなっている高齢者のお客様に伝染させるわけにはいかない。


口にするものは点滴、お茶、白湯、重湯、スポーツドリンク、ゼリー、プリン、アイスクリーム。


徐々にうどんもOKになり・・・今日あたりからやっとこさ通常の固形物がOKになってきました。やっぱ固形物は美味いし元気になりますわ♪


こんなに美味しかったのね~、塩分(笑)


今日はおでん食べました。こんにゃく、ちくわぶ、大根、がんものなんと美味しいこと!


ビール・・・飲んだら美味かった・・・久々のアルコール・・・あは♪


こういう時に野郎どもはどうしてるか・・・


すでにリビングには5枚のペットヒーターが並んでおります。


が、


DSCN2034.jpg
「ヒーター愛好倶楽部」会長ジュサ坊と「ヒーターごろんごろん」会員の六も


DSCN0990.jpg
ヒーター大好きなはずの野郎どもなのに・・・


DSCN1977.jpg
誰一人として使ってくれず、寝室の私のそばで眠るのです。


六が耳チュパ、割り込むようにして幸ちゃんが枕元に丸くなり、左脇に百、その隣にジュサ坊、右脇に尻尾チュパする染。


寝返り打てません・・・でもあったかい・・・ほっこり・・・野郎どもの体温が癒してくれます。


060712.jpgCIMG0716.jpgCIMG0753.jpg

CIMG0653.jpgCIMG0594.jpg

「薫、大丈夫か?ぽんぽん痛いのか?」


不思議ですが、毎日毎晩・・・心配そうに痛む下腹当たりに毎日1匹ずつ香箱を組み、私を見つめるのです。まるで当番制の猫カイロ。
彼らの暖かな体と心・・・沁みてきて泣きそうなくらいにありがたかった。


優しいな、お前ら。ありがとな~(;O;)


彼らの看病のお陰で元気になってきました。


もうじき復活です。


★今月から新しいテンプレに衣替え。心機一転、気分一新!


2006年12月03日 (日) | 編集 |

今まで頑張って防いでいたのに、とうとう巷の流行り病を患ってしまったようです。


体調不良のため来週半ば辺りまでネット落ちします。


コメントいただいている皆様、申し訳ありません。


復帰しだいレスいたしますのでもうしばらくの間お待ちくださいませ。


この病、なんの前触れもなく突然発症するようです。


皆様も出来るだけ風邪っぴきの方のそばには近づかないように!