薫の野郎猫的日常
2017年02月23日 (木) | 編集 |
★下記の通り、今日の日本経済新聞で「東京・世田谷区、災害ボランティアの調整人材を養成 」という記事を見つけました。
被災動物ボランティアと災害ボランティア。
前者は保健所、後者はきっと危機管理室災害対策課マター。
上記2つのボランティアの一元化・統一化はできないですか?
常時もですが緊急時・災害時の人間と動物の共生は必須だと考えます。
それとも世田谷区は災害時の被災動物と飼い主、それ以外の人間は相容れないですか?
しかし、ひとたび発災したら「ノアの方舟」状態ですよ?
過去の被災地がそうだったように動物も人間もごった煮状態になる。
どうしてそれをご理解いただけないのでしょうか?
過去の被災地から学んでいただきたい。
熊本地震経験者であり、今現在も被災地熊本の動物と人間の共生をめざし活動している知人が、「動物だけ、人間だけ、っていう分断思考じゃなく、被災動物の隣には飼い主や餌やりさんたち被災者がいる、つまり動物と人間の共生を俯瞰的な思考で策定した災害プラン&訓練が必須」と言っております。
進歩的未来志向の世田谷区が発信する被災動物ボランティアと災害ボランティアの一元化、統一化を是非ともご検討お願いします。

はぁ、また「区長のメール」書かなきゃ…(;´д`)トホホ



 

東京・世田谷区、災害ボランティアの調整人材を養成 

2017/2/23 7:00

 東京都世田谷区は首都直下地震などの大規模災害に備えて、災害ボランティアの受け入れ体制を強化する。2017年度から、大勢のボランティアの役割分担や差配に当たる調整役の人材の養成講座を始める。区民を中心に、17年度に600人の受講を目指す。18年度以降も、同規模の人材育成を継続する。

 同区は区内にある日本体育大学や国士舘大学など5大学と連携し、災害時に大学の校舎を活用した「ボランティアマッチングセンター」を開く。各地から集まったボランティアの受付窓口となり、指示を出す拠点となる。調整役はセンターのほか、避難所で活動する。

 講座はまず、入門の「基礎講座」と、基礎講座を修了した人を対象とする発展的な「スキルアップ講座」の2段階を用意する。18年度からは、現場のリーダーを養成するさらに上級の「専修講座」のほか、東日本大震災の被災地の復興の経過を学ぶ研修も予定する。

 講座の運営は社会福祉法人の世田谷ボランティア協会が担当する。受講生は災害時のみならず、平時の防災訓練にも参加する。

★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  



2017年02月18日 (土) | 編集 |
○相手に届かなきゃなんにも変わらないので、ダメ元で保坂区長のtwitterと「区長へのメール」にて下記の通り、お願いをしてみました。


ご意見等のテーマ
世田谷区被災動物ボランティア制度の件で保坂区長へお願いです。

ご意見等の内容
⇒次は「猫ファースト」? 小池都知事 圧勝の区長とイベント
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/txn/news_txn/post_126880/

区長、全国的にみても画期的な世田谷区被災動物ボランティア制度のため、区長もプレスを前に、このような登録啓発キャンペーンをお願いできませんか?
1月25日配布「区のお知らせ」区長挨拶に募集記事が記載されたお蔭で1月の登録者数が激増。区行政からの積極的な発信が非常に有効だと証明されました。今後も不定期でいいので区からの積極的な発信をお願いしたいです!!【世田谷区被災動物ボランティア制度】登録応募者数の推移データ http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2055.html

★是非一度お読みください。 
 
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  


2017年02月11日 (土) | 編集 |
★2月5日付拙ブログ【世田谷区被災動物ボランティア制度】第1回登録者研修会
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2050.html
内でもお伝えしていたボラ募集開始した昨年8月以降の登録者数の推移の件。

先ほど田中優子区議のfacebookにて結果の報告がありました。
結果は以下の通り。
 
※「世田谷区被災動物ボランティア登録状況」
28年
8月( 5名)
9月( 5名)
11月(3名)
12月(6名)
29年
1月(22名)

2月(6名)
総計47名(平成29年2月10日現在)。
※2月4日開催の「ボランティア研修」参加者数は30名とのこと。
多くの方に知ってほしいです。


田中区議、情報ありがとうございます!
やはり想像した通りの結果です!
7925f61ca0b6eb326a851c8cc0b993e1.jpg 
ボランティア募集が1月25日配布「区のお知らせ」区長挨拶に記載された1月の登録者数が突出してますね。
あの時、この件でtwitterにも投稿しRT数もよかった。
そのほかにfacebookの「世田谷区民ニュース」にも2度載せてもらって、それなりの反応もあったし。
それだけ区行政からの積極的な発信が有効だという証拠です。
今後も不定期でいいので区の発行物に募集記事の記載お願いしたいです!!


資格は必要ありません。
ペットがいる、いないも関係ありません。
世田谷区民であればOKです。
★被災動物ボランティアを募集 | 
#世田谷区
 
http://www.city.setagaya.lg.jp/kur…/…/115/281/d00148132.html 


★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  



2017年02月09日 (木) | 編集 |
13096290_940793596036889_6680181463672213967_n.jpg 
★ペットの同行避難、正しく理解できている飼い主は6割に留まる
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000046.000012656.html @PRTIMES_JPさんから 

私はいつも被災地から多くのことを学ばせていただいてます。

わが故郷、 熊本での震災で嫌と言うほど分かったのは、いざという時に一般庶民である飼い主を導く立場の環境省、獣医師、行政、そして動物愛護の方々が同行と同伴を混同し、誤った情報をSNSでばら撒いていた事実。

そのことでどれだけ被災された方々とペットたちが振り回され、しなくてもいい辛い思いをしたことか。

そして、その間違った投稿を転載したり、誤認識の方々を取材したマスコミ媒体(彼等もまたペット防災に関する知識や情報量が乏しいから、取材対象が間違った認識を持っていることに気が付かない。)がまた、二重三重に誤った情報を大々的に拡散する悲劇。

あの当時、どれほど必死に情報の訂正に奔走したことか…

当時を思い出すだけで血圧が上がります。
愛護だけじゃなく、影響を与える側の個人や団体、媒体のなんと間違った情報だらけだったことよ!

※その当時のことは、拙ブログの「同伴避難/マイクロチップ」カテゴリ(
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.htmlの中に収めてありますので、興味のある方はご一読ください。

飼い主さんたちに知ってほしい知識のすべて、先ず最優先で勉強してほしいのは、私たち一般庶民もだけど、それよりなにより↑に挙げた方々に真剣に学んでほしいですね。そしてもう二度とあんな誤情報を被災地に向けて発信しないでいただきたい。

そう思ってしまうくらい、熊本地震の時にばら撒かれた情報の質は酷かった。




2017年02月05日 (日) | 編集 |
昨日のブログの通り、
⇒今日の今日でシフト変更! http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2048.html
私は残念ながら仕事が入って参加できませんでしたが、
昨日、2月4日に世田谷区役所内で実施された第1回被災動物ボラ登録者研修会の内容は以下の通りです。
 
 
1 時間前

世田谷被災動物ボランティア制度研修 |


会の流れは、
※区の防災計画などの説明、
※動物ボランティアの現時点での説明、
※獣医師の被災動物取扱の注意事項、
※被災地の実情などのお話
※質疑応答
だったそうです。

約40人もの登録者が参加したらしいです。
参加人数アバウト40人!!!
意外でした。
だって昨年11月の時点では確実に登録者数13人だったのですから。
昨年の区議会で田中優子区議が働きかけた結果、ブログにも記載した通り、今年になって「区のお知らせ」区長挨拶に募集記事が載ったことも少なからずお力になったと信じたいです。⇒【世田谷区被災動物ボランティア】1月25日配布「区のお知らせ」に載りました! http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2045.html

①昨年8月ボラ制度発令からの実質的な登録者数を月毎にして、その推移が知りたい。(もちろん今後も継続的に!)
※何時の間にそんなに増えたのか?
②私たちや行政が行った情報拡散活動の、なにが、これだけ多くの登録者数に結び付いたのか?(これももちろん今後も継続的に!)
★以上のこと、今後の有効的情報拡散方法の指針にもなるので、田中区議にお願いし、行政から定期的&詳細なレポートを出していただくことは可能か、お願いしました。

区行政には引き続き、「効果的」かつ「継続的」な頑張りを期待します。
そして、なお一層活発な拡散活動で、一人でも多くの世田谷区民にこの制度を知っていただけますように!「官民協働」の第一歩として大いに期待いたします。

★行政への後押しとして、区議会からのサポートは必須ですので、今後とも変わらず、田中優子区議へ継続的なご協力をお願いしました。


資格は必要ありません。
ペットがいる、いないも関係ありません。
世田谷区民であればOKです。
★被災動物ボランティアを募集 | 
#世田谷区
 
http://www.city.setagaya.lg.jp/kur…/…/115/281/d00148132.html 


★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  




2017年01月27日 (金) | 編集 |

7925f61ca0b6eb326a851c8cc0b993e1.jpg   

【シェアお願いします!】
【 
#拡散希望 】
1月25日配布「区のお知らせ」区長挨拶で 
#ペット同行避難 と被災動物ボランティアを取り上げました。
区は被災動物ボランティアを募集しています。
資格は必要ありません。
ペットがいる、いないも関係ありません。
世田谷区民であればOKです。
区民の皆さん、ぜひ登録を!
⇒被災動物ボランティアを募集 | 
#世田谷区
 http://www.city.setagaya.lg.jp/kur…/…/115/281/d00148132.html 

★世田谷区のペット防災で、いつもお世話になっている田中優子区議のブログ。
災害時のペット対策〜「被災動物ボランティア」募集について http://blog.goo.ne.jp/setagayakugi-tanakayuko/e/ea98ee40ea90124c47720c602758ca41 @setagaya_tanakaさんから



★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html  



2017年01月11日 (水) | 編集 |
熊本在住、熊本地震被災者であり、被災後の「同行避難」「同伴避難」を現在進行形で熊本行政に働きかけ、有益な情報を発信し続けている、しっぽ家族の同居人のくまモン(熊本人の意味)、HUG THE BROKENHEARTSさんの了解を得て、HUGさんのfacebookから、熊本地震被災体験から得た「同行避難」検証レポートを転載させていただきます。

お一人でも多くの方に熟読していただき、皆様の居住地域のために生かしていきたいですね。
被災地&被災者の生の声こそ我らが指標なり。


4月に起きた熊本震災におけるペット「同行避難」。震源地益城町、熊本市内他10数か所の状況を実際に確認し、多くの飼い主、行政の人々にインタビューした「同行避難」の検証レポートです。

震災直後益城町と熊本市内の多くの避難所では「室内同伴」の状態でした。避難所側も、飼い主側も「同行避難」に対する認識は不足していましたが、同行避難して来た避難者たちをペット同行だから断る事が出来る状況でもなかった事,社会化が出来ていない犬や大型犬を飼っている飼い主たちは自らの判断で車中泊やテント生活、また犬猫たちを自宅に置き同行避難避難しなかったを事。

それによって避難所には比較的社会化された小型犬たちが多かった事で震災直後の同行避難は比較的成功していた様に感じました。

各避難所の状況はペット同伴の人とそうでない人が混在した状態の避難所、学校の技術室にペットとその家族たちは分離されていた避難所、飼い主側や避難所運営側の努力によって「室内同伴」出来ていた状況でした。県や自治体からペット同伴者への対応の具体的な指示が出ていない状況の中で「室内同伴」出来ていた避難所もたくさんあったと言う事です。

しかし、事前にペット同伴者とそうでない人たちとのスペース分離は考えられてはいなかったし、ペット同伴者が同行避難して来る事はわかっていたのに実際にはその事で起きるトラブルやクレームは行政にとっては「想定外」の事の様な状態でした。

現実をこの目で見て思うのは災害直後はほぼ全ての避難所が「室内同伴」するべきで、「室内同伴」出来ない避難所をいくつか事前に指定するべきだと思います。

そして「室内同伴」している間に動物問題に対する対策を取る。

もちろん「室内同伴」を成功させる為には飼い主とそうでない人たちとのスペースの分離は必要で、それは各避難所が事前に準備しておくべき事です。

また、今回躾けや社会化が出来なかった犬たちの飼い主の人たちが車中泊やテント生活を送り、エコノミークラス症候群や熱中症による「人の命」の危機に瀕していた事が大きな問題となりましたが、そこは飼い主の人たちが事前に準備しておくべき事で、災害時の避難所と言う特殊な環境の中で躾けや社会化が出来ていない犬と「室内同伴避難」する事は非常に難しい事です。

熊本震災を教訓として、犬の躾けや社会化が災害と言う緊急時には人命にも影響すると言う認識をするべきだし、行政側もそれを啓蒙するべきです。

そして重要なのは避難生活の「今後」を飼い主にも、そうでない人たちにも「明確」に「提示」する事です。「室内同伴」出来る期間を両方に「明示」する事で避難所内で気を遣う飼い主たちも、犬や猫が避難所内にいる事で迷惑する人たちも「我慢」する事が可能になり、クレームやトラブルの減少に繋がります。

先行きが見えなければ例えそれが犬や猫がその原因ではなくともトラブルになり、飼い主も犬や猫も苦しむ事になります。先行きが見えなければそのストレスは弱い立場の人たち、動物たちへ向かうのです。

益城町、熊本市、御船町、宇城市、その他多くの現場で行政や避難者の生の声を聞き、この目で現状を見て思うのは「ペットは家族なんだから何が何でも室内同伴させろ」と言う事は理想であるのかもしれないけど、現状からかい離し過ぎているし、実際に被災地熊本でそんな事を言っていた飼い主は皆無だったと思います。

そして「いつも一緒にいる」事は「被災者」である飼い主にとってはマイナスの面もあります。「大切な家族」であるからこそペットたちが「被災者」である飼い主の行動を制限してしまい、二次被災の危険性が増したり、日常の生活を取り戻すのが遅れたりしてしまいます。実際に益城町わんにゃんハウスの飼い主さんたちは「最初は預ける事も不安だったけど、預けてよかった、家の片付けや色々と動けた」「わんにゃんハウスに預けてから仕事に復帰出来た」と仰っています。災害時には飼い主がいる動物達の一時預かり施設は必要です。それは動物愛護であるとともに被災者支援でもあります。

行政側、飼い主側が準備すべき事。

今回熊本で示された様々な形の支援「益城町いぬネコ家族プロジェクト」の様な避難所併設の預かり施設、「ピースウィンズジャパン」の同伴テント、「竜之介動物病院」や南阿蘇のペンションの様な民間の預かり施設、獣医師会や愛護センター、更に国。今回様々な人々が同行避難を成功させる為に動きました。被災した地元自治体がすぐに動物たちの問題で動く事は不可能です。全国の力を借りなければ即応出来ません。

その為にも自治体は日頃からこの様な民間団体や近隣の県の行政と連携を取り、事前協定を結ぶべきです。実際今回被災地熊本の民間も行政も被災して震災直後は動けませんでした。災害に対しては広域的な連携が必要です。

協定外にも自治体は災害が起きれば必ず人と一緒に動物たちが避難して来て、その事がトラブルに繋がると言う認識の元に事前に打てるだけの対策をしておく事です。各避難所の区域の動物の飼育頭数の把握、スペース分離の計画、住民への啓蒙活動、事前にやれる事はたくさんあります。災害時は動物の問題がすぐに人間の問題に繋がる事を認識し、動物愛護の観点だけではなく、被災者支援として考えるべきです。

一方飼い主は日頃からゲージに入れる様にして置く事、日頃の健康管理とその記録、しつけや社会化訓練、また一番大事な事は飼い主自身のマナーです。

避難所で散歩させて糞の処理をやらなければ同行避難が成功する訳がありません。例えば人を見れば吠えまくる犬も、日常広い庭で飼われていればなんとかなっても、避難所や仮設ではそれが大きな問題となってしまいます。

不妊去勢、ワクチン接種、そんな事も集団生活の中では問題になり、犬や猫だけではなく飼い主も困る事になるのです。

今の社会が本当の意味で「人と動物が共生している社会」ならば同行避難も室内同伴も上手く行くのかも知れません。でも現実は全く違っていて、同行避難は必ずトラブルになってしまう社会です。

災害時の動物対策の大きな柱は特別な事ではなく、飼い主の人々の意識とマナーの向上と言う当たり前の事を地道に啓発する事です。

15894300_1155062301276683_1275235226967363184_n.jpg




2016年12月23日 (金) | 編集 |
新潟県糸魚川市の皆様、
このたびの未曽有の大火災、心よりお見舞い申し上げます。 
一日も早い復興を心の底よりお祈り申し上げます。

新潟県は日本でいち早くペット同伴避難を推進した自治体です。
今回もペットと一緒に避難所へ逃げてくださったものと存じます。
但し、今回は飼い主と同じ居住空間に避難可能な同伴避難ではなく、
ペットの避難場所が飼い主と別住空間になる同行避難ではありますが、
避難所はペットを受け入れます!

蛇足ではありますが、以下のような情報が回ってまいりましたので
拙ブログでもお知らせしておきたいと思います。

他県の皆様にも新潟県の素晴らしい取り組みに倣い、
ペット防災の礎を築く努力を始めていただきたいと思います。


【糸魚川大規模火災について】※シェアをお願いします!

糸魚川市で発生している火災では現在安全のため
付近の273世帯586人に避難勧告が出ています。

避難場所が市民会館となっていますが、入ってすぐのホールが動物の場所、人の避難場所とは別になっているという情報が現地スタッフより入っています。

避難所には上越動物愛護センターのセンター長はじめ職員の方がいらっしゃり、【フード、ケージ、毛布、ペットシーツ等】は用意されているとのこと。

火災にあわれたり、避難の際ペット連れでお困りのことがありましたら下記までご相談ください。

◆しっぽのなかま上越
代表電話:080-4124-8899
メールアドレス:sippononakama.jo@gmail.com
ブログ:http://sippononakama.blog.fc2.com/blog-entry-171.html
問い合わせフォームからメッセージを送って下さい
http://sippononakama.blog.fc2.com/

japan-201260-reuters_view.jpg 


2016年12月18日 (日) | 編集 |
13096290_940793596036889_6680181463672213967_n.jpg 

拙ブログ「平成28年熊本地震」
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-35.html
「同伴避難/マイクロチップ」
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html
両カテゴリにて
その都度お伝えしてまいりました通り、
熊本地震では「ペット防災」でいろいろな問題や課題が山積みだったけど、 
こうして国がみて見ぬ振りすることなく拾って取り上げてくださり、
次の災害、震災に役立ててくれることに一筋の光明を見た思いです。

熊本地震 

いいぞ、環境省!被災地から学ぶことは大切❤
⇒被災ペット対策で指針改定へ=熊本地震の教訓生かし
-環境省:時事ドットコム
さんから

13103417_708884832585348_8720787911988063003_n.jpg 




2016年12月02日 (金) | 編集 |

★11月21日付
【「区長へのメール」世田谷区ペット同行避難訓練 行政への苦言】
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1994.html
★11月23日付
【「区長へのメール」10月1日に実施された桜木中学での訓練について】
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1995.html
以上の「区長へのメール」への回答が本日届きました。






区民の声28-1637
                          平成28年12月 2日
 
薫@千太組 様  
                                        世田谷区世田谷保健所
                                        生活保健課長 亀谷 智惠子
                                              
 日頃から、世田谷区政にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
 お問い合わせいただきました、ペット同行避難訓練に関してご回答いたします。
 各避難所の運営は、避難所内の町会の方々等が運営する避難所運営委員が主体的
に行っております。
 山野小学校は、ペット同行避難訓練の実績もあり、被災動物ボランティアの見学
について、地域の皆様のご理解もいただきました。
 今後も、関係所管と連携し、ボランティアの皆様に見学いただける同行避難訓練
についてご案内してまいります。
 なお、ボランティアの皆様には、避難所運営についてお知らせするためにも、今
後とも区の方針や避難所の実情の説明など、計画的に研修を行っていくことを考え
ております。
 貴重なご意見ありがとうございました。
以上

※行政は私の質問に何も答えていない。
まったく回答になってないですね。
故意なのか?
それとも無策なのか?
何をどう答えていいのか理解できていないのか?
何もしてこなかったからか?
さっぱりわからない。
行政への闇が濃くなっただけ。

★是非一度お読みください。  
世田谷区の同伴避難、災害時ペット対策のあゆみ 
 
☆ブログ:野郎猫集団「千太組」同伴避難/マイクロチップカテゴリ 
 
 
http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-category-26.html