薫の野郎猫的日常
2017年06月03日 (土) | 編集 |
★ 朝日新聞社会部‏ @Asahi_Shakai  
被災地支援のSMAPの思い、ファンが受け継ぐ(ジャニ担!:112
:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASK616G79K61UCVL02L.html  より転載。
放送作家・山田美保子2017年6月1日23時12分
2017-05-29-1496042006-3733414-20170529SMAP.jpg
5月29日の朝日新聞に掲載された広告
 
 5月29日(月)、朝日新聞の朝刊に、「FOR KUMAMOTO PROJECT」と白抜きされた真っ赤なハートを抱えた熊本県のキャラクター「くまモン」が中央に描かれた全面広告が掲載されました。
 なんだろう?と目をやると、
theebell031021-img600x600-1496076155ecjsbi19858.jpg 
左上には「SMAP大応援プロジェクト」の文字と共に、SMAPのメンバーカラーの星が五つ。
theebell031021-img600x600-14960761562qrfmj19858.jpg 
くだんの大きな「くまモン」の周りには、さまざまな表情やポーズをした46匹の「くまモン」が居て、よ~く見ると、計47匹の「くまモン」は、大きなSの字にかたどられています。
 つまりは、SMAPの頭文字であり、その数は47都道府県を表しています。
 ハッシュタグ「#復興に向けて手を繋ごう」も記されているし、下段には、「熊本地震より1年が経ちましたが、復興のためにはまだ皆様からの応援が必要です。被災地では今も支援を求めている方がおられます。みなさまのあたたかいご支援、どうぞよろしくお願いいたします」とあり、義援金受け入れ口座番号が。
 さらには「ふるさと納税」にも言及され、右下には、「ふるさと納税ポータルサイト」の熊本県と大分県の案内に飛べるQRコードまで記されていました。
 私は、いくつかの広告大賞の審査員を務めているのですが、この新聞広告は、もつ意味もさることながら、デザインやセンスもピカイチと自信をもって推すことができます。
 広告主は、SMAPファン有志のみなさん5275人。SMAPが「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)のエンディングで毎週、呼びかけてきた被災地支援を「ファンの力で継続して呼びかけ続けたい」という思いが、朝日新聞の全面広告という確かなカタチになったというワケです。
 朝、早速、TwitterとFacebookにアップさせていただき、夕方は、4月からレギュラー出演させていただいている文化放送の「斉藤一美ニュースワイドSAKIDORI!」で、この全面広告のことを取り上げることができました。
 ログイン前の続きSMAPを始め、ジャニーズの多くのアーティストさんが番組をもっている文化放送ですから、まず、番組キャスターの斉藤一美さんが前のめりになって聞いてくださいました。
 「なぜ、月曜日の紙面に掲載されたかというと……、本来なら毎週月曜日はSMAPの皆さんが『SMAP×SMAP』のエンディングで義援金を募っていたから……」と、そこまで説明すると、水谷加奈サブキャスターは「え?」と言うなり絶句。目に涙を浮かべながら、うん、うんとうなずいてくださいました。
 私が、「熊本のみならず、東北や、パラリンピアンの応援もSMAPファンの皆さんは継続していらっしゃいます」「パラリンピックサポートセンターには香取慎吾くんが描いた壁画が飾ってありますが……」と言うと、斉藤キャスターは、「虎ノ門ですよね? 先日、取材に行ってきました!」と、全く打ち合わせもしていないのに、どんどん話が広がり、ほんの1~2分ほどだったかと思いますが、SMAPファンの皆さんの勇気ある行動と継続する力、そしてSMAPを愛し、大切に思い続けるお気持ちは、リスナーの皆さんにも伝えられたかなと自負しています。
 私がメ~テレ「ドデスカ!」でご一緒しているジャーナリストの大谷昭宏さんが常に「SMAPは、自分たちの社会的役割をよく理解して行動している」と、おっしゃっていました。
 大谷さんが熊本に行かれた際、大谷さんとSMAPのメンバーに接点がないというのに、「中居(正広)くんが来てくれたんですよ」「香取(慎吾)くんが優しく声をかけてくれたんですよ」と県民の皆さんがうれしそうに話してくださったそうです。
 そうそう、このとき、ペットと被災している皆さんの話も、中居くんや香取くんが親身になって聞いてくれたのだということを女優の浅田美代子さんからうかがいました。
 そして、木村拓哉くんが石原軍団の皆さんやTOKIOの長瀬智也くん、V6の岡田准一くんと共に大掛かりな炊き出しを行った際にも、その瞬間、熊本の皆さんに笑顔が戻ったことは芸能ニュースで取り上げられましたよね。
 いまも「SMAP×SMAP」が続いていたなら、メンバーは5人そろって義援金募集の告知をして、深々と頭を下げていたハズ。メンバーはもちろん、スタッフの誰一人として「もう、十分やったんじゃない?」なんてことは絶対に言っていないハズです。
 そしてSMAPファンの皆さんです。SMAPが続けてきたこと、SMAPが先頭に立ってサポートしてきたことを彼らに代わって……いや、彼らと共に、いまもやり続けていらっしゃる。こんなに素晴らしく、メンバーたちにとって誇らしい存在でもあるファンの皆さんというのを私は他に知りません。
 6月になり、SMAPについてはまた、さまざまな報道がありますし、メンバーの“結婚のウワサ”が女性週刊誌に報じられたりもしました。
 全員のお声ではないかもしれませんが、「さまざまな報道があったとき、傍らで支えてくれている方が居るのならよかった」といった、大人のSMAPファンならではのコメントをTwitterなどで拝見し、ほっこりさせていただいてもいました。
 本当に衝撃的だったし、悲しかったし、残念で残念で仕方がない気持ちを横に置いて、SMAPの5人がしてきたことを受け継いでカタチにしていらっしゃるSMAPファンの皆さんたちは本当に本当に素晴らしいと思いました。
 このことは5人の耳にも必ずや入っていることと思います……。(放送作家・山田美保子)




2017年04月16日 (日) | 編集 |
IMG_2243.jpg 
今日も黙祷とキャンドルナイトを捧げます。


★熊本で福島のコピペ談話 不作為安倍首相の空っぽ復興計画
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/news/203658
#日刊ゲンダイDIGITAL 

安倍さんがこうだから今村復興相もあぁなんだわよ…

今日は熊本の本震から1年。

福島の自主避難を自己責任、不満なら訴えれば?と復興相が暴言を吐き8日、「被災地視察」と銘打って安倍総理の陰に隠れて福島へ。その日の福島での総理発言と14日熊本地震式典での総理発言がそっくりだった。

式典後の被災地視察だって、本当に視るべき場所には行かず仕舞い。

で、米朝間の緊張高まる翌日15日には疑惑の昭恵夫人揃って花見しながら大口開けて馬鹿笑い…


左遷だって思われてた元総理夫人付が本当は栄転だったって落ちには笑ったわ。
だって籠池さんが国会証人喚問で言ってた「事実は小説より奇なり、であります」って言葉通りなんだもの。

安倍夫婦の周りはどいつもこいつもズブズブのグルグル(笑)

まるでどこぞの国の将軍様みたい。

はたまたチャウシェスク?
それともマルコスとイメルダ?

この国、生き残れるのかしら…




2017年04月14日 (金) | 編集 |
藤城清治熊本城デッサン 

藤城くまモンコラボ⑥ 


4966005309813.gif 

2017.jpg 

20171① 

震災後初めてのライトアップ 

CfHHp3nUsAAcdFw.jpg 
大天守に伸びる雑草んごつ

絶対負けんばい!

せいしょこさんのついとらすけん!!

南阿蘇村も益城もがまだすよ!!!


2016年10月08日 (土) | 編集 |
なんで横向きにしかならないかなぁ。

いつもなら方向転換編集できるのに。

ま、いいか(笑)

私も2枚買った熊本城改修工事応援の復興渋うちわ。

100万円を寄付できたとお礼状が届きました。

すごいなぁ!

うれしいなぁ!

今日の早朝、阿蘇山噴火レベル3になったとニュースで伝えています。

あの地震がきっかけかなぁ。

やっとこさ落ち着いてきたと思ってたのに。

先日、南阿蘇の無農薬米の新米が届いたばかりなのに。

これから少しづつ復興してきた南阿蘇の無農薬味噌をまた頼もうと思ってたのに。

このまま鎮まってくれるよう祈るばかりです。


S0726133[2]   






2016年10月04日 (火) | 編集 |
おぉ!いよいよ始まりますか!!

がんばるけん! 
★熊本城、1万円以上の寄付で「復興城主」に 11月から
奥正光2016年10月4日21時05分
朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASJB4312NJB4TLVB001.html より転載
 
熊本地震で大きな被害を受けた熊本城について、熊本市は11月1日から、復興を支援する「復興城主」を募る。1万円以上の寄付をした個人や団体が「城主」となり、観光施設の入場料が無料になるなどの特典を受けられる。
 
復興城主の制度は、復旧への息の長い支援を募ることが目的。1万円以上の寄付をした「城主」には「城主証」のほか、田原坂西南戦争資料館(北区植木町)などの施設の入場料が無料になる「城主手形」を交付する。また、熊本城公園内の観光施設「桜の馬場城彩苑」にスクリーンを設け、城主番号や氏名を入力すると「城主」の氏名が映し出されるようにする。地震前に復元事業を支えるために募っていた「一口城主」の名前も映される予定だ。
 
4月の熊本地震では、熊本城の石垣約50カ所が崩落。13の重要文化財建造物や20の復元建造物が被災した。市は熊本城を復興のシンボルとして、天守閣を3年で、石垣など城全体を20年で復旧させる方針だ。
 
費用は630億円を超えると見られており、市は激しい揺れに耐えた天守閣の「落ちなかった瓦」の提供なども検討している。熊本城総合事務所の梅田雄介所長補佐は「多くの方に城主になっていただきたい」と話している。

20160414熊本城崩落10    
申し込みや問い合わせは同事務所(096・352・5900)へ。(奥正光)




2016年09月17日 (土) | 編集 |
昨日、日帰り帰省してまいりました。(会議中にも1回、ズンという音とともに小さな縦揺れが1回ありました。)

担当者が交代してからというもの、嬉しくなるようにみるみる内に施設内の空気感がいいほうへ変化している。

だからなのか?

今回の未曾有の震災、前震と本震で母の施設も無事ではいられなかった。

が、見せていただいた限り、数は多いけど驚くほど軽いクラックで済んでいた。

もちろん、入所者さんたちは震災後、職員たちの誘導で滑り台タイプのシューターを使って1階に全員集められ、余震が落ち着くまでしばらくの間、共同生活を送った。大きな揺れを体験したためか、その後は次々と体調を崩され、毎日最低一人は救急搬送されていったという。(母はというと1日2日は気分が悪かったらしいが、すぐに復調し、ただ一人元気だったそうな…うん、それが母です(笑)あの人はこういう時になると生き生きする。昔っからそういうところがあった 。そういう私もそう。小学生の時のバス旅行でもそうだ。バスや船などにすぐ酔うくせに、自分より先に人が気分悪くなると途端に元気になってせっせとお世話する法に回って気が付いたら乗り物酔いはどこかに吹っ飛んで跡形もなくなっていた、とか)

昨日、職員さん方からいろんな話を聞いていて、鳥肌が立った。

①発災2週間前、シューターを使って初めての避難訓練を行っていた。それも今回と同じ、夜勤スタッフしかいない時間帯での発災をシミレーション。その上、なぜか本当の震災当時の夜勤スタッフと全く同じスタッフでという想定になっていたので、実際に被災したとき、誰一人としてパニックにならず、粛々と行動できた。
②電気やガスは無事だったが2週間断水だったので、施設3階に避難用の物資が備蓄してあったため、栄養士さんは保存水を使って暖かい手作りの食事を提供することが可能だった。
③母の施設は鉄筋コンクリートの構造がしっかりしている建物だったこともあり、被害が少なくて済んでいたので、しばらくの間は、近隣の被災者の方々の避難所としても機能していたのだが、2度の大きな揺れが治まった後、「何か手伝うことはあるか?」「困っていることはないか?」など、入所者さんとは全く関係がない、近隣の住民の皆さん方から次々に電話が入り、多い時には40人以上の人が施設に集結しボランティアをしてくれていた。

③の話に感動しました。「やまゆり苑」のような話もある中で、母の施設はここまで地域にしっかりと根付いていたんだ。いざとなると縁もゆかりもない近隣住民が「○○寺が倒壊して道をふさいでるけどどうやってそっちへ行けばいい?」など問い合わせしながら、倒壊した建物や地割れも気に留めず、我先にと施設に集まって手伝ってくださったなんて…本当にありがたいですね。

それもこれも、日ごろから、施設職員たちがコツコツと地道に地域住民たちを招いてイベントを開催して、入所者さんたちと地域住民たちとの交流を図っていたおかげです。

いつの間にか住民の皆さんの心の中に理解と親しみが深まっていたんですね。

地震後の「自助」「共助」100点満点!!


東京は地震後、どうなるのかなぁ。


ここまでうまく助け合うことができるだろうか…イベント企画したってその日に限って外出とか用事があると欠席届提出する住人がどっと増えるもんなぁ(笑)

無理だよなぁ…








2016年07月20日 (水) | 編集 |
2_000000001209.jpg 

熊本城をあしらう、渋うちわの生産ピーク:朝日新聞デジタル
http://www.asahi.com/articles/ASJ755QB9J75TQIP00B.html

山鹿の来民(くたみ)渋うちわ!
渋うちわ、懐かしい!!!
子供の頃、どこの家にも必ずと言っていいほどあった。

少なくとも我が家と親戚の家にはあった。
達磨さんとか熊本城とかの絵柄。

買えば熊本城修復の寄付にもなるのね。
これ欲しい!
1本でも売ってくれるのかな?
電話しようかな?
早速電話してみました。
1本から売っていただけるとのこと。
送料が1本なら300円ほどかかるようです。
「熊本城」を2本購入。
複数だと送料はもう少しお高くなるかもとのこと。
電話口で送り先と電話番号を伝えれば品物が先に来ます。
支払いは後払い。
楽しみ!! 


★追記(2016年7月23日)
買って応援。

13716096_1047977411960960_7516739697316199769_n.jpg 
熊本山鹿、栗川商店の「来民渋うちわ」到着。

懐かしいし涼しいし。

その上、熊本城修復の役にも立つ。

13731503_1047977478627620_3849583647180571855_n.jpg 
一粒で三度おいしい!






2016年06月16日 (木) | 編集 |
【がんばるけん!…復興PR、県がシンボルマーク】
~毎日新聞2016年6月15日 18時23分(最終更新 6月15日 19時22分)~
http://mainichi.jp/articles/20160616/k00/00m/040/015000c

熊本県は15日、熊本地震からの復旧・復興に向け、県のPRキャラクター「くまモン」を活用したシンボルマークを作成したと発表した。



がんばるけん!
 
くまモンが旗を振って前進し、「がんばるけん!くまもとけん!」と呼びかけるデザインになっている。
マークのデザインは、くまモンの「生みの親」として知られる放送作家の小山薫堂さんとアートディレクターの水野学さんが考案した。

m-201129_0_11.jpg 
旗の図案はくまモンの顔がモチーフになっている。
 

県全体で復興に向けた機運を盛り上げるため、県のホームページや県職員の名刺にマークを使用。事前許諾が必要だが、県内の団体、学校などに活用を呼びかけていく。


また、県内企業に限り、来年3月末までは商品のパッケージなどでの利用を認める。県くまもとブランド推進課は「マークを通して、県民が心を一つにして復興に進んでいきたい」としている。


また、県は同日、熊本地震の復興方針などを話し合う「くまもと復旧・復興有識者会議」の五百旗頭(いおきべ)真座長(熊本県立大理事長)が19日に蒲島郁夫知事に対し、最終提言を提出すると発表した。最終提言を踏まえ、県は20日に新設する「復旧・復興本部」で復興策について検討を進めていく。【中里顕】


がまだせ、くまもと❤




2016年06月01日 (水) | 編集 |


20160601lightup again 

熊本市長 大西一史 @K_Onishi 
今夜8時に熊本城のライトアップを再開しました。多くの市民の皆様からご要望があり電源装置等を修復して本日点灯できました。熊本の復興のシンボルとして、被災した皆さんの復興の灯火としてご覧頂ければ幸いです。







2016年05月04日 (水) | 編集 |
 20160504.jpg 

私もこの姿を決して忘れんごつ、

大西熊本市長の今朝のtwitterから画像をお借りしました。

大丈夫よ、市長!

私らにはせいしょこさんのおらすけん!

せいしょこさんと共に私ら熊本んモンは生き続ける。

銀杏城は私らの生きとる内に治らんと思うばってん、

そんときゃそん時!

な~んも心配しとらん。

次の世代、若いモン達がきっと引き継いでくれるけん、

安心ばしよるです。

一口城主、また始めよばい❤