薫の野郎猫的日常
2016年12月18日 (日) | 編集 |
DSCF8300[1]
胸が重苦しい…。
DSCF8303[1]
目覚めればこの顔。
DSCF8312[1]
私のこと大好きな猫。
DSCF8321[1]
思い極まって涎をぽたぽた(笑)
DSCF8317[1]
マイ・スゥイート・幸四郎❤ 
DSCF8320[1]




2013年07月07日 (日) | 編集 |
S0143031.jpg 
我が家の抱っこ猫№1
我が家で一番の甘えん坊
我が家で一番人懐っこい
我が家で一番の食いしん坊
我が家で一番の大食い
我が家で一番の世話好き
そして
我が家で一番優しい子

そういえば最近
ジュサ坊との力比べが沈静化しているような…
ま、その分
七海が幅を利かせているみたいだけど…

何はともあれ!
幸ちゃん
お誕生日おめでとう!

これからの一年、元気で健康で生活できますように。
ずっとずっと一緒にいようね。




2013年02月20日 (水) | 編集 |
一昨日からしぶり便気味の幸四郎。
昨夜ついにいきみすぎて大量嘔
吐。
夜間に電話にて先生の指示を仰ぐ。
輸液しながら様子観察。
排便困難(?)をな
んとかすれば問題解消のように見えるが。

そして今朝、受診。
レントゲン
ではなにも見当たらず。
午前中、預けて浣腸をお願いする。
排便時
の異常を見てもらうため。

毎日排便があるので便秘ではない。
が、1昨日から明らかに排便異
常。
嘔吐した昨夜、いきむ時に1回だけだが悲鳴に似た絶叫あり。
その後、何度も排便ポーズするもスッキリと出ないらしい。
かとい
ってレントゲンにはそれらしき塊は見えず。
排便するとき以外は嘔
吐もなければ、異常行動も見られず。

レントゲンで腸閉塞の心配は消えた。
ごろごろウンチもゼロ。
浣腸
で排便を邪魔してる「何か」が出てくれればいいのだけれど。
それ
でも何も出なければ、さて、どうしようかしら。
今のままだと、い
くら食べても、いきめば胃の中のものを全部嘔吐してしまい
体に栄
養が回らなくなる。
なんとかしなければ。

午後7時、やっとこさ先生から電話。
浣腸したが何も出ないし、嘔吐もない、とのこと。

なので、まずは採血してもらい、必要な項目の血液検査。
膵炎チェックのため、ラボにも出すことにした。
あとは、消化剤を処方してもらい服薬しながら様子観察。

検査結果が出たら、そこでまた考えよう。

寿幸闘争の煽りを受けてストレス性なのか、
はたまた何かしらの病なのか?

なんでもなければいいのですけど。
DSCF3008.jpg  
ナイトがひと段落したと思ったら・・・お次はお前ですかOrz
やれやれ(-_-メ)


しっかし、
繁盛するのはおめでたいこととはいえ、
指示通りに朝イチに預けたにも拘らず、
午前中いっぱい預かると言ってたはずが、
4時になっても電話がない。
しびれを切らしたこっちが電話するまで
何の連絡もよこさず
挙句の果てに9時間以上待たせて
やっとこさ連絡が来たかと思ったら
時間がかかる診察があるからと、
この時間になってもまだお迎えに行けないなんて・・・

これが普通なの?
今までが待遇良すぎたんでしょうかね?
 
お腹ペコペコの野郎どもも幸四郎待ちです。
ちぃっとムカつく。。。 (アタシも腹ペコだから)


追記

8時過ぎお迎え。
血液検査終了。
まったく問題なし。
先回よりいい数値。
なので、膵炎チェックは見送り?
今度異常が見られたら、そこでエコーと膵炎チェック予定。
今回は消化剤だけ5日分処方。
帰宅後、食事と服薬完了。


このまま収束してくれればありがたいけど、
もしまた同じようなことが起きたら・・・
証拠を残し先生に見せるため、
これからしばらくはトイレに入るたび動画を撮ることにする。

幸四郎、七海、九十の便検査もすべて陰性。

2011年06月01日 (水) | 編集 |
完全隔離から半月余り。

仕事場のドアを開けっ放しにしていると「ジャイアン」ジュサ坊の急襲もありますが、お互いに威嚇するくらいで大乱闘は同居人が死守。

最近、ジュサ坊は「ドア開け」できるようになりそれが悩みの種。

どこまで賢いのだ、ジュサ坊。

どんな場合でも入室しちゃったらかわいそうだけど、心で泣きながら首筋を摑んで顔や頭を思い切り引っぱたく。

往復ビンタ!

「ここは幸四郎のサンクチュアリ」

そのことをしっかりと教え込むため。

血尿は止まってます。

1日に2~3回の排尿。

食欲旺盛。

便が少々硬めではありますが毎日排便あり。

六輔や七海と一夜を過ごすこともあります。

同居人が休日でゆっくりの朝食の時はキッチンの食事台でみんなと一緒に食べてます。

もちろん、幸四郎が自分の意思で聖域を抜け出してくる時に限りますが。

すべて彼の思うままに。

無理強いはしません。

食事が終るとそそくさと自分の部屋へ戻っていきます。

不思議と部屋を抜け出してくるのは朝だけ。

本当にたま~~に抜け出してくることはあっても夕食はほとんど仕事部屋。

「閉じ込められている」「他の連中と引き離されている」とは思っていないようです。

仕事部屋という安心できる空間を彼なりに楽しんでいるようですよ。

血尿止まった後ずっと病院に連れて行ってないからそろそろ受診せねば。

今週中に角膜潰瘍が改善した染と一緒に診てもらおう。


CIMG4503.jpg 
 


2011年05月17日 (火) | 編集 |
お薬と独り暮らし効果で血尿は止まりました。

1回の尿量も通常通り。

排便も順調。

嘔吐も止まりました。

採尿し、検尿せねばなりませんが、中々タイミングが合わない。

隔離して暫くの間は朝と夕方の食事のために全員の食事場所であるリビングに光速匍匐前進で仕事場から出ておりました。

食事場所は染と一緒の食事台ではなく、ジュサ坊と六の食事場所であるカウンターの隅っこ。

が、ジュサ坊が気になってゆっくり食事できない様子。

すでに幸四郎に許された場所はカウンターの隅っこだけのようです。

そこから少しでも動こうものならジュサ坊が襲い掛かるからです。

なので幸四郎は外に出てもカウンターの隅っこから動けないでただ固まっているだけ。

仕事場に戻りたくても戻れないので、同居人が毎回、抱っこして仕事場に戻しておりました。

それが面倒になったのか疲れちゃったのか・・・

今では食事も仕事場。

でもやっぱりたまに仕事場のドアを開けようと取っ手に飛び掛る。

だから取っ手は既に傷だらけ。

とほほ・・・

じゃ、ドアを開けたら外に出るかと思えば、そうじゃない。

ドアが開いててももう出ようとはしない。

複雑なり、男心。

ジュサ坊以外の野郎共が心配して中に入っては幸四郎を見舞うのですが、そのまま一緒にずっと生活しようとは思ってないみたい。

中に入ってもドアを閉めたら「外に出たい」と騒ぎ出す。

ドアを開けてもジュサ坊が仕事場に入ろうとしたらすかさず追い返す同居人。

もう仕事場はジュサ坊のテリトリーではないと教え込むため心を鬼にする同居人です。

CIMG4483.jpg 
独り暮らしも悪くないぜ♪

飯は美味いしシッコもゆっくり出来る♪

赤いシッコも出なくなったし、気持ち悪さもなくなったみたいよ。

『ジャイアン』ジュサ坊も入ってこないしな~♪

たま~に間違って入ってくるけど

薫がサッサと追い出してくれるよ♪

薫は染六にまで噛み付くようになったジャイアン・ジュサを

仕事場に隔離して俺を外に出そうとしたんだけどさ、

俺は嫌なの!ここがいいの!!

だから外に出されても走って逃げ戻るの。

ジュサ坊になんかこの場所をとられてなるものかっ#

俺はここがいいの!

外に出たくないの!!

染六に噛み付くっていっても

俺にしてるみたいに行き場をなくすようなマネはしないし、

寝る場所は一緒だしさ。

奴らにとってはジャイアンじゃないもん!

俺に比べりゃまだマシさ!!
 

みんな、心配しないでくれ♪

俺は元気だぜぃ!

10年経ったらまた一緒に暮らせるようになるか薫は期待してるみたい。

明日は明日の風が吹く。

10年後の事なんか俺にもわからない。

今が良ければそれでハッピィだもんね♪

CIMG4488.jpg 
今日のお見舞いはサクランボ健在の七海

CIMG4489.jpg 
運動不足気味の幸四郎にとってはいいお客♪

いい気分転換にもなっているみたい^m^

2011年05月07日 (土) | 編集 |
思えば3・11以降からだったと思う。

ジュサ坊と幸四郎の仲が急激に悪くなったのは。

百の脱皮から1時期は確かに不穏だったが、その後は何もなかったかのように元の静かな関係に戻っていた。

が、震災以来、度重なる余震とけたたましいエリアメールやTVの緊急地震速報、そして私のイライラ感が悪影響を及ぼしてしまったか・・・

ジュサ坊が近づくたびに、姿を認めた瞬間に幸四郎が威嚇し始め、その威嚇にジュサ坊が反応し大乱闘勃発。

部屋の隅、台所の隅に追いやられそこから逃げ出せない幸四郎。

にじり寄るジュサ坊。

逃げればいいのに意地で威嚇し続ける幸四郎。

すかさず霧吹きで仲を裂く同居人。

毎日この繰り返し。

労働から帰るとトイレ以外で排便や排尿していることが2度ほどあった。

吐き戻した跡も発見することがあった。

なのに食事は一緒に食べる寿幸。

元気でもあるし、食欲も旺盛。

排尿、排便も普通どおり。

なので霧吹き以外はこれと言った対策を講じずにいた。

ところが昨夜10時を回った頃から、幸四郎がトイレ頻回、そして血尿が始まった。

トイレに行っても1滴出るか出ないか。

先生に深夜受診のお願いの電話を入れたが、この時間になっても連絡なし。

グッタリしているわけではないし、ポタポタであっても尿は出ているのでこの分なら朝まで待てそう。

とりあえず水とトイレを仕事場に運び込み、幸四郎だけ隔離。

1~2mlではあるがサピオン水をシリンジで飲ませる。

あまり好きじゃないようです^_^;

ジュサ坊から離した事で気分的に落ち着いたのかグッスリ眠る時間は増えたみたい。

帯熱感なし。

嘔吐なし。

ストレス性膀胱炎?

もしくは人知れずオシッコを我慢してたとすれば細菌性膀胱炎かもしれない。

朝1番に受診予定。

結果は後程!

2010年07月07日 (水) | 編集 |
CIMG2701.jpg 
これでも痩せたんです(滝汗)

CIMG2707.jpg 
現在の体重 6.38キロ

CIMG2409.jpg 
でも油断するとすぐ6.4キロ台に・・・

CIMG2418.jpg 
幸ちゃん、我家の太陽。
6歳の誕生日おめでとう♪
頑張って痩せような!(爆)

そして・・・

七夕 
今日は七夕。
千太組の願い事はただひとつ。 

CIMG1989.jpg   
百と染が元気で長生きしてくれますように。 

★百染便り
○百次郎:食事量が減ったり不安定な状態はまだ続いておりますが、でも発作は治まっておりますし、熟睡する時間も増えてます。くしゃみの回数も減ってきている気がします。足腰のヘタリもだいぶ減りました。前より少し上向きになってきたような。。。つい先日「シヌシヌ詐欺」で親しい猫友さんたちをとてつもなく心配させてしまいました。が、何とか持ち直してくれそうです。このまま・・・どうぞ、このまま。
○染五郎:昨夜、先生から連絡があり、PCVが22%から点滴を外して1日経った昨日は26.3%まで改善したとのこと。体重も6キロ丁度と病院での健康的なダイエットの成果が 現れてきております。血液検査は2日に1度に減り、明日の検査結果次第では近い内に退院許可が下り自宅療養に戻れるかもしれません。 

2010年03月05日 (金) | 編集 |

CIMG2208.jpg
体重:6.65キロ

                            2010/3/5
BUN(17.6~32.8):24.9

Cre(0.8~1.8):1.8 

ALP(38~165):122
ALT(22~84):44
AST(18~51):検査せず
GGT(1~10):検査せず
TP(5.7~7.8):8.0
ALB(2.3~3.5):3.6
GLU(71~148):143
NH3(23~78):37
TBIL(0.1~0.4):<0.2
Ca(8.8~11.9):検査せず               
Na(147~156):検査せず
K(3.4~4.6):検査せず
Cl(107~120): 検査せず
PCV(30~43):48.9
PLT(162~600):>22
WBC(5.5~19.5):6.9

尿比重:>1.040
尿内に結石、結晶、細菌、尿糖なし
但し、かなり濃尿で脱水気味です。
ph7 
尿蛋白:2+

膀胱内エコー検査結果:綺麗です 。
腎臓エコー検査結果:左右とも4cm。陰影くっきりで特に問題は見つかりませんでした。

総合診断:いい感じで痩せてきてますね(笑)昨年、BUN32 Cre2.1と腎不全の兆候が見られましたが、今回は正常値に戻っています。寿三郎ちゃんのこともあったので、お申し出に従いエコーも撮ってみましたがまったく異常が見られませんでした。今のステージでは腎不全とは考えにくいです。もしかすると昨年、少し体調が悪かったり、診察台で凶暴化したとのことですのでその影響もあるのかなぁ、とも考えられます。まずはこのまま減量をしてもらって痩せること。そうすれば脱水も改善するのではないでしょうか。

******  

 念のため自宅からエリカラ持参で検査に臨みました。昨年は手がつけられないほど暴れまくり、凶暴化した幸四郎でしたが、今日は緊張こそしていたものの大人しく検査を受けてました。夕方までお預けして実施した導尿も「イヤ~ン」と声は出たらしいのですが、先生に危害を及ぼすことなくスムースに行ったようです。他の野郎共もそうですけど、やっぱり新しい病院&先生、スタッフとの相性が良いように思われます。検査結果にもホッとしました。ジュサ坊が腎不全だったこともですけど、それよりなによりまったく気付いてやれなかったこと、いつから進行していたのか全く把握できてなかったことのショックの方が大きかったので、今回の検査で数値的には正常範囲だったけど先生にお願いしてエコーまで調べていただきました。その結果、幸四郎は腎不全ではないことがはっきりし、やっと安堵しました。ダイエットも順調だし、1年後はすっきり、さっぱり正真正銘の健康体で検査に臨みたいと思います。

******

昨日、今日と吐出が続いている染五郎。吐物は未消化のパウチ。吐いたあとも元気ですし、食事もします。顔色もいいし、特に変わった様子は見られません。どちらの日も抗生剤とウルソを服薬してからの吐出であることから、先生に報告しガスターを処方していただきました。もしかすると新しい抗生剤で胃が荒れたのではないか、とのことです。ドライを食べた後は吐かないことから、もしかするとパウチが原因かもしれないので、ためしに暫くパウチ食をストップし様子を見ます。白血球の異常な上昇が見られるので、ちょっとした変化も見逃せません。また、肝機能も低下しているので、元気喪失、グッタリした時には相当病状が進行していることもあり、これからも目が離せません。


2009年10月28日 (水) | 編集 |

動画:飛べねぇ豚は・・・

↑のアニメ動画をクリックすると動画サイトへ飛びます。

 

「飛べねぇ豚は、ただの豚だ!」

幸四郎、おめぇはただの豚にゃんじゃねぇ!

おめぇは飛ぶ豚にゃんだ!