薫の野郎猫的日常
2006年05月30日 (火) | 編集 |

大量の発汗と体内に熱がこもっているようなイヤ~な感じ。


熱はないようだし、体もだるくはないので疲れが溜まっているのではないかと。


こんなんじゃ使い物にならない。


明日は公休日だし、今日は仕事を休んで2連休にして家でゆったり。


ということで今日は薫同様マッタリ気分の年長組、百寿幸の最新映像でおくつろぎください。


6月のシフト表がUPされた。


来月は夜勤が5回。通勤時間が短いことから早番も4回。


CIMG0620.jpgCIMG0619.jpg


2006年05月29日 (月) | 編集 |

このところ下痢までいかないけど軟便のお客様が多い。やはり天候不順と湿度の高さ、日照不足が原因か?冷たい飲み物をやめて暖かなお茶なぞお出しするのだが、それでも軟便族は後を絶たない。


私はというと昨夜、ほとんど眠れないまま遅番の出勤。職場に着けば元気になるし、食慾も出てくる。でも眠れないのは辛い。明日の日勤が済めば1日公休。休みを楽しみにあと1日頑張ろう。


ということで帰宅途中、○ミットに立ち寄り「キムチ鍋」の材料を買い込む。疲れた体にはやっぱり鍋よね!


豚肉とキムチ、キノコ、ニラ、小松菜、水菜、そしてもやし。美味しくいただきました。


元気になりそう!


明後日の公休は久々に鍼灸にいってこようかな?腰に鈍い痛み。


2006年05月28日 (日) | 編集 |

n_2250_1.gif


突然ですが里親募集です。


野良母さんが産んだ姉妹で、ある方の庭先で産声を上げました。
が、そのお宅では育てられない為、あわや保健所へ連れて行かれるところでしたが、老猫会会員の
おかるさんに保護され一命を取り留めました。現在は愛するmooちゃんを亡くしたばかりの老猫会管理人のmoomamaが一時預かりさんとして大奮闘中。


詳しい情報はこちら


moomama情報:健康状態は良好だと思います。明日には駆虫のドロンタールを投薬予定です。下痢などはありません。蚤はかなりいましたが蚤取り、シャンプー1回済み。離乳済み トイレ躾済み 。母猫の躾が行き届いているらしく ほとんど鳴くということをしません。片割れの姿が見えなくなると鳴き出します。できたら2ニャンいっしょにお願いできたらと思います。まだ小さいためウィルス検査はしておりません。先住猫さんがいる場合などはご相談いただければ至急検査しますが、精度がかなり落ちることはご了承ください。(5月16日現在)


この子達に興味がおありの方、是非とも我が家へ迎え入れたいという方は、タイトル:里親希望として 飼育環境 希望理由など簡単な自己紹介をご記入の上、保護主おかるさんまで御連絡ください。


また、皆様のお近くに子猫を欲しがっていらっしゃるご家庭やお友達がいらっしゃいましたら、是非ともこの子猫たちのことを皆様からご紹介ください。


どうぞ皆様の善意の輪で小さな命に終の棲家を与えてあげてください。よろしくご協力、お願いいたします。


尚、このスレッドは子猫たちが幸せを見つけるまでトップに貼らせて頂きます。


*嬉しいお知らせです。
おかげさまで子猫たちの終の棲家が決定いたしました。
最初の希望通り、2匹一緒に暮らせることになりました。
来週水曜日に新しい家族の元へ出発です。
詳しいことは
moomamaの今日の日誌にて。
ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。


これにてこのスレッドは目出度く、川下へ流れることと相成ります。
                                   平成18年5月28日


2006年05月28日 (日) | 編集 |

排泄介助には陰部清拭用の蒸しタオルが不可欠。


例のお婆様(これからはO様と呼ぶことにする)。今日は蒸しタオルで頭を蒸し、丹念にマッサージ。お顔と唇も綺麗に拭き、化粧水とクリームとリップグロスで整える。両手も丹念に蒸し、垢を擦り落とし保湿クリームでマッサージ。


さて、整容は初日同様上手くいった。排泄介助も午前中と午後しっかりとクリア。


ところが・・・


遅番で8時には退社するのでその前にパット交換しておこうと、蒸しあがった清拭タオルを持って入室。笑顔で迎えていただく。夜勤の男性スタッフと共にいざパットを交換し、蒸しタオルで汚れた陰部を拭こうとした途端・・・「熱い!」


O様の悲鳴が!!!


清拭タオルが熱すぎた。冷ましたのだが陰部に当たった部分がまだ冷め切ってなかったのです。


「ごめんなさい!!」


すぐさま陰部からタオルを離し冷ます。


「もう熱くないからね」


もう一度冷ましたタオルを局部を当てる。「熱くないでしょ?」


無言・・・(滝汗)


ごめんなさい・・・。


私に向けられた不信のまなざし。


今までの信頼関係がガラガラと崩れ落ちた一瞬です。


目を合わせて下さらないO様。体位交換する際、いつも声かけしながらご意向を確認しつつ向きを決めるのだが返事が無い。あったとしても短い返事。笑顔も消えた。


「本当にごめんなさいね」


「いいのよ」その言葉に反して顔の表情が堅い。


「これから気をつけるから許してね」


五月蝿いと言わんばかりにテレビに視線を向けたまま応答なし。


冷却期間が必要と感じ、一時退散。


汚れたタオルやパットを所定位置に廃棄。


帰り際にもう一度入室し、ベッドの背を45度に上げ、思い切って切り出した。


「こういう馬鹿な子には頭チャイチャイしなきゃ!」


彼女の手を私の頭に持っていき叩く真似をする。


彼女の顔がクチャクチャに崩れ、いつもの笑顔。


「もう一度、思いきり叩いて頂戴!バカバカ!」


彼女の手が優しく私の頭を撫でる。許してくれた。


「じゃ、仲直りね!」


母親のような慈愛の眼差しが私を見つめている。


どんな人間だって失敗はある。要はその後の対応だ。気分を害したことは素直に謝り、そ日の内に謝罪して翌日までしこりを残さない。


蒸しタオルは癒しの道具にもなれば凶器にもなることを、ここで再確認できたことは、私にとっての大収穫だった。


追記*大失敗といえば、今日の日誌をUPする前に「InternetExplore7β2」をDL&インストール。これが曲者でツールバーが簡素化されブックマークに一気に飛べないし、表示やツールなど設定しなおすこともできなくなった。最悪だったのは我が事務所のブログ上のカレンダー右端が切れてしまう。


β版ということでモニター使用でありmsnソフトユーザーの義務ではない。
「DLするのも自由だが必要ないユーザーはインストールしないで下さい」


ソネブロもそうだが、やっぱβ版は不完全品。期待した自分が悪いのだ。


さ~てインストしたのはいいがコントロールパネルからアンインストできない。ファイルの復元しか手立てが無いのだわ。早速26日まで遡ってファイル復元。


は~、戻った~。やっぱIE6のsp2が1番使い勝手がいいや。


考えなしに新しい物に飛びつくと痛い目に合ういい見本だ。


2006年05月27日 (土) | 編集 |

早朝7時からの早番。


出勤してまずは各入居者様へ起床を促し、介助が必要な方へのお手伝い。


そして朝食。


それが終わればいよいよ例のお婆様のお部屋へお伺いして一仕事。


まずは排泄介助。そして入院時全くお手入れしていなかったお口の中(歯)、お顔、体、手のお手入れ。ガーゼで丹念に歯を磨く。蒸しタオルを沢山用意して、両手に蒸しタオルを巻きラップしてビニール袋で包み込む。蒸れる間に体を綺麗に拭く。


そして両手のラップを外し丹念に擦り、保湿クリームを擦り込む。


お顔は蒸しタオルで蒸らし、乾いたタオルでそっとマッサージ。唇がカサカサ。丹念に皮をはがし、化粧水で整えリップクリームをつける。


「どう?気持ちいい?」


満面の笑顔。


「まだまだ綺麗になるわよ。でも今日一日じゃ全部のお手入れは無理だから、また明日から少しずつお手入れしていきましょうね」


「そうね・・・」


また笑顔。


見違えるほど垢抜けたお婆様はとても幸せそう。手鏡を渡す。


「どう?」


笑顔。


「明日は頭に蒸しタオルを巻いてマッサージしましょうね。もっと元気になったら髪を洗いましょう。きっとサッパリするわよ。だから早く元気になりましょうね」


そっと頷くお婆さま。


午後、ご家族がお見えになったので用意されているお化粧品の説明をお伺いし確認。お手入れに必要な物をリクエストし用意していただく。


退社前、ケアマネさんから褒めていただく。お婆様が見違えるほど綺麗になられたし、私が色々と必要な物をリクエストしたことで、ご家族がとても安心され喜んでいらっしゃるそうだ。入院中は歯も磨けず汚れてらしたそうだが、今日会って綺麗な歯に戻っていることに驚かれたとも。在宅で経験したノウハウを活用できて私も嬉しい。


スタッフから聞いていた噂と全く違うお婆様の対応。これは何を意味するのか?もしかして、凶暴になられた背後には何か辛い経験があったのか?まだまだこれからどう変化するかわからないが、初日はこうして事なきを得た。


毎日ひとつずつこの方と一緒に「良かった」「嬉しい」「気持ちいい」を探していきましょう。


2006年05月25日 (木) | 編集 |

朝帰り~♪


昨夜は夜勤明け。ちょっと用事を済ませ午前11時半には帰宅。4時からの担当者会議に出席する為、短い仮眠をとったあと雷雨の中、職場にUタ~ン。


会議が終わったのが5時過ぎ。退院された担当するお客さまにご挨拶したあと退社。


すぐさま雨合羽に身を包み自転車ふん転がし、途中デザートを買って、いざMayu-☆さん宅で行なわれているS区集会へ!一時帰宅の際、携帯を充電したまま忘れてしまったので、これから向かうと連絡することも出来ず。でもきっと待っててくれるはず!


チャイムを押すとた~こさんが笑顔で迎えてくれた。そこには今日のゲスト、moomamaの姿も。この大荒れの天気の為に集会の開始時間が大幅に遅れた模様。た~こさんもmoomamaもついさっき(昨日のブログより訂正:定刻2時には開始されず、4時ごろから始まったと思っていたが、moomamaによるともっと後だったらしい)到着したばかりだとのこと。


ホステスのク~タンは相変らず元気です。毛の艶も抜群だし、体重も変わってない。ソファに横たわったり、Mayu-☆さんの腕で寛いだり、私ら猫馬鹿に抱っこされても身を任せたまま。なんて大人しくて可愛いんだろ。まさに黒い宝石。やっと会えたとmoomamaもご満悦。


久々の再会を祝し麦酒で乾杯!Mayu-☆さん自家製の中華風蟹のあんかけサラダやグラタン、た~こさんのサラダやチーズ、ローストビーフなどなど、いつものように美味しいお料理に舌鼓を打ちながら話も弾む。


ク~タンに会うのが主な目的のmoomama。本当は目的を果たしたらmoopapaと一時預かりの子猫たちの元へお帰りになる・・・はずだった・・・が、思いがけない雷雨に足止めを喰らい中々家路につけない。ま、これもカイチョ~の思し召しっちうことで、じゃ雨宿りしながらワインでも(笑)猫馬鹿イチお酒が大嫌いで下戸のmoomamaだもん。この申し出を断れるわきゃない(爆)猫にマタタビまぶしたカツブシ与えるようなもんだ。な、moomama。「こんな天気じゃ帰れないもの~。じゃ、いただくわ~!」と渋々承諾。んで、大いに盛り上がる。


話題がmoomamaとmooちゃんの濃密な時間のことになると、時折涙ぐみながらmoomamaは一言一言をかみ締めるように、カイチョ~をいとおしむように語ってくれた。聞いているこっちも思わず涙。moomamaの話にまるで応えるかのように雷。カイチョ~、君かい?


先日moomamaご夫妻が会いに行ったミミちゃん@mimimamaさんのことも話してくださった。そのときも不思議に雷。それも落雷に巻き込まれ往生したそうだ。どうしてもシンミリした雰囲気になってしまいがちな話題ではあるが、ここでもミミちゃんは笑いを提供してくれた。どこまでも陽気なミミちゃんだ。


雨脚もなんとか収まったころを見計らって、moomamaは一足お先にご帰宅。外では車でお迎えに来てくれてるmoopapaが待っているはず。は~、ご馳走様!ご両人、いつまでも仲良くね~!・・・と思っていた薫。しかしこれは大間違い。勿論moomamaとご主人は仲がいい。だが、ご主人はお迎えにはいらっしゃっておらず、moomamaはお一人で帰路につかれたそうな。moomamaがご主人に迎えに来てと頼んでいたと薫が勘違いしただけ。あの電話は迎えに来ようかと仰っているパパさんの申し出を断っていた電話だったと判明。長時間不眠状態の薫の耳はあの時すでに「空耳アワー」状態だったらしい。。。いや不確定ではなく確実にそうだった(滝汗)


ク~タンはというと・・・moomamaが去った後、しばらくの間、なぜか玄関にじっとたたずんでいた。会いに来てくれたmoomamaにお礼してた?それとも・・・もしかしてカイチョ~をお見送りしてた?きっとそうだね。そっか~。mooちゃん、moomamaと一緒に来てたんか~。そっか、そっか~。よかったね~、ク~タン。よかったね、moomama。


さて、残った3人はというと・・・ただひたすらに喋り捲る。これでもかというくらいにしゃべり倒す。話題は尽きない。なんせ3月19日の我が家での猫馬鹿集会以来の再会だもの。この2人とは染六騒動の頃など下手すると1週間に1度は会っていた。それが2ヶ月も会えてないんだから話したいこと山積みだもん。というかこの2人となら、たとえ何も喋らなくても全く苦にならない。一緒にいるだけで心地いいんです。ただただ楽しい。Mayu-☆さんも言ってたけど、ある程度の年齢になってから、こんなに気が合う仲間とめぐり会えるなんて思ってなかった。大切にしなくちゃ~。


んで・・・途中でク~タンはMayu-☆さんのベッドで眠りにつく。


それでも私らは何かに憑かれた様に喋る(笑)


気が付いたら外は明るくなり、ぐっすり眠ったク~タンもお目覚め。


時計を見たら・・・。あは、あは・・・。


そこにた~こさんのご主人から電話(;^_^A アセアセ・・・ご出勤される前のラブコール。すんません。奥様を拉致しちまいました。だって離れたくなかったんだもん。今日ぐらいはあたしらが独占してもいいじゃないですか。勘弁してくださ~い(笑)


でそれから1時間、また話し続け、解散したのは朝7時。15時間に渡る猫馬鹿集会なんて前代未聞でしょうな~。た~こさんのブログによると夕方5時半ごろからスタートしてるので、正味14時間余りのようです。ということはアタシは6時から参加してるから13時間ということになります(;^_^A アセアセ・・・2時間鯖読んだ(自爆)


「機械上」1番若いMayu-☆さん、大変長居をいたしました~。ご馳走様でした。いつもの通り、片付けなくて申し訳ない。でもいいよね。3人の中で「機械上でも」1番年寄りなんだから(泣)雷がマイナスイオンを撒き散らしてくれたお陰で、外の空気はとっても美味しかったです(笑)自転車こぎながら陽射しが眩しくてちょっと目がクラクラしたけどさ(大汗)でもとっても気分いい。やっぱり参加してよかったです。今日は夕方からお仕事あったんだよね。ごめんね。薔薇のジャムご馳走様でした。家でもヨーグルトやパンに付けて美味しくいただきます。また会おうね。


た~こさん、美味しいお土産ありがとう。帰宅後は爆死?あたしもお風呂も入らずに、猫飯用意してトイレ掃除した途端意識不明。さっきまで爆睡してました。昨夜の集会を思い出そうとしても記憶が一部不鮮明です。。。時々意識不明&トリップしてたらしい・・・。


Mayu-☆さん、た~こさん、そしてmoomamaへ
この日誌に書かれている内容で訂正が必要ならドンドン申し出てくだされ。当時の薫は長時間寝ていない状況下で「シックスセンス&空耳アワー」大爆裂中だったらしい。


2006年05月22日 (月) | 編集 |

爽やかな風と眩しい陽射しが戻ってきました。


気分も晴れやかに出勤。といきたい所ですが、出勤前の一時、悪魔の囁きが。「休みた~い」


でもその気持ちを抑えて頑張って自転車ふん転がしました。


行けば気分爽快。行ってよかった。


この仕事って在宅なら一人きりですが、施設は仲間がいます。この職場のスタッフは本当に仲がいい。明るい方達ばかり。


遅番で11時から9時勤務なのですが、勤務終了間際ギリギリで2Fに今日から入居された方の入浴介助を頼まれてしまい、片付けたい仕事を後回しにしてお風呂介助。白髪のハンサムで上品な紳士なのですがこれが喋り始めたら止まらない(笑)話を聞きながら、でも話の途中で洗体したり、湯船に浸かって頂いたり。やっとこさ終了し、2Fへ誘導。そしてお風呂の水抜きをし風呂掃除。


今日は案外平和だったのですが夕食時になると「癒しの水曜日」のお婆様のご家族が共に食事なさる為にいらっしゃり、その日の限って夜勤の男の子を別の仕事で外に出さねばならなくなり、配膳時は戦場のような慌しさ。狭い配膳台の上で四苦八苦。頭が真っ白。でも本来なら6時までの日勤のスタッフが最後まで手伝ってくれて大助かり。


やっとこさ仕事を終え、遅番の若いスタッフ達を誘って近所で夕食。定番のラーメン餃子と生ビール。やっぱ美味い!


そこで出たのがこの職場の評判。とても明るくて気持ちが良いと中々好評だそうだ。同じ○ムスン○ーデンでも、他の施設は恐ろしいくらいに静かだそうな。そして1番驚いたのがスタッフ同士が仲が良くないらしい。先輩スタッフが新人スタッフに正面向かって「新人は仕事が出来ない」と悪口雑言。あのさ~、みんな最初は新人なの。先輩が育てていくものなんじゃないの?なのに・・・。


それを聞いたらどれほど今の職場が恵まれているかがわかる。みんな助け合ってるし、もし先輩が後輩に注意したりしてもその場限りのこと。きっとその後は何もなかったかのようにまた一緒に仕事したり食事したりするだろう。そんな環境だからとても楽しい。辛いこともあるけどそれは仕事だから仕方ない。気持ちよく仕事するには環境が良くなくちゃね。環境整備には問題も多々あるが、それは改善していけばいいことだ。その点、人間関係は改善しようとしても相手があることなのでそう易々とはいかない。


今日一緒に食事した子たちは私の息子、娘の年なのだが、とてもシッカリしてるし、優しいし、明るいし、性格がいい。私のようなオバちゃんにも屈託無く接してくれる。だから私も彼らには同じ職場のスタッフとして気軽に接することが出来る。肩が凝らないのです。


そして不思議なことに同じ九州出身者が大勢いる。今日の子も一人は大分。この子がね~、可愛いんです。男の子だけど親の教育がいいというか、滅茶苦茶いい子なの。女の子も働き者で姐御肌で凄く可愛い。


遅番と夜勤ってどうも同じサイクルでシフトが組んであるらしい。今日の遅番3人が明日、明後日の夜勤、夜勤明け。この仲間で明日、17時間半の寝ずの番を預かります。楽しみです。この子達じゃなくても同じこと。先回の夜勤のときご一緒したスタッフも担当フロアが違うのに、1階の寝たきりの方の排泄介助を夜通し手伝ってくれました。何でも助け合うのが基本だと言ってね。涙が出るほどありがたかった。


施設勤務の介護職ってこうやって助け合ってこそ上手く歯車が回っていくんですね。


だから体がどんなに疲れても、心が疲れないのでやっていけます。


私と同じ1階フロアで今夜、夜勤の青年。彼はなんと24日に戻っていらっしゃるツワモノ婆さんをお世話していた経験者。どんな方なのかその人となりを良く知っているそうだ。ラッキー!彼を巻き込んで一緒にチームを組もう!彼は介護技術はまだまだ初心者だけどツワモノ婆さんに関しては私より上。つまり、私が介護技術を伝授し、彼から相手の情報を教えてもらえばいい。なんだか楽しくなってきたぞ!



2006年05月21日 (日) | 編集 |

24日は夜勤明け。


本来なら9時半に帰宅し、2時間ほど眠ってMayu-☆さん宅の猫馬鹿集会へ参加するはずだった。が・・・


今日、朝礼で連絡事項あり。↓に書いた私が担当する方が24日午後、入院先から急遽退院され、そのまま施設へお戻りになるそうです。その後夕方4時からは担当者会議。


ということは、9時半に仕事が終わって可能ならば一時帰宅し仮眠を取ってお昼過ぎには施設へ戻りそのまままた仕事っちうことかい。


猫馬鹿集会は2時ごろからだけど、夕方からは参加できると連絡。


もし体が持たなかったらごめんね。って・・・遊びたいんだよぉ~。お願いだから睡魔よ、邪魔しないでくれ!


2006年05月20日 (土) | 編集 |

昨日から開始された「6日間耐久レース」。


ただ黙々と日々のシフトこなしてます。


今日で早番2連荘終了。あとは日、遅、夜、明。


ただ今、入居者の中に認知症が3人いらっしゃるのですが、日によって症状が変わります。大人しい日に当たれば楽なんですがねぇ。寝たきり1人。自立3人。計7人。


ということで夜勤明けまでしばらくの間、更新が滞る可能性があります。


あ、そうそう。私が受け持つ方が決まりました。入居中に転倒、骨折し入院中の女性です。恐らく来週には退院し、こちらへ戻ってらっしゃるでしょう。


この方、相当なツワモノらしい。はい、この方をご存知のスタッフ全員から忌み嫌われております。「帰ってくるな」ってね(笑)


認知も日々進行中。胃ろうチューブ設置。車椅子。。。やりがい大いにあり。おほほほ。。。


さて、どういう展開になりますやら。



2006年05月18日 (木) | 編集 |

雨模様。


昼尚暗いから眠気が・・・


「そこどけ」


目が覚めたら目の前にジュサ坊が香箱組んでる。


はいはい・・・丁度お昼か。メシくお~っと。


薫がキッチンへ行っている隙に。。。


CIMG0613.jpg
CIMG0614.jpg
CIMG0615.jpg
CIMG0616.jpg


同居人、どこに座ればいいんでしょ?


2006年05月17日 (水) | 編集 |

夜勤明けで久々に2連公休のためか興奮気味の薫。


昨夜からずっとパソ浸り。溜まってたメールへ返事を書いたり、ちょっと気になってたことで猫友さんにメールを書いたり、里親募集中の子猫のお世話をしているmoomamaにも何通もメール書いたり、猫馬鹿サイトを巡回したり・・・気が付けば外が明るくなってた(^_^;)


メールでチャット状態になってしまったある猫友さんから「これじゃ今日も夜勤みたいじゃありませんか」と笑われてしまった。ホントだよね~。夜勤2連荘だわ。


生憎の天気ということもあり、明け方からベッドに潜り込んでも陽射しが邪魔せずぐっすり。昼過ぎまで爆睡。


むっくり起き上がり食事を済ませ、ま~たパソの前。だって~、久し振りなんだもん。パソ中毒じゃないもんね~。書きかけのメールを完成し送信。


電話が鳴った。moomamaからだった。ちょっと声が枯れてるけど相変らず元気そう。子猫たちのことやmooちゃんのこと、沢山話しました。どこまでも大人で前向きな人だ。そこがたまらなく好きです。また直接会ってmooカイチョ~のこと、千太のこと沢山話したいね。是非また会いに行くよ。


気が付けば2時間近く話し込んでました。


それから中々お邪魔できずにいた気になるサイトを回って、お手紙書いて。入院中だった猫さんたちも無事退院しててとても元気にしているとお返事も頂きホッと一安心。


この季節は天気が変わりやすく老猫さんや病気の猫さん、生まれたての子猫たちには辛いと思う。でも徐々に暖かくなるのが救いです。みんなここを乗り切ったらきっと元気になるからね。踏ん張れ!


moomamaや千太組の常連さん方から猫の悲惨なニュースを聞いた。ネット新聞で検索し確認。いるんだよね~、こういう方が。以前にもある猫ボラさんから同じような行動をされる方のことを聞いたことがある。中傷したり非難したりするのは容易いけど、これってそういう範疇の問題じゃないと思うのです。いわゆる病気ですよ。メンタル的なね。1匹じゃ寂しいからとどんどん増やしていくけど満ち足りないんじゃないのでしょうかね。行政も不動産業者の方も後処理大変だと思うのですが、こうなる前になんとかならなかったんでしょうかね~。っていうか立ち退き勧告したんだから出て行って当然ですよ。立ち退かせる前に誰もそのお宅へ踏み込まなかったんでしょうかね~。ご近所付き合いが死語になりつつある昨今。似たようなトピックスでごみ屋敷とか巷のニュースでちょくちょく取り上げてますけど、ちょっと考えたらこれらのニュース、どれもこれもなんか変じゃないですか?隣人の顔も知らない話したこともないというのが当たり前になりつつあるんですね。恐い世の中ですよ。


猫馬鹿集会やりつつ親交を深め、「そういえば最近○○さんの姿見ないね。メールしても返事が来ない。そういえば掲示板にも書き込みないし。ちょっと電話してみようか」と活発に情報交換し合う猫馬鹿界。ここにいる限り薫の孤独死は免れそう(自爆)


2006年05月16日 (火) | 編集 |

夜勤明け。


帰宅し用事を済ませ爆睡。目覚めたのは夕方。


カップラーメンをすすりながらパソに向かう。


驚愕w(☆o◎)wガーン


ちょっと今日は頭に血が上って冷静になれません。


心も脳ミソも五月蝿いくらいにザワザワ騒ぎ、ここで一言口走ったら途方もないほど暴走しそうなんで、今夜は何も書かずに大人しくしてます。ってもうある方にはメールで暴言吐いちまったし(^。^;)


ずっと以前から「ある事」に関して深く考えることあり。


いつかそのことについて第三者的観点に立って書きたいと思います。


とりあえず今日は無言。


2006年05月14日 (日) | 編集 |

「●●さん、急なんだけど明日から19日まで、私のシフト代わって貰ってもいい?」


遅番の今日、職場に到着するや否や介護主任から呼び止められる。


「はい、いいですよ」


主任のシフトは夜勤、夜勤明け。2日間の公休。そして早番。


「でね、もうひとつ。これも急なんだけど月末の○○さんのシフトを●●さんと交替させて欲しいの」


「はい、喜んで」


○○さんのシフトは早番、日勤、日勤。1日の公休。


「で、もしもう1日労働を増やしたいならリクエストに応じるけど(笑)」


「だったら月末の公休を日勤にしちゃうのどうでしょ?」


「え?マジで?辛いよ?」


「(笑)やってみまふ」


「(笑)じゃ、考えとく。ありがとね」


5月はスタッフが長期休暇を取るため人手不足。シフトのやりくりが困難である。こういうときが稼ぎ時。といっても公休9日間というのが鉄則。表向きはね。でもどうしようもないことあるもんですよ。在宅の時も同じようなことありました。あの頃はまだまだ体がおっつかなかったけど、今はだいぶ慣れてきたこともあり、勤務を1日増やしてもやれないことはないと思うのです。


それにここで恩を売ってると後々つぶしが利くんでね(笑)


まずは19日から24日までの6日間ぶっ通し勤務ロードをやり抜くぞ。早、早、日、遅、夜、明・・・ほほほほ。痺れるぜ~い。究極の耐久レース。癖になりそう。


シフト変更確認。もう一度、主任に確認しておこう。思い込みが激しい薫。聞き間違いで思わぬ所に落とし穴がある・・・かもしれないから。


2006年05月13日 (土) | 編集 |

職場で私が担当しているフロアは本入居の方より体験入居の方の数が多い。色々な方がいらっしゃっては去ってゆく。


殆どは自立や軽度の認知症の方なのだが、たまに徘徊など介護度が重い方がいらっしゃる。


その中で先日から入居された方で全盲で認知の方をお世話することになった。今までの経験ではクリアだが全盲の方、見えるが認知の方はいらっしゃったが全く見えず、その上に認知の方は今回が始めてだ。


どんなにか不安だろう。どんなにか不自由だろう。悔しいだろう。寂しいだろう。対人関係に恐怖が付きまとうに違いない。


想像以上に困難な介護。家族も疲労困憊。たまに息抜きしたくて施設へ託す。


朝から大変。ご気分がいいときはスンナリといくのだが、少しでもご機嫌が悪いと着換えひとつに優に2時間半はかかる。無理矢理着換えさせようとすると、90近い年齢のどこにこんな力が?というほどの怪力で応戦する。


こういう場合はどうするか。


薫が考案した方法は「多重人格操縦法」つまり、介護人が俳優になるのだ。以前「介護は俳優業」と教わった。恥ずかしがらず思い切り演じるのだ。勿論そこには「愛」がなければならない。これ基本。在宅で重度の認知症の方とのお付き合いの中で編み出した。


根っからの介護職タイプ役、娘役、孫役、秘書役、息子役、亭主役、猛獣使い役、S・女王様役、M・召使役、母親役、父親役、通りすがりの通行人役などなど、考え付くままにどんどん試していく。その内に、ぴったり当てはまる役に行き着き、それまで鬼の様な面相で抵抗し、梃子でも動かなかった方が途端に笑顔になり、トイレで用を足し、着換えし、歯を磨き、顔を洗い、食卓に着き、食事を始めるから不思議だ。


本来なら施設介護の場合、お一人の方に何時間もお付き合いすることはやってはならないのだが、ありがたいことにこの施設、お一人でもお客様を確保するために必死なので、こういう「高度介護」が必要な方に対する場合は多目に見てくれる。特に今日、この2時間半の格闘の末、4日間排便がなかったこのお方に排便があったことで拍手までいただいた薫である。


どの役柄で演じる時も忘れてならないのが手にそっと触れること。私の体温を相手に感じてもらうのだ。お年寄りの体温は低い。冷たい手をなさっている。私ら若輩者でも体温だけは高い。彼らの手に触れると100%笑顔が返ってくる。気持ちいい。ホッとする。そんな言葉が返ってくる。だから私ら手の温度だけには気を使う。水仕事を終えてすぐの時には、お湯で温めたりして必ず冷たい手で接することのないよう心がける。


「●●さん、在宅の時に吸痰ってやったことある?」


今日、介護主任から尋ねられた。吸痰は医療行為でヘルパーはやってはならない禁止行為だ。やれるのは看護師と家族のみ。


しかし、そうはいっても緊急時にはヘルパーだってやらなければならないときがある。先輩ヘルパーの中にも禁止行為とわかっていても家族から頼まれてやっていた方が一握りだがいた。だが、幸か不幸か私は今までそのような場面にぶち当たったことがない。


そう伝えると「そうよね~。でも新しい介護法に改正されてからどれくらいの範囲かわからないけど吸痰も介護で実施可能になったと聞いてるの。それにこれからお迎えする入居者の中に吸痰が必要な方がいらっしゃるし。勉強しておいて損はないわ」


本当にそうだ。勉強しておいて損はない。知識が増えて困ることなど皆無。是非とも講習を受けたいと申し出る。


介護は日々勉強。お世話させていただく方々から多くのことを学ばせていただいている。ありがたいことです。


***


それにしても薫が介護施設勤務になってからというもの、猫馬鹿集会へ参加することが困難になっている。今日も丸の内のおしゃれな場所で皆さん集まって楽しい時間を過ごされた模様。羨ましい。しかしだな・・・知らないうちにこのところの猫馬鹿話の内容があらぬ方向に流れて行ってる気がする(大汗)あまりにも面白すぎる。けど真面目実直な薫には付いてゆけないかも(笑)


2006年05月11日 (木) | 編集 |

今日もハッキリしないお天気ですね~。


5月過ぎてから再びお腹になめ傷を作ったジュサ坊。
あっと言う間に
昨年と同じ。見る見るうちにハゲ拡大。
これって何?
もしかして昨年のが残ってたとか?
いや、昨年秋に綺麗に治った。
じゃ、これって一体なに?
真菌とかアレルギーとか面倒くさい代物じゃないよね?


頭がグルグルしてきた・・・


パソに向かっているとmsnのメンバー表示が点滅。


「とま☆彡さんがサインインしました」


やった~。
丁度いいや(笑)このところどうしているか気になってたし、
挨拶ついでに相談してみよう。


メッセするの久し振りだな~。
近況報告しあって、先方からジュサ坊のこと聞いてくれたので、
これ幸いと(爆爆)症状を話す。


「真菌だとしたら普通の抗生剤じゃ効果ないよ」


「うちのセンセったら自然治癒力と免疫力で治すのが基本だから・・・」


「菌はそれじゃ治らん!特別な抗生剤じゃなきゃ繰り返すよ」


「だよね~」


「うん」


「特別な抗生剤よこせ~、ゴルァ~とすごむか・・・
それとも今回だけ別の病院で看てもらうか・・・
やっぱ20年以上の付き合いだから
最初のチャンスはセンセに与えるよ」


「頑張れ」


「じゃ、善は急げだ。今から行って来る」


「はや!」


「休みは今日1日だけだから急がなきゃ」


「ジャ、行っといで」


「行ってきま~~す」


***


「モシモシ、センセ?
ジュサ坊が去年と同じ時期に同じ場所に同じ症状が出てるの。
これってもしかしてカビとかじゃない?
それか昨年のが治りきってなかったとか」


「ま、可能性はないことはないけど?」


「じゃ、今から行くから」


イジイジぐるぐるしてたのが嘘みたい。
とま☆彡さんとのメッセの途中から何かを察し
ベッドの下へもぐりこんでいたが、
「痒いのいやでしょ?辛いのはお前なんだぞ。早く治そう」
説得する私の言葉に覚悟を決めて大人しくなったジュサ坊を
リュックに詰め込み自転車ふん転がして病院へ。


DSCN1603.jpg
「あ、これはカビでもないし、アレルギーでもない。
季節の病。昨年と同じ、細菌性皮膚炎だ。エリカラ付けた方がいいなぁ」


DSCN1607.jpgDSCN1661.jpg
DSCN1686.jpgDSCN1666.jpg
「あれ付けても舐めたのよ、昨年。
で、最高半径30cmまで縁延ばしたけど無駄だった。
だから2人で相談して外しちゃったじゃん」


「あ、そうだっけ?んじゃ抗生剤と塗り薬・・・
塗り薬はまだ残ってるよね。あれ使って」


「んでさ、これって予防策は?」


「清潔に保つこと」


「清潔にしてるよ。他の連中は全然平気だもん。
やっぱりなりやすい体質ってあるのかな?」


「体質は関係ない。体質だったら季節など関係なく
しょっちゅう出るはずだからな」


「んじゃ、何で寿三郎だけ?」


「そういう風になりやすい季節だから」


「・・・」


「シャンプーはするな。ハゲが広がる危険性あるから」


「へ~い」


お腹を綺麗にバリカンで剃られたジュサ坊は、
帰宅途中一度も鳴かず大人しくしてた。


さ~て完治するまでにま~た半年かかるのか?
じめじめしたこの季節、皆様のお宅のニャンコさんも
くれぐれもお気をつけて。


とま☆彡さん、話せてよかったよ。色々な情報ありがとう。


猫仲間ってホントありがたい!


***


そういえば帰りがけに看護師のウメちゃんと話したんだけど、
今年もそろそろベビーブーム到来している様子。

つい最近も
純血種の♀が飼い主がちょっと目を離した隙に脱出し、
野良ちゃんの子を妊娠して帰宅したそうだ。
帝王切開で無事子猫出産したそうです。
飼い主さん、半べそだったらしい。お気持ちお察しいたします。


周囲でもちらほら新しい出会いのご報告が。
心よりお喜び申し上げます。
幸せになってね。


2006年05月10日 (水) | 編集 |

初夏にちなんでちょっと早めではありますが「月夜に蛍」飛ばします。


the bluemoonでは流星とUFO。


lunaでは桜吹雪&月を右端にドラッグして桜木出現。


そして今回のfirefly-moonでは。。。。
お楽しみ、今回のオマケはですねー。
ピンクのお月様テンプレから格段の進歩。
お月様を左右にドラッグすると・・・?

そして極めつけ!ナントびっくり!
“七色蛍”なるものがたま~に登場しますっ。

ボ~~ッとした淡い光がゆっくり七色に変わる蛍を見れたあなた!


きっと良いコトあるよ! 


ちなみに薫は既に見ちゃいました!


あ、お色直しついでに薫のメアドを「プロフィール」に追加しましたので、どうぞご利用ください。


2006年05月10日 (水) | 編集 |

無事勤めを果たし、夜勤明け帰宅でございます。



皆様、昨日のブログでは久々の登場ではありましたが、うちの野郎共に黄色い嬌声を上げていただいた上、いっぱい褒めていただきありがとうございました。


疲れがいっぺんに吹き飛んじゃうほど嬉しいかったです。


我らがmooちゃんのお話には、連日300を優に越える心優しい方たちが事務所を訪れてくださいました。さすが猫馬鹿界のカリスマ、と感慨ひとしおでございました。


moomama&mooカイチョ~、そしてすべての猫馬鹿さん。
ずっとむかし。千太と出会い、彼が脱皮するよりずっとず~~~っとむかしから、そう、幼い頃からず~~~っと。薫は縁あって共に暮らした何十匹、何十羽という尊い命を、毒、病気、怪我、医療の地域格差、ヤブ医者、不注意、親の命令、不条理、家出、自然の摂理、弱肉強食などなど様々な理由により、満足いくまで命を永らえさせ、守り育てることが1度たりとも出来ないでいました。別れはいつも大泣き。苦渋に満ちた心、死にそうなくらい辛い後悔と嘆きと無力感・・・苦い涙。そして・・・「ごめんなさい」


そのことがトラウマになり、やがて「私に出会い、共に生活する命は必ず若死にする。私は殺人はしなくとも、最低な動物殺しだ」と信じ込むようになっていました。結果、15年以上、私は動物と触れ合うことを避け続けました。


それなのに・・・東京で一人暮らしを始め、社会人となったある日。忘れもしない1985年5月6日。1匹の茶トラとの運命的な出会いが待っていたのです。


半世紀の長きに渡り、病を得たとはいえ薫の傍で見事大往生してくれた、天晴れ!と声高に宣言できるのは千太郎ただ1匹だけです。母猫が己の命を掛けて産み落とし、私に託した小さな命。こいつだけは死なせない。死ぬとしたら老衰のみ。今まで命半ばで死なせてしまった多くの命よ、約束します。この命だけは絶対に最後まで全うさせます。必ず笑って看取ってやる。そんな使命感に駆られ必死こいた19年8ヶ月でした。老衰ではなかったけれど約束通り、薫は千太を笑って看取りました。


約30年間付きまとった「動物殺し」のトラウマは、千太が、そして百寿幸染六が綺麗サッパリ消してくれました。


まだ千太郎が小さくて若くて元気一杯だった頃、常日頃思い描いていることを一編のポエムにしたためました。小さな命を悲しむより、周囲もこっぱずかしいくらいにのろ気て、笑って、これでもかというくらい褒め称えましょうっていう内容です。今までも事あるごとにお披露目させていただいてましたからご存知の方もいらっしゃるでしょう。


ま、これが薫の原点、『千太組』の人生訓、野郎共と薫の生活の礎となっていると言っても過言ではありません。薫がいつもいつもヘラヘラ笑っていることに、もし興味がおありでしたらカテゴリー「小さな命」からお入りください。


さて昨日、出勤前の慌しい時間に思いがけず久々の5ショットが手に入ったので慌てて日誌をUP。今朝帰宅してふとカウンターを見たところ、な、なんと昨日だけで260件以上のヒットではありませんか!


はぁ~、当たり前のことながら皆様。あなた方って相当な猫馬鹿さんなのですねぇ~、と思わずニヤリ(笑)


CIMG0598.jpgほれ、そこのあなた、そうそうあなたですよ。


CIMG0591.jpgあなた、


CIMG0611.jpgよっぽどうちの野郎共に


CIMG0586.jpg飢えて


CIMG0583.jpgらっしゃったのね~(笑)



2006年05月09日 (火) | 編集 |

昨日の留守の間に届いた親父様からの荷物。今日無事に再配達完了。あるわ、あるわ・・・合計8個。


昨年9月に実家へ帰るため、野郎共に必要な餌やヒーター、トイレや猫砂などをこちらで購入し、どっと送りつけたもの。だが、諸事情によりこちらに留まることになったため改めて送り返してもらう筈だったが、父の入院などドタバタしてた分、大分遅れてしまった・・・。


1番笑ったのが冬場のためのヒーター、そして染六の離乳食。今じゃ染が9ヶ月、六が8ヶ月だもんな~。あの染六騒動から既に8ヶ月程経過しているってことか・・・。感無量だな。


ヒーターは腐らないしこれから先、使用するのでいいとして、離乳食段ボール1箱分をどうするか。


そりゃ決まってるでしょ!猫ボラさんへ寄付するのよ。


今日は夕方出勤だから・・・すぐさま宅配業者へ連絡。午後2時ごろに引き取りに来て貰うことにする。


さ~て、親父様と母は全部送ってくれたかな?注文履歴と照らし合わせてみると・・・


やっぱりね~(笑)


ほぼ全部送り返してくれている。が、ただひとつだけ抜けている。ペットヒーター2個と猫餌試供品と猫砂試供品1纏めが抜けてる。すぐさま熊本へ連絡。親父様たちも気付いていたらしい。送り返したあと、ヒト箱だけ別の部屋にポツンと残っていたとさ。腐るものじゃないけど、早めに送ってね~


寄付するもの以外をやっとこさ段ボール箱全部開けて中味を収納。猫の食事や猫砂は大いに助かる。


が、昨日片付けたばかりなのに、ま~た廃棄する段ボールの山だよ(ToT)


*今日の野郎猫=久々の5ショット!寿幸は眠りこけてたけど、百染六はカメラを向けた途端にカメラ目線(笑)百、君も中々若いじゃん♪どうですか?チビ六なんてもう言えなくなったでしょ?染はとうとう百を追い越した模様。野郎イチのデカ猫。これで染六が幸四郎’s段ボールトンネル(今じゃ猫またぎ)を目出度く卒業したこと、わかっていただけるかしら?


CIMG0597.jpgCIMG0588.jpgCIMG0594.jpg
CIMG0593.jpgCIMG0578.jpgCIMG0602.jpg
CIMG0608.jpgCIMG0590.jpgCIMG0604.jpg


2006年05月08日 (月) | 編集 |

明日と明後日は夜勤&夜勤明け。


遅番の今日の内に資源ごみ片付けなきゃ。猫と暮らしてると缶詰と段ボールがあっと言う間に山積み状態。特に段ボール箱のなんと多いことよ。ま、そのお陰でジュサ坊や染六の育児箱に困らなかったんだけどさ(笑)


ガムテープでグルグル巻きにして一纏めにして集積所へ。缶詰や缶麦酒もドッと捨てて、部屋の中も押し入れもやっとこさすっきり。少しは人間の住む場所になったわ・・・。


今回、我が家にお越しいただいた猫馬鹿さん方にはお馴染みの、幸四郎のお婿入り道具として元親さんが持参してくれた長細い筒状の段ボールも捨てることにした。もう誰も遊ばないから。図体がでかくなってしまったから、かくれんぼも出来なくなってしまった。嬉しいやら寂しいやら。これでまたひとつ大人になったね~、みんな。


筒状のものも含め、リビングに散在していた段ボール箱も全部捨てることにした。


どうせまた新しい箱が次々に増えるんだから。


そう、まずは熊本の親父様から猫のえさを始めとする荷物がすでに配送されている。今日、留守の間に業者さんが届けに来てくれたらしい。不在票が郵便受けに入っていた。


「お預かり荷物は計8口です」


・・・大荷物が8個か。。。。くぁ~痺れるぜ。明日の出勤は夕方だから、午前中に届けてもらうように手配する。


恐らく先回頼んだ物しか送り返して来てない筈だ。送り返して欲しいリストに入れ忘れたトイレシートはまだ熊本に残ってるはず。ま、それなら次回送ってもらおう。


それにしても最近の我が家。すんごく汚い。掃除するだけじゃ駄目だわ。毎日こまめに整理整頓してないからなぁ。とほほ。


2006年05月06日 (土) | 編集 |

今日は蒸し暑かったですね。


早番だったので4時起きでしたが、昨夜眠ったのは今日1時過ぎ。色々とあってね~。様々な用件で色々な方々にメールしてたら・・・気が付いたら日付が変わっていた。でもしっかり短時間爆睡できたので目覚めは4時でおっけ♪まだまだこの仕事に飽きてないようだな、ぢぶん(^^ゞ


早番って起床は早いけど、終わるのも夕方4時と早いのでね、凄く楽。明日のお弁当のおかずと今日の夕飯の材料を買って帰宅。携帯をチェックすると留守電あり。誰?


「あ・・・・え?・・・いないらしい・・・は?・・・ボソボソ・・・ガチャ!」


はい、親父様でした。パソコンどころか電話の留守電メッセージも苦手らしい。緊張してるよね、親父様。すぐに電話したら昨夜頼んだ実家に運んだ猫用品の返送、すでに発送したそうだ。やればできるじゃん!ヘルパーさんに助けてもらったって。よかったね。


我が両親、この数年間、自分から電話してくることが皆無だった。ところが昨日、無事帰宅したことを連絡してきた。これには驚いたのよ。何があったの?今日も率先して携帯に留守電メッセ残そうとしてる。ポジティヴじゃん♪嬉しいな~。そうそう、そうやって社交的に。社会と繋がっていようね。宅配便の手配もできたし。いいことだ。


できることは手伝わずなんでも頼もう。どんなにのろくても手出し無用。これが介護の鉄則。親不孝は最高の親孝行。これが薫のポリシー。親不孝して心配かけてストレス感じてもらって、こいつは頼りにならん、役に立たんと思い込ませ、何でも自分でやるよう仕向けるのです。これって親の自立に効果抜群ですよ。


2006年05月05日 (金) | 編集 |

5月5日は亀田の日。


今夜はテレビの前に釘付け。


本当は有明コロシアムに試合観戦に行きたかったよ。


浪速乃闘拳と浪速乃弁慶が予告通りのKO勝ちですっ!


すげぇ~、かっこいい!!


いい顔してましたね~。可愛いなぁ~♪


あんな息子が欲しい(笑)あんなお父ちゃん欲しい。


いや、興毅君みたいな兄ちゃんが欲しかった(ToT)


気分いい。



あ、4月20日に退院予定ながら誤嚥性肺炎で退院が延びていた父とその間施設入所していた母が無事、2日に帰宅いたしました。今さっき電話がありました。やれやれです。向こうに帰るために送った猫のえさ、猫トイレ、猫砂、猫ヒーターを宅配便で送り返すようお願いしました。ヘルパーさんの協力で何とか普通の生活を送ってくれるよう、これもまたリハビリだと思って(笑)


20060504_05.jpgミケさんが描いて下さった新作。彼女の色使いって不思議。ヤッパ好きっ!!


2006年05月04日 (木) | 編集 |

今日と明日は公休日。


今朝10時、mooちゃんとmoomamaに会いにお宅にお邪魔してまいりました。moomamaはやつれてはいたけど大丈夫。どこまでも前向きな女性ですから。思い切り泣いたらきっとすっくと立ち上がりますから。


mooカイチョ~、トレードマークのつぶらな瞳そのままに、可愛いお顔、笑顔で静かに眠っていました。そして驚くべきことにお耳も足も肉球も尻尾もクタクタに柔らかいのです。脱皮後のズタボロ千太と全く違って、瑞々しく生きてました。


尻尾に触れた瞬間、ピクピクと動くのを感じます。いや、嘘じゃなく。


そしてあの左顔面にあったはずの腫瘍が・・・姿かたちもなくすっきり消えてました。moomamaに教えてもらい下顎の辺りに触れ、わずかばかりのしこりが在るのを確かめましたが、それ以外はとっても綺麗。今にも瞬きして動き出しそうな・・・。本当に、本当に綺麗でした。


脱水などなかったかのようにツヤツヤとした毛並み。千太と違って肉付きもいいし。だからこそ癌て病気の恐ろしさ、強烈さを痛烈に思い知りました。


言っても仕方ないけどあの腫瘍さえなければ・・・腎不全と馬尾症候群だけだったら、きっともっともっと生きていたに違いない。お口の調子が悪く、患部を歯で刺激し続け、そこが悪性腫瘍に変化し・・・恐らくはそういうことで寿命を縮める結果になったのだろう。


眠っているカイチョ~のお鼻からは、未だに膿が・・・。でもそのお陰で腫れが引いているんだろうね。綺麗だ~。


フォトジェニックなカイチョ~は、眠りについてもカメラ目線。流石です。


私が一番乗りだったけど、beesanさん、れこりんさん、Mintmama!,こだまさんが次々と弔問にいらっしゃり、カイチョ~主催の即席ミニオフ会状態。皆で泣き笑い。ただひたすらにカイチョ~とmoomamaに最敬礼。


お昼近くには福島のご実家からグランマが。とても美人な素敵なマダム。優しい猫馬鹿先輩(笑)カイチョ~の荼毘にはmoomamaファミリー全員集合なさるそう。凄すぎ!!mooちゃん、君はなんて幸せなニャンコなんだろう。


なんだかこのままだとズルズル荼毘にも付いて行きそう・・・でもカイチョ~には大好きなファミリーが付いてるもんね。名残惜しいけどやっぱり帰らなきゃ。カイチョ~を囲み、皆で写真を撮ったあとmoomama宅を後にし、皆で駅前の喫茶店で猫馬鹿話に花を咲かせお茶しました。夕方4時前、カイチョ~の旅立ち近く。再会を約束し散会しました。楽しかったです。moomama&カイチョ~、楽しいひと時をありがとう。皆に会わせてくれてありがとう。


また会おうぜ!!


あ、moomamaにもお断わりしましたが、カイチョ~指令の手向けの花一厘、我が事務所では飾らないことにしました。その代わり、手向けの酒盛り催してます。酒呑童子@moomama一家にちなみ、花を飾らず鼻を紅く染めカイチョ~を讃えます。


2006年05月03日 (水) | 編集 |

20mooa.jpg我らが老猫会会長、mooちゃん@moomamaがお星様になりました。


千太郎と百次郎が会員になって以来、陰になり日向になり叱咤激励してくれたmoomamaの掛け替えのない命は、永遠の灯火となり彼女とご主人をこれからもずっと見守り続けることでしょう。


20歳と3ヶ月。20歳の成人式を迎えた辺りから、体調が急変。口腔内腫瘍。腎不全、そして馬尾症候群と闘ってはいたものの、驚くほど素晴らしい検査結果をはじき出していたカイチョ~。このままの調子でいけると思ってた矢先の思いがけない発病。


moomama、どんなにか心乱れたことでしょう。


でも彼女はmooちゃんと一緒に頑張り続けました。


不治の病と知りながらも果敢に攻めたmooちゃんの闘志に触発されたmoomama、そして20歳とは思えない可愛いお顔でありながら、最後までまったく重病と思えない飄々としたカイチョ~の猛女ぶりに、私らがどれだけ勇気を貰ったことか・・・完璧な二人三脚、あうんの呼吸でmoomamaとカイチョ~は生き続けました。天晴れです。


だからお悔やみの言葉は言いません。言える訳がない!


ただただ「ありがとう」そして「頑張ったね。偉いぞ」


お疲れ様でした。今はゆっくり休んでください。


moomama、思い残すことはないね。今、この時。カイチョ~のお顔はきっと最後までやり遂げた達成感と充実感に満たされていることでしょう。そしてmoomama、moopapaのお顔もきっとカイチョ~そっくりのいいお顔のはず。


さて我が家同様、再会の日はそう遠いことではないような気がするので、今からその日がとても楽しみです。


mooちゃん、すぐまた会えるね。


moomamaとmoopapa、そしてナインライヴス・転生mooちゃん。さ~て今度はどんな出会い方をするんでしょう♪ワクワク~。


迷惑とは知りつつもmoomamaに連絡。気丈なmoomama。涙声ではありましたが。千太の荼毘に参列してくれたmoomama。荼毘には参列できないけど、明日、カイチョ~に会いに行かせてもらうね。


2006年05月02日 (火) | 編集 |

最近変なことが起きてる。とても困っています。


「Active Xコントロールを有効にしますか?」


Wにゃんさん宅の可愛いニャンコさんの動画を見ようとしてページを開こうとすると↑のスクリプトが出るのでOKをクリックすると、ブラウザごとブロックされ強制終了されてしまいます。「快適●せいかつ」など特定のネット販売サイトに入ろうとしても同じ症状になります。


以前はこんなことまったくなかったのに。


どうもMSの更新プログラムとの相性が悪いらしい。


これについて、詳しく教えていただける方いらっしゃいませんでしょうか。以前通りに画像が見られるようにするにはどうすればいいのでしょう。


2006年05月01日 (月) | 編集 |

今日から5月。巷はGW突入なのですね。私らヘルパーには全く関係ないけど(笑)どうも5月から私の担当する1Fにはドッと入居者が増えるような気配。ま、いいか。


しかしその中に先日入居者様のお散歩の途中でばったり遭った『癒しの水曜日』のご家族、あのお婆様の名前が・・・もしかしてあたしと出遭ったことがきっかけで?もしもそうなら嬉しいけど。


2回目の夜勤明け。昨日夕方出社時に着ていた厚めのジャケットやカーディガンなんて着て帰れないほど。眩しい陽射しに目を細めながら帰宅。


早速今年初めてのエアコンを28℃のドライモード。


自宅に残っていた山羊ミルクご希望の方へ郵便局から小包発送。留守中に届いたらしい荷物の再発送依頼、猫トイレ掃除、食器洗い、シャワーを浴びてブログにレスを書いて就寝。夕方目が覚め夕食。ん?もしかして再発送お願いした荷物届けてくれた時、ま~だあたし爆睡中だった?ま、いいか。


いや、気のせいだったらしく●ムスン本社からの健康保険証と雇用保険証再発送分が、今しがた無事届きました。


1回目の夜勤明けは使い物にならないほど体がクタクタだったが、2回目の今回は以前より回復が早いような気がする。こうやって慣れていくのかしら?


さて、ジュサ坊の舐め傷ハゲ。やっぱり広がってる。しかし、軟膏だけ塗らせてもらおうとトライしたが脱兎のごとく逃げ回り埒が明かない。ま、いいや。


あ~、アイスクリーム食べたい・・・