薫の野郎猫的日常
2017年10月14日 (土) | 編集 |
※世田谷区HP
世田谷区議会
H29年決算委員会
10月13日
文教委員会所轄質疑
無所属・世田谷行革110番
録画配信⇒ http://www.setagaya-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=3342
00:52:08~
堀教育長の答弁は相変わらずあの日野氏の行為を暴力とは認めていないし、今後の対策の具体案を示してもいない。本当に教育委員会は、世田谷行政はこの問題を検証し、本当の意味の解決に導こうとしているのか甚だ疑問。堀教育長のあのムッとした態度と上から目線の傲慢な答弁、公務員にあるまじき態度。私が受け取った土屋課長名義の回答書と酷似してます。田中区議が区民の代表であることを、まるで無視していらっしゃいました。国会での安倍政権の答弁とソックリ!まるで保坂展人区長も堀教育長も、関係者は全員、体罰容認論者のよう。そこまでして、彼らはいったい何を守りたいのか?

「 ‪決算委員会の質問、終わりました。暴力事件が起きた世田谷区教育委員会主催のドリームジャズバンドに使われた費用(税金)は1078万円。コンサートに参加した中学生は40人(一人27万円)。ドリバンだけで「新・才能の芽を育てる体験学習」全体の予算(1500万円)の74%を占めています。 次に高いのが将棋関連の講座ですが、2種類合わせて60万円(対象者100人。一人6000円で、全体の4%)。いかにドリバンが特別なイベントかがわかります。
それなのに、保坂区長も教育委員会も日野皓正氏の暴力(生徒の髪をわしづかみして頭を振り回したうえ往復ビンタ)を「体罰にさしかかっていくギリギリ手前」などとごまかしています。「子どもを守る視点が欠けている!」「体罰容認を増長させている!」と、大勢の方々が問題視しています。「そんなイベントに私たちの税金を使ってほしくない!」という声も多数寄せられています。
保坂区長と堀教育長は、アメリカのオンラインメディア・ハフポスト日本版の編集長の言葉を噛み締めてほしいですね。「“体罰の手前”と、あいまいな文言ではなくて、きちんとしたメッセージを打ち出さないと、この問題は永遠に解決しない」。
そして、「多くの人が、日野皓正氏が、今後、どのように謝罪するのかにも注目している」ということも指摘しておきました。」

22365549_1668202803210576_8157324683736169915_n.jpg


2017年10月10日 (火) | 編集 |
★吉川慧/Kei YOSHIKAWA‏ @dong_po_rou  
世田谷区の保坂区長にインタビューしました。読んでいただければ、色々なことを感じていただけるかと思います。
「あの「平手打ち」は何だった? 保坂展人・世田谷区長に聞く”体罰”」
 
http://www.huffingtonpost.jp/2017/10/08/nobuto-hosaka-interview-dreamjazz_a_23236258/

「トランペット・プレーヤーの日野皓正さんがジャズ演奏会で、男子中学生に「往復ビンタ」や「平手打ち」をした。ひとりでドラムを叩き続けた生徒への、日野さんの"指導"だったとされる。

流出した動画を確認する限り、日野さんの行為は、感情を抑えきれない未熟な大人が頼る「体罰」や「暴力」にしか見えない。

この演奏会は世田谷区教委が主催する「ドリームジャズバンド」というワークショップの今年度の集大成のコンサートだった。

世田谷区の保坂展人区長は、教育ジャーナリスト出身で、体罰などに厳しい態度をとってきた。

だが、保坂区長はいつまでたっても「体罰」という言葉を使わず、明確なメッセージを発していないようだった。9月26日の単独インタビューで考えを聞いた。」

ハフポスト日本版ニュースエディター、吉川慧氏が保坂展人世田谷区長にインタビューしてくださいました。一時期はどこもかしこもこの事件を取り上げていたけれど、今や覚えている人の方が少ないのでは?と世田谷区民の一人として大変不安です。この時期にこうやって取り上げていただけたこと、心より感謝申し上げます。

2017年10月09日 (月) | 編集 |
★先に更新した記事に書いた通り、この件をTBS「報道特集」で検証していただけるよう、担当キャスター金平氏、担当記者、担当制作者等に、ダメ元でお願い済みです。

*** *** ***

報道特集スタッフの皆様へ
 
金平キャスターのfacebookをフォローしている世田谷区民です。
 
今年8月に起き、全国ネットで物議を醸した日野皓正氏によるドリームジャズバンドメンバーの中学生への暴行事件、そしてその後の保坂展人世田谷区長と区教育委員会のずさんな対応は、それまで教育ジャーナリストとして華々しい活躍をしてきた保坂展人という人を区長に選び、支持し、誇りに思ってきた多くの世田谷区民を裏切るものでした。
 
なのに世間は、暴力を受けた中学生を悪者にし、暴力をふるった日野氏を擁護、体罰容認派が2013年当時は確かに体罰に対し厳しい対応を取っていた保坂区長を擁護するという何とも皮肉な現実。
 
私たち区民が何度保坂展人区長や区行政、区教育委員会に意見しても、その都度返ってくる回答は区民を馬鹿にしたような、事務的な内容ばかり。9月に始まった区議会、それ以前の文教委員会で、自民党、共産党、民進・民社、そして無所属の区議が質問しても、話をはぐらかすような対応。日野氏の行為を暴力と認めず、なんら具体的な対応策をださない。
 
一時期TV各局も新聞、雑誌も取り上げていたにもかかわらず、衆議院選挙があるため、この件はどんどん忘れ去られるばかり。このままフェイドアウトしてしまうのか?世田谷区民として不安が増すばかりです。
 
報道特集スタッフの鋭い視点でどうぞ、この件を検証し、深く掘り下げてくださいませんか?そして、再度、世の中にこの件が抱える日本人の暴力容認、体罰容認論を炙り出していただけませんか?どうぞよろしくお願い申し上げます。
 
事件後すぐから現在までのことを書いている拙ブログのカテゴリです。
もしよろしければご一読ください。
【ドリバン事件】カテゴリ

2017年10月09日 (月) | 編集 |
日野皓正氏による世田谷区中学生暴行事件について、9月から始まった世田谷区議会、そしてその前に開かれた文教委員会 で質問してくださった自民党世田谷区議団、共産党世田谷区議団、世田谷民進党・社民党区議団(風間ゆたか区議&羽田圭二区議)、そして無所属の田中優子区議宛に下記のメール&FAXを送りました。

★あと、ダメ元でfacebookでフォローしている金平キャスターと「報道特集」番組スタッフ宛に取材をお願いしました。(取材依頼の内容は新しい記事として別個に立ち上げ更新します)

*** *** *** ***

こんにちは。
世田谷区に住む薫@千太組と申します。
今回の世田谷区議会において、
8月に起きた日野皓正氏世田谷中学生暴力事件を取り上げて質問していただき誠にありがとうございます。保坂区長、堀教育長等関係責任者の話をはぐらかすような無責任で、区民を馬鹿にしたような答弁は、私が繰り返し「区長のメール」にて意見するたび回答をする教育委員会の土屋課長ソックリ。
 
世田谷区行政はいったいどうしてしまったのでしょうか?
以前の教育委員会はここまで腐ってはいなかったと思うのですが?
異動前の教育委員会ならあの日野氏の行為を暴力と認め、
世田谷区の子供たちをしっかりと守ってくださるような対応を取ってくださっていたはず。
 
国内そして区内には保坂区長を擁護する体罰容認派が少なくないのは事実です。
でも、もし保坂展人世田谷区長をはじめとする世田谷行政が、
あの事件が起きてすぐ、
今回の日野氏のあの行為は暴力だと認め、
この件で暴力に真正面から向き合い、
世田谷区民に向け、暴力はいけないことだと明言していたなら、
体罰容認派の考え方も変わっていくのではないかと思うと
本当に今の状況が残念でなりません。
 
どんな環境にある子供であろうと、
あの中学生は1年前、
バンド参加するため厳しい審査やオーディションを通過した才能豊かな子供です。
行動に問題があることは参加する前の審査の段階から分かっていたことなのでは、と思います。
あぁいう行動をする子だということは日野さんだって承知の上だと思います。
まぁ、関係者曰く、日野さんは本番直前のリハーサルと本番の2回こっきりしか顔を出さないようですから、 もしかするとギリギリの段階で顔を出したら、あぁいう個性豊かな子がいて、日野さんももしかすると驚かれたかもしれないですね。
だとしても、
あの子がバンドに参加した1年前から日野さんはあの子に手を上げていた。
あの子は日野さんからもう1年前のリハーサルの頃から暴力を受けていたわけです。
それを周囲の大人は、世田谷行政は、見て見ぬふりをして放置した。
そして今年8月のステージ上での暴力に繋がったわけです。
 
問題行動がある子なら、バンドの規範に添えない子であったなら、
こうなる前にバンドメンバーから外れてもらえばよかったことです。
なのに1年前から始まっていた日野さんの暴力に対しても、
その子供の問題行動も、誰も何も言わずに放置したこと、
問題提起しないままあの本番を迎えてしまったことが一番の問題だと考えます。
 
もしあの子がアスペルガー(AS)など発達障害がある子ならなおさら、
日野さんのような「愛があれば手をあげてもOK」と考えている人は外れてほしい。
もし世田谷行政がしがらみだらけでどうしても日野さんを首にできないなら、
問題行動する子供の指導ができる、資格を持つ人が必ずそばにいて指導&アドバイスすることが必要です。
でなければ、どんなに今後気を付けると謝罪した日野さんでも、また必ず手を上げます。
だって、羽田での記者会見で明らかになったように、日野さんは「あの中学生はこれからもビンタする」とはっきり仰った。
つまり「愛の鞭」容認派であるわけですから。
 
世田谷区民にはいろんな方がいます。
親御さんたちも子供たちもいろいろです。
それは全く問題ではない。
 
問題はこのバンドは世田谷区教育委員会と世田谷行政、
保坂区長が深く関わっている、ということ。
日野さんのプライベートな活動なら日野さんだけの責任で済みますが、
ドリバンはそうはいかないですよね。
 
あの問題の父と子には何の責任もないです。
なにも悪くないです。
だって、彼らはコネを使ったわけじゃなく、
世田谷区の審査とオーディションを受けて合格した正規のメンバーとその家族。
ドリバンの責任者たちが合格を与えた子供とその父親なのですから。
なのにこのバンドに関わってすぐから、
あの子は日野さんから暴力を受け始め、
しかし世田谷行政はそれを放置し、
そして今年のあの8月20日を迎えたわけです。
 
暴力を受けた側が何で暴力をふるった相手に謝らねばならないんでしょう?
そこからしておかしいです。
 
すべて世田谷区の責任です。
保坂区政の本質問題です。
 
9月20日からスタートした世田谷区議会。
その前に開かれていた文教委員会。
それらの議会でも質問内容に差はあれど、
自民党、共産党、民進・社民、無所属がこの件で質問してくださいました。
もちろん区長も教育長も話をはぐらかすばかりでしたが。
しかし、今後もこの件に関しては継続して質問していただきますよう、
区議の皆様には伏してお願い申し上げます。
 
私たち世田谷区民も、この問題が忘れ去られないように、
しっかりと声を上げ続けてまいります!
 
2017年10月9日
世田谷区
薫@千太組拝

2017年10月06日 (金) | 編集 |
★ 読売新聞YOL‏ @Yomiuri_Online  
ノーベル平和賞に核兵器廃絶団体「ICAN」
#国際

ノーベル平和賞の選考委員会は授賞理由について「核兵器禁止条約の交渉を活気づけ、採択に向けて主導的な役割を果たしたことに注目した。今年のノーベル平和賞は、軍縮に向けて努力してきたすべての人たちへの贈り物だ」
これまで核兵器禁止条約の採択に向け力を注いできた全ての人の努力をたたえる。

ICANの国際委員の1人、川崎哲さん「まず、この受賞は勇気をもって声をあげてきた広島、長崎の被爆者に向けられたものであり、世界中の核実験で被害を受けた人たちに向けられたものだ」「日本は唯一の戦争被爆国であるにも関わらず、核兵器禁止条約への署名を拒み、平和憲法を変えようとしている。平和賞の受賞はそうした動きに再考を迫るものだ」

♥日本からの参加は、ピースボート、ヒューマンライツ・ナウ、創価学会インターナショナル、平和首長会議、核戦争防止国際医師会議日本支部、反核医師の会、Project NOW! の7団体です。ノーベル賞、おめでとうございます。


平野啓一郎‏ @hiranok  
日本は、唯一の被爆国であり、核廃絶を願いながら、核の傘の下にあるという現実を、20世紀の世界史から半ば「押しつけられた」矛盾として説得的に語る政治的言葉を持つべき。その矛盾の否定こそが欺瞞。それを引き受けつつ、自己責任論的でなく、世界に共有させる形で解消を目指すべき。

fujisiro2015_New.jpg 
核禁止条例実現に貢献した団体がノーベル平和賞!
賛成票を投じてくださった各国代表、国連の皆様、おめでとうございます。
共産党の志位委員長もおめでとうございます。
サーロー節子さん、おめでとうございます。
広島と長崎、そして被爆者の皆様おめでとうございます。

※政府、平和賞にコメント出さず 外務省幹部「立場違う」:朝日新聞デジタル http://www.asahi.com/articles/ASKB661V3KB6UTFK01J.html

日本人が深くかかわっている平和運動に称賛の声を上げられない日本政府は情けないね。(広島出身の岸田政務会長だけはお祝いの言葉を残したようだけど、彼だって閣僚の頃ならきっと河野太郎外相とおなじセリフを吐いたか、沈黙を守ったかだろうね。)

2017年10月04日 (水) | 編集 |
★【区長へのメール】教育委員会よりお返事をいただきました。(追記あり) http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2217.html

上記に対する教育委員会からの回答が参りました。9月27日付で。でもその内容があまりにも事務的で、無意味なものでした。「区長へのメール」に対する堀教育長からの回答に不満があり、再度「区長へのメール」にて突き詰めた。⇒もう呆れるほど突き放した、ひどい内容の回答が来た。

世田谷区の暗い闇は晴れないどころかブラックホールだと感じました。有権者、納税者に向かってこの言い方はないだろうと。もうだめだと思いました。何度意見しても暖簾に腕押し。世田谷区は区民からの意見を本気で取り合っていただけないのだな、と。ですからこの件に関することはブログも更新せず放置してました。

そんな時…
 

本日の決算委員会、以下の最初から40分17秒進めたところから田中優子の質問が始まります。見てくださった方々から「保坂区長の答弁はひどい。明らかな暴力をなぜ認めないのか?結果的に体罰容認論を助長しているのに!」との声が多数届いています。setagaya-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&

※決算委員会での質問(原稿をアップしました) http://blog.goo.ne.jp/setagayakugi-tanakayuko/e/6113e28fc84681f5630c20801bdd4c32@setagaya_tanakaさんから


拝見しました。相変わらず保坂展人区長のなんて突っぱねた回答だこと。でも、田中優子区議も多くの世田谷区民有志のみなさんも、諦めず、頑張って声を上げ続けているんですよね。私も元気出さなきゃ。

9月27日付の教育委員会からの回答内容は以下の通りです。
世田谷行政が区民に対し、どれだけ不誠実かどうぞご覧ください。

*** *** *** ***

区民の声29-2684
平成29年 9月27日

薫@千太組様

世田谷区教育委員会事務局
生涯学習・地域学校連携課長 土屋 雅章

 日頃から、世田谷区政にご理解とご協力をいただき、誠にありがとうございます。
 薫@千太組様より本日までにお寄せいただきましたご意見につきまして、担当所管として次のとおり回答をさせていただきます。


 9月12日にすでにお答えをさせていただいておりますが、8月20日に、せたがやパブリックシアターで実施したコンサートでは、ソロパートでなかなか演奏を止めなかった子どもに対して日野氏がとった行為は、指導として行き過ぎた行為であり、二度とあってはならないと考えております。
 事業開始から日野氏はじめ講師の方々は、参加した子ども達と常に真剣に向き合い、子ども達のもつ才能を引き出す努力を重ねてきました。その成果を尊重しながら、今回起きた事態について、今後の改善が計られるように総力をあげて取り組むよう区長からも指示があり、改善に向けて取り組んでいるところでございます。

 薫@千太組様におかれましては、当課事業につきまして、ご意見をいただき誠にありがとうございます。今回多くの皆様からいただいたご意見を参考とさせていただき、今後とも適正な事業運営について関係者と協議をしながら進めてまいります。

 このたびは、貴重なご意見を賜り、誠にありがとうございました。
 また、ご回答が遅くなりましたことをお詫び申し上げます。


【担当】生涯学習・地域学校連携課
*** *** *** ***


見事に私が期待していた回答内容ではありませんでした。
私は、日野さんのやったことは暴力と思うけど、世田谷区はそう思わないのか?と尋ねました。でも世田谷区は頑なに「行き過ぎた指導行為」だと繰り返すばかり。暴力とは言っていただけませんでした。

田中優子区議も上記にある予算委員会で仰っているように、あの行為を暴力だと認めたところからしかこの件は始まらないのです。そこを起点としてしか、今後のことは語れない。なのに世田谷区はどうやってもあの行為が暴力だとは認めない。

そして、この回答のように、区民からの声を突き放す。全く取り付く島がないです。

どうしようもないですよ、こんな回答じゃ。次に進めない。もうこれ以上私がどうこう言ったところで、同じような事務的な能面のような回答しかいただけないのがわかってますから。

ちなみに、保坂展人世田谷区長からは全く回答をいただけないままです。


2017年09月29日 (金) | 編集 |
今日、熊本の施設でのカンファレンス参加のため日帰り帰省。
昨年は台風銀座でなかなか帰省できなかったけど、今年は一発でクリアでありがたかった。
熊本もすがすがしい風で気持ち良かったんだけど、いかんせん日差しが痛いほど暑かった。
紫外線が強かった。
今年12月22日で92歳になる母。
穏やかに下ってまいりました。
3月の頃より弱くなってました。
食も細くなったりむらが出てきて、睡眠時間が徐々に長くなってきてます。
体重も38キロまで下降。
痩せて細くなって手も冷たくて。
心臓が弱ってきてるかな。
健康診断、血液検査、X線等でも深刻なものは何も出てません。
心臓とアルブミンくらい。
つまり、老衰です。
自然な流れです。
このままきれいな放物線を描いて着地してほしいです。
穏やかで、緩やかな時間が流れますように。 


2017年09月26日 (火) | 編集 |
DSCF8832[1] 
幸四郎13歳。
朝食が6時間ほど遅くなったからか?
夕方、何度もゲロッパ。
泡の胃液まで全部吐いたので、120mlほど輸液。
本当はあと2本分は入れたかったけどご機嫌斜めで怒るし嫌がるから2本分でストップ。
夕飯は極少量だが口にした。
輸液入れた後は嘔吐なし。
この時間になってやっとこさ顔を出してくれた。

DSCF8834[1] 
少しは気分良くなったかい?

2017年09月25日 (月) | 編集 |


猫電車動画♥

世田谷線招き猫吊革④ 
世田谷線招き猫吊革③ 
世田谷線招き猫吊革⑤ 
吊革ゲット♪
外から見たら白猫気味(笑)まるで裏白(自爆)
でも、床の猫の足跡がなかなか上手く撮れない(大泣)
世田谷線招き猫⑲ 
世田谷線招き猫⑦ 
世田谷線招き猫⑧ 
世田谷線招き猫⑭ 
世田谷線招き猫⑯ 
世田谷線招き猫⑳ 
世田谷線招き猫㉒ 
もしかして、中で写真撮ってる皆さん、吊革には気付くけど、床の足跡まで気が付いていない感じ?

世田谷線招き猫⑥  
あ、うっかりしてましたが、プレスカンファレンス@上町車庫前に豪徳寺のお坊さんがいらっしゃってましたよ。この写真の左端に黄色いヘルメットかぶったお坊様…こんな扱い方しちゃって罰当たりそう。

世田谷線招き猫⑪ 
世田谷線招き猫㉑ 
猫電車の床の足跡…だめだ!あきらめた!!プレスカンファレンスの写真をお借りしました。営業中はこんなにガランとした空間ってありえないから、どうしても人の足でほとんど隠れてしまって、これがなかなかうまく撮れなくて。
世田谷線招き猫⑮ 
世田谷線招き猫⑰ 
世田谷線招き猫㉕ 
ぎりぎり粘って、これが精いっぱい。猫電車のフロア…
世田谷線招き猫⑱ 
世田谷線招き猫㉔ 
いい写真撮りたいなぁ。

※今日半日、猫電車の追っかけしてわかったこと。
約8本に1本の割合で猫電車になる。
about30分に1本の割…かな?


★東急世田谷線300系「幸福の招き猫電車」玉電110周年で運行開始 - 写真37枚 | マイナビニュース http://news.mynavi.jp/news/2017/09/25/160/ #マイナビニュース

2017年09月25日 (月) | 編集 |
★「幸福の招き猫電車」世田谷線で運行 「玉電」開通110周年記念 東急 | 乗りものニュース https://trafficnews.jp/post/78451

今日から走る猫電車は、どうも308F限定らしい。
「白い」電車だけ。
だからなのかわからないけど、三茶では、待っても待っても出会えない人たち続出みたい。

世田谷線招き猫② 
この写真はたまたま、オーゼキに買い物に行ったら、ヘルメットかぶった職員さんたちに囲まれて上町駅にいたので記念にパチリ。

世田谷線招き猫① 
お次の車庫の中の子は、同じく上町駅構内の車庫の中でおめかしの真っ最中を隠し撮り!

世田谷線の車庫がある上町駅はラッキーにゃんこゾーンにゃりよ!!要チェック!

内装や吊り革を見たいので早く乗ってみたい…。

運行時間が知りたい!

な~んだ、朝から騒いでた猫電車、昼からの運行みたい。
その前に、プレスカンファレンス@上町車庫

世田谷線招き猫③ 


2017年09月23日 (土) | 編集 |
★参照資料⇒
世田谷区と区民の一大事! http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2214.html
世田谷区議会、最低! http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2215.html
【世田谷区議会】保坂区長がほんの少しトーンダウン http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2220.html

×山内彰区議(自民)
指導員の資質重要に言及?
日野氏等の名前は言わず。
ほんのわずかな取り上げ方。
ドリバン、日野氏には甘い。
暴力事件よりもドリバン賛辞が先に来る。
擁護と取れます。
区行政となぁなぁの関係丸見え。

×あべ力也区議(減税)
せたがや文化財団が労基違反。
亡くなった方もいらっしゃる。
いまだ長時間労働複数人。
区長はパワハラに関しては答弁なし!
関係職員聞き取り。
内部の改革委員会?
生活文化部?
職場内のパワハラのみの質疑でした。

○田中優子区議(無所属)
面前DV。
教育委員会主催イベントと区長との関係性。
TVで問題のビデオが頻繁に流れたことで「あの子供のことが心配」になり区長と父子面談⇒「被害者」が謝る&やめたくないと懇願?
あの中学生が悪者?
日野氏は「気を付ける」と。⇒でも、氏の会見では「これからもビンタする」と明言。そこは無視。
面前DVには当たらない。
1年前からあの中学生への暴力があったかどうか?
13年間の中で他にも日野氏からの暴力があったかどうかの調査は?
ドリバンと同じことが学校内で起きたら?学校内なので別の手続き。
区長と教育長からの答弁は暴力、日野氏に対する直接的なものではない。
「体罰はあってはならない」⇒日野氏への波及なし。
区議の質問に真正面から答えない。
すべてはぐらかし。
死んでも日野氏のあの行為が体罰、暴力行為とは認めず。
保坂区長、質問を無視して持論だけを述べた答弁。都合が悪いから答えられなかったのでしょう。 http://blog.goo.ne.jp/setagayakugi-tanakayuko/e/7d4df2bacab13814c27a0cbe877f074f @setagaya_tanakaさんから
⇒議会軽視はやめていただきたい!保坂区長が全く答えなかった(答えられなかった)田中優子の議会質問。 http://blog.goo.ne.jp/setagayakugi-tanakayuko/e/470086c2ea9852621fb4326cab84c067 @setagaya_tanakaさんから

ま、初日の共産党の代表質問への答弁である程度は予測してましたので、やっぱりね、って感じ。

保坂展人世田谷区長と堀教育長の答弁もだけど、それよりなにより、世田谷区でこの問題に対し真剣に考えているのは共産党とF行革だけなんだってことに、改めて愕然とした。ま、自民もほんのちょっぴりだけ、彼らの立場を考えればそれが精一杯だったんだとは思うけど、意見らしきことは述べたけど、あんな重大なことに対し、イデオロギーとか宗旨とかは関係ないでしょ?こと世田谷区内の子供たちの人権に関することじゃないですか?政治家とかの立場より前に、親として、大人として、社会人として、世田谷区民として、あの問題には向き合わなきゃならないんじゃないですか?それが、社会人ってもんでしょ?なのになんなの、このふがいなさは!世田谷区に住む大人としてどうなの?何を置いてもここは、怒らなきゃならないところでしょ?じゃなきゃ、世田谷に住む子供の安全は誰が守るの?区内の子供が大人から暴力振るわれたのに、世田谷の大人たちは、世田谷区の政治家たちは、何で暴力振るった大人に怒らないの?目の前で子供が大人に暴力を振るわれてたら、原因とか理由とか問いただしたり、賛辞や検証する前に先ずは暴力を止めるでしょ?子供を守るでしょ?110番するでしょ?なのに世田谷区長や教育長や政治家や世田谷区の大人たちは、なんでそうしないの?

2017年09月23日 (土) | 編集 |

寒波に備えイスタンブールのモスクを野良猫に開放したところ、さっそく母猫が子猫たちを連れてきた動画を見ていた七海と九十が。。。

DSCF8828[1] 
⇒子猫の声に我が家の猫たち(全員♂)も激しく反応!

DSCF8829[1] 
⇒ハッピーエンドに「よかったね♪」と祝福♥

DSCF8830[1] 
⇒・・・???

DSCF8831[1] 
⇒のち、原因不明のガンの飛ばしあい(笑)



我が家のいつもの風景

2017年09月22日 (金) | 編集 |
下記は4年前facebook。
4年前の私。
地獄の日々でした。
担当ケアさんと母の相性が悪いことで母が異常な程に興奮し、
問題行動を繰り返していました。
相性だけでなく、どう見てもケアさん側の介護職としての適性不足。
それが証拠に彼女が退職し、新しい担当さんになった途端に、
嘘のように問題行動がなくなりました。
部屋も一瞬にして綺麗になりました。
下着や靴下など衣類もきちんと整理整頓されました。
ジメジメと生乾きだった洗濯した衣類も今は完全に乾燥してます。
雑然とした物置状態で、下手すると施設の掃除機とかまで置いてあった母の部屋。
いつも薄暗く、汚物がこびりついたままの床やベッドシーツ。
そんな中で暮らしてて幸せに笑えというほうがおかしい。
日本全国で介護職による暴力事件が多発しています。
そりゃ給料など優遇面で不満もあるでしょう。
だからと言って暴力(身体的、精神的苦痛を与えること⇒力の暴力、言葉の暴力、薬の暴力、馬鹿にしたり子ども扱いしたりする苛めの暴力、拘束などによる支配の暴力等、尊厳を傷つける行為はすべて暴力です)振るっていいはずがない。
っていうか、長年介護職を生業にしてても暴力振るうなんてできないですよ(心の中では舌打ちすることは日常茶飯事ですけどね)。
相手に暴力をふるう人はこの仕事には向いていない。
個人的に思うに、介護職は誰にでもできるものではないです。
適性があると思う。
そこを無視して誰でもホイホイと雇用するから問題が起きる。
介護職をなめるなよ!
雇用する側に猛省と人を見る能力を求めます。
*** *** ***

母の施設では私への嫌味なのか「ここのお部屋の方は毎日のようにご家族がいらっしゃるから、お部屋も片付いててきれいでしょ?」って言われたことがある(笑)あら?いつから居室のお掃除って家族の仕事になったんでしたっけ?この前の帰省の時だって「お嬢さんはいつも短時間、それも、その日のうちにお帰りになるから、お母様が日ごろどんな行動をされてるか良くご存知ないので、1週間とか10日とかの長期のスパンで滞在していただき、じっくり観ていただきたい。このアイデアは他のご家族にも提案したいと思ってる」って言われた。もちろんお断りいたしました。そして言ってやったの。「面会時間の長短でどうこう言われる筋合いはない。それは私と母だけの問題。それに、私に見せたくない姿だってあると思うし。第一、施設入所されている方々は大半が家に帰りたい思いを懸命に我慢してらっしゃるはず。そんな、1週間以上もの間家族と一緒に過ごして、家族がお帰りになってまた一人取り残された時のお気持ちを想像したうえでのアイデアなんでしょうか?小さな親切、大きなお世話になりはしないかしら?特に認知症の方の心のフォローをどうするか、精神不安定になった場合の対応とか全部シュミレーションは完璧にできたうえでのお話なんですか?」ってね。あそこのスタッフの言動がいちいち母の不穏を招くことばっかりだと思えるし、当の本人たちはそのことに全く気がついてないし…先のことも不安だけど、目の前の一歩がこんなだから。中々穏やかに構えるまでにはいかない。

民間の有料施設は営業掛けたりサービス向上を計ったり、なんとか入所者を募って常時満床にしておきたいし、「介護は究極のサービス業」と言って憚らないから、そりゃ従業員のケアスタッフ教育が厳しい。それに比べて特養とか常に待機者が出てる施設の従業員は勉強も努力も足りないと思う。それに、介護経験なんて絶対ないだろうと思える若い子ばっかりで。私らみたいなおばさんスタッフがいれば、アタシらの背中を観て学んでいくし、アタシらもビシビシ鍛えるから少しはまっとうな仕事ができるようになるんだろうけど。彼らのやってることは仕事じゃなく、「作業」に近いかも。言われたことはこなすけど、お客さまや家族の気持ちを慮ったり考えたり想像したり創意工夫することはしない。介護に絶対的に必要な【傾聴と共感と寄り添い】に基づいた想像力も創造力も皆無に近い。

介護職は世界的にものを見なきゃいけない目線と、同時に自分の座っているところから、生活している範囲から見る目線と、両方もたなきゃいけない。そういうなかでこの人はこんな人だとか、ご本人やこの家族のニーズはこうだろうとかね、瑣末なことでもいいからちゃんと発見しながら仕事できたら、感じがいいスタッフになりますよ、きっと。


2017年09月21日 (木) | 編集 |
9月20日。
保坂区長(@hosakanobuto )@世田谷区議会(第1日目)。
区議会録画配信傍聴。
http://www.setagaya-city.stream.jfit.co.jp/?tpl=gikai_result&gikai_day_id=213&category_id=1&inquiry_id=3205

11日定例記者会見時にも感じましたがお風邪がだいぶ長引いてらっしゃるようですね。感冒症状で挨拶、答弁がボロボロ。視覚聴覚的によろしくありません。議会は始まったばかり。twitter更新などせず早くお休みください。


8月20日のドリバン演奏会における日野皓正氏中学生暴行事件に関する共産党世田谷区議団のたかじょう区議代表質問に対し、日野氏続投。行き過ぎた指導⇒行き過ぎた行為に変化。検証を進め再発防止対策構築を教育委員会に指示。しかし、教育委員会堀教育長は相変わらず逃げ口上。世田谷区教育委員会は保坂区長の指示通り、今回の事件をきっちり検証し、再発防止策構築していただきたい。


区長が教育委員会に再発防止策構築せよと言ってるのに、教育長は当事者意識まるでなく、相変わらず、全責任をせたがや文化財団へ丸投げか?


堀教育長が病気のように繰り返していたが、いくら「新・才能の芽を育てる体験学習(授業)」だといっても、子供にとって一番大事な学習は技術ではなく、「暴力は絶対許されないこと」「子供は国、社会、大人から守られる存在」だということのはず。そこをスルーして子供の健やかな成長はないのでは?


区長が答弁中、思わず「事件」と言ってしまい、その後あわてて「事態」と訂正したのが印象的。「行き過ぎた指導」が「行き過ぎた行為」に変化したのは、世田谷区民や昔からの支援者たちから、区長宛に意見やクレームが殺到しているためか?
 

2017年09月20日 (水) | 編集 |
21617959_1467690696656294_3086375753554599335_n.jpg 

このところ連日ストレスフルな毎日を送っている私を陰ながら気遣ってくださり、
こんな暖かなお気持ちを届けてくださった方がいます。

ありがたい!

めっちゃうれしい!!

2017年09月19日 (火) | 編集 |
20170918234321.jpg 
★NHKドキュメンタリー - ありのままの最期 末期がんの“看取(みと)り医師” 死までの450日  http://www4.nhk.or.jp/P4614/x/2017-09-18/21/31148/2935010/

え~、終末(期)鎮静 (①終末期鎮静 http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1828.html ②日本における「平穏死」について http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2056.html)は途中で止めちゃうし、DN(A)R⇒Do Not (Attempt) Resuscitate(終末期、積極的延命の中止についてのお勉強 http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-1925.html)も守らない…やっぱり近親者(この場合は、夫と同じ医師で僧侶の奥様の貞雅氏)が主治医だとこうなっちゃうんだなぁ。看取る者が配偶者や家族でなければきっと、死にゆく方のリビング・ウィルのままの医療措置を、ただ粛々と行っているだろう医療従事者だろうに。葬祭所についていけないと、最後のお見送りにも行けないくらいに乱れて泣き崩れてしまう…人間として理解はするが、プロの介護者、医療従事者の立場から見たら、私は粛々と、死にゆく方の最期の望み(リヴィング・ウィル)を適えてあげてほしいなぁ。でもお寺の境内に終末期ケアの病院があるのっていいなぁ。近所にあったらぜひともお世話になりたい場所だったわ。

まぁ、私なんて毎日この繰り返しですからね。介護職で看取り経験がある者や終末期ケアを生業としている者と、そうでない者。近親者の現在進行形介護者である者(経験済みの者)、まだの者等々。見る方の環境で、さまざまな観方、思い、感想があるだろうと思います。

最近、ドキュメンタリー部門の枠内のみ、NHKの本気度を目の当たりにすることが多くなりました。時間をかけて丁寧にじっくりと作り上げていく良作が多いので、この作品も見てみましたが、想像以上によくできてました。死にゆく者も看取る者も、普通の人たち。でも努力しがんばってる普通の人たち。その方々のジタバタぶりをただゆっくりと、なんの味付けもなく切り取っていく。亡くなった方の死に顔も、骨上げの骨まで見せてしまう。医師であり僧侶でもあった田中雅博氏の死に顔のなんて美しいこと!こんなきれいな死に顔ってなかなか拝見できないので、失礼ながら「うわぁ、きれい!」と何度もつぶやきながら、惚れ惚れして見入ってしまいました。

これが死ぬ、ということなんです。

なんでもない。特別なことなど何もない。人が死ぬということなんです。

もし再放送があれば、ぜひともご覧になってほしい。

2017年09月16日 (土) | 編集 |
★9月4日付【区長へのメール】しっかりしろ、保坂展人世田谷区長! http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2204.html
★9月9日付【区長へのメール】日野皓正氏中学生暴行事件 http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2209.html
上記2件の区長へのメールに対するお返事と思われる内容の回答書を、世田谷区教育委員会より頂戴いたしましたので、ここに公開いたします。

尚、
★9月14日付【区長へのメール】保坂区長、お答えください! http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2216.html
は、保坂区長ご本人からのお返事でなければ納得いきませんし、今回の回答日の後のことなので、今回の回答の中にこの件は含まないと理解いたします。

*** *** *** ***
薫@千太組様

区民の声29-2535
平成29年 9月12日

世田谷区教育委員会事務局
生涯学習・地域学校連携課長
土屋 雅章

日頃から、世田谷区政にご理解とご協力をいただき、まことにありがとうございます。
「区長へのメール」は区長が確認し、担当所管への指示、確認等されているものです。
このたびお寄せいただきましたご意見につきまして、担当所管として次のとおり回答させていただきます。

8月20日世田谷パブリックシアターで実施した世田谷文化財団主催『「日野皓正presents JAZ(Zが一つ抜けてますよ)FOR KIDS」<Dream Jazz Band 13th Annual Concert>』に関して報道された件についてご意見をいただきありがとうございます。

この事業運営は区から公益財団法人「せたがや文化財団」へ委託しているため、今回の状況を鑑み教育委員会からせたがや文化財団と日野氏所属事務所に、今回のような行き過ぎた指導は改めていただくよう要望し、改善する旨の回答をいただきました。また、今後の進め方については協議をしているところです。
事業開始から13年間、日野氏をはじめ講師の方々は参加のお子さんたちと常に真剣に向き合い、お子さんたちのもつ才能を引き出す努力を重ねてくださいました。
また、音楽を通して作り出す「人と人との輪」「音楽の輪」についても大切に取り組み、そのことに対する感謝の言葉は参加されたお子さん、保護者の方から毎年届いております。
教育委員会としましては、この事業の実績を踏まえ、今後とも事業が適正に、そして「子どもたちの才能の芽を育てる貴重な機会」としてさらに質の高い事業として展開していけるよう尽力してまいります。

このたびは、貴重なご意見を賜り、誠にありがとうございました。

【担当】生涯学習・地域学校連係課
電話:03-5432-1111(代表)
*** *** *** ***

相変わらずお役所仕事な内容だこと!
区長の会見があぁでしたからね。
回答の内容に期待は初っ端からしてませんでした。
覚悟はしてましたが、まぁ、呆れたもんですわ。
つまり、
※「行き過ぎた指導」であって体罰(暴力)ではないこと。
※日野氏続投決定ということ。
※子どもの人権はどうでもいいってこと。
※子どもへ「暴力は絶対許されない」とは教えないということ。
これだけははっきりしましたね。

どこかの学校で学校給食がまずいと大量の食べ残しが出て問題になってますが、その給食を食べた卒業生に聞くと、「いや、僕はまずいとは思わなかったから残さず食べたけど、あの年齢の、それも学校の学級っていう閉ざされた環境だと、誰か一人でもまずいと言って残せば、他の子たちも仲間外れになりたくないし、考えなしで、我も我もと右へ馴れで残してしまうものだから。」とインタビューで答えてました。
つまり、ドリバンでも同じ現象が起きてもおかしくないということ。「全体主義」ですよ。13年という長い歴史の中で、徐々に、日野氏に感謝していると言わざるを得ない環境になってきている、とも言えるので、卒業生や在校生、そしてその親御さんたちの反応が、即、日野氏の指導が適性だとは言い難い。
教育委員会はこの13年間で日野氏が手を上げた生徒がほかにいなかったか調査したのだろうか?
そうでなくとも、情報によると日野氏はあの中学生に昨年の練習中から手を上げていると聞く。
だとしたら日野氏が「特別な関係」と思った生徒が過去にもいたとしたら、同じような暴力を振っていた可能性は非常に高い。
それを調査したのか、教育委員会?

13日の記事
★世田谷区と区民の一大事! http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2214.html
★【区長へのメール】保坂区長、お答えください! http://yaroneko.blog55.fc2.com/blog-entry-2216.html
の内容をそっくり↑の回答の反論とさせていただきますわ。

再度、「区長のメール」によって回答への意見を述べさせていただきます。
その内容は「追記」にて公開いたしております。


[READ MORE...]
2017年09月14日 (木) | 編集 |
ご意見等のテーマ 保坂区長へお尋ねします。
ご意見等の内容 11日の定例記者会見ではっきりしたのは、2017年9月11日から世田谷区は体罰に関し、以下のような「世田谷区ルール」が整備されたこと。
※(髪の毛をつかんで頭を振るのは体罰ではない)
※(外傷があれば体罰、なければ体罰ではない)
※(生徒が教師を許せば体罰ではない)
※(保護者が怒っていなければ体罰ではない)
上記に基づき、ご多忙とは存じますが是非、下記の質問にお答えください。
①髪の毛をつかんで振り回す行為(何秒にも及ぶ)、パシッと音が聞こえる平手打ちは、暴力に当たらないのか?
②世田谷区の教育イベントで、暴力行為があったのか、なかったのか。
③「体罰・暴力の一歩手前」のボーダー(境界線)はどこ?誰が判断するのか?
④11日の区長会見での見解が反映されるのはドリバン限定か?それとも区内の教育施設全てか?
⑤日野氏続投に関する更新契約書、同意書のようなものは存在するのか?
⑥もし日野氏が今後、同じ行為を働いたらその時の処遇は?
⑦上記⑤の契約書面に⑥は含まれているのか?
⑧もし契約書や同意書が作成されていないまま日野氏続投を決定したとすれば、なにによって子供たちの人権は担保されるのか?
以上です。よろしくお願いいたします。

2017年09月14日 (木) | 編集 |
20日から始まる世田谷区議会本会議での質問順と質問項目がアップされていました。
各質問者とその質問内容がわかりました。

2人か…(それ以外にも「それっぽい」と思えるものも2件ほどあるが、本当はどういう内容の質問かは議会当日に傍聴してみなければわからない。いずれにせよ、あれだけ世間を騒がせ、物議を醸した事案にしては、やはり少なすぎる!)

※議会の場で質問しなければ、今後、あの保坂さんの見解を批判したり、保坂区長と違う見解での教育や子供の人権やいじめに関する発言ができなくなるのでは?もし議会で質問しなかった区議さんたちが辻立ちして上記の話をしていたら、私なら「あれ?議会じゃそのこと、質問しなかったですよね?」って尋ねますよ。知り合いの区議さんが教えてくださったのですが、「会派の中では、誰がどの問題を取り上げるかは調整することが多いですが、少なくとも会派の中で誰も質問しなかった場合は、なんで議会で発言しなかったの?ってことになるでしょうね。ただ議員の活動の場は本会議だけでなく委員会もありますから、そこで発言している場合もあります。」と。先日、この件も話し合われた文教委員会の議事録はまだアーカイブにUPされてませんので、区民はチェックしたくてもできません。そうなると本会議でしか評価できないです。

あの件で質問するであろう会派は無所属、共産党(?)、自民党(?)、減税(?)くらいですよ。それも(?)付きの会派は、本当にあの件で保坂区長擁護ではない内容の質問か、当日傍聴しなければわからないグレー会派です。

区長支持会派の社民党なんか、なんと間が悪いことにあの11日同日午前中に「子供の人権について」区長を呼んで勉強会開いてますからね。でもどんな内容だったか全く公にしていないし、20日からの区議会で質問もしない。本来ならどの会派より先に質問しなきゃおかしい会派のはずなのに。

なんかここまであの事案で質問する区議がいないと、
故意に避けているとしか思えないんだけど。
談合できてるのか?

区内の子供の人権なんかどうでもいいんだ。
あの区長の会見内容に危機感ゼロなんだ。
あれが世田谷区民にとって一大事と思ってないんだ。

これが世田谷区。
今度ばかりは予想が外れてほしかった。
世田谷区議会には心底がっかりだ。

★平成29年第3回定例会 代表質問・一般質問予定表及び質問項目 - 世田谷区議会 
http://www.city.setagaya.lg.jp/kugikai/1426/d00155353.html

ただね、ここで誰も質問も糾弾もしなくて保坂区長の思うが儘に事が進めば、
つまりは質問しなかった皆さんは全員、「保坂派」として名を連ね、
「世田谷区 児童への暴行容認特区」賛成として見なされ、
もう二度と「子供の人権」とか「教育がどうのこうの」とか「虐めがどうのこうの」とか、
偉そうなこと言えなくなりますよ、区議さんたち。
ま、区議なんだからそれくらいのことはすでにご存知で、
それなりのご覚悟があってのことだと思います。

世田谷区民として心底がっかりしました。
区長だけじゃなく区議たちまでもが、
まさか、ここまで劣化しているとはね。

行政のチェック機関であるはずの世田谷区議会までもが異議なしらしいから、
いよいよ世田谷区もリベラルから保守、
それも極右の安倍さんだってビビるかもしれない「児童への暴行容認特区」決定だな。

これのどこが「民度の高い世田谷区」だ!
チャンチャラ可笑しくて臍が茶を沸かすよ!

悪夢だ。


2017年09月13日 (水) | 編集 |
保坂区長(@hosakanobuto )、
会見中あの中学生の心が傷ついていないと判断されました。

では、ドリバン(@jazzforkids )卒業生や現メンバーと思われる子たちはなぜ日野氏擁護はしても誰一人としてあの子を気遣ったり庇ったりする投稿がないのですか?

子供は大人を写す鏡。

「暴力は絶対許されない」と教えてもらえなかったあの中学生やドリバンメンバーたち。

大人が保坂区長や教育委員会そして日野皓正氏のような考えで、ドリバンは学習の場と言えるのか?
世田谷区の子供たちにとって良い環境なのか?
技術は磨けても心は?
人間学習は?

一番必要な事を学べるか甚だ疑問です。

区長たちがあんな無責任な、間違った見解を出したのですから、あの中学生、下手するとバンドメンバーや卒業生から苛められますよ。そうじゃなくても孤立する。(親からDVを受け、学校では同級生や教師から苛められた私の経験談です)だとしてもあの中学生は保坂区長たち大人から「お前が悪い」と言われたも同然のことをされたので、なにをされても「自分が悪い」と思ってますから死んでも苛められていることを大人には話しません。ずっと大人になってもこの背負わなくてもいい重石を背負って生きていくことになります。

日野氏も教育委員会も保坂区長も誰もかれも、あの中学生そしてドリバンメンバーや卒業生たちにとって一番大切なこと「子供は親だけじゃなく、国や自治体から守られる存在。暴力は絶対に許されない。暴力は愛ではない。」ということを教えず、教える機会を悉く逃していることを自覚していない。

罪深い。

20日から始まる世田谷区議会。
もちろん、全会派、超党派で11日の保坂区長会見でのあの日野氏世田谷中学生暴行事件に対する見解について糾弾されるのですよね?

区長による「世田谷区、児童に対する暴力容認特区宣言」に党として、そして一人の区議として賛同されるなら別ですが。

世田谷史上、最悪の区長会見後ですから、荒れるでしょう。
荒れなきゃおかしいですよ、区議さんたち!

区内に住む中学生の人権問題です。
今質問しないでいつするの?ってくらいの緊急事態なんです。
日頃から世田谷区民のことを考えている区議さんなら、あの記者会見のことで質問糾弾しなきゃいられないはず! 

質問者順番表を見ながら、せっせとFAXしたりメールしたり忙しい。

いくら自民党や公明党の世田谷区議団だって、こんな一大事にまさか別の質問するとは思えないけどね(棒読み)。

いったい20日からの世田谷区議会で何人の区議さんが、あの件で質問&糾弾してくれるのやら。

まさか、世田谷区と区民の一大事だってのに、「いつもの顔ぶれ」以外、誰も質問しないなんて悪夢は起きないよね?