FC2ブログ
薫の野郎猫的日常
2019年01月09日 (水) | 編集 |
49601322_2044456528979705_3898456812881444864_n.jpg 
こんちは!
俺、六輔♪

49864685_2044456825646342_3883080220076408832_n.jpg 
今年で14歳になるよ。

49637405_2044457102312981_5647582523350319104_n.jpg 
今日はお天道様がご機嫌だね=^-^=うふっ♪

49756034_2044457352312956_271869299533021184_n.jpg 
日向ぼっこにはちょうどいい💓 

★六輔近況
昨年10月10日のブログでご報告してから今日まで、体重が5,2キロ台からぜんぜん落ちないので、まったく輸液しておりません。食欲あり。おしっこも普通に出ています。定期的に立派な運光さまもお出ましになります。どんだけ体の中が水浸しだったんだ!って感じです。



2019年01月01日 (火) | 編集 |
nengajo-2019-012p.jpg
幸四郎
六輔
七海
九十
万里
薫@千太組

2018年12月31日 (月) | 編集 |
11-295_501.jpg 
みなさま、今年もありがとうございました。
よい年をお迎えください。

幸四郎
六輔
七海
九十
万里
薫@千太組



2018年12月29日 (土) | 編集 |
「蝶番役」の千太郎、百次郎、寿三郎、染五郎がこの世を去ってからというもの、我が家で「猫団子」というものを観ることはなくなった。

が…今日のこの寒さ、日中に床暖房のスイッチを切ったら…こうなった(笑)

49140318_2028735580551800_6222917757998989312_n.jpg
48424190_2028735863885105_6276224074578395136_n.jpg

「団栗の背比べ」状態の幸四郎と七海、「ハンティング・マウンティング」コンビの六輔と七海だけど、猫って我慢できないくらい寒いとくっつくのな(笑)


2018年12月24日 (月) | 編集 |
2018年12月19日 (水) | 編集 |
★Joe Osborn, Wrecking Crew Bassist, Dead at 81 https://www.rollingstone.com/music/music-news/joe-osborn-wrecking-crew-bassist-dead-770008/ @RollingStoneさんから

★「スウィート・スマイル」
https://www.rollingstone.com/music/music-news/joe-osborn-wrecking-crew-bassist-dead-770008/

「Sweet, Sweet Smile」イントロからジョーの特徴的なベースラインが飛び出してきて心躍りながらもとっても安心する。

1989年、ビデオ映画としてリリースされた「カーペンターズ・ストーリー」というシンシア・ギブがカレンを演じた作品があるんだけど、そこにジョーとカーペンターズとの出会いが描かれてます。

ジョーとカーペンターズとの出会いは1966年。ジョーが経営者の一人だった【マジックランプ】というレコード会社にカレンがオーディションを受けにきたことがキッカケ。

彼はカレンの声に惚れ込み、何曲かレコーディングもしたんだけど弱小レーベルだったため宣伝もままならず、残念ながら話題になることはありませんでした。

その後【マジックランプ】は倒産してしまうのですが、ジョーはその後もカレンとリチャードにスタジオを自由に使わせてくれていたお陰で、レコード会社へのデモテープも作ることができたし、A&Mとの運命的な出会いにも繋がった。

ジョーはカーペンターズのデビュー当時からベーシストとして彼らを支え続け、カーペンターズサウンドの支柱的存在だった。

Joeのベース音はすごく特徴的で、聞いてすぐ彼のものだと分かります。POPS曲のベースはただひたすら低音を支え続けているものが多いと思いますが彼のベースは違います。グリスやスライドを多用し、高音域をうまく使った独特の演奏を聞かせてくれるのです。まさにJoe Osborn節とでも言いましょうか、世界中で彼にしか出せないサウンドだと思います!

カレンのソロアルバムと カーペンターズのアルバムLovelines 両方に収録されている 「If I had you」 という曲を聞き比べて下さい。LovelinesバージョンがJoeによるものですが ここまで違うか? と感じることでしょう。(ソロアルバムバージョンもかなり有名な方が担当しているんですけどね)

ジョー・オズボーン 
ジョー…カーペンターズの生みの親。カーペンターズサウンドの大黒柱。今日まで本当にありがとうございました!安らかに。
 

2018年12月13日 (木) | 編集 |
嫌なことばかり続く今日この頃。
こういう時は仕事部屋から抜け出して、
リビングのいい機材でカーペンターズの「新譜」を聴こう。
いい音とお気に入りの音楽こそ良薬。

48359659_2005203052905053_1689077807063236608_n.jpg



2018年12月12日 (水) | 編集 |
遅まきながら今夜、小さなクリスマスツリー3台点灯!

そして、我が家の定番クリスマス・アルバム3枚もフル稼働開始💓

いま聴いてるのはロッド!

48062902_2003938193031539_5747215783113523200_n.jpg



2018年12月04日 (火) | 編集 |
両親の介護をスタートして16年、母の成年後見人に選任されて9年。

個人情報満載の書類が溜まりに溜まって…処分に困る。

で、とうとう購入しました。

47462613_1992144007544291_459566933805629440_n.jpg
ホームシュレッダー!

どうしてもっと早く買わなかったんだろう!

5分働き続けると45分くらい自動停止するのがご愛敬だけど。

47390883_1992144277544264_9005154850308096_n.jpg

これならゴミ出しも安心!


2018年11月26日 (月) | 編集 |
今年も奈良の柿の葉すし「山の辺」さんより、季節の便り、紅葉すしが届きました!


予約を入れる時に「気候不順のため上手く紅葉しなかったらごめんなさい」と仰ってましたが、こんなに美しく色づいて…。


46906635_1980706952021330_3455823436180357120_n.jpg 


奈良の晩秋を愛でましょう💓
 
2018年11月23日 (金) | 編集 |
「ラ・ジャポネーズ」といえばクロード・モネのこの絵を思い描く方がほとんどだと思います。
クロード・モネ ラ・ジャポネース 

が、
私はどうしてもクイーンのフレディ・マーキュリーとオペラ歌手のモンセラート・カバリエが美しい日本語をちりばめて歌うデュエットを思い浮かべてしまいます。「ラ・ジャポネーズ」での彼の日本語のなんと美しいことよ!悪いけど、モンセラート邪魔!って思ってしまう(笑)


バルセロナ五輪が開催された1988年にリリースされたアルバム「バルセロナ」の中の1曲。アルバムタイトル・ソングもヒットしました。


クイーンとして発表した「手を取り合って」でもフレディの操る日本語のすばらしさを確かめることができます。


『クイーン  フレディ・マーキュリー神話~華麗なる生涯~』 より 



「彼は、ラ・ジャポネーズを気に入っていました。
私はそれほど乗り気じゃなかったけど、彼がぜひと言うので
やってみることにしました。
後になってとても好きな曲になったわ」

「アルバムのそれぞれの曲が出会いなのよ。
ふたつの世界が出会って、ふたりの友達が出会う。
フレディは音楽をとても愛していたわ」       
           
                                                    <モンセラート・カバリエ> 




■ ラ・ジャポネーズ

素晴らしい朝が明ける
夜明けが呼びかける
心の泉が湧き出る
夢のよう

僕の中の彷徨い人が
世界に魔法の力を注ぐ
心の泉が溢れ出る

穏やかな魅惑 美しい誘惑
夜明け、季節、夢、希望
大海と光が呼んでいる

夜明けの太陽が微笑みで祝福する
海から魔法の真珠 しなやかなそよ風
誠実な友 空の守護天使
この年月 いつもよくしてくれた
両手を挙げて挨拶し おそれることなく信じてくれた
最後まで

遠い国のあなたに魅せられて
あまりにも美しい、いい夢のよう
いつまでもいい

愛の光、希望と夢

すべてが黄金に輝く時
おお すべてが ああ すべてが
唯一 地上の生ける宝物

おお、呼んでいる
夢のよう

すべてが黄金に輝く時
ああ すべてが すべての人々が

夜明け、季節、夢、希望
ああ
夜明け、季節、夢、希望

      訳 : イーリファー・コダマ / UNCUL



 
 BARCELONA


『クイーン フレディ・マーキュリー神話~華麗なる生涯~』より

 
フレディのソロ活動の舞台裏に焦点を当てたドキュメンタリーの特典映像に収録されているカバリエのインタビューより

「彼と最後に話したのは、私がアルバムをレコーディングしている時でした。
何かの25周年記念。 何だったか忘れたけど、アルバムを作っていたのよ。

彼はずっと私と「オペラ座の怪人」を歌いたがっていたけど。。。
試したことがなかった。
それが彼の夢のひとつだったのよ。
私はきっと歌うと彼に約束しました。

彼が病気だということを知っていて、もう旅をすることが出来なかった。
私は「オペラ座の怪人」のアリアを録音して彼に電話しました。

電話をかけたのはピーターだったけど、受話器を私に渡してくれたので、
私はフレディに言ったわ。
あなたのために「オペラ座の怪人」のアリアを録音したの・・・って。

あなたにぜひ聴いて欲しいと言ったら、「電話で聞かせてくれる?」
と彼が言うから、「いいわよ」と言ってアリアをかけました。
彼はとても感動して、「素晴らしい。これを長年夢見てきた」

「どうもありがとう」と言っていました。
「モンツイ、ありがとう」って・・・。

レコーディングをしたのは9月ぐらいのことで。。。
11月には彼はいなくなってしまいました(ノ_-。)


 
カバリエも今年10月に天国へ旅立ちました。天国できっとフレディとこの世では叶わなかった「オペラ座の怪人」をデュエットしていることでしょう。
 

2018年11月10日 (土) | 編集 |
映画見てからこれ観ると感慨もひとしお。

当時、民放のライブ中継をTVにかじりついて夜通し観てたのを思い出す。

しっかし、知ったかぶりした日本のミュージシャンや著名人がうざかったり、当時は色々愚痴言いたいことあったけど、今考えたら、よくもまぁ最初から最後まで生中継してくれたよ、フジテレビ!

現実は小説より奇なり。

11月にクイーンの「新作」映画見て、12月にはカーペンターズの「新譜」を聴いて…私にとって至福の2か月間。




2018年11月09日 (金) | 編集 |
DSCF9299.jpg 


「ボヘミアン・ラプソディ」公開前夜特別上映会@日本橋TOHOから帰ってまいりました。

20:50~23:15まで、大画面&ドルビー・アトモスで久々に彼らの世界を思い切り堪能してまいりました。

映画本編が始まる前、「20th CENTURY FOX」のロゴが出るシーンのファンファーレがブライアン・メイのギター・オーケストレーションなのには笑っちゃいました。

本編が始まっても泣いたり、笑ったり…彼らの懐かしいエピソードがふんだんに織り交ぜられた一大タペストリー。

ネタバレになってしまいますから内容はお話しできませんが…でも、私たちが知っているクイーンの物語がほぼそのまんま出てまいります。ま、ジム・ハットン著「フレディ・マーキュリーと私」を読んだことがある私にとっては、作品内容で美化しすぎの点が多々あってげんなりすることは無きにしも非ず、でしたが、それでも観てよかったです。

感想はただただ「愛おしい日々」。

何もかもが愛おしい。

クイーンのメンバーたちに扮した役者さんたちもホントよく似てました。特にブライアン・メイがまるでご本人かと思うくらいにそっくり!

フレディの愛猫たちに扮した可愛い猫たちもいい表情をして要所要所に出てまいりますので、猫好きには堪りません!!

「伝説のチャンピオン」「ウィ・ウィル・ロック・ユー」「レディオ・ガガ」では数人の観客がコンサート・モードに入っておりました(笑)私も拳は振り上げませんでしたが一緒に大声で歌いましたとも!歌わずにはいられなかった。

エンディング・ロールになっても誰も席を立つことなく、フレディと過ごした日々を誰もが懐かしむように、最後まで余韻に浸っておりました。

そう、この映画ってクイーンやフレディの物語であるだけでなく、あの時代を一緒に生きた私たち一人ひとりの物語でもあるんだ、と感じます。

最後のナンバー「ショウ・マスト・ゴー・オン」のイントロが始まった瞬間に涙が…。

やっぱりこの映画はいい音響装置がある劇場で観てほしいです。

夜11時過ぎにクイーンの映画が終わり、しばらくは余韻に浸っていたくてそぞろ歩いた日本橋辺りの商社の木々が大好きなシャンパンゴールドのイルミネーションに輝いてて美しかった…やっぱりこの周辺ってクリスマス飾りも大人びてて落ち着くわぁ。師走って感じも、こういう彩だと焦らずに済みそう(笑)



2018年11月07日 (水) | 編集 |


8日夜8時過ぎからの前夜祭特別上映@日本橋TOHO「ボヘミアン・ラプソディ」はこの時間になっても空席だらけだな。余裕で「シニアチケット」「プレミアムシート」げっとぉ♪
60過ぎたらシニア割引受けられてらっきぃ~♪
9日から初日なんだけどそれもガラガラ。ま、ゴジラ映画も初日の初演余裕でプレミアムシートに座れたし。日本橋って言う土地柄もあるんだろうけどね。
いつも余裕でいい席が取れるんで、もっぱら日本橋TOHO狙い(笑)

fred-33.jpg




2018年11月06日 (火) | 編集 |
森鴎外の孫である80歳の在宅医療専門医師の物語。入院患者の独居老人に「あなたは一人暮らしだから退院したら私が面倒みる」と言ってくれる医者がいたらどんなに安心だろう。親が死んだら他に誰も近い親戚がいなくなるし、後を任せることができる友人知人もいない私なんて完璧に在宅での看取りが難しい部類だろうけど、だからと言って身元保証人がいないから施設入所も難しい。今の日本はたとえ億万長者であっても身寄りのいない独居老人の行き場はないからね。

NHKドキュメンタリー - BS1スペシャル「在宅死 “死に際の医療”200日の記録」 https://www.nhk.or.jp/docudocu/program/2443/2393173/ #nhkbs1


2018年11月03日 (土) | 編集 |
「ゴジラ」シリーズの第1作が1954年11月3日に公開されたことから、今日、11月3日は #ゴジラの日 と制定された♪大好きな2歳上の私のお兄ちゃん、64歳のお誕生日、おめでとう💓 

10354507_1422923447978479_2131188514_n.jpg



2018年11月02日 (金) | 編集 |
リチャードから私たちカーペンターズ・ファンへの嬉しいお報せ♪ユニヴァーサル・ミュージックのカーペンターズ・ページから予約完了!

★'Carpenters With The Royal Philharmonic Orchestra' pairs Carpenters' original vocal and instrumental tracks with new orchestral arrangements by Richard Carpenter, conducting the RPO at Abbey Road Studios 🎤🎻
Out December 7, pre-order now: https://UMe.lnk.to/CarpentersOrchestral

UICY-15801.jpg 

カレンのオリジナル・ボーカルとオリジナル・インストゥルメンタルに、リチャードが指揮するロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団@アビーロード・スタジオの新録を被せた「ニューアルバム」が今年12月7日に発売されます!早速予約しました💓今年の自分へのクリスマスプレゼント♪今から楽しみ。

【PR動画】⇒ https://www.facebook.com/TheCarpenters/videos/1894551640621820/



2018年10月24日 (水) | 編集 |
安田純平さんの無事を知り、改めてこの作品を!朝日新聞の4コマ漫画、しりあがり寿氏「地球防衛家のヒトビト」に心の底より賛同いたします。

しりあがり寿 地球防衛家のヒトビト  



2018年10月22日 (月) | 編集 |

自衛隊 

★話題の『自衛隊防災BOOK』災害時だけでなく日常生活でも役立つ!危機管理のプロ「自衛隊」直伝の防災テクニック | ほんのひきだし http://hon-hikidashi.jp/live/60158/


一家に一冊。
わが家にもありますこの「自衛隊本」!

○風呂桶の残り湯は捨てない。
○防寒具として下着の次にビニール製の雨具を着る。
○缶切りがなくてもアスファルトの舗装道路にこすりつければ簡単に開く。
○懐中電灯の上からポリ袋をかぶせれば明かり倍増。

等々、百戦錬磨の自衛隊員が教える防災対策は眼から鱗なことばかり。



2018年10月20日 (土) | 編集 |
持ち回り制で4年ぶり、私が理事会副理事長になったのを機に理事会に諮り、全組合員にアンケートを配り多数決で決定。
世田谷区の委託業者さんをお呼びしての第2回防災訓練無事終了!
私を含めて4世帯だった参加希望者が当日になって2世帯も増え総勢10人で楽しく訓練することができました。
初めて扱う本物の消火器や風呂の残り湯を使ってのバケツリレーに子供たちは大はしゃぎ♪いい気分転換になったんじゃないかしら?
事前に頼んでおいた防災関連の小冊子やペット防災パンフレット&被災動物ボランティア募集ちらしを参加者だけでなく全組合員の郵便受けへポストイン!

DSCF9286.jpg
参加者から寄せられた質問の数々、全組合員と共有したい内容ばかりだったので回答と併せ、【防災Q&A2018】と名付けリスト作成後に理事長と管理組合へ添付ファイル送信完了。 

※マンション組合での非常用備蓄が可能か探る&以前あったはずの土嚢がいつの間にやらなくなっているので新規購入するか、この2点を次回の理事会に諮る。