薫の野郎猫的日常
2014年10月01日 (水) | 編集 |

希望明天會更好。
加油!香港!!

明日がもっと良い日でありますように。
がんばれ、香港!!


By0OYcLCAAAu-cw.jpg   
ムラサキシキブ in Kyoto









2009年09月10日 (木) | 編集 |

今朝一番でジュサ坊をセンセの元へ。

百次郎はこの時間はいつもおネンネ中。

老猫ならずも寝子は寝るのがお仕事。

寝てる子を起こすのは忍びないし、猫、特に老猫の睡眠妨害は体調不良に繋がるため、通院は緊急時を除き、覚醒時(活動時)のみ。

診察台には生後間もない真っ黒な子犬。

どこか悪いのかな?

尻尾のオケケを剃ってる最中のこの子犬、何が何だかわからない様子でされるがまま。

ジュサ坊が夕方まで留め置きと決まったため、子犬の事が気になったがそのまま帰宅。

帰宅すると小腹が空いた百次郎が丁度リビングに姿を現したので、食事が済んだ所を見計らって輸液通院。

百次郎の輸液が済み、センセが手術着に着替える。

「手術ですか?」

「いや、尻尾を切るだけ」

「あ、もしかしてアノ子犬?」

「うん。でもホントは俺、切りたくないの」

「アノ手の犬って耳とか尻尾とか切らなきゃどうなるの?耳垢が溜まって取れなくなって中耳炎になるとか、どっか具合が悪くなったりするわけ?」

「いや、どこも悪くならないよ(笑)」

「じゃ、何故切るの?」

「そういう犬種だから。切るのが決まりみたいな所があるからな」

「切らなきゃならないっていう規則とかあるわけ?」

「そんなのはない。イギリスじゃ切らないしな。けど見栄えとか体裁が悪くなるの。切らないと『あ、アノ子、尻尾(耳)切ってない』とか思われる」

「つまりは外見主義?飼い主側の都合?」

「う~~ん・・・・(苦笑い)」

小学生の頃、お隣にドーベルマンの子犬がやってきた。

垂れ耳で尻尾が長い可愛い子だった。

ところが、暫くみないなぁと心配してたら、次に見たときにはとんがった耳とボブテールに変身しちまっていてビックリした記憶がある。

それまで断尾とか断耳とか知らなかったから。

調べてみて驚いた。

断尾って全身麻酔どころか局部麻酔もしないで切るんだ#

生後4~5日の時期は「最も苦痛を与えない」からという理由で・・・。

断耳は生後2~3ヶ月、耳の軟骨が少し固くなった頃に行われる。

殆ど痛くないってどうしてわかるの?

子犬に聞いたの?

子犬が「痛くないよ、平気だよ」って言ったの?

素人がとやかく言うことではないけど、人間の勝手でそんなことされて可哀相でならない・・・病気でもないのに体のどこかを切らねばならないなんて。

センセも言っていた通り、手術が残酷すぎるという理由からイギリス、オーストラリア、スカンジナビア諸国など法律で禁止する国が増えてきたらしいし、世界的な傾向としても「やらない習慣」が広まると予測される。

ブルドッグなど人間が手を加えて姿かたちを変えてきた歴史を持つ犬種も、健康被害が多数報告されていることから規制が厳しくなってきた。

逃げ出さないように子供の頃からずっと同じサイズの靴を履かせ足の成長を止めた纏足も背筋が凍るが、犬にとって何の利益にもならないこんなへんてこな習慣なんて、一日も早くこの世からなくなって欲しいものだ。

「日本じゃなくならないだろうな~。日本くらいドッグショーとかチャンピオン犬とかにこだわってる国はないからな」

センセがため息をつく。

人間の身勝手な行動に翻弄されるのはいつも物言えぬ命だ#

 

☆百次郎 輸液
体重:4.74キロ(先回比 +40グラム)

☆ジュサ坊
朝一で通院したのにま~たオシッコが溜まってなかった(泣)そのまま夕方まで別荘にて待機してもらい5時に電話。無事投薬&通院中止だそうです♪絶対再発しないとは断言できないけど。ま、そんときゃぁそんときだ(笑)あ、ジュサ坊の膀胱炎って細菌性じゃなくてフツ~の膀胱炎だった(爆)

ただいま、兄ちゃん♪ 帰宅後、「グルルルルゥニャ」と甘えた声を発しながらジュサ坊が向かった先。それは百次郎。 ホントに大好きなのな~、百兄ちゃんのことが♪


2008年05月16日 (金) | 編集 |

とうとうキレました。

仕事が不自由な副主任。

介護主任や上層部から発破を掛けられてやる気を出したのはいいのですが、やることなすこと&言うことがまるでちんぷんかんぷん。

お客様の一挙手一投足を見逃さず、日々の会話からちょっとした変化でも見逃さず感じ取り、その情報をいち早くナースや相談員に繋げ、お客さまの不安や不満を取り除くことに神経を集中したいのに・・・。

お客様の笑顔を楽しみに日々頑張っているスタッフにとって、「リーダー」に従属させることに頭が一杯で、お客様をまるで見ていない彼女からの指示に素直に従うことは「プロ」として許せない。

たとえば・・・

★離床介助のお客様は、早番と日勤が排泄ケアしたのちナースにサポートお願いしつつ、遅くとも10時半までにはリビングに誘導している。が、副主任が日勤帯で出勤している日は必ず11時過ぎる。昨日も今日も・・・今日など早番だけ残して自分は寝たきりの方の全身清拭している始末。
あのさぁ、まず離床だろうが。そして、お風呂もその方よりもっと優先順位が上の方がいるのですよ。

★糖尿病を患っている目が不自由なお客様。
毎日5000歩は歩くようにナースからも要請されている。
だが、現実は寝たきりのお客様や他のお客様の入浴介助や離床、臥床介助、排泄介助に毎日追われ、夜勤入りのスタッフが夕方30分歩行介助を行うだけ。どんなに晴れていても日中歩くことも儘ならない。以前は遅番や日勤が日中歩いてもらってたのに・・・最近はまったく出来ていない。
これじゃいかん、と思い、遅番の私が今日出社してすぐ11時から45分間、外にお連れした。もちろん、近くにいた早番のスタッフに相談し、問題ないとの答を貰ってからだ。お客様はそれはそれは喜んでくれた。なのに・・・日勤だった副主任が怒った。「日勤リーダーの私に何の相談もなしに勝手に行動されては困ります。それにフロアミーティングで提案して他のスタッフの同意を貰ってからならまだしも、それもなしにそんなことされては示しが付かない。ミーティングで話し合うまで、あの方の歩行訓練は夜勤入りの方でお願いします」
・・・あのさぁ、前回のミーティングでこのこと話し合ったよね。で、夜勤入りのスタッフの仕事じゃなく、日勤帯でこの方の歩行訓練をやろう、って決まったよね。忘れたの?
それに、お客様のためにいいことならどんどんトライして、もしそれがうまくいけばその結果をミーティングで共有することもありじゃないの?

★飲み込みが辛くなってきたターミナルのお客様。
処方薬が大粒のため意識レベルが低下してきた最近、とても辛そう。それに公にはしていないが、たま~に薬のかけらが居室に転がっていたりする。服薬介助しているスタッフ(一部除く)もナースも、そして家族もなにかいい方法は?と思い始めていた。そんな時、食事が余り喉を通らなくてもフルーツなら召し上がるので、いつも食事を同席されているお客様が自分の分も差し出すようになった。その様子を見て、ターミナルばあ様のフルーツを大盛りにするのは可能かと相談員に相談したところ、食事代など色々差し障りが出てくる、とアドバイスしてくれた。なら、同席されているお客様が心置きなくご自分のデザートを召し上がってもらえて、尚且つばあ様がスンナリと服薬でき、その上デザートも多めに召し上がってくださるためには・・・と考え、ナースに服薬している薬を粉にすることは可能か尋ねた所、問題なしとの回答を得た。そこでカロリー高めでフルーツ味のチューブゼリー(「朝バナナ」とか「朝オレンジ」とか)を購入し、それに粉にした薬を混ぜてみたところ、美味しいとパクパク。それを見たご家族もとっても喜ばれていた。ところが・・・「お食事は常食で召し上がっているのに何故に薬だけ粉にするの?粒のままで十分じゃない」
・・・あのさぁ、事の経緯は全部、申し送りのノートに書いたじゃない。調子が良いときは大粒のままでもいいよ。でもそうじゃないときのために考えたことなのよ。それもダメなの?

彼女が1Fに降りてくるまでは、いいと思ったことは副主任であろうとなかろうとミーティングを待たずその場でスタッフ同士で話し合い、いいことは「それっていいね」と即受け入れてドンドン試してた。そのポジティヴな雰囲気がスタッフ全員のモチベーションを上げることになり、結果、お客様の笑顔が増えることに繋がった。

それが今じゃ・・・何でもかんでも副主任の言うままに行動せねばならなくなりつつある。それも、お客様のために良いとは思えないことを。

副主任と私を含む主なスタッフとの間に埋められない溝が出来ている。それもあって意思の疎通がうまくいかない。特に私に対して彼女は敵対心丸出しだ。私がやることなすことすべてが気に入らない。

今日、介護主任から呼び出された。
「どう?○○さん(副主任)の言うことを受け入れ辛いかな?」
「私たちはお客様第一に考えながら仕事をしてます。が、○○さんはそうじゃない。まったくお客様を見ていない。事実、複数のお客様は○○さんの顔を見るのもいやだ、と拒否反応を示していらっしゃる。もし、彼女がお客様のことを思って仰っているのであれば、私らだってここまで反発しませんよ。もちろん、どういう結果になっても良いから彼女の指示に100%従えと仰るならそうします。でももしこのまま、彼女の指示に従っていたら、確実にスタッフのモチベーションは下がりますし、結果、お客様のご迷惑になります。一番の被害者はお客様なんですよ。でも皆さん、どんなに不満でも私らスタッフに言うだけで、決して主任たち上層部にはクレームしません。ご家族もそうです。それが分かっていて彼女に従うことは・・・出来ない相談です。それにもしお客さまからクレームが来たらどう説明すればいいのやら。『これが会社の方針ですから』とか?」
「そうだろうなぁ。こうして聞いてても向こうが言うこととあなたが言うこととまったく食い違ってるものなぁ。先方は一方的にあなたを悪者扱いしてる。お客様への対応にしても、向こうはまったくあなたのやり方を理解してないよ。●●君(1Fのやり手の男性スタッフ)も○○さんに相当頭にきてるし。困ったなぁ」

主任も頭を悩ませている。が、ここは何とか最善の方法を私らと見つけてもらわねば。

このままではストレスでみんな参ってしまう。

私や●●君、そしてあと1名の若手女性スタッフ=副主任と折り合いが付かない連中と副主任とでは考え方のベクトルがまったく違う方向を向いているので、どう努力しても恐らくは対立したままであろうと思われる。もし会社が副主任をこのまま1Fに据え置くのであれば、問題解決の方法は・・・私ら反対派を他のフロアに移動させること。これっきゃないのでは?

夜勤入りの明日。再度主任と話し合いを持つ私。この際だ。1Fのお客様には申し訳ないがフロア移動を申し出てみるか。


2008年03月14日 (金) | 編集 |

早番との2人シフト。私は10時出社の日勤②。

早番は問題中年スタッフ(♀)。

彼女と組む時はいつも「休みたいなぁ」と思い、胃がしくしく痛み、その中でその日一日の内に起こるであろう最悪の状況をシミュレーションして臨むのだが、今日もその嫌な予感は的中。

10時に来ても陰部洗浄も離床も何も済んでいない。

ま、予想通りだな・・・と心の中で中指を立てていると・・・

「朝一で申し訳ないんだけど●●さんのお風呂お願いします」

「私の中では朝一って言うのは朝9時のことなんだけど・・・」

一日おきに入浴する●●さん。いつも私が早番で彼が入浴の時は、夜勤明けが居る9時にバイタルチェックを済ませ、さっさと入浴させている。そうすれば他の仕事に差し障りが出ないから。10時まで何もせずタラタラしてるなら、9時には入浴させちまいなよ#

イラつきながら大浴場の浴槽の温度のチェックと入浴前の準備のために1F一般浴場に向かうと・・・そこには3Fのスタッフがお客様3~4人の入浴準備をしているではないか#

今日は金曜日。午前午後共に大浴場も機械浴も1Fが使う曜日なのに・・・その上、3Fのスタッフから何の連絡も入っていないと来た#

「今日は金曜日。1Fの使う日だし、連絡も貰ってないよ#」

「あ・・・スイマセン・・・(大汗)」

「何時に終るの?」

「10時半には終ります(号泣)」

ムッとしながら1FのHSで何するでもなくナースとくっちゃべっている夜勤明けの副主任に事情を報告すると・・・

「あら・・・そうなのぉ・・・」

あら、そうなのぉ?なんじゃ、そりゃ#1Fの副主任なら3Fに断固抗議してくれよ#

●●さんの入浴介助まで30分も空いちまった・・・じゃ・・・まず彼の居室に行ってバイタルチェックし、毎日5000歩歩行を義務付けられている糖尿病の彼のため、居室外の廊下を歩いて貰って・・・その間に居室のリネン交換と掃除を済ませてしまう。

●●さんの入浴を済ませリビングに戻ってくると・・・それでも誰も離床していないし、まだ全員の陰部洗浄も済んでいない・・・じゃ・・・離床がてら入浴マイナス3日のO様を入浴させよう・・・

O様の離床と入浴を済ませ、リビングに戻ってくるともう昼食時。

あれ?ターミナルばあ様がいない・・・訪室してみると・・・何故かパジャマ姿でベッドに寝ている。この方、朝、着替えさせたら、夕食後のお着替えまでそのままの姿でベッドに寝起きする方だ。着ているパジャマも洗いざらしのものとは到底思えない・・・まさか・・・モーニングケアせず、朝食はパジャマのまま座らせちゃったの?まさかね・・・でもあいつらなら・・・平気だろうな、そんなこと。

さっさとパジャマから普段着に着替えさせ昼食のテーブルに誘導。

昼食後、2時半から暴力じい様の清拭をやるという問題児を休憩させ、ターミナルばあ様、O様他できる限りのお客様のリネン交換と居室清掃をこなし、問題児が帰ってきたのと入れ替わりに休憩を取る。

休憩後はおやつを配り、3時半からあと一人寝たきりのばあ様の入浴を済ませ、リビングに帰ってみると問題児の姿はすでになし。早めに来ていた夜勤の男性スタッフ曰く「O様の臥床介助もせずさっさと帰っちまったぞ(笑)」

その上・・・彼女ったら朝の10時以降、廊下奥の寝たきりじい様2人の排泄介助一度もやっていなかった(大汗)

問題児はやっぱり問題児だった・・・。

2Fで1年仕事してきたはずなのに今もって一人前の仕事をこなせず、なのに私らにいつも無理難題を押し付け(殆ど私が突っぱねてるけど・・・)、なのにいつも「今度は何をすれば良いでしょ?」と能動体で、ナースや他のスタッフから文句やクレームが来ると、問題児同様必ず言い訳する副主任も相当な問題児だが・・・。

朝の一連の出来事で切れまくった私、夜勤明けの帰り際の副主任をとっ捕まえてとうとうこう言い放った。

「楽しくないっ#今、この仕事は私にとってイラついたり辛かったりでまったく楽しくないです。体の疲れはメンテナンスでどうとでもなりますが、心の疲れはそうはいかない。どんどん溜まる一方です。大体、金曜日を2人シフトにすること自体おかしいのに、その上○○さん(問題中年女性)を金曜日のシフトに入れるなんて#来月のシフトでお願いしたいことがあります。リネンと入浴が重なっている金曜日は必ず私と●●君、●●君を組んでください。他の人は入れないで!この曜日だけで良いから私に楽しんで仕事できるリフレッシュタイムをくださいっ#」

近くの居室にその問題児本人がいるのを知っていて大声で言いました。聞こえるように・・・わざと。

切実な・・・ずっと我慢していた心の叫びにも似た切実な要望でした。このままでいったらもう・・・頑張っても頑張っても報われない・・・辛いだけの仕事場になってしまう。問題児が来るまでは重労働ながら楽しい職場でした。いつも笑い声が絶えない職場でした。

昨夜、仲良し副主任と電話で話したんですが、やはり彼女も同じ気持ちでした。「前は楽しかった。でもあの人たちと組んで仕事しているうちに段々『やり損』のような気分になって・・・その気持ちが拭いきれなくなって・・・そうなったら辛いし面白くないでしょ?」

今の私がまさしくその気持ちです。やればやっただけ彼らが楽をし、次もその次も・・・いつも尻拭いする羽目に陥り、いつまで経っても楽にならない。なのに給料は彼らと同じ。。。いや、恐らくそれ以下。

6月からは仕事の出来具合やお客様からの評判などで給料の格差が出来るらしいですが、彼らはあれでも副主任や介護福祉士の資格を持っているので、下手するとそう減給にはならないのではないか・・・もし、上司や事務方が人を見る目が合って彼らの給料が下がるとしても、それまでは今のまま。あと2ヵ月半も我慢できるのかなぁ、アタシ・・・ならせめて1週間に1度で良いから私の仕事レベルに合ったモチベーションの高い仲間と組んで仕事させてもらわなきゃ!

それくらい我がまま聞いてもらっても別に罰は当たらんでしょ?

んでもって・・・怖いもの見たさだけの発想だけど、問題児と副主任が1人シフトをどうこなすか、一度でいいから見てみたい・・・と言いながら、後始末だけでヘトヘトに疲れるだろうその日の夜勤は真っ平ごめんだけどさ(爆)
[READ MORE...]
2007年11月07日 (水) | 編集 |

2人夜勤システムの弊害続出。


今日は11時から20時までの遅番だったのだが、日勤いないで早番との2人シフト。なのにその早番が2時から4時頃までお客様の通院に付き添うためにいないときた#


頼みの日勤ナースまで派遣が1人しかおらず、常勤ナースが1人で1F&2Fを受け持つという最悪な状況。


お陰で私はすべて一人でやらねばならず、夜勤入りが来る4時半にはすでにヘロヘロ・・・おまけに何が悪かったか知らないが、左足&左手小指がズキズキと痛み始めびっこを引いて歩くのがやっと。


もぉ切れた#


介護主任に直談判。


「夜勤フリーをこのまま続けられたら身が持ちません!来月から撤廃してください#」


そうじゃなくとも急変するお客様もいないし、そうなる予備軍のお客様もいない。もしいたとしても、楽しすぎの夜勤ナースが高い給料分しっかり働いてくれたらまったく問題ないはず。


その上最近、夜勤フリーは相当暇らしく、ゲームを持ち込む奴、仕事時間に夜勤スタッフが忙しく働いている間、自分はと言うとグ~スカ熟睡する奴があまりにも目立つ。


それでちゃっかり夜勤手当貰うんだから始末が悪い。


彼らが楽してる分、日勤帯は人数不足でヘロヘロ。今にも切れそうな精神状態で必死に働いているんだぞ。


いい加減にしてくれ#


2007年04月07日 (土) | 編集 |

寝る前に飲む牛乳は体にいい!


カルシウムは夜作られる!


じゃ、飲まなきゃ~!


大好きだけどちと高いからたまにしか買わない「●いしい牛乳」を特大スノーマン・マグにたっぷり注ぎ、キッチンで腰に手を当て一息で・・・


そこに現れた黒い影・・・幸ちゃん・・・キッチン台に上り、下から頭突き一発!


ゴツン


ぶふぉぉっ・・・・・


風呂上りなのにぃ
上から下まで牛乳がぁ
ビチョビチョ・・・
牛乳風呂じゃないってばぁ(ヲイヲイ)
床も真っ白
そして
鼻からも白いものがぁ


なじぇに?なじぇに頭突き?
それも牛乳飲んでる時に?


ど~してくれるんだぁっ


ま~た風呂入らなきゃ


床も拭かなきゃ


服も全部洗わなきゃ


CIMG0611.jpgこうしろぉ~~~っ#


2006年09月17日 (日) | 編集 |

夜勤明け。


入院されていたお客様が全員退院され、1Fもやっとこさ落ち着くと思ったのだが、昨夜11時に御1人が呼吸困難に陥り急遽酸素吸入。その後落ち着き様子観察。


暴力爺様は昨夜激しい尿漏れ。しかし寝入りばなに更衣は返って命取り。両手はベッド脇に拘束されているのだが、両足はフリーなので力強い足蹴りでみぞおちをキックされる。明けの7時に行なうラストのおむつ交換と一緒にやっつけちまおうとそのまま放置。明けて7時、背中や腰が尿で濡れているので気持ち悪いから着替えはしたいが気分もイラつく爺様。そんな時に限って早番が例のよ~くぶっ倒れる若い女の子。途中まで手伝ってくれたが、いざ着換えと言う場面で朝食の準備のため居室から出て行く。孤軍奮闘でやっとこさ着換えとベッドから車椅子ヘの移乗を済ませリビングへ。痒み止め軟膏と全身清拭、そして清潔な衣類に着替えたからサッパリしたのか、爺様とてもご機嫌。義歯装着に一苦労はしたが、これもうまくいき全介助にて朝食ほぼ完食。水分も今朝はタップリ摂取。


そうこうしている内に朝の申し送り。


その後、本当なら帰宅できるはずだったが・・・台本通り1人ぶっ倒れたんで、昼食準備する正午までその子の分までフロア対応。


疲れてるのに日勤しかやらない事務方の女(以前から私にあれやこれやといちゃもん付ける奴)が暴力爺様について知ったかぶり連発。「どうして朝晩同じ格好させておくの?リビングに出るときはシャツとズボンに着替えさせてよ。トイレ誘導したらどう?今のままだとどんどんボケてくるわよ!」


あのね~、あの方がどうして入院し生死の境をさまよったか、どうしてああいう拘束服になったか覚えてる?入院前はお洒落な格好されてたのよ。で、ズボンに手を突っ込んで便いじりして、汚れたパットを取り出していじくり回して、汚れた手で口をいじくり回して・・・それを止めようとすると殴る蹴るの大騒ぎになって・・・挙句の果てに誤嚥性肺炎になったんじゃない!同じ格好に見えるけど、起床時には蹴られながら新しい衣服に着替えさせてるわい!トイレ誘導?そんなことできる状態か?車椅子に座らせたりベッドへ寝かせたりするのにも1時間かかるんだぞ?もし今の状態が気に入らないならどうぞ朝から夜明けまで一日中彼と付き合ってください。そしてあなたが考えているように彼を仕向けてみたらいい。お言葉はありがたく頂戴しますけど、あなたが考えていることができるくらいなら、とっくの昔に私たちが実行してるわよ!!


暴力爺様どころか徘徊婆さま1人上手にお世話できないくせに。いいとこばかり手伝って、ちょっとでも不穏になったら別の仕事があるからとサッサと放棄する癖に。そんな人が私たちに指図するんじゃないわよ##昨夕も「あなたみたいな口のきき方する人はケアスタッフではないわよ。特に内覧者がいらっしゃる時は困るのよ。営業に差し障りがあるんだから気をつけてください」とさ。ところが今朝、女の子がぶっ倒れ人手不足のサポートにと1Fに来たその女、徘徊婆様がしつこくまとわり付いてきたら、他の仕事があるからと他のお客様のお世話にてんてこ舞いしている私を呼びつけ婆様を頼むと言いやがった。それに反応してどんどん不穏状態になり、必死に彼女にしがみつき暴言を吐くわ暴れるわの婆さまを押し付けスタコラサッサと逃げやがった。理想を口にするのは容易い。私にいちゃもんつけるなら言ってることとやってることを一致させてからにしてくれっ!!!


あ~ムカつく!!


                 ***   ***   ***


帰宅後、シャワーを浴びて食事して、さて一休み・・・と寝室へ行くと窓辺にチャ~チャンの姿が。御飯ね。猫飯缶から試供品を一袋。餌箱に入れて窓の外に置こうとしたら・・・また・・・今度は左手。開いた窓から染が顔を覗かせたことに驚いたのかな?2箇所に爪先が食い込んだ。餌箱からバラバラ・・・折角の猫餌が室外機やら防御柵の間に飛び散る(泣)チャ~チャン、室外機の上の御飯は全部平らげ、こっちを見上げて物欲しげ。だよな~、足りないよな~。じゃ、いつものな!傷跡に消毒液を噴霧した後、カラッポの餌箱にヘアボールコントロールを継ぎ足して再び室外機へ。今度はじっと待っている。3分の2ほど平らげてお向かいの屋根へジャンプ!そこで掃除機に延長ノズルをセットし、室外機以外の餌を吸い込む。チャ~チャン、屋根のひさしの陰へ撤退。スタコラ逃げるかと思ったら陰からチョコンと真ん丸い目だけを覗かせてこわごわとこっちを覗き込む。カワイイ~♪その後、窓辺の六輔と何やら会話しながら食後ののどかなひと時を過ごし、今さっき退場。


チャ~チャン、君って暴力爺様によく似ている。どっちも心優しい小心者なんだ。だからどんなに傷つけられても憎めないんだよ。


2006年01月13日 (金) | 編集 |

○ミットでお買い物ぉ~!


ふと鏡を見ると・・・


あんたダレっ!!!


2周りタップリ目の肉襦袢、ホッペタにブツブツ、顔色悪いオバサンがこっちを見つめてる・・・


 (゚◇゚)~ガーン


2005年12月15日 (木) | 編集 |

ブログの設定を変更しようとしたら、編集画面も本文も見えなくなってしまいました!ただいまソネットに問い合わせしておりますので、しばらくお待ちください!ってブログ&編集以外の画面は全部見えるからこうしてUPできるのだわ。。。どうしちゃったんだろ(;O;)


<解決策>何らかのアクシデントで貼り付けたJavaScriptが途中で切れてしまっている可能性ありというので、指示された別のブラウザ(firefox1.5)をインストし、IEでは表示されなくなった画面を復活させ、やっとこさ編集画面を立ち上げました~っ!編集しなおし可能になったおかげで、ご覧のとおりブログ画面復活&←上サイドバーにきゃわいい~コモモちゃん時計が無事出現!ってこんなことするために大騒動してたんがバレバレっすね~。あはあは~っ!しかし一時はどうなることかと焦ったわい。。。両親のことやマンションのことでも、こんなに頭が真っ白にならなかったよな~(オイオイ)別のブラウザで画面が全部見えたときは、本当にうれしかったっす(^^♪


2005年08月11日 (木) | 編集 |

退職前の9月5日から2週間の有給休暇届。


ステーションの対応は・・・


「ヘルパーさんのお盆休みが続くし、おめでたが二人も出たから5日からの有給は許して!」


これって何?


他の人たちの休暇はOKで私のはNGって何故?


仕方ないから今月に入っても全然実現しないフェードアウトできるお仕事からどんどん外して貰うことをもう一度お願いして、9月19日から2週間休暇を取って9月末日付けで退職ということに。


総務は総務で「本社に退職届を出しても向こうで退職日を微調整されるかもしれないので」と訳わからない話をする。


そんなの私に言われてもわかりません!2週間前までに退職届出すんでしょ?だったら明日出してもいいじゃない?何か文句アル?


「あのね、届け出しても撥ね付けられたから、その前の週まで仕事して19日から休んで辞めるの。それ以外はそちらの勝手なんだから好きなようにすれば?私には関係ないよ!」


でも不本意だ!


何で私だけ???


この前の体調不良だって無理して出てたのに・・・。


どこまでシフト調整できないステーションなの?


駄目な事務所!!


それなのに来週のミーティング出欠だけはしっかりとチェックする。


出るわよ!


このまま行くと帰省は10月か?


今週不動産屋に連絡して企業借上げ賃貸を模索する手筈。


その前に休暇届を正規に申請したのに・・・。


2週間前に申請しろって言ってて、申請したら許してって・・・


はぁ~!ストレス!!!


そう言えばこのステーションで昔、ヘルパーさんのお母様が倒れられ救急車で病院へ搬送されたことがあった。そのヘルパーさんがステーションにその日の仕事を休むと連絡したところ「急にそんなこと言われても困る」と信じられない台詞を吐いた。そのヘルパーさんは本社へ直訴。「ご家族の方が大切です。すぐ病院へいらっしゃってください」と当たり前のことだが本社から了解を取り付けた、という信じられない出来事があった。


これを思えば今回のことくらい当たり前・・・だな。


一言叫ばせてね・・・


事務所のオオバカ野郎~~~~っ!!!


                   ***


☆今日の野郎猫


ただ今三つ巴の追いかけっこ中!!!


すっげ~~っ!こんなの初めて!


やれやれ~~っ!


先頭は百、その後を幸ちゃん、そして・・・モタモタのジュサ坊が(笑)


後向きになるとその反対・・・のはずだが・・・最後列はいっつもジュサ坊だ~(爆)