薫の野郎猫的日常
2017年05月29日 (月) | 編集 |
↓の国の被災動物に対する促しはそのまんま世田谷区の被災動物ボランティア制度じゃないですか?「世田谷区の方が先なのに…」どうして世田谷区はこのことを外に向けて、もっと大々的に、アピールしないのかなぁ…もったいないなぁ!ホントにもったいない!!国に先駆け #世田谷区 は昨年8月、被災動物ボランティア制度をスタートしてます!

★災害時のペット、避難所以外の預け先確保を 指針改訂へ(朝日新聞デジタル) - Yahoo!ニュース 
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170529-00000007-asahi-soci @YahooNewsTopics

災害時のペット、避難所以外の預け先確保を 指針改訂へ
朝日新聞デジタル 5/29(月) 2:24配信
 
 環境省は早ければ今秋にも、災害時のペットの保護や飼い主の責任を定めたガイドラインを改訂する方針を固めた。昨年4月の熊本地震の教訓を踏まえ、自治体にはペットをほかの被災者と分けて保護すること、飼い主らには避難所以外の預け先も確保しておくよう求める見通しだ。
 東日本大震災後の2013年、環境省は「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」を初めて策定した。ペットが逃げ出して防疫上の問題になったほか、飼い主が連れに戻って二次被害に遭う事例があったことから、ガイドラインでは「同行避難」を基本として、飼い主にペットを入れるケージなどの準備を促し、自治体には避難所や仮設住宅で可能な限りペットを受け入れるよう求めた。
 しかし熊本地震では、避難所に入ったペットに対する苦情も少なくなかった。内閣府が避難した377人に聞いたところ、35・5%の人が避難所にペットを入れてほしくないと回答した。避難所でペットの受け入れを拒まれ、飼い主が車中泊を強いられるケースもあった。
 このため環境省は改訂ガイドラインで、自治体に対し、避難所でペットを保護する場合はほかの被災者と分けるよう求める。また、避難所で保護できない場合に備え、飼い主や自治体などには預け先を確保しておくよう促す方針だ。
朝日新聞社 

※朝日新聞社にはこの記事の社twitterアカウント、そしてこの記事をRTされていたジャーナリストの山路徹氏に向け、世田谷区の取り組みも取材してくれるようお願いの投稿をしました!!

★被災動物ボランティアを募集 | 世田谷区 http://www.city.setagaya.lg.jp/kurashi/101/115/281/d00148132.html



★是非一度お読みください。 
 
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  




2017年03月07日 (火) | 編集 |
 ★「熊本の殺処分ゼロについて(追記あり)」
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2059.html 
ブログ:野郎猫集団「千太組」

★【世田谷区災害ボランティアと被災動物ボランティアについて。】区長へのメール(追記あり) http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2064.html 
ブログ:野郎猫集団「千太組」


蒲島熊本県知事宛「熊本県の殺処分について」
保坂世田谷区長宛「防災ボラと被災動物ボラの連携について」
に対する回答が届きましたので、上記ブログに追記として記載完了!

興味がおありの方は是非、読んでみてください。

しっかし、書かれていた内容があまりにもソックリすぎて情けないやら悲しいやら。

行政ってどこ向いて仕事してるの?
これらの回答を読む限り、住民や動物のことを考えてもらえてるとは考えにくいです。

ま、国会での森友問題に対するお役人のあの頑なな答弁を見てれば、夢も希望も無くなりますよ。

中央があんなだから、地方自治体なんかこんなもんかもしれないですね。

でもひとたび発災したらこんな考えじゃ成り立たないんじゃないかしら?

どうして行政ってこうも住民からの意見に対して的外れな答えばかりするのだろう?
特技ですか?

思うに、住民の方が一歩も二歩も先を歩いてる気がする。

ダイナソーでガラパゴスな行政には考古学者が必要かも。



2017年02月25日 (土) | 編集 |
 熊本地震被災者で被災飼い主で動物と人間の共生を訴え続けている知人から世田谷区民へアドバイス。


発災後、暫くは被災動物ボラは餌や配給のことで忙殺され、他のことは何も手につかないだろう。そういう時はナースやケアにお願いすればいい。お願いしてアンケート用紙に「お宅にはペットがいますか?」という一文を書いてもらえば、看護・介護職が担当避難所内や訪問先のお宅の状況、諸情報を収集し、被災動物ボラへ渡してくれます。


被災経験者の声はありがたい!
やっぱり「分断より連携と協働
被災したら、というか、被災する前から、動物、人間、ペットと飼い主、それ以外の人間みたく縦割りじゃなく、多種多様なボラさんたちの横の連携・協働が一番大切なんだな。
F君、ありがと!

※この件は保坂区長、世田谷保健所、そして田中優子区議のtwitter、「区長へのメール」に送信しました。



★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  



2017年02月24日 (金) | 編集 |
★Social Change Agency‏@sca20130824 
【今週のフクシ・エントリ!】こうやってどんどんソーシャルワーカーが活用されぬまま職域を狭くされていくのを、職能団体は黙って見過ごすという系図はそろそろやめにしませんか? / “東京・世田谷区、災害ボランティアの調整人材を養成”
⇒東京・世田谷区、災害ボランティアの調整人材を養成  :日本経済新聞 http://www.nikkei.com/article/DGXLZO13231710S7A220C1L83000/



面白いご意見。
既存のシステム・マンパワーが生かされないまま、新しいシステムだけどんどん増え、膨張し、結局は「でいたらぼっち」のように動きが鈍化するだけってある意味、行政の怠慢であり、傲慢でもあり、とても無責任。指令系統を可能な限りコンパクトにし、多種多様なボラと緊密な横の連携が取れるような組織作りを!人と動物の共生の面から考えても、被災動物ボラとの連携もその一つと考えます。
※「災害ボランティア」と言う名称ですが、私の周囲には「被災動物ボランティア」のことだと誤解し、「やっと新聞で取り上げられた」と歓喜する人続出です。なぜ人間の災害ボラだけこうして新聞で取り上げられるのか、目標人数まで掲げてポジティヴに取り組む雰囲気を作り上げてくれるのか…理解困難な世田谷区の対応に大変複雑な気持ちです。


★是非一度お読みください。 
 
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  



2017年02月23日 (木) | 編集 |
ご意見等のテーマ
被災動物ボランティアと災害ボランティアについて。

ご意見等の内容
今日の日本経済新聞で「東京・世田谷区、災害ボランティアの調整人材を養成 」という記事を見つけました。
http://www.nikkei.com/article/DGXLZO13231710S7A220C1L83000/
被災動物ボランティアと災害ボランティア。
前者は保健所、後者はきっと危機管理室災害対策課マター。
上記2つのボランティアの一元化・統一化はできないですか?
常時もですが緊急時・災害時の人間と動物の共生は必須だと考えます。
それとも世田谷区は災害時の被災動物と飼い主、それ以外の人間は相容れないですか?
しかし、ひとたび発災したら「ノアの方舟」状態ですよ?
過去の被災地がそうだったように動物も人間もごった煮状態になる。
どうしてそれをご理解いただけないのでしょうか?
過去の被災地から学んでいただきたい。
熊本地震経験者であり、今現在も被災地熊本の動物と人間の共生をめざし活動している知人が、「動物だけ、人間だけ、っていう分断思考じゃなく、被災動物の隣には飼い主や餌やりさんたち被災者がいる、つまり動物と人間の共生を俯瞰的な思考で策定した災害プラン&訓練が必須」と言っております。

進歩的未来志向の世田谷区が発信する被災動物ボランティアと災害ボランティアの一元化、統一化を是非ともご検討お願いします。

追記
先ほど送らせていただいた意見の追記です。
世田谷区の災害ボランティア日経記事を見た熊本の被災者であり、被災飼い主でもあり、熊本行政に対し、災害時の人間と動物共生の活動もしている知人からの世田谷区行政への声をお届けします。
「分けたらダメです。絶対!だって被災者支援の観点からやらなきゃ成功しないのに。」
「熊本でたくさんの事例があるのに・・・。」
「被災動物ボランティアは災害ボランティアと連携するだけではなく、共働しなければ被災者支援としての効果が発揮出来ず、最悪の場合は同行避難している人たちと、そうでない人たちの溝を拡げてしまう危険性もあると思います。」
どうぞ被災体験者の声に真摯に耳を傾け、世田谷独自の画期的かつ現実的な「災害ボラと被災動物ボラの連携&協働システム」の構築、そして是非とも条例化を!


★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  


※本日2017年3月7日(火)、世田谷区危機管理室・世田谷保健所連名で、上記の意見への回答が参りましたので、もし興味のある方は『追記』よりお入りください。





[READ MORE...]
2017年02月23日 (木) | 編集 |
★下記の通り、今日の日本経済新聞で「東京・世田谷区、災害ボランティアの調整人材を養成 」という記事を見つけました。
被災動物ボランティアと災害ボランティア。
前者は保健所、後者はきっと危機管理室災害対策課マター。
上記2つのボランティアの一元化・統一化はできないですか?
常時もですが緊急時・災害時の人間と動物の共生は必須だと考えます。
それとも世田谷区は災害時の被災動物と飼い主、それ以外の人間は相容れないですか?
しかし、ひとたび発災したら「ノアの方舟」状態ですよ?
過去の被災地がそうだったように動物も人間もごった煮状態になる。
どうしてそれをご理解いただけないのでしょうか?
過去の被災地から学んでいただきたい。
熊本地震経験者であり、今現在も被災地熊本の動物と人間の共生をめざし活動している知人が、「動物だけ、人間だけ、っていう分断思考じゃなく、被災動物の隣には飼い主や餌やりさんたち被災者がいる、つまり動物と人間の共生を俯瞰的な思考で策定した災害プラン&訓練が必須」と言っております。
進歩的未来志向の世田谷区が発信する被災動物ボランティアと災害ボランティアの一元化、統一化を是非ともご検討お願いします。

はぁ、また「区長のメール」書かなきゃ…(;´д`)トホホ



 

東京・世田谷区、災害ボランティアの調整人材を養成 

2017/2/23 7:00

 東京都世田谷区は首都直下地震などの大規模災害に備えて、災害ボランティアの受け入れ体制を強化する。2017年度から、大勢のボランティアの役割分担や差配に当たる調整役の人材の養成講座を始める。区民を中心に、17年度に600人の受講を目指す。18年度以降も、同規模の人材育成を継続する。

 同区は区内にある日本体育大学や国士舘大学など5大学と連携し、災害時に大学の校舎を活用した「ボランティアマッチングセンター」を開く。各地から集まったボランティアの受付窓口となり、指示を出す拠点となる。調整役はセンターのほか、避難所で活動する。

 講座はまず、入門の「基礎講座」と、基礎講座を修了した人を対象とする発展的な「スキルアップ講座」の2段階を用意する。18年度からは、現場のリーダーを養成するさらに上級の「専修講座」のほか、東日本大震災の被災地の復興の経過を学ぶ研修も予定する。

 講座の運営は社会福祉法人の世田谷ボランティア協会が担当する。受講生は災害時のみならず、平時の防災訓練にも参加する。

★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  



2017年02月18日 (土) | 編集 |
○相手に届かなきゃなんにも変わらないので、ダメ元で保坂区長のtwitterと「区長へのメール」にて下記の通り、お願いをしてみました。


ご意見等のテーマ
世田谷区被災動物ボランティア制度の件で保坂区長へお願いです。

ご意見等の内容
⇒次は「猫ファースト」? 小池都知事 圧勝の区長とイベント
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/txn/news_txn/post_126880/

区長、全国的にみても画期的な世田谷区被災動物ボランティア制度のため、区長もプレスを前に、このような登録啓発キャンペーンをお願いできませんか?
1月25日配布「区のお知らせ」区長挨拶に募集記事が記載されたお蔭で1月の登録者数が激増。区行政からの積極的な発信が非常に有効だと証明されました。今後も不定期でいいので区からの積極的な発信をお願いしたいです!!【世田谷区被災動物ボランティア制度】登録応募者数の推移データ http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2055.html

★是非一度お読みください。 
 
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  


2017年02月11日 (土) | 編集 |
★2月5日付拙ブログ【世田谷区被災動物ボランティア制度】第1回登録者研修会
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2050.html
内でもお伝えしていたボラ募集開始した昨年8月以降の登録者数の推移の件。

先ほど田中優子区議のfacebookにて結果の報告がありました。
結果は以下の通り。
 
※「世田谷区被災動物ボランティア登録状況」
28年
8月( 5名)
9月( 5名)
11月(3名)
12月(6名)
29年
1月(22名)

2月(6名)
総計47名(平成29年2月10日現在)。
※2月4日開催の「ボランティア研修」参加者数は30名とのこと。
多くの方に知ってほしいです。


田中区議、情報ありがとうございます!
やはり想像した通りの結果です!
7925f61ca0b6eb326a851c8cc0b993e1.jpg 
ボランティア募集が1月25日配布「区のお知らせ」区長挨拶に記載された1月の登録者数が突出してますね。
あの時、この件でtwitterにも投稿しRT数もよかった。
そのほかにfacebookの「世田谷区民ニュース」にも2度載せてもらって、それなりの反応もあったし。
それだけ区行政からの積極的な発信が有効だという証拠です。
今後も不定期でいいので区の発行物に募集記事の記載お願いしたいです!!


資格は必要ありません。
ペットがいる、いないも関係ありません。
世田谷区民であればOKです。
★被災動物ボランティアを募集 | 
#世田谷区
 
http://www.city.setagaya.lg.jp/kur…/…/115/281/d00148132.html 


★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  



2017年02月09日 (木) | 編集 |
13096290_940793596036889_6680181463672213967_n.jpg 
★ペットの同行避難、正しく理解できている飼い主は6割に留まる
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000012656.html @PRTIMES_JPさんから 

私はいつも被災地から多くのことを学ばせていただいてます。

わが故郷、 熊本での震災で嫌と言うほど分かったのは、いざという時に一般庶民である飼い主を導く立場の環境省、獣医師、行政、そして動物愛護の方々が同行と同伴を混同し、誤った情報をSNSでばら撒いていた事実。

そのことでどれだけ被災された方々とペットたちが振り回され、しなくてもいい辛い思いをしたことか。

そして、その間違った投稿を転載したり、誤認識の方々を取材したマスコミ媒体(彼等もまたペット防災に関する知識や情報量が乏しいから、取材対象が間違った認識を持っていることに気が付かない。)がまた、二重三重に誤った情報を大々的に拡散する悲劇。

あの当時、どれほど必死に情報の訂正に奔走したことか…

当時を思い出すだけで血圧が上がります。
愛護だけじゃなく、影響を与える側の個人や団体、媒体のなんと間違った情報だらけだったことよ!

※その当時のことは、拙ブログの「同伴避難/マイクロチップ」カテゴリ(
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.htmlの中に収めてありますので、興味のある方はご一読ください。

飼い主さんたちに知ってほしい知識のすべて、先ず最優先で勉強してほしいのは、私たち一般庶民もだけど、それよりなにより↑に挙げた方々に真剣に学んでほしいですね。そしてもう二度とあんな誤情報を被災地に向けて発信しないでいただきたい。

そう思ってしまうくらい、熊本地震の時にばら撒かれた情報の質は酷かった。




2017年02月05日 (日) | 編集 |
昨日のブログの通り、
⇒今日の今日でシフト変更! http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2048.html
私は残念ながら仕事が入って参加できませんでしたが、
昨日、2月4日に世田谷区役所内で実施された第1回被災動物ボラ登録者研修会の内容は以下の通りです。
 
 
1 時間前

世田谷被災動物ボランティア制度研修 |


会の流れは、
※区の防災計画などの説明、
※動物ボランティアの現時点での説明、
※獣医師の被災動物取扱の注意事項、
※被災地の実情などのお話
※質疑応答
だったそうです。

約40人もの登録者が参加したらしいです。
参加人数アバウト40人!!!
意外でした。
だって昨年11月の時点では確実に登録者数13人だったのですから。
昨年の区議会で田中優子区議が働きかけた結果、ブログにも記載した通り、今年になって「区のお知らせ」区長挨拶に募集記事が載ったことも少なからずお力になったと信じたいです。⇒【世田谷区被災動物ボランティア】1月25日配布「区のお知らせ」に載りました! http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2045.html

①昨年8月ボラ制度発令からの実質的な登録者数を月毎にして、その推移が知りたい。(もちろん今後も継続的に!)
※何時の間にそんなに増えたのか?
②私たちや行政が行った情報拡散活動の、なにが、これだけ多くの登録者数に結び付いたのか?(これももちろん今後も継続的に!)
★以上のこと、今後の有効的情報拡散方法の指針にもなるので、田中区議にお願いし、行政から定期的&詳細なレポートを出していただくことは可能か、お願いしました。

区行政には引き続き、「効果的」かつ「継続的」な頑張りを期待します。
そして、なお一層活発な拡散活動で、一人でも多くの世田谷区民にこの制度を知っていただけますように!「官民協働」の第一歩として大いに期待いたします。

★行政への後押しとして、区議会からのサポートは必須ですので、今後とも変わらず、田中優子区議へ継続的なご協力をお願いしました。


資格は必要ありません。
ペットがいる、いないも関係ありません。
世田谷区民であればOKです。
★被災動物ボランティアを募集 | 
#世田谷区
 
http://www.city.setagaya.lg.jp/kur…/…/115/281/d00148132.html 


★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html