薫の野郎猫的日常
2013年04月26日 (金) | 編集 |
大当たり!!

と言っても、嬉しいニュースじゃないのです!

【要チェック!!】4月22日付YKエンタープライズ社からのお知らせ
http://www.ykenterprise.co.jp/20130422.pdf

☆ペットフード事件簿blog
http://petfoods.blog99.fc2.com/blog-entry-194.html

今年3月に発生したナチュラペットプロダクト製フードのサルモネラ菌汚染。
残念乍らリコール該当商品がキャットーフードにまで拡大しております!
☆日本へ販売された製品も対象。(イノーバ、EVO、カリフォルニアナチュラル、ヘルスワイズ、カルマ)

2月に買った在庫のカリフォルニアナチュラルを早速チェックしました所、
ななな、なんとぉ!2箱だけ該当商品がありました!
ギリギリセーフ!
まだ食べさせていなかった。(1箱開封して与えたけど、それはJANコードが該当していても、賞味期限が該当していなかった)

まずYKエンタープライズに電話しダブルチェック⇒やはり該当商品だったので、購入した店舗に電話⇒「着払い」にて返送手続きに入ります。

YKエンタープライズによると、JANコードは該当していても、賞味期限が該当しなければリコール対象外とのことでした。 (我が家にはこの手のギリギリセーフ該当フードが大量に保管・備蓄されてます(;´▽`A``)

販売店舗担当によると、フード交換ではなく代金返金対応とのことです。

お宅にはありませんか?

該当フードがあるならば、ぜひチェックしてくださいね!


2012年02月28日 (火) | 編集 |
img55983693.jpg 
発売元:ジープラン株式会社
http://www.g-plan-kanda.co.jp/item1-2.html

原材料と成分:
原材料(1包2gあたり)
★栄養成分(1包2gあたり)
ビール酵母,フィッシュコラーゲン,デキストリン,微粒二酸化ケイ素,シャンピニオンエキスパウダー,チキンエキスパウダー★エネルギー7.38kcal,蛋白質1.02g,脂質0.06g,炭水化物0.70g,Na9.80mg

★注
標準給与量=猫:2包/日
猫飼いさんのブログや情報、当商品販売ネットショップで栄養成分に関し、上記と異なる数値が記載されていることがありますが、商品のパッケージ記載の栄養成分にて確認。上記の情報が正確な情報です。

午前中に到着しましたが既に朝食を済ませた後でしたので2号カプセルに入れて1包の3分の1を六輔に今しがた飲ませました。1包(2グラム)を2号カプセルに入れると6~8個になります。

このサプリを試された方はすでにご存知の通り、1回服用量が多すぎると嘔吐する猫がいますので、最初は少量ずつ飲ませて様子観察し徐々に増量していただくのが良いかと存じます。

猫の体の大きさによっても1日の給与量を加減する必要があるかもしれません。

ゴミ箱に入れたシャンペットプロの空袋に幸四郎が強烈に反応!クンカクンカ(笑)またたびでもはいってるのかい?(笑)お前たちにも今日の夕飯からた~~~っぷり入れてやるからな~♫楽しみに待ってろよ(#^.^#)

※追記=六輔はとうとうシリンジ給水を完全拒否し始めた模様。無理に飲ませるとえずき始める始末。このまま続けたらいつか吐き戻しそうな勢い。これ以上は無理できませんわ~(=;ェ;=) シクシク これでシャンペットがうまくいかなければ輸液生活に入るしか術なし。 もぉ~~~っ、六の頑固者がぁっε=(=`・´=) プンスカプン! シャンペットプロさん、どうぞいいお仕事してください(*・人・*) オ・ネ・ガ・イ♪

2012年02月26日 (日) | 編集 |
六輔。

水飲みは相変らずシリンジ給水しないとなりませんが、食事は自発的に摂るようになりましたので、水分補給増進のため一般食のスープタイプをぬるま湯で1:1に希釈し与えてみました。

口にしたのは幸七のみ。

他はにおいを嗅いだだけで砂掛け(爆)

ターゲットの六も激しくかぶりを振るのみ。

気のせいか眉間にしわを寄せ「オエッ」といった表情だったような。。。

そして、寿染と一緒にいつもの食事のNBを平らげ満足げ。

だめだこりゃ~(笑)

六が駄目ならこれ以上、試す必要を感じません。

ま、いいっか~。

NB食べてくれるなら。

お試し食を送ってくださった皆様、こういう結果でございました。

申し訳ございません<m(__)m>


2011年01月21日 (金) | 編集 |
ロイカナの消化器サポート(可溶性繊維)

個体差があるから一概には言えないけど、

数ヶ月単位で長期に渡りこればかり与えてると

ゲロリンし始める野郎もいるので暫く控えていたが、

七海のこともあって久々に登場♪

便コントロールが絶対的に必要な七海だけはこれとAZ缶詰をミックスしたもののみ、

他の連中は個々に与えている食餌に少量ずつ混ぜたり、

おやつや夜食にこれだけ少量与えたり

その時々に応じて臨機応変に対応してます。

そうすると・・・

与え始めたその日からウンチの形態と量が激変いたします。

無断掲載でありますが、

消化器サポート(可溶性繊維)をトライした猫友さんのお宅のニャンコさんのブツをご紹介いたします。

興味がある方は ここ をクリック♪ 

その方のブログの記事に飛びます。








いかがでしたか?

なかなか・・・すごいでしょ?(笑)

こんなのが毎回ズルンとお出ましになるのですよ~。


兄ちゃんずも七海も

ズルン、ズルンと快調なり♪


緩い便を程よく固める便コントロール、

ヘアボール対策、

便秘対策、

腸内の宿便をお掃除するデトックスなど

必要に応じて定期的に与える食餌としても有効。


内臓疾患などで食事制限があるなど病気の子に与えるにあたって先生に相談した所、

ジュサ坊のような軽度の腎不全の猫でも、

1日に1回おやつや夜食程度に制限して与えるなど、

給餌量さえ加減すれば継続して与えることが可能です。


病気の猫さんに与えたいと考えてらっしゃる方は、

トライする前に必ず、

担当の獣医さんに相談してからにしてくださいね。

2010年11月23日 (火) | 編集 |
野郎共は全員、快便ではあるが少々便が硬い。

毛玉も腸内に溜まりがち。

もう少し水分たっぷり目の便になって腸内のお掃除もついでにやっつけてくれる食事は?

そこで思い出した。

「便秘は言うに及ばず、緩めの便を理想的な硬さにしてくれる優れものがあるんですよ」

百次郎の便が水様便になった時、先生が教えてくれた療法食の事を。

ロイヤルカナン「消化器サポート(可溶性繊維)」

以前からある「消化器サポート」ではなく、最近新しく発売された方の商品です。

お間違いないように!ラベルに「可溶性繊維」と表記してあるほうの商品です。

マンナンとかみたく、水に溶ける繊維質なので腸内でふやけて便を柔らかくして出やすくします。

百次郎のために400グラム購入してあったのを試してみることにした。

試すんなら寿幸染六全員に♪

腎不全初期のジュサ坊だけは毎週末だけ試すことにした。

さて、その結果は?

食べ始めて2日間、便が滞る輩続出。

ところが3日目・・・

排便している野郎共を観察していて驚いたのなんのって!!!

なが~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い1本がズルン!!

そのあまりの無気味さに全員の便をほぐしてみたら・・・その殆どがうす~~~い便色の皮膜のようなものに覆われた繊維?それとも毛球?

得体の知れないブツがこれでもかってほどの長さで出てきたのです。

エイリアンのようなブツを生み出した連中は全員スッキリ顔。

染なんてなんか若返ったような(笑)妙に元気になっちまいました。

一番頑固な幸四郎だけは、ま~だそこまでズルンとした便が出てないから、続けてたらこの先もっとけったいなブツを生み出しそうな気がする。

いやぁ、面白いから1度試してみなさいよ♪

薬にはならないかもしれないけど決して毒にならないし、ダイエット中の猫さんも容量を目標体重の最小量に設定すれば楽勝だし。

こればっかりは試したヒトしかわからないです。

あのブツの無気味さは(爆)

も~~~病みつきです( '∇^*)^☆うふっ♪

2010年06月26日 (土) | 編集 |
最近嘔吐が目立ってきたし・・・

百次郎の加齢による機能低下を少しでも緩和できればいいなぁ。

先生からOKが出ている免疫改善のための「Dフラクション」とカリウムやビタミン、アミノ酸、そして鉄分補給のための「アミノB+K」の他に基礎代謝と消化を助ける「酵素」をトライしてみたくてネット検索。

色々あるのねぇ。

どれがいいのかさっぱりわからない。

「問い合わせ」OKの数軒の店を選び、投薬状況、血液検査の結果や既往症も含め、百次郎の状況を詳しく説明し、その店で売っている酵素を与えても問題ないか問い合わせてみた。

そしたら・・・

殆どの店から「だいじょうぶですよ。酵素は自然健康食品ですので、病気の猫さんに与えても害にはなりません。安全です。安心して与えてください」と返事が来た。

ある1軒の店を除いては・・・。

良心的なのでとても気に入っていて、普段からよく利用しているその店のオーナーの返事だけは、他の店の返事とはまったく異なっていた。

とても勉強になったので全文紹介しますね。


○○様、

平素は格別のお引立てを賜り厚くお礼申し上げます。
本日は酵素についてのお問い合せを頂き有り難うございます。

酵素液につきましては以前より取扱を行っておりましたが、昨今薬事法の関係で
詳しい情報をWEBに掲載できなくなり、現在は商品の掲載は行わず、以前からご
利用頂いている方と、問い合わせを頂いた方のみに発送させて頂いております。

しかしながら、実際に嘔吐についての問い合わせは現在も多く、○○様のように
猫さんの詳しい状況を連絡して頂ける場合は細かなお返事をお送りすることが可
能なのですが、全ての方がそうではないので、こちらもどのように説明をすべき
か苦慮しております。

今回、○○様の猫さんの場合は、腎機能の低下+軽度の心筋症ということで、お
問い合せを頂きましたが、ACE阻害剤の投与を受けておられる猫さんの場合は、
担当獣医師さんのご判断にお任せして頂くようお願いしております。

その理由として「嘔吐やふらつき」などの症状は、ACE阻害剤の副作用という場
合もあるからです。
特に下記の症状が薬剤服用後3~6時間以内に見られる場合は、投薬量と関係も
ございますので必ず担当の獣医師さんにご報告をお願い致します。

・ふらつき
・嘔吐
・下痢
・空咳
・高カリウム血症
・味覚異常
・蕁麻疹、血管浮腫

また、ACE阻害剤は心臓と血圧、腎機能に係わる薬剤ですので、ここに酵素液を
与えてしまいますと、酵素液には各種酵素が多く配合されていますので、薬剤で
抑えている血圧が上昇してしまいます。
血圧が上昇するということは、心臓の動きは活発化しますが、腎臓に送られる血
液量も増えることを意味しますので、腎臓への負荷がかえって高まる可能性もあ
ります。

現在こちらで酵素液を与えておられる猫さんの多くは、心臓が弱っているが投薬
を行うと副作用が酷い、食欲がない、腎機能には特に問題はないが嘔吐が多
い・・・という状況でご利用になられている場合が殆どです。

○○様の猫さんの場合、ご高齢ということだけであれば、酵素液はご利用頂ける
と思いますが、腎機能低下と軽度の心筋症の心配がありますので、今後投薬を継
続するということであれば、まずは担当の獣医師さんにご相談頂くことを優先し
て下さい。

また、ご不明なことがございましたら御遠慮なくお問い合せ下さい。


目から鱗でした。

じゃ、百次郎のような症状の猫には酵素は上げちゃいけないってこと?

丁度、往診に来ていた先生にこのメールと、↑の店で売っている商品ではないが私が購入しようと思っている、『天然果実酵素』の成分表などが載っている説明書をプリントアウトして相談してみた所、「そうですよ。酵素といっても成分によっては与えないで欲しいものもあります。でもこの『果物酵素』はだいじょうぶですよ。フォルテコールとはバッティングしません」とOKが出た。

ここでは酵素についてのみ話題にしたが、それでも、巷で売られている酵素はどれほどの種類が存在するのだろう。ひとくちに酵素といっても成分は商品によってさまざま。その中には処方薬との飲み合わせで健康を害する危険性があるものが存在することを、どれほどの人が理解しているのだろうか・・・。

健康促進のためのサプリのはずが、処方薬との相性が悪いと毒薬に変身してしまうというコワいお話。

良心的な店のオーナーの提言がなかったら・・・先生に相談なしで勝手に購入する所だった。いつもなら事前に相談してから購入するのだが、『酵素』だからと油断していた。購入した後で事後報告して、その商品の成分によっては先生からNGが出る場合もあったのだ。あぶない、あぶない。

やっぱりこの店だけは良心的で信頼できる。これからもずっと安心してお付き合いできるなぁ。



★病院からの処方薬を服用している猫さんに、健康補助を目的としたサプリを与える場合は、どうぞ事前にかかりつけの獣医師に相談し、了解を得てからにしてください。 もしかするとそのサプリは、処方薬の効果を妨げるどころか、薬とのバッティングにより大切な猫さんの病気を悪化させる危険性があるかもしれませんよ。 これはニンゲンにも当てはまりますのでご注意を。
 
★担当医からOKが出たとしても、サプリはあくまで「補助」的存在に留めること。酵素のように食品から摂取困難なものは別として、食品から摂取できるものは可能な限り、食事から摂り入れるようにしてください。「サプリが主食」の生活はやめましょう。「サプリで取れるからだいじょうぶ」な~んて過信していると、そのうちに体調を崩しますよ。


2010年03月19日 (金) | 編集 |

腎不全はカリウムを垂れ流す病気。

先生からそう教えてもらったので、早速手軽に入手できて百次郎が食べそうな食材を考えた。

巷にはカリウム補給のための栄養補助食品もあるが、

私はできる限り食事から摂取してもらいたいと思っている。

高カリウム食・・・代表的なのはバナナと納豆。

バナナはそのままではちと無理だが、

ケーキとか生クリームが好きなので「バナナケーキ」を作って与えてみた所、

嬉しいことにすんなり口にした。

毎日というわけには行かないが、たま~におやつとして食べてもらおう。

納豆もこれまたそのままではとっても無理なので、

ドッグ納豆
猫友さんから教えていただいた「乾燥納豆」をぽちっとな♪

においは納豆そのまんま!

においにつられて飛んできたのは・・・

CIMG2190.jpg 
このお方、ただ1匹のみ(笑)

いや~、面白いくらいにパクパク、むしゃむしゃ♪

納豆が好きな猫さんがいるのは知っていたが・・・

な、な、なんとぉ~っ!

我家にもいましたよ~、納豆猫がっ!!

で、一番食べて欲しい百次郎と寿三郎は・・・完全無視_| ̄|○

ま、この際、ジュサ坊は食べなくていいや。

ターゲットを百次郎だけに絞ろう!

ストレートで無理なら食事に混ぜてみようか。

百次郎の大好物、ロイカナWET50グラムに4粒混ぜて、

乳鉢でゴリゴリ。

たちまち辺りは納豆のにおい充満(爆)

ロイカナWET自体のにおいは納豆に完璧に負けてしまった。

50グラムにたった4粒入れただけで・・・。

恐るべし、納豆!!

それに粘りまで・・・さすがに糸は引かなかったけど・・・。

恐るべし、納豆!!!

さ~て、食べてくれますか・・・ドキドキ、ワクワク。

食いつきはあまりよろしくありませんが、なんとか半分はおなかに入りました。

気に入らなければ絶対に食べない猫なので、

まぁあまり好きではないけれど、ちょっとなら食べてくれそうです。

1粒/ウエット・缶詰10グラムってとこかなぁ~。

鼻をヒクヒクさせながら食べ残しを狙っていた染。

ダイエット中だから残飯整理させるわけにはいかないが、

百次郎が猫ベッドの縁に器用にペッペした納豆の欠片を

嬉しそうに舐め取っている。

こりゃたまげた(@_@;)

CIMG2096.jpg 
こいつは正真正銘の納豆猫だった。


2010年03月18日 (木) | 編集 |

CIMG2196.jpg  

これまで何度か書いてますけど、ここで再度確認の為に。

*健康管理

☆毎日、朝一番の空腹時に体重測定。

☆食欲増進剤は2月19日以降、飲んでません。

☆輸液は3月13日に体重が1日で一気に100g減ったので、20日ぶりに120ml入れてもらいました。

☆服用している薬はフォルテコール。決まった時間(我家では夕方6時過ぎ)に1日1錠。

☆時間は不定期ですけどDフラクション4滴/a day、インターキャットの点鼻薬1滴/a day。

*食事管理

◎与える量は決めてません。食べたいだけ与えてます。

◎与える食事も主食=療法食というだけで、それ以外は同居人のその日の気分によって(爆)変えてます。

◎ドライはふやかさず、そのままバリバリ食べてます。

◎ウエット(パウチや缶詰)は必ず乳鉢でよ~く磨り潰して与えてます。

◎ミルサー処理だと全く口にしません。

◎ウエット(パウチや缶詰)には必ずテーブルスプーン(大=約15cc、ちなみにティースプーンは約5cc)3~5杯の水を混ぜます。

★腎ケア、腎臓サポート(ドライ、パウチ=チキン、フィッシュ)、腎臓サポート・スペシャル(ドライ)、キドニー(ドライ=フィッシュ、チキン)、k/d(パウチ、缶詰=オリジナル、チキン。ドライはジュサ坊が吐出するし、百もリニューアル・タイプはあまり食べないので最近はまったく与えてません)、g/d(缶詰のみ)、AZ(缶詰のみ=ラム&バーレイ、オーシャンフィッシュ)、CN(缶詰のみ=チキン、フィッシュ)、イノーバ・ローファット(缶詰のみ)、ネイチャーズ・バラエティ(缶詰のみ=ラム、ダック、チキン)、マンマリゾ(博多の鮮魚)、CRのチャーコズ・デリ(ささみ、トラウト&コット)、ロイカナのベビーキャット(ドライのみ)、ロイカナのWET(オーラルマチュア)、NB(缶詰のみ=ツナ&シュリンプ、フィッシュ、ダック&グリンピース)

★1日1回、染五郎の「減量サポート」パウチを・・・横取り。

★たま~に馬刺し1切れ(生肉の赤身、霜降り、トロ)、まぐろの刺身1切れ(赤身、中トロ)、焼き魚やチキンなどを少量、生クリームやバナナケーキ、クリームチーズ、乾燥納豆。固形物は一口サイズに千切ればそのままガッツリ喰らいつきます。

 


2010年03月17日 (水) | 編集 |

CIMG1988.jpg 

 ダイエット組、そろそろ療法食に飽きてきた?

最近たま~に食べ残すことがある。

別にそれならそれでいいんだけどさ。。。

栄養は十分足りてるし、残したらその分痩せるんだから。

でも、やっぱり完食してほしいから・・・

そんな時は、ふりかけを掛けてあげると喜ぶ。

そのふりかけとは・・・

これ(爆)

CIMG1989.jpg 

 どこまでも健康オタクな野郎共だ(笑)


2009年10月04日 (日) | 編集 |

ジュサ坊がシュウ酸カルシウム結石という、猫には珍しい種類の結石(猫の結石の約7割はストラバイト)にならなければ、一生調べることなどなかっただろう野菜のシュウ酸含有量。

猫さんに手作り食を与えてらっしゃる猫友さんにお聞きしたり、片っ端から検索をかけたり。

調べてみて驚きました。

どんな野菜にもシュウ酸が含まれていることくらいは知っていましたが、まさかこんなにも多量に含まれているとは・・・含有量を数字で表示されると急に恐ろしくなりました。

ジュサ坊だってそんなに頻繁に食べていたわけじゃありません。

が、食べるとなると刺身のつまの大根を六輔と一緒に1舟ぺろりでした。

同居人は野菜は体にいいから、と喜んで与えてました。

だってまさかこんなにシュウ酸が含まれてるとは知らなかったから・・・

これまでジュサ坊と同じ量の野菜を食べていた六輔。今のところなんの異常もありませんが、もしこのまま食べ続けたら、ジュサ坊の年になる1年後、どうなるか・・・こればかりは神のみぞ知る。

六輔だって発症のリスクを抱え込んでいることは間違いない。

もちろん体質の問題もあるでしょう。

でもそんなの言い訳にはなりません。

ジュサ坊をシュウ酸カルシウム結石にしたのは完璧に私の責任です。

ご存知の通り、シュウ酸カルシウムはストラバイトと違って溶けません。体内に残留したままです。

取り出すには外科手術しかないといわれています。

そういう意味でも出来てしまうとストラバイトより相当やっかいです。

ジュサ坊の場合、今回は極小さなものだし、昨日やっと尿中に結晶が出てきたので、運がよければこのまま尿と一緒に全部排出される可能性もまだ残っています。

が、今度再発すれば腎臓結石になり、それが原因で腎盂腎炎、そして腎不全を引き起こす危険性も孕んでいます。

六の発症、ジュサ坊の再発だけは何としてでも防がなければ。

まずはこれを機にジュサ坊も六も野菜は禁止とします。

生でなければ、茹でれば、食べた後にカルシウムを沢山摂れば、などの条件を満たせばOKらしいのですが・・・ジュサ坊も六も火を通した野菜は全く口にしません。恐らくあのシャキシャキ感を楽しんでいるんでしょう。

それに1度発症している、いや、させてしまった以上、再発のリスクを侵してまで菜食にこだわることは私には出来ません。

命には代えられませんから。

恐らく、菜食をストップするだけでも、再発率はかなり低くなると思われます。

あとは療法食で尿のphをコントロールする。

幸い、ジュサ坊も六もphコントロールもc/dも食べてくれているし、s/dと違って他の連中も食べてOKなので、食事中の見張りもあまり神経質になることがなくなり、同居人はかなり楽ができる。

★今回、色々学ばせていただいたのは、犬猫サイトではなく、あるモルモットさんの飼い主さんのサイトでした。だってモルモットさんは菜食ですからね。シュウ酸カルシウム結石ができるメカニズムや野菜のシュウ酸含有量は、絶対知っておかねばならない情報、知識なんでしょう。だからでしょうか、この方の解説はとってもわかりやすくて助かりました。野菜の成分表に至っては「俺も勉強したい」と奮起しているセンセにもプリントアウトして渡したほどの優れもの。ちょっと心配なのはそこのお宅のモルモットさんも、なんとジュサ坊と同じ膀胱結石に・・・。猫とモルモット、種は違っても同じ石持ち同士。何だか親近感が湧いてきました(笑)

★最後になりましたが、今回何の前触れもなく突撃インタビューしてしまった猫友さんがた。不躾な事をして本当にすみませんでした。でも皆さん嫌な顔ひとつなさらず親切に詳しく教えてくださいました。お陰でまたひとつ賢くなりました♪ジュサ坊、六輔共々、この場を借りまして皆さまに心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました。